自然環境の調和を保ちつつ地球に優しい持続的農業を提案します。

日記カテゴリー


株式会社ラボジェネター

〒080-0106
北海道河東郡音更町東通
20丁目2番地9

ブログカレンダー

アーカイブ
<2012年11月>
28293031123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829301
2345678
月別の過去ログ
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
投稿者: 松浦 洋明 投稿日: 2012/11/28 17:45

 

皆さんこんにちは。

 

 

 

前回東北に行った時のこと‥

 

 

電柱にぶら下がる巨大なブドウを発見。

 

 

 

 

 

 

 

‥ええ、漁業関係の方が使う“うき”ですね。

 

 

 

 

なんで電柱に!? なんで空中に浮かせる必要が!? 

そもそもオーナーの方の遊び心か??

 

 

 

 

いや、雪が積もるのを防ぐためなのか?? 

 

そもそも風が吹いたらめちゃめちゃになって散乱しないのだろうか‥?

 

 

 

 

 

 

しばらく考察したところ‥畑違いなため理由が分からず‥(>_<)

 

 

 

きっと遊び心なんだろうな‥と勝手な結論になりました。

 

 

 

 

また、話は変わり他の宿泊先のエレベーター前に放射能測定値を掲げている所もありました。

 

 

 

 

エレベーター前にあるとボタンを押す際、必ず目に入りますし、

 

 

 

宿泊先側の安全意識も確認できます。

 

 

 

もう気づけば12月に‥

 

 

 

東日本大震災の義援金の行き先に関する責任は誰にあるのか、

 

 

 

畜産生産者の方々への原発事故による風評被害の補償も今年の7月までしか出ていませんし‥

 

 

もちろん東日本大震災に限らず、数々の問題が山積している中での衆議院解散。

 

 

新党結成‥って今はやっているのでしょうか

 

 

新党できれば、やれ政治に実行力が大事なのに力足りないだとかで批判したり

党の理念として行きつく先は一緒だからだとか‥

 

 

政治って何なんだろうな~

 

 

と思うこのごろです。

詳細...

投稿者: 堀田忍 投稿日: 2012/11/27 10:43

 

みなさんいかがお過ごしですか?

 

週末に帯広に帰ってきましたが、

めっちゃサブイです ヒィー(((゚Д゚)))

 

帯広も根雪にはならないものの、

今も、雪だか雨だかミゾレだかわからん天気です。

荒れてます。

 

 

皆様も風邪などひかれぬよう、

あったかくして、

年末の忙しい時期を、

駆け抜けてください。

 

 

そうそう、

毎年、出張中に、思いのほか寒くて

コンビニとかユ〇クロやらで、

ネックウォーマーを買うのですが、

すーーーーぐ、無くすんですよね(;´Д`)

 

毎年3~4個買っているので、

大変な出費です(*´Д`) ~

 

 

それが、

 

なんと、

 

100均でも売ってるみたいですね!

 

100均とかあんまり行かないから知らなかったッス。

 

 

 

子牛の体温維持に使っている農家さんに教えてもらいました♪

 

 

 

10頭ぶん買っても1,050円♪

3個無くしても・・・・・

 

 

こりゃいいや(´∀`)

 

 

 

投稿者: 植田秋良 投稿日: 2012/11/27 9:00

じゃああ~~~ん!
 
突然ですが、紹介いたします!
 
これ、小型のソーラー式発電機(500W、1KW)です。
災害時などで活躍すること間違いなしです。
これは電源ボックスです。
 
ソーラーでの蓄電及び雨天時に電気を供給することができます。
 
その場合、例えば39Wの19型液晶テレビだと11時間使用可能です。
 
既存の発電機ではガソリンなどの燃料が使われているのに対して、
 
エコなこと、無音なこと、メンテナンスが簡単なこと等、
 
利点がいっぱいいっぱい!
 
価格は1台約50万とのこと(※詳しい価格設定は今後)。
 
防災グッズの一つとして役場や会社、家庭などに一台いかがでしょうか!
 
おまけですが、野外にてモーターでお肉なんかもまわせます!
また、詳細な情報がわかればお知らせいたします!

投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2012/11/24 1:29

 

 

 

先週、五島のセリ に行って来ました。

 

 

 

 

平均価格 や 種雄牛別出場頭数 などの詳細は、さておき  (申し訳ありません)、

 

 

 

 

牛(血統を含めた表現形) と セリ価格 を見ていると、

 

 

 

 

”この牛、九州の他の市場より、3万〜5万 くらい 高いよ・・・  ”

 

 

 

 

という感じの子牛 多かった気がします(あくまでも主観です)・・・

 

 

 

 

百合茂母牛 や 勝忠平母牛 に 平茂晴 を付けた 去勢、

 

 

 

 

平茂晴母牛 に 百合茂をつけた 去勢、 

 

 

 

 

福之国母牛 に 百合茂 や 平茂晴 をつけた 去勢 などで

 

 

 

 

50万 を超えている牛が多かった気がします・・・

 

 

 

 

もちろん、福岡 や 佐賀 の知っている肥育農家さん達は、

 

 

 

 

”五島の子牛は伸びる!!”

 

 

 

 

と言う方が多く、自信を持って購買しているため、このような価格になっているのですし、

 

 

 

 

五島は、比較的、母牛の改良も出来ている地域 と いうこともあると思いますが・・・

 

 

 

 

 

ちなみに、今回のセリ(去勢)のトップは、アースジェネター給与農家さんの子牛 だったと思います。

 

 

 

 

280日齢 310キロくらい!?  血統は、 百合茂ー安福久ー平茂勝 (やっぱり!?)

 

 

 

 

セリの後に、その繁殖農家さん と 電話で話したら・・・

 

 

 

 

”岩本さんが、安福久 を 母牛 として残せって言ったから、高値で売れたよ。  ありがとう!!”

 

 

 

 

と言われたのですが、おそらく 僕は、そんなに 安福久母牛 を薦めてなかったような気がします・・・ 

 

 

 

 

 

 

結局、その繁殖農家さんが、いろいろな 情報 や 話 の中で、

 

 

 

 

安福久のメスを売らずに残すこと(鹿児島から導入もしています)を決断し、今回も高値で販売、

 

 

 

 

結局、今、母牛が40頭くらいいる中で、安福久が6頭いる、という 今までの 決断力 が、

 

 

 

 

このような結果につながっていると思います・・・ 

 

 

 

 

 

 

今の皆さんの母牛達は、皆さんがその時々に決断してきた結果ですよ・・・

 

 

 

 

 

 

”いや、俺が決めたんじゃない。オヤジが決めたんだ・・・” 

 

 

 

 

 

 

と言いたい人がいるかも!?しれませんが、それでは 今日から 自分で決断していきましょう!!

 

 

 

 

 

 

 

オヤジ(ほかの誰か!?)のせいにしても、何も始まりませんから・・・

 

 

 

 

 

 

 

松本さん、次回の 五島の夜 はごちそうになります・・・    ムフフ・・・ 

 

 

 

 

 

 

投稿者: 植田秋良 投稿日: 2012/11/21 9:13

私事で恐縮ですが、
 
先日、初めてハーフマラソンに参加いたしました。
週に1~2回の頻度でトレーニングして本番に挑みました。
 
21kmという長い距離を走ったことがなかったので完走できるか、
 
想像もつかなかったのですが、沿道からのたくさんの声援の後押しもあり
 
無事完走!
 
ドリンクの差し入れやハイタッチなど、ご声援ありがとうございました!
 
順位はというと・・・
 
約2000人中348位(タイム:1時間52分)でした(微妙な成績)。
道中もそうでしたが、
 
特に完走後は、今まで経験したことのない達成感、充実感そして、
 
何より打ち上げのビール、焼肉(帯広の平和園!)は格別の味でした…!
 
思い切って参加したかいがありました。
 
 
新しいことにチャレンジすること、
 
一歩踏み出すことの楽しさ、大事さを味わったひと時でした。
 
 
 

投稿者: 植田秋良 投稿日: 2012/11/20 9:25

先日に行ってきた長崎全共で再会したのは、
 
畜産業界の歌姫こと、香蓮(かれん)さんでした!
8月、滋賀で行われた牛肉サミット以来でした!
なぜ畜産業界の歌姫かというと、
 
とにかくお肉をはじめ畜産を応援する歌をとても熱く歌っているからです。
 
なんでも宮崎県出身の香蓮さんは、宮崎で発生した口蹄疫をきっかけに
 
宮崎や畜産界のみなさんを元気づけようと思い立ったとのことです。
 
 
もちろんお肉関係の歌ばかりでなく、いろいろな素敵な歌も歌っていました。
 
とても素敵な人で、この長崎全共でもたくさんの方々を元気づけたはずです。
 
現在、全国で畜産やお肉のイベントなどで歌っているそうです。
 
皆さんのところにも来ているかもしれません!
 
是非、来年にでも北海道に来てくれないかな~と思う今日この頃です!
 
香蓮さんブログ http://ameblo.jp/karensong/

投稿者: 松浦 洋明 投稿日: 2012/11/17 1:21

 

どうする、どうなる、どうしていけば‥

 

 

 

 

 

皆様こんにちは

 

 

 

松浦です。

 

 

タイトルの通り、ある牛さんにちょっと疑問がありまして‥

 

 

 

先日まで私、東北に行っていたのですが、

 

 

 

 

アースジェネターユーザー様(和牛一貫)T様の牛舎に行った時のことです。

 

 

 

 

唐突ですが、みなさんこの子牛の蹄を見てどう思いますか??

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと角度を変えて。

 

 

 

 

 

 

この前両足と右後ろ足

 

 

 

 

 

なにかおかしく見えませんか??

 

 

 

 

前両足の拡大です。

 

 

 

 

?? ‥蹄がいびつで割れていない?!

 

 

 

 

 

 

角度を変えて後ろ足の拡大です。

 

 

 

奥の足がな~んか違和感‥

 

 

 

ちなみに左後ろ足は普通の偶蹄です。

 

 

 

 

この子牛の血統は安福勝-菊谷-糸光の去勢で、

 

 

現在11ヶ月齢、体重は300キロ程。

& ... 詳細...

投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2012/11/16 22:00

 

 

 

今月12日 に  鹿児島県肉牛枝肉共進会 が 開催されました。 

 

 

 

 

出場頭数 は 80 頭。 そのうち、 半分以上(42頭) が 5等級 の ハイレベルな共進会でした。

 

 

 

 

上位 10頭 の 結果だけ載せたいと思います。

 

 

 

 

☆グランドチャンピオン 

亀次郎ー安福久ー勝忠平  BMS 12  枝肉重量 539キロ  ロース芯 96  バラ 8.4  枝肉単価 8000円  

 

☆最優秀賞 2席

鉄平ー安糸福ー金幸  BMS 12  枝肉重量 491キロ  ロース芯 80  バラ 8.1  枝肉単価 6000円

 

☆最優秀賞 3席

百合茂ー安福久ー勝忠平  BMS 12  枝肉重量 551キロ  ロース芯 99  バラ 8.2  枝肉単価 5000円

 

☆最優秀賞 4席

百合茂ー安福久ー金幸  BMS 11  枝肉重量 538キロ  ロース芯 114  バラ 8.4  枝肉単価 4000円

 

☆最優秀賞 5席

勝安竜ー安福久ー金幸 BMS 11  枝肉重量 494キロ  ロース芯 77  バラ 8.4  枝肉単価 4000円

 

☆最優秀賞 6席

亀勝ー安福久ー平茂勝  BMS 11  枝肉重量 550キロ  ロース芯 78  バラ 9.0  枝肉単価 3800円

 

☆最優秀賞 7席

勝糸福ー安糸福ー金幸  BMS 11  枝肉重量 538キロ  ロース芯 78  バラ 9.9  枝肉単価 3800円

 

☆最優秀賞 8席

勝糸福ー平茂勝ー神高福  BMS 11  枝肉重量 514キロ  ロース芯 54  バラ 9.8  枝肉単価 3700円

 

☆最優秀賞 9席

隆之国ー安糸福ー糸福  BMS 11  枝肉重量 516キロ  ロース芯 79  バラ 8.8  枝肉単価 3300円

 

☆最優秀賞 10席

百合茂ー神徳福ー平茂勝  BMS 11  枝肉重量 467キロ  ロース芯 82  バラ 9.7  枝肉単価 3300円 

 

 

 

 

何かの参考になりましたら幸いです。 

 

 

 

 

もし、もっと 詳しく知りたい方がいましたら 個人的に!?連絡下さい・・・      お待ちしております。

 

 

 

 

 

投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2012/11/11 23:44

 

 

 

今は中国、四国地方 を 巡回しています。

 

 

 

 

高知では、土佐の褐毛を見たり、

 

 

 

 

 

愛媛では、養豚農家さん の 現場に行ったり、

 

 

 

 

岡山では、名物のホルモンうどん を 何回も!?  食べたり・・・ 

 

 

 

 

九州 とは違う刺激を受けています。  

 

 

 

 

 

和牛の繁殖農家さんのところにも、何軒か行きましたが、

 

 

 

 

和牛の血統に関しては、九州と比べると、やや!?遅れている感じがしました。

 

 

 

 

もしかしたら、情報の無さ や 肥育農家さんとの交流が少ないこと が 原因なのかもしれません・・・

 

 

 

 

もちろん、良い感じで 牛達を管理している 農家さん も 多かったですよ・・・ 

 

 

 

 

 

昨日は、この道 35年!? の大先輩 と一緒に農家さん巡りをしました。

 

 

 

 

現場での 先輩の言葉 や 行動、 勉強になります。 

 

 

 

 

車中での話 も 学ぶことが多かったです。

 

 

 

 

その中で、先輩が言っていた

 

 

 

 

 

”人を動かす には、 先ず 自分が動かなければいけない のよ・・・”

 

 

 

 

 

という言葉は、先輩の今までの人生を象徴しているような言葉 だったように感じます・・・

 

 

 

 

 

 

僕も、 やります・・・

 

 

 

 

 

 

投稿者: 松浦 洋明 投稿日: 2012/11/08 18:50

 

みなさんこんにちは。

 

 

先日道南の八雲町にて、北海道肉牛研究会の現場視察がありました。

 

 

参加者は畜産関係者の方々や、肉牛生産農家の方など約100人‥

 

 

八雲町では“北里八雲牛”の生産に取り組んでおり、生産現場のS牧場とK大学牧場に行ってきました。

 

 

 

 

 

北里八雲牛とは、環境保全と資源循環型畜産の取り組みとして94年に開始。

2001年に自給飼料100%給与の生産方式を北里方式とし、八雲で生産された牛肉として命名されました。

 

 

 

品種は放牧性に適した日本短角種と、皮下脂肪の薄いフランス原産のサレール種(乳肉兼用種)を基畜としています。

 

 

 

ここのK大学牧場では、2009年に国内初の有機畜産物生産工程管理者(肉牛)に認定され、有機JASの基準も満たしております。

 

 

夏山冬里方式で5月~10月までは放牧を行い、10月以降は自舎に戻し自給粗飼料(デントコーンサイレージ等)を与えます。

 

 

 

草地管理についても除草剤・農薬の不使用と化学肥料の使用を中止しており、マメ科牧草(シロクローバ)と刈り取りの早いフェストロリウムを播種しています。

 

 

また八雲牧場だけでなく、町内の酪農家と提携し“酪農家産・北里八雲牛”として八雲町発のブランド定着を目指しております。

 

詳しくはこちら‥↓

http://www.kitasato-u-fsc.jp/

 

 

 

早速堆肥舎を見学‥

 

 

 

 

ビニールハウスに移動し、年期の入ったファーガソンで堆肥撹拌機を牽引しています。

 

 

敷料はカンナくずとおが屑、麦稈で積んである堆肥は小型のカマボコ状に連なっていました。

 

 

 & ... 詳細...