自然環境の調和を保ちつつ地球に優しい持続的農業を提案します。

日記カテゴリー


株式会社ラボジェネター

〒080-0106
北海道河東郡音更町東通
20丁目2番地9

ブログカレンダー

アーカイブ
<2014年6月>
25262728293031
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293012345
月別の過去ログ
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
投稿者: 植田秋良 投稿日: 2014/06/30 8:45

先日、十勝のO牧場さん(和繁70)にお伺いしました。
 
O牧場さんの素晴らしいところは何と言っても
 
牛のスペースが充分に確保されているところです。
写真は育成牛群の様子ですが、ビニールハウス牛舎と合わせて
 
とてつもなく広い運動場が併設されております。
 
そのことにより、
 
    足腰が鍛えられ筋肉質になり
 
    食欲が増し(牧草の食い込み増)、また、その消化吸収も良くなり
 
    日光浴もでき
 
    もちろんストレスも軽減されます。
 
 
その牛が持っている能力をより引き出されることで、
 
肥育農場でも好成績が期待されることでしょう!
 
 
和牛で好成績を上げるには、
 
血統や母牛の育種価、飼い方(栄養、環境、衛生管理など)など
 
多岐にわたる要因がありますが、
 
『運動』も重要なポイントになるのでは?とあらためて感じたひと時でした!

投稿者: 堀田忍 投稿日: 2014/06/29 20:14



二週間切りましたぁ~


『第33回国際農業機械展in帯広』

http://iams-obihiro.com/



楽しみです!


毎日通ってやろうか!!w







ちょっと前の地元新聞ですが・・・・・







前回・・・・8年前の教訓をへて、

昼も夜も飲食関係は、

万全の態勢でお迎えさせて頂くようです!!

(8年前はふつーに定休日とかありましたからねw街中で)



※ちなみに帯広の人口は16万ないがしです・・・・







昨年、

開催が決まったとき、決意しました。




かっちょいートラクターのオモチャとか、

グッズとか、

いろいろ買おう!

貯金しとこう!

と、思ったのですが、、、、、


、、、ええ、金欠っす(^д^;)






それを、出張先の農家さんにボヤいてたら、

コレもらっちゃいました♪







わ~~~~い

ボブキャットきたーーーー(・∀・)

ありがとうございま~す♪






















投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2014/06/26 8:29

 

 

あれは・・・   

 

 

 

 

秋の晴れた日の午後 東京出張の時でした。

 

 

 

 

昼食が終わり、渋谷のスクランブル交差点 を 渡っていた時でした。

 

 

 

 

反対側から歩いて来る ワンピースを着た 色白の女性 と 目が合いました。 

 

 

 

 

すると、 なぜか分かりませんが その女性が僕の方へ近づいてきました・・・ 

 

 

 

 

 

そして・・・

 

 

 

 

 

 

まさかの!?・・・

 

 

 

 

 

 

 

つづく・・・ 

 

 

 

 

 

 

 

いやいや、 つづきません。

 

 

 

 

申し訳ありません。 いつもの!?妄想パターンでした・・・ 

 

 

 

 

 

話は、2011年 10月27日 の 出来事 に 戻りますが、

 

 

 

 

パソコンの写真を整理していたら こんな写真が出てきました。

 

 

 

 

 

 

2011年10月27日 曽於家畜市場子牛セリ 3日目の写真です。

 

 

 

初日から 1330頭 セリが終わった時のセリ場にある表示板の写真ですが、

 

 

 

その時の 平均価格(税抜き)は、 メス 34.5万円  去勢 41.1万円 

 

 

 

メス、 去勢 トータルの平均 は 38.1万円(税抜き)。  

 

 

 

しかも、 3日間通しての 去勢  最高価格 は 57.0万円でした。 

 

 

 

 

今では考えられない価格ですね・・・ 

 

 

 

 

ちなみに、昨日(25日) の 曽於子牛セリ(2日目) 

 

 

 

平均価格(税抜き)は  メス 50.2万円  去勢 56.2万円 

 

 

 

メス、去勢 トータルの平均 は 53.6万円(税抜き)でした。 

 

 

 

 

約3年前に比べ、1頭当たり 15万円以上 高値になっています・・・ 

 

 

 

 

ちなみに 昨日の最低価格(税抜き)は メス 39.3万円 去勢 43.3万円 でした。 

 

 

 

どちらも 3年前 の 平均価格(メス 34.5万円 去勢 41.1万円)をはるかに超えています・・・  

 

 

 

 

3年前には考えられなかったことが 今 起きています。 

 

 

 

 

これからも何が起こるか分かりません。  

 

 

 

 

だから 何をすれば良い と いうことはないのですが、今できることを一つずつやっていきましょう!! 

 

 

 

 

牛舎の掃除、  水槽の掃除、  エサの掃き寄せ、  環境整備、 

 

 

 

 

エサの管理、  粗飼料の確保、 牛達の観察、 声かけ、 ナデナデ、 などなど・・・ 

 

 

 

 

意識をすれば できることはたくさんあります。

 

 

 

 

 

 

 日々の積み重ねですよ。 

 

 

 

 

 

 

投稿者: 植田秋良 投稿日: 2014/06/25 17:14

先日、道央地方のH農場さん(搾乳牛40頭規模)へお伺いしました。
 
ご覧のように搾乳牛は抜群のコンディション!
 
そして、堆肥舎へ!
 
まずはバンクリーナーから落ちた状態です。
敷料は麦わら又は刈り遅れの牧草をふんだんに使用しておられ、
 
通気性、水分状態ともに良好な状態です。
 
さらにアースジェネターの給与により(!?)善玉菌優勢な状態になり、
 
発酵の立ち上がりもGOODです!
切返しは1か月に1回程度実施しています。
積み方はカマボコ状にし、通気と嫌気のバランスを良好に維持しています。
 
そうして出来上がった堆肥はこちらです。
 
色、香り、手触りなど土のような状態になっています。
 
出来た堆肥は自農場の牧草地などに還元しており、
 
土づくりや草づくりの大事な土台となっていることです。
 
なかなかここまで良い堆肥を見ることが少ないので
 
あらためて勉強になったひと時でした!!

投稿者: 宮下真菜美 投稿日: 2014/06/25 13:29

 

みなさんこんにちは! まなみです。

  

今日はとても良いお天気です。

焼き肉日和です。

 

ここ何週間か ずっと雨だったので、

今日のような暑い日がくると つい浮かれてしまいます。

 

さて みなさん

覚えていらっしゃるでしょうか。

 

アース技研の畑を!!

 

 

こちらは、以前 掲載した写真です。

 

 

そして 今  このようになりました。

 

じゃんっ

 

 

 

とっても畑らしくなりました!!!

(堀田課長が、苗や種を植えてくれました・・・) 

植えている野菜は、キュウリにトマト オクラなど。

 

その他にも

 

 こんなにおしゃれなものも・・・

収穫がとても楽しみです!

投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2014/06/24 8:29

 

 

今月18日 愛媛県で開催された 野村臨時家畜市場子牛セリ に 行って来ました。

 

 

 

 

 

出場頭数 は 102頭 (2か月 に 1回開催 毎回約100~120頭くらい出場するようです)。

 

 

 

平均価格 は メス 43.5万円、 去勢 49.3万円(税込)だったようです。

 

 

 

種雄牛(一代祖)の血統を見ると・・・

 

 

 

家畜改良事業団 ジェネティクス北海道 そして 薩摩の徳重種畜場さん  

 

 

 

ほとんどの牛達が この種雄牛 だったと思います。

 

 

 

ちなみに 母牛の血統を見ると・・・

 

 

 

殿方(肥育農家さん)を惹きつける壇蜜 !?(二、三代祖に安福久が入っている牛) が 4頭 いました。

☆一つの農家さんが そのうちの 3頭 を 出荷していましたが・・・  

 

 

 

 

ムフフ・・・ 

 

 

 

 

その他、福安照(母牛) 5頭、 美津照重(母牛) 3頭、 隆之国(母牛) 2頭 など

 

 

 

母牛の改良を早めにしている農家さんもいれば、

 

 

 

実は、今回出場していた子牛の 約2割 が 10産以上 の 母牛から産まれていて、

 

 

 

改良が遅れている農家さんも多いのかもしれない とも思いました。

 

 

 

この日の 去勢の最高価格は・・・

 

 

 

美国桜ー安福久ー平茂勝ー神高福  235日 247キロ 55.1万円(セリ価格)

 

 

 

メスの最高価格は・・・

 

 

 

百合茂ー安平ー隆桜ー第20平茂  269日 314キロ 54.1万円(セリ価格) でした。

 

 

 

 

出場頭数が他の市場に比べて少ないので 購買者さんが集まりにくく、

 

 

 

他の市場に比べると、高値になりにくい市場なのかもしれません。 

 

 

 

メスでも 30万円台の頭数は少なくて、

 

 

 

この日のほとんどの牛達が 40 ~ 53万円!? の間で推移していた(幅が少ない)ということも

 

 

 

母牛の改良が進みにくい 要因の一つ なのだと思います。

 

 

 

自分の牧場で 成績が出た系統の牛を残しながら、

 

 

 

さらに 血統的にも改良していく ということが大切かもしれません。

 

 

 

上場頭数が少ないと どうしても購買者が集まりにくいので、

 

 

 

購買者さんを惹きつける  ためにも、 

 

 

 

母牛の改良について なおさらみんなで意識しないといけないのではないかと思います。

 

 

 

 

母牛の改良については なかなか難しい問題だと思うのですが、

 

 

 

今後の 野村家畜市場を考えるという意味でも 避けて通れない問題なのだと思います。 

 

 

 

 

 

投稿者: 植田秋良 投稿日: 2014/06/23 16:42

梅雨のない北海道と言われますが、
 
つい2~3日前まで2~3週間ず~~~っと太陽さんを拝むことができませんでした。
 
ようやく一昨日から天気になり、一番牧草の収穫が開始(再開)されました。
 
この春先から極端な干ばつで雨が欲しいところでしたが、
 
よりによって収穫時期に雨が続いてしまったところが多く、
 
圃場によっては牧草が倒れていたり、
 
栄養価などの品質が心配されています。
 
 
昔も今もこれからも牧草などの自給飼料が最も大事であることは変わらないと思います。
 
 
収穫作業に従事される方々、
 
トラクター、ダンプなどの運転の際など
 
安全運転でくれぐれも注意してくださいね!!
 
無事に収穫作業が終わること、
 
良い牧草が収穫されることを祈っております。

投稿者: 續晶子 投稿日: 2014/06/21 5:39

はいたい☆

 

 

お久しぶりです。

 

 

 

續は何をしているのかといいますと、、、、、、、

 

 

 

 

熊本で研修させていただいております!!!!!!!!!! どーーーーーーんん。

 

 

ぴよぴよ

 

ぴよぴよ

 

研修を受け入れていただいたSさんの後ろをついてまわってちょろちょろしてます。

 

日々新たに学ぶことが沢山あり、様々なことを感じています。

 

 

 

 

 

一番体感しているのは

この仕事は体力勝負であり、一筋縄ではいかない世界であるということ。

 

 

 

 

 

研修する以前は

結局

わかっている”つもり”だったんだなと思うほど、

 

 

 

生き物を飼う仕事がいかに難しく深い世界であることを日々の作業を通じて学んでおります。

 

 

大変有意義な時間を過ごさせていただいております。

 

 

そして腕の筋肉も岩本次長のようにたくましくなりつつあります。

 

わ~~~い

 

 

写真はSさんの処の牛舎と牛さんと黒にゃん子

 

 

黒毛にくろにゃんこ

 

 

 

うふふふ~~~

 

 

本日もマイペースに頑張ります。

 

 

 

投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2014/06/15 23:55

 

 

 

牛に対する接し方って 人それぞれですよね。

 

 

 

 

少なからず、そこには農家さんの人間性が出るのだと思います・・・

 

 

 

 

先日、ある子牛セリに行った時 ”牛をトラックに積むから手伝って!!” と頼まれて、お手伝いしました。

 

 

 

 

その農家さんは、かなりワイルド(暴れん坊!?)な方なのですが、

 

 

 

 

セリ落とした牛を自分のトラックまで連れて行く時、牛に対してとても優しく接していて、

 

 

 

 

正直に言いまして 少しビックリしました。 

 

 

 

 

僕への態度とは正反対!?  で、すごくすごく優しかったからです。 

 

 

 

 

実は、こういう時に普段接している ”姿勢” とか ”態度” のようなものが出るんだな、って思いました。

 

 

 

 

牛に対して嫌なこと!?をする人はいないと思うのですが、

 

 

 

 

できるだけ 愛情を持って接して欲しい と 思います。

 

 

 

 

言葉でいうと なんか ありきたりな表現 に なってしまいますが、

 

 

 

 

この農家さんの牛に対する接し方を見た時に そう感じました。

 

 

 

 

 

月に一回だけでも良いので 牛達へのナデナデ を よろしくお願いします!! 

 

 

 

 

 

ちなみに・・・   

 

 

 

 

 

奥様へのナデナデは 年に一回!?でも 危険ですので お気をつけ下さい・・・ 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: 佐藤隆司 投稿日: 2014/06/13 9:38

さて、今回は富士山の日の出中継です!



まずは写真からです!








早起きして待つこと30分…

ようやく太陽さんが顔を出し、日が昇るにしたがって光線が富士山頂上の方から

裾野に拡がって明るくなって行く様子を見ていると、

地球がかなりのスピードで回転している事を改めて感じます!



因みに…1枚目の撮影時刻は5時21分、2枚目は3分後の写真です!

太陽の位置が随分違いますでしょ?


まぁ、計算上では地球は時速1,666kmで自転しながら、

時速10万kmで太陽の周りを回っている(公転)していますからね!

速いはずです!

私達はこの世に生まれた時からその動きの中で暮らしているので

中々その実感は湧きませんけどねっ!!



さらに、この5分後には私の影が地面に…

チョット影絵?を作ってみました!











ホラ、こ~んなに私の足が細く、長~くなってしまいました!!


この足の長さなら100m走は10歩位で世界記録も夢ではないですね!!



朝日が地面をしっかり照らし明るくなってホンノリ暖かさを感じるようになると

牧場脇の林の中から日本鹿も顔を出し始めました!!



電気柵がの線が少なかった時は草地に入って牧草を食べていて、

鹿の放牧地になっていたそうですよ!



ホント、世界遺産の麓にある岡村牧場さんは、たくさんの自然に囲まれていて

とても心が癒されます。


皆さんも是非「富士山 岡村牛」のお肉直売日に合わせて機会を作って訪れてみて下さい!

半日居るだけでもほんと、リフレッシュされますって!



最後に岡村さんが大好きな花と、牛さんの写真でこのシリーズはおしまいにします!






大好きなマーガレットと…




大好きな“笑う牛さんたち”です!


岡村さんちの皆さま、大変お世話になり有難うございました!!m◯m

次回はバーベキューPに合わせてお伺いしま~すっ!!            おしまい