自然環境の調和を保ちつつ地球に優しい持続的農業を提案します。

日記カテゴリー


株式会社ラボジェネター

〒080-0106
北海道河東郡音更町東通
20丁目2番地9

ブログカレンダー

アーカイブ
<2010年3月>
28123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031123
45678910
月別の過去ログ
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
投稿者: 堀田忍 投稿日: 2010/03/31 0:00


「もしドラ」売れてますね (´ー`)y─┛~~
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4478012032/ref=sib_rdr_dp


ふ~ん・・・・・ってな感じで、

書店ではスルーしてました ( ´_ゝ`)



そもそも経済思想だとかセルフマネジメントだとか、

ムズカシイたぐいの話は、

己の脳ミソでは処理しきれないので、

いくら女子高生を題材に持ってこようが、

いくら表紙が漫画チックだろうが、

基本スルーでした ( ´_ゝ`)



駄菓子菓子、

先週のことですが、偶然ですが、

ドラッカーを分かりやすく解説してくれた本を書いた人の勉強会・・・
http://www.amazon.co.jp/gp/reader/4478000239/ref=sib_dp_pt#reader-link

・・・えっと・・・つまり「分かりやすく解説してくれた内容を、さらに解説する」

、、、、そんな勉強会に連行されて、、、

、、、いや、参加してきたわけですが、、、、





結論から申しますと、

とっても勉強になりましたとういわけで、

(わかっちゃいるけど)改めて言われると心に突き刺さる内容だったわけで、

昨日までの自分がハズかしく思えてくるわけで、、、、、、、

「もしドラ」を買おうと決心したわけで、、、、





ドラッカーの言葉に「捨てる勇気」ってのがありますが、

いや、たぶんあったと思います (ノ∀`)


まあその流れで、

「昨日の自分に無駄はなかったか?」

ってのがありまして、

・優先順位の低いことは切り捨てる勇気を(時間捻出の為に)
・任せれることは任せる勇気を(  〃  )

ってことらしいのですが、





思い返してみました。


昨日の自分を。











→恥ずかしくて泣きそうな昨日でした 。・゚・(ノД`)・゚・ 

投稿者: 植田秋良 投稿日: 2010/03/30 9:00

今回の講演では“発酵床には炭埋が有効”というお話をされていました。
炭は脱臭、吸着、マイナスイオンを発するなどの効果が期待できるようです。
 
あと、これは専門的なお話になってくるのですが、
 
宮島氏によると炭埋する場所は方角や方位によって決まるそうです。
 
一般住宅や建物の下に炭埋される方もいらっしゃるとのことです。
 
 
講演後の座談会では炭に関する質問が多く、皆さんの関心の高さが伺えました。
 
 
最後になりましたが、今回改めて感じたことは、
 
『発酵床(フリーバーン)を維持管理していく上で
 
様々な知識を取得するのは有益で大事なこと』
 
と思いました。
 
今後ともこういった会を続けて皆さんのお役に立てればと思います。

投稿者: 植田秋良 投稿日: 2010/03/29 9:04

前回の続きですが、
 
少しだけ宮嶋氏の講演内容をご紹介いたします。
 
宮嶋氏が代表をしておられる共働学舎新得農場は
 
様々な人達が集まって酪農やチーズ作り、野菜作り、工芸など
 
を行なっておられます。
 
なかでもチーズは今や全国区、
 
いや、世界(世界の山のチーズオリンピックで金賞)に知れ渡るほど
 
有名になりました。
 
それは、『美味しいチーズ作りは健康な牛作りから』
 
という理念のもとに取り組まれた賜物であると思います。
 
宮嶋氏が発酵床牛舎を始めたきっかけもそういった考えからでした。
 
牛が喜ぶ心地よい空間、発酵床、換気、木造など、
 
なるべく自然の力を利用した牛舎作りを目指しました。
 
 
(つづく)

投稿者: 堀田忍 投稿日: 2010/03/28 23:59

3月20日に群馬県伊勢崎市にて、
(有)シェパードの松本大策先生を講師にお招きし、
勉強会をしました。

九州の「天文塾」、名古屋の「錦塾」、、、、、、

、、、、とういうことで「伊勢崎塾」と命名します (*^ー゚)b


今回は繁殖のお話がメインになりました。

メンバーが若手主体とういことだけあって、
メラメラとほとばしるアツい想いが伝わってきましたし、
2次会3次会4次会(!?)と伊勢崎ナイトも楽しかったです♪むふふ




お忙しい最中、参加して頂いた皆様、
開催につき協力していただいた企業の方、
本当にありがとうございました。

松本先生、ありがとうございました。



さて、次はいつにしよ~か ( ^∀^)




                                          
                                

投稿者: 佐藤隆司 投稿日: 2010/03/27 10:27

さて、このシリーズの最後はこのシンポジウム開催当日関係者控え室で

お目に掛かった木村さん関連商品?をご紹介いたします。


まずは、清華堂の清水会長さんが持参した品物からです!

       

清水会長さんはこの日のお祝いために、わざわざ自然栽培で作られたお米でお餅を

作って来てくれました!

袋には木村さんのニコニコ似顔絵…

 

もう一枚拡大してみましょう!

       

           ホラッ! よく似ていて可愛いでしょっ!

 


次も清華堂さんの試作品の「自然栽培米 おかき」です。

       

       この箱にはお煎餅?を食べている木村さんの似顔絵が…。

 


そして、この箱を開けてみると…

       

ホラッ! こんなにいっぱい木村さんが…。

でも、これを見て私の頭の中でチョット不安がよぎりました!

何が?って…

実は木村さん、歯がないのでお煎餅は固くて食べられないのです!!


が、しかし…

ここにある色々な種類のおかきの中で、名前に“ソフト”って付いているものは、口に

入れると普通のものよりフンワカしていて、木村さんでも平気!!

さすがは清華堂の会長さん! お客さんに対する気配りが細やかです!

因みに、これは商品としてまだ試作品で市販されていませんが、もうじき発売される

予定だそうです。

価格も特別安くして、1箱3,000円位だそう。

 

さて、次はこれです!

      

このイチゴは豊田市にある「スーパー やまのぶ」さんが生産されているものです。

ただし、これはまだ無農薬・無肥料の自然栽培ではなく、減農薬で栽培されたものだ

そうです。

でも、このイチゴ…凄いんですよ~っ!

何がスゴイかって…?

 


角度を変えてみます。

      

一見、普通のイチゴって感じでしょ!

でも、1パックに入っているイチゴの数に注目!!


      


ホラッ! こ~んなにデッカイ!のです! 

とても一口では食べられません!! 実は、私は3個も試してみました…ハイ!

 

 ということで、控え室での出来事をお伝えいたしました!


今回は4シリーズにわたってお送りいたしましたが

最後に木村さんを陰でしっかりサポートしてくれている木村さんの代表秘書であり、

(株)ネイチャーズ代表取締役である伊達さん一家をご紹介して

おしまいにいたします。 

みなさん、またここでお会いいたしましょうねっ!

      

双子の兄妹、とっても可愛いでしょ! 伊達さん、本当にお疲れさまでした!

                  お・し・ま・い

投稿者: 佐藤隆司 投稿日: 2010/03/26 8:25

今回のシンポジウムのテーマは、

「永続性環境保全型農業シンポジウム2010 in 黒石」~未来の子供達のために~ 

でした。


会場内は関係機関以外は場内撮影禁止でしたので、残念ながら写真でその様子は

お目にかけられませんが、かいつまんで内容をお届けいたします。

 


シンポジウムは開催セレモニーとして、主催者及び開催地である黒石市長の挨拶、

さらには木村さんの大ファンである俳優、武田鉄也さんからの応援ビデオメッセージ

が会場スクリーンに大きく映し出されました!

 

その後、木村さんの基調講演「自然栽培が目指す環境保全型農業」では、本来環境

を守るべき農業は肥料、農薬、除草剤の多投入によって環境汚染者になっている現

状を変えなければならないし、変えられた結果として安全な食物が生産可能になり、

人の健康をも得る事ができる。

その方法の一つとして、全国各地に自然栽培実践者を増やす活動をこれからも継続

する。そのためにも流通を含め、様々な分野の方々の協力も頂きたいと熱く語ってお

りました!

 

パネルディスカッションでは2つのテーマ「自然栽培の現状と課題」と、栽培現場から

「私たちにとっての自然栽培」について、実際に研究、流通、生産現場に携わっておら

れる9名のパネラーの方々から、さまざまな問題や意見が交わされ

ていました。

 


シンポジウム終了後は、地元の方々の協力で色々な料理やスウィーツ、お酒をいた

だきながら津軽三味線や踊りが盛りだくさんのレセプションが待っていました!

 

まずは会場入り口での様子です。

       

この会場入り口の前から黒石郷土料理や飲み物が勢揃いでした。


会場に参加者が集まったところで青森県議員である一戸さんの乾杯でスタートです!

       


その後は郷土芸能のオンパレード!

ここからはバッチリ撮影しましたのでご覧にいれましょうね!

       

まずは本場の津軽三味線演奏です。

       

3本の演奏はさすがに迫力満点!


       

ベテランの唄に合わせて踊りの披露です。


       

ホラッ!可愛いでしょ!  とても楽しそうに舞っていました。


         

この方は全国的にも有名な師匠さんとの事でしたが、お名前を聞き漏らしてしまいま

した!!  モチロン演奏は「素晴らしい」の一言です!

     

会場にいた子供(隆之助くん)もしっかり聞き惚れていました!!

       

 


今回3曲の踊りを披露してくれた可愛い三人娘です!

                  

       

大活躍! お疲れさまでした!

踊りもとっても上手で、将来が楽しみです!

 

レセプションの最後は、やはり主催者の木村さんのご挨拶です!

       


そして、陰で一日お手伝いをしていた奥さんと娘さんです。

       

 


木村主催のシンポジウム開催は初めて。

それも、地元での開催が大盛況で、ご本人もご家族もとても喜んでおりました。


木村さん!ご家族の皆さん!そして、関係者の皆様!

長い時間本当にお疲れさまでした!          つづく 

投稿者: 佐藤隆司 投稿日: 2010/03/25 8:17


さて、いよいよシンポジウム会場である多目的ホールへ足を踏み入れます

午後からの開催なのに、受付にはお昼前から入場申し込み者が続々…

      

      

 受付の後ろにはさすが本場らしく、迫力満点な“黒石ねぶた”がしっかり見張っていました!!

      

ネッ!

夜一人で見回りする時なんか、チョッピリ怖いくらい迫力のある顔していますよね?

私も知らなかったのですが、“ねぶた”というのは東北でもその地方によっては

“ねぷた”とも言うそうです。

また、その名称の語源や起源にも諸説があるんですって!

興味のある方はここです!

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%AD%E3%81%B6%E3%81%9F#.E5.90.8D.E7.A7.B0

 


      

 受付の横では、今までに出版された本も平積み状態でした!

 


シンポジウム開催前の会場「多目的ホール」です。

      

主催は(財)青森県地域社会研究所、(株)木村興農社、(株)ネイチャーズの3社で、

青森県民を対象に計画していたそうなんですが、集まった方々は全国各地…

一番遠くの方は岡山県から駆けつけて来ていました!

 

開催10分前には満席状態です。

      

当初は250名くらい予定いたそうですが、最終的には320人ほどに人数が増え、

会場係の方は汗をかきかき、通路まで椅子を並べて対応していました!  

会場係の方々、大変お疲れさまでしたっ!          つづく                                       

投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2010/03/24 10:03

 

垂水地区の女性部会の皆様と、伊佐地区の繁殖農家さんのところへ視察に行って来ました。

 

この日は、14人の参加でした。

 

キレイな女性達で一杯でした・・・  

 

マジです!! 

 

ということで、勝手に、このように名づけました。

 

ムフフ・・・ 

 

ところで、今回視察した、繁殖農家さん 川原さん御夫妻です。

 

川原さん、快く視察を受けて頂き、ありがとうございました。

 

ちなみに、繁殖母牛を70頭飼育しています。

 

母牛のドーム型(シマシマ)牛舎です。

 

視察中の美人妻達・・・

 

母牛のところの床替えは、1年に1~2回ということです。

 

そして、子牛牛舎です。

 

元気良く育っています。 

 

子牛牛舎にも、透明な屋根(ポリカ)を利用しています。 

 

川原さんのところは、夫婦二人で牛達を管理しているのですが、

 

牛達のために、できるだけ快適な環境作りをしています。

 

例えば、子牛牛舎では、かなり広く牛達を飼っています。

 

広かったら、ウンコ出しの回数も少なくてすむし、

 

子牛達にとっても快適だし、床がヌカりにくいので臭いも出にくいし、ストレスも少ないです。

 

”そんなの当たり前やん”、と言われるかもしれませんが、実は、当たり前のことが難しいのです。

 

”我が家は、牛舎が限られているから・・・” という方もいるかもしれませんが、

 

環境は作るものです!!

 

”牛舎を新築して下さい”、と言っている訳ではありません。

 

僕らが作ってあげた環境にしか、牛達は生活できないので、

 

限られた牛舎の中でも、できるだけ快適に過ごせるような環境作りをお願いします。 

 

ちなみに・・・

 

川原さんのところでは、冬場は、お湯を飲ませる装置をつけていたり、

 

夏場の熱い時期には、スプリンクラーをつけて、子牛にストレスがかからないようにしたり・・・

 

快適な環境になったら、牛達は喜びますよ。 

 

そういうわけで、子牛達はたくさん食べて、元気に育っています。 

 

 

投稿者: 佐藤隆司 投稿日: 2010/03/22 17:29

皆さんご無沙汰しております!

21日からの大荒れの天気で、皆さんの所では暴風被害ありませんでしたか?

帯広もけっこう風が強くて、特急列車の運休や飛行機の欠航もありました。

 

最近の天気はホントに変!

みなさん、これからも油断しないで気を付けましょうねっ!

 


さて、今回の話題はチョット畜産から離れてお送りします。

 


先週18日に青森県黒石市で、かの有名なりんご農家「木村秋則さん」の

シンポジウムが開催され、私も参加してきましたのでその様子をご覧下さいね!

 

開催会場は黒石市から約10km位離れた所にある「津軽伝承工芸館」でした。

どんな所かは下記ホームページでチェックしてみて下さいね!
http://www.net.pref.aomori.jp/kuroishi/Sight_Seeing/Sig_Densyo.html

          

 

会場までのアプローチです。

       


この時、写真やや左に写っている“立て看板”が気になりました!


正面に廻ってもう一枚…。

       

“あし湯”の立て看板です!


ん…?? ややっ…?!


何で“あし湯”なのに…

こっ、こっ、混浴とは…

             

       


しかし、足の指先までよぉ~く見てみると…

     

読んでなっとく…

そ~いう事だったんですネッ!!

混浴ってここは“足だけ”ですもんねっ!


チョッピリ素敵なことを想像したのは私だけだったのでしょうか…?  

                                                                                               つ・づ・く 

投稿者: 植田秋良 投稿日: 2010/03/21 12:34

先日、第一回発酵床(フリーバーン)研究会を開催いたしました。
 
この会の目的は、
 
『発酵床(フリーバーン)の維持管理の向上を図るために
 
生産者および現場に携わっている方々が一堂に会して
 
技術的な情報交換をしたり、お互いの交流を深めること』
 
です。
 
今回の参加者は
 
酪農、育成牧場、めん羊牧場、大学の先生、酪農コンサルタント、関係業者の方々、
 
総勢18名でした。
 
発酵床の先駆者的存在の宮島望氏による講演から始まり、
 
座談会、懇親会へと続きました。
 
いや~盛り上がりましたね! 特に懇親会が!
 
皆さんの目がキラキラ輝いていたのがとても印象的でした。
 
やはり同じ志を持つ方々が集まれば必ずこうなりますね!
 
それぞれの現場で取り組まれていることが、
 
こういったネットワークを築くことで
 
さらに発展することを強く願っております!!
 
参加者の方々、どうもありがとうございました!