自然環境の調和を保ちつつ地球に優しい持続的農業を提案します。

日記カテゴリー


株式会社ラボジェネター

〒080-0106
北海道河東郡音更町東通
20丁目2番地9

ブログカレンダー

Archive
<September 2019>
SunMonTueWedThuFriSat
25262728293031
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293012345
Monthly
2019年10月
2019年9月
2019年8月
2019年7月
2019年6月
2019年5月
2019年4月
2019年3月
2019年2月
2019年1月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
By 岩本尚吾 on 2019/09/25 18:18




東北地区・九州地区担当の岩本尚吾です。



皆様 いかがお過ごしでしょうか。 




先週、第126回 日本畜産学会 (岩手大学にて開催)に参加してきました。




学生さん や 社会人の方達が



栄養・飼養、育種・遺伝、繁殖・生殖工学、形態・生理などの分野に別れて発表します。




僕は発表していないのですが・・・・・ 




興味深い内容もたくさんありましたよ。 




そのうちの一つは



農場の繁殖成績(母豚の年間離乳頭数) と 腸内細菌叢との関係 を 検討したものでした。



年間離乳頭数 上位25パーセントの農場 と 下位25パーセントの農場 の 母豚の糞便を採取し




腸内細菌叢を解析したところ




上位と下位の農場 2群間の腸内細菌叢の構成に 有意な差が見られたということでした。




母豚の繁殖成績が良い農場は 腸内細菌叢が安定している ということだと解釈しました。





成績の良くない農場では 抗菌剤の使用も多いようだったので



抗菌剤の使用により腸内細菌叢が乱れ、免疫力の低下が起こり



母豚の生産性に影響を及ぼしているのかなと思いました。





上記の話は 養豚農家さんの話なのですが



牛に関しても 先ずは母牛管理ですもんね。 


(もちろん、 飼養管理 や 環境も 大切です)




母牛の管理をやらないで 産まれてくる子牛を健康に育てようというのは難しいと思います。



そういう意味では



きちんと母牛の腸内細菌叢を整えて(母牛にもアースジェネターを給与して)

 

産まれてくる子牛も健康に育てていく というのが良いのではないかと思っています。





あっ、決して 宣伝ではありません・・・  





☆ランチョンセミナー(昼食時間帯を利用して学会の趣旨に準ずるセミナー)のときの写真です。

 




今回は事前に予約していたのですが、お弁当が付いてきました。 



(事前予約制でない場合はランチョンセミナーに参加すればお弁当がついてくることが多いです)



今回のお弁当は 地元で有名なお店の 唐揚げ弁当 のようでした。 




セミナーの会場全体が めっちゃ唐揚げのイイにおいでした。 




ランチョンセミナーの内容が 



”みんなで筋肉勉強 -筋肥大と筋委縮-”  でしたので



唐揚げ(タンパク質)弁当 だったのだと思います。  ムフフフフ・・・ 







By 植田秋良 on 2019/09/24 14:49

 

とある農場さんにお伺いしました。

そこでは1年ほど前からほぼ全頭にアースジェネターを

給与しています。

現場の方と堆肥の状態を確認しました。

まず堆肥舎に入ると嫌な臭気は全くありません。

写真でもわかるように堆肥をカマボコ状に積み、

表面積を確保して通気を良くしています。

また、1mの堆肥用の温度計を堆肥に刺すと、

す、す、す~っと入っていき、

中も嫌気と好気のバランスの良さがうかがえます。

切返しはホイルローダーで適度な頻度で、

また、高い位置から堆肥を落とすことで玉になりにくく、

空気が入るように心がけておられます。

切返すごとに体積や水分が減り、

黒褐色の土のようになっています。

このように状態の良い堆肥は

アースジェネターの給与による発酵促進と

発酵しやすい暖かい気候の他、

何と言っても堆肥をつくっている方々の管理が

素晴らしいからだと思います。

 

良い堆肥を見て嬉しい気持ちになったひと時でした。

By 礒 匠 on 2019/09/24 11:10

皆さんこんにちは

道東担当の礒です

 

 

先週行われました十勝和牛市場の結果を

お知らせします

 

勝早桜5 417頭   美津照重 189頭  花国安福 172頭    

幸紀雄 148頭  秋忠平 107頭 第1花藤 98頭  勝乃幸 75

美国桜 61頭  福増 58頭  諒太郎 55頭  隆之国 53頭  

光彦 48頭  百合白清2 46頭  福之姫 39頭  他

 

でした。

 

結果(税込)

 

性別   出場数  成立数     最高価格     最低価格     平均価格

メス   801      772    1,078,920   98,280     698,631

去勢   1,099    1,034   1,132,920   226,800   794,752 

 

先月比は

めすで約プラス1万2千円

去勢で約プラス2万円でした

 

下から中を買う強い購買者が入ったため下の値段は上がっていました

上は100万円を超える牛はほとんどおらず

血統、増体、牛の形と三拍子そろった牛のみが

90万円以上の高額となっておりました。

 

 

高く取引された牛は次の通りです(セリ価格)

 

去勢

福之姫-安福久-百合茂    307日齢 400㎏    982,000

百合白清2-安福久-勝忠平  287日齢 354㎏   942,000

勝早桜5-美国桜-安福久   256日齢 359㎏    942,000

福之姫-美津照重-忠富士   232日齢 340㎏    930,000

 

めす

美国桜-安福久-勝忠平    312日齢 379㎏    994,000

美国桜-安福久-百合茂    314日齢 320㎏   993,000

美国桜-華春福-百合茂    296日齢 319㎏   906,000

 

  

去勢では安福久母体、美国桜母体に

福之姫、百合白清2、勝早桜5がついた

大きくなりそうな増体の良い牛が高値で

 

めすは安福久の子が少なくなってきたためか

美国桜などを親に持つ牛が

おそらくは繁殖牛として高値で取引されていました。 Read More »

By 中紙育朗 on 2019/09/20 15:57

 

 

皆さま、こんにちは!!

 

遅くなってしまいましたが、前回に引き続き入賞牛の結果を

 

書きたいと思います。

 

 

 

 

銅賞1席     佐賀県

 

平茂晴ー百合茂ー安福久    28ヶ月齢    枝重  543.6キロ  BMS  12

ロース芯   100.0㎠    バラ厚  10.5㎝     枝肉単価  4,500円

 

 

 

 

以下銅賞は出品番号順になります。

 

 

 

熊本県

 

美津百合ー安福久ー勝忠平    28ヶ月齢   枝重  497.6キロ  BMS 12

ロース芯   91.0㎠     バラ厚   8.8㎝      枝肉単価  4,200円

 

 

 

 

鹿児島県

秀幸福ー華春福ー安福久   29ヶ月齢    枝重  583.9キロ   BMS  12

ロース芯   92.0㎠    バラ厚   10.3㎝     枝肉単価  4,000円

 

 

 

 

宮崎県

耕富士ー美穂国ー忠富士   29ヶ月齢   枝重  547.5キロ  BMS  12

ロース芯   92.0㎠    バラ厚   10.1㎝     枝肉単価  4,500円

 

 

 

 

福岡県

 

華春福ー喜亀忠ー金幸福    29ヶ月齢   枝重  575.6キロ   BMS  12

ロース芯   130.0㎠     バラ厚  9.6㎝     枝肉単価  4,000円

 

 

 

 

 

受賞者の皆さま、おめでとうございます(*^^*)

 

入賞牛のほとんどが安福久母体ですが、その中でも枝肉はそれぞれ全然違う

 

ので直接見に行く事ができて、とても良かったです。

 

また来年も、中州ではなく九連を目的に?行きたいと思います

 

 

By 植田秋良 on 2019/09/13 16:12

 

とある農場さんにお伺いしました。

牛さんはパドックへ自由に行き来できます。

牛さんにとっては最高の環境ですが、

牛舎とパドックの出入り口付近が

泥濘化してしまうデメリットが考えられます。

 

早速、外へ出て確認しました。

!?

泥濘化しているはずの出入り口付近は全くそうなっていません。

よく見ると・・・・・

ベルトのような素材で

20㎝角ぐらいの菱形の網目になった物が

牛舎の出入口含め、泥濘化しやすい軒先の下の範囲に

埋められていました。

写真右半分が埋められた部分です。

埋められていない場所は泥濘化しています。

泥濘化でお困りの方にはお勧めです!

 

調べてみると

電牧資材などを取り扱う業者さんの商品でした。

詳しいことはこちら

  ↓

http://farmage.co.jp/products/ground_stabilisation/

By 中紙育朗 on 2019/09/12 13:23

 

 

皆さま、こんにちは!!

 

今日は、結果を書きたいと思います。

 

 

 

金賞  鹿児島県   ㈱宮路ファーム    様

 

華春福ー隆之国ー安福久    29ヶ月齢   枝重 565.9キロ   BMS 12

ロース芯 117.0㎠     バラ厚  10.5㎝   枝肉単価 10,000円

 

 

 

 

 

銀賞1席     長崎県

百合幸ー安福久ー平茂晴   29ヶ月齢   枝重  568.4キロ  BMS  12

ロース芯  110.0㎠    バラ厚  9.3㎝    枝肉単価  6,000円

   

 

 

 

銀賞2席   鹿児島県

直太郎ー安福久ー平茂勝    29ヶ月齢  枝重  569.3キロ  BMS  12

ロース芯   97.0㎠     バラ厚  9.5㎝    枝肉単価   5,500円

 

 

 

 

銀賞3席    熊本県

芳之国ー安福久ー勝忠平   29ヶ月齢  枝重  564.0キロ   BMS 12

ロース芯   109.0㎠    バラ厚  9.5㎝    枝肉単価   5,000円

 

 

写真で見るのと、実際に現場で見るのでは少し違って見えるかと思いますが、、、

 

 

受賞者の皆さま、おめでとうございます(*^^*)

 

全て書きたかったのですが、長くなってしまうので、

 

また次回書きたいと思います。

 

 

By 中紙育朗 on 2019/09/11 13:43

 

 

皆さま、こんにちは!!

 

先週の7日(土)に開催されました

 

第43回 九州管内系統和牛枝肉共励会について、書きたいと思います。

 

 

 

 

 

 

9月4日、岩本部長のブログで、すっかり僕のヤマシイ気持ちを

 

読み取られてしまいましが・・・

 

 

 

ナカースー楽しいです

 

 

さて、この九州管内系統和牛は九州・沖縄の各県から17頭出品され合計136頭

 

で競われました。

 

ほとんどの牛が黒毛和種の去勢なのですが、そのうち黒毛のメスは6頭

 

褐色のメスが1頭いました。

 

昨年も書きましたが、着体重が870キロ以下という決まりがあり、

 

そこがとても難しい点だと思います。

 

超えてしまいそうな牛の場合、エサを減らす調節をされたのではないかと

 

思います。

 

出品された農家の皆さま、またその農場で働く皆さま、お疲れ様でした。

 

 

個人賞の前に、団体賞の発表をしたいと思います。

 

 

団体優秀賞は、鹿児島県でした。

 

平均BMS 11.5     平均枝重  534.0キロ

 

個人では、金賞、銀賞2席、銅賞と3つを獲得。

 

今年で4連覇になりました。

 

凄いですよね。

 

 

熊本県も平均BMSが11.2とかなり高いと思いました。

 

 

個人賞については、また次回書きます。

 

よろしくお願いします。

 

 

By 岩本尚吾 on 2019/09/08 23:55





東北地区・九州地区担当 の 岩本尚吾です。 




今朝、宮城のホテルで呼んだ新聞の記事からなのですが・・・





「確実に5万円もらうか、5割の確率で10万円もらうかのどちらを取るか」



と尋ねると、



人は確実に5万円をもらう方を選ぶ。



だが、同じ人に



「確実に5万円失うか、5割の確率で10万円を失うか」



を選ばせると、5割の確率の方に賭けるのだという。



つまり、得をする選択については確実のものを好み、



元々どちらも損をするような選択では、失うものの期待値は同じでも



ギャンブルに打って出る傾向が人にはあるのだ。




        ☆猪木 武徳さん   読売新聞 《地球を読む》 より





そうですよね。   人って オモシロイなって思います。  



(もちろん、そうじゃない方も多いと思うのですが・・・  )






確実に 今より牛たちが良くなる方法があるとすれば 何をしますか。






今よりも 牛たちが喜ぶことを一つ一つやってくださいませ。 







By 植田秋良 on 2019/09/06 10:55

 

9月4~5日の2日間、南北海道肉牛市場が開催されました。

 

上場頭数は1,584頭(メス681頭、去903頭 ※素牛のみ)で

前月より58頭減でした。

 

主な種雄牛は以下の通りです。

 

勝早桜5 282頭、幸紀雄 137頭、美国桜 132頭、

美津照重 104頭、第1花藤 75頭、隆之国 72頭、

諒太郎 70頭、花国安福 59頭、梅栄福 48頭 など

 

平均価格は以下の通りでした(税込価格)。 

メス 713,591円(前月743,079円、前々月739,393円)

去勢 805,485円(前月831,428円、前々月830,146円)

前月よりメス、去勢ともに約3万安となりました。

 

内訳は上物が変わらず高かった反面、

中間や下物がやや下がっていた印象でした。

去勢は百合白清2×安福久の100万越えが数頭、

続いて勝早桜5など×安福久、美国桜が8090万台でした。

下は50万円台~、中心は70万円前後でした。

メスは繁殖用に安福久又はその絡み、美国桜、福之姫などの上物で

80150万台でした。

肥育用は60万円台が中心でした。

それでは

参考までにいくつか取引された牛を紹介します(セリ価格)。

 

【メス】

安福久-忠富士-安平    Read More »

By 岩本尚吾 on 2019/09/04 22:29




九州地区・東北地区担当 の 岩本尚吾です。 



皆様 いかがお過ごしでしょうか。




今週末といえば・・・




ムフフ・・・ 




ラグビーの 日本代表 対 南アフリカ代表の試合がありますね。 




4年前の ワールドカップの あの興奮がよみがえりますね。 




ちなみに 6日(金) 19時15分 キックオフです。 






そういう話ではなく・・・ 






7日(土)に 九州管内系統和牛枝肉共励会がありますね。 



1年に1度 九州・沖縄 各県の代表が それぞれ 17頭ずつ出品してチャンピオンを決めます。



九州では 九管(きゅうかん) とか 九連(きゅうれん) と 呼んだりします。



九州では もっとも注目されている共励会の一つだと思います。 





九州で 肥育農家さんのところへ行くと・・・




出品牛がいたりします。  




☆平茂晴ー安福久ー勝忠平(去勢)  27か月齢














☆そして、別の農家さんの出品牛です。

















九州で 繁殖農家さん と 話をすると・・・




”僕のところで育った牛が 九連に選ばれたみたいです!!” 




という声が 聞こえてくることもあります。




僕は 九管には参加できないのですが、 後輩の 中紙育朗 が 参加予定です。




前日は おそらく 中洲にも 参加していると思います。 



むしろ、 中洲に参加するために 九管に行くのではないのかと思ったりするのですが 





まあ それはそれで良し!? とします。     フフフフフ・・・ 





九州管内系統和牛枝肉共励会の結果 は 中紙が書くと思います。




皆様 楽しみにしてくださいませ。






育朗 頼むね!!