自然環境の調和を保ちつつ地球に優しい持続的農業を提案します。

日記カテゴリー


株式会社ラボジェネター

〒080-0106
北海道河東郡音更町東通
20丁目2番地9

ブログカレンダー

アーカイブ
<2016年4月>
272829303112
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
1234567
月別の過去ログ
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
投稿者: 植田秋良 投稿日: 2016/04/26 9:07

 

上川管内のT農場(和繁40頭規模)にお伺いしました。

昨年の秋から発酵床を開始して冬を越しました。

発酵床にしたのは哺育、育成、母牛の一部です。

Tさん曰く、

「発酵床を始めて約5か月経ち、冬も越しましたが、

今のところ、良いことばかりです!」

とのことでした。

具体例を挙げますと、

  哺育育成牛の疾病減少や個体のバラツキが改善

  母牛の発情の明確化、種付きが良くなった

  牛がのんびりして、おとなしくなった

  以上の結果、Tさんご夫妻の気持ちや労力に余裕がでてきた

 

今回、既存の牛舎を改築して約500万円の費用が掛かりましたが、

確実に費用対効果があるとのことです。

とは言っても、もちろん良いことばかりではなく、

常に発酵の条件を整えることが重要で

しかも容易ではありません。

条件とは、

  健康な糞 (ルーメン発酵の安定が不可欠です!)

  適度な水分 (乾き過ぎず、グチャグチャになり過ぎず)

  通気性 (嫌気状態と好気状態のバランスを!)

  温度 (牛の体温、日光、発酵安定により保たれる!)

 

などです。

土地の気候、気象、牛の密度、手に入る敷料、

メンテナンスにかけられる労力、などなど

現場によってまちまちなので、

それぞれにあったやり方を見つけ出すことが重要です。

 

最後に、

T農場さんは次にパドックを整備する予定とのことですが、

ますます牛の健康が増進されるに違いありません。

 

T農場さんの今後のご活躍を祈っております!

投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2016/04/20 23:29

 

今月7日、8日に開催された 熊本県市場 子牛セリ の結果を載せたいと思います。


出場頭数は 814頭。


種雄牛別出場頭数は


美津照重 111頭 隆之国 74頭 安福久 72頭 直太郎 56頭 百合茂 52頭


美国桜 46頭 幸紀雄 40頭 菊花国 39頭 芳之国 30頭 諒太郎 24頭・・・


平均価格 は メス 76.3万円 去勢 84.5万円(税込) 前回比 2.1万円高でした。


☆去勢の 価格上位(10頭)の 血統、日齢、体重、セリ価格 を書きます。


茂久桜ー勝忠平ー安福久ー平茂勝 278日齢 353キロ 1,202,000円


勝忠平ー安福久ー金幸ー平茂勝 293日齢 370キロ 1,184,000円


勝忠平ー安福久ー平茂晴ー平茂勝 290日齢 338キロ 1,151,000円


美津照重ー勝忠平ー安福久ー平茂勝 303日齢 344キロ 1,131,000円


隆之国ー安福久ー平茂勝ー糸晴 282日齢 340キロ 1,111,000円


百合茂ー安福久ー平茂勝ー安平 270日齢 341キロ 1,108,000円


茂久桜ー勝忠平ー安福久ー平茂勝 285日齢 370キロ 1,107,000円


百合茂ー安福久ー勝忠平ー糸藤 280日齢 331キロ 1,090,000円


隆之国ー安福久ー第1花国ー福栄 301日齢 354キロ 1,079,000円


百合茂ー安福久ー勝忠平ー安平 297日齢 327キロ 1,065,000円


☆熊本県市場からのデータを参考にしています。


初日(7日)は 子牛セリに参加しました。


去勢のセリ価格トップだった牛は 初日に出場していました。


110万以上はするだろうなと思いましたが、120.2万円でした・・・ 


その牛は もちろん 発育も良かったのですが(当たり前ですね  )


まだまだ 伸びていきそうな感じがしました。 


枝肉重量 650キロ以上 になりますように・・・ 


ちなみに、熊本セリの2日間で 去勢のセリ価格 100万円以上の牛が 24頭 もいたようです・・・ 


ちなみに、今日(20日)の肝属子牛セリ 去勢の平均価格は 90.6万円(税込)だったようです・・・ 

☆94.6万円(税込)と書いていたのを 90.6万円(税込)に訂正しました。 申し訳ありません。


来週(25日)からの 曽於子牛セリ はどうなってしまうのでしょうか・・・  

 

 

投稿者: 礒 匠 投稿日: 2016/04/15 14:49

 

今週は十勝の肉牛市場(和牛の部)に行ってきました。

競走馬のセリは見たことがありましたが、牛の市場は初めてで

したので、おもしろかったのですが、なにが値段を左右するのかは

謎のまま体重と値段をメモしながら、

どんどん値が付けられていく牛を凝視していました。

 

二日目の市場では、植田課長に母父が安福久というのは

いい血統だという情報を聞きましたので

やはりどこの世界でも血統というのは重要なのだな

と感慨深く思いました。

 

そして、この日はゆっくりと牛を見て回りますと

私のようなド素人でも

セクシーな体をしているなあと感じる和牛さんがいまして

この子は高値で売れるだろうななどと

勝手に予想をしながら楽しみました。

 

このような市場で実際に取引されているのを見ることで、

知識が増え、多くの疑問を持つことができることは

今後、現場に出ていくのに大切なことだと感じました。

 

次回の市場はもう少し知識を持っていけると思うので

楽しみであります。

 

来週からは酪農家さんで実習をさせていただきますので

早寝早起きを心がけていた成果が出れば

いいなと思います。

しっかり勉強してきます!

 

投稿者: 植田秋良 投稿日: 2016/04/14 18:21

 

昨日、一昨日(12,13日)と十勝肉牛市場に行ってきました。

(終日ではありませんが・・・)

上場頭数は2日間で1,798頭(繁殖など含む)

平均は メス 757,506

    去勢 897,465円 (税込み) でした。

前月より約3万高となりました。

上がった要因の一つに

先週の南北海道肉牛市場の高値の影響が挙げられます。

主な種雄牛は以下の通りです。

参考までに何頭かの牛のセリ価格を紹介いたします。

※税抜き価格です。

去勢 勝平正-安福久-平茂勝 293日齢 3631084,000 ET

去勢 茂洋-平茂晴-平茂勝 314日齢 362㎏ 1053,000 ET

去勢 勝忠平-安福久-平茂勝 232日齢 3421050,000 ET

去勢 芳之国-百合茂-安福久 302日齢 344972,000

去勢 勝早桜5-芳之国-安福久 322日齢 337911,000

去勢 花国安福-勝忠平-福桜 298日齢 358883,000

去勢 安福久-第1花国-安平 300日齢 334㎏ 879,000

去勢 美津照重-百合茂-福之国 310日齢 328㎏ 859,000

 

メス 百合茂-安福久-勝忠平 詳細...

投稿者: 中紙育朗 投稿日: 2016/04/12 19:17

4月8日鹿児島 薩摩中央市場の子牛セリに行ってきました。

 

出場頭数

去勢   171頭      雌  165頭   合計   336頭

 

平均価格

去勢   89,2千円   雌  82,4千円  (税込み)でした。

  

種雄牛別出場頭数(上位10)は以下の通りです。

安福久 70頭   幸紀雄  67頭   茂久桜  38頭  百合茂  25頭

 

美国桜 22頭   諒太郎  16頭   福華1  14頭  徳悠翔  14頭

 

直太郎 11頭   百合智  9頭    花美千  8頭  勝昇龍   7頭

 

この日のトップは去勢 百合茂ー安福久ー勝忠平 体重374㎏ 日齢284 価格1,300千円(税抜き)でした。

 

高く売れそうな牛をセリ前に予想して、本当にたまたま当たったりしたので

(もちろん具体的な数字は全然わかりません

楽しかったので来月か再来月にはまた行ってこようと思います

投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2016/04/09 23:55

 

九州の ある肥育農家さんのところへ 行ってきました。

 

その方は 今 220頭くらい 和牛を肥育していると思います。

 

牛達を見せてもらっていると 良い感じの肥育牛を発見しました。 

 

 

 

遠くから見ても 目立って!?いました・・・ 

☆血統は 百合茂ー安福久(去勢)だったと思います。

 

”おおーーっ・・・  あの牛なんかスゴイですね!!”

 

と僕が言ったら、そのことを聞き 肥育農家さんは、

 

”あの牛は12番だと思うんですけど、エコーで見たら カブリがシコリ(筋炎)なんですよね・・・  ”

 

”シコリじゃなければ なにかの共励会に出したいのですが・・・  ”

 

ということでした。

 

ということで、 肥育農家さんは あの牛のことを ”シコリくん” と呼んでいました・・・ 

 

シコリくん は 写真ではあまり大きく見えないかもしれませんが、

 

枝肉重量 580キロ くらいあるんじゃないかということです。

 

シコリくん は 今月出荷です。

 

肥育農家さんの期待を裏切って!?シコリくんに シコリがありませんように・・・ 

 

 

 

投稿者: 植田秋良 投稿日: 2016/04/08 17:29

 

一昨日、昨日(467日)に南北海道肉牛市場が開催されました。

上場頭数は二日間で2,040頭。

(和牛素牛、和牛繁殖牛、F1素牛など)

和牛素牛の平均は メス 782,247

         去勢 902,117円 ※税込  でした。

先月より約4万円高でした。

前年同月よりメスは18万円高、去勢は22万高でした。

主な種雄牛は以下の通りです。

ついに去勢の平均価格が90万円を超えました。

相場が上がった要因の一つとして、

常連さんではない本州からの肥育購買者が

買いに入ったことが挙げられます。

高額な牛の特徴は、2~3代祖に安福久、勝早桜5や花美千や花国安福など増体の良い牛、等でした。

100万円を超す牛も多くなり、価格の開きが出てきました。

参考までに何頭か高値だった牛を紹介いたします。

※税抜き(セリ)価格です。

去勢 勝忠平-安福久-平茂勝 273日齢 3391062,000 ET

去勢 百合茂-安福久-忠富士 264日齢 363㎏ 1112,000

去勢 幸紀雄-安福久-勝忠平 294日齢 316㎏ 1005,000

去勢 百合茂-茂洋-安福久 273日齢 349㎏ 1091,000

去勢 隆之国-安福久-平茂勝 262日齢 338㎏ 1017,000

去勢 勝早桜5-福之国-安平 274日齢 379㎏ 詳細...

投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2016/04/06 23:29

先月の話なのですが・・・
ある肥育農家さん(去勢を肥育しています)のところへ 行ってきました。
繁殖農家さんからの紹介により その肥育農家さんと知り合いになったのですが、
電話でお話をしただけだったので
この時、初めて会いましたし、もちろんですが 初めての牛舎訪問でした。
牛舎に行くと・・・
牛達はゆっくり寝ているし、臭気も少ないし、床も厚くて とても快適そうでした。 
個体管理もできているな と感じました。
肥育成績も良いんだろうな と思いました。
話をすると 熱い想い も伝わってきました。 
気づいたことが一つあったので、伝えました。
牛達の爪が長いことでした。
理由を聞くと、知り合いの削蹄師さんが、辞めてしまい・・・ ということでした。
きちんと削蹄をしたら、ストレスも少なくなるし、少なからず喰い込みも上がるので
枝肉重量があと 10~20キロ!?くらい増えるんじゃないかと思います。
☆翌日農家さんから連絡があり、削蹄師さんに切ってもらうことにしたということでした。 
 嬉しかったです。 
牛舎を見た後、昨年と今年の肥育成績を見せてもらいました。
正直に言いまして かなり良い感じでした。 
パパっと見ただけなので、正確な数字ではないかもしれませんが
平均枝重が 530キロくらい、平均BMSが 8~9 という感じだったと思います。
ちなみに、今年1月に出荷している牛が2頭いたのですが、どちらも12番でした・・・ 
枝肉単価も 3000円を超えていました・・・ 
血統は 2頭とも 百合茂母牛 の 隆之国(隆之国ー百合茂)でした。
(ちなみに、3代祖は安福久ではありませんでしたよ・・・)
アースジェネターの給与も始まりました。  ムフフ・・・ 
これからどのように変化していくのか楽しみです。 

投稿者: 宮下真菜美 投稿日: 2016/04/04 11:48

みなさんこんにちは お久しぶりです、まなみです。

 

さて。

新年度がスタートしました。

今年度はアース技研にNEWフェイスの磯、

そしてラボジェネターには出戻り(!?)の中紙が入社しました!

 

 

事務所の机の配置はこんな感じ。

 

 

 

二人ともがたいが良く身長が高いので、

壁に挟まれている気分です!!

 

 

 

朝に会社で入社式を行い、

夜は市内のホテルで歓迎会をしました!

 

歓迎会は アース技研、ラボジェネターのほかに

NEEDS(チーズ工房) そして EPSというグループ会社も集まって

合同で行いました。

 

≪ちなみに。NEEDSとは。≫

十勝 幕別町の奥の奥 大自然に囲まれた土地で、

心をこめてナチュラルチーズを製造しているチーズ工房です。

毎年秋に開催している「収穫祭」は、この場所で行われています。

気になる方はこちらまで。  needs-kashiyuni.com/

 

二次会はいつも大変お世話になっているスナックへ。

この日のカラオケ大会も、

佐藤社長のムーンライト伝説から勢い良くスタート。

 

 

 

※注・新入社員2人(激しすぎてブレる)

 

 

※磯は私と同い年のはずなのに、

私の両親より上の世代の歌がすき。

 

 

途中、工場長の「Love so sweet」(嵐)を挟んだり・・・

ARASHI」(嵐のデビュー曲)のラップを完璧に歌う社員が現れたり・・・

 

 

普段は見られない新たな一面を見ることができ、

また一段と団結力が深まったように思います。

 

昨年同様ではありますが、

お祭りのような一日で新年度がスタートしました。

 

昨年度とはまたひと味違うアース技研グループとして

社員一同、皆様にご満足頂けるサービスを心がけて参ります。 

 

また、私自身 今年度も何かと至らない点もあろうかと存じますが、

精一杯努力してまいりますので、ぜひ今後ともどうぞ

よろしくお願い致します。

 

 

投稿者: 礒 匠 投稿日: 2016/04/01 14:54

 

はじめまして。わたくし本日4月1日から

新入社員として働くこととなりました

礒 匠(イソタクミ)と申します。

植田課長の元で北海道を担当させていただきます。

 

栃木県出身で農業とは無縁な環境で育ちましたが、

馬にあこがれて北海道に来て、

ある縁で社長と出会い、

アース技研に入社しました。

これからは、馬だけでなく

牛のこともしっかりと勉強していきたいと

意気込んでいます!

ドライブは好きなほうなので、

広すぎる大地を楽しんで営業回りしたいと思います。

 

ウソのない真面目な投稿でした。

 

どうぞ、よろしくお願いします!