自然環境の調和を保ちつつ地球に優しい持続的農業を提案します。

日記カテゴリー


株式会社ラボジェネター

〒080-0106
北海道河東郡音更町東通
20丁目2番地9

ブログカレンダー

Archive
<December 2018>
SunMonTueWedThuFriSat
2526272829301
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
303112345
Monthly
2019年7月
2019年6月
2019年5月
2019年4月
2019年3月
2019年2月
2019年1月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
By 岩本尚吾 on 2018/12/29 23:55




東北地区・九州地区担当 の 岩本尚吾です。



もうすぐ お正月ですね。



皆様 お忙しい毎日を過ごしていらっしゃるのでしょうね。



牛達も 皆様も 病気なく 元気に過ごしていたら良いなと思っております・・・ 




ところで・・  今月6日、7日に開催された熊本県市場子牛セリ



メス牛(価格)の上位30頭 の 血統 や 日齢、体重、価格などを見ました。



上位30頭 の 血統を見ると



皆様の想像通り!? ほぼ安福久絡み(1代祖、2代祖、3代祖)の牛でした。



2位から30位までを見ると 安福久が絡んでいない牛は3頭だけでした。



ちなみに、その3頭には すべて 美国桜(1代祖、2代祖)が絡んでいました。



やはり、母牛として導入したい血統は



安福久 と 美国桜 が 入っているものが人気ですね。 




ところで、今回の熊本セリ(メスの価格)の 1位はどのような血統だと思いますか。 




ちなみに、2位以下は


2位 美国桜ー華春福ー安福久ー勝忠平 282日齢 345キロ 161.6万円(セリ価格)


3位 安福久ー勝忠平ー北平安ー茂勝栄 283日齢 323キロ 160.0万円(セリ価格)


4位 隆之国ー安福久ー百合茂ー平茂勝 280日齢 285キロ 151.2万円(セリ価格)


5位 美津照重ー安福久ー平茂勝ー安平 299日齢 319キロ 127.1万円(セリ価格)


                                               でした。



☆あまりにも 唐突な質問で申し訳ありません・・・  





正解は・・・




勝忠平ー美津照ー平茂勝ー糸秀 293日齢 283キロ 200.6万円(セリ価格) でした。




少し 意外な!? 血統の流れ ですよね・・・・・   



価格上位30頭の中で 唯一 安福久、美国桜 が 絡んでいない血統 の 牛でした。 





実は この牛は よく知っている一貫農家さん(Sさん)のメス牛でした。



Sさんのところでは、15年以上前から受精卵を活用していて



成績の出た牛から後継牛を残しているので 育種価の高い牛が揃っています。 



一貫農家さん ならではですよね。 



今回上場した牛は 130万円くらいだったら持って帰ろう と思っていたようなのですが



予想以上の価格になったようです。 




Sさんの受精卵は 販売もされているので



この牛の能力が高いことを知っている農家さんが 何人かいたのかもしれませんね。




今回のセリ名簿には(熊本県市場セリでは母牛の産肉成績が載ります)



勝忠平、 隆之国、 花之国 で A5 と書いてあったようなのですが



実は、この牛の母牛(美津照ー平茂勝)は 種雄牛 8種類 で 5等級が出ているようです。


《BMS12 も 出ていますよ   》



受精卵を活用しているので 効率良く、成績の良い牛を肥育できるのだと思います。  





齊藤さん 早めの クリスマスプレゼント になりましたね!! 





この牛を購買した農家さんのところでも栄えてほしいですね。




先ずは 安福久 で 採卵 という感じかも!?しれませんね。   ムフフフフ・・・ 





  ・・・・・・・





皆様 今年も 一年 ありがとうございました。


来年こそは 皆様のお役に立ちそうな ヤマシイこと!?を書けたら良いなと思います。


これからも よろしくお願いいたします。



  
                           株式会社 ラボジェネター 岩本尚吾






By 礒 匠 on 2018/12/28 11:27

 

皆さんこんにちは!

 

さて、年末の北海道は今季最強と言われる

大寒波が襲っているわけですが

 

ある牧場での哺育子牛の大寒波対策を紹介したいと思います

 

こちらの牧場は繋ぎ牛舎の一部で哺育を管理していますが

 

とても暖かいです。

麦稈コンパクトでコンクリートの壁を覆い

寒さを遮断するとともに

投光器を設置し

カーフジャケットを身にまとって気持ちよさそうに寝ています

 

特にコンクリートは冷たく熱も持っていかれるので

効果がありそうですね!

 

ただ、欠点は奥様がミルクを飲ませるために入ると

投光器の熱で汗をかくほどだそうです 笑

 

 

別の酪農家さんでは

ハッチの下にウレタンマットやゴムマットを敷いて

その上におしっこ吸収用におが粉、その上に麦稈を敷いて

上からヒーターをつるしてあげたり・・・と、ばっちりですね

 

床から冷気発生と熱を持っていかれますし、

濡れた寝藁は腹を冷やして危険ですので敷料を集めに敷いて

乾燥状態を保つのが大切と教えてくれました

 

冬の時期だけ油脂成分が多く入っているミルクを使い

給与量を増やし、夏よりもミルクの温度を上げるなども効果的でしょう

 

 

とにかく、冷え込みが予想される年末年始

人も牛も腹を冷やさないようにして乗り切りましょう!

By 中紙育朗 on 2018/12/28 10:03

 

 

 

今回は繁殖編になります。

 

 

 

母牛でも制限給与と飽食給与がありますが、佐々農場では制限給与になります。

 

制限給与ですが粗飼料の栄養価が高く、母牛は満足しているので、

 

ゆっくり寝ています。

 

(以前にもブログで書いた事がありますが、僕個人的には自家産の粗飼料は

 

毎年ではなくても良いので、飼料分析に出される事をお奨めします)

 

 

 

佐々畜産では昼間分娩させる為に以下のポイントに気を付けているそうです。

 

1.分娩1カ月前から、夕方3時以降に飼料を1回給与にする。

 

2.日中はエサを与えない。

 

3.朝はなるべく早く飼槽を空にする。

 

この方法で今まで1頭だけしか夜に分娩した牛がいなかったそうです。

 

 

 子牛は自然哺育で制限になります。

 

 

写真のように木の板で仕切られており、この板を持ち上げると母牛の方に行ける

 

ようになっています。

 

 

 

そして分娩前後の母牛は毎日触っていきます。

 

 

触ってあげる事で、人に馴れ逃げなくなる事を目的としています。

 

 

 

起きた直後の子牛が  ”伸び”  を見せてくれました

 

 

少しわかりにくいでしょうか・・・

 

”伸び”をする牛は健康な牛の証拠ですね。

 

 

このように全ての牛を見ながら作業をしていきます。

 

 

 

 

次回は、施設編を書きます。

 

 

By 植田秋良 on 2018/12/25 16:33

 

遅ればせながら8月のブログ「モリモリのすごい牛」の

続編(完結編)です。

その前に・・・

8月のブログをお忘れの方の為にもう一度おさらいします。

 

≪8月のブログ≫

日高地方のM農場さん(和牛一貫)にお伺いしたところ、

とんでもないモリモリのすごい牛に出会いました。

写真ではなかなか実物の凄さを伝えることが難しいですが、

まずは写真をご覧ください。

 

 

 

 

 

去勢 H28年5月生まれ まもなく28か月齢

北平安-美国桜-百合茂

横から、上から、後ろからどこから見ても

モリモリで割れまくっています。

Mさんもここまでの状態の牛は初めてのこととのことです。

血統からみてもサシが入っていないわけがありません。

特にお尻のプリモリ具合(お尻が割れている!?)が

半端じゃありません!

Mさん曰く、

年末のどれかの共励会には出したいとのことです。

 

早くも年末が待ち遠しい今日この頃です!

 

乞うご期待!!

 

 

・・・・・と書きましたが、

先週12月18日、東京食肉市場で開催されました

第3回「名人会」グランドチャンピオン大会にて

なんとなんと、

期待通り見事チャンピオンに輝きました!

 

そして、その枝肉の内容は・・・・

≪チャンピオン≫

去勢 北平安-美国桜-百合茂 31か月 枝重580㎏ 

BMS12 ロース130 ばら9.0 皮下1.5 歩留83.7Read More »

By 中紙育朗 on 2018/12/23 11:18

 

 

皆さま、こんにちは!!

 

先月は、熊本県の佐々農場に行かせて頂きました

 

午前中の作業を少しだけさせてもらったのですが、その中で

 

感じた事を3回に渡りご紹介させて頂きたい思います。

 

 

 今回は肥育編です。

 

 

佐々畜産では、1日9回掃き寄せをします。

 

 

佐々先生から掃き寄せのメリットは3つあると教えてもらいました。

 

1.規定量を早く食べさせる事ができる。

 

2.食べにくい場所にあるエサを食べさせる事ができる。

 

3.病畜の早期発見ができる。

 

 

エサやり、掃き寄せの時には、いくつか注意点がありました。

 

 

 

1つ目は、食べやすい場所をメインにエサを置くという事。

 

 

エサを掃き寄せする時は、牛の状態を見ながらワラと配合飼料を分けてあげる事。

 

そして牛が食べられない場所にあるエサを、食べやすい場所に寄せてあげる事でした。

 

 

 

 

 

もしこれからエサ寄せの回数を増やそうと考えている農家さんがいらっしゃいましたら

 

いつも同じ時間に、継続できる範囲内でよろしくお願い致します。

 

 

次回は繁殖編になります。

 

 

 

By 岩本尚吾 on 2018/12/19 23:55




自分の努力に対して正確に相関する報酬を受け取れる。


そういうわかりやすいシステムであれば、人間はよく働く。


そう思っている人がすごく多い。


雇用問題の本を読むとだいたいそう書いてある。


でも僕は、それは違うと思う。


労働と報酬が正確に数値的に相関したら、人間は働きませんよ。


何の驚きも何の喜びもないですもん。


                                        内田樹・中沢新一    『日本の文脈』


 

今読んでいる本(『日本の文脈』ではないのですが)に 引用されていました。



ムフフ・・・ 





次回こそ 牛達のことについて 書きたいと思います。 







By 礒 匠 on 2018/12/18 13:10

 

皆さんこんにちは。

道東担当の礒です

 

先週の水曜日、突如、倦怠感に襲われ

病院に行くと5年ぶり3度目の

インフルエンザに侵され、休養を余儀なくされていました

今は、症状も落ち着き元気になりました

 

 

高熱、咳、鼻水、筋肉痛、倦怠感と

今思うと典型的なフルですね

 

どこでウイルスをもらってきたのかは謎ですが

発症に至るにはしっかりと原因がありました

 

    先週の土曜日くらいから帯広は急に寒くなり昼夜の寒暖差も大きく、体がついていかない

    忘年会というのをいいことに飲みに出ては、体にダメージ&バランスの良くない食事

    師走でいつもとは違う無理のある予定を立ててしまい、余裕がなかった

 

と疲労蓄積からの 

年末ボーナス前で豪遊してやろうとたくらみ、ふっと気が抜けた(笑)

 

結果、インフルエンザでおとなしく寝ているはめに・・・

 

 

と甘えた書き方をしてしまいましたが

自己管理ができていなかったですね。

 

でも、ちょっとだけ子牛さんたちが風邪をひく原因と同じように

ストレスをためず、正しい栄養をとって、良く寝ることが大切ですね。

あと、来年からワクチンを打とうと思います。

コストは4000円弱

今回かかった診察料、薬代、苦痛、仕事できない期間

など考えるワクチンを打ったほうがいいかもしれませんね・・・笑

 

徐々に流行し始めています、インフルエンザには注意してくださいね!

全国インフルエンザ流行レベルマップ (国立感染症研究所)
https://www.niid.go.jp/niid/ja/flu-map.htmlより

こまめに水などを飲んでのどを潤しておくといいみたいですよ。

By 岩本尚吾 on 2018/12/15 16:29




ある繁殖農家さんのところへ行ってきました。







たくさんの粗飼料です。   母牛達 喜びますよね。



とても優秀な繁殖農家さんです。 




実は この写真は お昼過ぎ の 写真なのですが



午前中給与していた粗飼料を ホウキで掃き寄せたところです。 



母牛達は 夕方までに この牧草をキレイに食べてしまうので



また夕方 同じように粗飼料を給与しています。 




この写真を見ると おそらく・・・



”粗飼料が たくさんあって良いな 。



  我が家も 畑さえあれば  たくさん粗飼料を作って 牛達に腹一杯あげるんだけど・・・”


  (我が家の牛達の粗飼料は足りていないんだけど・・・  )



という話が 出てきそうな感じがします。




ただ 写真の繁殖農家さんも 



全部の粗飼料を自分で作っているわけではなく 購入もしています。




もし 足りないなと感じているとすれば



自分で作る という 選択肢 以外にも  購入する という 選択肢 があります。




お金はかかってしまうのですが 簡単に すぐに できます。 




粗飼料のことに限らず 牛達に足りない と思う 何かがあるなら



先ずは コストをかけてでも やってみませんか。




行動しないと なにも変わりません。




コストがかかっても それ以上の効果が期待できるのであれば



先ずは 一度 トライ してくださいませ。 









By 岩本尚吾 on 2018/12/11 23:00




東北地区・九州地区担当 の 岩本尚吾です。



今は 愛媛県にいます。



今朝は 岩手県にいたのですが 朝の気温は マイナス3度 でした。 



どこにいっても寒いですよね・・・ 




ところで、 皆様は 牛舎で 温度計 を 使うことがありますか。




堆肥の発酵温度を測るときに使っています(専用のものがあると思います)とか



俺は牛舎で 芋焼酎のお湯割り を 飲むんだけど



熱めの ちょうど 55度が 好きなので その時に温度を測ってるよとか・・・  



(あっ、 それはないかもしれませんが・・・   )




ある 九州の繁殖農家さん(人工哺育です)は



ミルクの温度を測るために 温度計 を 活用しています。



温度計を使わなくても なんとなく 分かるよ という方も いるのかもしれませんが



この ”なんとなく” というところが  ムフフ!?   ですよね。



外気温が 真夏の 35度の時 と 冬場の 5度の時では



おそらく 肌間隔 が まったく違うと思います。 




ミルクの温度が 日によってバラバラだと 子牛にとって ストレスだと思います。




手間 と 時間がかかってしまうので 毎回 測ってください とは言いませんが



一度 測ってみると良いのかもしれませんね。 



”なんとなく” で与えていた温度が 実際は 何℃のミルクを与えているのか・・・ 




”なんとなく” を 一度 数値化してみること って 大切だと思っています。 





ミルクのことだけに限らず  



ストレスのかかるこの寒い時期は 特に



ストレスを 少なくしてあげる ということが大切なのかもしれませんね。 









By 礒 匠 on 2018/12/10 19:19

 

皆さんこんにちは

 

道東担当の礒です

 

北海道寒いです

 

 

さて、先々週は

北海道和牛枝肉共励会

先週は

十勝和牛枝肉共励会

が開催されました

 

北海道は比較的、専門の肥育屋さんよりも

一貫経営や、繁殖農家さんが年に数頭出荷する

といった方の軒数が多いようです

 

結果をお知らせします

 

北海道枝肉共励会

 

100頭出場(すべて去勢) 上物率94

平均枝重517㎏ 平均BMS 8.4

 

最優秀賞 

幸紀雄-安福久 29か月 568㎏ BMS 12

ロース90 ばら8.3 皮下脂肪2.0 歩留基準値77.8 

単価4,210円 枝肉金額2,391,280

 

優秀賞1

百合茂―安福久 33か月 567㎏ BMS 12

ロース98 ばら9.0 皮下脂肪1.6 歩留基準値79.6

単価3,510円 枝肉金額1,990,170

 

 

 

続いて、

十勝和牛枝肉共励会

 

最優秀賞

去勢 幸紀雄―茂洋―勝忠平 28か月 538㎏ BMS 12

ロース80 ばら9.8 皮下脂肪2.0 歩留基準値77.8

単価4,510円 枝肉金額2,426,380

 

優秀賞1

去勢 美津安照―第1花国―福栄 27か月 497㎏ BMS 12

ロース61 ばら7.8 皮下脂肪2.3 歩留基準値74.3

単価2,990円 枝肉金額1,486,030

                                            

 

最優秀賞の枝肉は、ロースやカブリだけでなく

ばらの厚さもあり断面全体的にいい感じで

歩留の良い枝肉でした

 

ほかにも優秀賞、優良賞を取られた方もいますが

皆さま、おめでとうございます。

 

 

年末で、和牛などのお肉の需要も高まってきていますね

僕も、クリスマス、大晦日、正月と楽しいイベント盛りだくさんですが

僕も畜産業界に少しでも貢献できるよう・・・

 

まずは有馬記念で当てて高級な美味しいお肉いっぱい食べられるように

お仕事も予想も頑張ります!笑

 

そうだ、佐藤社長と有馬記念の予想をしなければ・・・!笑