自然環境の調和を保ちつつ地球に優しい持続的農業を提案します。

日記カテゴリー


株式会社ラボジェネター

〒080-0106
北海道河東郡音更町東通
20丁目2番地9

ブログカレンダー

アーカイブ
<2015年2月>
25262728293031
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
1234567
月別の過去ログ
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
投稿者: 堀田忍 投稿日: 2015/02/26 11:24







暖かくなってきましたね、、、



、、、なんて、こないだ書きましたが、

帯広は昨日あたりから、

冷え込んでまいりました( ´ω`)

今日、夕方あたりからだそうです。。。

いつもテキトーでサーセン





さて、

4月から、

いろんなものが値上げするそうですが、

某メーカーの一部ウイスキーも、

値上げ対象だとのこと。



下々の生活な私には、

あまり関係のない、

高級ウイスキーが値上げの対象なので、

さほど影響はございませんが、

近い将来、

庶民のウイスキーも値上げするんだろうな・・・おそらく



穀物価格の高騰、

熟成樽に使うオーク(樫)材も高騰、

さらに円安の追い討ちが、

値上げの理由とのこと。。。

( ほんとかなぁ・・・ )


国産ウイスキーブーム真っ只中なので、

高級部門は多少の値上げをしても大丈夫!との判断なのでしょうね。


ブームってすごいなぁ・・・



まぁでも、

ブームは適正価格を無視しちゃったり、

終焉とともに、しっぺがえしがあったり、と

もろ刃の剣だと思いますけどね(汗






さて、大衆ウイスキーも値上げになったら・・・ ((;゚Д゚)ガクガクブルブル





外でも家でもハイボールな生活を続けて、

ある程度たちます。


晩酌は日常のささやかな楽しみなので、

多少の値上げでも、

庶民には打撃です(´д`;)



堀田家ピンチですw





節制しなければ!!




っとは言っても、

お肉やなんやらの、

安いやつを買うってのは、

ちゃんとした食材(安心、安全、美味しい)を、

適正価格で買う(たまに貰うw)という、

我が家のポリシーに反するので、


・飲み会を減らすw
・余計なゲームは買わないww

、、、あたりが着地点になりそうです。






お肉だって、お野菜だって、牛乳だって、なんだって、

生産者さまが再生産出来て、ちゃんと儲けて、

幸せに農業を続けていける・・・

・・・そして、消費者さまも幸せ・・・


「安いものが外国から入ってくるのに反対する!」

ってのは、どうやら無理ゲーのようなので、

国産の、ちゃんとしたものに、

適正な価格を、

皆が喜んで支払う。



景気だとか、様々な要因もあるでしょうが、

そんな仕組みを作ることを、

1次産業な現場で、

多少なりともお手伝い出来れば、、、

、、、という姿勢で、

弊社営業マン、

必死のパッチで走り回っておりますので、

今後とも、

ご指導ご鞭撻の程、宜しくお願いします!










写真はニッカの幻のウイスキーです

(マッサンが作った北海道限定品)

ちまたでは、ネットで、

1本、20~30万で取引されているとか、

いないとか(汗





帯広郊外に、

国産ウイスキーを愛してやまない

とても良心的なお店がありまして、

適正価格(定価)でいただきました。ショットでw

適正な味でした。。。




行ってみたい方は、

堀田までご連絡ください。

喜んで、ごちそうになります!!!
















投稿者: 植田秋良 投稿日: 2015/02/25 8:28

 

先日、道北のM農場(和牛繁殖牛40頭)にお伺いしました。

 

農場に到着後、まずは堆肥舎へ。

 

するとMさんは「堆肥を切返してみないか?」と意外なお言葉を発せられました。

そこで、喜んでタイヤショベルに乗りこみ切り替えしを実施。

10数年前の牧場勤務時代以来の運転でややぎこちなく、ぶつけないようにと注意して・・・

ざくっと堆肥を切返すと物凄い湯気が立ち込めてきました!!

お~すごいすごい、この寒さでも堆肥中の微生物たちは活発に活動しているんですね~!

 

堆肥に温度計を指すと60℃強ありました!

だんだん面白くなってきましたが、調子に乗って何かを壊してしまう恐れがあったため、

 

Mさんに交代しました。

 

当たり前ですが、さすがMさん、お茶の子さいさい、正に切返しのプロです。

何回も切り替えした1番古い堆肥を見ると、色も黒っぽく、土のような香りがして、

 

だんだん体積が小さくなっていました。

 

毎年、秋には自家牧草畑に還元しておられます。

 

「Mさん、良い堆肥作っていますね!畑の土にとっては最高ですよ!!」

 

と、私が申しますと、

 

「切返すとどんどん発酵していくので堆肥づくりがおもしろくて仕方がない!!」

 

とのことでした。

 

この日は写真を撮りそびれましたが、Mさんは牛づくりも上手な方です。

 

牛だけでなく、堆肥づくり、草づくり、土づくりなども重要なポイントですが、

 

この日は改めてそのことを実感したひと時でした!

投稿者: 堀田忍 投稿日: 2015/02/24 10:00





全国的に気温が上がっているようです。


こちら帯広も、


雪が解けて溶けて


排水がうまくいかない場所は、


洪水みたいになってます。




先日、


岐阜の関子牛市場に行った夜、


ユーザーさんと食事したのですが、


問答無用でリクエストしたのは、


鶏チャン

(ケイチャンと読みます)





飛騨地方のソウルフード!?

で、

期限をたどれば、

北海道のジンギスカンとも、

かかわりがあるようです。



若鶏のぶつ切りを、

醤油ベースや味噌ベースの、

にんにくビタビタのタレに漬け込んで、

キャベツや玉ねぎなどの野菜と一緒に

焼いて食べる。



とてもシンプルな料理です。




この日は、

お目当てのお店が臨時休業だったため、

近くの居酒屋さんで食事したのですが、

メニューに無いのに、

「せっかく北海道から来たんだから!」

と、特別に作ってくれました。



キャベツが無かったので、

玉ねぎとニンニクスライスのシンプルな、

醤油バージョンです。








ジンギスカン鍋に、

パラフィン紙が敷いてあるのがデフォです。


カセットコンロに火をつけたら、

ひたすら混ぜて混ぜてが、

教わった食べ方です。





ひたすら混ぜながら焼きます。



ニンニクと醤油と鶏の脂とが絡み合って、

すさまじいスメルを放ってまいります。

混ぜてる間に、

生ビール2杯はイケます





鶏肉に火が通ったら、

完成です。








ハッキリ言ってウマすぎです。

ひとクチで、生ビール1杯いけそうです。




家でも、

作ろうと思えば、

簡単に作れると思います。




問題が2点ほどあります。



① 部屋がすぎです

② 自分&衣類がすぎです。



かなりのニンニク量だったのでしょう。

翌々日まで、

毛穴から、

普段の加齢臭とはまた違う、

ファンキーな臭いを放っておりました。



以上、2点を無視できる方は、

是非、やってみて下さい。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%B6%8F%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93#.E3.83.AC.E3.82.B7.E3.83.94







あ、

シメはうどんです!






























投稿者: 植田秋良 投稿日: 2015/02/24 9:49

 

いつもの年に比べれば今年の冬は暖かい北海道ですが、

 

はじめて冬を過ごす仔牛にとっては関係なく、

 

ただただ寒い日が続いていると思われます。

 

道央地方のH農場さんへお伺いしたところ、

発酵床牛舎の真ん中のマス(授乳中の仔牛だけが入ることができるスペース)に

仔牛達がくっついて気持ちよさそうに寝ていました。

 

その上にはヒーターがつるされておりました。

 

牛床は冬でもホンワカ暖かい発酵床です。

 

彼らが最も居心地が良い所なのでしょう!!

 

 

すくすくと育っている仔牛達を見て嬉しく思ったひと時でした!!

投稿者: 植田秋良 投稿日: 2015/02/23 17:23

 

2月も残すところわずかとなりました。

 

さて、今回から3回連続で2月に出会った出来事をご報告いたします。

 

まず1回目はこちら! いきなりお肉です! ヒレステーキです!

このお肉はJA十勝清水町のブランド牛【十勝若牛】です。

 

【十勝若牛】は、通常より半年早く仕上げたホル去勢のお肉ですが、

 

このほど更に厳選された飼料を与えたプレミアム牛が帯広市内の飲食店5店にて

 

2週間の限定期間でお披露目されました!(スイマセン、もう終了しました!)

 

この日お伺いしたのは、バイプレーン(ふく井ホテル)さんで

 

十勝若牛のヒレステーキ、角煮、ロースステーキを頂きました。

(十勝若牛の角煮)

(十勝若牛のロースステーキ)

 

私は、もちろん通常の十勝若牛をとても美味しく頂いておりますが、

 

このプレミア牛の味は・・・・   これまた美味しいのであります!!

 

具体的に申しますと、赤身、脂身ともに柔らかく、あっさりしてとてもヘルシーな通常の

 

十勝若牛の良さにお肉のボリュームと風味と食感がさらにプラスされておりました!!

 

大満足でした!

 

今回は試験的な取り組みで提供した飲食店や期間が限定的でしたが、

 

今後日常的に食べられる日を心待ちにしています!!

 

以上、2月のレポート第1弾でした!

投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2015/02/22 23:00

 

 

今月の ある九州の子牛セリ でのこと

 

その日は この冬一番の寒さ ということで とても寒い日でした。

 

おそらく 家畜市場の気温は 0度前後!?だったのではないか と思います・・・ 

 

子牛セリに行くと、ある肥育農家 Mさん(仮名)に会いました。

 

”今日は 1頭 おるばってん、80万 は いくやろうね・・・” とか話しながら

 

”寒いから何か飲もうか” と言われ、自動販売機のところへ移動。

 

”好きなもの飲んでいいばい” と 言われ、温かいコーヒーをいただく。 

 

僕らのいた後ろに おそらく繁殖農家さんであろう お姉さん!?が並ぶと、

 

”なにか飲まんですか” という Mさん。

 

”いいんですか!?” というお姉さん (ちょっとした ナンパみたいですが・・・ )。

 

そのお姉さんも 温かいお茶 をいただいていました。 

 

Mさん と お姉さん(繁殖農家さん)は お互いに面識がない と思うのですが、

 

なんか 心温まる ひと時でした・・・ 

 

実は その後に、Mさんの知り合いの 肥育農家さん(お兄さん) が 並び、

 

”あんた俺には おごらんとね!!” と言われていましたが、

 

そのお兄さんに対しては、 

 

”もうちょっと早かったら おごったばってんね・・・” と 言っていました・・・ 

 

 

温かい飲み物により お姉さんを 幸せな気持ちにした Mさん だから 

 

今日の あの牛 は Mさん が買えるんだろうな・・・

 

神様は こういうことを こっそり!? 見てるんだろうな・・・

 

とか思いながら、セリを見ていたのですが・・・

 

 

この日一番!?のその牛 を Mさんは 81.2万円で競り負けて!?いました・・・ 

 

 

神様は試練を与えているのか・・・ 

 

 

それとも 買わなくて正解だったのか・・・

 

 

僕が心配することではないですし、このナゾは永遠に!?解けないような気もしますが、

 


そんなことを考えながら、日々過ごしております・・・ 

 

 

 

次回こそは!?皆様のためになることを書きたいと思っています・・・ 

 

 

 

 

投稿者: 堀田忍 投稿日: 2015/02/20 14:28



こんちは。


36歳だけど四十肩になった、

堀田忍です。





ちょい前になりますが、

2月10日、

岐阜の関子牛市場に行ってきました。








上場頭数は、

雌173頭、去勢189頭






アタマは、以下2頭がメイン


白清85の3(雌の45% 去勢の42%)
花清国(雌の32% 去勢の28%)





2代、3代にも安福がらみの牛が多く、

とても地域性を感じる市場でした。



脂質メインの、増体はほどほどに・・・

・・・といった、牛さんたちでしたよ^^


結果は・・・

最高価格  平均価格  平均体重
雌 716,040円  580,414円  248kg     
去 812,160円     646,726円  270kg

(税込です)


平均で、前回比、1万3千くらい、アゲげでした。








岐阜県は、

市場が2か所あり、

今回お邪魔した「関子牛市場」と、

高山市の「飛騨子牛市場」とがあり、

偶数月は関、奇数月は飛騨、、、

、、、というふうに開催されます。






血統も頭数もあまり変わらないそうで・・・






購買者は、

県内の飛騨牛生産者の他、

滋賀や三重からも来ておられたようです。





去勢最高価格の牛さんは、

EGユーザーさんが買って行かれました~




にしても、


年明けから、自分の行くとこ行くとこ

悪天候悪天候で、

ヤになっちゃいます。




この日も、

積雪の影響で、

牛さんがそろうのが1時間ほど

遅れておりました。








寒かった・・・











投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2015/02/16 23:29

 

 

先週の木曜日(12日) 熊本県家畜市場の子牛セリ(初日)に行ってきました。

 

 

 

 

この日の出場頭数 は 347頭(二日間で701頭でした)。

 

 

初日の種雄牛別出場頭数は・・・

 

安福久 50頭 百合茂 37頭 菊花国 28頭 美津照重 25頭 隆之国 23頭 徳悠翔 18頭

平茂幸 18頭 美国桜 15頭 福華1 15頭 安茂勝 12頭 光平照 11頭 芳之国 11頭・・・

 

 

平均価格(二日間) は メス 57.7万円 去勢 67.0万円(税込)

 

 

先月と比べ メスが約3.4万円 去勢が約4万円、 どちらも高値でした。 

 

 

今回は、知り合いの農家さんが 発育の良い伸びそうな感じの子牛(去勢)を上場していて、

 

 

”この牛 もしかしたら、またあの佐賀の肥育農家さんに買ってもらえるかもですね。 ムフフ・・・”

 

 

なんて話をしていたら、なんとその肥育農家さんに買っていただけました。

 

 

嬉しかったです!! 

 

 

ちなみに、血統、日齢、体重、セリ価格 は・・・

 

 

徳悠翔ー秀菊安ー福之国ー安平 280日 349キロ 76.9万円(セリ価格)でした。

 

 

徳悠翔 は 血統的に見ても大きくなると思いますし、

 

 

秀菊安母牛(三代祖 福之国ですし) は サシが入りそうですし、 結果が楽しみですね。 

 

 

 

弘幸さん 一休で焼肉食べたいです!! 

 

 

 

ちなみに、二日間 で 80万円(セリ価格)を超えている子牛(去勢)が 11頭 いましたが、

 

 

すべて 安福久母牛 (3代祖 安福久) でしたよ・・・ 

 

 

二日間の上位5頭(去勢) の 血統、日齢、体重、セリ価格を載せたいと思います。

 

 

百合茂ー安福久ー平茂勝 267日 326キロ 85.2万円

 

百合茂ー平茂晴ー安福久 295日 342キロ 85.1万円

 

百合茂ー安福久ー平茂勝 303日 345キロ 82.5万円

 

百合茂ー茂洋ー安福久  265日 349キロ 82.4万円

 

隆之国ー安福久ー百合茂 287日 326キロ 81.8万円

 

 

 

次回は、 子牛セリで起こった 心温まる話!? といいますか

 

 

僕の心はめっちゃ温まったのですが、まさかの・・・!?の話 を書きたいと思います・・・ 

 

 

 

 

投稿者: 佐藤隆司 投稿日: 2015/02/14 9:41

皆さんこんにちは~っ!!

早いもので、28日しかない2月も半ばを迎えようとしています!!

さて、今回は以前にここでのブログ

(http://www.labogenitor.com/tabid/77/EntryID/1280/Default.aspx)

でもチョッピリ紹介させて頂きましたが、

石垣島の現場での様子を紹介いたしますね!


まずは春の雰囲気を少し…



帯広はまだ2月初旬は雪に埋もれているのに、石垣は桜の季節に突入してました!!

狭い日本の広さを感じる季節ですねっ!!




それでは、例によって牛さんの寝床での様子をお見せします!






こちらはS牧場さんです

子牛育成部分に昨年購入したそうですが、牛さん達の様子を見ているとやはり休む時は

必ずマットの上で休んでいるとの事です

この写真ではまだ飼料を食べ終えていない時間だったので、立っている牛さんが多いのですが、

食べ終わった頃は全頭がマットの上にゆったり座ってモグモグ反芻しているようです






今度は先月1/11に開催されたセリ市場でトップ賞を獲得された伊良部さんの牛舎の様子です。



八重山毎日新聞にデカデカと紹介されておりました!!

凄いですねぇ~っ!!


さて、こちらの農場の牛さんですが…



広々とした牛房の真ん中に牛床マットを敷いています

敷料が無く、数日雨が振り続いていたため床は濡れているのですが、

牛さん達はチャ~ンと心地良いマットの上で休息しています





雨が吹き込まないこちらの牛房にはまだマットが敷かれていませんでしたが、

牛さんたちはノンビリ休んでいました

特に奥で寝そべっている牛さんは、ドキッとする寝相で

如何にもストレスが無いぞ~っ!っていう雰囲気を醸し出していて思わず笑ってしまいました!!

この辺りは、伊良部さんご夫婦が普段から牛さん達にストレスを与えないような

接し方をしているからなんだろうと思います


きっと近いうちにここにもマットを購入してくれるでしょうから、

牛さん達…もう少し待っててね~っ!! 何てったって…トップだったんですモン!!



離島は基本的に敷料が手に入りにくく、購入するにしても運賃が掛かるのでとても高価なものになります。

したがって、多くの生産者の方々がとても苦労されてます


(場所によってはサトウキビバカスが購入できる所も有りますが…)


しかし、一日のうちの18時間くらい休む時間が長い牛さん達にとって、

心地よい寝床というのはとても大切な場所です


この牛床マットはゼノアックさんで1枚(1,170×1,900×40mm) 2万程度でされています。

耐用年数としては10年は大丈夫との事ですから、10年で割ったら年間2,000円のコスト

これで牛さん達のストレスが軽減するなら安い投資だと思いませんか?

(アッ!皆さんが購入したからって私にはゼノアックさんから1円も頂いてませんから大丈夫です!!)


長い時間座って休息している間、足の痛みなど牛さん達のストレスが少なくなったら

経営的にどんな事が改善されるのか?…皆さんはもう分かりますよねっ!!


子牛の価格がまだ高値推移しているうちに、セリに出した頭数分ずつでも良いですよ!

少しずつ購入して牛さん達の住処を改善してお返ししてあげましょう!!

きっと10倍返し?してくれるかもですよ~っ!!


もう一度言います。

もし自分が牛さんだったらどうして欲しいか?…という事を、

牛さんの行動をしっかり観察して手を掛けてあげましょうねっ!!

牛さん達はその分チャ~ンと皆さんにお返ししてくれますって!!

投稿者: 續晶子 投稿日: 2015/02/13 9:46

ハイタイ

最近体の調子が大荒れで悶々している續です

整体の先生に何でこんなに体中がちがちなの?!と驚かれます

……体幹鍛えようと思います。はい。

 

 

 

今回は鹿児島県のユーザーさんの牛舎で面白いものを見つけたので

これを紹介しようと思います

じゃん

この子たちは生後9カ月未満の子牛たちです。

Kさんの牛舎は何と子牛用のスタンチョンが設置されているのです

子牛にスタンチョン.......なかなか無い光景だと思うのです。

皆さんいかがでしょうか

 

このスタンチョンを設置することのメリットは

一頭一頭の飼育管理が出来ること

 

子牛がスタンチョンに入ってくれることで

一頭一頭の観察が可能になり

「今日はこの子牛はどのくらい餌を摂取出来ているか」

「昨日は具合があまり良くなかったが今日はどうだろうか」

熱を測ってみよう」等々…..じっくり観察できるのだとか

 

実は續がこの日牛舎にお邪魔した際に

子牛に人工乳を与えるお仕事を手伝わせていただいたのですが

11月生まれの●●●5番にあげてね」と指示された時の

子牛の耳標の確認のし易さ、見つけやすさで

「スタンチョン凄い!!!!」と感動しました

 *ミルクを飲んでいる子たちのステージはスタンチョンの鍵は解放したままで固定されており、自由に出入りが出来るような状態です。

次に男性陣の力を借りずとも緊急事態の場合、

女性一人だけでも子牛を捕獲できるというところ

餌槽に餌を置いて

いつも通り寄ってきたところに鍵をガシャン

獣医さんや農協の職員の方々がいつ来ても気持ちに余裕が生まれるのだとか

 

 

しかし魅力的なスタンチョンにも

「一長一短」ということわざがあるように

デメリットもあります

 

まずは

臆病な子牛に根気よく

「スタンチョンに入ると美味しいご飯が待っている。スタンチョンに入ることは良いことだ」と教えなければならないこと

また入っても嫌なことがありトラウマが植えつけられると

もう入ってくれないとのこと

 

そんなこんなで

どうしてもスタンチョンに入りきれない子牛達が出てくると

その子牛専用で別の飼槽を設置しなければいけなくなるそうです

 

 

また 詳細...