自然環境の調和を保ちつつ地球に優しい持続的農業を提案します。

日記カテゴリー


株式会社ラボジェネター

〒080-0106
北海道河東郡音更町東通
20丁目2番地9

ブログカレンダー

アーカイブ
<2015年3月>
22232425262728
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930311234
月別の過去ログ
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
投稿者: 植田秋良 投稿日: 2015/03/30 14:33

 

道東のY農場さん(ホル雄一貫1100頭)にお伺いしました。

哺育舎に行くと健康な仔牛達と・・・

 

飼槽には何やら緑色の物体が・・・・

答えはルーサンでした。

が、普通のルーサンではなく、ご自身で

 

糖蜜をお湯で希釈したものにヘイキューブを入れてできた物でした。

 

育成期で与えているヘイキューブの嗜好性を上げようと考えていて、

 

一斗缶で購入している糖蜜の残りをみて、思いついたとのことです。

 

哺育で給与している目的は、

 

離乳後の落ち込み(離乳後に鳴く牛が減った)が緩和されたとのことでした。

 

糖蜜の効果か嗜好性が良く、

 

飼槽にふりかけると寝ている子牛が起きて食べに来るとのことでした。

 

現在、離乳の3週間前から給与しているとのことですが、

 

ルーメンの発達においてもとても有効なことと思います。

投稿者: 植田秋良 投稿日: 2015/03/30 14:00

 

道東のK農場さん(ホル雄一貫2200頭)にお伺いしました。

 

哺育期間は主に個別ハッチにて哺育ビンを使って哺乳していますが、

その哺乳ビンを洗浄しているところを見せて頂きました。

注目したのは、オーダーメイドでつくった洗浄管(金色のもの)です。

 

置いた哺乳ビンの間隔に合わせて作り、

 

12本の哺乳ビンに同時に洗浄水を流すことができます。

 

(※管の場所によってやや水圧の差があるとのことですが・・・・)

 

哺育頭数が農場にとって、哺乳ビンを洗浄する時間が短縮されることは、

 

とてもプラスになるのではないかと思います。

投稿者: 佐藤隆司 投稿日: 2015/03/28 12:08

皆さんこんにちは~っ!

ついこの前2月が終わったばかりと思っていたのですが、

早、3月も残すところ3日になってしまいました!



帯広もようやく春らしい日差しが降り注ぐようになりつつあり、

道路脇に積み上がっていた雪の山もだいぶ低くなっております







このまま何事もなく?春になってくれるといいのですが…




さて、今回は先週お邪魔してきた鳥取県 は I 牧場さん での様子をご紹介いたしましょう



まずは牛舎の様子です









お邪魔した日は天気も良く、牛舎の敷料交換を終了されたばかりでした!

遠目に見てもほとんど牛さんが座っていて、立っている牛さんはほんの僅かのみ…



もう少し牛舎の中の様子を散策…







お母さん牛たちも






子牛ちゃんも 私が近づいても知ら~ん顔して…

ノ~ンビリと、気持ちよさそうにモグモグと反芻の真っ最中でした



この様子を見ただけで…皆さんもストレスが全くないのが分かりますよね~っ!!




前にもお話したことが有りますけど…


牛さんは本来 「食っちゃ寝」 の動物です


この “本来の牛さんの姿” に近づけてあげる為に何をしてあげたらいいのか??


これを一生懸命してあげる事が、


牛さんのお蔭で生活をさせて頂いている人達のお仕事だと思っています



そのお仕事をしっかりしてあげると、牛さん達は決して皆さんを裏切る事なく


皆さんの恩にしっかり応えてくれて、


感謝の気持ちとして?牛さん達は ウンチ だけではなく


皆さんが再生産するための生活費もチャ~ンと置いて行ってくれますよ~っ!



今は子牛の価格が高値推移していて、肥育をされている購買者さん方も


とても大変な状況になっております


生産農家さんも購買者である肥育農家さん達がが少なくなったら生活も成り立ちません



そんな事を避けるためにも、


肥育農家さん達が少しでも多く利益を生んでくれるような


病気をせずに飼料をしっかり食べて、すくすく成長してくれるように、


ルーメンがしっかりしていて元気な素牛を創ってあげて下さいね~っ!



I さん、お忙しい所お付き合い頂いて有難うございました!!

投稿者: 續晶子 投稿日: 2015/03/25 10:30

ハイタイ☆

 

 

喜界島から續です(^O^)/

 

 

更新............

はい☆頑張ります←逃げた笑

 

 

今回は一人で(←ここが重要ですよ!!笑)

鹿児島の離島に行ってまーす

 

 

 

一人で行くと沢山吸収したいことが出てくるので

とても濃い時間を過ごさせていただいております

 

 

 

 

今日はそのうちの一つ

「除角」

 

 

....以前にもこんなネタ私アップしていますが

今回は除角の対象が違うんです

 

 

 

 

............お母さん牛です

 

 

与論島の獣医さんの提案で

急遽「除角班」というグループに参加させていただき

初めて成牛の「除角」を見てきました。

 

 

 

 

.........気付いたら頭から血まみれになっていました

この経緯はまた別の機会にゆっくりお話しさせてくださいね

本当はこんなことにはならないはずだったのですが......

 

 

 

大きい牛を除角する際には

想像していた以上に気力、体力が削られました

 

 

その時除角した角です。一つ一つが重いそして大きい

 

 

私がお手伝いしていた作業の一つを後ろから撮影しました

 

 

 

 

その②に続く.....か?

 

投稿者: 宮下真菜美 投稿日: 2015/03/20 15:46

 

みなさんこんにちは。まなみです!

 

 

大雪が降ったと思えば急に暖かくなり、そして雨が降り・・・

気温の変動についていけず 風邪をひいてしまいました。

 

 

今こうして文章をうっている私の横には ティッシュが山積みになっております・・・

体調管理も実力のうち。自己管理がなっていない証拠ですね お恥ずかしいです。

 

 

さて。今日は、一週間毎日鼻をすすりながら過ごしていた私の

元気の源となってくれたものを紹介します。

 

 

こちら。

 

 

でんっ

 

 

 

 

牛っ!!!

・・・みなさん、見覚えありませんか?

 

 

鹿児島・東北担当の、尚吾さんの過去のブログを

見ていただけると分かっていただけるかと思いますが、

 

 http://www.labogenitor.com/Default.aspx?tabid=77&EntryID=1321

岩手県にお住いのアースジェネターユーザーさんが、

私にもお土産を用意してくださったそうなのです!!!

 

 

感無量。

 

 

注文は 電話ではなくFAX派のIさん。

実は、IさんからのFAXの最後にはいつも必ず

とってもかわいらしい牛さんのイラストと メッセージを書いてくれていました。

 

 

私はそれがとっても嬉しくて、毎回楽しみにしていました。

 

 

お客さまと直接関わる機会があまりない私にとって、

お客さまとやり取りができる 貴重な交流の場だと思った(勝手に)ので、

 

 

私も微力ながらも全力で牛さんを書き、

内心、ドキドキしながら返信をさせて貰っていました。

 

 

こんな感じ。(へなちょこ)

 

 

絵を書いている暇があるなら他のことをしなさい!と思うかな、下手くそかな、

など 色々考えながらも書き続けたIさんへの牛。

 

 

今回のIさんからのお土産は 色々な意味でとても大切な宝物になりました。

 

 

Iさん、本当にありがとうございます。大切にします。

そして、これでたくさん栓抜いていきます・・・!!

投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2015/03/16 14:14

 

 

東北にて、ある繁殖農家さん(母牛35頭)のところへ行ってきました。

 

 

その農家さんが昨年8月に牛舎(ビニールハウス牛舎)を建てたので写真を載せたいと思います。

 

 

 

 

 

ちなみに この牛舎は 縦 約36メートル 横 約 12.6メートル です。

 

 

中を見ると このような感じです。 

 

 

 

牛床の広さは 縦 約30メートル 横 約8.6メートル。

 

 

今、この牛舎には 育成牛 14頭が入っています。 

☆ゆっくりしていて良い感じですね  

 

 

ちなみに 総工費 は 約800万円 だということです。

☆うわもの(パイプなど) 約400万円  基礎など 約400万円 

 

 

 

何かの参考になりましたら嬉しいです。 

 

 

 

 

投稿者: 堀田忍 投稿日: 2015/03/12 17:01



一昨日からの、

爆弾低気圧

皆様のところは大丈夫だったでしょうか??



こちら十勝でも、

牛舎が雪の重みで潰れたりと、

多々、被害があった模様。




幹線道路の雪は、

きれいになくなりました。



・・・ので、リンゴ畑の様子を見に、、、





や、や、山っっっwww




嫌がらせか??www






畑に入れません!


剪定が出来ません!!









春遠し・・・・








爆弾低気圧や台風のとき、

前もって、

アースジェネターを多めに給与しておくと、

調子が良いような気がするよ!!


・・・先日、生産者の方から言われた言葉です♪























投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2015/03/11 22:00

 

昨日開催された 秋田子牛セリ の詳細について書きたいと思います。

 

 

 

出場頭数 は 392頭。

(秋田の子牛セリは 毎月開催 約400頭出場です)

 

種雄牛別出場頭数は・・・

 

義平福 119頭 安福久 27頭 美国桜 24頭 北乃大福 23頭 福華1 19頭 百合茂 18頭

美津照重 18頭 徳悠翔 13頭 松昭秀 10頭 光平照 8頭 菊福秀 7頭 福安照 7頭 晴茂平 7頭・・・

 

平均価格 は メス 54.6万円 去勢 65.3万円(税込)。  

 

前回比 約1万円高でした。

 

子牛を見ると・・・  

 

義平福が多いので大柄な牛も多かったのですが、

 

体重を載せている牛も多いのかな!?とも思いました。 

☆あくまでも個人的な意見です。

 

日齢 と 体重 を数字だけで見ると・・・

 

体重が重いほうが高値なので 体重を載せてしまいたい気持ちも分かりますが、

 

体重を載せるより その牛なりに素直に育ててもらった方が、肥育に行っても伸びますし、

 

結局は 肥育農家さんから繁殖農家さんへの信頼となり 返ってくると思います。

 

なかなか難しい問題ですよね・・・ 

 

自分の牛を買ってくれた購買者さんを ここ3年くらい調べてみて、

 

同じ肥育農家さんが同じように買っているようでしたら、

 

今のやり方に間違いないのではないか、と思います。

 

☆もし宜しければ、肥育農家さんに直接聞いてみてくださいね。 

 

 

去勢について言えば この日 70万を超える牛も多かったですが

(15頭!?くらい いたのかもしれません)

 

ほぼ 安福久母牛の牛だったと思います。

 

高値の牛の血統的なことについては、九州 も 秋田 も変わらないですね。 

 

メスについては 60万円を超えるような牛は少なかったです。

 

多くの牛が セリ価格 40~60万円の間で推移していたのではないかと思います。

 

ちなみに・・・

 

去勢の最高価格の牛は

勝忠平ー安福久ー北国7の8 285日齢 353キロ セリ価格 79.9万円

 

メスの最高価格の牛は

安福久ー百合茂ー北国7の8 273日齢 351キロ セリ価格 76.6万円 でした。

 

 

どの市場も 上場頭数が減少していて 子牛が足りないのが現状です。

 

肥育農家さん達も困っています。 

 

今のような時代こそ、1頭でも子牛を産ませて 無事にセリに出すことが大切だと思います。

 

 

生まれた子牛をきちんと育てるのは もちろん重要なことなのですが、

 

 

母牛の飼養管理 や 観察 を 徹底していただき、

 

 

1年1産 もしくは それ以上の子牛達が産まれてくるように管理していただけたら嬉しいです。 

 

 

 

 

投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2015/03/10 22:00

 

 

今日(3月10日)秋田の子牛セリに行ってきました。

 

 

 

出場頭数 は 392頭。

 

 

種雄牛別出場頭数 や 平均価格などについては 次回書こうと思っているのですが、

 

 

今回は 昨日から気になっていた子牛について書きたいと思います。 

 

 

実は 昨日ある秋田の繁殖農家さんのところへ行ってきたのですが、

 

 

その農家さんに今月出荷する牛を見せてもらったところ、とてもよい感じの子牛がいました。

 

 

その牛の血統を聞くと・・・

 

 

隆之国ー安福久ー平茂勝(去勢)でした・・・   ムフフ・・・  

 

 

”明日のセリ 楽しみですね!!” という感じで現場を去り、今日の子牛セリでした。

 

 

その牛をセリ場で見ると・・・

 

 

やはり良い感じでスッキリしていて、被毛も良く 皮膚にもかなりゆとりがありました。

(実は、現場で見るのとセリで見るのは違う場合も多いのです・・・ 

 

 

結果としては・・・

 

 

隆之国ー安福久ー平茂勝(去勢)

264日齢 309キロ(体高121センチ) セリ価格 は 75.0万円でした。

 

 

セリ価格も高値でしたし 繁殖農家さんも喜んでいましたので もちろん嬉しかったのですが、

 

 

その農家さんにとって買って欲しいと思っていた購買者さんに買ってもらったようなので

 

 

そのことも嬉しかったです。 

 

 

ちなみに、その子牛はこんな感じです(写真の牛です)・・・

 

 

 

セリの後、その繁殖農家さんから 豚汁 と おにぎり を ごちそうになりました。 

 

 

 

 

今日の秋田は風が強く、とても寒い日でしたので、心 も 身体 も温まりました・・・ 

 

 

畑山さん ありがとうございます!!  ごちそうさまでした!! 

 

 

 

 

次回こそ!? 今日開催された 秋田子牛セリ の 詳細について書きます。 

 

 

 

 

 

投稿者: 續晶子 投稿日: 2015/03/06 11:12

 

ハイタイ

北海道は雪が最後の悪あがきーと言わんばかりに降ったり止んだりを繰り返しています。

 

昨日は放置していた屋根の雪が勢い良く落下したようで

物凄い音とともに揺れました

 

うーん。雪って怖いですメルヘンなものじゃなかったです

 

そんな未だに冬な北海道事情はさておき

鹿児島の出張中にこんな可愛らしい光景に出会いました

 

 

 

I市のKさんにWCS(ホールクロップサイレージ:稲発酵粗飼料)についての説明をしていただいている時に目に入ってきた光景でした

 

 *子牛ちゃんに良い感じにモザイクが.....

 

子牛専用の飼槽もちゃんと設置されているようですが

別々じゃなくてこうしてお母さんと一緒にご飯を食べたいんだといわんばかりに

草をむしゃむしゃつまんでいました

 

 

こうして子牛は「大好きな」お母さんと一緒に「美味しい」ご飯を食べて

「大好き」で「美味しい」草の味を覚えて成長していくんだな

 

 

心がほっこりしたと同時に

私も母と御飯が食べたくなりました

 

 

今度の出現ポイントは鹿児島の離島なので

その前に母とご飯たべたいと思います