自然環境の調和を保ちつつ地球に優しい持続的農業を提案します。

日記カテゴリー


株式会社ラボジェネター

〒080-0106
北海道河東郡音更町東通
20丁目2番地9

ブログカレンダー

アーカイブ
<2011年12月>
27282930123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
1234567
月別の過去ログ
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
投稿者: 松浦 洋明 投稿日: 2011/12/24 0:46

タイトルに変な意味はありません 

みなさんこんにちは。

松浦です。

 

 

東日本でも、日本海側は大変な大雪とのことです‥

 

こちら帯広は昨日から今日にかけて約50センチ雪が降りました。

 

各地、吹雪などでの交通事故には十分お気を付け下さいね。

 

 

先週青森へ行って来ましてユーザー様(ホルスタイン肥育130)の所へいってきました。

 Nさんありがとうございます

 

北海道の地で育った私ですが、雪にはある程度耐性(?)があるかなと‥

といいますか雪に対しては降られてもちょっとやそっとでは驚かない私だったのですが、

いかに自分の雪に対する考えが甘々だったのかを

冬の日本海側へ行って思い知りました‥。

猛吹雪‥半端じゃなかったです‥

途中猛烈な地吹雪に‥標識、車線など全く読めず渋滞、事故、

なおかつアイスバーンで20キロ以上出せずのところにおりました。

 

  

 

青森では風が大変強く、また風向きもしょっちゅう変わるため、

 

 

他の堆肥舎でも吹雪にあうケースが多いとのこと。

 

 

ですが、こちらでは牛舎の方では窓、扉などほぼ締めきっているにもかかわらず、

まったく無いと言っていいほどアンモニア臭を感じませんでした。

 

 

冬場の牛舎では臭気がこもりがちな時でもアースジェネターの菌たちはしっかりと働いてくれていますね。

 

ワラもふんだんにあげて牛さんの体調も良さそうでした!

 

 

 

 

大震災の東電への損害賠償請求の件では、請求額の9割補助となりましたが、

 

{素牛の導入費、1日当たりの飼育費用、日数+(銘柄牛であればそれに上乗せ)、実際の出荷した時の差額を換算して請求}

 

東北各地で振り込まれる時期が変化しておりました。

 

現在では10月までの賠償請求額に応じた補償額を振り込まれておりますが、

 

11月、12月は年明けの見通しとのこと。

 

 

また、どうやら個人的にも損害請求を行った人がいるのではないかとのことです。

 

 

枝肉相場は依然厳しく、賠償請求額ではえさ代にもままならない状況です。

 

詳細...

投稿者: 佐藤隆司 投稿日: 2011/12/21 9:49

旅の途中に案内していただいた農場です!


主人は不在でしたが、牛舎入口から中を覗いてみると…

 

ん~っ!! 

こ、これは~っ!! ヒッチコックの鳥という映画を思い出しちゃいましたっ!


 

 

 

牛舎のいたる所に…雨が降っていたので雨宿りしていたせいもあるのでしょうか?

牛さんの数よりず~っと多いくらいタムロしていました!

 

モチロン、通路、飼槽、柵や扉にはしっかり糞ペインティングされていました!

 

何処の農場でも多かれ少なかれ、カラスや雀の襲撃を受けているとは思いますが、

ここまでなるとチョッと…いや、相当考えモノですね!


今回の旅でお邪魔した久米島のK農場さんの所では、牛舎の周辺や内部にランダムにテグスを張り巡らしたら、

以前に比べて完ぺきでは無いのですが、だいぶ侵入鳥が少なくなったと言ってました。


牛さん達の為にも、ここも何らかの対策を打ってほしいものです。

 

ん?

最初っからカラスの剥製をこんな風にたくさん並べておいたら、やっぱりカラスはやって来る??

逆に、仲間がたくさんやって来ますかねぇ~?

 

鳥類では最も知能が発達していて、ある程度の社会性を持っているというカラス…。

と言う事は…訓練して“見張り番カラス”を育てられる??


目には目を…って言うから、カラスにはカラスですかね~?

牛舎の隣に“カラスの交番”なんて…チョット良いかも??


投稿者: 佐藤隆司 投稿日: 2011/12/18 17:06

久し振りに石垣の隣島、竹富島のS牧場さんの所に行ってきました!


今年の沖縄地方全体の気候は少し変…


沖縄に行っている間太陽さんの顔は全く見えず、毎日が雨と曇り空の繰り返し

何度も行っていますが、こんな事は初めてです。

日照時間が殆どなく、気温も例年になく低くて牧草はモチロン他の作物も不作だとか…。

牛飼いの皆さんは、牛さんの草を確保するのに四苦八苦していました!

やはり、地球全体の気候が間違いなく変わっているようです。

 

さて、S牧場さんの所は牛舎の隣に放牧地もあって、お邪魔した時にも牛さん達は

雨が降っているにもかかわらず放牧地でノ~ンビリ草を食んでいました。

牛舎からその様子を眺めていたら、見知らぬ輩の訪問を警戒しているのか、私もジ~ッと観察されていました!

 

もう一枚ズームアップ!

Sさんが言うには、この左側でこっちを窺っているのがボスだそうです

 

チョッと皆を牛舎に呼んでみましょう!

…と言って牛舎から牛さん達に向かってアルト音域?の大きな声で

“フォ~~~ッ! フォ~~~ッ!”と、まるでターザン?(ちょっとレトロ?)のように合図を送ると

牛さん達はボスを先頭に行儀よく一列に並んでやって来るんです!

自分がイチイチ放牧地まで行って追う必要ないんですもん!

Sさんにしっかり懐いています。


とっても楽チンでしょ?


この様子を見ただけで、Sさんが普段から牛さん達に声をかけながら可愛がっているのが解りますよねっ!

 


微笑ましいその様子に見とれてしまい、ここのショットは撮り損なっちゃいました!

 

ボスを先頭に牛舎に入ってくると…

自分の定位置に…

今のボスはこの2番目の牛さんです!

右端の牛さんが先代のボスだったそう…


牛の世界でも世代交代がしっかり行われてるんだから、人間の社会もチャ~ンとしなくっちゃねっ!

 

一頭ずつ順番に並んで…


ハイ、全員集合です!

 


子牛チャン達もしっかり親の後を付いて来てランチタイムです!


この間にSさんは一頭ずつ牛さん達の様子を観察して健康チェック。


放牧していると個体管理がどうしても疎かになりがちですが、こうして牛舎に集める事で病気の早期発見が可能になります。


なんてたって病気は早期発見、早期治療に勝るものは無いですからね!

ホントは病気にかからないのが一番なのですが、現場では少なくは出来ても皆無は無理ですもんね!


ランチタイムチェックを終えたらまた自分達で勝手に放牧地へ…


今度の個体チェックはディナータイムです。


さぁ、みんなぁ~!

チョッピリ雨降っているけど外で暫く遊んどいでぇ~っ!!


牛さんにストレスをかけず自由にしながら、肝心の所はチャ~ンとチェック!


Sさんはスキンヘッドの素敵なカウボーイです!


牛さん達もさぞかし幸せなことでしょう!!

 

投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2011/12/15 15:30

 

 

 

先月18日に開催された 第4回 JA鹿児島いずみ枝肉共励会 について書きたいと思います。

 

 

 

出場頭数は 40頭。

 

 

 

チャンピオンは(血統だけなのですが)・・・

 

 

 

 

勝安竜ー安福久ー平茂勝   枝肉重量 511キロ BMS 12 枝肉単価 2850円

 

 

 

 

今回のチャンピオンは 勝安竜(平茂勝ー安平ー糸竜)   母牛は、 安福久 でした・・・ 

 

 

 

 

上位 6頭を、書きますが・・・

 

 

2席 安福久ー百合茂ー金幸  枝肉重量 509キロ BMS 11 単価 2550円

 

 

3席 勝忠平ー紋次郎ー北国7の8 枝肉重量 517キロ BMS 10 単価 2300円

 

 

4席 安福久ー平茂勝ー神高福 枝肉重量 483キロ BMS 10 単価 2250円

 

 

5席 百合茂ー勝忠平ー安福165の9 枝肉重量 500キロ BMS 10 単価 2150円

 

 

6席 百合茂ー安糸福ー平茂勝 枝肉重量 525キロ BMS 8 単価 1900円

 

 

 

 

今回、3日間連続でブログに書いた共励会(13日、14日、15日書いたもの)は、

 

 

 

 

すべて鹿児島で開催されているものです。

 

 

 

もしかしたら、血統的に偏っているのかもしれませんが、
(九州の子牛セリでは、よく出てくる血統ではあるのですが)

 

 

 

 

 

何かの参考になりましたら嬉しいです・・・ 

 

 

 

 

 

 

投稿者: 佐藤隆司 投稿日: 2011/12/15 8:23

さて前回の山本牧場さんの続きです!


今回は牛舎の方に目を移してみましょう!


牛さん達もボロも付かずとても綺麗でノンビリ、ゆったりしています

 

ここで、牛床に注目して下さい!


 

もう一枚…別な牛房の写真です。

敷料がタップリ…

特に、これから寒くなる時期には牛さんもコンクリートの冷たさよりも、柔らかな断熱材?の床が大好きです。


しかし…オガクズとかが手に入りにくい(入っても高価)な地域ですけど、この敷材はいったい何でしょう?

 

 

チョッと拡大してみます!

何か色々なものが混じっているようだぞ~っ?

 

さらにズームアップ!


これです!

 

う~む、ナ~ルホド!

この地域はサトウキビの産地です。

このサトウキビのバカス、ハカマは地元で十分手に入ります。


でも、モミガラも見えます。

 

モミガラ?

この辺ではコメは作っていないのに…。

 

尋ねてみると、どうやらモミガラは九州本土からトランスバックでとても安く購入できるとか…。


こうしてコストを安く抑えられる材料をかき集めて…ブレンド敷料の出来上がりです!

 

コストも安いのでお腹が濡れたり、冷えないように厚めにタップリ敷いています。


このブレンドが堆肥を作る時にもとても効果的です。

 

様々な形状の物をブレンドする事によって通気性が確保され、発酵の立ち上がりが良くなります。


山本牧場さんの堆肥発酵が良好なのも、この事も一つの要因になっています。

 

この厳しい時代だからこそ、大切な事は…

 

もし、オガクズが手に入らないなら、自分の置かれている環境の中で、

それに代わって出来る物は何かないだろうか?

…と、いろいろ試行錯誤し、工夫してやってみる事です。

 

ここでは敷料での事例をお話ししていますが、このような事は敷料の事だけには限りません。

 

牛さんを世話する上で、病気の要因になるだろうあらゆる事に関しても言えます。


それはすべて皆さんの“大切な牛さん達のために”です!

 

その結果は…そう、牛さん達が必ずお返ししてくれますって!

 

ぜひ皆さんも、大切な牛さん達のために一生懸命知恵を絞って、色々な工夫をしてみて下さいねっ!


その成果は…


もう一度言います!

 


アッ!スミマセン!!


もう解って頂けますよねっ!

投稿者: 松浦 洋明 投稿日: 2011/12/14 13:19

 

皆さんこんにちは。

 

昨日、宮城総合家畜市場子牛市場の2日目に行ってきました。

 

 

12月のセリということで全国的にも子牛のセリ価格が高値ですね。

 

 

 

子牛の血統はこちら

 

 

茂洋 61頭、花之国31頭、北平安64頭、安茂勝43頭、茂勝栄26頭、第2平茂勝26頭、北乃大福23頭‥

 

 メス:平均(税込)  422,841円  〈前回 385,390円〉

去勢:平均(税込)  510,889円  〈前回 459,723円〉

 

‥価格、前回よりも高いですね!

 

茂洋はほぼ55万後半から65万以上とせられておりました。

 

 

こちらはメスの茂洋-平茂勝-茂勝、287キロ

 

70万円を越えたあたりで どよめく会場‥

 

 

84,4千円(セリ値)で最高値でした。

セリ会場で一通り茂洋に注目してはおりましたが、ここまでとは。

育種価はAで1産目でしたので繁殖母牛として飼育される予定でしょうか。

 

お会いできたIさん、Tさん、Yさん、Gさん、Nさん

 

ありがとうございました。

 

後日改めて伺いますね。

 

宮城県では地震後の汚染稲ワラに関して、

稲ワラ収穫時期、保存場所と牛への給餌の時期などで

放射能汚染の度合いを4段階で分けているとのこと。(Iさん談)

政府の取り決めが重要と言いつつも‥

一般消費者の放射能に関しての知識が深まる一方で

福島原発廃炉に30年かかること、汚染土壌を一時貯蔵施設に置く方針など

着々と課題を詰めつつも、ただただ膨大な時間がかかることには変わりがありません‥

詳細...

投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2011/12/14 10:28

 

 

 

先月開催された、第14回 南九州黒牛枝肉共励会 の結果について書きたいと思います。

 

 

 

出場頭数は 60頭。

 

 

 

チャンピオン牛は(血統だけになりますが・・・)・・・

 

 

 

勝忠平ー安福久ー平茂勝   枝肉重量 567キロ BMS 12 枝肉単価 5000円 でした。 

 

 

 

その他、優秀賞、優良賞の結果は・・・

 

 

 

優秀賞 1席 百合茂ー安福久ー平茂勝  枝肉重量 573キロ BMS 11 単価 4000円

 

 

優秀賞 2席 百合茂ー安福久ー神高福  枝肉重量 622キロ BMS 11 単価 3500円

 

 

優秀賞 3席 安糸福ー金幸ー平茂勝  枝肉重量 623キロ BMS 11 単価 3000円

 

 

優良賞  勝次郎ー安福久ー平茂勝  枝肉重量 617キロ BMS 11 単価 2800円

 

 

優良賞  安福久ー金幸ー平茂勝  枝肉重量 506キロ BMS 11 単価 2800円

 

 

優良賞  忠富士ー福之国ー安平  枝肉重量 660キロ BMS 11 単価 2800円

 

 

 

 

今回も、たまたまかもしれませんが、安福久母牛 の牛がチャンピオンでした。

 

 

 

優秀賞 や 優良賞 にも、 安福久母牛 いますね・・・ 

 

 

 

血統の力 って少なからず あるのだと思います・・・

 

 

 

当たり前のことなのですが、 飼養管理 があっての 血統の話 ですので

 

 

 

牛達の観察 と ナデナデ!? を よろしくお願い致します。 

 

 

 

 

ちなみに、枝肉重量 660キロの牛(忠富士ー福之国ー安平)は、知り合いの肥育農家さんの牛でした・・・ 

 

 

 

 

枝肉単価 2800円 × 660キロ = 184万・・・ 

 

 

 

 

ムフフ・・・ 

 

 

 

 

ごちそうになります・・・ 

 

 

 

 

といいますか、 いつもごちそうになっております・・・ 

 

 

 

 

Mさん いつもありがとうございます!! 

 

 

 

 

明日は、先月開催された、JA鹿児島いずみ枝肉共励会 について書きたいと思います・・・

 

 

 

 

ここでのチャンピオンもムフフ・・・ 

 

 

 

 

 

つづく・・・

 

 

 

 

 

 

投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2011/12/13 15:37

 

 

 

先月14日、平成23年度の鹿児島県肉牛枝肉共進会が開催されました。

 

 

 

県内10地区の80頭が出品され、厳正な審査の結果チャンピオンは・・・
(個人情報もあるので、血統だけになりますが・・・)

 

 

 

勝忠平ー安福久ー平茂勝  枝肉重量 533キロ BMS 12 枝肉単価 7000円 でした。

 

 

 

 

やはりといいますか、 安福久母牛 ですね・・・ 

 

 

 

 

もちろん、 勝忠平 の力も大きいと思いますが・・・ 

 

 

 

 

その他の共進会でも 安福久母牛 大活躍中です・・・ 

 

 

 

 

上位 10頭 までを書きたいと思います。

 

 

 

 

2席 勝忠平ー安糸福ー金幸 枝肉重量 526キロ BMS 12 単価 5030円 

 

 

3席 安福久ー百合茂ー金幸 枝肉重量 526キロ BMS 12 単価 4500円

 

 

4席 安福久ー平茂勝ー安福 枝肉重量 533キロ BMS 11 単価 4000円 

 

 

5席 朝青龍ー第2平茂勝ー北国7の3 枝肉重量 489キロ BMS 10 単価 4010円

 

 

6席 金幸ー勝忠平ー安福久 枝肉重量 508キロ BMS 10 単価 3800円

 

 

7席 百合茂ー安福久ー金幸 枝肉重量 469キロ BMS 10 単価 3600円

 

 

8席 福華1ー那須光ー金幸 枝肉重量 518キロ BMS 10 単価 3010円

 

 

9席 安福久ー平茂勝ー金幸 枝肉重量 559キロ BMS 10 単価 3300円

 

 

10席 勝忠平ー安福久ー金徳 枝肉重量 436キロ BMS10 単価 3200円

 

 

 

 

やはりといいますか・・・     安福久 絡みが 多いですね。 

 

 

 

 

その他、 渋い血統もあり なんかドキドキ!?します・・・ 

 

 

 

 

 

明日は、 第14回 南九州黒牛枝肉共励会 の結果について書きたいと思います。

 

 

 

 

 

 

投稿者: 佐藤隆司 投稿日: 2011/12/11 8:53

この島に上陸したついでに、今回は島の有志10数名で堆肥のミニ勉強会を開催しました!

勉強会の前に、その呼びかけ人である山本牧場さんの堆肥をチェック?して来ました!


山本牧場さんは以前にここでも紹介させていただきました。

http://www.labogenitor.com/tabid/77/EntryID/480/Default.aspx

 

相変わらずステキな堆肥を創っていましたので、その様子を再度お見せいたしましょう!


こちらは牛舎と堆肥舎が一体となっていて、作業性は最高です!

モチロン、雨が降っても快適!


堆肥は…

奥の方から手前に切り返しながら、キチンと山積みされています。


この2番目の山には…

いつものように温度計が刺されていて…


ホラッ!

こんなに温度が上がっており、発酵の順調さが解ります。

 

その次の山には…

アースジェネターの特徴である白いカビがいたる所に見受けられます。

 

チョッと掘ってみたら…

中の方にもしっかり生存?しています。

 

その中にあったチョッと大きめの塊を割ってみると…

ここにもビッシリ!

塊の中からも分解が進んでいる事がうかがえます。

 

最終ステージの山です。

表面の色合いも黒褐色で、細かくなっており熟成もだいぶ進んでいます。

裾野に転がっている塊も、チョット踏んでみただけですぐバラバラに…。

マニュアスプレッターで畑に撒く時にはバラバラになって飛び散る事でしょう!


ウ~ム!

これで勉強会のネタは参加者の方々に自信持って紹介できるぞ~っ!


皆さんも素敵な堆肥を創って、土の中の微生物さん達に幸せを与えてくださいねっ!

微生物さん達はいつか必ず皆さんにお返しをしてくれますって!!

山本さん、これからも良い堆肥を創り続けて、地域の皆さんにもその秘訣?を教えてあげてくださいねっ!

 

投稿者: 植田秋良 投稿日: 2011/12/10 9:46

先日、H町のH牧場さんにお伺いしました。
 
H牧場さんでは、このほど新築の発酵床牛舎(黒毛和牛の繁殖牛舎)が完成!
発酵床とは、牛床そのものを発酵させるシステムで
 
敷料投入などのメンテナンスは必要ですが、
 
自由な空間の中で寝起きが楽になったり、冬期の寒冷ダメージの軽減など、
 
牛のストレス軽減、健康増進、堆肥発酵促進等に期待が持てます。
 
もちろん生まれてくる子牛の発育にも!
 
そして、牛舎内はこちら!
 
シマシマ採光屋根により明るく、木造のいい香りがします。
中央部部には母牛についている子牛だけが出入りできるスペースを設けました。
 
牛床部分は、100㎝ぐらい掘り下げて、
 
下から順に火山灰、炭、1年かけて作った種堆肥とバーク混合、バーク、
 
表層はおが屑といった構成になっています。
 
 
さて、私がお伺いした時には牛を入れて2日目ということでしたが・・・・、
 
牛が見当たりません!
 
外を見まわすと・・・・なんと元の牛舎近辺にいました!
 
 
牛舎の外の放牧地(運動場)にも出られるようになっているのですが、
 
その柵をぶっちぎって元の牛舎近辺に戻ってしまったとの事。
 
いくら新築といえども住み慣れたところが一番か・・・・・!
 
 
何となく牛さんの気持ちがわかる気もしましたが、
 
次回お伺いする時には気持ち良く寝ていることでしょう!!
 
今後がとても楽しみですね!