自然環境の調和を保ちつつ地球に優しい持続的農業を提案します。

日記カテゴリー


株式会社ラボジェネター

〒080-0106
北海道河東郡音更町東通
20丁目2番地9

ブログカレンダー

アーカイブ
<2014年10月>
2829301234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930311
2345678
月別の過去ログ
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
投稿者: 佐藤隆司 投稿日: 2014/10/30 17:23

さて、前回のつづきです!


石垣が積まれている道を上って行くと…正面玄関へと続いています。



この右側に見える大きな釜は何だ?

もう少し近づいて見ましょう!





ここは山の上から湧き出る沢水を溜めて落とし込んでいる洗い場でした!

溢れている水は排水溝を通って絶え間なくこの下の沢に流れ込んでいます。

モチロン…水道代は掛かりませんよねっ!



もう一つの入り口はこちらです!



物置の所を通って母屋への通路です。

土壁作りですが、ここはまだ補修途中です。

昔を偲ばせる情緒がありますよね!




更に母屋の裏の方へ行ってみると…

ワ~オッ!

ナ、ナ~ント!木の上にツリーハウスが鎮座してました!!





反対の登り口から見てみましょう!



ホラッ!良いでしょう?

子供達の隠れ家的な遊び場所になりそうですね!

暖かい日はここにハンモックでも吊るして昼寝したら最高ですよね?

でも、蚊取り線香焚かなくちゃあ蚊の餌食かな~っ?


これは自分たちでのハンドメイドだそう!!



さて、いよいよ再生した母屋の内部の探索?ですが…


この続きは次回にしますねっ!!

投稿者: 植田秋良 投稿日: 2014/10/28 9:15

先日、道央地方に行ってきました。
 
まずはH牧場さん(和繁40頭)にお伺いしました。
H牧場さんでは1年中、繁殖牛と授乳中の仔牛達が外へ自由に行き来できます。
 
ほとんど外にいることが多いようです。
 
それらの牛さんたちにとって、やはり自然に近い環境に勝るものはありませんね!
 
 
次にS牧場さん(和繁20頭)にお伺いしました。
先日、メスで50kg級の直太郎産子が生まれたとのことでした。
 
難産になり、この子は酸欠状態で生死をさまよいましたが、
 
3日間の手厚い看護の結果、ご覧のように元気になりました。
 
大きくなることが予想され期待が膨らみますが、難産にはご注意ください!
 
 
そして、次にS牧場さん(和一貫 母牛40頭)にお伺いしました。
 
な、な、なんとこの日に結果が分かった名人会肉用牛枝肉共励会(70頭出品)で
 
見事、最優秀賞を受賞されました!! おめでとうございます!!
 
去勢 29か月齢 安茂勝-安福久-勝忠平 A5 BMS12番
 
ロース112 ばら9.1 単価2,528円
 
出荷直前は背中がボコボコで並々ならぬ雰囲気を醸し出していたようです!
 
写真など詳しい情報はこちら → 
 
以上、道央放浪情報でした!

投稿者: 佐藤隆司 投稿日: 2014/10/27 10:05

皆さんこんにちは~っ!

今月中旬頃から遠くに見える日高山脈がすっかり白くなって冬の装い。

来月には車のタイヤも冬用に履き替えて、準備をしなければ…

今年はどんな冬になるのでしょうか?


さて、今回の旅では久し振りに岡山県は津山市にあるさくら牧場さんにお邪魔してきました!!


さくら牧場さんのHPはコチラ


早速牛さんの様子を見に牛舎に行ってみると…






可愛い牛さん達が所狭しとワンサカ…

過密状態でいよいよ牛舎を増・新設??…それとも子牛販売??

思案のしどころです!


この牧場のオーナーである末澤さんは今、もう一つの古民家再生プロジェクトに参戦中なので、

その現場にも行って来ました!!


この内容は新聞でも大きく紹介され、10月16日にはOHKのTVでも30分位紹介されていました






牛舎から裏山の細道を車で登る事約15分、道路際には野菜畑が拡がって来ました



ここでは友人たちと一緒に家庭菜園をやっています。

周辺にはイノシシ等の被害から守るために、塀囲いと電気牧柵を回しています






この道の奥に見える白い屋根の所が目的地の再生民家です。



もう少し近づいて見ましょう!








この集落はかなりの急傾斜地の建てられた住宅です。




大小の石を積み上げて作っている石垣で土の崩落を防ぎ、基礎を固めています。

大型重機の無かった時代に全部人力、手作業で作ったのでしょうけど、

昔の人々の知恵と力には本当に驚かされますねっ!!


…次回につづく




投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2014/10/27 8:55

 

 

東北にある 肥育農家さんのところへ行って来ました。

 

 

 

良い感じの牛がいました・・・ 

 

 

 

 

 

この農家さんは いろいろな共励会で チャンピオン を取ることがあり

 

 

 

実は、 とても有名な肥育農家さんです。      

 

 

 

この牛のお尻のとがり方!?は 安福久母牛(三代祖)の肥育牛 でなることが多いと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに この牛は 百合茂ー安福久ー平茂勝 だったような気がします・・・ 

 

 

 

繁殖農家さんには 分かりにくい気持ちなのかもしれませんが、

 

 

 

肥育農家さん達は このようなお尻を見て ヤマシイ気持ち!? になっています・・・

 

 

 

ムフフ・・・ 

 

 

 

☆この場合の ヤマシイ気持ちとは ”良い感じで育ってるな!!” という気持ちのことですよ。 

 

 

 

実は この牛の隣りに、今月末の芝浦全共に出荷する牛もいて、その牛も素晴らしかったのですが、

 

 

 

写真の牛の方が良い感じかなって 個人的に思いました。 

 

 

 

写真の牛は来月出荷予定です。 結果が分かりましたら載せたいと思います。 

 

 

 

 

 

投稿者: 堀田忍 投稿日: 2014/10/26 11:00



真奈美や、續の日記にもありますが、

今年、事務所の裏に猫の額ほどの畑をつくりました。



それなりに収獲して楽しめたようですが、

コンパニオンプランツとして植えたバジルが、

大変なことに!



摘心だけはそれなりにやっていたので、

最終的に、それはそれは大量の葉っぱが(´д`)



「堀田君これどーすんの??」



ということで、

ジェノバソース作ってみました(・ω・)ノ





友人のイタリアンシェフにレシピを聞いて、


バジル、ナッツ類、チーズ(NEEDSの槲)、

エクストラバージンオリーブオイル、グレープシードオイル、にんにく・・・


あれやこれやの段階をふんで、

やっとこさ完成。






「簡単に出来ますよ!!」 だと??

料理しない奴にすれば、

このうえなく重労働でしたが( ´;д;)








ま、

自分で言うのもなんですが、

大変良くできました(´ー`)y─┛~~ 





ふかしたジャガイモにかけたり、

パスタに絡めたりして、

美味しく頂きました♪






自分で言うのもなんですが、

僕はいったい何処に向かっているんでしょう(笑





投稿者: 堀田忍 投稿日: 2014/10/25 11:00


JAつがる弘前の産直市場にて

下の写真のようなものを発見。











病気でもない

落果でもない




ちょっと傷がついたので、

日持ちがしないだけ。



大玉が7個ぐらい入って、

230~240円くらいだったでしょうか・・・・

驚きの安さですね!!



こういった取組みは、

各地の産直等でもあるとは思いますが、

あまりにも売れてたので、撮影!



なかには、10袋ほどお買い上げなキレイなお姉さんも・・・・

(勝手に地元の美人パテシエと妄想)





共済とかどうなってるんだろう?





にしても、雹か・・・・


十勝は大丈夫・・・・だと思う












投稿者: 堀田忍 投稿日: 2014/10/24 10:49




久しぶりに師匠の畑で援農してきました(´∀`)










紅玉という酸味のある品種を中心に、

もいで、もいで、もぎまくってきました。



紅玉はツルが短くて、

収獲に余計な力が入ります。

(ツルが根元からとれたリンゴは出荷しません。何個か加工用にまわすはめに・・・)



二日間作業しましたが、

その後、4日間、腕が上がらなかったのは、

ここだけの話ですw


















投稿者: 宮下真菜美 投稿日: 2014/10/23 16:40

 

みなさんこんにちは! まなみです。

ついに、

 

 

 

じゃん

 

 

 

つなぎを買ってもらいました!!!

 

 

実は、収穫祭の時 私以外の社員がおそろいのつなぎを着ているのを見て

「いいなぁ」と密かに思っていたのですが、

「事務員には必要ないしなぁ」と、諦めていたのです。

 

だからとっても嬉しい。

 

もちろん、何もせずにつなぎをゲットしたわけではありません!!

なんと。昨日から 勉強の一環として、あっこさんと一緒に

アースジェネターの製造をお手伝いさせてもらっています!

 

その時に着る物として、作業着屋さんで買ってきました。

 

(「まなみちゃん小さいから、見失わないように

どこにいるのかすぐ分かるような色にしてね!」

と言われたので、赤色にしました。

 

私は 出身校が商業高校で、畜産も 菌についても全くの初心者です。

ですので、勉強できる場を頂いたことに感謝して・・・

 

赤いつなぎを着て、しっかり勉強したいと思います!!

もちろん、プロの農家さん、弊社の営業マンには 足元にも及びませんが!!

 

知識を少しでも増やして、

アースジェネターという商品を今以上に大切にできればな、と思います。

そしてまたそれが お客様にも伝わっていけばなぁ、と思っております。

 

 

ちなみに、今日はこのつなぎを着て 会社の外周りを大掃除しました!

高山部長に高圧洗浄機の使い方を教えてもらって、 

 

壁の汚れを水圧で吹き飛ばしました!!この機械がなかなか重たい・・・

でも、汚れがはがれる瞬間はものすごく気分が良いです。

 

頑張った甲斐あって、とても綺麗になりました!

この調子でどんどん 念願のつなぎを着る機会を作っていきたいです・・・()

投稿者: 續晶子 投稿日: 2014/10/22 8:47

ハイタイ☆續です(^^)

 

 

今回の投稿でここに動画のURLを載せたいと考えていましたが

 

 

....。

 

 

 

なんかよくわからない状態になってしまいましたので

 

 

 

皆様にYouTube経由で探していただきたく投稿させていただきました。

 

 

 

お手元にあるパソコンやスマートフォンで

 

YouTube

 

を検索し

(これはyoutubeでもゆーちゅーぶでも検索できます)

 

 

十勝家畜市場子牛セリ

 

十勝家畜市場 子牛 セリ

 

なんて検索していただくか

 

 

もしくは

Thuduki Akiko

 

動画をアップロードしている私を検索していただければ

見つかると思います(*^_^*)

 

 

 

續のアップしている動画は

十勝家畜市場のとある日の日常なので

本当に雰囲気しか感じ取れないかと.....(最悪それも取れてない可能性大ですが。)

 

 

しかしYouTubeで検索していると

同じように市場の動画が沢山アップされていまして

 

 

まだ行ったことのない地域の市場の動画を見ては

 

「行ってみたいな~。見てみたいな~。」なんて思ったり

 

一度見たことのあるセリ市場の動画を見ては

 

「今度はここを観察してみようかな。」なんて考えたりしました。

 

 

 

 

そんなわけで

 

 

續のアップした動画を見て

一人でも多くの方が

「北海道に行ってみたいな~。見てみたいな~。」

 

 

なんて思ってくださったら

機械音痴な續はもっと頑張れる.....

 

 

はずです。笑

 

 

 

 

至らない点が多々あって申し訳ありませんでした

何か気になる点がございましたらコメントにお願いします(*^_^*

 

 

投稿者: 續晶子 投稿日: 2014/10/20 13:32

ハイタイ☆續です(*^_^*)

 

 

先週の十勝家畜市場子牛セリの様子レポートの写真編の続きをお送りします。

大事な写真をアップするのを忘れてたとですたい.....(-"-)

 

 

じゃじゃ~ん☆ 

これが噂?!のコードレスボタン。

この長い紐を首からかけたり、肩にかけたり….etc.して

農家さん各々工夫して持っているようです。

 

セリが始まる前に電源が入るか否か等の

基本動作の確認は以前見たことのある九州地域のセリ市場と大きく異なる点はないと思われます。

續の手が友情出演しておりますが

残念なことに実際に持っている農家さんの写真は撮影できませんでした。

.....次回の更新で十勝家畜市場のとある日の日常が明らかに?!

乞うご期待☆