自然環境の調和を保ちつつ地球に優しい持続的農業を提案します。

日記カテゴリー


株式会社ラボジェネター

〒080-0106
北海道河東郡音更町東通
20丁目2番地9

ブログカレンダー

アーカイブ
<2017年1月>
25262728293031
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930311234
月別の過去ログ
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
投稿者: 礒 匠 投稿日: 2017/01/30 16:54

 

先週、釧路のほうに行ってきました。

 

釧路と言えばこのようによくタンチョウを見かけます

本州出身の僕にとってはとても素晴らしい光景ですが・・・

 

酪農家さんにとっては、野生の鳥は敵でもあります

病原菌を運んできたり、牛のえさを食べてしまったり

カラスに至っては、牛のおっぱいをつついて

大量の血が・・・ということもよくあります

 

 

ですから、鳥対策は重要です。

この農家さんは牛舎の入り口に防鳥ネットを取り付けています。

出入り口はしっかりしたネットでないとすぐに擦れて

切れてしまうとのことです。

レールなども含めるとコストは結構かかるようですが

上に書いたような被害はほぼ無くなります

 

 

もし、余裕がある方はご検討を・・・

投稿者: 宮下真菜美 投稿日: 2017/01/27 16:27

 

今日の事務所 小ネタ編。

 

 

 

誰が一番 ジェネターキャップが似合うか選手権 開催中。

 

 

 

今日もみんなで和気あいあいと営業しております。

投稿者: 中紙育朗 投稿日: 2017/01/25 18:26

皆さんこんにちは!!

 

今月23~24日に開催されました、種子島子牛セリに行かせて頂きました

 

今回、僕は初めて種子島セリに行ってきたのですが、以前から日齢が若い牛

が多く、太っている牛が少ないと聞いていたので、とても楽しみにしていました

 

出場頭数(2日間合計)  去勢 334頭   雌 281頭      合計615頭

平均価格(2日間合計)  去勢 88,4千円 雌 77,4千円    平均 82,9千円

23日合計平均日齢  256日                             

        

種雄牛別出場頭数(上位10)

華春福  145頭

喜亀忠   80頭

直太朗   57頭

幸紀雄   42頭

秀幸福   41頭

諒太郎   31頭

隆之国   24頭

百合茂   24頭

安福久   24頭

金吉幸   23頭

 

1番高値だったのはこの牛でした。

 

去勢 246日 311キロ 華春福ー安福久ー勝忠平 146,7千円(セリ価格)

僕は牛を見れる訳ではありませんが、血統が良くて、大きく育っていて、太っていな

い(皮膚にゆとりがある)牛だと思いました。

 

僕が分かる範囲で去勢の高値だった牛を書きたいと思います

※もしかすると一カ所、体重に間違いがあるかもしれません

 申し訳ございません。

255日 283キロ 華春福ー安福久ー勝忠平 127,9千円(セリ価格)

260日 274キロ 華春福ー安福久ー金幸  124,9千円

257日 279キロ 華春福ー百合茂ー安福久 120,2千円

332日 332キロ 華春福ー百合茂ー安福久 119,9千円

256日 262キロ 百合茂ー安福久ー勝忠平 113,9千円

249日 248キロ 華春福ー安福久ー平茂勝 110,1千円

 

2日目、僕が個人的に良いなと思っていた牛を知っている方が買われていたので

20ヵ月後がとても楽しみです。できる事なら屠畜前と枝肉が見たいと勝手に!?

思っています

 

251日 254キロ 諒太郎ー安福久ー安平

 

投稿者: 宮下真菜美 投稿日: 2017/01/24 16:27

 

 

 

今日の事務所 小ネタ編。

 

 

佐藤社長 特別ミニ講演会 IN事務所。

営業マンがみんな出張なので、事務所にいた三人でほそぼそと開催。

事務所をてきとうに暗くして、ロッカーに映し出しています。(笑)

   

薄暗い事務所の中に

「お~」  「わ~」  「へ~・・・」

三人の声がひびきます。(しかし小声)

 

あまり知識のない私でもすごくわかりやすく、

そしてとってもおもしろい。

 

「隆司さん、この写真は・・・!!笑」と思わず突っ込んでしまう

内輪にしかわからない写真もあり、なんともアットホームな時間でした。

 

 

投稿者: 植田秋良 投稿日: 2017/01/23 9:55

 

先週、1月20日に北見肉牛市場が開催されました。

上場頭数は403頭(素牛のみの頭数)。

平均価格は以下の通りでした(税込価格)。 

メス 778,463円(前月769,274円、前々月768,586円)

去勢 914,942円(前月892,599円、前々月900,237円)

先月よりメス約1万円高、去勢約2万円高でした。

主な種雄牛は以下の通りです。

勝早桜5 91頭、美津照重 45頭、隆之国 42頭、

美国桜 25頭、芳之国 19頭、花国安福 15頭、など

傾向は先日お知らせしました南北海道市場と

同じく、特に去勢で価格の差が顕著になってきたことでした。

参考までに最高価格の牛を紹介いたします(税込価格)。

メス 1,010,880円 美穂国-安平-隆桜 314日 359㎏ ET

去勢 1,193,400円 美国桜-安福久-勝忠平 292日 318

 

また、高額で取引された牛も紹介いたします(こちらはセリ価格)。

【メス】

勝早桜5-安福久-百合茂 331日齢355 861,000

幸紀雄-安福久-平茂勝 302日齢315 822,000

美国桜-勝忠平-第1花国 281323㎏ 820,000

 

【去勢】

隆之国-安福久-平茂晴 302日齢317 1,049,000

百合茂-安福久-平茂勝 269詳細...

投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2017/01/20 19:39

 

今月12日と13日 熊本県市場にて 子牛セリが開催されました。

 

☆ちなみに、セリには参加しておりません・・・ 

 

出場頭数 は 729頭。

 

種雄牛別出場頭数は

 

美津照重 120頭 直太郎 58頭 幸紀雄 54頭 隆之国 47頭 諒太郎 47頭 芳之国 45頭

安福久 40頭 百合茂 33頭 美国桜 32頭 茂久桜 21頭 徳悠翔 18頭 平茂幸 18頭・・・

 

平均価格 は メス 80.2万円 去勢 97.0万円(税込) 前回比 約1.3万円高 でした。

 

いつもと同じパターンなのですが

 

セリ価格(去勢) 上位10頭の血統、日齢、体重などを書きたいと思います。

 

美津照重ー安福久ー勝忠平ー第1花国 278日 355キロ 135.9万円(セリ価格)

幸紀雄ー安福久ー平茂勝ー神高福 278日 347キロ 135.1万円

美津照重ー安福久ー平茂勝ー北国7の8 279日 338キロ 134.0万円

百合茂ー安福久ー平茂勝ー北国7の8 285日 354キロ 133.3万円

幸紀雄ー安福久ー平茂晴ー平茂勝 298日 354キロ 132.0万円

百合茂ー安福久ー平茂勝ー糸秀 306日 352キロ 129.1万円

直太郎ー安福久ー平茂勝ー忠福 277日 356キロ 123.7万円

勝忠平ー安福久ー平茂勝ー安平 275日 345キロ 122.3万円

百合茂ー安福久ー平茂勝ー糸波 286日 362キロ 122.0万円

美津照重ー忠富士ー安福久ー平茂勝 286日 389キロ 120.9万円

 

実は 今回のセリの

 

幸紀雄ー安福久ー平茂晴ー平茂勝(去勢 名前は太幸くん) 298日 354キロ 132.0万円は

 

よく知っている繁殖農家さん M野さんの子牛でした。 

 

購買してくださった方も よく知っている 肥育農家さん N田さん でした。 

 

昨年の12月には たまたまなのですが、 M野さん、N田さん 含め

 

熊本、福岡、鹿児島から農家さんたちが集まり、熱く語っていたところでした。 

 

ムフフフフ・・・ 

 

この子牛(太幸くん)も M野さん から N田さん に バトンタッチされ

 

何かの縁があったのだと思います。

 

 

太幸くん が 元気よく育ちますように!! 

 

 

 

投稿者: 礒 匠 投稿日: 2017/01/19 13:26

 

みなさん、今年もよろしくお願いいたします。

 

さて、先日 十勝の和牛素牛の初競りに行ってきました。

 

主な種雄牛は、いつもとあまり変わりませんが

勝早桜5 289頭  美津照重 223頭  芳之国 148頭  花国安福 101

美津百合 87頭  幸紀雄 78頭  百合茂 73頭  安福久 72頭    光平照 65頭  美国桜60頭  隆之国44頭  その他

でした。 

 

平均価格は税込みで

めす 786,847円 去勢 911,758円で

12月の市場より、めすで8千円、去勢で5千円程度のアップでした。

 

 

めす

勝忠平-安福久-百合茂 288日齢 292kg  947,000

美津照重-芳之国-安福久 281日齢 350kg  871,000

光平照-勝忠平-第1花国 278日齢 342kg  851,000

花国安福-平茂晴-平茂勝 301日齢 303kg  818,000

 

去勢

勝早桜5-安福久-金幸 265日齢 342kg  1,116,000

< ... 詳細...

投稿者: 植田秋良 投稿日: 2017/01/16 18:14

 

皆さん、遅くなりましたが今年もよろしくお願いいたします。

さて、1月11~12日の2日間、

南北海道肉牛市場が開催されました。

上場頭数は2日間で1,504頭(繁殖含む)。

平均価格は以下の通りでした(税込価格)。 

メス 791,844円(前月799,979円、前々月781,395円)

去勢 908,195円(前月924,028円、前々月913,182円)

先月よりメス約8千円安、去勢約15千円安でした。

主な種雄牛は以下の通りです。


傾向は先月と比べて価格に開きが出てきたことです。

特に去勢が顕著でした。

上物(100万以上)の牛は変わらず高かったですが、

中間層~下物の牛(8060万)の価格が伸びませんでした。

安福久絡みの牛も例外ではありませんでした。

 

それでは参考までに高額で取引された牛を載せます(セリ価格)。

【メス】

百合白清2-安福久-平茂勝 281日齢294 1,215,000

幸紀雄-安福久-平茂勝 302日齢315 822,000

美国桜-勝忠平-安平 292305㎏ 821,000

 

【去勢】

百合白清2-安福久-平茂勝 282日齢348 1,149,000

白鵬853-百合茂-安福165詳細...

投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2017/01/11 23:19



九州地区・東北地区担当 の 岩本尚吾です。


僕は旅が好きです。







☆成田空港に貼ってあったポスターより



旅に出ると・・・



今までに経験したことがないことが起こる可能性がたくさんあります (初体験  )。



☆僕は43歳なのですが、いつになっても初体験ってすごく楽しいです。 



でも・・・   それとは逆に、良くないこと!?も起こったりします。 



イヤな思いをしたり、差別を受けたりということもあります。



実は、僕、今 会社から休みをもらい旅をしているのですが 今日ボラレマシタ・・・ 



家にいてもボラレマセン。   行動したからボラレタノデス。 



ボラレていうのもなんなのですが・・・ 



ただ、なにごとも経験だと思うので、その経験をどう次に生かすのかだと思っています。



そういった経験が 周りの人に対する接し方だったり 態度だったり



牛への扱い!?だったり、そういうところに表れてくるような気がします。



☆篤農家さんって いろいろな意味で!?経験豊富な方が多い気がします・・・ 




旅とは少しだけ(かなり!?)離れているかもしれませんが、



個人的な意見を言うと、たまには(定期的に) 牛舎(家)から離れて欲しいと思っています。



なぜなら、客観的に自分自身を(牛達のことも)見直すことが大切だと思うからです。



もちろん、日帰りでも (3時間だけ!?) でも良いと思います。



できるなら1泊 2泊、牛飼い仲間とでも良いし、家族と一緒でも、自分一人でも良いと思います。



他県の篤農家さんのところへ行って 牛舎環境 や 牛達の状態を 目で見て 体感したり、



時間がなければ 夜の飲み会だけの参加でも良いと思います。



もちろん 牛関係だけでなく、美術館に行くとか 映画を見るとか 温泉に行くとか



自分のやりたいと思うことを どんどんやって欲しいなって思います。



外に出て 自分以外の農家さんや牛達を見てから、改めて自分の牛達や牛舎環境を見ると



このことは変えていこうとか、あのことは迷わずこのままやっていけばいいんだとか



自分の基準が変わっていくことがあると思います。



自分の目で見て、直接話を聞くことで、



今までの価値観などが 少なからず変わる可能性があると思います。



もちろん、無理に変える必要はありません。



ただ・・・  実は、身近なところにスゴイ人ってたくさんいます・・・ 





人は必ず死にます。





その決まっている人生の中で、これから何をやっていくのかということだと思います。





忙しくて行けない と 決めることも もちろん 悪くないと思います。




あとは 自分次第だと思います。




今は、インターネット や SNSなどの普及により、情報がモリモリ入ってきます。




子牛セリも ネットで見ることができますし、血統や価格など 簡単に分かります。




血統や体重だけで 価格の予想 なんかもできちゃいます。




そこから得ることも少なくないと思っています。




ただ・・・




被毛だったり 表現型だったり 皮膚のゆとりだったり 




パッと見た時の印象 だったりというものは




現場に 行かないと分かりません・・・ 






一歩踏み出してみましょうか。 







 

投稿者: 中紙育朗 投稿日: 2017/01/11 1:42

皆さんこんにちは!!

九州・沖縄地区担当の中紙です。

 

今回は粗飼料の事について、書きたいと思います。

 

粗飼料(稲ワラ)が沢山給与されていてすごくいいなと思いました。

写真の農家さんでは飽食にされているそうです。

食べられないストレスが無く、牛の状態も良さそうに見えました

 

もし、産まれてくる子牛が弱かったり、繁殖が上手くいっていないと、感じている農家

さんがいましたら、母牛が食べている粗飼料の量と品質を見てみるのも一つの

方法ではないかと思っています。

もちろん他の原因もあると思うので、一概には言えないと思いますが・・・

 母牛のストレスは減ると思います

 

乳牛と和牛を簡単に比較する事は出来ないと思いますが、乳牛の特に乾乳期

(分娩約2カ月前)では粗飼料の品質と、たくさん食い込ませる事

(その環境も含めて)が重要とされています。

 

 

粗飼料の確保が難しいかもしれませんが、牛も農家さんも笑顔になれると思います