自然環境の調和を保ちつつ地球に優しい持続的農業を提案します。

日記カテゴリー


株式会社ラボジェネター

〒080-0106
北海道河東郡音更町東通
20丁目2番地9

ブログカレンダー

アーカイブ
<2014年3月>
2324252627281
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
303112345
月別の過去ログ
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月

殿

投稿者: 堀田忍 投稿日: 2014/03/31 9:00



担当地区外ですが、、、、、ちょいと放浪



先日、広島県の神石高原にて、


福島県相馬藩・第34代当主(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9B%B8%E9%A6%AC%E6%B0%8F


(株)カシワダイリンクス代表の、相馬相行胤さんにお会いしてきました。






今はがら空きの牧場ですが、

今年の秋頃にブラウンスイスを導入し、

搾乳→加工→販売までの事業を計画中です。




実は相馬さん、3年前まで、十勝の大樹町で、

黒毛和牛の一貫経営をされていました。




地元の愉快な「飲み先輩方」の紹介で知り合って、

アースジェネターを給与して頂けることになって以来のお付き合いです。




相馬でも椎茸栽培などの事業を手がけられていて、

お互い、内地と十勝を行ったり来たりの生活なので、

年に数回しか会えませんでしたが、

ジェントルでカッコイイ、素敵な若殿様です!








ご周知のとおり、


東日本大震災で、相馬は壊滅的な被害を受けました。





椎茸栽培などはできなくなり、


農業に従事する住民は職を失い、


今でも、避難暮らしが続く方が、たくさんいます。





相馬さんは、震災以降、


大樹町の牧場を売却し、


拠点を相馬に置き、


相馬の復興のために尽力してきました。




しかし、どれほど力をつくしても、


そこに人が住めない、、、、一次産業が出来ない、、、


、、、という状況は変えれそうにありませんし、


本当に元に戻るまで、何年かかるか想像できません。






「“相馬”を守る為にはほかの土地を探すしかない」


何百年と守ってきた領土ですが、


そこにこだわり続けていては、自然消滅してしまう、、、






住民を含めた移転先を探している相馬さんに、


広島県の神石高原町が手を挙げてくれました。


まず、相馬さんが移住し、事業を展開することを条件に。





新しい相馬を作ることが目的ですが、


福島の相馬を捨てるわけではありません。


いつか、放射能の問題がクリアできた時に、


神石高原で力を付けた相馬の民たち、みんなで帰る!!とのこと。





ついに動き出した殿!


微力ながら応援させて頂きます。
























ノシ

投稿者: 佐藤隆司 投稿日: 2014/03/28 16:52

さて…第2弾は本業の堆肥舎からの実況中継です!

ン、待てよ!

実況では無くて録画ですねっ!!

 

まずは堆肥舎の様子からです


これは昨年秋に積み上げられた“柚子絞りカス混合堆肥”の山です!

ホンワカ湯気が立ち上っていて、発酵している様子が見えますよね!

 


中の様子を見るためにタイヤショベルで掘り返して貰いました!!


外気温は7~8℃位で、馬路村にしてみれば風があって日陰は寒い一日でした!

そのせいもあって内部からもモクモク湯気が立ち上っています

が、しかし…

 

湯気が治まってみるとこんな様子…

表面の白い筋近くの表面に近い所は確かに温度は上がっていても、

お風呂の温度よりやや高い50℃弱位…

中心部はホンノリと暖かい40℃前後って感じです。

特に壁際は水分が高く発酵が立ち上がっていないようでした!


この温度が上がり切らない理由としては


1.柚子の絞り粕と水分調整剤である粉砕バークの混合なので、

    菌体タンパクの原料となる窒素分の不足


2.仕切り枠に堆肥を高く積み上げているため堆肥が横の壁に押し付けられ、

     壁際の通気性が確保できず
発熱発酵の主役である好気性菌群が活躍できない


という、2つの原因が考えられます!!


これを改善するためには…

原料の窒素分の補給…コストをあまり掛けずに地元で手に入る物

…こちらでは柚子の種子油の絞り粕が可能?

通気性の確保…下記写真のような体積形状の改善

が考えられます。

 


こちらも当初は両サイドの壁の上まで積み上げていたのですが、体積形状をこのように改善

内部までしっかり発酵し分解も促進して臭気やカサ減りも改善


この時の空気の流れを図式化すると…


暖かい空気が山の頂上付近から抜ける事によって内部が陰圧になるため、

山の表面全体から空気を吸い込んで
内部に様々な環境が形成され、

その環境にあった菌群たちがお互いに共生し発酵・分解が持続します

自然の力を利用しているため、電気代など余計なコストは掛かりません!!

今の時代にマッチした“エコ堆肥舎”の誕生ですよ~っ!!


今年は一部でもいいですから、挑戦してみましょうねっ!!


ほらネッ!

私だってたまにはチャ~ンと本業にも精を出しますでしょ?         次回は竜馬編??

投稿者: 宮下真菜美 投稿日: 2014/03/28 16:35

 

こんにちは!まなみです。

 

今日は、先日行われ 松浦の送別会のおはなしをします

 

松浦が入社したのは、

今から4年前 平成22年の4月1日。

 

(その日から今までの間で

軽く10㎏は肥えたそうです。スゴイ

 

天然なところがあったり、人と目をつける場所が違った松浦は、

みんなから愛される いじられキャラでした。

 

松浦が天然な発言をする度

佐藤「ひろあき~!お前、大丈夫か~?()

松浦「すいません

 

よく耳にするやりとりでした。

自然と 従業員一同 笑顔になっていました。

 

そんな風に いつも誰かからいじられ

笑いをとっていた松浦ですが、

 

誰よりも朝早く来る 誰よりも早く電話をとる

 どんなに忙しいときも どんなに大変なときも笑顔を絶やさない

 

やろうと思ってもなかなかできないことを

入社してからずっと継続していた

 そんな人だったように思います。

 

そんな松浦が退職してしまうなんて・・・

私はさみしくてさみしくて 送別会の時しんみりしていたのですが、

 

当の本人は お寿司を食べ ハンバーグカツカレーを食べ

満足げな笑みを浮かべながら、

まるで妊婦さんのようなおなかを抱えて笑っていました。()

 

従業員一人ひとりに 手紙を渡して去って行きました。

最後の最後まで マメな人でした。

 

松浦はこの事務所を去りましたが、

弊社には 個性的で 情熱的な人間がまだまだおります。 

 

この先もずっと お客さまのために 自分自身のために

従業員一同 一丸となって邁進して参ります。

 

地域によっては 担当の営業マンの変更がありますが、

お客さまに対する想いは 変わりません。

 

これからも末永いお付き合い よろしくお願い致します!

 

そして、農業人 松浦洋明の成功を 心よりお祈りしています。

投稿者: 佐藤隆司 投稿日: 2014/03/27 13:34

久し振りに高知県は馬路村に参上!


目的は…木下さんちの奥様手作りのこのご馳走を頂くため…???

ハイ! これもありますっ!!

 

見ただけで涎が滴り落ちそうな、綺麗に盛り付けられた唐揚チャンと…

 

色々と並べられたたくさんのにぎり寿司…

生まれて初めて頂いたこのお寿司のネタを見て感動しました!!

皆さんはこのネタを見て何だか分かりますか??


ナ、ナ~ント!!

ミョウガ、シイタケ、ナス、ワサビ葉の巻き寿司、コンニャクですっ!!

 

シイタケさんとコンニャクのお寿司をズームアップ!!

ホラ、ネツ!!

見ただけじゃあ味が分かんないっすよね?


これがまたメッチャ美味しくて…且つ口当たりがサッパリしていてと~ってもヘルシ~ッ!!


お寿司だけではなく…ついつい、出していただいた貴重な自然栽培日本酒もクイクイ頂いてしまいました!!


こちらではこの季節の野菜を使ったお寿司はごく普通に食卓に載るとの事…

地域環境にあった食文化…先人たちの知恵に脱帽です!!


木下さん、そしてご家族の皆さま、ホ~ント美味しかったです!!

そして…お邪魔するたびに美味しいご馳走を有難うございます!!

これにつられて、またグルメの旅にお伺いしますので宜しくお願い致します!!


アッ、モチロン本業も抜かりなくですからねっ!!

皆さんも機会を作って馬路村のお寿司を召し上がってくださいねっ!!

アッ!馬路村にはお寿司屋さんって確か無かったような…(*^0^*)/          


次回は本業でお目に掛かりますねっ!!               つづく

投稿者: 松浦 洋明 投稿日: 2014/03/26 15:51

 この場をお借りしまして、弊社ホームページをご覧になっている皆様にご報告いたします。

 わたくし松浦は、3月をもちまして㈱ラボジェネターを退社することになりました。

 

 4月から実家の北海道芽室町で農業を経営し、十勝で一人の農業人として生きる事を決めました。

 東北を担当して4年間、そのうちの2年間は道内も兼務で勤務し、

 今まで出会えた多くの農家の皆様・牛飼いに関わる方々にお会いできたことが何より嬉しかったです。

 時には叱っていただき、時には何度も励まされ、毎日がとても勉強になりました。

 

営業マンの放浪日記では、東北各地の子牛市場や生産現場を記載してきましたが(時には実家の事も‥)

文章能力と牛を見る目がなかなか上手くならず写真ばかりを載せていることも数多くありました。

なにかのイベントの時は、動画で撮影してアップし情報を共有できたらと次第に思うようになり、

このホームページをご覧になっていただいている方々から、記載した内容に関して温かいコメントを頂いて、深く感謝しております。

 また、記載した内容に関心を持って頂き、出張で現場に伺った際に直接質問をして下さる方もおりました。

本当に有難うございます。

 

 農家としてこれから逆境に負けない様、天候相手に立ち向かい、精一杯突き進んで頑張ります。 

 皆さまの今後のご発展をお祈りしております

投稿者: 植田秋良 投稿日: 2014/03/24 16:26

とある農場にお伺いしましたら、
 
飼槽にはエサがありませんでした。
夕方の給餌前だったので当然のことなのですが、
 
お話をお伺いしましたら
 
飼槽にエサが無くなり15~20分ぐらいしてから給餌すると、
 
食い込みやルーメン発酵状態など総合的に考えて
 
最も状態が良くなるとのことでした。
 
様々な考え方がありますが、
 
これも儲かる一つの要素に違いない!と思ったひと時でした!

投稿者: 松浦 洋明 投稿日: 2014/03/24 0:27

 

先日の青森での現場にて。

 

 

こちら六ヶ所村の中村畜産(ホルスタイン肥育、約350)では天候の変化が激しい中、

 

 

昼夜ほぼ扉・窓を開けて飼育しています。

 

 

 

寒い時はよく牛舎を閉め切ってしまいがちですが、

 

 

換気を止めて扉などを閉め切ってしまうとかえって牛さんが風邪をひいたり、不思議と体調を崩し易いです。

 

 

ホルスタイン種は寒さに耐性があるので、荒れた天気で換気がしにくい時も、

 

 

空気の流れを止めずに外へ排出すれば、呼吸器にも負担が軽くなり牛さんにもかかるストレスが抑えられますね。

 

 

さらに敷料はオガクズと戻し堆肥も活用して、床が高くなってもニオイはほとんど感じられません。

 

 

 

おしくらまんじゅうの様に敷きつめあって、立ち往生している牛さんがじっとカメラをみつめて可愛いですね。

 

 

 

こちらの農場では北海道から素牛を導入しています。

 

移動のストレスはかかると思いますが、気温とともに春の訪れもすこしづつ感じられ、

より寒暖差がでますので換気で少しでもストレスを抑えてあげて下さいね。

投稿者: 松浦 洋明 投稿日: 2014/03/20 16:13

 

皆さんこんにちは。

 

 

私は今、出張で東北に来ていますが、

 

 

地区によって雪の残りの違いが出過ぎです‥

 

 

先日お伺いしたアースジェネターユーザーの金澤さん(F1 170頭肥育)のところでも、

 

 

3月下旬になると言うのにまだ雪が降り続いています。

 

 

そうなれば必然的に除雪作業が増えるわけで‥

 

 

地区の堆肥センターは堆肥が満杯になってしまい、

 

 

JAも堆肥の回収に来れず、金澤さんも困っている状況です。

 

 

もうしかたなく野積みをしてこの時期を乗り切り、雪が解け始めるのを待っていますが、

 

 

冬将軍は気が向いたころにいきなりやってくるのがオチです。

 

 

ちなみに夏になればこちらも35℃くらいまで気温が上がりますし、

 

 

ボロ出しの回数も減ってきますが、いかんせん冬場とのギャップが激しく、

 

今時期は気候も不安定なので堆肥舎に雪も被って水がたまりやすいですね。

 

堆肥処理の問題は全国でありますが、特別雪国は雪の解け残りが遅いため、

 

4月下旬まで雪が残るケースも多いです。

 

 

まだまだ雨交じりの雪も降ることと思いますので、スタッドレスタイヤの切り替え時には十分ご注意を。

投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2014/03/18 23:52

 

 

床には 十分に敷量があって、しかも乾燥しているなら、

 

 

 

牛達は快適に過ごせるし ストレスも少ない(病気にもなりにくい)

 

 

 

というのは 皆さん分かっていることなのですが、

 

 

 

牛舎環境や地域によってそのようにできない(するのが難しい)農家さん達もたくさんいます。

 

 

 

例えば、地域がら、敷量(モミガラ や オガクズなど)はたくさんあるのですが、

 

 

 

機械の入らない小さな牛舎なので、床換えは人の力でしなければならず、敷量をたくさん敷くことができない

 

 

 

とか 

 

 

 

敷量は敷いてあげたいのだけれど、敷量は無いし、買うとめちゃくちゃ高いという離島の農家さんなど・・・

 

 

 

 

 

今年1月に長崎の五島(離島です)に行って来ました。

 

 

 

五島は、敷量を確保している農家さんもいますが、どちらかと言えば敷量が少ない地域だと思います。

 

 

 

ある繁殖農家さん(母牛 25頭)のところへ行って来ました。

 

 

 

子牛のために、コンクリートの上に 150センチ × 150センチ くらいの厚手のマットが敷いてありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

以前は、この農家さんの子牛達の寝場所は コンクリートの上 だったのですが、

 

 

 

牛舎で話をしていた時に 僕がマットのことを言っていたらしく、業者さんに作ってもらったようです。

 

 

 

正直に言いまして、コンクリートの上に何も敷かない農家さんも多いのですが

(もしくは、サラッと気持ちだけオガクズを敷いただけの農家さん)

 

 

 

もし良ければこのような 厚手のマット だけでも敷いて欲しいです。

 

 

 

最初にコストは 少しかかりますが、これだけで子牛が変わります。

 

 

 

寒い日は特に 子牛達は マットの上に 寝るようになります。

☆実際には、マットの上に寝ていなくても良いと思っています。

 子牛に寝る場所を、選択できる環境を作ってあげる ということが大事だと思います。

 

 

 

マットを敷くだけで、子牛達のお腹は冷えにくくなるし、ゆっくり休めるし(ストレスも少なくなるし)

 

 

 

当たり前なのですが、子牛 の 毛艶 や 発育 が変わってきますよ。 

 

 

 

☆日本全薬さんが取り扱っている ”ボビレックス” は 特にオススメです。

 (幅 117センチ × 長さ 190センチ×厚さ38ミリ  重さ 約15キロ)。

 軽くて、取り扱いしやすいです。 1枚 2万円(税抜き)くらいだと思います。

 

 

 

特に、敷量の無い方は だまされたと思って!?   子牛のために 1枚敷いてみて下さい。

 

 

 

費用対効果がある(かけたお金以上の価値がある) と 思いますよ。 

 

 

 

 

ちなみに・・・

 

 

 

写真を載せた農家さんの厚手のマットは地元の業者さんに 3万円 で作ってもらったようです。

 

 

 

子牛が良い感じなので、もう 1枚 作ってもらおうかな と 言っていました・・・ 

 

 

 

 

 

経費節減は大事ですが、実は 必要なところにはお金をかける という気持ちが大切だと思っています。 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: 宮下真菜美 投稿日: 2014/03/14 16:54

 

こんにちは!まなみです。

 

今日は こちらのご紹介

 

 

 

じゃん!

 

 

 

 

アースジェネター Tシャツです。(非売品です)

すっごく目立ちます。

 

 

夏場の市場や道ばた、

もしくはコンビニやスーパーで もしこのTシャツを見かけたら

 

間違いなく、弊社の従業員です。()

気兼ねなく話しかけてください

 

 

ちなみに

 

数種類あります・・・(なぜか蛍光色が多いです)