自然環境の調和を保ちつつ地球に優しい持続的農業を提案します。

日記カテゴリー


株式会社ラボジェネター

〒080-0106
北海道河東郡音更町東通
20丁目2番地9

ブログカレンダー

アーカイブ
<2010年9月>
2930311234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293012
3456789
月別の過去ログ
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
投稿者: ブログ管理人 投稿日: 2010/09/30 0:00

投稿者: 堀田忍 投稿日: 2010/09/29 11:26




寒い寒い  ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ



スイマセンOTZ

まだ9月だというのに、年寄りみたいなこといって、、、


2週間ちょっとぶりに十勝に帰ってきたので、

身体が夏使用のままなのか・・・

まぁ寒いのなんの・・・


衣替えしないと  (ノ∀`)



あ、

寒い中、畑に向かう途中の風景ですv







緑肥用の「ひまわり」ですね♪


うん、綺麗です♪


朝から気持ちいいです♪


車を停めて、デッカイのが写真を撮りながらニヤニヤしてるのは、

さぞ、気持ち悪かろう・・・デス OTZ



北海道では、

緑肥用作物としてメジャーなのですが、

シティーボーイの己にとっては、

ひまわり=夏 なんですよね・・・




ホントはテンソンが上がる景色なはずなんですが・・・・


まぁ~

寒い寒い  ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ




投稿者: 植田秋良 投稿日: 2010/09/28 8:16

とある酪農家さんは自家用に一頭だけ和牛肥育を始めました。
 
現在、18ヶ月齢でご覧のようにすくすく育っています。
 
『自家用に・・・』
 
とおっしゃっていましたがこんなに順調に育つと
 
すごい枝肉重量になりますね!
 
本業である酪農経営をしっかりされつつ、
 
実用を兼ねて始めた和牛肥育。
 
この一頭で終わるかもしれませんが、
 
新しいことに挑戦するOさんを見て
 
素敵だなぁと思いました。
 
一年後の出荷が楽しみです!!
 

投稿者: 松浦 洋明 投稿日: 2010/09/26 20:42

 

皆さんこんにちは!!

 

もうじき9月も終わりますが、実家では

 

 

引き続きジャガイモの収穫を行っています。

 

品種はホッカイコガネ(加工用)なんですが、

 

じつは、畑の地形がすこし厄介でして‥

 

 

中心部分が窪んでいるんです。

 

 

 

 

 

ここに水がたまり気味になり

 

 

コンベアーに流れてくるべき芋が泥まみれになっていました。

 

 

手が6本あっても足りないくらいです‥

 

 

こちらはクズイモのかごです。

 

 

 

品種が加工用ですので、チップスやフライ用として出荷されます。

 

 

このコンベアーは油断していると爪や指をローラーに挟まれやすく

 

毎年事故も多いようです‥

 

皆さん、仕事に限らず怪我には気をつけて下さいね!!

投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2010/09/23 23:01

 

明後日の22日なのですが、

もしお時間がありましたら、

御挨拶に行こうと思っております。
 
ヤマシイ気持ち!?はありませんが、

お昼頃に行こうと思っております。

 

 

☆ある奥様に送ったメールです (原文そのまま)

 

 

ということで、22日のお昼ごはんは・・・

 

 

 

カレーライスでした。 

 

牛すじカレー 最高!!   コラーゲン LOVE・・・ 

 

牛すじカレー を食べ終わる前に・・・

 

 

焼きカレーが出てきました・・・ 

 

めっちゃ美味い!! 

 

 

ペロッと食べてしまい・・・

 

そして・・・

 

三杯目のカレーが・・・

 

 

 

・・・・・

 

 

JESUS CHRIST・・・      

 

 

おお神よ・・・

 

 

美味しすぎる・・・ 

 

 

ということで、

 

この度は、山崎さん ごちそうさまでした。 

 

とても幸せな時間を過ごしました。 ありがとうございました。 

 

 

僕も、この幸せな気持ちを、必ず誰か!?に与えたいと思います・・・

 

 

誰かって誰!?・・・  

 

 

 

投稿者: 佐藤隆司 投稿日: 2010/09/23 21:22

私の放浪日記は石垣島から北上してきて、ようやく奄美まで辿り着きましたっ!

この日はここ数日曇りがちだった空が久々にすっきり晴れていて、海もとても綺麗…

でもその分…あっちぃ~っ!!でした!!

 

ね~っ!綺麗でしょ~っ!


さて、今回は以前のブログ 

www.labogenitor.com/Default.aspx?tabid=77&EntryID=311 

でも紹介いたしました“牛飼い初心者の独り言” 

http://ameblo.jp/takashiushi/ の 

♂みぃさん の新築牛舎をチェック?して来ました!


 

牛舎は東西方向に建てられ、屋根は南北方向で3ヶ所にポリカがはめ込まれています。

日差しの強い南国では、この程度のシマシマでも十分かもですねっ!


ポリカを通してきた太陽光は床面にくっきり…

この光が太陽さんの動き(東から西へ)とは逆に、

床面を西から東へとジワジワ移動して床面を乾かしてくれます。


ホラッ、雨降りの日が多い割には、牛舎の床の状態が乾いていて良い感じでしょ?


あと欲を言うならば、雨の吹き込みを最小限にするために、牛舎妻側の

牛房側軒下に1.5m位幅の屋根があると良いですね。

 

そして、側面の牛房側には巻き上げ式カーテンなど付けておくと

カンペキ?ですね!


♂みぃさん!しっかり儲かったら少しずつ改造しましょうね!

 

ン…?

補助事業の場合、5年くらいいじれなかったんでしたっけ??

 

あと、ハンドメイド堆肥…みぃさんの努力の結果がよく見えます。

手前のが新しい堆積山、奧のは一回切り返しした物です。

 


切り返した当時より、だいぶ山が低くなって嵩減りしたとの事。


バケットが無いので全部手作業なのに、しっかり山状に積み上げ、良い

発酵するための環境を整えています。

モチロン、悪臭はほとんど無く、内部温度もしっかり上がっていましたよ!

あと2ヶ月もしたら良い堆肥になることでしょう。

少し水分が落ちた物を牛房に敷いたら、素敵なフトンにヘンシ~ン!!

です。

その前に、隣のおじいに持って行かれないように注意しましょう!!

 


そうそう、敷料が手に入りにくい地域では堆肥舎を作る時にも

採光屋根を付けましょうねっ!

堆肥発酵では仕込み時の水分調整が“命”ですから…。

 

皆さんも良い堆肥作り、是非トライしてみて下さいね!

投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2010/09/20 23:17

 

先月、ハエ対策についてブログを書いたのですが、

            ↓↓↓↓↓

http://www.labogenitor.com/tabid/77/EntryID/370/Default.aspx (その時の記事です)

 

それを見て、帯広で酪農をしている後輩がハエトリ粘着剤スプレーを購入したらしく・・・

 

 

ショベルにハエ達がたくさんくっついています。

 

彼は、獣医さんの診療車にも、勝手に!?スプレーしようとしたら、拒否されたということでした・・・ 

 

以前、”このスプレーは、サシバエにも効果があるのか?”、という質問があったので、

 

 

ニッソーグリーン(ハエトリ粘着剤スプレーの販売先)の担当の方に問い合わせたところ、

 

”どんなハエでも大丈夫です” ということでした。

 

心強い・・・ 

 

 

少しでも、牛達や現場の方々のストレスが軽減できたら嬉しいです。 

 

 

 

投稿者: 佐藤隆司 投稿日: 2010/09/19 15:08

以前このブログでも写真紹介させていただいた「「花いっぱい牛舎」M牧場さんの所にお邪魔しました。

www.labogenitor.com/Default.aspx?tabid=77&EntryID=342

 

相変わらずガーでニングはバッチリ継続中でししたよっ!

(うっかりしてて写真撮るの忘れちゃいました!!m●m)

 

今回は牛舎の様子をご紹介いたしましょう!

 

牛舎入り口から内部の様子を窺ったところです。

 

今年はどの地区も雨が多い(…晴れの日が長続きしない)にも関わらず、牛床の手入れはしっかり行き届いています。


他の地域の農場では雨が吹き込んだりして、結構ベチョベチョ状態の所が結構多かったんですよ~!

 このように良い状態を維持するためには、牛舎構造の影響もとても大きいんですよ!

 


こちらでは牛舎中央通路を挟んで両側に飼槽があります。

 

お尻側ですが、床の汚れも少ないのでお尻にボロも付いていず綺麗!

牛さんたちの毛づやも良く、ルーメン発酵の状態が良いというのが解ります。

 


お尻の所に風が当たるように順送式で送風機を設置しています。

 

牛さんに対しては気化熱を奪って体感温度を下げる

 

一番汚れやすい場所に風を流して床を風乾する

 

そして新鮮な空気を牛舎外から取り込む換気

 

…と一石三鳥ですね!

 

更にの農場ではこんな工夫もしています

 

飼槽と反対側ですが、牛房の柵の下の基礎を30cm位立ち上げ、更に軒先を伸ばして1m位コンクリートを打っています。

そこに柱を立て、巻き上げ式カーテンを設置しています。

 


牛舎妻側にも巻き上げカーテンを付けています。

 


巻き上げ部分の拡大です。

ハンドルをくるくる回すだけで簡単に上下します。

 


このように一見無駄なスペースに思われますが、牛さんの管理通路としても足元が汚れないですし、何と言っても雨水の牛床への吹き込みを最小限に喰い止めることが出来ます

牛房がヘドロ状態やプールみたいになったら、牛さんはもちろんの事、後始末する人の労力や処理も大変ですよね!

(大型台風の時には飛ばされないように、巻き上げるしか方法は無いのですが…)


特にまだ抵抗力の少ない子牛ちゃん達は、環境影響を受けやすく病気にかかりやすいので、床の管理はとても大切になります!

 

ほ~ら ネッ!

床の状態が良いと発生するガスも少なく、牛さん達もリラックスして座ってますでしょ!

 


あと、こちらも仕事の合間にリラックスして楽しそうですっ!!


ホ~ント、そっくりでしょう?

親子だって直ぐ解りますよね!!色が白いのは奥さん似…?


盛さん、これからも良い牛さんたちをドンドン育てて下さいねっ!

有り難うございましたっ!!

 

投稿者: 植田秋良 投稿日: 2010/09/15 20:50

ようやく涼しくなり、ほっとしていたら
 
なんだか風邪気味になった私ですが
 
皆さんはいかがお過ごしでしょうか?
 
 
わかっていた事ですが、
 
あれだけ寝苦しい夜が続いて
 
『いや~、暑くてどうにもならないですね~!』
 
などとお客さんに愚痴ばっかりこぼしていたのに
 
実際にこうして涼しくなると
 
ものすごく寂しくなり、遥か昔のことのように感じるのは私だけでしょうか?
 
 
それにしても生ビールを美味しく、また、たくさん飲んだ夏でした。
 
皆さんはどんな夏を過ごしたのでしょうか?
 
 
(よくある風景・・・)
 
 

投稿者: 佐藤隆司 投稿日: 2010/09/14 17:12

さて、削蹄チームの仕事ぶりをお見せしましょう!

削蹄前(生後9ヶ月前?)の蹄底です。

カカト?部分も結構丸く盛り上がってますね~!


作業開始です!

一頭を2人の削蹄師さんがチームになって(前足担当、後足担当)

アッという間に仕上げます。

 

削蹄している方は、私が与論に上陸した時にいつもお世話になってい

る仕事大好き福永さんです。

今回も軽トラの助手席に乗っけて貰いました


モチ……

アッ!いちいちアースジェネターのユーザーです…な~んて説明しなくても良いですよねっ!…チャ~ントしてるじゃん!


削蹄カマの切れ味は抜群で、まるで大根の皮を剥いているみたい…。

やっぱり刃物は切れが悪いとケガのもとですからねっ!

 


蹄底を削り整えたら、蹄周辺をハサミで最後の仕上げです。

 


ハイッ!出来上がり!!

牛さんはきっと、新しい運動靴を買って履き替えた時みたいに、足元が軽く歩きやすくなった事でしょうね!

 

モチロン皆さんももう知っているとは思いますが…。

蹄は牛さんの土台です

牛さんの削蹄はストレス軽減や骨格形成にも、成育にも大きく影響します。

だって、あの重たい体重をたった4本の足で支えているわけですから、その重さを4本平等にかけるようにしてあげないと、だんだん肩や間接等に、そのしわ寄せが来てストレスの原因になりますからね!


セリ子牛だけではなく、母牛さんもチャ~ンとしてあげましょうねっ!

 

その理由は…もう言わなくても解りますよねっ!!

 

セリ前なので、削蹄終了後に鼻環をつけて作業終了!

 

牛さん、皆さんお疲れさまでした~っ!

 

さて、ここで「素晴らしい一品」をお見せします

削蹄に必要な七つ道具入れ(これには六つ道具?ですが…)です!

空き部屋?があったら直ぐに行方不明グッズが何かが解ります。

モチロン、福永さんのハンドメイド!!

 

素晴らしいでしょう?

身の回りにある物でも、チョットしたアイディアで大変身!!

 

こういう事ってとってもエコで、お金もかからないし私も大好きです!


皆さ~ん!!

自分の身の回りに、一工夫したら十分使える物はありませんか~?

 

昔?流行った「頭の体操」のつもりで、ナイスアイディアにトライしてみて下さいねっ!!

もしかしたら、それがきっかけで大発明…大金持ちって事になるかも??ですよ~っ!

 

船が欠航なので、この日の夜は与論泊。

与論と言えば、そうです!与論献奉!!

今日、削蹄で大汗を掻いた皆さんと、Tさん家に集合し美味しいビールと美味しいご馳走…

そして恒例の与論献奉…キッチリやられちゃいましたっ!


Tさん、そして皆さん大変お世話になり有り難うございましたっ!mm