自然環境の調和を保ちつつ地球に優しい持続的農業を提案します。

日記カテゴリー


株式会社ラボジェネター

〒080-0106
北海道河東郡音更町東通
20丁目2番地9

ブログカレンダー

Archive
<May 2019>
SunMonTueWedThuFriSat
2829301234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930311
2345678
Monthly
2019年5月
2019年4月
2019年3月
2019年2月
2019年1月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
By 岩本尚吾 on 2019/05/22 22:55

 



ある農家さん(Hさん)のところへ行ってきました。

 

とても優秀な農家さんです。    ☆下の写真は Hさんの哺乳ロボットのある牛舎です。

 

 

 

 

Hさんは 酪農家さんでもありますが 和牛の母牛も 20頭います。

 

その母牛から採卵しながら、 和牛の受精卵産子を産ませています。

 

Hさんは 熊本県家畜市場で毎月開催されている

 

ETスモールセリ(4か月齢未満の子牛)に 和牛の子牛を出荷していますが

 

先月(4月)のETスモールセリで Hさんの子牛が オスの最高価格でした。 

 

☆勝早桜5ー安福久ー百合茂 112日齢 184キロ 86.8万円(セリ価格) でした。 

 

ちなみに、先月のETスモールセリではオス(体外受精卵含め)が372頭 上場されていましたよ。 

 

実は、先月だけじゃなく 昨年も何度か!?オスのトップを取っていた気がします・・・ 

 

おそらく 何か 秘密の!? テクニック が あるのだと思います・・・ 

 



Hさんの子牛は 発育の良い牛が多いので

 

子牛の哺育について その秘訣!?を聞いたのですが・・・

 

 

”子牛が産まれてから 最初は 俺がミルクを飲ませていて

 

 ある基準を超えたら 哺乳ロボットのある牛舎に入れるんだけど

 

 その目安は お湯 2.2~2.5リットル 粉ミルク 550~600グラム を 1日 2回(朝と夕方)

 

 3日間くらい しっかり飲めるようになること”

 

 ということでした。

 

だいたい 3週間くらいしたら その基準に達するようです。 

 

ちなみに 毎回 アースジェネターを ミルクの中に 3グラムずつ入れているようです。

 

このことが重要だから しっかり伝えてね と Hさん(東さん)は 言っていました。 

 

やらせではありませんよ・・・・・  

 

ミルクに アースジェネターを入れると 第四胃にいってしまうのですが(第二胃溝反射)

 

それでも 小さいときから 口にいれてあげることは大切だと思います。

 

できるだけ 早い時期から 腸内環境を整えていくことが大切だと思っています。

 

まだ スターターも そんなに食べることができない時期に(産まれてから3週間くらいまで) 

 

毎日、アースジェネターを 子牛の 口に入れるのは 大変だと思うので 

 

それでしたら ミルクに入れるのが 一番楽で 確実に口に入る方法 だと思います。

 

もちろん、スターターを食べるようになったら スターターに振りかけてください。

 

Hさんのところでも ロボット哺乳の牛舎では ミルクの中ではなく スターターに 振りかけています。 

 

ちなみに、 Hさんは 90日齢で離乳にしています。 

 

 

Hさんの ロボット哺乳の牛舎は 広くて 環境が良く 子牛達は のびのび 育っています。

 

稲ワラも たくさん敷いてありますよ。 

 

 

 

東さん  今月の子牛(今月は24日がETスモールセリです)も  良い感じの牛がいましたね。  

 

今月も 最高価格を 取っちゃうかもしれませんね。    ムフフフフ・・・ 

 

 

 

 

 

By 礒 匠 on 2019/05/21 18:25

 

皆さんこんにちは。

 

日本各地で天気が荒れていますが

皆様の無事を祈っております。

 

さて、お昼頃にある酪農家さんを尋ねたところ

牛舎を見せてもらうと・・・

 

 

見事にすべての牛が横臥していました。

芸術的なだけでなく

僕が入っていっても落ち着き放っており

しっかりと反芻をしていました

 

「調子いいですか?」と尋ねると

「調子いいですね」(^^)ニッコリ

これだけ、食っちゃ寝していれば

牛の健康も、お乳の生産も順調にいっているはずですね!

 

ゆとりのあるベッドに、ふかふかの麦稈

程よい風が入り換気もばっちり

牛の鼻先のサイレージの発酵も良く

ストレスが少ないようにする努力が伝わってきますね

 

さらに、1日に数時間パドック(放牧地)に放して

しっかりと運動とリラクゼーションができているようです

 

もちろん手間はかかっていますが

こういった手間が

良いお乳をいっぱい出してもらうことにつながるのですね!

By 植田秋良 on 2019/05/17 16:50

 

これから一部肥育を始める繁殖農家さんと

肥育農場さんへ視察に行って来ました。

新しく肥育舎(発酵床)を建てる予定なので

・何頭マスにするのか

・密度はどの程度か

・発酵床で問題ないか

・飼槽の高さはどうするか

・通路の高さを上げて牛を見降ろすのが良いのか

・給餌は何回ぐらい

・エサの量は

・事故防止について

などなど・・・

ここで説明できないほど肥育農家さんに質問していました。

 

また、とても興味深く肥育牛を見ていました。

普段、素牛を出荷した後の牛を見ることがないので、

血統ごとで違う体型や

横にも縦にも背中が割れていて、

首がほとんどなく、

お尻がプリプリしてまん丸い、

まさに俵牛をみてモチベーションが上がっておられました。

 

まだまだ素牛相場が高く、

繁殖農家さんが肥育を始めるというのは

なかなか難しいことではありますが、

(新しく肥育牛舎を建てるのも難しいですね・・・)

考え方によっては素牛相場が高い時ほど肥育一貫に

移行しやすいかもしれませんね!

By 岩本尚吾 on 2019/05/11 22:22

 

 

東北地区・九州地区担当 の 岩本尚吾です。 

 

GWが終わり 暖かくなってきましたね。 

 

このまま 夏に向かって行けば良いと思うのですが

 

おそらく これからの時期は・・・ 

 

日中 と 朝晩の気温差が大きくなったり、 湿度が高くなる日 も 出てきたりで

 

意外と!? 牛達に ストレスがかかる時期でもあると思います。

 

いつも以上に 牛達の観察 を よろしくお願いいたします。 

 

 


今月、ある子牛セリに行ってきました。 

 



そのセリに 知り合いの繁殖農家さんが子牛(メス)を出してました。



その子牛市場では 高値のメス牛は あまり多くないので

 

(メスの子牛を導入するために県外から集まる農家さんは多くないと思います)

 

セリ価格 が 80万を超えたら良いなと思っていたのですが

 

セリが終わってみれば その牛は 120万円を超えていました。 

 

☆百合白清2-安福久-第1花国-平茂勝 295日齢 315キロ 121万円(セリ価格) でした。

 

 

正直に言いまして・・・

 

 

そのセリ場のメス牛がそこまで高値になるイメージはなかったので少しビックリしました。 

 

その繁殖農家さんも、 もし 80万円超えなかったら持って帰ろうと思っていたようなのですが

 

子牛価格に ビックリしていたようでした。 

 

 

その子牛のセリが終わり、繁殖農家さんに会うと・・・

 

 

”あの牛(百合白清2-安福久)と入れ替えるつもりで 美国桜のメス牛を買おうと思っています”

 

ということでした。

 

その後、一緒に まだセリに出ていない子牛(美国桜 メス)を 数頭見ながら、この牛が良いかもですね・・・ 

 

なんて話していたのですが(二人で見た中では、1頭良さそうな子牛がいました)

 

その繁殖農家さんは あっという間に

 

別の!? 美国桜(メス)を 購買して(僕はその子牛を見ていないのですが) 帰っていました。

 

さすがというか、 そのスピード感が良いな と 思いました。 

 

その子牛と  ”縁”  があったのだと思います。 

 

 

翌朝・・・

 

 

その繁殖農家さんから メールが来ました。

 

  ”あの二人で見ていた子牛は 71万円だったみたいです。

 

   あの子牛を、買えば良かったのかもしれません”

 

   という内容でした。 

 

 

おそらく・・・


 

その 71万円だった子牛を もし競っていたら

 

75万で買えたかもしれないし 90万になっても購買できなかったかもしれないし

 

分からないのですが

 

その子牛は 別の農家さんのところに行く 運命!?だったのだと思います・・・ 

 

 

今から2年後、 今回購買した 美国桜が 無事に子牛を産んで

 

その子が 元気に育ち セリに出荷できていれば良いですね。    

 

そうなるように しっかり観察しながら 育てていきましょう。   

 

 

 

 

 

By 植田秋良 on 2019/05/10 13:33

 

5月8~9日の2日間、南北海道肉牛市場が開催されました。

 

上場頭数は1,678頭(メス663頭、去1,015頭 ※素牛のみ)で

先月より93頭増でした。

 

主な種雄牛は以下の通りです。

 

美国桜 182頭、勝早桜5 168頭、幸紀雄 140頭、

諒太郎 132頭、美津照重 129頭、第1花藤 104頭、

花国安福 91頭、隆之国 57頭、芳之国 39頭など

 

平均価格は以下の通りでした(税込価格)。 

メス 760,266円(前月748,540円、前々月760,868円)

去勢 859,801円(前月844,628円、前々月848,284円)

先月よりメス、去勢ともに約1~1.5万円高でした。

 

直近の強くない枝肉価格や

(雌 65A5 2,792円 A4 2,505円 A3 2,270

167A5 2,699円 A4 2,388円 A3 2,247

 ※東京食肉市場 510日付け日本農業新聞より)

大型連休による全国のセリ日の偏り等の影響が

Read More »

By 礒 匠 on 2019/05/08 18:39

 

皆さんこんにちは!

道東担当の礒です

 

先日、釧路・根室地方に出張してきました

ある繁殖牧場(繁殖母牛50頭規模)でのこと

やっぱり、いい素牛を作るには哺育の時期が大切だよね。

という話から

この牧場主さんは

近くの酪農家さんから初乳を分けてもらって

冷凍初乳をたくさん用意しておいて

それを惜しげもなく飲ませるそうです(分娩後はすぐに親牛と離す)

 

さすがだなと思ったのは

その酪農家さんに下痢予防のワクチンを打ってもらい、

免疫グロブリン、IG濃度の指標になるのブリックス濃度を糖度計で測り

良質な初乳を確保しています

 

 

ちなみに解凍はこの低温調理器!

60℃設定にてパスチャライズ(低温殺菌)も完了です!

これで、殺菌した初乳を飲ませることができますね

 

これだけではありませんが

生後の管理を徹底しているため

事故もなく、子牛の発育もとてもいいです!

 

あらためて、初乳の重要性、哺育時期の管理の大切さを

勉強させていただきました!ありがとうございます!

By 岩本尚吾 on 2019/05/07 22:55

 

 

 

秋田県 シンイチさん 作 

 

 

 

題名》  牛舎仕事は一人のはずなのに なんで こんなになっちゃうんだろう・・・ 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに、 シンイチさんの牛舎で 仕事をするのは基本的に シンイチさんだけです。

 

シンイチさん一人で 10足(5セット)以上の長ぐつを 用途に応じて 履きこなしているのです。

 

ムフフフフ・・・ 

 

 

 

 

 

 

次回こそは!? 皆さまにとって 何かプラスになることを書きたいと思っています・・・ 

 

 

 

 

  

By 岩本尚吾 on 2019/05/05 13:55

 

 

 

レイコさん 作・・・ 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マサノリさん(社長) 作・・・ 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長ぐつ編  つづく・・・