自然環境の調和を保ちつつ地球に優しい持続的農業を提案します。

日記カテゴリー


株式会社ラボジェネター

〒080-0106
北海道河東郡音更町東通
20丁目2番地9

ブログカレンダー

アーカイブ
<2017年4月>
2627282930311
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30123456
月別の過去ログ
2018年11月
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
投稿者: 礒 匠 投稿日: 2017/04/29 13:08

 

こんにちは

 

当然のことかもしれないのですが

ぼくは飛行機に乗る機会の少ないので

ほとんど空港に行くことはありませんが

たまたま行った帯広空港でこのような貼り紙がしてありました。

 

見えませんが奥のマットで消毒ができるようです。

このように、たくさんの人間が行き来する場所では

菌を持ち込まない努力がされているようです。

 

 

また、こちらの農場では車のタイヤの消毒場がこれだけ分かりやすく設置されておりとても意識が高いなと感激しました

 

私たちも農場にはいる際は

勝手に入っていくのではなく

細心の注意を払って行くことが大切ですね!

 

投稿者: 中紙育朗 投稿日: 2017/04/27 9:20

皆さんこんにちは!!

先日、T島の生産農家さん、Mさんの牛舎に行ってきました

Mさん「牛舎内を少し改装し、今はこのような形でやっています」と

     見させて頂きました

僕はMさんの牛への優しさが形になった牛舎だと思いました

 

まずは周りの壁ですが、寒い日や風がある日は

(一枚外してしまっていますが)

写真のように木の板で囲い牛に直接、風や雨が当たらないようにしてい

ます

牛の体温が温かく保たれそうですよね

逆に暑い日には

(すべて外していませんが

木の板を上にスライドさせて、外す事ができます。

写真では見えにくいかもしれませんが、青い⇩が指している、木の板もすべて外せます

牛舎内の風通しが良くなり、熱がこもりにくくなりそうです。

 

 

夏も冬も牛達はきっと大喜びですね

 

 

夏でも匂いがしなくなりそうですね、とお聞きすると

「うちはもともとしません。匂いが全く無い訳ではありませんが、強い匂いがしないです。怪しい粉?のおかげですよ」と言われていました

(注:Mさんは怪しい粉とは言っておりません

 

 

話は戻り

牛舎内の仕切りも外す事ができ

また、ません棒?の高さも牛の大きさに合わせて変える事ができます

種子島の餅田さん、ブログで紹介させて頂き

ありがとうございます

そんな心優しい餅田さん

 

 

餅田さん「岩本さんのブログは見ますが、中紙さんのブログは見てな

      いです笑

 

餅田さん今回だけで良いので見てくださいねてへへ

 

投稿者: 植田秋良 投稿日: 2017/04/25 17:05

 

先日、十勝のE牧場さん(乳牛育成預託)を訪問しました。

例年、秋頃に畑作農家さんへ堆肥を供給するため、

発酵床の堆肥を半分ほど取出しておられます。

しかし、昨秋は先方の都合で堆肥を取り出す必要が無くなり、

そのまま冬を過ごし、春になりました。

冬の間、堆肥を取り出さなかった発酵床の状態は・・・・

予想通り発酵が安定していたようで、いつもの冬より凍りづらく、牛の状態も良かったとのことでした。

 

やはり牛床の発酵が安定するには厚みが必要なんですね~!

投稿者: 中紙育朗 投稿日: 2017/04/25 16:36

皆さんこんにちは!!

 

九州・沖縄地区担当の中紙です

 

今月の20日・21日に行われました種子島子牛セリに行ってきました

 

 

出場頭数(2日間合計)  去 373頭    メス 322頭     合計  695頭

平均価格(2日間合計)  去 87.2万   メス 77.1万    平均  82.5万

                                   (前回比 5,734円安)

 

種雄牛別出場頭数(上位10)

華春福    176頭

喜亀忠    127頭

直太郎     67頭

金吉幸     40頭

幸紀雄     33頭

諒太郎     33頭

安福久     32頭

隆之国     20頭

秀幸福     15頭

花美千     13頭

 

今回のセリで、僕が感じた事は

2日目の牛達は良い牛が多かったと思いましたが

 

1日目の牛は太らせている牛が多いと思いました。

 

1月のセリと比べると、全然様子が変わっていたように思います

 

スッキリしていたのなら価格はもう少し高かったのかな?と思う牛もいたと思います。

 

 

いつもと同じパターンなのですが、僕のわかる範囲以内で高値だった去勢の牛を

書きたいと思います

 

直太郎ー安福久ー百合茂   243日  299キロ   120.2万円(セリ価格)

(写真の真ん中の牛です)

華春福ー安福久ー忠茂勝   267日  281キロ    118.7万円

百合茂ー安福久ー勝忠平   224日  254キロ    113.7万円

諒太郎ー安福久ー平茂勝   215日  283キロ    109.4万円

華春福ー安福久ー金幸    288日   314キロ    102.9万円

博中福ー美国桜ー百合茂   260日  313キロ    101.5万円

諒太郎ー安福久ー百合茂   230日  284キロ    100.2万円

 

種子島のセリは、僕にとって得る事が多い市場の1つなので

次回行ける日を楽しみにしています

 

楽しみ?というと種子島でBMS12番の焼肉をいただきました

 

とても美味しかったですありがとうございました

投稿者: 植田秋良 投稿日: 2017/04/24 16:46

 

先日、道南のK牧場さん(和牛繁殖農家さん)にお伺いしました。

そこには・・・規格外の若雌(12か月齢)がいました!

今年9月に宮城で行われる全共(第2・3区若雌の部)の候補牛とのことでした。

ちょっと写真ではわかりづらいかもしれませんが、12か月齢の若雌でこんなに大きく優雅な牛を見たことがありません。

ちなみに血統は 勝早桜5-雲仙丸 です。

最終審査を控えているそうですが、

これでは本当に規格外として審査の対象から外されてしまう~!

と、心配されておられました。

 

全国各地の全共候補の牛さんはどんな感じなのでしょうか?

 

9月が待ち遠しい今日この頃です!

投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2017/04/20 22:39



ある繁殖農家さんのところへ行ってきました。








この農家さんは人工哺育ではなく、 母牛 と 子牛を 一緒に管理しています。




子牛部屋の写真です。











子牛達の部屋は広く 床は敷料を多めに敷いてあり 快適そうですね。 



エサを食べる場所 も たくさんあります。 













お母さんのところへ行きたいときは ここから外へ出ていきます。








写真だけなのですが、牛達がのんびりしているのが分かりますよね。 



もちろん、  牛達は 元気良く育っていましたよ。  




この牧場の牛達 幸せそうだなぁ・・・ 




牛舎の広さ や 敷量の有無、牛達の密度など、



もちろん、 なんともできない部分 が あると思います。



そのなかで・・・  



”うちの牧場は無理だよ” と思い なにもしないのか



”なにか牛達のために できることをやってみようかな” と思い 行動するのか・・・



皆様が どう思うかによって 牛達の環境を変えることはできると思います。 





新鮮な水をガブガブ飲めて ゆっくりたくさん食べることができ




仲間とのんびり遊べて 快適に寝ることができる環境であれば、




牛達は 今まで見せていなかった その能力を 発揮しちゃうかもしれませんよ。 






投稿者: 礒 匠 投稿日: 2017/04/17 14:11

 

先週は十勝市場でした

 

主な種雄牛は

勝早桜5 283

美津照重 226

花国安福 159

芳之国 128

幸紀雄 104

美津百合 101

安福久 76

美国桜 62

百合茂 62頭      

 

めす 702頭 去勢978頭の出場でした。

 

 

平均が税込で

めす782,002(先月比+2万円)

去勢899,147(先月比+6千円)

でした!

 

ですが、ばらつきがとても大きく、100万円越えの牛(去勢)

多かったですが、60万円台の牛(去勢)もたくさんいました。

 

 

勝早桜5-安福久-金幸  289日齢 333kg 去勢 1,174,000(セリ価格)

花国安福-安平-金幸   279日齢 361kg 去勢 955,000(セリ価格)

花国安福-安福久-平茂勝 283日齢 312kg めす 886,000(セリ価格)

勝早桜5-北平安-平茂勝 277日齢 308kg めす 818,000(セリ価格)

 

と一部ではあるのですが、北海道の種雄牛も活躍しておりました

写真などは無いのですが

特に勝早桜5は安定して良い牛が多いなと思いました。

実際3月のセリでは

勝早桜5は去勢で123頭の平均価格851,024(3 去勢 平均826,242)

となっています!

これからは、2代祖にも勝早桜5や花国安福の

名前も入ってくるようになると思います!

 

ますます活躍が楽しみですね!

投稿者: 中紙育朗 投稿日: 2017/04/15 5:46

 

皆さんこんにちは!!

 

今月もセリには参加していませんが、6~7日に行われました熊本県家畜市場子牛セリの結果を書きたいと思います

 

出場頭数 去 460頭  メス 310頭   合計頭数 780

平均価格 去 902万 メス 782万  合計平均 842

                     (前回比 2.5万高)

 

種雄牛別出場頭数(上位10)

 

美津照重   128頭

直太郎     73頭

幸紀雄     59頭

諒太郎     56頭

芳之国     48頭

隆之国     44頭

安福久     28頭

美国桜     27頭

茂久桜     24頭

百合茂     22頭

 

いつもと同じなのですが、価格が高値だった牛(上位5)を書きたいと思います

 

去                       日齢   体重     セリ価格

百合白清2-安福久―金幸―平茂勝 297日 320キロ 134、1万

芳之国―安福久―勝忠平―金幸  283日 341キロ  130、4万

美国桜―百合茂―安福久―平茂晴 286日 377キロ  130,2万

華春福―安福久―勝忠平―安平  278日 340キロ  125,5万

百合茂―安福久―安平―隆桜   274日 349キロ  120、9万

 

メス                       日齢   体重   セリ価格        

安福久―平茂晴―平茂勝―北国7の8 296日 291キロ129、9万

安福久―平茂勝―福栄―糸福(大分) 297日 287キロ 127,4万

安福久―勝忠平―安糸福―平茂勝   307日 296キロ 121、0万

諒太郎―安福久―百合茂―安平    292日 324キ  120,6万

百合茂―安福久―勝忠平―上福    288日 277キロ 101,4万

 

先月に比べ平均価格も上がり、上位の牛も約10万くらい上がっています。

 

 

また全国的に見ると今日までのところ、先月と比べて平均価格が同じくらい

の市場や下げた市場もありますが、岩手県南や山形は大きく上げているよう

です。

 

 

僕は今月、種子島のセリ(20~21日)に参加するので、その時の結果を

ブログに書きたいと思います

投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2017/04/13 23:55



4月11日 薩摩の子牛セリ(二日目)に行ってきました。







この日の出場頭数 は 319頭。



種雄牛別出場頭数は・・・



幸紀雄 82頭 安福久 45頭 茂久桜 41頭 直太郎 26頭 百合茂 25頭 美国桜 12頭


花美千 12頭 諒太郎 10頭 実有貴 10頭 秀幸福 8頭 関平照 7頭 凛斗福 6頭・・・



平均価格(二日間 638頭)は メス 87.8万円 去勢 94.2万円(税込) 前回比 約2.7万円高 でした。



今月6、7日の熊本子牛セリ、8、9日の佐賀子牛セリ、9、10日の壱岐子牛セリ(長崎)も



前回より平均価格は上がりましたが 薩摩子牛セリも上げました。 





話は変わり・・・




この日(319頭中)に 安福久母牛 、三代祖安福久の母牛 は 何頭いたと思いますか。




実は・・・  




安福久母牛 は 100頭  三代祖安福久 は 40頭 でした。




薩摩では 全体の4割以上が 安福久絡みの母牛なのですね・・・・ 




平均価格は 前回より上がっていますが



価格のバラツキという意味では 以前よりも広がっているような気がしました。



どの地域も同じなのかもしれませんが・・・ 



去勢では、セリ価格 110万円を超える 安福久母牛(三代祖)の牛も少なくなかったですが

(最高価格 は セリ価格 143.1万円)



110万円を超えた牛と 同じような血統(日齢、体重的には あまり変わらなくても) 



80~90万円台前半の 牛も 少なくなかったかも!?しれません。



メスでは、繁殖素牛として県外へ行く牛 や



肥育牛としても 血統的に魅力があり大きくなりそうな牛は 高値で取引されていましたが



50~60万円台の牛も 少なくなかったのではないかと思います。




今後も 子牛一頭の価格差は広がっていくかもしれませんね。




ただ、繁殖農家さんにとって 子牛価格に 一喜一憂することも悪くないと思いますが



牛達へのストレス を 少なくして、飼養管理・牛舎環境 を 改善し



繁殖成績を上げて(無事に子牛を産ませて) 



事故なく子牛セリに出すこと(それを継続すること)が 大切だと思っています。 




日々の積み重ねですね。 






投稿者: 植田秋良 投稿日: 2017/04/07 16:59

 

4月5~6日の2日間、南北海道肉牛市場が開催されました。

上場頭数は2日間で1,612頭(素牛のみ)。

平均価格は以下の通りでした(税込価格)。 

メス 773,831円(前月801,046円、前々月786,276円)

去勢 892,912円(前月908,271円、前々月910,260円)

先月よりメス約3万円安、去勢約1.5万円安でした。

主な種雄牛は以下の通りです。


傾向は先月より更に価格の開き、バラつきが見られました。

去勢で60万~120万、メスで50万~90万ほどでした。

枝肉単価の動き(開き)と連動していると思われます。

それでは参考までに高額で取引された牛を載せます(セリ価格)。

【メス】

安福久-百合茂-平茂勝 310日齢276 939,000

百合茂-福栄-平茂勝 293日齢340 950,000

勝早桜5-北平安-金幸 294344㎏ 866,000

 

【去勢】

勝早桜5-安福久-平茂勝 242日齢360 1,192,000

花之国-勝忠平-安福久 295日齢355 1,149,000

百合茂-安福久-平茂勝 285日齢354 1,106,000 詳細...