自然環境の調和を保ちつつ地球に優しい持続的農業を提案します。

日記カテゴリー


株式会社ラボジェネター

〒080-0106
北海道河東郡音更町東通
20丁目2番地9

ブログカレンダー

アーカイブ
<2011年1月>
2627282930311
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
303112345
月別の過去ログ
2018年11月
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
投稿者: 松浦 洋明 投稿日: 2011/01/29 9:30

 

みなさんこんにちは!!

 

ついこの間の事なんですが、実家でパソコンをひらいていまして

 

なぜかふとトラクターの事を知りたくなりました。

 

もともとトラクターは大好きなのですが、

 

数ある農機具メーカーを把握するのは至難の技ですよね。

 

改めて、ググッてみて、“トラクター” “写真”と検索するとですね‥

 

0.06秒で482,000件が発見できました!!

 

中には非常にテンションの上がる写真たちもおりまして‥

 

少し御紹介を

 

こちらはランボルギーニの軽トラクターです

 

 

 

 

スーパーカーでお馴染になりましたが、

 

実はトラクターも出しているんです。

 

しかし説明書きを見てみると‥

 

『("スーパーカー"のランボルギーニはフォルクスワーゲン・グループのアウディ傘下)事実上まったく別会社となりましたが、"ファイティング・ブル"の紋章は共通。ただしこちらは搭載されているエンジンはなんとミツビシ製。』

 

私全く知りませんで、

スーパーカーから有名になったのに

元はトラクターメーカーだったのです。

 

 

実家の周りではランボルギーニのトラクターは見たことがありませんが

 

 

北海道では、

 

オリンピック並みの年度で開かれる

 

国際トラクター展示博というものが

 

ありまして‥

 

 

一度見たときの銀色に光るトラクターたちは

 

一種の乗ってみたいという衝動と、

価格のけた違いの高さにドン引きの連続でした。

 

 

これなんかは前輪と後輪が同じサイズです‥

 詳細...

投稿者: 堀田忍 投稿日: 2011/01/26 21:39


みなさん御無沙汰しております・・・



さて、ふだん農村をフラフラしてる自分ですが、

珍しく新宿なんぞに行ってきました。



遊びぢゃないスよ(汗

とある無肥料自然栽培関係ののセミナーがあったので (n‘∀‘)η

運営スタッフとして奉公してきたわけです・・・


(疲れた)




んで、セミナーが終わって、

昼飯がてら、京王の駅弁大会に行ってきましたv

(正式名称は「元祖有名駅弁と全国うまいもの大会」)




駅弁の物産展ではけっこう有名なほうです(・・・たぶん)




まぁ、すっごい人で、

どの店も並んでましたが、

僕の心の中では、

「畜産関係の弁当を食う」というのが決まってましたv



・・・てゆうか、自分、甲殻類アレルギーなんです( TДT)

木村秋則さん指導のお米で作った

「チラシ寿司」があるのを知ってたんですが、

真中にデッカイ海老さんが乗ってまして・・・

断念せざるを得ませんでした( ´Д⊂ヽ




牛さん、豚さん、鶏さん、羊さん・・・、

いろんな弁当がありましたが、、、、、、、、






吟味に吟味を重ねて選んだ駅弁がコレです↓↓↓







うん。

ごめんなさい。


吟味に吟味は重ねておりません 。・゚・(ノД`)・゚・



一目惚れです(笑


完全に自分の趣味です(笑




ちなみに、中味の写真を撮影する前に、

中味食べちゃいました(笑



美味しかったですv




「傾くなら傾き通せ!!」




うん。

男子以外は全く理解できない内容ですね(笑




ちなみに駅弁大会は今日で終わりです(笑













投稿者: 佐藤隆司 投稿日: 2011/01/24 10:03

前回の堆肥の話題に引き続き、今回は気合いを入れて良質堆肥の生産に取り組んでいる山本牧場さんを取材?してきましたので皆さんにご紹介しましょう!


山本さんの農場は一昨年10月の放浪日記

http://www.labogenitor.com/tabid/77/EntryID/211/Default.aspx

で紹介していますので、経営詳細は省きます。


まずは堆肥舎の様子からです。

堆肥舎は牛舎と繋がったもので、、牛舎延長上の端っこに広々と配置しています。

ここは堆肥舎と言うより、「堆肥製造スペース」と言った方が良いかも知れませんね!

モチロン、一般的な堆肥舎で見られる仕切壁はなく運搬、切り返し等の作業効率は抜群です!


この山は堆積間もないもので、温度計を刺して発酵温度の状況をチェックしています。


もう少し近づいてみました。
原材料は敷料としてのサトウキビバカスと残飼にモミ殻を少し混合し堆積しています。


温度計をズームアップ!
温度はブロアーなど付いていないにもかかわらず、表面から約50cm深で80℃超え!

初期発酵でここまで温度が上がると言うことは、水分状態が丁度良い上にバカスに多少残留している糖分、更にはモミ殻を混合することで
通気性を確保しているという好条件の相乗効果だと思います。

 

手前の山は2回ほど切り返しして堆積してあるもので、一番奧に見える山は半年くらい経過したものです。
色も黒褐色でとても良い状態です。



手前の山をチョット掘り返してみました!
すると表面から20cm位の所に真っ白な糸状菌がビッシリ層状になってました!

これはアースジェネターを継続給与して創った堆肥の大きな特徴です

 

山から転がり出てきた固まりにもビッシリ…

写真撮るのを忘れちゃったのですが、
この固まりをパカッて割ってみると中の方にも菌がしっかり蔓延って居ました。

固まりの中からも分解が進んでいる証拠です!
こうなると固まりも崩れやすくなります。


牛舎や堆肥置き場も悪臭は無く、訪ねてきた人達は皆臭気の無さと
堆肥品質の良さに驚いて帰るそうです。


ただ、より良くするためのワンポイントアドバイス!

堆積している形状はカマボコ型でバッチリですが…
山の壁側は山の裾野だけ壁に付くように、もう少し壁から離して堆積しましょう!

そうしたら山全体の発酵ムラが無くなって、更に均一な良い堆肥になりますよっ!


山本さん、これからも良い堆肥を創って、周辺の方々にも上手な堆肥の作り方を伝えてあげてくださいねっ!

投稿者: 佐藤隆司 投稿日: 2011/01/21 9:27

今日は徳之島から沖永良部に向かうフェリーの中からお送りします!


さて今回は素敵な堆肥を造っているユーザーさんを紹介いたします!

まずは、繁殖母牛約50頭を飼養されている栄牧場さんの堆肥舎からです。


以前はこの枡に四角く積まれていたのですが、今は壁から離して
カマボコ型に積まれています。

欲を言うならば、もう少し枡の間口が広かったら、裾野まで壁から離せて理想的なのですが…。

 


これは切り返しを3回したもので発酵状況も良く、分解状況や色を見ても堆肥化が進んでいるのが解ります。

 


こちらは出して間もない堆肥です。

原材料は粉砕バーク、オガクズ、残飼混合のものですが、
既に湯気が立ち上り、菌たちが活躍して発酵が順調に立ち上がって
いるのが解ります。

この堆肥山の奧側には木質など有機物を分解するのが大得意な
キノコがニョキニョキ!

有機物の分解が順調に進んでいることが窺われます。

この山も近い将来は立派な堆肥になる事でしょう!

 

さて次は下記ブログで独り言を呟いている
ネコ好き “みぃ”さんちの堆肥です。

http://ameblo.jp/takashiushi/

牛飼いを始めてまだ間もないのですが、昨年牛舎を新設繁殖母牛10頭(でしたっけ?)の牛飼いさんです。

堆肥作りは機械もないので、全ては“ハンドショベル” での制作ですが、私の言いつけ通り? 素敵な堆肥を創っています。


ホラ!
手作業と思えないような見事な出来映えでしょ!


こちらは切り返し一回のもので…


こちらは発酵している堆肥を少し小分けし、その上に少しずつ混ぜ込みながら積み上げていったもので、
まだ切り返しは一回もしていません。

ネッ!素晴らしいでしょ!


これだけの量を「ハンドショベル」で切り返しするというのはとても
大変な作業です!

でも、なんてったってお金の掛からないダイエットです!
ビール好きの体型維持には抜群ですよっ!

機械を手に入れる迄、時々はガンバって 肉体労働に
励んで下さいネッ!

 

大小の差は有れ、お二人とも素敵な堆肥を創って草地に還元し、

良い草を作って牛さん達を喜ばせて下さいネッ!

そうしていると将来は必ず良い事がお二人に戻って来ますって!!

なお、もっと詳しく堆肥のことを知りたい方は

下記「ウンチの部屋」にどうぞ!

http://www.e-tikusan.com/earth.html


投稿者: 佐藤隆司 投稿日: 2011/01/20 16:30

昨年10月20日の集中豪雨で大きな被害を受けた奄美大島に行って
来ました。

発生後丁度3ヶ月が経過しているのですが、車で走っているとまだアチコチに豪雨の爪痕が残っておりましたので、その様子をご紹介します。

    

ここは崖崩れした所です。
当初は道路まで覆い被さっていたようです。

こちらは崖崩れで道路の一部まで崩落していました。


その下の方は…

はるか下の方までえぐり取られていて、豪雨のすさまじさを物語っていました。
写真を撮るのに立っているのも恐ろしいくらい激しくえぐり取られていました!

 

ここも崖崩れで道路が塞がれていた所ですが、今は一車線だけ通行できるようになっていました。


 

ここも崖のはるか上の方から崩落していた所のようです。


他にも大小何カ所も崖崩れや水害の被害にあわれた所があり、
今回の集中豪雨の凄まじさを目の当たりにしました!

被害に遭われた方々には改めて心からお見舞い申し上げます。

そして、出来るだけ早く復興され今までの生活に戻られることをお祈りいたします。

 

途中の道すがら、北海道は大雪の最中なのに、道端に綺麗なサクラが何事もなかったように咲いていました。

 

自然の恐ろしさと、たくましさを感じた一日でした!

投稿者: 松浦 洋明 投稿日: 2011/01/18 6:52

 

みなさんこんにちは!

 

全国で大雪が発生していますね‥

 

北海道の音更町では例年に比べ、幾分積雪も少ないので、

 

2月下旬から3月中旬にかけての変な時期に

 

雪が“ドカっ!!!!”と降りそうな予感がどこからかビシビシ伝わってきます。

(個人的にですが‥)

 

 

昨日北海道の十勝の肉牛市場(1日目)に行ってきましたので、報告を‥

 

 

 

 

出場頭数は716頭、黒毛和種の去勢平均は479,271

メスでは404,442円でした。(いずれも税込)

 

ジェネティックス北海道の北乃大福も上場し

 

 

537,000円と高めにせられていました。

 

 

全国的に注目度も高く、北平安とともに名をあげていますね!!

 

 

そして宮城の茂洋が種付けされた親牛も

 

 

せられ

 

 

と注目度が出ていますね。

 

 

 

ちなみに、この音更市場なんですが

 

年明け前に改築を行っていました!!

 

 

 

そもそもここの市場ではセリが全4日間あるので、

 

初日からぶっとおしで購入する農家さんと牛さんのために

 

配置スペースを増築したのです。

 

 

これにより牛さんのストレスも緩和でき、

 

導入する農家さんも助かりますよね!!!!

 

中は建物出来たての鉄のかほりがムンムンでした。

 

毎月の市場の運営・管理をして下さる皆さんに

 

牛さんも喜ぶことと思います。

&q ...</span>
         
          <a id=詳細...

投稿者: 植田秋良 投稿日: 2011/01/17 16:52

先日、札幌天文塾を開催しました!
 
北海道にて3回目となる今回は、I氏と無茶振りな内容を企画。
 
  
 
開始時刻14時、講演2時間、質疑応答3時間の計5時間。
 
ところがいつものように講演と質疑応答の境目がつかず・・・。
 
 
懇親会では自己紹介でも大盛り上がり・・・・。
 
 
初めての試みで3種類のお肉を試食!
 
ちなみにお肉は
 
田中一馬さんの和牛敬さん牛、
 
延与さんの十勝ハーブ牛、
 
JA十勝清水の十勝若牛、の豪華3本立てでした!
 
それぞれ特色が違うお肉でしたが、どれも美味しかったです!!
 
 
毎回思うことは、今回が一番楽しかったこと!!!
 
 
歴史、記録、記憶は常に塗り替えられるということですね。
 
あ~本当に楽しかったです!
 
日本の畜産、農業は明るい!!と思うと同時に
 
参加者の皆様には深く感謝いたします。
 
是非、また企画しますね! 乞うご期待です!

投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2011/01/17 12:35

 

 

昨日、宮崎中央の子牛セリに行って来ました。

 

 

血統は・・・

 

 

勝平正が一頭もいませんね。 オモシロイです・・・

 

昨日の平均価格は、 メス43.7万円  去勢48.3万円(税込)

 

約2年ぶりに宮崎中央へ行ったのですが・・・

 

良い牛が多かったですね(あくまでも主観です)。

 

大きくなりそうな牛(去勢)は、いつもチェックしているのですが、

 

ちょっと見ただけでも、

 

61.4万、59.9万、55.9万、50.8万・・・  という感じでした。

 

50.8万の牛はなんでこの値段かなと思って血統を見たら、

 

百万石ー糸茂勝ー糸北国ー隆桜でした。

 

忠富士―福之国ー安平ー隆桜だったら、

 

あと5万は高かったのだろうなぁと思いました・・・ 

 

他の市場より、良い牛(伸びそうな牛)が多く、チェックした牛はたくさんいました。

 

市場によっては、チェックする牛がいない時もありますので・・・ 

 

昨日の宮崎はバリ寒かったです。

 

風も強く、いたる所が凍っていました。

 

 

本当に寒い一日でしたが、宮崎中央のステキな牛達を見れて嬉しかったです。 

 

 

投稿者: 植田秋良 投稿日: 2011/01/14 1:13

本日(1/13)、日高新冠町にて松本先生による講演会が行われました。
 
 
主催は株式会社ひだかC.L.Cの田原口先生でした。
 
参加者の人数はというと・・・・
 
なんと約300人でした!!
 
地元日高管内の生産者をはじめ、
 
獣医さん、普及員さん、関係者の方々が来られておりました。
 
松本先生はいつものように元気一杯、ギャグも好調でありました(笑)。
 
2時間半、皆さんを飽きさせることなく大盛況でした。
 
本当に皆さんが良い笑顔になって帰って行かれたのが印象的でした。
 
今回は松本先生と田原口先生の夢の競演(!?)が実現したことで、
 
このような多数の方々がお集まりになり、
 
例を見ない大盛況ぶりになったのでしょう。
 
なんだか元気を頂き、すごく嬉しい気持ちになりました。
 
松本先生、田原口先生、関係者の方々、素敵な講演会をありがとうございました!!
 
さあ明日は札幌天文塾です!  乞うご期待です!

投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2011/01/11 20:55

 

 

昨日(10日)延岡のセリに行って来ました(上場頭数は316頭)。

 

 

種雄牛別では、忠富士 福之国 秀菊安 梅福6 勝平正 安福久・・・  という順番でした。

 

 

☆写真が見えにくかったら申し訳ありません

 

二日間(9日、10日 713頭)の平均は、 

 

メス 41.9万円 去勢 45.2万円(税込)

 

前回と比べると約3万円高かったです。

 

今回のセリを見ての感想ですが、

 

去勢では、50万円を超える牛は少なかったです。

 

35~45万の牛達が多かったかな、という気がします。

 

メスでは、忠富士が高値でした。

 

繁殖母牛として残すのだと思います。

 

口蹄疫で被害を受けた地域の方達も、メス牛を買いに来ていました。

 

福之国も、繁殖母牛として、活躍できそうな牛は、高値でした。

 

そのような牛は、とても少ないのですが・・・ 

 

ところで・・・

 

今日11日は、会社の新年会でした。

 

今まさに、盛り上がっている気がします・・・ 

 

それなのに、なぜ宮崎に来たかというと・・・

 

知り合いの方のメス牛が、地区のチャンピオンになり、

 

その牛を応援したいなと思ったからです。

 

そして、その牛の順番になり・・・

 

 

オーッ!!

 

 

オオーーーッ!!!

 

 

オオーーーーーッ!!!!!

 

 

 

 

112.2万円 でした。

(327日 339キロ  血統は、福之国ー福桜ー安平ー平茂勝)  

 

 

市場でも目立っていた牛でしたが、ここまでいくとは・・・

 

 

正直に言いまして・・・

 

 

バリ嬉しかったです。 

 

 

どうしても、繁殖母牛として福之国が欲しいという方がいたそうです。

 

☆その牛の写真です   ↓↓↓↓↓

 

 

新しい買い主さんの方のところに行っても、楽しく過ごしてね。 

 

そして、

 

このたびは 横山拓也さん おめでとうございます!!!