自然環境の調和を保ちつつ地球に優しい持続的農業を提案します。

日記カテゴリー


株式会社ラボジェネター

〒080-0106
北海道河東郡音更町東通
20丁目2番地9

ブログカレンダー

アーカイブ
<2013年10月>
293012345
6789101112
13141516171819
20212223242526
272829303112
3456789
月別の過去ログ
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
投稿者: 松浦 洋明 投稿日: 2013/10/29 18:08

 

先日、日高から農家様3名と一緒に士幌の遠藤牧場(搾乳牛預託:約350頭飼育)に行ってきました。

 

 

天気は絶好の晴れ日和

 

 

こちらの遠藤牧場では生後6ヵ月齢ごろから預かり、種付けを行い、分娩2カ月前に元の牧場へと帰しています。

 

 

発酵床から育成牛舎→分娩前期後期の所を見学。

 

 

 

どこの牛舎、パドックも牛さん超リラックス!!

 

 

最近こそ寒暖差が出てきましたが、牛舎の風通しが良く、床も乾燥しているので伸び伸びしていました

 

 

その後、士幌の公共牧場であるナイタイ高原(日本一広い公共牧場)へ。

 

 

なんと雪が少し積もって(残って)おりました…

 

(ニュースでも出ましたが、十勝では平年の22日早いと言われた1016日に雪が降り、町中が少しパニックに陥りました。)

 

 

快晴だったので十勝平野はもちろんのこと、阿寒岳の方までしっかりと目視出来ました。

 

 

途中休憩を挟み(ユーチューブの動画良かったです)

 

 

 

遠藤さんのお姉さんがいる町内の牧場へ向かいます。

 

 

 

こちらではF1素牛生産とホル、和牛併せて4,700頭を飼育。

 

 

道内の市場から導入しており、毎月の出荷頭数は300から400頭に及びます。

 

牛舎の数とフル稼働している重機の多さに驚く私…

 

詳細...

投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2013/10/29 9:49

 

 

 

今月23日!? 鹿児島黒牛産地宣伝販売会 が 開催されました。

 

 

 

 

出場頭数 は 70頭。

 

 

 

 

いきなりですが   グランドチャンピオンは・・・

 

 

 

 

血統  金幸ー安福久ー平茂勝

 

枝肉重量 533キロ ロース 78 バラ 9.0 A5 BMS12  枝肉単価 7100円

 

(農)森ファーム組合 さま の 牛でした。  おめでとうございます!! 

 

 

 

最優秀賞 2席  金政治ー安福久ー勝忠平

 

枝肉重量 524キロ ロース 103 バラ 9.5 A5 BMS12  枝肉単価 5500円

 

 

最優秀賞 3席  百合茂ー安福久ー平茂勝

 

枝肉重量 533キロ ロース 82 バラ 9.7 A5 BMS12  枝肉単価 4800円

 

 

最優秀賞 4席  鉄平ー安福久ー第5隼福

 

枝肉重量 507キロ ロース 85 バラ 9.7 A5 BMS11  枝肉単価 4500円

 

 

最優秀賞 5席  百合茂ー安福久ー平茂勝

 

枝肉重量 564キロ ロース 86 バラ 9.5 A5 BMS11  枝肉単価 4500円

 

 

最優秀賞 6席  安福久ー勝忠平ー平茂勝

 

枝肉重量 547キロ ロース 90 バラ 8.7 A5 BMS11  枝肉単価 4100円

 

 

最優秀賞 7賞  福華1ー安福久ー百合茂

 

枝肉重量 483キロ ロース 73 バラ 8.8 A5 BMS11  枝肉単価 4000円

 

 

最優秀賞 8席  福華1ー安糸福ー平茂勝

 

枝肉重量 492キロ ロース 74 バラ 8.6 A5 BMS11  枝肉単価 3800円

 

 

最優秀賞 9席  勝忠平ー安福久ー百合茂

 

枝肉重量 513キロ ロース 86 バラ 8.5 A5 BMS11  枝肉単価 3600円

 

 

最優秀賞 10席  隆之国ー安福久ー第6栄

 

枝肉重量 549キロ ロース芯 66 バラ 9.3 A5 BMS10  枝肉単価 3400円

 

 

☆少なからず!?数字の間違い が あると思います。  ご了承下さい・・・ 

 

 

 

 

 

何かの参考になりましたら、嬉しいです・・・ 

 

 

 

 

 

 

投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2013/10/28 8:08

 

 

 

続きです。

 

 

 

 

 

 

僕が、今回、全国肉用牛枝肉共励会に参加したのは、

 

 

 

 

実は、鹿児島の肥育農家さんの この牛 の 枝肉を見たいと思ったからです・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんか今まで見たこともない表現形の牛でした。 

 

 

 

 

実は、この牛のことは、ブログにも載せています。

 

http://www.labogenitor.com/tabid/77/EntryID/998/Default.aspx

 

 

 

 

結果としては・・・

 

 

 

 

血統  百合茂ー勝忠平ー安福久

 

生体重量 869キロ 枝肉重量 624キロ ロース芯 105 バラ 10.2 A5 BMS12  枝肉単価 4300円 

 

 

 

 

 

 

優秀賞 2席 でした。

 

 

 

 

 

丸目英明さん  いろいろありがとうございました!! 

 

 

 

 

 

今回、全共に参加したことにより、

 

 

 

 

福島のエース!?と呼ばれている 肥育農家の和田山孝明さん(焼肉 ごちそうさまでした!!)

 

 

 

 

株式会社 会津MAX の 小池久吉さん(小池さん ギラギラしていました・・・  )

 

 

 

 

北海道 の 鈴木けいじさん(行きつけの居酒屋さん ステキでした・・・  )  などなど

 

 

 

 

 

いろいろな方との出会いがありました。   出会いに感謝しております!! 

 

 

 

 

 

関係者の方々、皆様 お疲れ様でした!! 

 

 

 

 

 

 

丸目さん 来年も連れて行って下さい!! 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2013/10/26 11:02

 

 

 

続きです。

 

 

 

 

乳用去勢牛 及び 交雑去勢牛の部 41頭 (今回の出品は交雑去勢牛だけでした)の最優秀賞は・・・

 

 

血統  北乃大福  生体体重 911キロ 枝肉重量 601キロ A5 BMS? 枝肉単価  3032円 

 

 

栃木県 永田 聡 さま の 牛 でした。  おめでとうございます!! 

 

 

ちなみに、優秀賞(1頭) も 血統は 北乃大福 でした。

 

 

 

 

和牛メス牛 136頭 の 最優秀賞は・・・

 

 

 

 

血統  百合茂ー安福久ー平茂勝 

 

生体重量 659キロ 枝肉重量 462キロ A5 BMS12 枝肉単価 6666円

 

滋賀県 (有)岡崎牧場 さま の 牛でした。  おめでとうございます!! 

 

 

優秀賞 1席: 安福久ー平茂晴ー金幸(産地 茨城県)

 

生体重量 687キロ 枝肉重量 486キロ A5 BMS12  枝肉単価 2657円

 

 

優秀賞 2席: 安福久ー勝忠平ー安平(産地 鳥取県)

 

生体重量 744キロ 枝肉重量 508キロ A5 BMS12  枝肉単価 3504円

 

 

優秀賞 3席: 安福久ー平茂勝ー神高福(産地 鳥取県)

 

生体重量 720キロ 枝肉重量 489キロ A5 BMS12  枝肉単価 4042円 

 

 

 

 

 

 

続く・・・    

 

 

 

 

 

 

投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2013/10/25 21:20

 

 

本日開催された 全国肉用牛枝肉共励会@東京食肉市場 に 行って来ました。

 

 

 

 

今回、自分なりに理由があり(後日、書きます  )、初めての参加でした。

 

 

 

 

出場頭数 は 430頭 (乳用去勢牛 及び 交雑去勢牛 41頭、 和牛去勢 253頭、 和牛メス 136頭)。

 

 

 

 

一年に一回、日本一を目指し、全国から猛者達が参加する共励会です。

 

 

 

 

殺気立っていましたよ・・・ 

 

 

 

 

 

名誉賞(和牛去勢 の チャンピオン) 253頭の頂点は・・・

 

 

 

 

血統 : 百合茂ー安福久ー勝忠平  生体重量 823キロ 枝肉重量 602キロ

 

      ロース芯 123  バラ 10.5  A5  BMS12  枝肉単価 10,907円 

 

 

 

 

 

鹿児島県 (有)福永畜産 さま の 牛でした。   おめでとうございます!!

 

 

 

 

最優秀賞(去勢)は・・・  

 

血統 : 百合茂ー安福久ー勝忠平(産地 鹿児島県)  生体重量 875キロ 枝肉重量 634キロ

      ロース芯 113 バラ 10.6 A5 BMS12  枝肉単価 4001円  

 

 

優秀賞 1席:北平安ー勝忠平ー第1花国(産地 茨城県) 

 

生体重量 797キロ 枝肉重量 551キロ A5 BMS12 枝肉単価 2789円

 

 

優秀賞 2席:百合茂ー勝忠平ー安福久(産地 鹿児島県)

 

生体重量 869キロ 枝肉重量 624キロ A5 BMS12 枝肉単価 4300円

 

 

優秀賞 3席:北平安ー百合茂ー安福久(産地 佐賀県)

 

生体重量 701キロ 枝肉重量 487キロ A5 BMS12 枝肉単価 2875円

 

 

優秀賞 4席:勝忠平ー安福久ー平茂勝(産地 鹿児島県)

 

生体重量 790キロ 枝肉重量 572キロ A5 BMS12 枝肉単価 2401円

 

 

優秀賞 5席:福華1ー安福久ー金幸(産地 岩手県)

 

生体重量 748キロ 枝肉重量 528キロ A5 BMS12 枝肉単価 2552円

 

 

優秀賞 6席:百合茂ー安福久ー平茂勝(産地 山口県)

 

生体重量 804キロ 枝肉重量 564キロ A5 BMS 12 枝肉単価 2502円

 

 

優秀賞 7席:平忠勝ー安福久ー金幸(産地 福島県)

 

生体重量 764キロ 枝肉重量 545キロ A5 BMS12 枝肉単価 2397円 

 

 

☆産地というのは、肥育していた場所を示しています。

 

 

 

 

皆様お気付きの通り!?、賞に入っている牛達は歩留が良いですよね。

 

 

 

 

生体重重 に対して 枝肉重量の割合 が かなり大きいです。

 

 

 

 

歩留 が 良ければ、それだけ枝肉重量が増え、利益が上がりますよね・・・   ムフフ・・・ 

 

 

 

 

今回は、和牛去勢の部 の 上位牛だけ載せています。

 

 

 

 

次回は、和牛メス牛 と 乳用去勢牛 及び 交雑去勢牛 の上位の牛について書きたいと思います。

 

 

 

 

 

 

投稿者: 松浦 洋明 投稿日: 2013/10/25 10:53

 

先日、道内は日高の八紘学園へ農家さんをお連れし、

 

発酵床と育成牛舎の見学を行いました。

 

 

 

 

敷地内に放牧しているので、給餌の時以外はほとんど外に牛はいるため、

 

 

床を直接触って見る事が出来ました

 

 

 

 

ここの発酵床牛舎では母牛30頭と親付けしている子牛をそれぞれ飼育しています。

 

 

(上の写真で立っている所は子牛のスペースで、両隣りに母牛が入ります)

 

 

寒さ対策として、もうじきカーボンヒーターを上部に取り付ける予定です。

 

 

水も温水装置を付けているので、牛へもストレスが少ないです。

 

 

床から何か優しく込み上げてくるような温かさが靴伝いでも分かり

 

 

気温差が激しくなってきた最近でも、ジンワリとした床の温度で牛もリラックスできますね。

(晴れた日などほとんどを外で自由に過ごすので、牛舎にいる時間は少ない様ですが‥)

 

 

シマシマ牛舎で日光がしっかりと入り、ここの土地はもともと火山灰基質なので水はけも良く、

 

海沿いのため冷涼な風が吹くので絶好の条件が揃っています。

 

 

こちらは母牛の分娩と子牛市場出荷前の子牛牛舎です。

 牛舎内の空気の通り抜けも良く、牛も健康そうです!!

 

 

離乳後の移動先育成牛舎ではパドックもあり、広々と運動していました

 

 

発酵床牛舎を建設してから着々と頭数を揃え、母牛を増やし、子牛生産の軌道に乗ったと小玉場長は行っておりました。

 

 

更なる高みへ研究し、追求し続ける八紘学園に今後も注目ですね。

 

 

投稿者: 植田秋良 投稿日: 2013/10/22 18:34

先週の十勝の風景です。
 
例年より20日ほど早い初雪でした。
台風の影響で風は強く、とても寒かったです。
 
一部の地域では送電線に木が倒れた影響で停電するところもあり、
 
自家発電機を用いて搾乳作業を行う酪農家さんもいたとのことでした。
 
 
確かに導入コストは安くないですが、
 
非常時に備えて自家発電機を持つことの大事さをあらためて感じました。
 
 
もちろん、このことは酪農家さんに限らないことですが、
 
なかなか準備しておくことが難しいのが現実です。
 
 
あらためて考えさせられたひと時でした。
 

投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2013/10/22 15:17

 

 

 

熊本の酪農家さん(Hさん)のところへ行って来ました。

 

 

 

 

Hさんは、とても優秀な(とても儲かっている!?)篤農家さんです。

 

 

 

 

Hさん 曰く・・・

 

 

 

 

”岩本、これからは  ひたむきさ と したたかさ そして 謙虚さ  この三つがないと生き残れないよ。”

 

 

 

 

”牛達に対して取り組んでいる 姿勢 を見れば、すぐ分かるから。”

 

 

 

 

”今は、配合飼料や粗飼料が高騰していて、酪農家はみんな厳しい。”

 

 

 

 

”これから、どんどん農家さん潰れていくよ・・・”  

 

 

 

 

 

”ひたむきさ”  と  ”したたかさ”  と  ”謙虚さ”  

 

 

 

 

 

酪農業界だけではなく、どの仕事をしていても大切なことだと思います。

 

 

 

 

Hさんは、サラッと言いますけど、三つを持ち合わせるのは、簡単なことではないですよね・・・ 

 

 

 

 

おそらく、Hさんは、 ”岩本、やることやれよ!!” って僕にエールをおくっているのだと思いますが・・・ 

 

 

 

 

 

できることから 一つずつやっていきます。

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2013/10/19 21:09

 

 

注意》 これからの話は、皆様のこれからの牛飼い人生において、まったく役に立たないだろう!?

 

 

 

 

   ということを最初に付け加えておきますので、覚悟して!?読んでください・・・ 

 

 

 

 

 

 

先週(12日)、石垣島の子牛セリに行った時、篤農家の繁殖農家さん(Hさん)が、

 

 

 

 

知り合いの繁殖農家さん(Iさん)を紹介してくれた。

 

 

 

 

Iさん と 僕は、この日が初対面だったのだが、セリが終わった後に、牛を見に行く約束になった。

 

 

 

 

その日の夕方、Iさん の牛舎に行って、母牛を見ると、毛艶も良く、栄養は行き届いている感じだった。

 

 

 

 

子牛を見ると、発育も良く、コンクリートの牛舎には、ゴムマットを利用していて(島には敷料が少ないです)

 

 

 

 

子牛達も快適に過ごしている様子だった。

 

 

 

 

”Iさん は 良い感じで、牛を育てているなぁ・・・” と思っている時に、Iさん の 奥様が登場した。

 

 

 

 

”こんにちは!!”  爽やかな奥様だった。 

 

 

 

 

っていうか、めっちゃカワイイ感じだった・・・ 

 

 

 

 

牛舎に1時間ほど滞在し、別の農家さんのところにも行って、結局、その次の日、石垣島から福岡へ飛んだ。

 

 

 

 

後日、お礼も兼ねて Iさん にメールを送ったのだが、

 

 

 

 

お礼と共に ”奥様、めっちゃカワイイですね” という言葉を入れて送ったら、

 

 

 

 

Iさん から ”自慢の妻です” という返事が戻ってきた。

 

 

 

 

”自慢の妻です” って 素晴らしい言葉だなぁ、って思った。

 

 

 

 

僕もこれから使ってみようと思った。

 

 

 

 

しかし・・・   

 

 

 

 

”自慢の妻” という素晴らしい言葉 を使う =(イコール) 何かヤマシイコト!?してるんじゃないか 

 

 

 

 

と 逆に!? 妻に疑われそうで、なかなか使うことができません・・・ 

 

 

 

 

 

これってどうしたら良いでしょうか・・・??

 

 

 

 

 

そんなこんなで、いろいろなことを感じながら、楽しい九州旅を続けております・・・

 

 

 

 

 

次回こそは、真面目に牛のことを書きたいと思います・・・ 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: 植田秋良 投稿日: 2013/10/17 19:00

突然ですが、サシバエの孵化に成功しました。
といっても、
 
E牧場さんの牛床で見つけたサナギをペットボトルに入れただけなのですが。
 
何故かと申しますと、ハエ対策の話になり、
 
まずは犯人の居場所をつきとめようということで
 
牛床の戻し堆肥中にウジ虫とサナギを発見。
 
成虫にならないとハエの種類がわからないのでサナギだけ飼うことになり、
 
向かいに座る経理の女性に見つからないよう会社の机の引き出しに入れておりました。
 
毎日、引き出しをあけて確認していましたが、1週間後に孵化。
 
関連会社の虫博士に確認してもらい、サシバエと断定。
 
見分け方は、吸血しやすいように舌が針のようになっているとのこと。
 
 
前置きが長くなりましたが、対策は堆肥の管理が一番ということでした。
 
どうやら腐敗寄りの牛ふんなどに卵を産み付けるようです。
 
ですから牛床の清掃、堆肥を発酵させること、
 
牛の健康増進で善玉寄りの糞をすることなどが
 
根本的な解決策なような気がします。
 
以上、サシバエレポートでした!