自然環境の調和を保ちつつ地球に優しい持続的農業を提案します。

日記カテゴリー



株式会社ラボジェネター

〒080-0106
北海道河東郡音更町東通
20丁目2番地9

ブログカレンダー

Archive
<November 2021>
SunMonTueWedThuFriSat
31123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
2829301234
567891011
Monthly
2021年12月
2021年11月
2021年10月
2021年9月
2021年8月
2021年7月
2021年6月
2021年5月
2021年4月
2021年3月
2021年2月
2021年1月
2020年12月
2020年11月
2020年10月
2020年9月
2020年8月
2020年7月
2020年6月
2020年5月
2020年4月
2020年3月
2020年2月
2020年1月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年9月
2019年8月
2019年7月
2019年6月
2019年5月
2019年4月
2019年3月
2019年2月
2019年1月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
By 中紙育朗 on 2021/11/29 5:37






皆さま、こんにちは!!



僕が担当させて頂いている地域も寒くなって



きている事かと思います。



寒くなると個人的に心配してしまうのが、



子牛の風邪(肺炎)です。



毎年、特に新しいことが無く



同じようなことを書いてしまっているかと思いますが




やはり寒さ対策をできる範囲内でして頂けたらと思っております。







風を直接、牛に当てないこと







お腹を冷やさないように、敷料を厚く敷いてあげること







ストレスをかけない事



上記の3つをしてあげてみてください。




ハッチから群れにするときは、なるべくオールインオールアウトに



近くなるようにしてあげてください。


(1頭入れて、1頭抜くみたいなことがなるべく無いように)






もし何かの参考になりましたら、是非取り入れてくださいましたら





嬉しいです。






By 岩本尚吾 on 2021/11/28 8:29




いつもありがとうございます。



東北地区・九州地区担当 の 岩本尚吾です。



皆さま いかがお過ごしでしょうか。 




残すところ あと約1か月で 今年も終わりですね。



あっという間の1年だった と 個人的には感じています。



皆さまにとって 今年はどんな年だったでしょうか。





人生は いろいろなことが起こりますよね・・・





もちろん、今年も まだ1か月あり



まだまだ大変な日々は続いていくと思うのですが



皆さま くれぐれもお身体に気をつけて 一日一日を過ごしてくださいませ。 





ところで・・・




ある種雄牛の成績(続報)を ある肥育農家さんがホームページで発表しています。




もちろん、肥育成績は 血統だけではなく



子牛セリの時の素牛の選定 や 飼養管理が大きな要因を占めています。



あくまでも、血統は 確率ですので



血統が良いから 絶対に肥育成績が良いという話ではありませんが



何かの参考になりましたら嬉しいです。  



↓↓↓↓↓




         
              ☆佐々畜産のブログ(日々のニュース)より








By 礒 匠 on 2021/11/26 9:29

 

皆さんこんにちは

道東担当の礒です

 

 

とある和牛繁殖農家さんにお邪魔した時のこと

粗飼料の食い込みアップのために

ちょうど草を刻んでいる所でした

 

 

使っている機械は

本来、枝や竹などを粉砕する目的で

使われることが多いですが

これは畜産の分野でも使えます!

 

 

草を切断して給与するようになってから

採食量が増え、腹づくりがしっかりできるようになり

草を引き込むことも少なくなったため

ロスがほとんど無くなりました!

 

細断長も5㎝前後(機械での調節も可能)と

粉々になってしまうこともなく

牛の反芻にも悪い影響は出ないようです!

 

5か月齢ころ~素牛出荷までは

粗飼料重視の飼料になると思いますが

しっかりと草を食い込んでいるので

無駄な脂肪も少なく

しっかりと腹ができていました!

 

 

肥育農家さんも喜んで買ってくれますね!

少し手間はかかるかもしれませんが

それ以上の効果が期待できそうです!

By 礒 匠 on 2021/11/25 19:38

 

皆さんこんにちは

道東担当の礒です

 

先日、アースジェネターのユーザーAさんに

「今度Bさん(こちらもジェネターユーザー)の

  牧場の親牛の除角をしに行くんだよね」

とのお話を聞いて

 

『僕も手伝いに行きます』

と意気揚々と参加させてもらったのでした

 

 

Bさんの牧場では和牛とF1のお母さんがおり

今回はやや体の大きいF1の除角を行いました

 

除角をすることで弱い牛が怪我をして流産などのリスクを回避し

何よりも、人も怪我のリスクが減りますよね!

 

 

除角する牛たちは、育成牛や経産牛だったため

ワイヤーで角を切る方法でした

 

何頭か切らせてもらったのですが

なかなかハードな作業で汗だくになりました

 

また、牛の保定の仕方や

ロープワークを教えていただきましたが

 

一番大切なのは保定をきちんと行い

牛も人も安全をしっかり確保して

除角を始めるということです

 

角を切る作業自体はハードではありますが

30秒~1分ほどで終わりますので

いかにきちっと牛を保定できたかで

作業の効率がだいぶ違ってくるのではないでしょうか!

 

本番に取り掛かる前の段取りが一番重要ということです!!

 

と言いつつも

ずうずうしく手伝いますと言った

初心者の私が足を引っ張ってしまい

申し訳ありませんでした・・・

 

・・・さらに

実は、牧場まで案内するため

僕が車で前を走っていたのですが

道を間違えてしまい

到着が30分ほど遅れてしまいました・・・

 

いかにしっかりとした準備

段取りが大事かということを

ひしひしと感じた1日でした。

 

良い経験をさせていただき

ありがとうございました!

牛さん、痛い思いをごめんなさい。

By 中紙育朗 on 2021/11/23 8:53






皆さま、こんにちは!!


今月、11月24日(土)鹿児島食肉センターさまにて


第24回 南九州枝肉共励会が開催されましたので


その結果を書きたいと思います。


この共励会は1・2・3代祖に「安福久」をいれない事が


出品条件になるそうです。





グランドチャンピオン   八重尾畜産 様


去  秀幸福ー美国桜ー岡茂福  30.4ヵ月  枝重 710.0キロ


ロース芯 115㎠  バラ厚 10.7㎝ 皮下 1.2㎝


歩留基準値 81.6  BMS  12  枝肉単価 5,000円




優秀賞1席


去  秀幸福ー幸紀雄ー美国桜  28.7ヶ月  枝重 673.1キロ


ロース芯  92㎠  バラ厚 11.2㎝ 皮下 2.0㎝


歩留基準値 78.6  BMS  12




優秀賞2席


去  秀幸福ー美国桜ー金幸   30.0ヶ月  枝重 648.0キロ


ロース芯  96㎠  バラ厚 10.3㎝  皮下 1.5㎝


歩留基準値  79.3   BMS   12





優秀賞3席 


去  華春福ー美国桜ー栄11  29.7ヶ月  枝重  657.4キロ


ロース芯 122㎠  バラ厚 11.3㎝  皮下 1.3㎝


歩留基準値  83.4   BMS  12





優秀賞4席

去  勝梅忠ー華春福ー百合茂   29.0ヶ月  枝重  578.7キロ


ロース芯 99㎠   バラ厚 9.1㎝  皮下 1.5㎝


歩留基準値  79.9   BMS  12





            以下出品番号順



優良賞

去  華忠良ー美国桜ー百合茂  28.3ヶ月   枝重 536キロ


ロース芯 85㎠  バラ厚  9.0㎝  皮下 1.5㎝


歩留基準値 78.4   BMS  12




優良賞

去  幸紀雄ー美国桜ー百合茂  32.3ヶ月   枝重 549.6キロ


ロース芯 89㎠  バラ厚  8.5㎝  皮下 1.3㎝


歩留基準値 78.6   BMS  12




優良賞

去 美国桜ー諒太郎ー百合茂  29.3ヶ月  枝重  601.8キロ


ロース芯 102㎠  バラ厚 11.2㎝  皮下 2.5㎝


歩留基準値 80.3   BMS  12







高校生の部


金賞  鹿児島県立市来農芸高等学校  様


去  幸紀雄ー金吉幸ー岡茂福  34.1ヶ月  549.0キロ


ロース芯  59㎠  バラ厚 7.8㎝  皮下 3.6㎝


歩留基準値  72.1  BMS   10





上記の結果となりました。



何かの参考になりましたら幸いです。






By 植田秋良 on 2021/11/15 15:45

 

先日、アースジェネターを給与開始して

間もない農場(酪農家)さんにお伺いしました。

 

まず、泌乳牛舎を見学しました。

 

春から秋は放牧、冬期は舎飼いです。

お伺いした日は丁度、舎飼いに移行した時期でした。

 

 

放牧時からアースジェネターを給与し始め、

ふんの締りが良くなり、

まさしく今目指しているふんの状態になったとのことでした。

 

 

放牧から舎飼いへの移行もスムーズに行っているようでした。

 

牛の調子が良くなり、お役に立てて何よりです!

 

 

次に育成舎を見学しました。

 

 

なんと、アースジェネターの給与と同時に

発酵牛床(かさ上げ式)にも興味を持たれ、

1か月ほど前から試しているとのことでした。

 (1マスのみ:種付け時期前後3頭)

 

しかも牛や牛床の状態も良く、

発酵牛床をとても上手に活用されていまして、

正直、驚きました!

 

マスの広さは15㎡(約3m×約5m)で

育成牛(種付け時期前後)が3頭います。

敷料は牧草を使用しています。

毎日、手作業(フォーク)で牛床を撹拌した後に

少量の牧草を投入しているとのことでした。

 

始めて1か月ぐらいですが、

床出しはしておらず、敷料を積み足しています。

 

発酵牛床は、

厚みが25㎝程になっていまして、

臭気が薄く、しっとりフカフカした状態です。

 

お伺いしたこの日は、気温13℃でしたが、

牛床(約15㎝深部)は24℃ほどありました。

 

農場主さん曰く、

今現在の感想は

「毎日の床出しが無くなったので

とても楽です(省力化)。

そのうえ、牛が気持ちよく寝て、

調子も良さそうです。」

とのことでした。

 

今後は、今の管理方法を続けて

更に発酵牛床の厚みを増すことにより、

発酵温度の維持など発酵の促進、安定を目指し、

冬に備えていくとのことでした。

 

今後の

アースジェネター給与による変化、

Read More »

By 礒 匠 on 2021/11/15 9:34

 

皆さんこんにちは。

道東担当の礒です

 

先週行われました

十勝和牛素牛市場の結果をお知らせいたします。

 

まずは、出場した主な種雄牛ですが

以下の通りです

 

 

 

次に結果です

福之姫や勝早桜5、百合白清2などの十勝で人気の

種雄牛は去勢、メスともに安定して高く

(去勢で8090万円、メスで70万円ほどのセリ価格)

大きく育ちそうな素牛ばかりでした

繁殖農家さんにとっても

肥育農家さんにとっても

飼いやすく、儲かる牛なのだと思います

 

 

参考までにチェックした牛の価格を載せます

価格は税抜きです

 

十勝市場は受精卵産子が多いこともあり

数えてはいませんが

安福久が23代祖の割合が非常に多く

90万円台で売れる牛はほとんどが久ですね。

改めてすごい牛だなと感じますよね

 

 

以上、結果だけの報告となってしまいましたが

参考にしてみてください!

By 岩本尚吾 on 2021/11/14 22:39




いつもありがとうございます。


東北地区・九州地区担当 の 岩本尚吾です。


皆さま いかがお過ごしでしょうか。 



ここ 最近は・・・  



九州の何人かの農家さんから



”稲わら集めが無事に終わりました”



という連絡がありました。



稲わらは 農家さんにとっても 牛たちにとっても 命ですよね。



良いものが取れるかどうかで



今後の牛たちの健康状態 や 皆さまの経営にも影響してくると思います。



皆さまにとって 良い稲わらが取れていましたら嬉しいです。 




ところで・・・




少し前にプロゴルファー 松山英樹さんの ”彼方への挑戦” という本を読みました。




その中で・・・





うまくいかないから



うまくいったときが楽しい



うまくいかないから



うまくいったときを想像する




      松山英樹  著  ”彼方への挑戦” より 




という言葉がありました。





人生って・・・ 



うまくいかないことが たくさんありますよね。



正直に言いまして  



苦しくなることも少なくないですよね。



でも おそらく それが人生なのでしょうね。




牛たちの病気やケガ、事故をゼロにすることは難しいし



家族や友人、自分自身のことも・・・   いろいろありますよね。



いろいろな方に支えられながら 生きていることを 忘れずにやっていきます。





あっ・・・   僕は めっちゃ元気です。 



また 皆さまと ワイワイできる日を楽しみにしております。 







By 中紙育朗 on 2021/11/08 14:34


皆さま、こんにちは!!



本日、11月8日に行われました



第64回 松坂牛枝肉共進会の結果を書きたいと思います!!





最優秀賞1席   堀井 良晃   様

メス  芳山土井ー丸宮土井  51ヶ月齢 枝重 413キロ   BMS  10

ロース芯 63㎠   バラ厚  7.9㎝   枝肉単価 8,503円

枝肉金額  3,511,739円




最優秀賞2席

メス  丸宮土井ー菊俊土井  49ヶ月齢 枝重 394キロ    BMS 11

ロース芯 76㎠   バラ厚  7.8㎝   枝肉単価 5,012円





最優秀賞3席

メス  美国桜ー勝忠平 41ヶ月齢  枝重 501キロ      BMS  11

ロース芯 86㎠  バラ厚  8.5㎝    枝肉単価 4,801円




最優秀賞4席

メス  耕富士ー安福久 40ヶ月齢  枝重 494キロ  BMS12

ロース芯 85㎠  バラ厚 9.2㎝    枝肉単価 4,762円





最優秀賞5席

メス  安福久ー勝忠平 40ヶ月齢   枝重 469キロ BMS 12

ロース芯 77㎠  バラ厚 7.3㎝    枝肉単価 4,688円





最優秀賞6席

メス 諒太郎ー安福久 32ヶ月齢   枝重 504キロ  BMS 12

ロース芯 81㎠  バラ厚 9.9㎝    枝肉単価 4,602円





最優秀賞7席

メス 耕富士ー秀菊安 37ヶ月齢  枝重 479キロ  BMS 12

ロース芯 69㎠  バラ厚 9.1㎝    枝肉単価 4,601円




最優秀賞8席

メス 丸宮土井ー芳悠土井 41ヶ月齢  枝重 423キロ BMS  10

ロース芯 56㎠  バラ厚 7.6㎝   枝肉単価 4,557円






結果のみになりますが、何かの参考になりましたら幸いです。




By 岩本尚吾 on 2021/11/07 21:12




いつもありがとうございます。



東北地区・九州地区担当 の 岩本尚吾です。



皆さま いかがお過ごしでしょうか。 



少し前のことなのですが、知り合いの飼料会社さんの紹介で



ある高校へ行ってきました。



その高校は農業高校ではないのですが、畜産科があり 牛や豚もいます。



そこで、少しだけ学生さんと話す機会がありました。



皆さまは 普段、高校生と話す機会はありますか。



僕は まったくありません。 



学生さんと話をしていると・・・



学生さんの目がキラキラしていてビックリしました。 



僕は高校生のとき こんなにキラキラした目をしていたのか



僕は高校生のとき なにをやっていたのだろう・・・



と考えてしまいました。



(あっ、僕はラグビーしかやっていませんでした  )



1人の学生さん(実家は農家さんではない方)と話していたら



”将来、酪農家さんになりたいです”



と 言っていました。



彼女の言葉は力がありました。



高校生の時、こんな風に自分の意志があったのかなぁ・・・



と 自分自身を振り返ってしまいます。




高校生も 48歳(僕です)も 皆さまも!? これからが青春ですよね。  



気持ちの持ち方一つだと思っています。 




一歩一歩できることをやっていきます。