自然環境の調和を保ちつつ地球に優しい持続的農業を提案します。

日記カテゴリー


株式会社ラボジェネター

〒080-0106
北海道河東郡音更町東通
20丁目2番地9

ブログカレンダー

アーカイブ
<2013年4月>
31123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
2829301234
567891011
月別の過去ログ
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
投稿者: 佐藤隆司 投稿日: 2013/04/29 11:51

前回の花シリーズの続きです。



これはハナモモ?(バラ科)ですかね?

ズームにしてみると確かにバラのようです。

この花言葉は…“恋のとりこ”“良い気立て”ですって!!

 



これは“ハナズオウ”というマメ科の植物だそう。

まだ蕾の状態でこれから開花するようです。

ピンクの色がとても綺麗で、花の付き方もボンボリみたいで独特ですよね?

そして花言葉は“質素”“裏切り”“目覚め”ですって!

この繋がり、よく…ワカンナ~イ!!

 


 

これはよく見かける“ムスカリ”です!

背丈は低いのですが群生するとブルーが綺麗です!

 

この花言葉は“失望”“失意”“絶望”と三拍子そろって良くないのですが、

これはヨーロッパでは紫、青色は悲観的なイメージがあるせいみたいです!

 

でも、“明るい未来”“寛大な愛”“通じ合う心”のようにこれとは全く

逆の意味もあるとか…


やっぱり花言葉は…よくワカンナ~イ!!

 



これは皆さんお馴染みのチューリップとスミレですね!!


もう…よくワカンナイから花言葉はやめますねっ!!

 

 

そして…最後はこれです!


モチロンこれは新しい品種の花ではなく…(もし名前があったらバッ花??)

花見に来た?とっても小さいバッタさんです!!

 

まだ寒かったせいか、近づいても逃げずにジィ~っとしてポーズをとってくれました!!


この子はどうやって冬を越していたんでしょうね?

自然の中では小さな命がしっかり受け継がれていました!!

 

岡村さん家の周りには色々な花が咲いていました!


ホント、花って心が癒されますよね~っ!


皆さんも日々のお仕事は大変でしょうが、是非自分の農場に行く道端や牛舎の周辺、

自宅の側の空き地にチョットでも良いですから花を植えてみましょうねっ!


季節の移り変わりがハッキリ見えてとても楽しく、

何も言わないけれど自然の素晴らしい息吹を見事に綺麗に表現してくれますよ。

 

こういう姿を見ると、自分もヒトとして自然に生かされている事実に素直に感謝し、

しっかり受け止めて…

ヒトとしてやるべき役割をしっかりやらなくっちゃあなぁ~…って思いますっ!!


よぉ~っし! またこれからも頑張ろう~っと!!

 

投稿者: 佐藤隆司 投稿日: 2013/04/28 23:22

今度は住宅前にある”岡村ガーデン”の花に焦点を当ててみます!!

 

まずは、春の花ではごく一般的な水仙シリーズです。


私は水仙ってどれも一緒だと思ったのですが、調べてみると

その種類は随分沢山あるんですね!


取り敢えずは庭で見つけた水仙ショットです。

これは、だいたい何処でも見かける一般的な黄水仙ですね!

今はまだ蕾ですけど、我が家の庭にもありますね!

 


これは「口紅水仙」(ポエティクス水仙)といって、内側の花びらの先の方に

赤い口紅のように
ラインが引かれているので,そう呼ばれているみたいです。

時期がチョット遅かったのか、前はもう少し赤色が濃かったようです。

 


こちらは八重咲き水仙(フォンシオン)と言う水仙です。

桜などでは八重桜と言う名前は知っていますが、水仙にも似た名前があるなんて

知りませんでした!

 


あと、これも水仙だなんて…驚きました!

遠目で見た時にてっきりスズランかと思いましたよ!

 

名前は「スズラン水仙」と言います!

名前を聞いて納得! スズランに似ているはずです!!

とっても可愛らしい花ですよねっ!

 

因みに…水仙の花言葉って誰が決めたのか分かりませんが

「エゴイズム」だそうです。


でも、日本水仙の黄は…

“私のもとに帰って”“愛に応えて”“気高さ”という意味があるとか…。


まぁ…花ことばの意味はともかく、見た人が癒されればそれだけで十分ですよね   

 

次回ももう一度花シリーズで行きますのでお楽しみにっ!!   つづく

投稿者: 佐藤隆司 投稿日: 2013/04/27 10:22

子牛チャン達のハッチステーションを通り過ぎていつもの堆肥舎の様子をチェックしてみます。

 

中の状況は…


相変わらず理想的なカマボコ型の堆積形状でした!

モチロン、服にまとわりつくような悪臭はしてません!

一番奥のスペースはブロアー配管をしているのですが、この日は堆肥を全部移動した後で

配管部のメンテナンス。

せっかくの設備…目詰まりなどしやすいスペースですからその性能を発揮してもらうためには

定期的な点検、整備がとても大切です!


これはトラクターなどの機械でもそうですよ。

長持ちさせようと思ったら時間を作って手入れはしっかりしてあげましょう!


「時間が無いから出来ない…」って言うのを聞きますけど、これって出来ない言い訳ですからね!

時間は作るもので、飲む時間や寝る時間を減らしてでもやる気のある人は絶対作れますって…!!

皆さんも気合いを入れて頑張って下さいね~っ!

 

 

ここは堆肥の熟成仕上げスペースです。

先程お見せしたブロアースペースの所にあった堆肥を、ここのスペースに移動するのですが

この時にマニュアスプレッターで粉砕しながらこの形状に堆積します。

モチロン、ここに堆積している間も発酵分解は継続しています。

発酵時間が長いという事は当然、品質だって良くなりますよっ!


牛さんに限らず、安定品質・安定供給はリピーターさんを獲得するための最大の武器ですからね

 


こちらの農場では住宅の裏で家庭菜園の準備も着々と進んでいました!!

モチロン、自家生産された良質堆肥を使った理想的な循環農業です!!

この畑で採れた野菜はこの上なく美味しい事でしょう!!        つづく

投稿者: 堀田忍 投稿日: 2013/04/26 17:39

こんにちわ。

全国的に寒暖の差が激しいみたいですが、

みなさん、お風邪などひいてないでしょうか?

最近、出張から帰ってきた日に100%

風邪気味になる、堀田忍@35歳です(´д`)

 

 

ふーーー(汗

先日やっと、

りんご畑の剪定作業が終わりました。

暖かくなる前に、なんとかなんとか(*^-^*)

 


弊社の無肥料・自然栽培の果樹園では、

約100本のりんごの樹が植わさってます。

 

 

本数も年々増え、

樹も大きくなっていくと、

一日やそこらでは終わらなくなってきましたw

 


まあ、

だいぶ、剪定というものがわかってきて、

楽しい作業なのですが、

とりあえず、二日間くらいは筋肉痛

&肩があがりませんw

 

 

さて、

ちょっと前、千葉にある某テーマパークが、

30周年だったとかなんとか・・・

 

ねずみサンのキャラクターにキャーキャー言ってる

子供たちや大人たちをTVで見ました。

大人気ですね(・ω・)ノ

 

 

駄菓子菓子、

雪解けあたりから、私の心の中では、

ねずみサンに対する嫌悪感でいっぱいです。

 

彼らは、彼女らは、

雪の中の、

若いりんごの樹の樹皮を、

冬の間に食べてしまうのです。

 

餌がなくて大変なのはわかりますが、

りんごの樹だけは勘弁してっ(;´д`)ゞ

 

そんなに食うものないの??

 

青森の苗木屋さんも、

年々、ねずみサンの被害が増えている・・・

・・・とのことでした。

 

 

樹皮の無くなった樹は、

とくに、一周全部食べられた樹は、

放置しておくと枯れてしまいます(;´Д)

 


柔らかい一年樹は、

そりゃあ、酷い状況です(泣

 

 

 

根本をペットボトルで囲う等の

対策はしているのですが、

被害は出ます。

 

 

 

・・・・・というわけで、

こないだ、「樹の皮膚科さん」として作業してきましたv

 

 

無肥料・自然栽培の畑の土を、

水でよーーーーーーくこねくり回して、

ほどよい泥を作ります。

 


樹に塗ったら、

たれ落ちるかどうかギリギリのとろけ具合です。

 

 

そしてサランラップで包帯のかわりをして、

秋ごろまで放置しておきます。

 

 

 

 

 

 

こーすると樹が枯れずに、

樹皮もきれいになっているのです。

 

左官屋さんな気分です。


ちなみに、サランラップは旭化成さんのやつが、

一番巻きやすいです(´・∀・`)イヒッ

 

頼む!!枯れないで~~~~

投稿者: 佐藤隆司 投稿日: 2013/04/26 13:26

さて、少し北上して今回は久し振りの岡村牧場さんです!!


岡村牧場さんの新しいポスターです!

「牛が笑っている牧場」…何とも愛くるしい表情してますよねっ!


私もこの時まで知りませんでしたが…

このポスターの「岡村牛」っていう字は岡村さんが自分で書いたものだそうです!

この字を書くまで何百枚も練習したそうです! お見事です!!

 

到着してすぐ農場の様子を見に行きました!


昨年秋に来た時にはまだ未完成だったハッチステーションには…

ズラーッと新しいハッチが並んでいました!!

遠目に見ると屋根の上にバケツが乗っかっているように見えますが、

傍に行ってみると…


換気口でした!

ホラッ、ネッ!!

それも、手動調整システム?付きです!!

私はこの方式は初めて見ました!

換気口を開いている時はこうで…

 

閉めると…

こんなです!!

閉めると帽子かぶっているみたいで,なかなかカッコ良いですよねっ!

 


私が今まで見たのはだいたい換気口が後ろ壁に付いているこのタイプですね!


毎日子牛チャンの世話している奥さんの意見を聞いてくるのを忘れちゃいましたが、

換気口が屋根にあるのと、後ろ壁側にあるのとではどちらが良いのでしょうね?

一長一短があるとは思いますが…次回意見を聞いてきます!

 


そうそう!

このハッチに書いてある電話番号を見てビ~ックリ!!

この市外局番は我が社の地元、帯広近郊のものです!!

 

調べてみたら…地元も地元、同じ音更町内でした!!

http://nttbj.itp.ne.jp/0155318060/index.html

こちらですっ!!

 


ホント…世の中って狭いですねぇ~っ!!

でも、同じ十勝の会社がここでも頑張っているんだ~!…と思うと何か嬉しくて、

私も「頑張らなくっちゃあ~!」…って改めてファイトが湧いてきました!!

                                         …つづく

投稿者: 佐藤隆司 投稿日: 2013/04/25 17:48

皆さん、お久し振りです!

ついこの前…新年度が始まったばかりだというのに、早4月も終わりに近づき

花の?ゴールデンウィークに突入しようとしています!

この連休…皆さんはどんな過ごし方をするのでしょうか??

普段から家を留守がちにする私はきっと…

いや、確実に家の仕事(庭、家庭菜園、冬の後始末等)や

家庭サービスにこき使われる事でしょう!!

 

さて…久し振りのブログはまず、今回お邪魔した三重県の豊田畜産さん

 http://mie.lin.gr.jp/fureai/farm006.htm  からお届けします!!


以前にはこちらでの「堆肥つくり」についてご紹介した事がありますが、


今回はチョッと趣を変えてみます。

 

農場にお伺いしたのはお昼前だったのですが、

牛さん達は床に座ってノンビリと反芻中


ホラッ! ほぼ全員?が座ってますよね!

これを見ただけで牛さん達にストレスが無いのが分かりますよね!

 


こちらではF1も肥育しているのですが…

珍しくお腹のあたりに大きく広がった白斑紋様の牛さんが私を迎えてくれました!


私は思わず…この牛さんの先祖はもしかして北海道?? 

聞いてみても教えてくれませんでした!


だって…この形、北海道地図みたいな形でしょ?

 


牛舎をアチコチ見ている時にロールの所に集まっている集団を発見!!


このメンバーは豊田さんの二人の娘さん(K1チャン、K2チャン)と

T部飼料のトップ営業マン?Kさんです!


何をしてるんだろう?…と覗き込んでみると、

ナ、ナ~ント!! 数学の勉強中!


と言う事は…Kさんは仕事をほったらかして塾の先生真っ最中!!


子供たちの真剣なまなざし…中学1年生K1チャンの問題ですけど、

とっても難しいんですよ!!

K先生も仕事の時以上に真剣な顔してますでしょっ?

 

私は問題を見て…すぐその場を後にしました!

今の子供達って私の時代とは違って、とても難しい事を習っているんですねぇ~っ! 

早く生まれてて良かった…ナァ~ンちゃって!!

 


さて、勉強も一段落したようで次はこれです!!


オペレーターK2チャンはまだ小学生なんですが見事なハンドルさばき…

運転席で周りに視線を配りながら操作する姿は

まるでプロフェッショナルです!!


ハイ、モチロン…エンジンは掛かっていません!!

でも…ほ~んと、サマになっていますでしょ?

 

今度はこちらです!!


こちらは末っ子のT君…床にこびりついた堆肥のカスを一生懸命削り取って

きれいに掃除しています!


子供たちのこんな姿を見るととても微笑ましく、私も他人事ながらも

とっても嬉しく思います!


何故って…子供って親の背中を見て育つって言うじゃぁないですか!


この頃からごく当たり前のように牛舎でお手伝いをしていると言う事は…


豊田さんご夫婦の仕事振りが素晴らしいという何よりの証拠ですよねっ!!

 

今の時代、畜産業界では後継者が中々育たないというお話をアチコチで聞きます。


でも…こちらではそんな心配は必要ないですねっ!


ホント、この先がとっても楽しみです!!


K1チャン、K2チャン、Tクン!

早く大きくなって良い牛さん達を創るんだよぉ~っ!!


オジさんも楽しみにして長生きすっからなぁ~っ!!

投稿者: 植田秋良 投稿日: 2013/04/21 9:40

今週は道北地方を巡回していました。
 
ある程度予想はしていましたが、前回のブログで紹介した十勝の様子とは違い、
 
下の写真のような所もあり、あらためて道北の冬の厳しさと北海道の広さを感じました。
さて、T町のKさん(酪農)を訪ねました。
ご覧のようにフリーストールですが、
 
柱は間伐材のカラマツを使用したり、
 
通路や至る所のスペースにゆとりを持つことで
 
牛舎環境の改善、牛へのストレス軽減、作業性の向上を図っておられます。
 
(写真では分かりにくいですが・・・)
 
「無駄なスペースかもしれないけどね。」
 
とKさんは謙遜気味におっしゃいますが、
 
リラックスした牛や好成績を見る限り、間違いなく費用対効果のあることだと思います。
 
 
 
農場を後にしようとしたら、
 
Kさんが、「野生のキクラゲ採っていく?」とおっしゃいました。
 
「キクラゲ?あの中華料理などに入っているヤツですか?」
 
「そうそう!その辺の木になっているんだよ。」
 
「ええ~~!」
 
とのことで一緒に採りに行きました。
 
牧草畑のわきに自生しているニワトコ(高さ2~3m)の木に生えていました。
ところどころ黒いものがあるかと思いますが、それがキクラゲです。
 
乾燥していて簡単に採ることができます。
お話によると、キクラゲはキノコの一種で枯れていく木や倒木に生えるとのこと。
 
ちなみに日本で消費されるキクラゲの多くが中国産で、
 
国産はほんのわずか、しかも栽培が主流とのことでした。
 
恥ずかしながらそんなことは知る由もなく、
 
ましてや野生のキクラゲを採るなんて夢にも思っていなかったので
 
一人雄たけびをあげながら興奮して夢中でキクラゲを採っていました。
 
(欲しい方、一報ください(笑))。
 
 
 
普段、何げなく食べているものが、
 
どこで、どのような過程で生まれ、生産、加工されているのかを
 
知ること、又は体験することが、とても大事であることだと再認識したひと時でした。

投稿者: 松浦 洋明 投稿日: 2013/04/19 16:55

 

皆さんこんにちは

 

 

 

先日宮城の市場(3日目)に行った時に新たな発見がありましたので報告します。

 

 

 

 

 

 

 

 

この日上場された血統は

 

 

 

茂洋 170頭、北乃大福 30頭、安茂勝 28頭、勝忠平 18頭、北平安 17頭、

安福久 14頭、百合茂 12頭、芳之国 11頭…

 

 

言わずもがな、ほとんどが茂洋です。

 

 

 

この日だけの全体頭数が422頭なので約40パーセントが茂洋ということになります。

 

 

 

4日間の市場平均(税込)

 

メス:438,894円 / 719頭   (前月 431,377円 / 687頭 )

去勢:535,412円 / 808頭   (   530,007円 / 846頭 )

 

 

 

 

 

 

“欠場”の札もあり見やすい…

 

 

 

と思ってウロウロしていたら、なんと!!

 

 

 

 

 

 

生産者の顔写真が載っているじゃありませんかー!!&q ...</span>
         
          <a id=詳細...

投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2013/04/18 20:04

 

 

 

 

突然なのですが、皆さん、豚がきれい好き と 言われる理由を知っていますか?

(めっちゃ、突然で申し訳ありません・・・  )

 

 

 

 

こういうことは、現場に行けば、なんとなく!?分かります・・・

 

 

 

 

次の写真は、先日行ってきた せと風ファーム の 子豚豚舎 を 写したものです・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真で見るとわかりますが、豚達は、トイレの場所を決めています。

 

 

 

 

どの豚舎に行っても、だいたいこんな風になっています(オガ粉豚舎の場合)。

 

 

 

 

 

また、実は、 寝る場所も、だいたい決めているらしいです・・・ 

 

 

 

 

 

牛達もトイレの場所を決めてくれたら、床替え が 楽に(少なく)なるのになぁ・・・ 

 

 

 

 

 

 

以上、  豆知識コーナー  でした・・・ 

 

 

 

 

 

 

 

 

豆知識コーナー は 二年に一度!?くらいしかないかもしれませんが・・・ 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: 植田秋良 投稿日: 2013/04/15 18:41

いよいよ、ここ十勝地方も畑にトラクターが入れるようになりました。
 
今年の冬は寒く雪も多かったのですが、
 
土壌の凍結は少なかったようです。
 
 
雪が降ったり、まだまだ不安定な気候ですが、
 
日ごとに暖かくなりつつあります。
 
桜の開花はゴールデンウイーク後でしょうか?
 
 
飼料高騰が続いておりますが、
 
今年も草やデントコーン、野菜など、良いものが収穫できるよう願っています!