自然環境の調和を保ちつつ地球に優しい持続的農業を提案します。

日記カテゴリー


株式会社ラボジェネター

〒080-0106
北海道河東郡音更町東通
20丁目2番地9

ブログカレンダー

アーカイブ
<2013年6月>
2627282930311
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30123456
月別の過去ログ
2018年11月
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
投稿者: 佐藤隆司 投稿日: 2013/06/29 8:10

さて、もう一回“仲良しシリーズ”をお見せいたします!!

 

こちらは3年前にこの話題でも業界を賑わした?試験場さんでのカップルショットです!!

 


http://db.pref.tottori.jp/pressrelease.nsf/webview/6EA03ECC44FAA3B04925775E001DDA41?OpenDocument


アッ、この牛さんの撮影はピンボケで失敗しましたっ!

 


まずはツーショットの様子から…


「ネェ…どうしたんだい? 大丈夫? 具合でも悪いんかい??」


「ウウン…違うの! チョット傍に居たいだけなの…」

 

 


「オイ! 何見てんだよぉ~っ!           見世物じゃぁないんだよ!」


(ハイハイ、失礼いたしましたっ!)

 

 

 

 


もう一枚…こっちのビッグカップルですっ!!



「アンタねぇ~、この頃チョッと太り過ぎなんじゃあないの??

少しダイエットでもした方が良いんじゃあないの?」

 

「バカ言ってんじゃあないよ! アタシ達は太る事が仕事なのよっ!

アンタこそもう少し太った方が良いわよっ!」

 

 

 

思わず微笑みたくなる見事なカップルでしたっ!

 

 

牛さんに限らず…仲が良いという事はとっても良いことです!

 

権力や領土争いしている場合じゃあないですよねっ!

投稿者: 植田秋良 投稿日: 2013/06/28 18:10

ひや~感激!
 
やっと初めて見ることができました発酵床の断面。
 
ちょうど発酵床の増設(延長)工事をしているところでした。
 
ものさしは1mです。
 
下からチップ、バーク、種堆肥、おが屑の順で造成されています。
 
11年前に始めたとのことですが、
 
チップや堆肥など断層内の物質の変化はほとんど無かったそうです。
 
臭気も気になりませんでした。
 
 
このようにしっかりした床を土台にすれば、
 
表層の発酵の安定にもつながり、
 
その上に寝ている牛さんも快適なわけですね!
 

投稿者: 佐藤隆司 投稿日: 2013/06/28 17:08


皆さんお久し振りです!

今回は先日お邪魔した鳥取県はN畜産さんの牛舎での牛さん達の様子です!

朝ごはんを食べて2時間くらい経った頃でしょうか…

牛さんたちはすっかりリラックスしてオシャベリしていました!

 


「ネエネエ…今日はこれからど~すんの??二人でどっかに遊びに行こうよぉ~!」


って、話をしているのでしょうかね?

また、こちらのカップルは…

 


「ところでさぁ~、お前さんはもうあの映画見たのかい?」


「あの映画って…何という映画なの?」


「ホラ…いま話題になっている“奇跡のリンゴ”って映画さぁ~っ!

 すんごく良い映画だってヨォ~ッ!」


「フ~ン、そうなんだぁ~!今度アタシを連れて行ってよぉ~っ!」

 


こっちの話題は…

「何かさぁ~…今、新聞ではTPPが話題になってるけど、外国から安い肉がいっぱい入って来たら

俺達っていったいど~なっちゃうんだべかね~っ?」

「そんな事…おいらに聞かれても分かんないよぉ~っ!」   …かな??

 

はたまた、こちらはのヒソヒソ話題は…

 

「ネェネェ、お前さんは今日のゴハンどのくらい食べたのさ?」


「何でそんな事あたいに聞くんだよぉ~っ?」


「イヤイヤ、別にいくら食べても良いんだけどさ…

お前さんはこのところ、やけにメタボっぽくなってるから健康診断受けた方が良いかと思ってさ!」

 

(何のこっちゃぁ~!!…)

 


「もうやっかましいなぁ~っ!   お前たちコソコソと…何喋ってんだよぉ~っ! 

アイツらみたいに早く寝ろよっ!」

 


「よっこらしょっと!

フンフン、丁~度良い塩梅だわい!!」

 


「オイオイ、死んでんじゃぁないよなっ!」

 

ハイ、一瞬ビックリしましたがチャ~ンとお腹が上下していましたっ!!

 


てな訳で…N畜産さんの牛さん達の食後の風景でしたっ!


皆さんが見てもモチロン分かると思いますが、本当にストレスのないユッタリした牛さんたち…

とても大切な事ですよねっ! 

この牛さんたちがどんな結果を残してくれるか楽しみですねぇ~っ!


Nさん、これからも良い牛さん創りに頑張って下さいね~っ!

投稿者: 松浦 洋明 投稿日: 2013/06/27 18:20



先日北海道江別市へ行った時のこと。



 



 



 





 



 



 



こちらでは和牛一貫(繁殖母牛20頭、肥育30)のほか短角牛、仮腹用のF1を飼育していますが、



 



 



 



年数回のイベント時などで外部の人も牛舎へ出入りすることがあります。



 



 



 



 



私が前回訪れた時は“そこ”に無かったものですが、



 



 



 



今回行った時に発見しました。



 



 



 



まずはニュー哺育ハッチです。



 



 



 





 



 



 



側面のコンパネ板が1枚半使われるほどの結構な高さと、



 



 



清潔な作りをしております。



 



 



ハッチの隣同士が完全に区分けされているので、隣の子牛さん同士が舐め合うことが少なくなり、バイ菌の移りも少なくなりますね。



 



 



 



 



この地区ではつい先月まで日中の寒暖差がまだまだありましたので、



 



 



伝熱ヒーターがなかなか取り外せずにいたとのこと。



 



 



 



 



そして、もう一つ発見したのは、



 



 



肥育のスペースの柱に掲げられていたホワイトボードです。



 



 





 



 



 



以前イベントで使ったというボードなのですが、



 



 



 



イベント終了後にこちらの柱にくくりつけ、いつでも目に入るようにしたとのこと。



 



 



 



詳細...

投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2013/06/25 23:29

 

 

 

少し前のことですが、熊本県山鹿市の農家さんのところへ行って来ました。

 

 

 

 

繁殖母牛 35頭(一貫経営) プラス 一部 素牛(肥育)導入 している農家さんです。

 

 

 

 

今回行ってみると、牧場の景色 が 良い感じに 変わっていました。

 

 

 

 

牛舎横の耕作放棄地(以前は、ぶどう畑でした)を整備して、放牧できるようにしてありました・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

放牧場の広さは 約2反(100m×20mくらい)。  写真で見るだけでも清々しいですよね・・・ 

 

 

 

 

 

☆母牛 と 子牛 が 放牧場で遊んでいる写真は撮り忘れてしまいました・・・ 

 

 

 

 

 

 

牛達のストレスも少なくなり、人間のストレス(床替えの回数も少なくなっています)も少なくなるし、良いことばかりです。

 

 

 

 

 

 

斉藤さん グッド ジョブ ですね!! 

 

 

 

 

 

 

 

皆様 お忙しい毎日を過ごしていると思うのですが、できることからやっていきましょう!!

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: 松浦 洋明 投稿日: 2013/06/24 9:43



みなさんこんにちは。

 



 



 



 先日実家の手伝いに行っていましたが、



 



 



 



 



 



この作業を手伝うのは5年ぶり…



 



 



 



 



 



それはビートの抜き草(雑草抜き)です。



 



 



 





 



 



 



 



 



この日は幸い天気が晴れていたので、



 



 



 



 



サクサク歩けるのですが、



 



 



 



 



ビートの中から雑草を見つける事が難しく、参りました。



 



 



 





 



 



 



※この写真の中に野良イモ(2年前に作付したイモ)がいます。



 



 



 



 



 



 




 



写真中央のところにひっそりと佇んでいます。





 



 




これを見逃してしまうとビートの成長を阻害し、やがてイモの花が咲きます。



 



 



 




2年前に作付したイモでも越冬し、再度芽を出す生命力の高さがうかがえます。



 






 



 ちなみにビートの収穫は10月下旬頃からですが、

 




 



まだ先かと思っていても後3ヵ月もすれば到来しますね。



 



 



 

夏至も過ぎスーパームーンも終わり1年の半分が終わろうとしています。



 



 



 



早い所では収穫の夏を迎え



 



 



牧草収穫も控えていますが怪我にはお気を付け下さい。



投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2013/06/15 11:29

 

 

 

遅くなりましたが、11日に開催されたセリの結果を載せたいと思います。

 

 

 

 

☆初妊牛 成立 

 321頭(お腹の中ホルスタイン)  平均  48.2万円(税込) 

 75頭(お腹の中 受精卵)     平均  66.3万円(税込) 

 

☆経産牛 成立

 79頭     平均 29.4万円(税込)

 

 

 

 

本牛の表現形や血統もあるのでなんとも言えませんが、

 

 

 

 

お腹の中に受精卵が入っている初妊牛の方が、平均で 約18万円 も高かったようです・・・ 

 

 

 

 

 

まだまだ、和牛子牛の高値(枝肉単価と比べて)も続いていますしね・・・

 

 

 

 

 

十勝の初妊牛は、良い感じの牛がたくさん揃っています。 

 

 

 

 

 

是非 購買にいらして下さいね。   お待ちしております!! 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆様が 十勝にいらした際、夜の部!?には合流したいと思っています・・・ 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: 堀田忍 投稿日: 2013/06/12 10:20

 

 

いい天気です。

小麦畑にそよ風が・・・

 

猫バスが走っているのでしょうか?

大人には見えませんw

 

 

 

でも、雨が降らなくて困っています(´д`)

畑が砂漠のようです。

豆が発芽しません(汗

お願いします。

雨降ってください(≧ε≦)

投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2013/06/11 22:25

 

 

 

今日11日、乳牛のセリ(初妊牛・経産牛)に行って来ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の出場頭数 は 約700頭。

 

 

 

 

正確な数値は分かりませんが、初妊牛の平均価格は、おそらく50万円弱(セリ値)だったのではないか、と思います。

 

 

 

 

あくまでも、なんとなくですが・・・ 

 

 

 

 

価格が分かったら明日!?載せます・・・

 

 

 

 

価格については、表現形、血統、お腹の中に入っている子牛(ホルスタイン、和牛、受精卵)により、幅広くなっていました。

 

 

 

 

その中で、やはり、お腹の中が 和牛の受精卵 の乳牛達が高値で推移していたように感じます。

☆お腹の中が、ホルスタインや和牛の精液より 約10〜15万円 高値だったと思います

 

 

 

 

 

そこでも、やはり 殿方を惹きつける ちまたで ほんのちょっとだけ ウワサ!?の・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

壇蜜(だんみつ : 安福久が二代祖、三代祖に入っている牛) が 活躍していたように感じました・・・ 

 

 

 

 

 

 

 ☆写真では分かりにくいかもしれませんが、

  初妊牛のお腹の中に、百合茂ー安福久ー勝忠平   の受精卵が入っています。

  ちなみに、この牛の価格は、67,0万円(セリ値でした)

 

 

 

 

 

今回、知り合いの熊本の酪農家さんが牛を13頭買いに来ていたのですが、

 

 

 

 

この方は、昨年12月 も 十勝市場で初妊牛を導入したようです。

 

 

 

 

十勝の乳牛達、価格は他の市場より高いそうですが、その価値があるということでした・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

岩根さんの導入した牛達 が 元気に熊本で活躍しますように・・・ 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: 堀田忍 投稿日: 2013/06/11 15:04

 

師匠の映画公開にあわせてリンゴが開花しましたよ~

 

 

 

 

映画館でも観てきました。

 

 

 

とりあえず、

 

雨ふってくれーーーーーーーーーーーー ヽ(`Д´)ノ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ノシ