自然環境の調和を保ちつつ地球に優しい持続的農業を提案します。

日記カテゴリー


株式会社ラボジェネター

〒080-0106
北海道河東郡音更町東通
20丁目2番地9

ブログカレンダー

アーカイブ
<2014年4月>
303112345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930123
45678910
月別の過去ログ
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
投稿者: 植田秋良 投稿日: 2014/04/29 9:23

以前にブログで紹介しました発酵床の調査に関しての続きです。
 
おさらいしますとA農場はやや乾いた清潔感が漂う状態、
一方、B農場はやや水分高めの状態、
 
果たしてどちらの発酵状態(菌叢)が良いのでしょうか?
 
という内容だったのですが、
 
答えから言うと一概に発酵状態(菌叢)の良し悪しを決めるのは容易ではありません
 
が・・・・、いくつかおもしろい結果が出てきました。
 
AよりBの方が、
 
    菌叢が豊か(種類、数)
 
    良い働きをしていると思われる菌群が多い
 
    悪い働きをしていると思われる菌群が少ない
 
等の結果が出てきました。
 
つまり、Bの牛床の方が水分含量含め発酵に必要な条件がそろい
 
発酵状態が安定して環境が良いことが伺えます。
 
もちろん、Aの牛床もフカフカで抜群に良い環境と言えますが、
 
Bより微生物が生息しにくい状況だったのかもしれません。
 
ただ今回は、たった一回の調査結果ということや
 
乳牛の健康を左右する要因は牛床以外の要因がたくさんあること、
 
発酵床にテーマを絞ったことなどから
 
この調査結果が全てではないことは言うまでもありません。
 
 
今後も皆さんの経営のプラスになる一環として
 
様々なことにスポットを当て情報発信していきます。
 
どうぞよろしくお願いいたします!

投稿者: 植田秋良 投稿日: 2014/04/22 20:52

今週は道央方面に出張しております。
 
3月末で退職した松浦氏(就農の為)から引き継いだ地域ですが、
 
「松浦君元気にしてる?」と言うお声をかけて頂き、
 
彼はきっとクシャミをしながら畑作業をしているのだろうなと察します。
 
 
さて、本日N牧場さんにお伺いした時のこと。
 
お伺いする10分ぐらい前に出生したばかりの仔牛がいたのですが、
写真のように早くも立ち上がるどころか、おっぱいを吸っている姿を見て、
 
す、すごい生命力だな~と思いました。
 
これにはNさんも驚いていましたが、
 
もうひとつ驚いたことは、この母牛は初産だとのこと。
 
やさしく子牛を舐めてあげながら上手に母乳を吸わしています。
 
まるで何度もお産を経験したような振る舞い、落ち着き。
 
N牧場さんでは何十年も前から自家保留にて残してきた母牛がほとんどのこと。
 
血統が良いだけでなく、乳量、子育てが上手などといった母牛が揃うことで
 
子牛達の生育も順調とのことです。
 
それにしても牛の生命力に感心させられたひと時でした!!

投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2014/04/22 11:00

 

 

福島の繁殖農家さん(母牛 45頭)のところへ行って来ました。

 

 

 

 

 

母牛を3つの群に分けていたのですが、どの群も粗飼料がいつでも食べれるような状態にしてありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

母牛にとっては、腹ペコ ストレスが無くて、めっちゃ良いことだと思います・・・ 

 

 

 

 

当たり前のことなのですが 牛達のストレスを少なくしてあげることって とても重要です。

 

 

 

 

 

ある意味、 そのために何ができるのか ということが皆様の宿命!?なのかもしれませんね。 

 

 

 

 

 

母牛の頭数が増えれば増えるほど、粗飼料の確保は難しくなるのですが、

 

 

 

 

母牛の状態が良くない方は特に、できれば多めに粗飼料を与えられるようにして頂けたら嬉しいです。

 

 

 

 

一見、コストだけ かかるように感じますが、

 

 

 

 

結局 ストレスを少なくしてあげることで、発情もきやすくなるし、種も付きやすくなると思います。

 

 

 

 

結局、お金をかけた分は返ってきますよ。 

 

 

 

 

 

ちなみに・・・

 

 

 

 

 

皆様の奥様にも 腹ペコ ストレス がありますので、たまには!? スイーツをお願いしまっす!! 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: 續晶子 投稿日: 2014/04/21 9:56

ハイタイ☆

いつも駄文長文なブログを見てくださってありがとうございます。

いつになったら気温が上がるのか春を心待ちにしている續です。寒いんです

 

 

今回は4/7-12の短い期間ではありましたが、岩本次長に連れられて多くの繁殖・肥育農家さんに出会いお話することができ、

「まず現場にいくこと。」

がどれだけ重要なことであるかを体で学んだ出張でした

お忙しい中牛舎を見学させていただきありがとうございました。

 

 

アースジェネターにおいても

メカニズムをある程度勉強し理解していたつもりでも、

現場に向かい比較してみないとどのような効果が実際起こっているのかはわかりませんでした。

まさかあんなに匂いが軽減されているなんて。。。。

 

 

私はこれからもっと沢山の農家さんのもとへ伺い、様々な環境下でどのように飼育管理をされているのか見学させていただき何かを学んで、それを吸収していく日々が続きます

 

今は頼れる先輩方の後ろでピヨピヨしているひよっこですが、

一日でも早く現場の即戦力になるよう日々精進してまいります。

 

そのためにも、

1に現場2に現場、3・4に現場でたたき上げです

たたき上げ、、、、素敵な言葉の響き

 

(しかーーし断じて續はMじゃありませんから笑)

 

 

早く一人前になるためにも、もっと多くの農家さんに出会ってお話を聞きたいです。

 

ですので皆様のもとに續がひょっこりお邪魔した際には

ピヨピヨ續の頓珍漢な質問に解答していただけるとありがたいです

 

次回はどの地域に出張でしょうか、、、。楽しみでしかたがありません

 

 

今回の写真は春うらら~な伊佐のMさん宅付近の菜の花畑。菜の花の和え物食べたいなー

 

シェパード診療所の数面先生と椎葉先生との写真です。

私には同期がいないので、同じ世代の新人さんとお話しする機会が中々なかったので数面先生、椎葉先生、戸田先生と交流できたことが嬉しかったです

 

 

ここだけの話、續の両親と松本先生夫妻の母校が同じだったことが判明したんです

 

 

人の縁って不思議ですよね~

 

 

 

 

 

投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2014/04/17 22:44

 

 

昨日、岩手中央家畜市場の一日目に行って来ました。

 

 

 

 

 

初めての岩手セリでした・・・   ムフフ・・・ 

 

 

 

初めての盛岡の夜でした・・・      ムフフ・・・ 

 

 

 

 

この日の上場頭数は 374頭(メス 150頭 去勢216頭)。

 

 

 

種雄牛別出場頭数は・・・

 

菊福秀 43頭 美津百合 40頭 安茂勝 25頭 芳之国 24頭 美津照重 22頭 光平照 22頭

 

安福久 18頭 北乃大福 13頭 百合茂 13頭 来待招福 11頭 飛良美継 10頭  美国桜 10頭・・・

 

 

 

岩手中央の市場は、県有牛と事業団、民間の種牛がバランス良く上場されていると思いました。

 

 

 

この日の平均価格は メス 51.4万円 去勢 61.2万円(税込)。 

 

 

 

先月と比べて、4.7万円 高かったです・・・  

 

 

 

セリに関して言えば、 去勢の場合 50~60万円のセリ価格の牛が多く、

 

 

 

60万円 を 超える牛は 発育と血統が良い牛に限られていたのかなぁと思います。

 

 

 

ちなみに、70万円 を超える牛はいませんでした。

 

 

 

メスに関しては、40~50万円の牛が多かったように感じます。

 

 

 

もちろん、血統・表現形の良い牛は50~60万円 の牛もいました。

 

 

 

価格については もっとバラついても良いのかなと思いますが、

 

 

 

去勢の40万円台、メスの30万円台の牛は少なかったように感じます。

 

 

 

☆あくまでも個人的な意見です。

 

 

 

 

この日の最高価格の牛は・・・

 

 

 

 

 

☆右側の牛です

 

 

 

 

 

セリ価格 67.9万円 (250日齢 340キロ 去勢)

 

 

 

血統は  勝忠平ー安福久ー平茂勝 

 

 

 

体重は 340キロ ですが、スッキリしていて良い感じの牛でした。 

 

 

 

肥育農家さんのところに行っても伸びるんだろうな、と思います。 

 

 

 

セリ後に、この牛を見に行ったのですが・・・

 

 

 

 

 

その肥育農家さんのところには良い感じの牛達が揃っていました。  

 

 

 

 

 

繁殖農家さんは特に、気になっている肥育農家さんが買った牛を見ることも勉強になると思いますよ。

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: 續晶子 投稿日: 2014/04/17 11:28

昨日のつづきです そして私は續です!!

 

Kさんの牛舎にはこんな工夫があったんです。

 

じゃん!!!各群の牛さんの名前や系統が一目でわかるように施された名札(表札??)です

これは獣医さんや受精師さん等、牛舎を訪れた方々が牛さんを確認しやすそう

私も「ここの牛さんはこんな種牛の血を受け継いでるんだ」と思いながら名札を眺めました。

 

最後の写真はこれですね☆

 

ど--------------------ん!!!!!!Kさんの牛さん作、堆肥でございます。

 

白い菌層がはしり、きのこがにょきにょきしていました

私は今までこのような堆肥に出会ったことがなかったので思わずカメラに収めました

あと、なんといってもあの牛フン堆肥特有のにおいがしないんです!!!顔を近づけてかいでみてもしませんでした

 

ちなみにこの堆肥を用いて生産されたお野菜は甘くなるとのことです。

う~ん。食べてみたい

 

 

 

そしてさらに続く☆

 

 

投稿者: 續晶子 投稿日: 2014/04/16 8:46

ハイタイ☆

朝からバターのお蔭で元気いっぱいな續です

 

(昨日の真菜美さんのブログを読んでいただいた方は何故バターかわかりますよね)

 

そんなわけで今日もレポートしちゃいます

最終章は繁殖農家さんです。

写真に写っているモデルは鹿児島県のKさんの牛さんたちです。

 

思わず写真撮ってすみませんと土下座しそうになりました

久しぶりに母親に叱られた気分に。笑

 

この子牛ちゃんが母牛もしくはそれ以上の大きさになるんですね、、、、。

う~ん。生命の神秘ですね

 

 

 

この写真のかっちゃん(かつこちゃん)は人工哺育で大きくなった子牛さんです。

Kさんの子牛さんは殆ど制限哺育で大きくなるらしいのですが今回はこの子だけ人工保育で育ったとのこと。

 

Kさんが「かっちゃん!」と名前を呼ぶとすぐに立ち上がって顔を見せてくれました

シャッター下ろすタイミングを誤って若干寄り目ですが、、、。可愛い!!!!!

 

次に続く

 

投稿者: 宮下真菜美 投稿日: 2014/04/15 15:16

みなさん こんにちは

今日の事務所は いつもと一味違います。

 

じゃん

 

何だか わかりますでしょうか

 

じゃじゃん

 

バターです!!(25㎏あります!アースジェネター1箱分より重いです

 

佐藤社長が いきつけのお蕎麦屋さんからいただいたそうで、

従業員で分けることになったのですが・・・

 

事務所にいた人間 全員の目が光り、 

 

見たこともないサイズのバターに大興奮

 

そこで 切り分けるために用意した道具が こちら!

 

(バターを切るために用意された道具とは思えません

 

これだけの大きなバターを 未だかつて 誰も経験したことがありません。

 

切り分けるのにも一苦労で、

開発部の高山部長が 息を切らしながら作業してくれました

 

事務所ではそのバターを使って パンを焼きました!

 

きたてはふわふわで、冷めていくにしたがって

バターの香りと風味が より濃くなっていきました

 

バター自体もすこし試食したところ、クセが全くなく、

まるでアイスクリームのような味で あと味スッキリなバターでした!

お蕎麦屋さん、本当にありがとうございます 

 

これぞ北海道(!?)なバターを囲んで、

事務所がお祭り騒ぎになった 一日でした

投稿者: 續晶子 投稿日: 2014/04/15 14:19

昨日の続きです

Mさん宅の昨日アップした牛さんとは別の牛舎の牛さんです。

見知らぬ私のせい(主にカメラ)で起こしてしまいましたが、それでもこの貫禄、、、、。

背中に乗ったらさぞ気持ちいいのだろうな~と想像しちゃいました

 

そしてカメラを向けると寄ってきた牛さんも

 

大きな体につぶらな瞳がたまらんです

 

こんな愛らしい牛さんが病気やけがをすることなく、巣立っていけるようにお手伝いするのが私たち(株)ラボジェネターの仕事なんだということを再認識しました。

 

Mさんありがとうございました!!

そしてまだまだ私の出張レポートは続く続く、、、、、。

 

 

投稿者: 續晶子 投稿日: 2014/04/14 16:47

学生時代のアルバイトの一つにあったのが「搾乳」

 

さすが十勝!!!こんなアルバイト他都府県ではメジャーではないでしょう

 

そんな私にとって和牛は同じ牛さんでも未知なる領域にいる生物なんですよ

 

今回は「写真をとってブログに載せてもいいとも~」と仰ってくれた鹿児島は伊佐市のMさんの牧場のレポートです

 

 

はい!!!!圧巻の牛さんリラックスモード!!!!!!!!!!!!!

思わず心の中で「なんじゃこりゃ~~~~~~~~(某俳優のものまね笑)」

って叫びましたよ。續は

いや~気持ち良さそうですよね

續はこの牛を湯たんぽの代わりに抱えて寝れるのではないかと本気で思案しましたよ

 

次に続く☆