自然環境の調和を保ちつつ地球に優しい持続的農業を提案します。

日記カテゴリー


株式会社ラボジェネター

〒080-0106
北海道河東郡音更町東通
20丁目2番地9

ブログカレンダー

アーカイブ
<2015年4月>
2930311234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293012
3456789
月別の過去ログ
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
投稿者: 續晶子 投稿日: 2015/04/28 16:48

 

ハイタイ

 

前回の續です。

あっ….

間違えました。続きです。

このネタ私が使う前に堀田課長に使われてしまいました

それほど時間が空いちゃったということなのですが

 

お待たせしていた(もうほぼ忘れている方も)

与論島にて除角という仕事をお手伝いさせていただいた事に関しての感想part.2です。

 

 

早一ヵ月経過した今でも鮮明に覚えているのは対象が大きすぎてずーっと緊張していたことです。

 

 

 

いや、小さくても緊張するものは緊張するのですが

とてもじゃないけど

 

一人ではこの作業はできない

男手が沢山欲しい

 

 

 

お母さん牛のあまりの形相に…….やらなきゃ人間が殺される(ヤラレル)!!!!!!!!!!!

 

 

こんな感じの緊張状態です。

 

 

 

 

 

出張中に様々な経験をさせていただいている續ですが

このような命のやり取り?な経験は中々無い貴重なものとなりました

 

 

機会があればまた是非経験したい作業ではあります

 

毎月コンスタントにやらないといけない状況なら

 

お母さん牛の除角よりも子牛の除角の方が

体力的にも精神的にも楽ちんに出来そうだなとも思ったのもここだけの話…….

 

 

 

 

そして

お母さん牛が必死に鳴いたり暴れたりして抵抗している中、除角し

血がぴゅ~~~っと吹き出している中、熱した鉄の棒を傷口に押し当てる一連の作業は

見ていて気持ちの良いものではなかったのも事実です

「ごめんね。痛いよね。ごめんね。」とひたすら心の中で謝りながら作業をしました。

 

 

 

「除角」

 

 

 

 

簡単に言葉に表すことは出来ますが

 

この作業を行うことに対しての賛否両論な意見を考え、実際に体験させていただくと

 

「除角」そのもののというより「生き物を養う職業」の奥深さや難しさにぶつかった様な気がします。

 

 

*写真は与論島でごちそうになった貝です

美味しかったです~

 

 

そんなこんなで今は帯広にいる續です

 

 

先ほど沖縄の母から「帯広暑いね~。沖縄19度で寒いよ~」なんて

SNSツールで生存確認メールが来ました

 

一日にして桜が咲き誇り一日にしてもう散り始めています…….

異常気象怖いです。皆様体調管理には十分ご注意を……

 

 

 

 

投稿者: 堀田忍 投稿日: 2015/04/27 7:19


つづき




出展していたので、

共進会場のほうへは、

頻繁に行けなかったのですが、

ブースの周りにも、

たくさんのお客さんが!



そのなかで、ひときわ盛り上がる一角が・・・・






とりあえず、近くに行ってみよう(;´▽`)y-~~






お~~~

「堆肥無料配布」ですって!




実はこれ目当てで来場されてるのでは?

・・・というくらい、大盛況です。

みなさん、肥料袋や麻袋など各自持参して、

詰めまくっております( ´ ▽ ` )ノ





みなさん本気の作業っす






詰めたはいいが、こっからどうしましょう??という強者マダム





この日、用意してあった堆肥は、

知ってる生産者のもので、

ちゃーんと発酵させた、

素晴らしい堆肥でした♪



土地柄、

各家庭で家庭菜園をもっている、

戸建てが多いのは知っていますが、

ここまで、みなさん堆肥を求めてるとは・・・




3㌧くらいあった堆肥は、

一瞬で無くなってましたよw





あ、トラクター展示ブースでは、

レトロトラクターの展示もしてありました。






どれもギリギリ動くみたいです。

会場撤収ちゅうに停まっちゃってる姿を、

見かけたりしましたがwww







一番人気はこれ!!!




47年前導入の三菱R205

水冷単気筒ディーゼルエンジン

なんと驚異の15馬力!!!!モンスター!!!!




欲しい(≧ε≦o)
















投稿者: 堀田忍 投稿日: 2015/04/24 11:50


今日は十勝もポカポカ陽気。



おととい帯広に帰ってきて、

今朝、出社の際の気温には

「正気か!? (((( ;゚Д゚))) 」

・・・と、思いましたが、

この時間になれば暖かいです。



明日、炭起こすか!? (≡゚∀゚≡)





さて、先週の土曜日、

栃木県那須塩原 青木地区の

農業祭に参加してきました( ´ⅴ`) ノ



青木地区の乳牛共進会(美人コンテスト)を兼ねた、

地域のお祭りです!!



自分は、

バイオバガスや乳肝で有名な、

バイオ科学(株)さんのブースにて、

アースジェネターの展示をさせてもらいました。




生産者、業界関係だけでなく、

地域の方々もたくさん来られており、

とっても賑わっていましたよ!







まさに屋外共進会日和!!

雲ひとつない青空!!!







出場牛、出場者の方々

みなさん慣れた様子です(゚ε゚)







共進会は未経産だけ見学できました。

どなたも美人さんです♪





と、續は、、、

いや、続きは②で!!





お声掛けしていただいた、

生産者の方、獣医さん、関係者の方々、

ありがとうございました!


来年もよろしくおねがいします^^
















投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2015/04/23 23:29

 

 

一昨日のお昼過ぎ(13時頃) ある繁殖農家さんのところへ行ってきました。

 

 

☆その時の子牛牛舎の写真です。

 

 

 

この写真を見て どう思いますか? 

(めっちゃ唐突な質問ですね  )

 

 

 

この時は、離乳後の子牛(25頭くらい)がすべて寝ていました。

(反芻している牛も多かったです)

 

 

僕(見慣れない人)が牛舎に入ってきても平然としていました。

 

 

”そんなの当たり前じゃないか” とか ”我が家はいつもそうだよ”

 

 

という方が多いのかもしれませんが、 もしかしたら

 

 

”我が家は誰かが来たらすぐ起きちゃうかも” とか ”あんまりゆっくり寝てないかも!?”

 

 

という方も多いのかもしれません・・・ 

 

 

ここら辺は、環境の問題だったり、飼養管理の問題だったり、

 

 

いろいろな原因があると思うのですが、

 

 

子牛 も 母牛 も 肥育牛も、 もちろん 乳牛 や 豚達、 鶏達も、

 

 

誰が来てもゆっくり寝ることができ、

 

 

もちろんエサを給与してもらったなら お腹一杯(もしかしたら腹八分目!?)食べることができ、

 

 

のどが乾いたなら 新鮮な水が飲めるような環境を作ってあげれば、

 

 

ストレスが少ないのかなと思います。 

 

 

 

当たり前のことだと思うのですが、改めて意識していただけたら嬉しいです。 

 

 

 

 

 

投稿者: 植田秋良 投稿日: 2015/04/21 8:02

 

道央のF農場(和牛繁殖牛33頭、受卵牛5頭)さんにお伺いしました。

 

そこには生まれたばかりの仔牛(右奥の小さい黒い物体)がいました。

胸腺がしっかりタプタプしており、母牛の管理の良さが伺えました。

 

Fさんは後継者として戻って5年とのことですが、

 

まず母牛の管理が素晴らしいです!

 

繁殖成績の良さだけでなく、生まれてくる子牛の状態からもわかります。

 

 

その取り組みの一つをご紹介いたします。

 

よく見る繁殖管理のカレンダーですが、

 

Fさんは昨年までの経緯がわかるように1年ずつずらして貼っています。

少しアップしますが、左が繁殖牛の情報、右が3週間ごとのカレンダーです。

繁殖牛の分娩前後の管理(ワクチンなど)だけでなく、今までの成績が一目瞭然でわかり、

 

次の種付けの判断材料になります(例えば成績が悪ければF1受卵牛となる等)。

 

また、駆虫時期などの仔牛の管理にも役立てておられます。

 

このカレンダーは、自宅と牛舎の事務所に貼られており、

 

いつどこで誰が見てもすぐにわかるようになっています。

 

さすがFさん!こういった取り組みが良い牛づくりへとつながっているのですね!!

投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2015/04/20 21:29

 

 

今日は東北のある肥育農家さんのところへ行ってきました。

(この農家さんは なんと お米を60町!?も作っているようです・・・  )

 

 

牛舎の敷料は、すべて稲ワラでした。

 

 

稲ワラは納豆菌が豊富なので 牛の健康にも良いのですが、

 

 

環境(牛舎全体)も納豆菌(善玉菌)が中心になり そういう意味でも牛達にとって良いと思います。

(なかなかマネはできないのですが・・・  )

 

 

この肥育農家さんのところには去勢もメスもいたのですが、

 

 

どちらも 大きく育っている牛が多く、体重が900キロ近い!?メス牛もいました・・・ 

 

 

☆写真 真ん中 の牛です。

 

 

この牛は(他の牛もそうだったのですが)蹄がしっかりしていたので 

 

 

削蹄について 肥育農家さんに聞いてみると、

 

 

”出荷までに 2回から3回は 必ず削蹄する” ということでした。 

 

 

削蹄をきちんと定期的にやっているということは おそらく・・・

 

 

他のことも定期的にきちんとやっている ということなのではないかと思います。

 

 

 

一つ一つのことをきちんとやっているからこそ 牛達が大きく育っているんだろうなって思います・・・ 

 

 

 

結局は 小さなことの積み重ね なのだと思っています・・・ 

 

 

 

 

投稿者: 續晶子 投稿日: 2015/04/17 19:08

 

4月もすでに後半に突入しそうな中

ツツジが綺麗に咲き誇っている九州にいる續です。

 

ハイターーーーーーーーーーーーーーーーーーーーイ!!!!!!!!

 

 

いや

天気がぐずついて気分が愚図愚図しそうだったので

挨拶だけでもテンション挙げていこうかなと……..

 

 

そんな續は宮崎県のユーザーKさんのところで

画期的な餌槽グッズを見つけてしまいました

 

じゃーんこれです

 もういっちょ

 えっ…..何が凄いかって…..?

 

 

餌槽の上にある鉄の枠?(というべきなのでしょうか)に注目してください

 

実はこの鉄の枠!!

牛さんが粗飼料を食べるときに

顔を大きく上下左右に振って

餌槽の横や手前に寄せていったりするのを防止するそうです

 

 

スタンチョンを下ろして

鉄の枠を下ろして

粗飼料を牛さんに合わせて置いていく

餌槽を掃除したいときは鉄の枠だけを上げてチェーンで固定すれば

邪魔にならないように工夫もされています

*チェーンで固定されているのが見えますか?

 

鉄の枠の幅はスタンチョンの幅に合わせると

牛さんが餌槽に顔を近づけてご飯を食べている時に

邪魔にならない広さになるようです。

(広すぎず、狭すぎず)

 

この枠を置き始めた時のビフォー

アフターが下の写真になります

ではビフォー

粗飼料が舞っております....。 

 

そしてアフター

掃除した後の写真ではないですよ

 

 

餌が移動しないことで

枠を設置する以前は隣の牛に餌を横に寄せられていた弱い個体も

確実に粗飼料を食べられるようになったそうです

また餌槽前に落ちる粗飼料の量もとても減ったそうです

 

 

 

掃除も上げて固定してしまえば楽ちんです

あっ....Kさん写ってる......

 

 ちなみにこれは鉄工所の方に作っていただいたようです

農家さんの発想は本当に画期的で面白いです 詳細...

投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2015/04/13 21:55

 

 

一昨日(11日)大分の豊肥家畜市場子牛セリに行ってきました。

 

 

 

出場頭数 は 506頭(メス 208頭 去勢 298頭)。

 

 

種雄牛別出場頭数は・・・

隆之国 78頭 平福安 66頭 百合茂 56頭 安福久 46頭 玉吹雪 36頭

隆茂38 33頭 美国桜 29頭 寿恵福 26頭 徳悠翔 23頭 夏秋花 14頭・・・

 

 

平均価格は メス 60.1万円 去勢 66.4万円(税込) 前回比 約1.7万円高でした。

 

 

この日は、たくさんの人との(久しぶりに会う方を含めた)出会いがありました。 

 

 

熊本の暴れん坊の肥育農家 Nさん や 阿蘇から母牛を買いに来ていた繁殖農家 Iさん

 

 

長野から導入に来ていた肥育農家 Aさん と Iさん

 

 

そして、都町(大分の飲み屋街)で出会った温泉好きの妖精!?さん・・・ 

(妖精の話に興味のある方は後日!?お話します・・・)

 

 

どんな仕事でもそうだと思うのですが、結局は 人と人とのつながり だと思っています。

 

 

いろいろな方との出会いに感謝しています。 

 

 

ところで・・・

 

 

今回の子牛セリで、知り合いの方の子牛(去勢)が良い感じだったので写真に撮りました。

 

 

☆血統は 百合茂ー安福久ー勝忠平 

 

 

セリ価格 は 結構いくだろうなと思って見ていたのですが・・・

 

 

結果としては 270日齢 310キロ セリ価格 87.7万円  この日の最高価格でした。

 

 

佐藤さん 良かったですね!! 

 

 

購買したのは鹿児島の肥育農家さんでした。

 

 

セリ後、お祝いを言うために佐藤さんの牛舎に行ったのですが・・・

 

 

来月出荷の子牛を見ると、今日の87.7万円の牛より良い感じがしました。 

(血統は 百合茂ー安福久ー平茂勝 だったと思います)

 

 

 

佐藤さん 来月の子牛セリも楽しみですね!!  ムフフフフ・・・ 

 

 

 

 

投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2015/04/12 21:29

 

 

今日12日 大分の 玖珠家畜市場子牛セリ に 参加しました。

 

 

 

出場頭数 は 399頭(メス 175頭 去勢 224頭)。

 

 

種雄牛別出場頭数は・・・

平福安75頭 隆茂38 56頭 玉吹雪 39頭 安福久 31頭 隆之国 27頭

百合茂 25頭 寿恵福 17頭 徳悠翔 14頭 光星 13頭 美国桜 12頭・・・

 

 

平均価格は メス 58.8万円 去勢 66.6万円 (税込)  

 

 

前回比 約2.6万円高 でした。

 

 

セリの詳細については省略しますが 

(詳細について興味のある方は連絡ください)

 

 

嬉しいことがあったので報告します。 

 

 

実は 今日の去勢 セリ価格トップは知り合いのMさんの子牛でした。

 

 

血統は 隆之国ー安福久ー百合茂  291日齢 345キロ セリ価格 86.3万

 

 

実は 数ヶ月前から Mさんは ”今日トップを取る!!” と言っていました・・・

 

 

Mさん おめでとうございます!! 

 

 

正直に言いまして、セリの順番やタイミング!?もあるのでトップを取るのは簡単ではないのですが、

 

 

今回は ”想い” が通じたのではないかと思います。

 

 

今日Mさん は 去勢 を 6頭出荷していたのですが、

 

 

セリ価格の平均は 75万円を超えていました・・・   ムフフ・・・   

 

 

Mさん いつか!?焼肉をごちそうになりたいです。 

 

 

そして・・・

 

 

今日はアースジェネターを宣伝!?していただきありがとうございます!!

☆写真 黄色のポロシャツの方がMさんです 

 

 

 

 

森川さん 今度こそ!?あの肥育農家さんに子牛を買ってもらいたいですね!!

 

 

 

日々修業!?ですね・・・ 

 

 

 

 

 

投稿者: 佐藤隆司 投稿日: 2015/04/11 9:06

皆さんこんにちは~っ!


一時は暖かくなって、今年は春が早くなるかなぁ~って期待していたのですが、

しっかり裏切られちゃいましたねぇ~っ!!


私は先週末からまた旅に出ているのですが、旅先でも似たような天気で

太陽さんが顔を隠し、雨模様で風がとても冷たく地元の方々の様相も冬仕様…

やはり最近の気候はとても不安定…牛さんだけではなく、

皆さんも風邪など引かないように健康管理には十分気を付けて下さいねっ!



さて、今回の旅は中部地区です


その行程の中、先日三重県松阪市から奈良県御杖村のお客さんの所に向けて車で移動


途中ナビに誘導され国道166号線から山に向かう国道368号線に進入…


最初は広い道で良い感じだったのが、暫く走ると林道のような1車線でクネクネの細い道に急変…


対向車が来ると、道幅がやや広くなっている所でどちらかの車が待機、


あるいはバックしてすれ違う…という山道


国道でも山越えの300番台の国道はこんな道が多いと言うのを忘れてました!!


くぅ~っ!

またしても…ナビを頼り過ぎてやられちゃいました!!



もう少し走りやすい道路を誘導して欲しいもんですね!


でも…さすがに標高高い山越えだけあって、下界ではもう殆ど散っているのですが、


アチコチにまだ桜が満開の所が…









途中で桜が満開の花を撮影しながら久々の花見を満喫…良い事もありました



…が、しかし…



暫く走ってと広く急なカーブの所に大きな立て看板が…


その近くにも綺麗な桜が咲いていたので、その広場に車を止めて看板を確認…


それがこれです!!









え~っ!!

ここが事件の現場??

H24年に起きた事件なのにまだ看板が設置されているという事は…

まだこの事件は解決していないという事でしょうか?



その看板の横から遺棄現場だろうと思われる所を見てみると…


杉林で遥か下まで崖のような急斜面です



発見当初はきっと、お花などが置かれていたんだろうと思ったのですが…


今は空き缶やゴミなどが心無い人達に沢山捨てられていました!


さすがに、この様子は同じ日本人として情けなく写真には撮れませんでした!!


せっかくきれいな桜を眺めて、心が癒されていたのに…


私は何も供えるものは無かったのですが、その場に向けて手を合わせ


ゴミを捨てた人達に代わって…こんな事して「ゴメンナサイ」って謝って来ました


そして、事件が早く解決することをも願わずにいられませんでした!!


今回は牛さん現場とは全く関係ない腹立たしく、且つ情けないお話でした!!



皆さんも、子供たちをはじめ一人でも多くの人達に、綺麗な自然をゴミで散らかさないように


また、海外から来られる人達にも自慢できるように、


日本人として大切な心を伝えて行きましょうねっ!!