自然環境の調和を保ちつつ地球に優しい持続的農業を提案します。

日記カテゴリー


株式会社ラボジェネター

〒080-0106
北海道河東郡音更町東通
20丁目2番地9

ブログカレンダー

アーカイブ
<2013年3月>
242526272812
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31123456
月別の過去ログ
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2013/03/28 10:58

 

 

 

鹿児島の繁殖農家さんのところ(母牛頭数 40頭)へ行ってきました。 

 

 

 

 

 

 

”最近、分娩間隔が長くなっているんですよね。 今は、350日くらいになりました・・・ ” という Nさん。

 

 

 

 

実は、以前聞いたときは、なんと 330日  でした。 

 

 

 

 

”長くなっている理由は何かあるんですか?”  と聞くと

 

 

 

 

”うちの牧場では、安福久をつけると予定日を過ぎる(分娩が遅くなる)んですよね・・・” ということ。

 

 

 

 

以前より、分娩間隔が長くなっているといっても、それでも 350日 です。 

 

 

 

 

繁殖成績の良い秘訣を聞くと・・・

 

 

 

 

”見ることじゃないですか。 それだけですよ。 別に何もしていません・・・”

 

 

 

 

答えはシンプルだ。

 

 

 

 

朝来て、エサをやる前に見て、エサをやってスタンチョンを外してから見て、

 

 

 

 

午後に来て、エサをやる前に見て、エサをやってスタンチョンを外してから見て・・・

 

 

 

 

ちなみに、Nさん は 人工授精師 ではない。

 

 

 

 

”授精師さんが来る時間にはこだわっているのですか?”  と聞くと

 

 

 

 

”時間とかは全く気にしないです。 発情していれば種はつきますから・・・”

 

 

 

 

エサや気候など繁殖にはいろいろな要素が絡んでくるが、丁度良い感じでいっているのだろう。 

 

 

 

 


ちなみに、Nさんのところは、子牛も良い感じです・・・ 

 

 

 

 

 

 

 

 

牛のストレス や 環境のことを考慮して、あえて、ゆっくり飼っているのだと思います。

 

 

 

 

子牛は、素直に育っていて、肥育農家さんにも人気あります・・・ 

 

 

 

 

”この牛、7キロ も 粗飼料 喰うんですよ・・・”  Nさん は言います。 

 

 

 

 

 

結局、 牛を見ているんですよね・・・ 

 

 

 

 

 

 

あっ・・・

 

 

 

 

 

もし良ければ、繁殖農家さんは粗飼料の量(キロ)を一度計って下さいね。

☆毎日計る必要はありません。  だいたいの量を知っておくことが大事なのです。

 

 

 

 

自分の牛について、知っておくのと 知らないのでは 大きく違います。

 

 

 

 

 

 

自分の牛を知ることが、肥育農家さんへの信頼に繋がっていきますので・・・ 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2013/03/25 19:20

 

 

 

 

 

注意)これからの話は、一応 現場の話 なのですが、軽い気持ち!?で読んで下さいね・・・ 

 

 

 

 

 

 

”子牛セリの当日、牛を見れば分かるんだから、前もって名簿で下見(血統を確認)する必要なし・・・”

 

 

 

 

 

”どんな血統だろうが、牛が喰い込めばサシは入るんだから、血統にはこだわらないよ・・・”

 

 

 

 

 

そんな風に言っていた肥育農家さんも、最近は、名簿チェックをして子牛セリに臨むようになってきている・・・

 

 

 

 

 

なぜかというと・・・

 

 

 

 

 

魔性の牛    が  いるからだ・・・ 

 

 

 

 

 

殿方(肥育農家さん)を惹きつけ、思わず チラ見!?してしまう牛・・・ 

 

 

 

 

 

ある血統の母牛(三代祖を含む)の牛だ・・・

 

 

 

 

 

ある血統とは・・・

 

 

 

 

 

 

 

皆様もご存知の通り  ”安福久”

 

 

 

 

 

 

 

安福久 絡みの牛を、ちまたでは(いやいや、ごく一部の肥育農家さんかもしれませんが)

 

 

 

 

 

 

 

 

”壇蜜(だんみつ)”   と   呼んでいます。 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆ちなみに、”壇蜜(だんみつ)” とは、今、とても人気のあるグラビア女性の名前です・・・

 

 

 

 

 

 

 

”いやぁ、今日は 壇蜜 を 70万 で買っちゃったよ・・・  ”

 

 

 

 

 

”今日のセリの あの 壇蜜 は 良かったよね・・・  ”

 

 

 

 

 

”俺のところ は 壇蜜 が 60頭!? いるよ・・・  ”

 

 

 

 

 

 

そんな会話が、肥育農家さんの間で、言われている とか いない とか・・・ 

 

 

 

 

 

先輩たちの話を聞くと、いつも笑ってしまいます・・・

 

 

 

 

 

相場が厳しい現状をこうやって楽しんでいるのではないか、と思います・・・ 

 

 

 

 

 

 

壇蜜 が何頭いるのかは、もちろん大事なのですが、日常の牛達の観察、飼養管理をよろしくお願い致します!!

 

 

 

 

 

 

☆ちなみに、個人的な意見を言うと・・・

 

 

 

 

 壇蜜(牛) は、大好きなのですが、壇蜜(人) には あまり興味ありません・・・ 

 

 

 

 

 僕は、壇蜜(人)より、 川上麻衣子さん や 石田えり さん が好きです・・・ 

 

 

 

 

 おそらく、全く分からない方も多いと思いますが・・・ 

 

 

 

 

 

 

 次回こそは、真面目な現場の話!? を書きます・・・


 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: 植田秋良 投稿日: 2013/03/21 9:41

先日、網走地方を巡回しました。
 
オホーツク海の冬の風物詩、流氷を見ることができました。
多くは浜に打ち上げられていましたが、何だか迫力があります。
 
流氷とは、アムール川河口付近の塩分濃度が低い海氷とのことですが、
 
こんなに遥か遠くまで流れてくるなんて本当に驚きますね!
 
 
流氷が流れてくることでいくつか利点があるようです。
 
オホーツク海近郊の魚介類は、特に美味しいと言われていますが、
 
要因の一つとして、
 
魚介類のエサとなる動物性プランクトンが流氷と一緒に運ばれてくることが挙げられます。
 
また、観光では、「ガリンコ号」といって流氷を砕きながら航行する観光船が人気です。
 
自然っておもしろいですね~!
 
 
色々な恵みをもたらす流氷のすごさをあらためて感じたひと時でした。
 

投稿者: 佐藤隆司 投稿日: 2013/03/15 13:41

今度は伊江島はU牧場さんでの完成間もない新居です

まだ牛さん達は入っていないのですが、その概要をご紹介しますねっ!


まずは遠くからの全景です。

右側の白い屋根のが今までの牛舎で、左側に見えるのが新築牛舎です

飼養規模は60頭との事…

 

もう少し近くに行ってみましょう!

 


牛舎右角から正面、左側の順でお見せします。

 

右角


正面


左角です。

 

軒先には台風でも飛ばされそうもない頑丈そうな雨樋が設置されています!


私は色々な現場を見ていますが雨樋が付いていない、あるいは付いていたんだけど台風で飛ばされて

樋受けだけがかろうじて付いているという農場を良く見かけます

 

そういう所は雨が吹き込んで床がビチョビチョになっています

風が無くただ降る雨ならまだしも、風がある時は屋根で受けた雨水が軒先から

思いっきり牛舎に吹き込んでしまいます。


こうなったら後はどうなるか…皆さんはもう想像できますよね?

牛さん達の為にも雨水は出来るだけ吹き込まないような工夫をしましょうね!


昨年みたいに、とんでもない台風の時だけは仕方がないですけどね…

 


雨樋の部分をズームアップしてみます。


雨樋の下の柱に全部丸いフックが付いています。

そして…写真を撮るのを忘れたのですが、丁度真下の床面にも同じフックが設置されていました!!

将来的にはこのフックを利用して…

雨風の吹き込み防止あるいは防鳥ネット設置などなど、色々考えて設計されたようです

 

そしてもう一つ…


 


雨水を集めて貯水タンクへ…エコ仕様ですね!

 

あと…こちらには哺乳ロボットです

 


哺乳ロボットは最初牛さん達を馴致するまでチョッピり苦労するかもしれませんが、

機械に使われるのではなく上手に使いこなす事が大切です!

哺乳はロボットがしてくれますけど、牛さん達の毎日の観察だけは抜かりなくやりましょうねっ!!

 

最後はウンチの後始末…大切な堆肥舎です!!



仕切りの壁も無く作業性はバッチリですね!!

きっと素晴らしい堆肥を創ってをくれる事でしょう!!…って、

今からUさんにプレッシャーを掛けちゃいます!!


私も時々チェックしに行きますから…まずい時にはイエローカードですよっ!!


牛さん達はせっかく皆で“ジェネターウンチ”を出してくれているんですから、

是非一緒に良い堆肥を創りましょうねっ!!

その時にはその成果をまたここでアップしますから…


モチロン、良い堆肥が出来た時には皆でお祝いをしましょうっ!!


私もメッチャ楽しみにしていますからね~っ!!


 

投稿者: 松浦 洋明 投稿日: 2013/03/14 9:50

 

こんにちは。

 

 

 

松浦です。

 

 

 

 

 

福島県の本宮家畜市場2日目に行ってきましたので報告します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

血統内訳(2日間合計)は、

 

百合茂 92頭、北平安 66頭、安福久 58頭、勝忠鶴 40頭、

喜多平茂(福島県種雄牛:平茂勝-北国78-菊谷) 40頭、芳之国 33頭、安平幸 29頭、福華1 29頭、北乃大福 26頭、安茂勝 23頭、光平照 23頭…

 

 

 

 

 

平均(税込)は初日が、

去勢:151頭/428,532円   (前月 136頭/451,917円 )

メス:169頭/505,479円   (   177頭/514,518円 )

 

2日目は

去勢:142頭/444,801詳細...

投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2013/03/14 8:10

 

 

 

先月17日に、佐賀牛の共励会がありました(古いデータで申し訳ありません)。

 

 

 

 

出場頭数は 80頭(その中で、 5等級 が 34頭 でした)。

 

 

 

 

グランドチャンピオンは・・・

 

 

 

 

平茂晴ー安福久ー平茂勝  枝肉重量 527キロ  A5  BMS12 

 

 

 

 

枝肉単価 8000円  販売価格は、 400万円 を超えていました・・・ 

 

 

 

 

おめでとうございます!! 

 

 

 

 

 

☆ 賞 を 取った方だけ書きたいと思います・・・

 

最優秀賞  勝忠平ー美津福ー安平 枝肉重量 552キロ A5 BMS 11 枝肉単価 6000円

 

金賞 1席  百合茂ー安福久ー勝忠平(メス)  枝肉重量 449キロ A5 BMS 11 枝肉単価 5600円

 

金賞 2席  安福久ー平茂勝ー忠福  枝肉重量 511キロ A5 BMS 11 枝肉単価 5000円

 

銀賞 1席  百合茂ー安福久ー平茂勝  枝肉重量 497キロ A5 BMS 11 枝肉単価 4500円

 

銀賞 2席 百合茂ー安福久ー平茂勝  枝肉重量 590キロ A5 BMS 11 枝肉単価 4010円

 

銀賞 3席 福之国ー隆桜ー安平  枝肉重量 516キロ A5 BMS11 枝肉単価 3500円

 

銀賞 4席 金幸ー安福久ー平茂勝  枝肉重量 564キロ A5 BMS10 枝肉単価 3200円

 

 

 

 

この日の枝肉単価は(賞に入っている牛は当然高値なのですが)、

 

 

 

 

通常の出荷より 1キロ 当たり 400円くらい(以上!?)は高かったのではないか、と思います。

 

 

 

 

というと、枝肉重量 500キロ の場合、通常出荷より 20万円 高くなっているということになり・・・ 

 

 

 

 

いつも、このくらいの枝肉単価なら 肥育農家さん も元気が出ると思うのですが、

 

 

 

 

現状は、 子牛価格 と 枝肉価格 が合っていないように感じます。

(少し!?枝肉価格も上がっているような感じはしますが・・・)

 

 

 

 

 

エサ代 も 上がっていますし・・・  

 

 

 

 

 

今の子牛の高値は、高齢化などの影響により繁殖農家さん(子牛頭数)が減少しているなか、

 

 

 

 

肥育素牛 の 導入意欲のある方 が多いようで、

 

 

 

 

導入したい頭数に比べ、子牛頭数が足りないのが原因なのではないかと思います・・・

 

 

 

 

 

 

枝肉の単価 は 変えれませんが、経営のロス は 減らすことができます。

 

 

 

 

繁殖農家さん も 肥育農家さん も、牛達の事故無く、無事に出荷できるよう、

 

 

 

 

今以上の 管理 や 観察 をよろしくお願い致します。 

 

 

 

 

 


 

 

投稿者: 堀田忍 投稿日: 2013/03/13 20:21

 

先日の続き・・・・

 

野口種苗の外観です。

 

なんかいますねw

 

 

 

あ、火の鳥!

 

お、アトムと・・・・ウランちゃんだっけ!?

 

実は、

代表の野口勲さんは、家業の種苗店を継ぐまで、

手塚治虫先生の初代担当編集だったとのこと。

 

画像の使用を手塚プロから特別に許可していただいているらしく、

写真はありませんが、事務所の中も手塚ワールドでした・:*:・( ̄∀ ̄ )。・:*:・

 

ちなみに、講演会に参加させて頂いたこともありますが、

スライドにも手塚キャラクターがたくさん登場してくるので、

聴衆のハートはがっちり掴まれます♪

 

実は僕の実家がある宝塚市には「手塚治虫記念館」なるものがありまして、

ちょびっとだけ縁を感じちゃたり、感じなかったり・・・・・・・

 

 

 

 

投稿者: 植田秋良 投稿日: 2013/03/13 17:56

先月に引き続き和牛素牛市場の速報をお伝えいたします。
 
昨日、今日と二日間にわたり3月の十勝和牛素牛市場が開催されました。
 
上場頭数は、1日目 1114頭、2日目 870頭でした。
 
主な種雄牛は、
 
福安照 173頭、安茂勝 171頭、百合茂 122頭、光平照 92頭、
 
北乃大福 84頭、北平安 83頭、北茂安93 77頭、芳之国 75頭、
 
平茂晴 61頭、安福久 58頭、 などでした。
 
平均価格(税込)は、
 
メス 401,749円(前月 381,303円)、
 
去勢 498,166円(前月 477,407円)と、
 
前月より2万円ぐらい高値で取引されていました。
 
前月より増して下物(安愚楽の血統含む)が高い傾向で、
 
メスは30万以上、去勢で40万以上の牛がほとんどでした。
 
高値が続いている要因は、
 
道内肥育農家さんへの東電の補償、
 
A3の枝値がそこそこ高いこと、
 
今月の導入分までは来年の年末出荷に間に合うこと、
 
などが挙げられるのでしょうか?
 
福安照、期待を込めて芳之国の価格が安定していたのが印象的でした!
 
以上、市場速報でした。

投稿者: 佐藤隆司 投稿日: 2013/03/12 13:10

今朝の帯広の気温はマイナス7℃…先週末に沖縄から帰還したのですが

気温差は30度以上

この季節は日本がとっても広く感じます!!


さて、今回は以前にもここでご紹介した沖縄北部で頑張っている

比嘉さんちの牛さん達の新居?をご紹介いたします!!

 

昨年11月に竣工した牛舎です!!

嫌がる本人を無理やり立たせて…記念撮影です!

さすがに飲んでいる時とは違ってチョッピリ緊張気味ですかね??

 

 

別の角度からもう一枚…

 

 

記念に今までの牛舎もアップしておきましょう!


築何十年間の垢?を落としてきれいに洗浄し、すっきりしています!

 

この後でもう一度、屋根や柵などを修理して石灰乳を塗って再生し

利用する計画とか…

 


こちらは堆肥舎です!


頭数の割にはチョッピり狭いかな~って感じですね!

補助事業の設計基準があるのでどうしてもこの広さになっちゃうようです

仕切りの壁が無いのは作業性も良く、カマボコ型に堆積して発酵を促すには

最高ですね!

 

ただ…床の傾斜が後ろ壁側に付いているのが不満です

 

これも設計マニュアルになっているとか…

外雨が吹きこんだら床に雨が溜まって発酵が止まっちゃうんですけど…

設計マニュアルを変えてほしいものです!

 

せっかくですから記念に…青シートを利用していた今までの堆肥舎もどき?を…

比嘉さん、もう公開しても良いでしょっ?


って言いながら、もうアップしちゃってるし…

 

あと…新居でとても感動したのはこれです!!


 

 


ホラッ! 素敵でしょう?

 

まだ造園し始めたばかりですけど、

 

将来はきっと花いっぱいの素敵な農場になるでしょう!!

 

この花壇は奥さんの設計・企画で、旦那さんが世話人??だそう…

ホント??大丈夫かな~っ??

奥さん、チャ~ンと監視していてくださいねっ!

 

私は以前にもブログで書いたのですが…

 

農場の周りに季節の花が沢山あるというのはとても良い事だと思います

 

そこで働く人も花を見ると心が癒され

牛さん達にもその気持ちが伝わってスクスク育ってくれますよ!

 


モチロン、農場を訪れた人も花が沢山咲いているととても嬉しい気持ちになります

だって、花アレルギーを持っている人は別として…

花を見て癒されない人って居ませんでしょ?

 

まして沖縄は北海道と違って暖かく、年から年中色々な花が咲いているんですもの…

 

是非沖縄ならではの花いっぱい農場を創ってみてくださいねっ!!

 

私もまたお邪魔するのを楽しみにしていますっ!!

投稿者: 堀田忍 投稿日: 2013/03/12 3:33

 

 

すいません、種とは言っても作物の種です(汗

精液の有益な情報等ではありませんので、あしからず(汗×2

 

 

先日、埼玉県は飯能市にある「野口種苗研究所」に行ってきました。

http://www.city.takarazuka.hyogo.jp/tezuka/


野口種苗は在来種・固定種・全国各地の伝統野菜の種を扱う種屋さんです。

 

 

 


弊社の実験農場で、

有機栽培&無肥料・自然栽培にも取り組んでいることは、

みなさんご存知だと思いますが、

実は、3年前から野口種苗の固定種を数品目使わせてもらってます。

 

固定種を使う理由は、

化学肥料・農薬を使用することを前提として改良されたF1種よりは、

この栽培に向いているのでは・・・ということと、

その作物の原産地がどこで、

どういった気候・土壌の条件で生育しているかを知ることが出来るからです。

 


それと、

今は購入した種を、

地元の育苗屋さんに土を持って行って育苗してもらっていますが、

今年からは、何か一つでも自家採種をしたいと思っています。

自家採種を繰り返すことで、

その土地にあった、耐病性にも優れた種が採種できることを期待しています♪

まだまだ先は長いですが(汗

 


お忙しいなか、野口さんに伝統野菜や在来種の魅力的なお話をたくさんして頂きました。

本がありますので、興味のあるかたはどーぞ♪

http://www.amazon.co.jp/%E6%9C%AC/s?ie=UTF8&field-author=%E9%87%8E%E5%8F%A3%20%E5%8B%B2&page=1&rh=n%3A465392%2Cp_27%3A%E9%87%8E%E5%8F%A3%20%E5%8B%B2

 

種ってすごい!!

無知な堀田は、ただただそう思うのでした。


勉強しよっと♪

 

ちなみに、F1種がダメってことではありませんので(´∀`)

トマトやトウモロコシなんかは耐病性に優れて、さらに美味しい、F1種を使わせてもらっています。

在来種のトウモロコシなんて誰も食べたくないですしねw

 

 

今後、有機栽培や、無肥料自然栽培がもっと日の目を浴びる日が来て、

その栽培にあったF1種の改良が、今よりも進むことを望んでいます。