自然環境の調和を保ちつつ地球に優しい持続的農業を提案します。

日記カテゴリー


株式会社ラボジェネター

〒080-0106
北海道河東郡音更町東通
20丁目2番地9

ブログカレンダー

Archive
<August 2020>
SunMonTueWedThuFriSat
2627282930311
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
303112345
Monthly
2020年8月
2020年7月
2020年6月
2020年5月
2020年4月
2020年3月
2020年2月
2020年1月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年9月
2019年8月
2019年7月
2019年6月
2019年5月
2019年4月
2019年3月
2019年2月
2019年1月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
By 岩本尚吾 on 2020/08/09 16:39





東北地区・九州地区担当 の 岩本尚吾です。



皆さま いかがお過ごしでしょうか。 




こちらは北海道にいるのですが・・・




最近、我が家で流行っている 毎月の恒例行事(妻の数日間の家出)のため



今は 9歳 と 4歳との 3人暮らしをしています。



”来月も家出するから・・・” と 今日、伝えられました。 



皆さま これって一般的なのでしょうか。   教えてください。 







前回のつづきです・・・






この共励会に出場していた 61頭の中で



135万円(セリ価格)の子牛(去勢)がいました。 




今となっては 135万円の子牛ってスゴイですね・・・ 


(その子牛は 280日齢  386キロ  金太郎3-安福久ー百合茂  みたいな感じです)




2年前(2018年)12月 子牛セリ導入の牛でした。




この牛は 今回、優良賞に入っていて



枝肉重量 607キロ  BMS 12  枝肉単価 3500円 でした。



ちなみに 今回の共励会の中で 賞に入っていない BMS12 の 牛 は 5頭いましたが



枝肉単価(税抜き)は それぞれ 2329円   2197円   2314円   2318円  2225円



でしたよ。




なかなか厳しい単価ですよね。




もちろん・・・   今 オリンピック が開催されていたら



BMS12  が 一般出荷で 4000円 に なっていたかもしれません。 





何が起きるか分かりませんよね・・・ 





そして・・・




今回の共励会では 導入価格が46.6万円(セリ価格)の子牛(メス) も いました。




今回出場していた 61頭の中では 導入価格が一番安い子牛でした。



導入時の日齢は 330日を超えていて  導入時の体重は 201キロ でした。



(血統 は 諒太郎-安福久-隆桜)





その子牛の結果は・・・




枝肉重量 448キロ  BMS 9  枝肉単価 2197円 (販売価格 約95.9万円)



でした。



肥育期間は 少し長く(約23か月間)飼っていたようですが、大きく育っていますよね。



導入時の子牛の姿を想像すると、肥育農家さんの努力が目に浮かびますよね。







7月に開催された 佐賀県の共励会の結果 からの 勝手な 考察でした。 






By 岩本尚吾 on 2020/08/05 23:55




東北地区・九州地区担当 の 岩本尚吾です。



皆さま いかがお過ごしでしょうか。



暑い毎日が続いていますよね。



皆さま 家にあるクーラーが壊れたらどうしますか。



動くようになるまでに 1週間かかると言われたら・・・ 



想像しただけでも オソロシイ ですよね。 



もちろん、クーラーがなくても 扇風機があれば良いのですが・・・ 





皆さま もし可能でしたら




牛達(牛舎)にも 今より 少しでも 快適な環境を作ってくださいませ。



☆新鮮な水、清潔な飼槽、扇風機 や 細霧(ミスト)装置などありましたら
  


  牛達は喜ぶと思いますし、今より大きく育つと思います。 







ところで・・・






先月開催された九州のある県の共励会の成績を見ました。



出場頭数 は 61頭でした。



最優秀賞 や 優秀賞、優良賞の血統(三代祖) や 枝肉重量などは書きません。 



その結果は 皆さまの想像する想定の範囲内のもの だと思います。



ちなみに、入賞していた牛(最優秀賞、優秀賞、優良賞)は 6頭いたのですが



6頭 すべて BMS12 で  すべて 安福久母牛 でした。




その成績(データ)には




子牛の導入金額(セリ価格《税抜き》) と



肥育後の販売価格(枝肉重量 × 枝肉単価《税抜き》) が 載っていました。




肥育時にかかる1頭当たりのコスト(エサ代やワクチン、敷料代の衛生費など)を仮に45万円としたときに




今回の共励会の牛で利益を上げている方は何人いたと思いますか。




☆45万円はあくまでも仮の話です。



 頭数規模、環境、肥育期間などにより1頭当たりのコストは人それぞれ違います。



   ちなみに、61人の方の中には自家産の子牛を肥育していた方も6人いました。



   その6人の方たちの導入価格は去勢が 74.1万円 メスが 60.1万円になっていました。



   今から 20~22か月前の子牛価格の平均(税抜き)なのかもしれません。






今回の共励会(61頭出場)で





枝肉の販売価格から子牛導入価格を引いた金額が45万円を超えていた農家さんは・・・







20人でした。






☆今回は あくまでも共励会のデータですので



 (農家さん達は出荷予定牛の中で自信のある血統、牛を出荷している方が多いと思います)



 通常出荷している牛とは(良い意味で)仕上がりが違っている牛たちの結果かもしれません。



 ちなみに、入賞牛(6頭 すべて BMS12)の 枝肉価格は1頭が2823円、それ以外の5頭は3000円以上でした。



 賞に入っていない牛の枝肉価格は 一般出荷の価格に近かったのかもしれません。



 あくまでも、個人的な意見です。 






今回の61頭の中には 子牛導入価格より 販売価格が安かった方もいました。
 




大変な時代ですよね・・・









   つづく・・・ 









By 中紙育朗 on 2020/08/01 10:12

 

皆さま、こんにちは!!

 

先日、宮崎県のある地域で行われました、共励会の結果を書きたいと思います。

 

出場頭数   去   22頭

 

平均枝肉単価   2,358円

 

 

1席

富久竜ー勝平正ー福之国   枝重  561.7キロ  BMS  12 ロース芯 82㎠

                   バラ厚 8.9㎝   枝肉単価  2,620円

 

2席

耕富士ー秀菊安ー美穂国   枝重  554.4キロ BMS  12 ロース芯 81㎠

                   バラ厚 9.0㎝   枝肉単価 2,600円

 

3席

耕富士ー美穂国ー福之国  枝重  540.3キロ  BMS  12 ロース芯 82㎠

                  バラ厚  10.0㎝  枝肉単価 2,580円

 

4席

愛日向ー勝平正ー福谷桜  枝重  569.4キロ  BMS 12 ロース芯  76㎠

                 バラ厚   9.6㎝   枝肉単価 2,500円

 

5席

真華盛ー耕富士ー安平   枝重  551.0キロ  BMS 12 ロース芯  63㎠

                バラ厚   9.5㎝    枝肉単価 2,470円

 

 

上記のような結果でした。

 

入賞された皆さま、おめでとうございます。

 

 

 

さて、少し話が変わりますが

 

先月7月18日、19日に行われました、高千穂家畜市場子牛セリに行かせて

 

頂きました。

 

高千穂セリでは母牛の血統もほとんどが宮崎県の種雄牛でした。

 

(ちなみに、メス・去勢合わせて526頭中、2代祖・3代祖に安福久が

入っていた頭数は5頭でした)

 

去勢の価格トップ8頭の1代祖は耕富士だったのですが、2代祖は美穂国と秀正実

が占めていました。(2代祖、3代祖に安福久は入っていませんでした)

 

牛も良かったと思います。

 

そこで家畜改良センターさま、去勢の肥育成績を書きたいと思います。

(※平成31年4月~令和2年3月)

 

耕富士ー美穂国   986頭  枝重  522.6キロ   BMS 9.29

 

耕富士ー秀正実    94頭  枝重  532.4キロ   BMS 9.79

 

耕富士ー秀菊安   598頭  枝重  514.5キロ   BMS  9.57

 

 

3つとも結果はとても良いと思いますが、

 

正直、意外と?秀正実母体の結果が良い事に驚きました。

 

もうすでにたくさん母牛として残っているかと思いますが、

 

宮崎県の種雄牛で、県内導入をお考えの農家さん、自家保留などの

 

参考になりましたら幸いです。