自然環境の調和を保ちつつ地球に優しい持続的農業を提案します。

日記カテゴリー


株式会社ラボジェネター

〒080-0106
北海道河東郡音更町東通
20丁目2番地9

ブログカレンダー

アーカイブ
<2019年1月>
303112345
6789101112
13141516171819
20212223242526
272829303112
3456789
月別の過去ログ
2019年1月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2019/01/22 22:55




東北地区・九州地区担当 の 岩本尚吾です。



昨日、ある九州の子牛セリへ行ってきました。



平均価格(税込)は メス 65.0万円 去勢 84.7万円 《前回比 約1万円安》 でした。 




子牛セリを見ていると・・・



40~50万円台の牛もいれば 100~120万円を超える牛もいました。



血統、牛により価格差がありますよね。 




子牛セリ中に周りを見渡すと・・・




名簿に体重(キロ)を書き、セリ価格を書いている 農家さんがたくさんいます。



購買者番号は 書いている方もいれば 書かない方も いるかもしれません。 




家に帰り、 この 体重と価格を書いた 名簿を見て感じることは




おそらく・・・




”やはり、 安福久が絡んでいる牛が高い”  




とか




”体重が重い牛は セリ価格が高い”  




とか




そういうことなのかもしれません。




でもそれって もう分かっていることです。




同じ血統、同じ(ような)日齢だとすれば



280キロ の子牛 よりは 320キロ のほうが 高い牛が多い と 思います。 



《あくまでも 確率的に という意味です》




でも、そうじゃない牛もいます。   なぜだと思いますか。




日齢、体重(キロ)、価格(円) という数字は もちろん大事ですが



”その子牛がどうだったのか”   ということが大切だと思っています。




同じ血統、日齢、体重が同じでも



85万円の牛もいれば 120万円の牛もいます。




それはなぜだと思いますか。




子牛セリに行っていたら(現場にいたら) その子牛を 後で 確認できます。



セリが終わったあとに(セリの途中でも かまわないと思うのですが)



子牛を見に行けば良いのです。













自分が思っている以上に評価されていた牛(思っていたより高かった牛) を 



改めて 自分の目で見て 再確認し 自分の目に 焼き付けて 



自分のもの に してしまいましょう。



《簡単なことではないのですが・・・  》
 



そのためには



セリの前に 子牛を見て 自分なりに 気になる牛を チェックして



その牛がどう評価されているか(価格) と



誰が評価しているのか(購買者番号など) を 書いて  



あの肥育農家さんは こんな子牛を買っているんだ とか



一番高い牛を買う あの肥育農家さんは こんな子牛を好んでいるのか  



とか・・・



これからの自分自身のために できることはたくさんあると 思います。 





数字(体重 や セリ価格)ではない答えが 現場には たくさんありますよ。 





☆今回の話は 平戸家畜市場(長崎県)子牛セリでの話でした。 

 









投稿者: 礒 匠 投稿日: 2019/01/16 20:39

 

みなさんこんにちは

遅くなってしまいましたが

今年も何卒よろしくお願い申し上げます。

 

 

1516日と行われました

2019年十勝和牛初セリの結果をお知らせします

 

主な種雄牛は

勝早桜5 450頭  花国安福 257頭  幸紀雄 131頭  美津照重 126

第1花藤 85頭   芳之国 72頭  諒太郎 54頭  美国桜 52頭  

勝平1 51頭  秋忠平 48頭  福増36頭     他

 

でした。

 

結果(税込)

 

出場数

成立数

最高価格

最低価格

平均価格

めす

668

586

1,297,080

81,000

710,163

去勢

1014

939

1,263,600

351,000

837,276

 

  詳細...

投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2019/01/16 8:55




皆様 おはようございます。 



いつもありがとうございます。



今年もよろしくお願いいたします。 



東北地区・九州地区担当 の 岩本尚吾です。 



こちら帯広 昨日の朝は マイナス15度 今朝は マイナス8度でした。



日によって差はあるのですが、寒い日が続いております。




年末年始 皆様は どのようにお過ごしでしたか。




子牛の誕生だったり



育てていらっしゃる犬達・猫達の出産だったり



ご自身のお子様、お孫さんの誕生だったり



新しい出会いがある、  一方



子牛・肥育牛の出荷だったり



牛達の病気や事故だったり



大切な方が亡くなったり・・・



突然の別れを含め いろいろなことがあるのではないでしょうか。




いろいろなことがある中で



自分が これから 何をしていくのか どのように行動していくのか 



あとで 後悔したり 誰かのせいにしないように



自分自身で 選択していかなければいけないと思います。




日々進化していくこと。




一つ一つ 決断していくこと。




一歩踏み出す勇気 なのかもしれませんね。



《餅田さん 今年こそ!?天文館でお待ちしております。  》





そんなことを考えながら



会社の和室へ行くと カレンダーに こう書いてありました・・・











”親子夫婦の愛こそ 第一の道である”





ムムム・・・ 




フフフフフ・・・・・ 





”道”  というところに なにか 深いもの が ある気がします。





夫婦に 愛は 存在するのでしょうか・・・・・






丸目さん 豊田さん 英俊さん   教えてくださいませ。






つづく・・・







☆申し訳ありません。  つづきません。 



   次回こそは なにか 皆様のお役に立てることを書きたいと思っております。  








投稿者: 植田秋良 投稿日: 2019/01/15 13:48

 

遅ればせながら今年もよろしくお願いいたします。

さて、

1月9~10日の2日間、南北海道肉牛市場が開催されました。

 

上場頭数は1,463頭(メス573頭、去890頭 ※素牛のみの頭数)。

主な種雄牛は以下の通りです。

 

勝早桜5 267頭、美国桜 141頭、幸紀雄 129頭、

美津照重 118頭、第1花藤 93頭、諒太郎 77頭、

花国安福 70頭、隆之国 40頭、芳之国 31頭など

 

平均価格は以下の通りでした(税込価格)。 

メス 752,408円(前月746,909円、前々月716,454円)

去勢 842,112円(前月849,958円、前々月823,822円)

先月よりメス約6千円高、去勢は約7千円安でした。

 

高値だった先月12月と同じような相場でした。

メスはもちろんですが、去勢も全体的に高く、

血統、産次数、体型、増体など

全てが揃えば去勢で100万前後、そうでなくても

70~80万円台が多かったです。

100万円以上の牛もいましたが、110万未満でした。

繁殖牛では安福久絡みの妊娠牛が140~200万ほどで

取引されていました。

それでは少しですが、

参考までに高額で取引された牛を紹介します(セリ価格)。

 

【メス】

白鵬85の3-安福久-平茂勝302日齢337 2,298,000円(1位)

白鵬85の3-安福久-平茂勝 322日齢326 ... 詳細...

投稿者: 中紙育朗 投稿日: 2019/01/11 15:19

 

皆さま、遅ればせながら

 

 

明けましておめでとうございます

 

 

今年もよろしくお願い致します

 

 

 

 

2019年になり、僕が気になっている畜産のニュースは

 

牛肉の生産から外食事業まで一貫経営する、ある企業が4月からベトナム人獣医師

 

9人を正社員として採用。

 

5年間在留するとの事。

 

(日本の国家試験を受けていない為、高度専門職として)

 

他には、昨年の記事になりますが、11月30日ウルグアイへの牛肉の輸出が可能

 

になった事。

 

 

いろいろな壁?みたいなものが少しずつなくなってきているように感じます。

 

 

これから、どんな風に変わっていくのか楽しみですね。

 

 

 

 

 

 

さて今年1回目のブログは子牛牛舎の消毒について書きたいと思います。

 

 

 

とても良い感じに消毒されている農家さんがいらっしゃったので紹介させて頂きます。

 

 

 

 

 

 

牛舎内の壁や天井、ハッチなどすべてに吹き付けられています。

 

生石灰のように見えますが、ドロマイト系石灰になります。

 

こちらの農家さんが使っている商品は、水に溶かして使うタイプですが

 

生石灰のように熱が出ないので散布するのがとても楽だと言われていました。

 

また、柵などの金属が錆びないそうです。

 

こちらの農家さんは散布の時、下の機械を使用されています↓

 

 

 

参考になりましたら、嬉しいです。

 

 

毎日磨かれたウォーターカップもとても綺麗でした