自然環境の調和を保ちつつ地球に優しい持続的農業を提案します。

日記カテゴリー


株式会社ラボジェネター

〒080-0106
北海道河東郡音更町東通
20丁目2番地9

ブログカレンダー

アーカイブ
<2014年7月>
293012345
6789101112
13141516171819
20212223242526
272829303112
3456789
月別の過去ログ
2018年11月
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
投稿者: 續晶子 投稿日: 2014/07/29 14:30

皆さんお久しぶりです☆

 

 

續は今佐藤社長とともに南の島を巡っています(*^_^*)

 

 

 

そうです。

 

 

久しぶりにホームに帰って来たのです。

 

 

 

しかし.......暑いです。

 

 

 

 

どこに行ってもこの暑さ。

 

 

 

 

そしてどの島、地域に伺っても

変わることのないアースジェネターユーザー様の熱い牛さんへの思い..........。

 

 

 

 

そして、安定の元気一杯な佐藤社長ですよ。 笑

 

續は新人で営業一若いはずなのに負けてます

 

 

 

 

 

 

 

そんな出張も本日から後半戦に突入しました。

自分の地元を別の視点から見ることがとても新鮮な毎日です

 

 

まだまだ暑い夏は続きますが、皆様水分、塩分補給はしっかりととってくださいね

 

牛さんはもちろんのこと、それを育てている皆様の万全な体調管理で

この暑い夏を乗り切っていきましょうね

 

 

 

 

 

ちなみに續は既にバテ気味で食い止まりしつつありまーす。

いや~沖縄の暑さを完全になめてました~

投稿者: 植田秋良 投稿日: 2014/07/28 14:42

道東地方に出張いたしました。
 
T農場さんのデントコーンのバンガーサイロに近づきますと・・・・
カラス対策に網をかけていました。
それもデントコーンの取出し口に!
 
これではさすがのカラスも近寄れず悪さもしませんね!
 
ただでさえデントコーンの2次発酵が心配されるところに
 
カラスの糞が混ざってしますとせっかくのごちそうが台無しになります。
 
 
以前、他の農場でお伺いした話では、
 
もし農場にカラスのつがいが来て、巣を作り住み着き始めたら、
 
そのカラスを大事にすると他のカラスの大群が来なくなる・・・
 
とのことでした。
 
理由は縄張りの関係だと思います。
 
カラスの問題は至る所であり、なかなか有効な手段がありません。
 
 
もし皆さんの農場にカラスのつがいが来て巣を作り始めたら、
 
是非大事にしてみてはいかがでしょうか?

投稿者: 植田秋良 投稿日: 2014/07/22 14:00

先日、N牧場(和繁30)さんへお伺いしました。
 
以前からNさんは『良い素牛を造るには運動が鍵!』
 
とおっしゃっていました。
 
そして今回は、前回訪問時にはなかった仔牛の運動場を確認!
写真のように仔牛達は広々と優雅に過ごしています。
 
夜寝る時はハッチ(写真左)に入り、日中はご覧のとおりです。
 
先月のブログでも述べましたが、
 
運動させることのメリット・・・・・
 
しかも早い時期(子牛の時期)からの実施は
 
有効な手段といえるでしょう!
 
 
 
この仔牛達が素牛として出荷される日が待ち遠しいですね!!

投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2014/07/19 21:12

 

 

今週 鹿児島黒牛産地宣伝販売会 が 開催されました。 

 

 

 

出場頭数 は 90頭。

 

 

 

そのうち 5等級 が 57頭、4等級 が 31頭 (上物率 が ほぼ100パーセントですね  )。

 

 

 

スゴイですね・・・ 

 

 

 

☆上位の結果だけ書きたいと思います。

 

 

 

グランドチャンピオンは・・・

 

 

 

百合茂ー安福久ー平茂勝 A5 BMS12 枝肉重量 518キロ 枝肉単価 6600円 でした。

 

 

 

おめでとうございます!! 

 

 

 

最優秀賞 2席 百合茂ー安福久ー勝忠平 A5 BMS 12 枝肉重量 521キロ 枝肉単価 5050円

 

最優秀賞 3席 百合茂ー安福久ー平茂勝 A5 BMS 12 枝肉重量 575キロ 枝肉単価 4310円

 

最優秀賞 4席 栄11-安福久ー平茂勝 A5 BMS 12 枝肉重量 516キロ 枝肉単価 4010円

 

最優秀賞 5席 勝安竜ー安福久ー平茂勝 A5 BMS 11 枝肉重量 497キロ 枝肉単価 3810円

 

最優秀賞 6席 勝次郎ー安福久ー平茂勝 A5 BMS 11 枝肉重量 558キロ 枝肉単価 3610円

 

最優秀賞 7席 隆之国ー安福久ー平茂勝 A5 BMS 12 枝肉重量 491キロ 枝肉単価 3510円

 

最優秀賞 8席 隆之国ー安福久ー平茂勝 A5 BMS 12 枝肉重量 502キロ 枝肉単価 3350円

 

最優秀賞 9席 安福久ー勝忠平ー金幸 A5 BMS 10 枝肉重量 528キロ 枝肉単価 3210円

 

最優秀賞 10席 福華1ー安福久ー平茂勝 A5 BMS 11 枝肉重量 477キロ 枝肉単価 3010円

 

 

 

何かの参考になりましたら嬉しいです・・・ 

 

 

 

☆血統、数字など 間違っているところがあるかもしれません。   お許しくださいませ。 

 

 

 

 

 

 

投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2014/07/18 22:29

 

 

今月13日 五島の子牛セリに行って来ました(今月は、一日だけの開催でした)。

 

 

 

 

上場頭数 は 453頭。

☆通常は、奇数月の13日14日の二日間開催ですが、上場頭数が少ない時は一日になります。

 

 

 

種雄牛別上場頭数は・・・

 

 

 

平茂晴 156頭 百合茂 51頭 安茂晴 49頭 安福久 41頭 福華1 23頭

福姫晴 16頭 勝乃勝 11頭 糸晴茂 10頭 安平栄 10頭 福安照 10頭・・・

 

 

 

まだまだ 平茂晴 が 強いです・・・ 

 

 

 

平均価格は、メス 51.3万円 去勢 61.6万円(税込)。 

 

 

 

前回(5月)よりも 8千円安 ということでした。

 

 

 

セリについて言うと・・・

 

 

 

メスについては、安福久 が 高値でした。

 

 

 

地元が導入に対して補助金を出しているようで、60万~70万の間で推移していたように感じます。

 

 

 

ちなみに、最高価格 は 82.6万円 だったようです。

 

 

 

見ていませんでした・・・ 

 

 

 

この日の安福久(メス)の上場頭数は 17頭。 安福久 が 平均価格を引き上げていたと思います。

 

 

 

去勢については、安福久母牛の牛が 60万~67万円の間でセリ落とされていたように感じました。

 

 

 

ちなみに、最高価格は 68.1万円 だったようです。

 

 

 

おそらく安福久母牛の牛だと思いますが、この牛も見ていませんでした・・・ 

 

 

 

五島の特徴としては、安福久母牛 じゃなくても、

 

 

 

平茂晴ー百合茂、平茂晴ー勝忠平、平茂晴ー忠富士、百合茂ー平茂晴など

 

 

 

母牛の改良ができていて、肥育に行っても伸びそうな牛は高値で取引されます。

☆60万円 を 超える牛も多かったです。

 

 

 

この日、福岡から五島に行く飛行機の中で福岡の肥育農家さんに会いましたが、その方が、

 

 

 

”五島の牛は喰うばい(エサを食べる)!!” と言っていました。 

 

 

 

五島の牛が高値で取引されている大きな理由の一つなのだと思います。 

 

 

 

この日は10時からセリが始まり 15時頃終了し、その後は成牛のセリでした。

 

 

 

成牛については、妊娠していない牛の場合、だいたい20万円~35万円の間で売買されていました。

 

 

 

400キロ あれば 20万円以上、 600キロ あれば 30万円以上という感じなのかなと思いました。

 

 

 

数年前と比べると倍の値段!?になっているのではないかと思います・・・ 

 

 

 

 

何が起こるか分からない時代ですね・・・ 

 

 

 

 

次回は、今月15日!?に開催された 鹿児島黒牛産地宣伝販売会 について書きたいと思います。

 

 

 

 

 

投稿者: 堀田忍 投稿日: 2014/07/11 17:40




トラクター以外で、番外編てきな・・・・






いつもお世話になっている十勝農園 の馬淵料理長が十勝和牛弁当の準備中。








昼時には大行列!!








素晴らしい品ぞろえ・・・







う~む・・・







これ、一番欲しい!!
FENDTの大人用4輪車
シートスライドできて、変速ギア付き、バック可能、牽引可能w

値段聞いて腰抜かすw










・・・と、まあ、へっぽこ写真ばっかり掲載してすいません。


農機展は14日までの開催 http://iams-obihiro.com/?page_id=7


それまで、夜の帯広の街は、大変な賑わいでしょう!


全部見れてないから、明日行こうかな・・・








次回は4年後。


もし、4年後見てみたい!!というかたは、


3年後に堀田まで連絡を!













投稿者: 堀田忍 投稿日: 2014/07/11 17:34



ズラズラズラ~っと圧巻!!






ご存知、ニューホランド。  
(わかりにくいですが、トラクターでトラクターを持ち上げています)






ドームでプロジェクションマッピング!なんぼほど金かけるんだ(汗






乗っちゃったりして






ISEKI 頑張ってます!






これ欲しい・・・・













つづく

投稿者: 堀田忍 投稿日: 2014/07/11 17:31



かっこいーやつらをアップします





有りそうで無い、真っ黒なトラクター






フィンランドのメーカーだそうです








ヤンマー の未来型トラクター






もはや、スポーツカーw








ど~ん






ランボルギーニ!!






もともとは、トラクターメーカーなんですよね♪





ドイツのFENDT





なんと330馬力(笑











つづく

投稿者: 堀田忍 投稿日: 2014/07/11 17:30


延期&中止で8年ぶりに開催された

国際農業機械展に行ってきました。



時間の都合もあり、

全部は見てまわれなかったのですが、

パチコパチコと写真撮ってきたので、

会場の様子をご紹介したいと思います。





どっから行っていいのかわかりません







あいにくのお天気ですが、朝イチから結構人が多い!







メインゲート入口にはビルコン







と、いちおうのマット








入ってすぐには韓国館!






VICONのスプレイヤー  うちの畑だったら2往復くらいで済みそうw







ラップ実演中







昔、事故って崖下に落ちた時、助けてもらったトラクター
















つづく

投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2014/07/08 15:29

 

 

 

大分の繁殖農家さんのところへ行って来ました。

 

 

 

 

子牛のところを見ると・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

イイ感じの水飲み場がありました。 

 

 

 

 

子牛が飲むための小さなバケツを 地面に 置いている方もいますが、

 

 

 

 

地面から近い場所に水面があると ゴミやホコリが(オシッコやウンコも!?)入りやすいのかなと思います。

(もちろん 水飲み場が無いよりは良いのですが・・・  )

 

 

 

 

当たり前かもしれませんが、水が汚れていると なかなか飲みません。

 

 

 

 

もし可能ならば、飲む部分を床から高い場所にしてあげると、水が汚れにくいと思います。

 

 

 

 

ミルクを飲んでいる時期の子牛 は そんなに水を飲まないのですが、

 

 

 

 

写真の農家さんのように 水がキレイな状態で飲める場所を作ってあげると、

 

 

 

 

 

スターター や 粗飼料 を 喰い込む量が 増えると思います。 

 

 

 

 

飲む水の量(飲水量)が増える と エサを食べる量(採食量) が 増えます。

 

 

 

 

エサをたくさん食べさせたい農家さんは、快適に水を飲むことができる場所を作る というのが必須です。

 

 

 

 

ここらへんは 肥育牛 で 比較実験をすると、顕著に差が出るかもしれませんね。

 

☆もちろん、単純に 水飲み場 だけの 問題というよりは、

水圧 や 水の温度、ウォーターカップの大きさなど いろいろな要素が関係してくると思うのですが・・・ 

 

 

 

 

 

牛達のために 環境作り をどれだけやっていくか ということが大切ですね!! 

 

 

 

 

 

ちなみに、こういう使い方もありました。

 

 

 

 

 

 

ムフフ・・・ 

 

 

 

 

この農家さんは広いスペース で ゆっくり牛を育てていて、環境も良く、牛ものんびりしていました。

 

 

 

 

 

皆様も 牛達が喜ぶような環境作り を よろしくお願いします!!