自然環境の調和を保ちつつ地球に優しい持続的農業を提案します。

日記カテゴリー


株式会社ラボジェネター

〒080-0106
北海道河東郡音更町東通
20丁目2番地9

ブログカレンダー

アーカイブ
<2012年1月>
25262728293031
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930311234
月別の過去ログ
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
投稿者: 植田秋良 投稿日: 2012/01/31 8:27

北海道では年明けからず~~と寒さが続きます。
 
帯広で最低気温-20℃、最高気温でもマイナスです。
 
人間にとっても牛さんにとっても厳しい季節です。
 
特に子牛ちゃんにとっては保温が大事。
 
牛舎の室温をあげることと、
 
やはり写真のようにフカフカのベッドが一番。
お腹を冷やさないことが体温維持には良いんですね!
 
そうすることによって
 
ワクチンなどの衛生対策の効果が実を結ぶのですね!
 
 
あらためて基本を再確認した一コマでした!
 
 

投稿者: 松浦 洋明 投稿日: 2012/01/30 22:27

 

皆さんこんにちは。

 

松浦です。

 

本日弊社に「肉牛ジャーナル」の2月号が届きました。

 

 

私、肉牛専門誌として毎号楽しみにしておりまして、

 

実は何気に表紙でも、どんな牛さんが表紙を飾るかが毎号楽しみにしております。

 

 

そして今月号では…

 

 

肉用牛の最新技術特集という興味が湧き出る内容でした。

 

 

開くとそこには“雌雄産み分け技術”の文字が‥

 

雌雄産み分けが出来る夢のような技術があるとは驚きです。

 

 

どうやらそれはアメリカの農務省で研究開発され、

 

家畜改良事業団の研究者たちが技術を習得。

 

2007年から人工授精用の凍結精液の生産供給を開発したとのこと‥。

 

 

‥年々日本の畜産技術は、すさまじいスピードで進歩しておりますね。

 

記事には他にも栃木県の超音波を用いた肉質診断技術についても触れております。

 

もうじき行われる長崎全共に備えて、各農家さんも準備に入っておりますね。

 

 

長崎全共の次は宮城が控え、その頃にはもっと最新の技術が活用されているでしょう。

 

 

地震からもうじき1年ですね。決して傷跡は埋まることはないのですが、

 

それでも新しい希望を信じてなりません。

 

 

投稿者: 佐藤隆司 投稿日: 2012/01/30 16:55

さて、今回は私事の話題です!


この正月、札幌に里帰りした時の事ですが…

 


久し振りに姉の家を訪問して記念撮影をして来ました!


何を…って、

 

今年は辰年ですが…

これもそのうちの一枚ですが(カミさんの実家の玄関に置いてあったものです。)、

今回の本命はこれではありません! 

 

 


実は私の姉とカミさんと娘は3人ともサル年なんです!

 


そこで、3人揃ってそれぞれのポーズを…

 


向かって右から…

何でも思った事を速攻でポンポン言ってしまうオシャベリ?の姉…

昔から目がとても悪くて、メガネが無かったら日常生活ができないと言われているカミさん…

幼い時からとても耳が良く、どんな小さな音でもよく聞こえ、最近カミさんの小言も聞きたくない年頃の娘…

 


そのポーズが…こ れ だ!!

 

 因みに、右端の姉はこんな詩集?を出しています。

詩集って言っても、私が思っていた普通の詩集とはチョッピリ味が違って面白いっすよ!

読んでみるときっと姉の性格が良~くわかると思いますよぉ~っ!

モロ出…ですもん!!

興味のある方だけにお勧め?ですっ!


もし、読んでくれた方に一つだけお願いします!

姉には絶対言いませんから、私にコッソリ感想を教えてくださいねっ!

モチロン…なんにも当たりません!!

投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2012/01/29 0:31

 

 

 

 

一昨日、27日 曽於子牛セリ(4日間開催 3日目)に行って来ました。

 

 

 

 

 

出場頭数は462頭。

 

 

 

種雄牛別出場頭数は・・・

 

 

 

鉄平 65頭  隆之国 62頭  百合茂 46頭  勝次郎 40頭  安福久 31頭

安平幸 30頭  福華1 29頭  金幸福 15頭  亀次郎 12頭  五十嵐468 11頭・・・

 

 

 

25日 と 26日 二日間の平均価格は、メス 40.1万円  去勢 46.5万円(税込) 

☆前回比 6千円高

 

 

 

 

枝肉価格と比べると、子牛価格はまだまだ高値でした。 

 

 

 

 

肥育農家さんからすると、高くて買いたくないけど買わなければいけない・・・

 

 

 

繁殖農家さんからすると、これ以上価格が下がると厳しい・・・

 

 

 

というところだと思います。

 

 

 

 

今回のセリでも!?

 

 

 

母牛の血統が良い牛(安福久母牛を筆頭に、安糸福、勝忠平、百合茂母牛など)が高値のように感じました。

 

 

 

母牛の血統の違いだけで、肥育成績(A4・A5率など)が変わってきます・・・

 

 

 

 

 

血統 とは、 確率 です。

 

 

 

 

 

肥育成績が変わるということは、まさしく肥育農家さんの利益が変わるということです。

 

 

 

 

当たり前のことなのかもしれませんが、繁殖農家さん達も知っておくべきことだと思います。

 

 

 

 

この日、メスでは 安福久だと ほとんどが 60万円以上 

 

 

 

母牛になりそうな百合茂、そして、表現形に関係無く!? 隆之国 が高値に感じました。

 

 

 

去勢では(メスでもなのですが) 安福久母牛の子牛

 

 

 

発育が良くて母牛の血統も良い牛 そして 表現形に関係無く!? 隆之国  も高値に感じました。

 

 

 

 

どの市場でも同じような傾向なのかもしれませんね・・・ 

 

 

 

 

この日 50万円 を超える牛はメス・去勢ともに少なかったです。

 

 

 

そして、 30万円以下 のメス、 40万円以下 の去勢 も少なかったです。

 

 

 

 

子牛価格 30万~50万円の間で、肥育農家さん達が戦っている という感じです・・・

 

 

 

 

 

来月から宮崎の子牛頭数が増えてきます。

 

 

 

 

九州の子牛価格が少なからず変化していくのではないでしょうか・・・

 

 

 


 

 

投稿者: 佐藤隆司 投稿日: 2012/01/28 17:06

皆さん、お久し振りで~す!

帯広もここ数年無かったようなマイナス20℃前後の寒い日が続いていて、とても身が引き締まります。


さて、今回はチョッとオシャレな?牛さんです。


この農場は全頭母牛の除角はしていません。


牛舎を覗いてみると、何か角の様子が変…??


よくよく見てみると、手前から二番目の牛さんの角の生え方が左右違っています!

まるで交通整理のお巡りさんの手みたいに、角がアチコチ?に向いてます。

 


ホラッ!見事でしょ?


正面からもう一枚…


ネッ! オシャレでしょう?

 

少しくらい違うのは見たことありますが、ここまでしっかりバラバラなのは初めてです。

どうしてこんなになっちゃうのでしょう?

小さい時に頭をぶつけた…とかいうような事があったせいなのでしょうか?

それとも…単にみんなと一緒なのが嫌だったのでしょうかねぇ~??

皆さんの所にもこんな今風?な牛さん居ますか?

 

投稿者: 植田秋良 投稿日: 2012/01/23 17:21

昨日、帯広競馬場内商業施設内「とかちむら」にて
 
十勝で法人化されている畜産や畑作生産者の方々による
 
トークショー&食事会が開催されました!
参加者は、生産者や一般の方々50~60名ほど。
趣旨は、農業生産者の方々が一般消費者の方々に対して生産現場を知ってもらうこと、
 
そして、日本有数の食糧基地である十勝を一緒に盛り上げていこう!ということでした。
トークショーでは、土づくりの大切さの話(作物の出来、味が違う!)や
 
消費者(生活者ともおっしゃっていました)との交流の話、
 
それらのことに誇りを持ってやっていること、
 
人の命の源である食べ物がどういったプロセスを辿っているかが重要であるという考え、
 
また、こういったことを若い方たちにも継承して欲しいこと、などなど。
 
トークショーの後には、生産者(主催者)の方々が
 
手塩にかけて育てた野菜やお肉料理がところ狭しとズラリズラリ。
 
M牧場さんの和牛ハンバーグ、O牧場さんのローストビーフなどに舌鼓を打ちました!
 
 
こういった取り組みはとても素晴らしいなあと思いました。
 
私含め参加された皆さんは、あらためて食を見つめるいい機会になったと思います。
 
主催されました生産者の方々に深く感謝いたします。

投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2012/01/23 16:13

 

 

 

今年の冬は帯広(北海道)も雪が多いな・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

って、これは先週の大分(久住)の写真です。 

 

 

 

 

 

この日予定していた山越えは(運転が危険そうなので)止めて、安全な道を選びました。

 

 

 

 

山越えできなかったので、会えなかった人も多かったのですが、

 

 

 

 

今回行く予定ではなかった方に、会うこともできました。
(実は、予定していなかったラーメン屋さんにも行けました 

 

 

 

 

個人的には、 人生に偶然はない すべてが必然だ と思っています。

 

 

 

 

いろいろな方との出会い や 嫌な出来事!? も すべてです。

 

 

 

 

すべてが必然だとすれば、この日の大雪は、

 

 

 

 

あの(こってりで有名な)ラーメン屋さんに行け ということだったのかもしれません・・・ 

 

 

 

 

 

正直に言いまして・・・

 

 

 

 

 

今回のラーメン屋さん(こってり)に もう一度行くか と聞かれれば??なのですが、

 

 

 

 

いずれにしても有意義な一日でした。 

 

 

 

 

 

 

この日も無事に仕事を終えることができ感謝です。 

 

 

 

 


 

投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2012/01/20 11:46

 

 

 

朝、牛舎に行ったら、肥育牛が倒れていて、すでに命を落としていた。

 

 

 

お産には立ち会ったが、予想以上に子牛が大きく、母牛、子牛ともに命を落としてしまった。

 

 

 

当然、その出来事は悲しいです。

 

 

 

無力さを感じるときもあると思います。

 

 

 

自信を失ったり、怒りで家族の方に当たってしまったり・・・          あると思います。

 

 

 

もしできるならば、そのことは過度に引きずらず、気持ちを切り替えて欲しい、と思っています。

 

 

 

過去は変わりませんが、これからのことは変えることができます。

 

 

 

起きた出来事をどう捉えるか・・・

 

 

 

同じことを繰り返さないように、今、何ができるか考え、行動することです。

 

 

 

実は、細心の注意を払い、気を付けていても、同じようなことが起きます。

 

 

 

気を付けなかったら(何も改善しなかったら) 同じことの繰り返しです。

 

 

 

今、成功していると言われている獣医さんは、

 

 

 

これまで全ての動物を助けてきたわけではなく、

 

 

 

実は、動物の死に誰よりも多く直面した(助けることができなかった)獣医さんである

 

 

 

と聞いたことがあります。

 

 

 

助けることができなかったから、同じことを繰り返さないように、勉強し、技術を磨いているのです。

 

 

 

農家の方々も同じです。

 

 

 

実はみんな、同じような出来事(事故など)を経験しています。

 

 

 

その中で、起きた出来事をどう捉え、行動してきたか、それが 現状の姿 です。

 

 

 

 

 

 

今の自分に満足していないなら、何か行動してみましょうか・・・  

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: 松浦 洋明 投稿日: 2012/01/15 20:49

 

皆さんこんにちは

 

松浦です

 

今月の11日から弊社の岩本課長の九州出張に同行しております。

 

大分県は竹田市にて繁殖母牛150頭を飼育しているUさんの牛舎を見学させていただきました。

 

 

離乳上がりにハウス牛舎に移して、約10頭を2つに分け飼育しています。

 

 

飼槽も十分広く、哺乳ロボットも活用して牛さん達とってもリラックスしております。

 

 

そして水槽の方は‥

 

 

中もとってもキレイです! しかも冬の大分県は冷たい風も吹くため、

 

温水装置をつけております。

 

床の敷料(もみ殻)を沢山使い、離乳上がりをのびのびと過ごしておりました。

 

 

こちらでは育成牛を近くのJAの施設(キャトルセンター)を活用し、

出荷までの期間で預けております。

 

この方法であれば牛舎のスペースも保つことができ、

生産の流れを止めずに効率性が上がりますね。

 

そして哺育のハッチでは1枚の壁を挟むことで、風邪などの感染を防いでおります。

 

もちろん床には多めのワラを使っています。

 

Uさんの変わらない沢山の愛情をたぁっっっぷりと受けて、元気に育ってね。

 

 

Uさん有難うございました。

 

冬時期の怪我・事故にはお気を付け下さいね。

投稿者: 植田秋良 投稿日: 2012/01/12 19:15

皆さん、新年あけましておめでとうございます!
 
さて、早速ですが、
 
昨日、今日と南北海道肉牛市場 H24年初セリが開催されました!
上場頭数は和牛素牛が約2000頭。
 
主な種雄牛は、だいたい先月ご紹介したのと変わらず、
 
北平安307頭、北乃大福256頭、百合茂112頭、平忠勝98頭、
 
安茂勝70頭、福安照70頭、勝忠鶴、勝忠平、安福勝、平茂晴、安福久など。
 
 
今回の平均価格(いずれも税込価格)は、
 
メス:382,609円(前月363,745円) 
 
去勢:481,751円(前月439,924円)でした。 
 
前月よりメス2万、去勢4万高。
 
例年、この時期は高いですが、東電の補償関係も影響しているのでしょうか?
 
血統、牛などが良い去勢牛で50万というのもボンボン出ていました!
 
 
まだまだ枝肉相場は低迷していますが、
 
今回の素牛君たちが枝肉出荷される頃には高くなっていることを願っています!
 
 
以上、市場速報でした!