自然環境の調和を保ちつつ地球に優しい持続的農業を提案します。

日記カテゴリー


株式会社ラボジェネター

〒080-0106
北海道河東郡音更町東通
20丁目2番地9

ブログカレンダー

アーカイブ
<2012年8月>
2930311234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930311
2345678
月別の過去ログ
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
投稿者: 佐藤隆司 投稿日: 2012/08/31 8:35

べてる祭りの翌日、精神科医の川村先生のお家にお邪魔してきました!


そこでまず見たものは…


 

ハイ、家に薪ストーブを付けている私にとってはこの見事な薪の山に目が釘付けでした!

モチロン、川村先生の所も薪ストーブです。

この量だとだいたい2冬分はあるでしょうか…。


もう一つ感心したのが…薪の山の下の方にある四角い箱?です!


拡大してみると…

こうなってました!

片方は途中まで…もう一つは反対側までトンネルみたいに貫通しています!


 

ハイ、これは犬たちの住居?でした!

先生は裏口?まで自由に行き来できるようにしてあげたそうです!


ワンちゃんたちが部屋の中でリラックスしている様子、とてもサマになってますよね!

 


武田さんも犬が好きだそうで、自分が撮られているのも気づかず撮影隊!

「都会の犬たちと違ってホント幸せだよなぁ~っ!」って呟いておりました!


確かに…田舎暮らしって、犬たちにとっても、とても幸せな事なんですよね!

投稿者: 佐藤隆司 投稿日: 2012/08/30 21:48

先日、浦河にある社会福祉法人「べてるの家」 http://urakawa-bethel.or.jp/ 主催のべてる祭りに初めて行ってきました。


「ベてるの家」は自主上映映画「降りてゆく生き方」http://www.nippon-p.org/concept.htmlの原点の場所

という事と、第20回記念の開催という事で今回は映画の製作スタッフと主演の武田哲也さんも参加され、

例年よりかなり盛大に行われたようです。


会場は道内だけではなく全国から集まった方々で超満員!

700人位入る会場だったのですが、立ち見の方も居たみたいです。

 

舞台でのイベントはすべてべてるの家当事者の手創りで、笑いあり、涙ありのとてもユニークなものでした。

 


特に…この毎年行われているという幻覚&妄想大会はとてもユニークなイベントで…

毎年幻覚妄想大賞グランプリが選ばれているようです!

 

この幻想妄想の内容にさすがにコメンテーター役の武田哲也さん、地元精神科医の川村先生も

登場者発表のあまりもの可笑しさとユニークさに抱腹絶倒?

私も可笑しくて涙が出るくらいでした!


確かに色々な障害を持って大変な事もあるかもしれませんが、このようなイベントをやっている時には

皆も真剣かつニコニコしながら、とても楽しそうに夫々の役をこなしていて幸せそうでした!

浦河町の方々もしっかり受け入れ、お互いに支えあいながら共生している姿を見て

とても心が温まる一日でした!

投稿者: 堀田忍 投稿日: 2012/08/29 23:18

 


先日、茨城県小美玉市に行ってきました。


車で走っているとどこを見渡してもこんな景色です。
迷子になりそうですw

 

茨城県は作付・出荷量とも全国1位!

とくに小美玉市をはじめ霞ケ浦周辺の市町村は、

レンコンの大産地です。

 

 

レンコンは栽培から出荷にかけて、

ものごっつい水を使います。

 

霞ケ浦や地下水など、レンコン作りに最適な地域だそうです。

もちろん稲作もありますが、反収がくらべものになりません。
(もちろん労働力もハンパないですけどね)

 

掘ったレンコンを洗っているところです。

 

 

 

 

おおかた機械洗いしたあとは、

人間の最終チェック。

レンコンが折れそうなくらいの勢いで、

汲み上げた地下水が噴出しています。

 

 

たくさんいただいちゃったので、事務所に送りました。

 北海道民には、つながっている状態のレンコンは珍しいのです。

感謝感謝です♪

 

 

ちなみに地元の人達は「ハス」といいますw

 

 

投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2012/08/26 20:33

 

 

一昨日(24日)、ETスモールセリに行って来ました。

 

 

 

 

このセリは、熊本の方だけでなく、九州全体から農家さんが牛を持ってきます。

 

 

 

 

このセリは、基本的に120日齡までの子牛セリですが、120日齡以上の牛(月超牛と言います)も出場しています。

 

 

 

 

ちなみにETスモールセリと言いますが、ETの牛はその中の半分くらいで、この日の出場頭数は、

 

 

 

 

AI牛 229頭  受精卵(体内) 114頭  受精卵(体外) 51頭 月超牛 35頭   総頭数 429頭 でした。

 

 

 

 

詳細は、熊本県家畜市場のホームページ 《 http://www.cowbell-park.or.jp/ 》 を見て下さい。

 

 

 

 

この日の最高値は、 百合茂ー安福久ー平茂勝(去勢) 120日 183キロ 42.7万円(セリ値)でした。

 

 

 

 

やはり、安福久母牛 強いです・・・ 

 

 

 

 

ちなみに、この日トップだった牛は、大学時代の先輩の牛だったので、セリ後、牧場にも行ってみました。

 

☆この日、先輩は もう1頭セリに出していて、

 

 安福久ー勝忠平ー美津福(去勢) 108日 168キロ 35.3万円(セリ値) でした。

 

 正直に言って、かなり良い牛でした。

 

 

 

 

牛舎での僕と先輩の会話です。

 

 

 

 

岩本: ”先輩、今日は2頭ともイイ感じでしたね”

 

 

先輩: ”そおかぁ、岩本。あの牛は8割くらいの出来なんだが・・・”

 

 

岩本: ”あの牛で8割の出来ってどういうことですか?めっちゃイイ感じでしたよ・・・”

 

 

先輩: ”実は ・・・ ”

  

 

 

 

 

この後、驚くべき事実が明らかになる・・・ 

 

 

 

 

 

つづく・・・

 

 

 

 

 

つづく・・・    をすると怒られてしまう!?   のでそのまま書きますが、

 

 

 

 

先輩: ”実は・・・、あの牛達は生後2週間、手でミルクをやるんだけどその間は夕方1回しかやってないんだ。

     

     その後は、ロボットに入れるからたくさん飲むんだけど・・・”

 

岩本: ”朝晩ミルクやってないんですか??  そんな農家さん、聞いたことないですよ・・・”

 

先輩: ”朝晩ミルクをやった方が良いのは間違いないんだけど、

 

     いろいろあって!?もう3年間くらい夕方1回のミルクなんだ・・・

     

     だから、8割くらいの出来って言ったんだ・・・

     

     夕方1回のミルクも誰でもできるわけじゃなく、きちんと観察してるからできてるんだけど・・・”

 

 

 

 

僕は、ちょっとビックリした・・・  1回のミルク(生後2週間)でもあんな風に大きくなるんだ、と思った。

 

 

 

 

でも 2回やった方が良いなら、2回やれば良いのに・・・ 

 

 

 

 

 

ここで僕が言いたいのは、 みんなミルクを1回にしましょう!! ということではない。

☆先輩も朝晩のミルクが良いのは分かっているが、いろいろあって!?夕方1回にしています。

 

 

 

 

僕が言いたいのは、 細かいことはあまり気にしない  ということだ。

 

 

 

 

環境を整えてやって、きちんと観察していれば、牛はそれなりに育つ、ということだ。

 

 

 

 

 

細かいことよりも、環境の改善 と 牛達の観察 が大事なんだ。

 

 

 

 

 

細かいことを気にしすぎて、大事なことをおろそかにしている方が多いです・・・

 

 

 

 

 

もちろん、完璧にやっていても、病気や事故は出てしまうのだけれど・・・

 

 

 

 

 

 

この日、”先輩。面倒くさいから、ミルクを夕方1回しかやってないんでしょ??” とは言えなかった・・・ 

 

 

 

 

  

投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2012/08/21 11:29

 

 

 

6月に、和牛を 1500頭 肥育している農家さん(Kさん)の牛舎へ行ってきた。

 

 

 

 

その方の信頼している Yさん が、

 

 

 

 

”アースジェネター良いよ” と言っていたらしく、アースジェネターに興味を持ったようだ。

 

 

 

 

僕は初対面だったのだが、Kさん は、すでにアースジェネターを使う気持ち満々で

 

 

 

 

”全頭に給与するから、どういうことが起こり得るのか?”  と聞いてきた。

 

 

 

 

”薬ではないので、即効性はありません。 だまされたと思って、最低1年間は給与して下さい。

 

 

 

 

先ず起こり得ることとしては・・・ ”  と説明。

 

 

 

 

正直に言って、こんなに順調に行くことは少ないのだけれど、全頭給与することになった。 

 

 

 

 

クチコミってスゴイ・・・     Yさん に感謝。 

 

 

 

 

そして、今月、Kさん の牛舎へ行ってきた。

 

 

 

 

2ヶ月しか経っていないけど、何か変化あるかなぁ・・・

 

 

 

 

と思っていたら、間違いなく臭気は落ちていた。

(2ヶ月前は、かなり臭かったです。もちろん、今も臭気はあります)

 

 

 

 

Kさん も臭気の減少については確信しているようだった。

 

 

 

 

臭気が落ちている(ウンコが変わっている)ということは、お腹の中も変わっているということだ。

 

 

 

 

ムフフ・・・ 

 

 

 

 

そして、Kさん が言うには、

 

 

 

 

”いつもは夏場(暑さで)喰い込みが落ちるのだが、例年に比べると安定している気がする。

 

 

 

 

例年より、1頭(1日)当たり 100~150グラム くらい食べている気がする”  と話していた。

 

 

 

 

喰い込みのことについては、あくまでも、Kさん の主観なのでなんとも言えないのだが、

 

 

 

 

ここで僕が言いたいのは、 アースジェネターは良いですよ!! ということではない。 

 

 

 

 

何か良いな と思ったものがあったら、信じて大胆に使って欲しい、ということだ。

 

 

 

 

信じるものは・・・  でないけれど、大胆に使うと、変化が見えやすい。

 

 

 

 

何かを変化させるために(牛達を良くするため、環境を改善するために)、

 

 

 

 

使い始めたはずなのに、中途半端にやる方が多いのも事実だ。

 

 

 

 

使うと決めたからには、大胆に使うんだ。

 

 

 

 

信じて始めたなら、大胆に使って欲しい。

 

 

 

 

たかが!? 1頭 1日 12円(子牛は 6円)だ。

 

 

 

 

生菌剤に関しては(あくまでも僕の主観だが)悪いものなんてない。

 

 

 

 

ただ・・・     

 

 

 

 

お金(コスト)がかかってしまうだけなんだ。

 

 

 

 

費用対効果があるかないか、それだけなんだ。

 

 

 

 

かかるお金と比べて、利益があるなら、継続すれば良いし、そうでないなら、止めれば良いんだ。

 

 

 

 

肥育農家さんでも、繁殖農家さんでも、大胆に給与し始めた方の方が、結局、継続するし、儲かっている。

 

 

 

 

儲かっているから大胆にやる、というよりは、信じたものを大胆にやるから、儲かっているのだと思う・・・

 

 

 

 

Kさん も間違いなくそういう方だ・・・

 

 

 

 

 

 

 

大胆にやれていますか?

 

 

 

 

 

 

 

やると決めたことを継続できていますか??

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: 植田秋良 投稿日: 2012/08/21 8:16

さすがっ!と思う一コマです。
 
十勝管内のY牧場さんでは、
 
D型牛舎の出入り口に小さな屋根(軒先)を設置しました。
目的は、牛舎内に雨が入らないようにすることです。
その結果、床持ちが良くなり、敷料交換の頻度が減ることで
 
人の手間が軽減されたり、敷料代の節約になるとのことです。
 
もちろん牛のストレスも軽減できるとの事です。
牛が良くなること、人が楽に管理できることを常に考え、
 
即実行されているYさん。
 
今回の屋根や牛舎、その他何でもご自身でつくられているのです!
 
 
私自身、とても勉強になったひと時でした。

投稿者: 佐藤隆司 投稿日: 2012/08/20 15:34

先週盆休みで、札幌の実家に里帰り

自分の実家の墓参りとカミさん実家にごお挨拶と…佐藤家の息子として、そして橋本家の娘婿として

不在亭主ですが、この時とばかりにやるべき事は一応チャ~ンとこなして来ましたっ!

佐藤家のお墓です。

ここにはまだ親父一人しか住んでいないのですが…

もうじきお袋が住むよって本人が言い続けて既に10年も経ってます!

 

私が住むようになるまであと何年でしょう?

親父…お袋の前にはぜぇ~ったい行かないから、無理によばないでおくれよねっ!

 

そのお袋はもう95才…我家族と兄と一緒に記念撮影です

あと何回一緒に撮れるのでしょうね?

 


さて、カミさんの実家にお邪魔した時には生垣の松の枝払い…一度も手入れした事が無く伸び放題

チョットのつもりが、やり始めたら途中でやめられなくなって最後まで完走!


これをやってる途中で不法侵入している蟻たちを発見!

よくよく見るとアチコチから忍者のように軽々と塀をよじ登って来ます!!


ウ~ム、これはまずい!!…という事で、心を鬼にして私のマル秘アイテム?「ありめつ」の登場です!

最近なかなか手に入らず、ツルハ薬局でゲット!

 

さっそく彼らの通勤経路?である塀の上にセット

アッという間に黒山の蟻だかり…

危険な液体とはつゆ知らず、貪るようにこの液を舐めています!

 

さらに蟻の列を遡ってみると、道路の割れ目の所に出入りの激しい彼らの居住区?を発見!

その傍にももう一つセッティング。

 最初は調査隊が来ていたようですが、そのうちに仲間が徐々に集まり…

 

この後はやはり黒山の蟻だかりでした!


せっかくのお盆なのに…お墓も作ってやれずにゴメンなぁ~!

この花で勘弁しておくれ!


               合   掌

今度から…もう少し人里離れた山の中で暮らしてちょうだいよな~っ!

投稿者: 植田秋良 投稿日: 2012/08/13 8:58

昨日、十勝上士幌町で開かれたお祭り(バルーンフェスティバル)に行ってみますと、
 
町内で肉牛を生産されているノベルズさんのブランド牛「十勝ハーブ牛」の串焼きが
 
販売されていました!
以前にもご紹介しましたが、十勝ハーブ牛の特徴は、
 
飼料にハーブを混ぜることにより、健康に育てられたF1雌牛(1産後)のことです。
出荷は33~36か月齢ぐらいで、ほどよい脂肪と味わいが特徴で
 
とても美味し~いお肉なんです!
この日も数本頂きましたが、美味しかったです!
 
ノベルズさん(十勝ハーブ牛)は、こういったお祭りにも積極的に出展されており、
 
地元でも人気のあるお肉の一つなんです!
 
 
様々な美味しいお肉が味わえるところに住んでいることに幸せを感じたひと時でした。

投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2012/08/10 18:18

 

 

 

もうすでに、知っている方も多いと思いますが、

 

 

 

 

今月6日、美国桜(第1花国-美津福-紋次郎) の 現場検定結果(14頭)が出ましたので、報告致します。

 

 

 

 

今週行った薩摩地域では(他県の農家さん達の間でもですが)、このネタが盛り上がっています・・・ 

 

 

 

 

美国桜ー平茂勝ー第5隼福(去勢)    A-5 BMS11 枝肉重量 525キロ

美国桜ー平茂勝ー安福165の9(去勢) A-5 BMS8 枝肉重量 558キロ

美国桜ー勝忠平ー第7糸桜(去勢)    A-5 BMS10 枝肉重量 558キロ

美国桜ー平茂勝ー忠福(去勢)       A-5 BMS9 枝肉重量 527キロ

美国桜ー忠茂勝ー第5隼福(メス)     A-5 BMS11 枝肉重量 503キロ

美国桜ー平茂勝ー第5隼福(メス)     A-5 BMS11 枝肉重量 511キロ

美国桜ー平茂勝ー神高福(メス)      A-5 BMS9 枝肉重量 513キロ

美国桜ー平茂勝ー紋次郎(メス)      A-5 BMS11 枝肉重量 456キロ

美国桜ー平茂勝ー第5隼福(メス)     A-5 BMS11 枝肉重量 482キロ

美国桜ー忠茂勝ー安平(メス)       A-5 BMS9 枝肉重量 433キロ

美国桜ー勝忠平ー安平(メス)       A-5 BMS11 枝肉重量 497キロ

美国桜ー金幸ー平茂勝(メス)       A-5 BMS11 枝肉重量 449キロ

美国桜ー平茂勝ー忠福(メス)       A-5 BMS8 枝肉重量 464キロ

美国桜ー百合茂ー神高福(メス)      A-5 BMS10 枝肉重量 409キロ

 

 

 

 

素晴らしい結果ですね・・・  

 

 

 

 

あとは、 ”どう捉えるか” だと思います。

 

 

 

 

情報だけに流されることなく、自分なりに考えてみて下さいね。

 

 

 

 

何かの参考になりましたら幸いです。 

 

 

 

 

 

投稿者: 松浦 洋明 投稿日: 2012/08/10 13:57

 

皆さんこんにちは。

 

松浦です。

 

 

道内のI市にてユーザー様のところにお伺いしたところ、

 

 

ユニークなものを発見しましたので紹介します。

 

 

 

 

I様は乳牛を90頭飼育しており、少し前にオランダ、レリー社の自動エサ寄せ機を購入しておりました。

 

 

 

 

 

 

 

私は実際に持っている方や動いている様子などを見たことが無かったので、

 

 

 

 

初めて見た時はこのロボットの自体がくるくる回ると思っておりました。

 

 

 

 

前方の黒い角みたいなところで超音波を発信し、障害物を避けながら確実にエサを寄せていきます。

 

 

 

 

I様とこのロボットについてお話していると、不意にロボットから「ピー!」という音が鳴りました。

 

 

『ついに動くのか‥?!』とワクワクして見ていると、流れるように前方に発進。

 

 

 

音がめっちゃめちゃ静かです。

 

 

 

「ゥィーーーン」というモーター音と、「ピッピッピッピッピッピ」という超音波のみで、

 

 

 

 

導入初めは牛さんビビっていたそうなのですが時間が経てば慣れてしまうとのこと。

 

 

 

 

 

 

 

TMRのエサを的確に餌槽スペースに押しつけます。

 

 

 

 

私も急接近しながら写真を取ろうとしたのですが‥

 

 

 

 

ピッピピッピ言いながら向かってくるロボットに近づくだけでも故障させてしまうのでは‥と急に不安な気持ちになりここが限界でした。

 

 

(例えば巷で話題の家庭用自動お掃除ロボットのル○バとかが頑張って掃除しているのに気付かず、

蹴飛ばしてしまいそうで不意に近づけません。‥動いているとこ見たことすらありませんが)

 

 

  

 

 

 

この自動エサ寄せロボは充電式のため、自動かつ自力で充電スポットに戻るのです。

 

詳細...