自然環境の調和を保ちつつ地球に優しい持続的農業を提案します。

日記カテゴリー


株式会社ラボジェネター

〒080-0106
北海道河東郡音更町東通
20丁目2番地9

ブログカレンダー

アーカイブ
<2012年5月>
293012345
6789101112
13141516171819
20212223242526
272829303112
3456789
月別の過去ログ
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
投稿者: 植田秋良 投稿日: 2012/05/31 7:02

先日、第4回目の発酵床研究会を開催しました。
視察場所は、釧路管内S町のN牧場。
 
N牧場さんの経営のモットーは
 
“牛を牛らしく飼うこと”
 
数十年前から、いち早く集約放牧を実践し、
 
牛にできることは牛に任せた結果、牛も人も良くなったとの事。
 
また、3年前に放牧ができない冬期の牛の安楽性を考え、発酵床牛舎を新築。
 
その結果、牛の性格がおとなしくなったり、
 
発情が明確になったり、
 
蹄病がほとんどなくなったりなど、
 
さらに牛が良くなったとの事。
 
“牛に対するストレス0(ゼロ)を目指し、ゆとりのある経営を目指す!”
 
と、頼もしい後継者のHさん。
 
無理なく牛本来の能力を最大限に引き出し、牛も人もゆとりをもつ取り組みに
 
あらためて感銘を受けました。
 
N牧場さん、今後もご活躍を期待しております!!
(宮嶋氏による炭に関しての勉強会の風景・・・皆さん真剣です!)
 

投稿者: 松浦 洋明 投稿日: 2012/05/30 21:23

   

みなさんこんにちは

 

先日、アースジェネターのユーザーS様をお連れしてS牧場{肉牛繁殖母牛300(F1含む)}の見学に行きました。

 

Sさん有難うございます!

 

発酵床や堆肥撹拌舎の様子、哺育舎などを見学しました。

 

 

 

素晴らしい床環境と、きちっと個体ごとに管理された牛群

 

そして戻し堆肥を利用した後、放牧地に戻して循環し牧草へとサイクルしています。

 

 

それぞれの発酵床に適した良い敷料が手に入るのも重要ですよね。

勉強になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして全く関係の無い話なのですが、移動中の某ホテルにて‥

 

 

ベッド頭上に懐かしの年期入りラジオ付き目覚まし時計発見。

 

 

 

 

ちなみにこのラジオのチューニングはつまみ部分がなめっており、ゆるっゆるです。

 

 

そして私は、タバコ吸わないので禁煙部屋を選んだのですが、

 

 

なぜか注意書きとともにクッキーがありました。

 

 

『タバコを吸いにならないお客様へ…クッキーをどうぞ』

 

裏面にはカラメル風味

 

 

‥風味‥?

 

ええ、吸いませんけどもクッキーはありがたく頂きます。

 

投稿者: 佐藤隆司 投稿日: 2012/05/24 17:51

鹿児島離島のある生産者さんの所にお邪魔してきました!


牛舎の横には年季の入ったトラクターが出番を待っていました!

 

これです!


バケットの所を拡大してみると…

こ~んなに隙間がいっぱい…水切りにはちょうど良いかも??

フレームだけはしっかり残っていたので、かろうじてバケットの形状は維持してます!

 

運転席の所はというと…


 

右も左もゴムマットの下はかなり消失?していて、乗り降りには相当注意力が必要と思われます!


このトラクターの型式は…

クボタの L1-455、45馬力で、製造年は1987~1991だそう。

と言う事は、ここにあるトラクターは21~25年もの間働いているという事です!


潮風の当たる中で満身創痍…よく頑張ってますよね~っ!!

ここまで大事に?使われたら機械も本望でしょう!


クボタさ~ん、長年功労者として表彰してあげてください!!

 

因みに…中古車展でアップされていた写真はこれです!

若い時はこんなだったんですね~っ!

自分も25年たったら…と思うと背筋が…


でも、私も負けずに頑張ろう~っと!!

 

皆さんも農場には色々な機械があると思います。

暫くは厳しい時代ですから、元を取った後も何年も大切に使いましょうね!

投稿者: 植田秋良 投稿日: 2012/05/23 7:59

じゃあ~~~ん!
 
弊社のSが衝動買いした秘密兵器です!
何かと申しますと・・・・・
 
お肉ブロックを電動で回す装置なのです!!
 
この日は十勝若牛のモモ肉(シンタマ)5㎏をグルグル。
 
1~2時間もすれば、ご覧のようにこんがりキツネ色になりました。
 
焼けたところから少しずつ削ぎ取って食べますが、
 
ローストビーフのような感じでこれまた最高~~に美味しいのです!
 
グルグル回るのをず~~っと見ていて飽きません。
 
 
美味しく、楽しく、大勢でお肉を楽しむには最高のアイテムです!!
 
まだ2~3回しか試していませんが、
 
もう少し回数を重ねてより具体的なご報告をいたします!!
 
乞うご期待です!!

投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2012/05/18 9:29

 

 

13日と14日、五島の子牛セリに行って来ました。

 

 

 

 

出場頭数は538頭。

 

 

 

 

種雄牛別出場頭数は・・・

 

 

 

平茂晴 281頭  平忠勝(山形の県有牛) 41頭  北平安 34頭  百合茂 29頭  勝乃勝 29頭

鉄平 26頭  安福久 19頭  勝忠平 11頭  安平幸 11頭  安福勝 10頭・・・

 

 

 

 

出場頭数の半分以上を 平茂晴 が占めています。

 

 

 

 

平均価格は メス 38.1万円  去勢 45.6万円 (税込)。

 

 

 

 

今月セリの大分 玖珠市場(11日開催 前回比 3.8万円下げ) や 

 

 

 

 

豊肥市場(12、13日開催 前回比 2.8万円下げ)が、かなり下げていたのに比べ、

 

 

 

 

五島市場は、前回(3月の平均)より 2.2万円ほど高くなっていました。 

 

 

 

 

もちろん、牛がよく育っていたということもあるかもしれませんが、

 

 

 

 

もしかしたら、島特有の傾向があったかもしれません。

☆島に来たら、トラック〈運搬〉の都合もあるので、1頭でも買うと、ある程度の数を買わなければいけないようです

 

 

 

 

血統毎の平均価格を見ると、

 

 

 

 

五島市場の半分以上を占める平茂晴が メス 37.8万円 去勢 46.6万円 と安定していました。

 

 

 

 

その他、高値の牛を見ると・・・

 

 

 

 

百合茂 メス 44.3万円(19頭中) 去勢 51.6万円(8頭中)

 

 

 

 

安福久 メス 53.7万円(6頭中)、  勝忠平 メス 53.4万円(4頭中) でした。

 

 

 

 

今回のセリでも、母牛が勝忠平、百合茂、平茂晴、安福久などの血統であれば高値だったような気がします。

 

 

 

 

今は、特に、母牛の改良が重要です。

 

 

 

 

また、どこの市場でもそうかもしれませんが、安福久母牛は別格でしたね・・・

 

 

 

 

”勝乃勝なのに、安福久母牛やったらこげんするとね・・・” 

 

 

 

 

と言っていた農家さんもいました・・・ 

 

 

 

 

 

それだけ 安福久母牛の枝肉成績が良い ということだと思います。 

 

 

 

 


投稿者: 佐藤隆司 投稿日: 2012/05/15 7:53

竹富島の続きです!


牛舎の中では子牛チャン達は朝ごはんを食べた後で、ノ~ンビリ座って反芻してました!

 

その傍では…

“ガンジーSさん”は牛さん達への思いや飼い方や系統に関して、熱くそして優しく語ってくれました!

 

モチロン、堆肥もチャ~ンとカマボコ型に積み上げていて…

発酵状況も良好!

今度の切り返しの時に、外側にあるゴロゴロを内部に入れて積み上げたら良いですね!

そうすると…1ヵ月位経過した頃にはこのゴロゴロは分解してバラバラになる事でしょう!

 

また、牛舎入口の横には…

さすがに離島らしく、色々な貝と浮き球のオブジェをさりげなく置いてありました!

チョットした事なのですが…このチョットした心遣いが牛さん達に対しても表われていると思います。

 

何事でも一生懸命やると言う事はとても大事なのですが、少しは周りにも心を配る余裕も無くさないで下さいねっ!

時々は遊びの心を忘れることなく、仕事も大いに楽しみましょうね!!

 

あとチョッピリ笑える2枚…

 

これは…オブジェではありません!!

 

手ごろな大きさのツブテを準備して…カラス撃退ツールだそうです!

お蔭で最近は肩が強くなってコントロールも良くなって来たとか…


椎葉さんの秘伝??…カカシ対策も伝授してきましたよっ!

Sさん、結果を楽しみにしていますね~っ!!


あと…竹富そばもご馳走様でした!!

シンプルな味で美味しかった~っ!

投稿者: 松浦 洋明 投稿日: 2012/05/14 17:59

 

みなさんこんにちは

 

音更の家畜市場にて、なにやら全身噴霧装置を発見。

 

 

 

 

中では何が行われているかと言いますと‥

 

 

 

 

十勝ブラックアンドホワイトショウが開かれていました。

 

 

いうなれば、乳用牛の美人コンテストですね。

 

 

実は十勝音更の家畜市場の隣に共進会場がありまして、

 

(普段は農機具の展示会や商業向けのイベントを行っています。)

 

 

遠くから出場する農家さんは家畜市場の待機場で牛さんとともに1夜を明かしたりしています。

 

 

 

 

睡眠不足のためかリードマンはみんな眼がギラギラして力みなぎっています。

 

 

 

わたしが見ていたのは育成シニアクラス(9ヶ月以上12カ月未満)と、

 

 

未経産ジュニアクラス(12ヵ月以上15ヶ月未満)

 

 

 

皆さん眼が超血走って見えるのは私だけでしょうか‥?

いやいや真剣なのですね。

 

 

入賞すると名誉だけではなく、全道のブラックアンドホワイトショウへの出場が内定されます。

 

そして副賞もあります。

 

 

 

 

この副賞‥

 

 

なにやらトロフィーだけではなく賞品も豪華な様子。

 

 

 

まずは牛さん入場して場内を234周します。

 

 

 

 

 

 

 

 

詳細...

投稿者: 佐藤隆司 投稿日: 2012/05/13 9:37

前回の巻き戻しバージョン…その2は石垣島から船で高速船で約15分の竹富島からです!

 

以前にも紹介させて頂いた“竹富島のガンジー”ことSさんの所にお邪魔してきました!

竹富島の港からの景色です。

とても穏やかな日で海もとても綺麗でしたよ!

皆さんも是非一度…どうぞ!

 

港まで迎えに来て頂き早速Sさんが管理している農場へ…


牛さん達は牛舎のすぐ隣にある放牧地で自由に散策?していました。

 


Sさんが声を掛けながら傍に行っても怖がって逃げるわけでもなく…

この様子を見ただけで、Sさんが普段から牛さんとコミュニケーション?を取りながら

お世話をしているという事が分かりますよねっ!

動きも牛さんらしくゆったりしていてストレスの欠片も見えません。


お腹が一杯になったら思いおもいの所に座り込んで、ゆっくりもぐもぐ反芻を繰り返しています

 


奥まった所には今のボス(右端)とその部下?が群の見張り番?をしながらノンビリと…


どの牛さんも毛艶が良くピカピカしており、

自由でストレスも無くルーメン発酵も安定していて健康そのものって感じです

 

 

牛さん達って本来は外にいる動物です

やはり土の上で、そこに生えている草を食みながら自由に過ごせる場所が大好きなんですね!


かといって…夫々の条件が違うので皆さんがここと同じように牛さんを飼える訳ではありません

大切な事は、皆さんが牛さんの本来あるべき環境を知った上で、自分の農場で少しでも

その環境に近づけてあげる為に一生懸命工夫、努力をするという事だと思います。


皆さんも牛さんも幸せになれるように、ぜひ今一度振り返って頑張ってみましょう!

きっと良い事がやって来ますよ~っ!      つづく

投稿者: 植田秋良 投稿日: 2012/05/11 8:35

私は今、道北に来ています。
 
朝起きてみると、
 
ゆ、ゆ、雪が降っているではありませんか!
 
今年の冬の寒さ、春先のぐずついた天気で
 
牛さんの体調や、何といっても一番牧草の出来が心配です。
 
 
この一年を左右するより良い一番牧草の収穫が出来ますように
 
気温の上昇と好天が続くことを祈る今日この頃です!!
 
 
また、牛さんの体調管理にも気を付けてくださいね!!
 

投稿者: 松浦 洋明 投稿日: 2012/05/11 0:31

 

皆さんこんにちは。

 

安平の家畜市場に行ってきましたのでご報告いたします。

 

 

北乃大福303頭、北平安246頭、百合茂162頭、光平照119頭、安茂勝97頭、福安照92頭、安福久71頭、勝忠鶴69頭‥

 

今年に入った頃から北乃大福の上場頭数が北平安を抜いていたのですが、なんだか毎月ごと市場を重ねるごとに頭数の差がどんどん開いています

 

平均価格(税込)

メス:394,360円/752頭   (先月391,391円/734)

去勢:476,948円/1002頭  (先月475,830円/908)

 

今月私が新たに試したこの牛さんおさわり。

 

 

いやいや、ヤラシイ意味では無くてですね。

 

子牛の皮の厚みや伸び具合でも肥育した時に肉質に関係があると思うので、

 

自分なりに気になった子牛さんは皮はどれくらい伸びるのか・価格もどうなるのかと思い実践しました。

 

 

ふむふむ、腹らへんは意外に軟らかなのか‥

 

 

 

でもモモ方面に行くと若干ごわごわしててしっかり掴めないところもあるようだ‥

 

リサーチはこのコ

 

 

安福久-勝忠平-安平の去勢、288日令齢の318キロです。

 

 

(‥んーー‥もっともっとネックあたりや尾っぽ・ランプ部分も触りたいのに、これ以上近寄ると本気で変質者に間違われてしまう)

 

なおかつ牛さんはただでさえ市場での他の牛さんとの突っかかりでストレス満タンなのに、

 

詳細...