自然環境の調和を保ちつつ地球に優しい持続的農業を提案します。

日記カテゴリー


株式会社ラボジェネター

〒080-0106
北海道河東郡音更町東通
20丁目2番地9

ブログカレンダー

アーカイブ
<2012年6月>
272829303112
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
1234567
月別の過去ログ
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
投稿者: 松浦 洋明 投稿日: 2012/06/29 21:30

 

みなさんこんにちは (^_^)

 

 

毎日暑いですね‥

 

 

 

道内は明後日の日曜あたりに天気が一時ぐずつくので、皆さま大忙しで牧草を収穫しています。

 

 

 

一方私は新ひだか(旧三石町・静内町)にてアースジェネターの和牛一貫生産のユーザー様であるHさんのところへ行ってきました。

 

 

こちらでは日高みついし牛を生産しております。

(みついし牛の生産現場は浦河町・えりも町・新冠町からの肥育農家からの広域でみついし牛として東京食肉市場へ出荷)

 

 

肥育舎の様子ですが、全マスにタイヤをサービス。

 

 

 

 

 

 

 

ちなみにこの場所は海の近くにあるため、夏でも冷涼な風が吹きつつとってもリラックスしています。

 

ですから直下型の送風機でもオッケーなんですね

 

 

カウプラッターもしっかり固定し、飼槽スペースも十分広めです。 

 

タイヤ以外にも電動ブラシを設置してあげると牛さんも大変喜びますよね(^_^)

 

 

行動をよくよく見ると、かゆいからなのか気持ちいのか特にお尻らへんを当てている牛さんもいますし、

 

ハエが多く発生する時期にはもってこいです。

 

 

牛さんも寒さには比較的強いものの、暑さにはかないませんね‥

 

みなさま熱中症にはご注意を。

投稿者: 佐藤隆司 投稿日: 2012/06/29 17:06

コンニチハ~ッ!


今回は久し振りに木村さんと仁木町の農業指導に同行…畑での指導振りをご紹介いたします。


現地には木村さんのトレードマークである「リンゴ?とハマキ虫」のイラスト入り立て看板が…

ホラッ! カワイイっしょ?!


木村さんは今回も?チョ~過密スケジュールで時間がめちゃタイト…

現地についてすぐに本人自らスコップを持って畑で実技指導です

 

まずはゴボウの簡単栽培方法です!

何でも良いのですが、土嚢のように空袋に土を入れて…

(今回は化学肥料の空き袋…しっかりしているから再利用です。
自然栽培は無農薬無肥料ですからモチロン中身はここでは使っていません!


半分位まで詰めたら地面を少し掘った所に立て、袋が倒れないように周りの土で押さえます!


その後上まで土を詰め…

ゴボウの種をまき、更には必殺?の大豆を一粒仕込み、酔い醒めならぬ目覚めの水?をかけてオシマイです!

アッ!もう一つ必要な技を忘れていました!


この袋は通気性がないので、土が呼吸できるように棒か何かで数か所空気穴を開けます。

 

ゴボウは細長く入っていくので、このようにしておくと収穫の時はこの袋を切り開くとラクチン…ナルホド、納得です!

皆さんも木村式ゴボウ栽培…是非トライしてみてくださいねっ!!

 

当日、現地実習に参加された方々です!

みなさ~ん! 収穫が楽しみですね~っ!

大変お疲れ様でした!

 

投稿者: 植田秋良 投稿日: 2012/06/27 8:22

北海道もようやく暖かくなってきました。
 
ということで・・・・
 
現在、1番草の真っ只中!
今週から天候が回復し、
 
良い牧草が収穫されることと思います。
 
草の品質が1年間の牛さんの状態を左右すると思いますが、
 
ただただ良質な牧草が収穫されること、
 
そして無事に収穫作業を終えられることを強く願っています!

投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2012/06/25 23:29

 

 

 

先週、宮崎で枝肉共進会が開催されました。

 

 

 

 

出場頭数は 去勢 96頭 メス 10頭  計 106頭。 

 

 

 

 

106頭 の 平均枝肉重量 は 493キロ  平均 BMS は、なんと・・・  8.3  でした。 

 

 

 

 

努力の賜物 ですね・・・ 

 

 

 

 

その中でチャンピオンになったのは・・・

 

 

 

 

福之国ー忠富士ー隆桜  BMS 12  枝肉重量 496キロ 

 

 

 

 

枝肉単価は 6010円 でした。 

 

 

 

 

ちなみに、2席 から 7席は・・・

 

 

 

 

2席 秀菊安ー福桜ー北茂桜(メス) BMS 12 枝肉重量 431キロ 単価 5070円

 

 

3席 忠富士ー福桜ー安平 BMS 12 枝肉重量 510キロ 単価 5000円

 

 

4席 美穂国ー勝平正ー福之国 BMS 12 枝肉重量 530キロ 単価 3820円

 

 

5席 忠富士ー安平ー隆桜 BMS 11 枝肉重量 501キロ 単価 3560円

 

 

6席 勝平正ー福桜ー平茂勝 BMS 11 枝肉重量 525キロ 単価 3400円

 

 

7席 忠富士ー福之国ー安平 BMS 12 枝肉重量 504キロ 単価 3330円

 

 

 

 

偶然かもしれませんが、忠富士、福之国、勝平正、秀菊安、美穂国 と バランス良く上位にきてますね。 

 

 

 

 

今回の共進会で注目されたのは、やはり 美穂国(糸北国ー安平ー糸秀) だと思いますが

(今まで、あまり枝肉成績が公に出ていないと思います)

 

 

 

 

今回 5頭 出荷されていて、BMS が 12、10、9、9、4 でした。

 

 

 

 

期待以上に!?良い成績だったのではないか、 と思います。

 

 

 

 

忠富士 無き 今 枝肉重量が期待できそうなのが、今のところ、美穂国 だけなので、

 

 

 

 

今後の活躍が楽しみです・・・ 

 

 

 

 

今日、話をした肥育農家さん(すでに美穂国を数十頭!?出荷している方です)が言うには、

 

 

 

 

”美穂国 も 母牛が新しい血統だと、良い結果が出てるよ”  ということでした。

 

 

 

 

やはり、母牛の血統が枝肉成績に大きく影響するのですね・・・

 

 

 

 

繁殖農家さんにとっては、今後も、少なからず 母牛の改良が必要になってくると思います。

 

 

 

 

 

投稿者: 松浦 洋明 投稿日: 2012/06/25 8:57

 

皆さんこんにちは。

 

台風4号、大型気圧が日本全体に大雨の爪痕を残して過ぎ去って行きましたね‥

 

 

今後は少し落ち着くものの、気が付いたら台風が接近していたり、低気圧の塊で押し上げられるという状況も珍しくありません‥。

 

 

 

しばらくボロ出しが進まない&堆肥舎がパンパンに埋まってしまうケースも多々ありますよね‥

 

 

それに加えて、カラッと晴れずに湿度ばかりが上がり様々な悪さをするカビ菌たちが大喜びで増殖してしまいますね。

 

 

子牛の離乳上がりに与えるスターターにペレット状の配合飼料にも、

よくよく見ると小さなカビが生えている‥というのもありますのでご注意を!

 

 

北海道ではあと1ヵ月もすると小麦の収穫がスタートする時期になりました。

 

 

この写真は去年のものですが、

 

 

 

拡大すると

 

 

 

看板設置して自ら「俺ん家は大型コンバインを持ってて、

今から刈取りに行ってくるぜ!!

 

的なアピールをしなくても‥

 

 

しかし道路を運転中、ヘヤピンカーブを抜けた後に、

こんなズンとしているコンバインが道路中央にあったら確かにビビってしまいますがw

 

 

 

 

幕別ではリンゴと支柱を支えるのに新たな試みが実施されました。

 

 

 

まずはホームセンターで木を使っている樹皮ロールと、

木を編み込んだひもを用意します。

 

 

 

ハサミである程度の長さにロールを切りとり、

このようにリンゴに巻きつけます。

 

 

 

次にひもを使ってこのように巻きつけます。

 

 

 

 

そして完成図がこちら。

 

 

 

(ちなみに去年まではこのようにしていました。)

 

 

 

 

今年のは支柱とりんごの木の間にひもをぐるぐる巻きにしてあげているのが特徴です。

 

詳細...

投稿者: 植田秋良 投稿日: 2012/06/20 8:52

先日、網走地方のH農場さんにお伺いしました。
 
Hさんは30年以上和牛を飼い、
 
共進会でも幾度となく賞を受賞されている和牛の名人です。
 
ちょうど地域の共進会を間近に控え、
 
調教のついでに牛さんを見せて頂くことになりました。
血統は百合茂や勝忠平など、素晴らしい牛さんばかりでした。
Hさんに脂肪の付き具合、体高、幅など丁寧に教えて頂きました。
 
その微調整が難しいんだよ!とのことでした。
他の牛さんたちも元気ですくすく育っています!
ふと見ると、調教の為に1時間ぐらい繋いでおく牛さんがのんびり反芻していました。
 
それを見たHさんの一言、
 
「こうなったらしめたものよ!!本番でもリラックスして本領発揮さっ!」
 
ここまで到達するのに数多くの手間や愛情が注がれていると想像できました。
 
「名人のなせる業!すごい!」と思ったひと時でした。

投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2012/06/18 11:29

 

 

 

”今、去勢が70万ちょっと、メスが65万くらいじゃないかな・・・” 

 

 

 

 

ある肥育農家さんが言っていた。 

 

 

 

 

これは、某県 全体の肥育牛の売りの 平均価格だ ・・・

 

 

 

 

肥育期間は 人それぞれだが、平均 約20ヵ月。

 

 

 

 

コストも、もちろん 人それぞれだが、平均 約40万円。

 

 

 

 

今の枝肉価格だと、子牛価格が、去勢なら30万円ちょっと、メスなら25万円で、トントンという感じかもしれない。

 

 

 

 

もし、この価格で子牛を買っていたらの話だ・・・

 

 

 

 

結構、厳しいですよね・・・

 

 

 

 

もちろん、肥育農家さんだけでなく、繁殖農家さんも、

 

 

 

 

エサの価格が上がっていて、子牛価格は下がっているので厳しいと思います・・・

 

 

 

 

 

その中で、考えることは・・・

 

 

 

 

 

無駄なものを省き、とことんコストを減らすこと。

 

 

 

 

みんなが考えることだと思います。

 

 

 

 

これはとても重要なことなのですが・・・

 

 

 

 

ただ・・・     

 

 

 

 

コスト削減を考えるあまり、大切なものまでコスト削減する方がいます。

 

 

 

 

見た目のコストは削減したけど・・・

 

 

 

 

実は、病気が増えているとか、事故が多くなったとか、枝肉重量が少なくなっているとか・・・

 

 

 

 

そういう方も多いです。

 

 

 

 

無駄なものは省くけど、大切なものにはきちんとお金をかける

 

 

 

 

というのが儲かっている方の考えです。

 

 

 

 

当たり前じゃないか、と思うかもしれません。

 

 

 

 

でも、これができている方は少ないです。

 

 

 

 

厳しい現状なのに、今以上にコストをかける  という考えが難しいからかもしれません。

 

 

 

 

 

 

  

やりたいことはあるけどお金がないんだよ という方は、手間(牛のための時間)をかけて下さい・・・

 

 

 

 

 

 

 

今の枝肉単価でも平均100万円以上で売っている肥育農家さんがいます。

(ちなみに、ブランド牛の方ではありません)

 

 

 

 

牛舎に行き、話を聞くと、納得させられます。

 

 

 

 

牛のために、牛のストレスをできるだけ減らすために、コストをかけるべきところにはかけています。

 

 

 

 

牛達のために大切なことをやっていれば、必ず牛達が返してくれるのです。

 

 

 

 

儲かっている繁殖農家さんを見ても同じです。

 

 

 

 

 

 

 

牛舎は古くても!?  やることやっているんです・・・   

 

 

 

 

 

 

 

もし現状に不満を抱いている方がいるとすれば、もう一度自分をみつめて下さい。

 

 

 

 

 

できること たくさんありますよ。

 

 

 

 

 

 

投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2012/06/16 23:29

 

 

 

一昨日(14日)、薩摩中央の子牛セリ(初日)に行って来ました。

 

 

 

 

☆今回のセリの詳細は、今月4日に書いたブログ 薩摩中央家畜市場子牛セリ 予習編

http://www.labogenitor.com/tabid/77/EntryID/778/Default.aspx

にも載せていますので参考にしてください。

 

 

 

 

この日の 出場頭数は 391頭。

 

 

 

 

種雄牛別出場頭数は・・・

 

 

 

 

安福久 142頭  百合茂 106頭  金照 39頭  勝忠平 37頭  

福華1 16頭  安平幸 10頭  亀次郎 7頭  直太郎 7頭・・・

 

 

 

 

平均価格は メス 43.2万円  去勢 43.7万円 (セリ値)

 

 

 

 

先月と比べると 約 1.2万円 下がっていました。

 

 

 

 

今回のセリでは、40〜50万円台 の 安福久のメス も多く、

 

 

 

 

以前のように、安福久のメス であれば 60万円から!?  という感じではありませんでした。

 

 

 

 

以前は、80万円 以上する 子牛もたくさんいましたので・・・ 

 

 

 

 

県外の購買者(素牛導入)の方が少なかったからかもしれません。

 

 

 

 

安福久母牛 の子牛(去勢・メス共に)は・・・

 

 

 

 

もちろん高値で取引されていましたが、以前のように どんな牛でも高いという感じではなく、

 

 

 

 

やはり表現形によってその牛なりに評価されていたと思います。

 

 

 

 

現状の枝肉価格 や マルキン などを考慮すると、

 

 

 

 

肥育農家さんは、できるだけコストを抑えたい(安く買いたい)という気持ちなので、

 

 

 

 

安福久母牛 についての価格も そのことの表れだったのかもしれません。

 

 

 

 

もちろん、発育が良く、伸びそうな牛は、去勢・メス共に きちんと高値で取引されていましたよ。 

 

 

 

 

期待の 金照(安平照ー平茂勝ー高栄)については、

 

 

 

 

思っていたほど小さい牛ではなく、発育の良い牛も多かったです。

 

 

 

 

薩摩の繁殖農家さん達も言っていましたが、

 

 

 

 

やはり 勝忠平 や 百合茂 などの大型の母牛に種付けをする方が良いようです。

 

 

 

 

小さな母牛に種付けをすると、小さな子牛が産まれる確率が高いのでは・・・ と思います。

 

 

 

 

今回のセリを見て 金照 について言えば・・・

 

 

 

 

表現形が良く、母牛の血統が良い牛(勝忠平・百合茂・安福久など) は高値で取引されていましたよ。

 

 

 

 

金照 に限ったことではなく、どんな牛でもそうなのかもしれませんが・・・ 

 

 

 

 

 

 

 

薩摩のセリ名簿を見ると、血統が豪華!? で ドキドキ してしまいます・・・ 

 

 

 

 

 

 

 

8月の薩摩セリ にも行く予定なので、またブログに書きたいと思います。

 

 

 

 

 

 

投稿者: 堀田忍 投稿日: 2012/06/16 10:34

 

 

こないだ行った新潟県山古志村での、

癒しスポットの写真をアップするのを忘れてました(;´Д⊂)

 

 

 

 

ここでっす!

 

 

 

 

気持ちよさそうです♪

 

 

 

赤ちゃん(*^▽^*) もっふもふ♪

 

 

 

ぶっさぁ~( ^∀^)

 

 

 

 

 

 

震災復興のため、

アメリカのコロラドから寄贈されたそうです。

ここで繁殖も成功しており、

いま、10頭ばっかいます♪

 

 

 

 

 

 

 

おや??

アルパカのえさ@ガチャガチャだ!!

 

 

 

 

 

 

 

買ってみた(笑

 

 

 

 

スーダン、とうもろ数粒、あとペレットwww

めっちゃ、売れてましたw

いい商売だ(・ω・)ノ

 

 

 

 

 

 

 

チビにあげたかったのに、

さっきまで寝てたのが、

むくりと起き上って、猛ダッシュw

 

 

 

 

みなさんも、

山古志にお越しの際は是非(・∀・)

http://www.yamakoshi.org/event/248.html

 

 

 

 

でも、偶蹄類らしいですからねヽ(`・ω・´)ノ

 

ビルコンで手洗いして、帰りましたv

 

 

あ~癒されたヽ(´ー`)ノ

 

 

 

 

 

 

投稿者: 佐藤隆司 投稿日: 2012/06/15 23:07

久し振りに十勝の牧場にお邪魔してきました!

こちらはホル雄の若齢肥育で有名な“十勝若牛”の生産農場です。


普段は何気なく見ていて大して気にしていなかったのですが、

今回はこの牧場に居る牛さん達の“顔の斑紋”をじっくり見てきました!


よくよく見ると…ホ~ント、色々な模様があってとても面白いですよ!


とりあえず…見てください!


チョッとヤクザっぽい?三ケ月型


この子は野球大好き?ホームベース型

 

 



この3頭は兄弟かも知れませんが、同じ▽でも微妙に違っています

 

この子は他の牛さんとは白黒の面積が逆のパンダ柄?


そして、中国の牛さんも飛び入りです!

チョット変わった鳥居型?…イヤ、ツララ型ってとこですか…

 


顔だけではなく身体の斑紋も色々な模様があって、見ていると退屈しません!

イメージトレーニングには最高に良いかもですね?

想像力がメチャメチャ豊かになるかもしれません!


あっ、黒牛ではちょっと無理でしたねっ!

皆さんもホルスタイン牧場に行った時には是非イメトレを…