自然環境の調和を保ちつつ地球に優しい持続的農業を提案します。

日記カテゴリー


株式会社ラボジェネター

〒080-0106
北海道河東郡音更町東通
20丁目2番地9

ブログカレンダー

アーカイブ
<2013年9月>
25262728293031
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293012345
月別の過去ログ
2018年11月
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
投稿者: 松浦 洋明 投稿日: 2013/09/27 7:33

 

先日仙台食肉市場にて仙台牛生産優良農家共進会がありましたので市場まで見に行きました。

 

 

 

セリ開始は930分からで頭数は55頭。

 

 

結果は以下の通りでした。

 

 

チャンピオン:北乃大福‐勝平正-照萩 枝重520キロ、BMS 12 セリ単価2,800

 

最優秀賞①:第1花国-安福久‐平茂勝 枝重533キロ、BMS 11 セリ単価2,603

 

最優秀賞②:安福勝‐美津福-安福  枝重 402キロ、BMS 11 セリ単価2,424

 

優秀賞①:北乃大福-忠富士-安平  枝重 483キロ、BMS 11 セリ単価2,094

 

優秀賞②:忠富士-第1花国-菊谷  枝重 534キロ、BMS 10 セリ単価2,104

 

優秀賞③:百合茂-北国78‐安平 枝重489キロ、BMS 10 セリ単価2,253

 

 

今回安福久母牛は賞以外含めても2頭と少なく、チャンピオン牛のセリ単価は3,000円までいきませんでした。

 

 

 

 

よーく見るとチャンピオン賞はポータブル防水テレビが副賞になっています。

 

 

しかし…なかなかセリ単価が付いてきてないのが現状です。

 

 

 

東京芝浦、大阪ではA4の去勢が1,900詳細...

投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2013/09/20 18:42

 

 

 

鹿児島の繁殖農家さん(母牛 50頭飼育)のところへ行って来ました。

 

 

 

 

その農家さんの子牛は、最近、目に見えて発育が良くなっています。

 

 

 

 

理由を聞いてみると、

 

 

 

 

”以前と比べると、子牛を育てる場所を増やしました。”

(以前、駐車場だった場所にも、簡易的な牛舎を作り、子牛を育てるようになっています)

 

 

 

 

”変えたのは、それだけです。”

 

 

 

 

”ゆっくり飼ってあげるとストレスが少なくなり、以前より元気に大きく育つようになりました。  ”

 

 

 

 

ということ。

 

 

 

 

ただ、一頭当たりの面積が広くなっただけで、子牛の成長が変わった ということでした。

 

 

 

 

当たり前といえば、当たり前なのかもしれませんが、あらためて納得しました。

 

 

 

 

 

ちなみに、この農家さんの子牛は、今月の薩摩中央子牛セリ(9日、10日開催) 去勢 トップの価格でした。

 

☆百合茂ー安福久ー金幸  269日 341キロ 75.3万円(セリ値) 

 

 

 

 

ただ、 この牛に関しては、若干!?太っていました。 

 

 

 

 

農家さんも、 ”あの牛は、いつの間にか太ってしまった!!  ” と話していました・・・

 

 

 

 

正直に言いまして、あの牛が、もっとスッキリしていたら、もっと高値だったと思います。

 

 

 

 

このことについては、間違いないと思います・・・

 

 

 

 

 

永野さん ラーメンごちそうさまでした!!   美味しかったです!! 

 

 

 

 

次回は、ちゃんぽん と 焼肉!? を ごちそうになりたい!?です・・・     ムフフ・・・ 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: 佐藤隆司 投稿日: 2013/09/18 12:02

今回は与論町で街路樹や庭木を伐採した木材などを粉砕して敷料化している

ラブセンターを見学させて頂いたので紹介いたします!

このセンターは平成22年度資源循環化施設整備事業で建設されました!

アッ!ラブセンターって名前を見て変な事を想像しちゃダメですよっ!

この「ラブ」はこっちの「Love」ではなく「Rub」の方で、

「こする」、「揉む」、「さする」…という意味ですよ!

 


まずはこのセンターで出来上がった製品からお見せしましょう!!


このフレコンバッグ約1?(300kg)で2,000円で販売しています

敷料が中々手に入らない与論町では船賃も掛からず、まずまずの価格ってとこでしょうか!

 

この敷料製造の流れをお見せします!

 

まずはトラックで伐採した原料が搬入されます


この搬入された物を機械に投入出来るサイズにチェンソーで50cm位にカット

ここの作業は中々大変そうでしたっ!

私も冬用の薪準備でチェンソーを使うのでその大変さがよ~く分かります!!

 


このカットした材料を…

1次処理…破砕機

ベルトコンベアーで2次処理揉み摺機に搬送


2次処理…揉み摺り機


の順で流し、最後に…


天日乾燥してから最初にお見せしたフレコンバッグへ袋詰めで出来上がりです

 

ただ…この製造に関しては原材料の搬入とその量が不安定な為、

いつも安定的に生産、在庫する事が出来ない事が悩みの種だそう


モチロン少しでも地域で発生する廃棄物を加工して地域産業に循環させるという取り組みは

素晴らしいのですが、林業が盛んな地域とは違って原材料の安定供給が難しい地域環境では

このような状況が発生するのは仕方がない事ですよね!

 


今回お邪魔したこちらの農場ではこの敷料を利用してました!

先程の事情から、どうしても十分な量が確保できないのですが、あとは地元で手に入る

キビのハカマやバカス、喰い残した乾草などで混合増量するなどの工夫をして

牛さん達の為にも上手に利用していきましょうねっ!

 

与論島シリーズは今回でおしまいですが…

台風、大雨、強風、塩害、干ばつなどなど…畜産に限らず自然を相手にする仕事というのは

本当に大変ですよねっ!

でも、今までの皆さんの経験と知恵を寄せ集めてこの難局を乗り切って下さいねっ!

乗り切った後には必ず良い事もたくさん待っていますって!!

ファイトォ~~ッ!!・ファイトッ!!

投稿者: 佐藤隆司 投稿日: 2013/09/17 12:08

奄美空港での待ち時間に前のつづきをアップしちゃいましょう!

 


前回のF農場さんから移動している途中で、とても豪華な牛さんを発見!!


これですっ!!

軽トラで通り過ぎてから思わずバックして貰ってパチリ!!

この牛さん、以前は黒牛だったのですが夜など通行人から

「牛が逃げている!」

との通報が相次いだので、間違わないように金色に塗装し直したそう!

話を聞いて大ウケしちゃいましたっ!!


結構イケますでしょっ?

 

さてさて、本題に入ります!

 

こちらは昨年M牧場さん牛舎が被害を受けた時の状況です。

 

こちらも同じ場所でではなく、同じ敷地内の別の場所に新築中でした!


Mさんは資金的な事もありますが元々器用な方で、牛舎もすべて外注するのではなく

時間は掛かりますが建築資材を購入し自分でコツコツと建設しています!

 

モチロン一人で手に負えないような時は友人に援軍を頼んでいるようですが…

こういう時の為にも…持つべきは友達ですよねっ!!


今のところ半分までは牛さんが入れる状態まで完成

残りの半分は年内に完成するべく頑張っていました!!

 

私がお邪魔した時にはカマキリさんも手伝いに来てましたっ!

…って、全く動かずただジィ~っとしているだけでしたが・・・

 


この牛舎のある所は高台で、海の方から吹いた風が牛舎裏の高台にぶつかって

牛舎通路に吹き込んで涼しいのは良いのですが、飼槽に入れた乾草や飼料までも

吹き飛んでしまうのが悩みのタネ…

 

そこで、この盛土の所に潮風にも強い地元の木を防風林として植樹しましょう!…と提案


ハテサテ…いつ防風林が完成する事でしょう?

Mさ~ん、楽しみに待っていますよぉ~っ!!        つづく

 

投稿者: 佐藤隆司 投稿日: 2013/09/16 18:34

昨年12月にこのブログでアップしていましたが、

8月末から9月に発生した台風15,16,17号で大きな被害を受けた牛舎が

ようやく改築、修復が進んでいましたのでご紹介しますね!


この時は牛舎だけではなく民家も相当な被害を受け、数少ない建設工事業者さんは

まず住宅の修復工事を優先的に実施したために牛舎の方は後回し…

結果的に未だに修復途中の所も多々あるようです!

 


与論空港に着いたらまるで真夏並みの暑さ…飛行機から降りたとたんに

泡の混じった汗??がドド~ッと吹き出てきました!

 

日差しが皮膚の中の方まで刺さり込む感じで痛いくらいでした!!

 


まずはF牧場さんの現場の様子からです!

こちらが昨年被害を受けた時の牛舎状況です。

本来ならばここに新しく建て直す予定だったのですが、工事中には他に牛さんを置く場所もありません。


そこで、元の場所から数百メートル離れた別な場所に新しく建設する事を決断、

8月に完成し牛さん達の引っ越しも終わったばかりでした!

 

その牛舎がこれです!


今までは敷地内の3ヵ所に離れた牛舎で管理していたのですが、

作業効率を見直し、ここ1ヵ所に集中して建設

 

運動場も併設しているのですが、その脇にある緊急脱出ボート??に注目!!

 


こうです!

ハイッ!

コスト削減のために、廃船をリサイクルした…エコ水槽です!!

知り合いの方から譲り受けたとか…

 

但し、気を付けなければいけない事は、水をたっぷり入れ過ぎて腐らせない事ですね!

少なめに入れておいて、こまめに新鮮な水をチョコチョコ足してあげると良いです

あと、時々は水槽の掃除もモチロン忘れずにしましょう!

 


牛舎の内部です!

 

与論では塩害が避けられないので、スタンチョン以外は木造にしてサビ対策

前回のように風に飛ばされないように強度もアップしています

 

またここは水道配管がなされていない所なので…

雨水を利用するためにタンクを設置しています

が、しかし…今年の夏は異常干ばつで雨が少なく、農業用タンクで搬送給水せざるを得ないとの事…

中々自分達の思うようになってくれないのが自然なんですね!

上手に付き合っていきましょう!   

 

まだ他にも堆肥舎など整備する所も有りますが…

まずは牛さんの住処が出来てFさんも一安心ですね!     …次回につづく

                                         

 

投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2013/09/16 18:00

 

 

今月7日に、九州管内系統和牛枝肉共励会 が 開催されました。

 

 

 

 

九州・沖縄地区、各県17頭ずつ(計136頭)出品して、チャンピオンを選びます。

 

 

 

 

もうすでに、結果を知っている方も多いと思いますが、書きたいと思います。

 

 

 

 

136頭 の 頂点である 金賞(チャンピオン)は・・・ 

 

 

 

 

福華1ー安福久ー金幸  枝肉重量 570キロ ロース 99 バラ 11.2  A5 BMS12  枝肉単価 8,500円 

 

 

 

 

徳重和牛人工授精所 さま の 牛 でした。  徳重さん おめでとうございます!! 

 

 

 

 

 

以下、賞に入った方の成績を載せます。

 

銀賞1席 勝忠平ー安福久ー平茂勝 枝肉重量 558キロ ロース 84 バラ 9.0 A5 BMS12 単価 6,000円 

 

銀賞2席 福栄ー安福久ー百合茂  枝肉重量 507キロ ロース 92 バラ 8.4 A5 BMS12 単価 5,560円 

 

銀賞3席 隆之国ー安福久ー平茂勝  枝肉重量 522キロ ロース 82 バラ 9.6 A5 BMS12 単価 4,500円 

 

銅賞1席 百合茂ー安福久ー平茂勝  枝肉重量 542キロ ロース 93 バラ 8.9 A5 BMS12 単価 4,300円 

 

銅賞 百合茂ー安福久ー平茂勝  枝肉重量 467キロ ロース 78 バラ 8.7 A5 BMS12 単価 5,500円 

 

銅賞 茂安福ー安福久ー平茂勝  枝肉重量 533キロ ロース 80 バラ 8.1 A5 BMS12 単価 4,010円 

 

銅賞 平茂晴ー安福久ー平茂勝  枝肉重量 501キロ ロース 69 バラ 8.6 A5 BMS12 単価 4,010円 

 

銅賞 美穂国ー勝平正ー安平  枝肉重量 533キロ ロース 81 バラ 9.7 A5 BMS12 単価 4,000円 

 

 

 

 

皆様の予想通り!?といいますか、安福久母牛 の 成績がスゴイですね・・・ 

 

 

 

 

この共励会は、体重制限(着体重 830キロ!?)があるので、

 

 

 

 

すべての肥育農家さんが、一番自信がある牛を出荷できるわけではなく、

(今は、体重が 900キロ 以上の牛達も多いと思います)

 

 

 

 

何ヶ月も前から体重を計り、出荷する牛を選び、

 

 

 

 

極端な話では出荷前に、断食したり、エサを制限したりして、牛達はこの日を迎えているようです。

 

 

 

 

今回は、アースジェネターを給与している 肥育農家さん も 活躍していました。

 

 

 

 

賞を取っている方もいましたし、

 

 

 

 

賞には入っていませんが、BMS が 10番以上の方も何人かいらっしゃいました。  ムフフ・・・ 

 

 

 

 

いずれにしろ、出品していた肥育農家さん、関係者の方達にとって 大変な一日だったと思います。

 

 

 

 

皆様、お疲れ様でした。  来年も楽しみですね!!     

 

 

 

 

 

 

投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2013/09/15 21:13

 

 

 

今月11日 と 12日 に東北担当の松浦くんと一緒に、児湯(宮崎県)家畜市場子牛セリに行って来ました。

 

 

 

 

セリの詳細については、松浦くんが書いているので省略しますが  、

 

 

 

 

セリを見ていると、日齡 256日  体重 191キロ の 小さめの子牛(去勢)が出てきました。

 

 

 

 

セリが始まり、20万円 を 超え 25万円 に・・・

 

 

 

 

そして、30万円 を 超え 35万円・・・  そして、40万円 を 超え・・・

 

 

 

 

ここでセリ場は、”オーーッ!!” という感じで、ザワザワして、結局、42.1万円 で落札でした。

 

 

 

 

その直後、セリ場全体が、 ”あの牛、あんなにするんだね・・・” という感じだったのですが、

(その牛を、セリ場で意識して見た方が、何人いたのか分かりませんが)

 

 

 

 

実は、その牛は知り合いの方の子牛だったので、僕はセリ場でその牛を見ていました。

 

 

 

 

実際、その牛は、他の牛と比べかなり小さめでしたが、農家さんが素直に飼っているので、

(この繁殖農家さんはどの子牛も無理させず良い感じで育てています)

 

 

 

 

無駄な脂肪が無く、かなりすっきりした子牛でした。

 

 

 

 

日齡 256日 体重 191キロ、 42万円という価格は、今の相場にも助けられたかもしれませんが、

 

 

 

 

この牛を購買した方は、この牛の 将来性 にも期待したのだと思います。 

 

 

 

 

おそらく、この牛に対して、配合飼料を多給すれば、220キロ くらいにはなったと思います。

 

 

 

 

ただ、そうなると、見るからに伸びがない、子牛なのにズングリムックリになり、

 

 

 

 

ここまで価格がしなかったのではないか、と個人的には思っています。 

(もしかしたら、もっと高値だったのかも!?しれませんが・・・  ) 

 

 

 


ある肥育農家さんが言っていました・・・

 

 

 

 

 

”子牛は、60万 しても 70万 してもいいから、それを裏切らない牛が欲しい・・・”

 

 

 

 

 

子牛の見た目は、とてもとても大切ですが、肥育農家さんを意識して子牛を育てていますか?

 

 

 

 

必要以上に 体重を気にしなくても良いと思います。

 

 

 

 

肥育農家さんのところに行っても、モリモリ粗飼料を喰い込むような、子牛を育てて下さい。

 

 

 

 

 

そういう子牛を育てることが ”信頼” となって、自分自身に返ってきますから・・・ 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: 松浦 洋明 投稿日: 2013/09/14 1:07

 

皆さんこんにちは。

  

前回の鹿児島薩摩市場に続き、宮崎児湯地域家畜市場を見学しました。

 

 

児湯家畜市場では薩摩市場より頭数も増え、2日間で900頭を超えて出ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

<注!! 血統内訳が1日ごとに印刷されているので2枚写真を出しています。>

 

血統の内訳は

勝平正 182頭、福之国 161頭、秀菊安(安平-隆美-第20平茂) 134頭、忠富士 52頭、安重守(安平-隆桜-福茂) 45頭、菊福秀 43頭、美穂国 43頭、安福久 35頭…

 

平均価格(消費税込み)

メス 445頭/475,560

去勢 468頭/560,722

 

 

先月の7月セリでは

メス 514頭/451,305

去勢 569頭/509,875

 

でしたので特に去勢の価格が大きく上昇していました。

 

 

上場の子牛にはマニュアル牛がおり、

 

メス子牛・去勢子牛ともに月齢に対しての体重・体高が指定され、

 

エサの内容量も定められています。

 

& ... 詳細...

投稿者: 松浦 洋明 投稿日: 2013/09/11 6:50

 

皆さんこんにちは。

 

 

 

今週から九州は鹿児島・宮崎に出張に来ておりまして、

 

 

910日開催の薩摩中央家畜市場に行ってきました。

 

 

上場する子牛の血統(種雄牛別)は、

安福久 214頭、百合茂 122頭、福華1 89頭、勝忠平 60頭、金照 51頭、

徳悠翔 21頭、幸乃花 13頭、梅花平 10頭、松茂栄 6頭…

 

2日間開催で約620頭がセリに出ますが、安福久の出場頭数割合が3割を超えています。

 

2日間の平均価格(税抜き)は、

メス  248頭/529,734

去勢  356頭/528,371

 

 

先月が

メス 288頭/527,827

去勢 302頭/525,126

 

でしたのでメス・去勢ともに2~3千円の上げでした。

 

 

種雄牛別では…ですが、

 

1日目の子牛出場頭数は320

 

その子牛で、頭の血統が“安福久”なのは118頭でています。

 

 

ちなみに頭の血統は違えど“安福久”が2代祖・3代祖まで入っている子牛がどれだけ出るのか数えてみると…

 

 

2詳細...

投稿者: 植田秋良 投稿日: 2013/09/10 9:32

いつの間にやら秋の気配が漂う十勝です。
 
短い夏が終わりました・・・。
今年の夏は、息子とカブトムシ採りに行きました。
 
テレビで見るのと違い、実際に触ってみるとこちょばくて嫌がっていましたが、
 
徐々に慣れていきました。
 
インターネットなどで多くの色んな情報が得られても、
 
やはり実際に見たり、触ったりすることは、とても大事なことだと思いました。
 
 
さて、畑では遅れていた2番草、そしてデントコーンの収穫が始まりました。
 
デントコーンは出来が良さそうな感じです。
 
好天が続き、事故なく収穫作業が進むことを祈っております!
 
 
最後にお知らせです。
 
私の住む十勝で生産された小麦や牛肉、乳製品や野菜、ワインなどを
 
「十勝イタリアン」と称してイタリアン料理にして、皆で美味しく頂きましょう!
 
という企画が9月16日(月)にあります。もし、ご都合よろしければどうぞ!
 
詳しくはこちら↓