自然環境の調和を保ちつつ地球に優しい持続的農業を提案します。

日記カテゴリー


株式会社ラボジェネター

〒080-0106
北海道河東郡音更町東通
20丁目2番地9

ブログカレンダー

アーカイブ
<2015年8月>
2627282930311
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
303112345
月別の過去ログ
2018年11月
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
投稿者: 佐藤隆司 投稿日: 2015/08/27 9:34

今回は久米島からの録画中継?です!!

フ~ッ、先月の取材だったのですけど、何とか今月中に報告で来て良かったですっ!!



さて、セリ場係留場に足を踏み入れると…またまた発見!!

ハイ、お馴染み?のこれですっ!!




今回はやや控えめの色?遠くでも良く目立つオレンジポロシャツです!!

目立っている人はモチロン…長年のユーザーさんである

國吉 明さん(奥で牛さんを係留している人)の弟分の豊さんです!!


確か…明さんも持っている筈なんですけど…

汚れたら困るから箪笥に仕舞ってあるのかな~っ??



さて、開催された市場の結果ですが…


上場頭数は♀75頭、♂121頭で合計196頭でした!!


平均価格は♀540,820円(前回比-6,488円)

               ♂629,969円(前回比-4,998円)  

と言う結果でした。


最高価格は♀811,080 円(百合茂ー第1花国―金幸)284日/304kg

               ♂766,800円(百合茂―安福久ー平茂勝)286日/320kg でした。



全体的な感想ですが…

こちらの市場は隔月でしか開催されないため、早出しの牛さん(200~250日令)達も上場されるので

どうしても個体のバラつきは避けられません。


このせいだけでは無いのですが中には数頭成育不良の牛さんも上場されており、

そのせいもあってか、セリ価格の上下幅が大きくなっていたようです。


ただ、ここの牛さん達は今回廻った他の市場に比べ、飼料多給与による肥満傾向の牛さん達は

少なかったように感じました!

しかし、雌牛さんについてはコブ付き牛さんがやや多く観察されたのがチョット残念!!


以前にもここで書きましたが、

和牛の場合、同じ牛さんであっても遺伝的な系統や♂♀によっても成育状況が

随分異なって来ますので、同じような体型や大きさに揃えて育てるのは至難の業ですよね!


マァ…難しいが故に皆さんの飼養管理の腕の見せ所で、

その育成技術と努力の差によって価格の上下が出てくる仕事ですから、

考えようによっては…やり甲斐のある仕事でもある訳ですねっ!!


皆さんも是非、プラス思考で物事を捉え、これからも購買者さん達に喜ばれるような

牛さん創りを目指して頑張って下さいねっ!!


私達も陰ながら応援させて頂きますっ!!   



今回のセリ市場シリーズはこれにて終了致します!! お付き合い有難うございました!!


また後日、皆さんの現場やこの部屋?でもお目に掛かりましょうね~っ!!

投稿者: 佐藤隆司 投稿日: 2015/08/26 8:49

久し振りのセリ市場巡り~その3


ハ~イ、今回は初めての今帰仁セリ市場にやって来ました!!


セリ場の中に足を踏み入れると…牛さん係留所でいきなり発見!!




何処に居てもすぐ目立ってしまう真っ黄色のオリジナルポロシャツ…

これを着て牛さんを引くとセリ値が高くなる?…って言うのは冗談です!!

ポロシャツを着てくれているのはFBでもお馴染み…

毎日アップしているファームコネクションの前川さんです!!




今回の上場頭数は♀99頭、♂97頭で合計196頭でした!!

平均価格は♀588,319円(前回比+47,879円)

♂661,,361円(前回比+9,504円)  

♀・♂平均で+22,357円の結果でした。


最高価格は♀911,520 円(勝忠平ー安福久―福桜(宮崎)341日/286kg

♂854,280円(幸紀雄―安福久ー平茂勝)252日/318kg という結果でした。

相変わらずの人気車種…イヤ、人気血統ですね~っ!!



いよいよ最初の写真でアップした前川さんの登場です!!



何かカメラ目線?で背中を見せてくれてるんですけど…

これは、たまたま前川さんが牛さんを回している時に撮ったショットで、

決してヤラセではありませんよぉ~っ!!


それにしても…すっごく目立ちますね~っ!!



こちらの市場で感じた事は…♂♀問わず全体的に飼料を多めに喰い込ませて

体重を乗せて創ってきたのかなぁ~?と思われる牛さんが結構目につきました!

特に雌牛さんで顕著でした!


モチロン、スッキリと牛さんらしく幅、深みと伸びのある個体も上場されてましたけど、

もう少し多くの割合でこんな体型の牛さんが揃ってくれると良いのでは?…と感じました!!




セリ終了後には、牛舎改造中の前川牧場さんにお邪魔し、進行状況を拝見してきました!!



外壁工事は殆ど終了していて…




屋根は自然エネルギー…太陽光を利用したソーラーパネル仕上げ…





母牛係留スペースの床にはストレス改善のために全面ゴムマットを敷き詰め、

足、ひざ関節に掛かる負担を出来るだけ軽くしています。


コンクリートむき出しに比べ、そのストレス軽減効果はとても大きく

母牛の繁殖成績向上にも大きく貢献する事と思います。





また、当初から取り組んでいる堆肥つくりについても順調に推移していて、

臭気はほとんどなく、ハエの姿もとても少なく順調な発酵をしているのがよく解ります

モチロン、牛舎の直ぐ隣に堆肥が堆積されているので、悪臭ガスのストレスもほとんど無く

スッキリしているので、牛さん達もゆったり過ごしていられる事と思います






堆肥を掘り返してみましたが、表面には白い放線菌群達がアチコチ観察され、

内部はホンワカ暖かく良い匂いが立ち上って来てました!


ここまで出来たら、堆肥初期発酵の水分調整用、畑還元用、敷料戻し用などなど…

色々な形で再利用できますよね!!



前川さん、お忙しい所お付き合い頂き有難うございました!!

皆さんも参考にして、是非色々とチャレンジしてみて下さいね~っ!!         つづく


投稿者: 植田秋良 投稿日: 2015/08/24 16:18

 

涼しくなり秋の気配すら感じる北海道です。

 

今年の夏は例年になく湿度が高い日が多く、

 

また、寒暖の差を感じる日が多かったです。

 

今となっては遠い過去のようで何だか寂しい今日この頃ですが、

 

これからの季節は収穫の秋ということで海の幸、山の幸など

 

美味しい物がたくさん食べることができるので楽しみですね!

 

 

さて、話は変わって、先週お伺いしました道北地方の

 

T農場さん(和繁40頭規模)をご紹介いたします。

 

Tさんは繁殖牛を中心に集約放牧を実施されています。

 

と同時に季節繁殖を取り入れて、

 

秋に種付け、夏に分娩、春から秋にかけて素牛を出荷

 

されています。

 

今回お伺いした時には以前から準備されていた

 

牛舎の増築を行っていました。

牛舎内を拝見すると・・・・

牛床部分を1mほど掘っていました。

これから種堆肥(完熟一歩手前)などを投入して

 

完成とのことです。

 

もうお分かりかと思いますが、発酵床です!

パドックも併設します。

そして、増設した屋根の部分は全面透明ポリカにして

 

日光を思う存分取り入れておられました!

 

夏場の暑さが心配されますが、

 

放牧中なので牛舎の滞在時間が少ないので大丈夫とのことでした。

 

また、耐久性が劣るポリカの対策も講じているとのことでした。

 

もちろん雪が落ちやすいように屋根の勾配もOKです。

 

来月中には工事が終わる予定とのことですが、

 

また、牛が入ってからの様子をご報告いたします!

 

乞うご期待です!!

投稿者: 續晶子 投稿日: 2015/08/21 16:20

 

 

ハイタイ☆續です

佐藤社長もブログで書いていたように北海道は秋の気配がしております

(とは書きつつの今日の事務所は扇風機とクーラーのスイッチが入りました)

全国的にまだまだ残暑が厳しい日が続いております。

 

 

そしてまさかのW台風の出現!!!!

….なにも續が出張しようかと思っているタイミングで

出現しなくてもいいものを

 

日々のお仕事に台風対策と何かとお忙しいとは思いますが

熱中症には十分注意してくださいませ←高校総体時に運ばれたことがある人

そんな今日は「ハエの駆除」についてです。

前回の出張時に農家さんにハエ対策には何を使っていますか?と質問した際に色々「あれ使っているよ~」「これいいよ~」等々紹介して頂いたので

ここに書き書きしていきたいと思います

 

 

まずは私も工作できそうなところからスタートです

鹿児島の肥育農家さんMさんに教えていただきました。

かの有名な「みりんトラップ」

 

名前と実物はよく聞いたり見たり(ハエさんが沢山入っているペットボトル…)していたのですが、具体的な作り方を知らなかったので

鹿児島県の肥育農家Mさんにレクチャーして頂いた方法をここに書き込んでいきたいと思います

Mさん有り難うございます

準備するものは

みりん

2Lペットボトル

カッター     です 

次にみりんトラップ容器の作り方

*續画伯の絵心はいかに……

 

最後はみりんトラップのトラップ?の作り方

 

みりん(みりん風調味料):水=1:1の割合で薄めて

一つのペットボトルに200ccほど入れるそうです。

 

(例として2Lペットボトルを11本用意して1本でみりん:水=1L:1Lで作って、残り10本に200ずつ入れるとMさん。なるほどイメージしやすくなりました)

 

 

中身を変える頻度は1週間に一度

こまめに入れ替えることでみりん独特の匂いがしっかりするため←ポイント

ハエが寄ってきやすく、トラップにもハマりやすくなる

あまり入れ替えないと匂いが薄くなりハエが寄ってこなかったり

トラップになるみりん水に溺れにくくなるため

(ハエの死骸でみりん水の表面が埋まるのだとかひええええ)

効果が下がってしまうとのことでした

 

 

これをハエが発生しやすいシーズン中設置し、こまめに液体の交換を繰り返していくのだそうです

そしてシーズンオフにはペットボトルの役目は終わり、つぶしてゴミ箱にポイして終了

ペットボトルもしっかりリサイクルしたいところだそうですが、出来ないほど真っ黒くなるそうです....

 

ひえぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇえぇええええ

投稿者: 佐藤隆司 投稿日: 2015/08/21 9:56


さて、今回は伊江島セリ市場です。
















         上場頭数は♀116頭、♂145頭で合計261頭でした!!

平均価格は♀557,913円(前回比+29,968円)

♂649,519円(前回比+6,621円)  

♀・♂平均で+12,997円の結果でした。


最高価格は♀774,360円(隆之国ー安福久―平茂勝)282日/271kg

♂845,640円(幸紀雄―平茂勝ー紋次郎)264日/300kg  という結果でした。






アレレ~ッ?

ヒロヤさん…ポロシャツ着て来るって言ってたのにぃ~っ!!

忙しくて着替えてる暇無かったんですね~っ?


こちらの市場は上場頭数が少ないせいもあるのでしょうが、全般的に肥満傾向は少なかったと思います。

但し、やはり雌牛に関しては、やはり体重をのせる為に飼料を多給したと思われる牛さんも

チョット目につきましたけど、以前より改善されていると思います!!

雌は雄牛に比べて内臓脂肪、皮下脂肪が蓄積しやすいですから、特に出荷前は♂♀分けた飼養管理が

大切だと思われます!!


では、次回は北部の今帰仁市場ですねっ!!       つづく

投稿者: 佐藤隆司 投稿日: 2015/08/20 8:59

皆さんこんにちは~っ!

お盆も過ぎて帯広は急に朝晩だけではなく、日中も涼しい(寒い?)日が押し寄せて

来ています。

でも、最近の天気は変化が激し過ぎて、このままで済むとは思えませんがね!


南国の皆さんはまだまだ残暑が続いていて大変かと思いますが、

最近の不安定で極端な気候変動で牛さんのみならず、皆さんも体調を崩されていませんか?


さて、だいぶ遅くなってしまいましたが、先月中旬に台風の隙間を突いて南下し、

当初予定より1日だけ遅れて石垣島に上陸…久し振りにセリ市場巡りをしてきました!!


今回は八重山・伊江島・今帰仁・久米島の4市場を踏破?してきましたので、

シリーズで順次ご紹介させて頂きます!!


まずは八重山からです!!




古くからアースジェネターユーザーさん、H さんの登場です!

これはまだセリ途中の写真ですが、最終的には初日ベスト2 のセリ値でした!!



アッ!!

素敵なポロシャツ姿を発見!!



Sさん! ご愛用、有難うございます!!



セリ市場2日間の上場頭数は♀267頭、♂377頭で合計644頭でした。

平均価格は♀543,960円(前回比+3,690円)、

♂639,205円(前回比ー12,987円)

♀♂平均でー3,354円のやや下げの結果でした。


最高価格は♀711,721円(安福久ー百合茂ー福栄)280日/263kg

♂873,720円(勝早桜ー安福久ー茂勝栄)284日/361kg


係留所に並んでいる牛さん達を見て感じたのは…これは何処のセリでも言える事かと思いますが

セリ出荷前の飼料の食い込ませ過ぎでは?と思われる牛さん達が未だに多いように感じました。

特に雌牛については尾マクラが付いている牛さんが多々見られました!

確かに…体重がのっている牛さん達のセリ価格は高い…という傾向が未だに強いのですが、

お客さんである肥育農家さんの所に行って肥育された時、果たして期待に応えてすくすく育ってくれるのでしょうか?


モチロン、牛さんの系統や購買された方々の肥育技術も夫々異なるでしょうから一概には言えません。

しかし、私はやはり牛さんは草食動物ですから、育成段階から粗飼料を主体にしっかり食い込んで貰い、

牛さんの最も大切な臓器である第一胃の容積と機能を高め、体高、幅、深みのある牛さんを創って、

皆さんが生産する牛さん達を購入して頂けるリピーターさんを獲得して頂きたいと思っています。


では…今回はここまでで、次回は伊江島まで北上いたします        つづく

投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2015/08/19 8:55

ある子牛セリでの話なのですが、 
”この牛どうですか!?” と知り合いの繁殖農家さんに質問された。
この農家さんの牛はいつも発育が良い。 
ただ、少し!?太っていることが多い。 
今回の牛も発育が良く、大きな牛だった。
ただ・・・  少し太っているように感じたので、
”これだけ発育の良い牛なら、出荷前に少しだけでも配合飼料を抑えれば、その分粗飼料を喰い込むし、
 もっとスッキリして なおさら肥育農家さんもチェックすると思いますよ” という話をした。
今回の牛は、メス牛だったので 県外の繁殖農家さん も見ていたようで、
結局・・・
百合茂ー金幸ー安平(メス) 268日齢 298キロ 71.2万円(セリ価格)だった。
あと少しスッキリさせていたら、もしかしたらこのセリ価格より安かったのかも!?しれないのだが、
その分 肥育農家さん(今回の場合、繁殖農家さんなのですが)のところに行って
伸びる(大きくなる)のかなぁ と思ってしまいます。
子牛セリが終わると、次回 セリに出る子牛もいて頭を切り替えなきゃいけないし、
そうこうしているうちに、新しい牛の誕生 や 牛の病気、
牛だけのことじゃなく 家族や地域の行事など 日々いろいろなことが起こり 
出荷した子牛のことを忘れてしまいがちになってしまうので
(もちろん、きちんと全頭覚えている方もいらっしゃると思うのですが
子牛セリに出るまでは、自分の納得いくカタチで その牛なりに素直に育てて、
大きいとか小さいとか 発育が良いとかそうじゃないとか 血統がどうだこうだとか!? 
そんなことに関係なく 産まれてきた子牛は 一頭入魂!? 
次の方に(肥育農家さんや繁殖農家さんに)バトンタッチして欲しいと思っています。 

投稿者: 續晶子 投稿日: 2015/08/12 9:03

ハイタイ☆續です

 

最近は北海道も少し涼しくなってきています

だがしかし續は昨日一人で会社のシュレッダー前で熱くなっておりました

 

何故かというと....夏の甲子園....沖縄代表の興南高校が初戦突破したからです

リアルタイムに試合を観戦することは出来ませんでしたが

聞くところによると激戦だったようで...あ~ん観戦したかった

 

 

 

 

 

そんな今日は

秋田県で見た牛舎の敷き料の写真をアップしたいと思います

各地域、各農家、それぞれで牛の養い方は違うのだと

續は1年と半年学んできましたが、この光景は初めてみたのです

 

 

 

流石米どころ!!!!!

 

大量の籾殻!!!!!!

 

 

 

全部籾殻!!!!!!

 

 

写真ではその状況を上手く撮影出来ていませんが

 

この牛舎は籾殻の量で傾斜をつくったところ

黄色い服を着用したお兄さん側を汚れてもいいゾーン(やや低い)

その反対側が自然と牛さんの寝るためのベットゾーン(やや高い)と

 

自然と牛さんが住み分け?したそうです。

 

部屋そのものが緩やかな傾斜がかっている設計だと思って質問した

宮崎の母ちゃん達と吃驚してしまうほど

豊富な籾殻に驚いてしまいました

 

 

米どころでないとふかふかベット(傾斜付き)を作れるほど籾殻は確保できないね~

とお話しされていた母ちゃん達も印象的でした

 

 

 

他地域で真似するのは難しいのかと考える一方で、米どころ秋田のお米の生産量が本当に凄いことを体感しました

 

凄いです秋田県

 

 

 

 

 

投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2015/08/11 21:29

 

 

先月のある子牛セリでのことなのですが、

 

知り合いの肥育農家さんが いつも買っている牛と 少し違うタイプの牛を買っていました。

 

”なんで今回はあのタイプの牛を買ったのだろう・・・ 

 

”あの牛は枝肉重量をどれくらい取れると計算しているのだろうか・・・ 

 

気になっていたのですが、セリ場ではゆっくり話す時間がなかったので、別の機会に質問してみた。

 

岩本 : ”今回 なぜあのタイプの牛を買ったのですか? 

      あの牛は枝肉重量を何キロくらい取れると計算しているのですか?”

 

肥育農家さん : ”あの牛だったら、3等級でも利益が出ると思ったからね。

           あの牛は病気なくそのままいけば、枝重 650キロくらいにはなると思う。

           あの牛はまったく太ってないからね・・・”

 

その牛の出荷は、来年末 もしくは 再来年の初めくらいだと思うので、

 

現場に行った時には、意識して見たいと思っています(下の写真がその牛です)。 

 

 

☆寿勝平ー安福久ー平茂勝  270日齢 385キロ 90.2万円(セリ価格)  

 

 

スゴイ 発育能力を持った牛ですよね・・・ 

 

 

僕が忘れなければ!?  この牛の結果(18ヶ月後なのですが)も載せたいと思っています。 

 

 

 

投稿者: 植田秋良 投稿日: 2015/08/10 10:53

 

先週、南北海道市場(2日目)に行ってきました。

 

上場頭数は二日間で1,393頭。

 

平均は メス 612,632円(前月 611,206円)

 

    去勢 707,819円(〃  700,992円)※税込  でした。

 

依然として高値が続きました。

 

主な種雄牛は以下の通りです。

今回は二日目の午前中のみの訪問でしたが、

 

参考までにその時に80万を超えた牛を紹介いたします。

 

※税抜き価格です。

 

去勢 美津百合-安福久-平茂勝 269日齢 335㎏ 820,000

 

去勢 幸紀雄-安福久-平茂勝 266日齢 319㎏ 840,000

 

去勢 勝忠平-安福久-福之国 263日齢 339㎏ 854,000

 

去勢 百合茂-安福久-神高福 305日齢 357㎏ 813,000

 

去勢 百合茂-安茂晴-安福久 296日齢 362㎏ 810,000

 

去勢 諒太郎-平茂晴-平茂勝 293日齢 365㎏ 810,000

 

 

特にこの6頭は牛の姿、フレーム、肋張りなどピカイチでした!

 

 

全体は、安福久絡みの牛、フレームが大きい牛、

 

体重がある牛、などが高い値がつく傾向は変わらなかったです。

 

 

セリ当日は30℃を超える蒸し暑い日でした。

 

皆さん、人も牛さんも熱中症など気を付けてください!

 

以上、市場結果でした!