自然環境の調和を保ちつつ地球に優しい持続的農業を提案します。

日記カテゴリー


株式会社ラボジェネター

〒080-0106
北海道河東郡音更町東通
20丁目2番地9

ブログカレンダー

アーカイブ
<2011年4月>
272829303112
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
1234567
月別の過去ログ
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
投稿者: 佐藤隆司 投稿日: 2011/04/28 17:37

さて、今日は現場での勉強会です。

皆さん普段からの行いが良いせいでしょうか?

とても良い天気に恵まれました!


まず最初はT牧場からです。


皆さん、おはよう~ございます!

昨夜飲み過ぎて、まだお酒臭い人でもマスクしてますから大丈夫ですよぉ~っ!!

 


まずは現状を把握するための聞き取りからです。


では、実際に牛を見ながらの勉強会です。

ここでまず一番大切な事は、牛さんたちが今何をして欲しいかをしっかり聞いてあげることですよ~っ!

 

 

昨夜も寝るのがチョッピリ遅かったにもかかわらず、結構すっきりしていますでしょ?

それは…マスクしているせい??

イイエ、朝シャンのせいですよっ!

 


牛さんを目の前にしての松本先生の解りやすい説明に、

皆さんの眼差しも真剣そのもの!

I0

 

ここでも島牛会のメンバーの方々は縁の下の力持ちで活躍しています。

 

 

 

ホラッ、ネッ!

昨夜とは打って変わって真剣そのものでしょう?

 

 

も~っ、オト~サンッたらぁ…  まだお酒臭~い!

先生の大事なお話、忘れないように私がチャ~ンとメモしといてあげるねっ!

内助の功ってステキですね!

とぉ~っても羨ましいですっ!!

私だって若い頃は…なぁ~んちゃって

 

みなさ~ん!

この農場での先生のお話を忘れずに自分の農場に持ち帰って、

自分の経営に生かしましょうね!

 


お酒が少し抜けた2軒目での様子は次回です!

 

投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2011/04/27 16:58

 

 

会社から車で1時間のところにある更別町のO牧場へ行ってきました。

 

ここは、搾乳牛を40頭、そして、繁殖母牛(和牛)を45頭飼っています。

 

 

☆つなぎ飼い牛舎の写真

 

 

☆和牛の子牛牛舎

 

 

☆良質のチモシーが一杯

 

 

 

☆チモシーのロール

 

 

 

”Oさん、今年はチモシーどのくらい収穫するんですか?”

 

と尋ねたのですが、

 

 

なんと・・・

 

 

な、なんと・・・

 

 

45町 と言っていました。

 

 

 

スゴイ・・・ 

 

 

 

和牛にも搾乳牛にも、給与するので、全て自分のところで消費するそうです。

 

 

ちなみに、45町は、東京ドーム約10個分の広さなのですが、

 

こう説明すると逆に!?よく分からない・・・ 

 

 

なんせ、スゴイ量!?のチモシーを収穫しています。

 


Oさんの、子牛達は良質の粗飼料をたくさん食べていて良い感じでしたよ。 

 

 

今月のセリでも高値で販売していましたし・・・

 

 

 

 

ごちそうになります・・・ 

 

 

 

といいますか・・・

 

 

お昼ご飯 ごちそうさまでした。 

 

 

 

投稿者: 植田秋良 投稿日: 2011/04/27 8:35

先日、道北(北海道の北部)出張に行ってきました。
道北といえば、いろいろ素敵な物や場所がありますが、
 
今回の利尻富士(利尻山)は絶景でした。
 
利尻富士は、道北の西側にある利尻島にそびえる山です。
 
この日は本土の豊富町から望みました。
 
地表は春めいてきておりますが、山はご覧のとおり雪景色。
 
地元の方によると、
 
「今日もきれいだけど、秋頃の夕暮れ時はもっと最高だよ!」
 
私の住む帯広からは日高山脈を望むことができ、
 
山の景色には慣れているはずなんですが、
 
まだまだ私の知らない北海道の世界があるものだなぁ~、
 
そんなことを思ったひと時でした。
(道北の所々にある風車。道北ならではです。)

投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2011/04/26 11:02

 

 

来月の薩摩中央家畜市場セリ名簿が届きました。

 

 

今回から・・・

 

 

 

伊佐市場と合同開催になります。

 

 

伊佐と言えば・・・

 

知る人ぞ知る、良い牛が多い地域です。

 

母牛の改良が早い地域でもあります。 

 

 

その伊佐 と 薩摩中央が合体して、毎月セリ(二日間)になるようです。

 

これから楽しみですね。 

 

 

種雄牛別出場頭数(二日間 817頭)では・・・

 

 

 

百合茂 と 安福久 で上場頭数の半分以上

 

その2頭に安平幸 と 勝忠平 を入れると、4頭で 約8割をしめます・・・

 

 

ちなみに、上場頭数 817頭の中で安福久母牛は 56頭でした。 

 

 

薩摩に行った際には、結果を報告します!!

 

 

行くかどうかは、まだ未定なのですが・・・ 

 

 

 

投稿者: 植田秋良 投稿日: 2011/04/26 8:24

先日、帯広ミニ天文塾を開催いたしました。
といっても飲み会なんですが・・・・。
前回とほぼメンバーは変わらず、十勝以外ではKさんが参加されました。
基本的に1次会、2次会ともにKさんの爆笑独演会でした(笑)。
 
弊社のSの参加もあいまって一体感のある、とても前向きな会でした。
 
今年1月の札幌天文塾から数えて3回目の集まりということもあって、
 
徐々に本音でお話ができる関係ができ、
 
時には厳しい意見も飛び交っておりましたが、
 
相手を思いやる気持ちが感じ取れて、とてもうれしく思いました。
 
参加された皆さん、本当にありがとうございました!
 
深く感謝いたします。

投稿者: 佐藤隆司 投稿日: 2011/04/24 17:32

みなさん、こんにちは~っ!

前回アップしてから1ヶ月以上、間があいてしまいましたが、

東北関東大震災でお休みしていた“伊江島シリーズ”を再開いたします。


懇親会は余計な説明は必要ないですよね?

連続写真で雰囲気を味わって下さい。

 



沖縄本島から参加されたMotokiさん…カメラマンの酔いが回っている?

手ブレしちゃってスミマセン!


I

久米島から参加された国吉さんと地元NOSAIの仲宗根獣医です

仲宗根獣医は以前、久米島勤務していて、国吉さんはその時の教え子でした!

また国吉さんは前にこのブログの堆肥シリーズで登場していただいてます。

http://www.labogenitor.com/tabid/77/EntryID/323/Default.aspx

 


カメラ目線でパチッ!パチッ!

これでも皆さん随分飲んでるんですよぉ~っ!

 

 


牛談義で大盛り上がりの懇親会はここで一旦締め?で、参加者の集合写真です。

島の方々は流石にお酒には強く、日付が変わっているにも関わらず、

懇親会の始まりのように普通の表情しています。

長老の方々以外の若者達は、この後も次の会場で朝方までだったそうな…。

モチロン、私も長老組ですっ!


翌日は朝から現地研修会なのにぃ~…

もう…伊江島の人って元気なんだから!!

 


次回は現地研修会の様子をお送りしますねっ!

 

投稿者: 松浦 洋明 投稿日: 2011/04/18 14:35

 

 

みなさんこんにちは!

 

 

 

最近の十勝はめっきり温かくなり

 

 

 

 

作物の播種など、全国の百姓の方々は血が騒ぐ時期ですね。

 

 

 

さて、実家ではジャガイモの浴光催芽を行っています。

 

 

 

このように消毒した種イモを低温かつ光の強い太陽に当てることで、

 

 

 

低温保存して“仮眠”していたジャガイモを起こし

 

 

 

 

畑に植えたときに芽の発育と成長を促進させます。

 

 

 

夜や雨の時は二重の大型シートでイモを覆って水分を抑え腐るのを抑えます。

 

 

 

あくまで畑に植える種イモですのでこのまま食べるとおなかを壊します。

 

 

(この時期よりさらにこのジャガイモにもう一つ作業をするのですがまたの機会に‥)

 

 

 

 

 

たとえば話‥夜中泥棒が家のまわりをさまよっていたとして、

 

 

仮に今の時期ジャガイモ盗もうとして種イモを盗んで行くものなら、

 

 

 

食べて即腹壊してほしいものです‥<(^´)>

 

 

 

通年作物泥棒は農家の方々にとって大敵であります‥

 

 

 

まぁ近年、農作物を盗む泥棒もすこし農業知識をつけているとの情報ですので

(未確認ですがf(^_^;))

 

 

 

 

自分の作物は自分の家で守るのが鉄則なんですが。

 

 

 

 

ただ‥秋の野生の動物(ネズミなどは分かりやすい)などは

作物の収穫間際に食べられているのを発見すると、

 

 ‥Σw(゚д゚w)

 

『もう収穫適期だ』と感じ、うれしさ倍増です。

 

 

 

投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2011/04/13 13:16

 

 

後輩と一緒に十勝市場子牛セリに行って来ました。

 

 

 

市場は、会社から車で10分のところにあります。 

 

 

種雄牛別上場頭数や平均価格などは、

 

後輩が書いているので省略しますが(http://www.labogenitor.com/tabid/77/EntryID/526/Default.aspx

 

十勝の牛は、九州の子牛市場の牛と比べると、かなり太っています。

 

 

牛を買いに来ていた福岡の肥育農家さんとも話したのですが、

 

”十勝の太り方はスゴイよ!!” 

 

ということでした・・・ 

 

 

去勢では配合を7~10キロ以上!?くらい喰わせてるんじゃないかな、

 

って思います・・・

 

 

メスもかなりの過肥です・・・ 

 

 

ですので、この血統の並びだったら繁殖素牛として良いなって思う

 

安福久や百合茂、平茂晴、北乃大福、北平安がいても、思ったほど価格がしません。

 

 

安福久では60万を超えるメスもいましたが、

 

その他の血統では、50万を超える牛は、ほとんどいませんでした。

 

 

太り過ぎていて、繁殖素牛として導入できないんだろうな、って思います。

 

正直に言いまして、肥育としても、どうなのかな!?って思いました。 

 

 

300日 300キロの太らせた安福久のメスよりも、

 

配合飼料の量を減らし、良質の粗飼料を増やした

 

300日 260キロのスッキリした安福久の方が高く売れるのになぁ、

 

と思ってしまいます。

 

 

血統の良いメス牛を見るたびに、特にそう感じました。 

 

 

ちなみに、

 

去勢は、50万を超えると、何人か(二人!?)の争いになっていたようで、

 

発育の良い牛の場合、50万円を少し超える牛が多かったかなって思います。

 

血統的に見ると、特に、百合茂が高いように感じました。 

 

同じ牛だったとしても、3万円くらい高かったのかな、って思います。

 

 

昨日の去勢の最高価格は、

 

忠富士ー第一花国ー安平   261日 362キロ  55.6万円(セリ値)

 

 

この牛の場合、忠富士だから高かったというよりも、 

 

誰が見ても!?大きくなりそうな牛だったからそうなったのだと思います。  

 

 

といいますか、現時点でもすでに、バリ大きいのですが・・・ 

 

 

 

 

投稿者: 松浦 洋明 投稿日: 2011/04/13 7:40

 

皆さんこんにちは!

 

 

昨日北海道の十勝市場でのセリに行ってきました。

 

 

 

 

 

初日だったのですが、出場頭数は800頭と少なめでしたが

 

 

メス平均(税込) 381,802

 

去勢平均(税込) 469,107

 

子牛をパッと見た時、どれも大きく感じました。

 

 

安茂勝153頭、北平安141頭、福安照110頭と上位が100頭以上でした。

この内訳は12日13日の2日間の種雄牛なのですが

茂洋や菊安舞鶴、福之国など上場されており注目度も高めなようです。

 

私の中での子牛大きさの基準である生体重300kgが多くおり

 

 

全体平均も先月よりも上がるんだろうなぁとセリ開始から思っていました。

 

 

 

岩本課長と一緒にセリに同行しまして、

 

 

「よりすぐりの一頭を選んだ子牛のセリ価格が高いのはどっち?」勝負をしました。

 

 

結果は岩本課長の選んだ子牛の価格が55万6千円

 

私が選んだ子牛の価格が55万3千円と何気に良い勝負でした(^-^)

 

岩本課長! 私もっと観察眼を鍛えますね(o^皿^o)

 

投稿者: 松浦 洋明 投稿日: 2011/04/12 8:18

 

皆さんこんにちは!

 

先週実家ではビートの苗ずらしを行っていました。

 

 

 

 

 

苗ずらしとは、ビートの床一つ一つをハウス内で場所を変えることです。

 

 

 

 

同じ場所でビートの苗をずっと成長させていると、

 

 

 

畑に植える前に根が成長しすぎてしまい、

 

 

 

ハウスの中で根が張りついてしまうので予防します。

 

 

 

そして苗の場所を変えることで底に空気を取り入れ、

 

 

 

根の成長を促進させます。

 

 

 

苗ずらしの回数は農家によっても様々です。

 

 

 

今でも思い出すんですが、数年前私が苗ずらしを手伝っていた時

 

 

たまーに苗の下にアリが大量に巣を作ってしまいまして‥

 

 

 

『さあ、苗ずらしやるぞ!!!』って苗を持ちあげた瞬間

 

 

 

沢山の大型アリたちと、そこらじゅうにブワっと広がる無数の卵が大量にありまして‥

 

 

 

鳥肌と寒気が全身を襲ったのは今でも覚えています‥(*_*;

 

 

 

しかもそのアリたち‥スコップで引っ叩いても足で踏んでもやられることなく

(地面が軟らかかったのかも)

 

 

 

足に這い上がってきたので、一時退散致しました(T_T)

 

 

当時苗があったので駆除は出来ませんでしたが

 

 

今度またその場に遭遇した時は、それなりの方法で駆除を考えております。

 

 

別に苗にそこまで悪さをする天敵ではないんですけど‥ね‥(^-^)