自然環境の調和を保ちつつ地球に優しい持続的農業を提案します。

日記カテゴリー


株式会社ラボジェネター

〒080-0106
北海道河東郡音更町東通
20丁目2番地9

ブログカレンダー

アーカイブ
<2017年2月>
2930311234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627281234
567891011
月別の過去ログ
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
投稿者: 植田秋良 投稿日: 2017/02/27 16:14

 

ここにきてまたもや寒さが続きます。

今朝の帯広の最低気温は-16℃でした。

しかし、明後日から3月になりますので

少し気持ちが楽になってきます。

さて、今回は小ネタです。

とある駐車場の風景です。

ご覧のように日なたと日陰では雪の解け具合が全く違います。

太陽の力は大きいです。

畜舎の屋根、壁、扉の一部を透明素材にすると、

畜舎の空間や牛床、牛への保温効果で大きなプラスがあります。

ただ、透明素材は強度が弱いので積雪の多い地域などでは、

透明素材を使う割合や場所を熟慮する必要があります。

 

是非、皆さんも取り入れてみませんか?

投稿者: 礒 匠 投稿日: 2017/02/27 15:35

 

 

北海道は寒暖差が激しく、

春が近いようで遠いような今日この頃です

 

以前、防鳥対策のことを書きましたが、

 

対策をしっかりとしている農家さん

外のパドックではこのような工夫がされていました!

 

えさゾーンが網で守られていますが、

牛側からはチェーンが垂れています。

これにより、鳥はえさのあるところには入ってくることができません。

 

牛はチェーン嫌がることなく

安心してえさを食べていました

 

パドックの自動給水器にもチェーンが垂れており

鳥の糞などで汚れることもなくきれいでした!

 

 

また、別の酪農家さんでは定期的に大きな音が出て、鳥を威嚇する

爆音機が設置してあり、空にカラスが大量にいるものの

牛舎の近くに近づけずにいました

効果ありだと思います。

詳しくは爆音機で検索してみてください。

 

皆さまも参考にしてみてください

投稿者: 植田秋良 投稿日: 2017/02/24 10:22

 

まだまだ寒い日が続く北海道ですが、

皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

さて、道東のS牧場(搾乳400頭)にお伺いしました。

哺育舎では寒さ対策として、

  発酵牛床、②小屋根を付ける(写真)

などを実施されていました。

 

今年の冬は寒さが厳しく、免疫が下がることで

子牛の下痢が多かった現場もあるようです。

他にもゴムマットの使用や敷料を多めに敷く、

カーフジャケットの着用、ぬるま湯を飲ませる、

なども効果的ですね~!

投稿者: 中紙育朗 投稿日: 2017/02/23 17:24

皆さんこんにちは!!

 

 

昨日2月22日の日本農業新聞に個人的に気になる記事を見つけたので、その事

について書きたいと思います

御覧になられた方もいらっしゃるかと思いますが・・・

 

 

それは

「TMR給餌の牛 胃炎 ミキサー刃原因  長い原料で折れ混入」 です。

 

 

記事には

頻繁に胃炎が起きていた農場を調べたところ、混合飼料(TMR)に、飼料原料を

混ぜ合わせるミキサーの刃が折れて混ざり、胃を傷つけていた  と書いてありました

 

 

この記事を気になった理由は、僕が小学生だった頃、釘や針金を飲み込んでしまった

牛にマグネットを飲ませる   と聞いた事があり、最近は聞いた事がなかったですし

今は機械化が進んでいるためにミキサーの刃などでなってしまうのか・・・と思った

からです

 

 

原因についても書かれており、裁断していない長いままのサイレージ飼料原料を使い

TMRミキサーの刃が水平軸型の場合に影響が出やすいことがわかった。とありま

す。

 

 

僕は聞いた事が無いのですが、皆さんはありますか?

 

 

TMR飼料というと、酪農家さんのイメージがありますが、和牛農家さんでもミキサーの

使用や、らせん状の機械?を使っている方も少なからずいるかと思います。

 

ちなみに、金属異物を飲み込んだ可能性がある牛は、持続的な発熱、または

発熱を繰り返したり、長期間の食欲不振などの症状があるそうです。

 

 

発生率がもの凄く少ない、ごく稀なケースだと思いますが、その可能性があるかも

しれないと思った農家さん、またミキサーの導入を考えている農家さんが

いらっしゃいましたら、予防で搾乳牛や生産母牛に牛用マグネットを飲ませてあげる

事を検討されてもいいのかもしれません

 

 

投稿者: 中紙育朗 投稿日: 2017/02/22 18:07

皆さんこんにちは!!

 

九州・沖縄地区担当の中紙育朗です。

 

牛には関係ないのですが、奄美大島で春らしい景色を見ました

 

先日、ある農家さんの所に行ってきたのですが、牛舎を増築されていて

南の島の方ではあまり僕が見たことが無いタイプの牛舎だったので紹介させて頂き

たいと思います

それは、木造牛舎です。

柱、柵や仕切り、梁、棟など ほとんど木で造られています

特に仕切りの下部分が錆びてしまうので木で造られたそうです

(写真の鉄骨の部分は増築前の部分です)

屋根を延長したのは、雨が入ってくるのを防ぐ為と、牛を洗いそのままセリ市場まで

連れていけるようにと  取り付けたそうです

木造は強度が気になりますが、梁を元(もと)と呼ばれる木の下の部分を使う事と

湾曲している木材を使う事で強度を上げているそうです。(真っ直ぐの木より強いそうです)

 

 

 

写真の農家さんなのですが、行くたびに増築されている気がします

 

 

 

゛次回来る時には、面白いものが出来ているから楽しみにしてて゛   と

 

 

 

Tさん  またブログで紹介させてくださいね   てへへ

投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2017/02/21 14:29

 

 

九州地区・東北地区担当 の 岩本尚吾 です。

 

今朝の帯広は マイナス10度 でした。

 

もうすぐ3月なのですが まだまだ 寒い日は続きますね・・・ 

 

 

先週、壱岐(長崎県) に 行ってきました。

 

久しぶりの壱岐でした。

 

初めて会う農家さん、一年ぶりに会う農家さん とともに 楽しい時間を過ごしました。

 

ありがとうございます。 

 

ただ・・・  今回は 大学時代にラグビーを教えていただいていた 

 

阿部紀次先生 に 会うことができませんでした。 

 

残念でした・・・ 

 

阿部先生 次回こそは!? 壱岐牛 を めっちゃ食べたいです!!

 

 

ムフフフフ・・・ 

 

 

ところで・・・

 

今回は 船で 福岡 と 壱岐 を 往復したのですが

 

壱岐(郷ノ浦港)のターミナル の 売店にて

 

”壱岐牛カレーパン” というものを 発見しました。

 

牛も大好きですし カレーパンも大好きですので 気になっちゃいました。 

 

価格は  な、なんと・・・  1個 500円

 

強気の 価格設定 だと思います・・・ 

 

競合する他社との区別化 という意味では 良いのかもしれませんね。 

 

500円の カレーパンを見て 一度は通り過ぎたのですが、

 

次に いつ壱岐へ来れるか分からないので 買っちゃいました。 

 

 

大きさは、このような感じでした。

 

 

大きさは 普通サイズ でした。  味は ピリ辛 大人の味!? だったような気がします。

 

ふと、 パッケージの裏を見ると・・・

 

 

Thank you   ハッピーバレンタイン   と書いてありました。

(この日は バレンタインデー でした・・・)

 

 

このような ひと手間 が 嬉しかったりします。 

 

 

皆様も 牛達 や 奥様!?への ひと手間を よろしくお願いいたします・・・ 

 

 

おそらく・・・  なにかしら!? 返ってくると思います・・・・・  

 

 

次回こそは!? 現場の話を書きたいと思っています。 

 

 

 

投稿者: 礒 匠 投稿日: 2017/02/20 15:07

 

先週のことになってしまいますが、十勝市場でした!

更新が遅くなってすみません!

 

 

まずは、主な種雄牛ですが

勝早桜5 299頭 美津照重 239頭 芳之国 132頭 花国安福 128

美津百合 95頭 光平照 70頭 幸紀雄 69頭 安福久 67頭 隆之国 65

百合茂 63頭 美国桜 56頭 晴国花 36頭 諒太郎 28頭 ・・・その他

 

でした。

 

最高価格はめす1,084,320円、去勢1,319,760円(税込)

平均はめす784,659円、去勢902,632円でした。(税込)

先月よりめすマイナス2,000円、去勢マイナス1万円ほどです。

 

1日目は100万円超えの去勢がバンバン出ていました。

これらの牛は必ずしも安福久が絡んでいるわけではなく

やはり、増体がいい牛がとても高価で取引されています。

勝早桜5-第1花国-安平 去勢 262日齢391kg 1,041,000円(セリ価格)

美国桜-勝忠平-安糸福 去勢 271日齢346kg 1,013,000円(セリ価格)

百合茂-金幸-糸藤 めす 323日齢374kg 852,000円(セリ価格)

光平照-百合茂-第1花国 めす 324日齢352kg 847,000円(セリ価格)

 

また、名簿をチェックしていると勝早桜5が2代祖にいる子が

数頭ずつではありますが出てきました

今回はチェックできませんでしたが、勝早母牛の素牛も

気にしながら見ていこうと思います!

投稿者: 宮下真菜美 投稿日: 2017/02/14 11:16

 

今日の事務所 小ネタ編。

 

 

 

 

今日は2月14日 バレンタインデー ( ` ・ω・ ´ )

 

 

ということで、私もみんなに渡しました。

 

 

 

アースジェネターチョコ!!!

 

 

昨日、自宅でせっせと用意しました。()

何個か食べてしまったのは内緒のはなしです。

 

 

無事受け取ってもらえてうれしい気持ちでいっぱいです ` ・ω・ ´ )

みなさんはどんなバレンタインをお過ごしですか??

投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2017/02/12 18:29




今月8日、9日 薩摩家畜市場の子牛セリに行ってきました。








出場頭数 は 638頭



種雄牛別出場頭数は、



幸紀雄 218頭 安福久 83頭 茂久桜 56頭 直太郎 54頭 百合茂 44頭 実有貴 24頭


諒太郎 22頭 華春福 17頭 美国桜 16頭 梅花平 16頭 花美千 9頭 本富士 8頭・・



平均価格 は メス 88.3万円 去勢 95.4万円(税込) 先月比 1.6万円安でした。



メスに関しては いつものように!?県外の方が導入に入っていました。



100万円を超える牛も 少なくなかったです。 



去勢に関しては 120万円を超える牛 が 10数頭は!?いたと思います。

(正確な数字は分かりません・・・ 申し訳ありません・・・  )



今回、 ある子牛(去勢)のセリ中に・・・ 



セリ価格 が 120万円を超えたあたりから・・・



 ”野田さん 負けるな!!”



というような、肥育農家さんが 肥育農家さんを 応援することがありました・・・ 



薩摩ならではの光景 なのかもしれませんね・・・ 

(この時は負けていましたが・・・・・  )



枝肉価格は 少なからず 下がってきているのですが



子牛価格は まだまだ高値で推移しているというのが現状なのかもしれません。



子牛の価格差が 少しずつ出てきているように感じますが



もっともっと差があったほうが



繁殖農家さん、肥育農家さん お互いにとって良いと思っています。



どんな子牛でも 高値になってしまうと



意識しないままに 手を抜いてしまうようなことが あるような気がします・・・・・



今回の薩摩の子牛に関しては、太っている牛が多かった気がします。



☆あくまでも 僕の個人的な意見です。



メスは 特にそう感じました。



去勢でも 太りすぎて!?セリ価格が上がらなかった牛も多々いたと思います・・・



太らせすぎて 目に見えない 5万、10万円 を 失っているのだと思います・・・ 



なかなか難しいのですが・・・



セリ二日目に 美国桜母牛の良い感じの牛がいました。



誰が買うのかなぁ・・・



と思って見ていたら・・・







幸紀雄ー美国桜ー百合茂(去勢) 274日齢  326キロ 120.4万円(セリ価格)でした。



大分の方が購買しました。 



12番じゃなくても良いので!?    病気なく 元気に 育ちますように・・・ 





 ・・・・・・・





昨日(豊肥家畜市場) と 今日(玖珠家畜市場) 大分の子牛セリに行ってきました。




以前と比べると 1頭当たりの 子牛の価格差 が 大きくなっていると感じました。
 



今後も こういった方向に向かっていく と思います。






投稿者: 植田秋良 投稿日: 2017/02/10 15:57

 

2月8~9日の2日間、南北海道肉牛市場が開催されました。

上場頭数は2日間で1,394頭(素牛のみ)。

平均価格は以下の通りでした(税込価格)。 

メス 786,276円(前月791,844円、前々月799,979円)

去勢 910,260円(前月908,195円、前々月924,028円)

先月よりメス約5千円安、去勢約2千円高で、横ばいでした。

主な種雄牛は以下の通りです。


傾向は先月と変わらない状況でした。

この高値はいつまで続くのでしょうか?

それでは参考までに高額で取引された牛を載せます(セリ価格)。

【メス】

百合茂-勝忠平-安平 253日齢305 861,000

百合茂-茂洋-勝忠平 283日齢344 851,000

勝早桜5-安平-隆桜 298367㎏ 847,000

 

【去勢】

幸紀雄-安福久-金幸 284日齢354 1,144,000

百合白清2-安福久-平茂勝 297日齢317 1,139,000

金太郎3-北平安-平茂勝 277日齢371 1,133,000

福華1-安福久-百合茂 2933531,129,000

 

 

また、 詳細...