自然環境の調和を保ちつつ地球に優しい持続的農業を提案します。

日記カテゴリー


株式会社ラボジェネター

〒080-0106
北海道河東郡音更町東通
20丁目2番地9

ブログカレンダー

アーカイブ
<2010年6月>
303112345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930123
45678910
月別の過去ログ
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
投稿者: 堀田忍 投稿日: 2010/06/29 11:15

週末の十勝、

今年全国で一番気温が高かったそうで・・・


帯広は36度なにがしまで逝ったみたいです。


たいがい、家にクーラーなんてありませんから、

外出するしかありません!


とゆーわけで、

隣町の水遊びの出来る公園に、

バカ息子とそのお母さんを連れて遊びに行ったわけですが、、、、





ここでもヤツらが幅を利かせてました (((゚Д゚)))






先日のエントリーで紹介したマイマイガの幼虫様です!






こやつらが、子供たちの遊んでる水辺にプカプカと、

大量に浮かんでいるわけですよ!


お母さんたちはキャーキャーものですわよ!



その水を飲もうとするウチのバカ息子 ( ^∀^)

やめなさいって!

投稿者: 松浦 洋明 投稿日: 2010/06/28 11:45

皆さんこんにちは、そしてはじめまして!
 
今年の4月から(株)ラボジェネターに入社しました松浦 洋明(まつうら ひろあき)と申します。
 
私は今年の3月に大学を卒業し、ご縁がありまして(株)ラボジェネターに勤めています。
 
実家は北海道の芽室町で畑作をモリモリ営み、私の兄さんが担い手として後を継いでいます。
 
文字通り会社の仕事内容とは“畑違い”で、畜産に関してまだまだヒヨっ子ですが、会社の皆さん、畜産農家の方々、このホームページを見ていただいてくれる皆様から知識や技術、気持ちを沢山たくさん盗んで身につけ、早く1人前の営業マンとして身を粉にして働きたいと思います!
まだまだ実力・経験ともに未熟者ですが沢山の刺激を吸収したいと思いますので、これからご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします、そして今後も(株)ラボジェネターをよろしくお願いいたします。

投稿者: 植田秋良 投稿日: 2010/06/28 9:00

只今、ここ北海道道東は一番牧草の収穫中です!
気温もここにきて急上昇。
 
26日には37℃に達したところも・・・・
 
(どうりでバテたはずですね)
 
各地で収穫作業は順調に進んでいるようです。
 
昨夏は冷夏でしたが、予報によると今夏は暑いとのことでホッとしています。
 
良い草がたくさん取れて牛さんの健康増進に繋がること間違いなしですね!
 
事故なく良い牧草が収穫できることを強く祈っています。

投稿者: 堀田忍 投稿日: 2010/06/25 15:40


堀田です (=゚ω゚)ノ


ご無沙汰してますv


今日は十勝も暑いです 。゚(゚´Д`゚)゜

明日はもっと暑いみたいですね 。゚(゚´Д`゚)゜




GWあけから旅は自粛しております。


そのあいだ、会社の畑にこもってました (´・ω・`)



で、

リンゴの樹、増やしちゃいました♪

2年、3年樹の苗を80本ほど・・・・



∩( ・ω・)∩ ヤリスギター







3~5年後が楽しみですな (・∀・)

皆さん、リンゴ狩りに来てくださいね♪







駄菓子菓子、

マイマイガの幼虫の野郎が大発生してるわけですよ!

葉っぱが無くなるんじゃないかってくらい来やがるわけですよ!




マイマイガって知ってます?

もうすこししたら成虫が大発生すると思うので、

成虫の写真を使って、

ご説明しましょう!




ふふふ ( ̄ー ̄) お楽しみに♪



じゃ、明日も駆虫に逝ってきます ノシ






投稿者: 植田秋良 投稿日: 2010/06/25 8:25

ここでひとつ、
 
大変おもしろい漫画を紹介したいと思います。
 
私もEさんから教えて頂き購入しました。
 
名前は『百姓貴族』。
 
原作者はテレビで放映中の『鋼の錬金術師』でお馴染みの荒川弘さん。
 
(と言いつつ私は作者も『鋼の錬金術師』も知りませんでしたが・・・)
 
 
内容は農家出身である作者が農業生活を送っていた頃の話や
 
農業全般についてユーモアを交えながらわかりやすく解説されています。
 
私は何度もふきだして笑い一気にファンになりました。
 
どなたでも読みやすい漫画ですが、
 
特に生産者の方におすすめです!! 共感できることが多いと思いますよ!
 
まだ一巻しか出ておりませんが、泣き笑いすること間違いなしです!!

投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2010/06/23 16:09

 

 

今月2日と3日に南北海道の子牛セリに行って来ました。

 

 

          

 

 

          

 

南北海道は、毎月セリがあります。 上場頭数は二日間で約1800頭。

 

頭数が多いので、予想通り!?セリのスピードはかなり早いです。

 

1時間で200頭以上は競っている気がします・・・ 

 

今回の平均価格は、メス 36.3万円 去勢 42.2万円(税込)

 

5月と比べ、約1万円高値でした。

 

種雄牛別上場頭数を見ると、

勝忠平 188頭

北平安 176頭

百合茂 163頭

糸福 155頭

安茂勝 153頭

茂勝栄 121頭

福栄 93頭

福安照 76頭

安福久 45頭

安糸福 40頭 

・・・

 

鹿児島県 と 事業団の血統が多かったです。

 

牛達を見て思ったのは、九州と比べ、かなり太っているなぁ、ということです。

 

体重が300キロから350キロというのは普通でした。 

 

 

スラっとしていて、腹のできている牛は少なかったです。

 

3~4年前の九州の子牛セリのようでした。 

 

あくまでも僕の主観なのですが・・・ 

 

北海道の牛達を肥育して、儲かってもらい、また買いに来てくれたら嬉しいです。

 

なんせ、自分だけ儲かろうと思ったら、いつかしっぺ返しが来ます。

 

もちろん、儲かって良いんです。 

 

相手も儲けさせれば、良いのですから・・・ 

 

☆北海道っぽい!?風景です。 北平安(ジェネティクス北海道)頑張っています!!

 

 


 

投稿者: 植田秋良 投稿日: 2010/06/22 8:32

実は・・・・
 
4月から大型ルーキーが入社しました。
 
 
名前は松浦洋明(まつうらひろあき)。
 
十勝管内芽室町出身22歳独身。
 
新人らしからぬ風格を持っていることが
 
大型ルーキーと言われる所以なのです!
 
一緒に現場に行ったときも
 
『植田君には悪いけど植田君より風格あるねえ(笑)。
 
 君、(才能やオーラを)持ってるよ!
 
 これはすごく大事なことだよ!』
 
・・・・。複雑な気持ちです(笑)。
 
ちなみに彼と私の年の差は一回りも違います。
 
 
12年前の自分を思い出してみると、
 
彼に対して敬意を表します。
 
 
彼が入社してはや3ヶ月が経とうとしていますが、
 
私は色々な刺激を貰って感謝しています。
 
 
もうしばらくすれば“松浦洋明の日記”が開設されますので
 
詳しい自己紹介などはそちらをご覧になってください!
 
 
皆さん、松浦洋明含め今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

投稿者: 佐藤隆司 投稿日: 2010/06/20 11:10

例年だと「北の旅人」の筈なのですが、この状況では大好きな現場巡回もままならず
今暫くは「北の居住者」として、私の写真ストックファイルからお届け致します。


今回は鹿児島離島の現場巡回で見た様々な牛舎の様子をご紹介いたしますね。

まずは徳之島からです。

   

   

海岸線からチョット離れた高台にある昔ながらの兼業農家さんの牛舎です。
かなり歴史を感じますね!

 

 

   

天井が低く繋ぎタイプの牛舎は、沖縄離島などでもよく見掛ける牛舎です。

   

   


地元では敷料となるオガクズなどが手に入らず、入ったとしても本州から船便輸送のため単価が高く使えません。

サトウキビの産地なので、絞り粕(バガス)などはあるのですが、これもキビ工場の燃料として使われているらしく、なかなか手に入りません。

これを乾燥→敷料として畜産農家へ→堆肥化してキビ畑へ還元→良質キビの生産→キビ工場
という循環が出来たら、みんな助かると思うのですが…

 

   

   

こちらは補助事業で建設された牛舎です。
連動スタンチョンを設置して、個体管理がしやすくなっています。
子牛の所には食べ残しの乾草を敷料として再利用しています

 

   
外に運動場を設置しているのは良いのですが…


   

牛舎反対側の運動場は、床面の傾斜方向が悪いので雨水が溜まってしまいます

雨水は農場外に流れ出ても問題ないのですが、糞尿が混じると汚水になります。

牛舎に併設する運動場の場合は、床の傾斜方向に注意し、
雨樋などを付けて糞尿と混合しない対策をしましょう!

屋根の上に降り注ぐ雨水の量って思った以上とても多いんですよ!

 


   

こちらは徐々に増頭していて、左に見える牛舎が手狭になり、
新牛舎を補助事業にて増設した農場です。

先程と同様、天井も高く牛舎環境も昔とはだいぶ改善されています。

同じ「牛飼い」であっても、時代の流れを感じます

あと、私が嬉しく思ったのは、左側の牛舎の壁です!

 

拡大してみましょう!

   

ホラッ!
この壁のガーでニング、オシャレでとても綺麗でしょう!

下には古タイヤを綺麗に並べて、ここも花壇…

入り口こんな風だと、牛舎に入る時に気持ちが癒されて…

牛さん達にも優しく接することが出来ますよね!

モチロン、牛さん達も嬉しくて成績は当然良くなるはずです!


今は色々な方面で環境問題が取り沙汰にされている時代です!


自分達だけではなく、周辺の方々にも大きな“癒し”を与える「花いっぱい農場」創りに皆さんも少しずつトライしてみて下さいねっ!        

                                                                (次回につづく)

 

投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2010/06/17 10:08

 

 

こんな時だからこそ、焼肉だ!!と思い、お肉屋さんに行って来ました。

 

お肉屋さんとは仲良しなので、

 

牛刺しが出てきたり

 

 

          

 

食べ終わると、

 

おーーーっ!! 

 

 

肩ロースの牛刺しでした。 

 

そして、コロッケ、

 

 

その後、なぜか!?アジやイカまで・・・ 

 

 

ごちそうさまでした・・・ 

 

当たり前ですが、食べるばかりでなく、お肉も購入しました・・・ 

 

ちなみに、昨夜も8人で焼肉大会でした。

 

お肉 食べ過ぎと言われるかもしれませんが、食べ過ぎで良いんです・・・

 

といいますか、良いことにして下さい。 

 

今は、子牛セリが延期になっているばかりではなく、

 

枝肉単価も下がっています。

 

みんなで、お肉を食べ、元気モリモリ夏を乗り切っていきましょう!!

 

といいますか、

 

一刻も早い口蹄疫の終息を祈るばかりです・・・ 

 

 

 

 

投稿者: 佐藤隆司 投稿日: 2010/06/11 12:55

皆さん、こんにちは~っ!

口蹄疫の発生が4月20日に発表されてから、早2ヶ月になろうかとして

いますが、新たに日向市、宮崎市、都城市でも発生など、

なかなか沈静化の兆しが見えません。

宮崎での初動対策の失敗?を教訓にして、これ以上の拡大を最小限に

止め早期終息のために万全の対策をとって食い止めて頂くことを願って

います。

私たちもこういう状態の中で現場訪問もままならないため、

以前にストックしていた写真を引っぱり出して、

皆さんにご紹介致します。

 


以前にもご紹介しました沖縄県北部の比嘉牧場さんから

の便り?です。

 

現在繁殖母牛20頭で、平成19年から育成のみEG給与していたのですが平成21年から全群に給与開始しています。

     

この地区は敷料がなかなか手に入らず、母牛群の所には敷料を敷けま

せん。

でも、その割にはお尻も綺麗で、毛艶も良好。

ルーメン発酵が良好な様子を物語っています。

 


敷料が少ないとは言っても、やはり大切な初期育成牛群の牛房にはしっかり敷料を入れて管理されていました。

 

 

体力の出てきた育成後期の牛群はやや薄めの敷料です。

粗飼料もしっかり食い込んでいて、幅、深み共に良好の状態!!

 


天気が良くて、運動場が乾いている時にはこまめに解放して。あげています。

外に放たれた牛さん達は気持ちよさそうにはね回っていたかと思うと…

しばらくの間このように土を一生懸命舐めていました!

きっと土壌のミネラルや微生物を摂取して自ら体調を整えて

いるのでしょうね!

牛さん達は本来、戸外で過ごすべき動物ですから、

やはり土の有るところや放牧地など、

自然の恵みに触れさせて上げる事がとても大切なことと思います。

 


比嘉さんのところでは昨年から独自に繁殖台帳を作って

ドアーに張り付け、繁殖管理をしています。

 

項目の所を拡大します。


その記入例です。

台帳3

これをチェックしながら、すべき事を間違いなく処置する…。

繁殖成績を良くするにはとても大切なことですね!!

 


最後は、人工受精師でもある奥さんとのツーショットです。

とても仲が良くてウ・ラ・ヤ・マ・シ・イです!!

比嘉さん!

口蹄疫にめげず、これからも良い牛さんたちを作って下さいね!