自然環境の調和を保ちつつ地球に優しい持続的農業を提案します。

日記カテゴリー


株式会社ラボジェネター

〒080-0106
北海道河東郡音更町東通
20丁目2番地9

ブログカレンダー

Archive
<February 2022>
SunMonTueWedThuFriSat
303112345
6789101112
13141516171819
20212223242526
272812345
6789101112
Monthly
2022年6月
2022年5月
2022年4月
2022年3月
2022年2月
2022年1月
2021年12月
2021年11月
2021年10月
2021年9月
2021年8月
2021年7月
2021年6月
2021年5月
2021年4月
2021年3月
2021年2月
2021年1月
2020年12月
2020年11月
2020年10月
2020年9月
2020年8月
2020年7月
2020年6月
2020年5月
2020年4月
2020年3月
2020年2月
2020年1月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年9月
2019年8月
2019年7月
2019年6月
2019年5月
2019年4月
2019年3月
2019年2月
2019年1月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
By 礒 匠 on 2022/02/25 20:57

 

皆さんこんにちは。

道東・関東担当の礒です

 

とあるユーザーさんの牧場へ行ったところ

牛舎内の整理整頓を行っているところでした

その方曰く

『整理』はいるものといらないものを分けていらないものは捨てる

『整頓』はいつでも必要なものを取り出せること

 

ということで、非常に見ていても気持ちの良い

工具たちです!

 

 

これならいつだれが見てもすぐに

分かり、使った後も片づけられますね!

 

 

これなら、

「レンチ持ってきて!」

と言われた時もすぐに分かりますし

工具箱の中をガシャガシャと探す手間もなくなりますね!

 

僕は完全に片づけられない人間なので

自分の部屋では常に探し物をしている状態です

見習いたいと思います………

By 植田秋良 on 2022/02/22 15:38

 

北海道の、とある農場さんにお伺いしました。

 

 

農場さんでは発酵牛床(かさ上げ式)を始めて4か月。

 

只今、初めての冬を迎えております。

 

この農場さんの地域は北海道の中でも特に寒さが厳しく、

連日マイナス20度を下回る日が続いていたとのことです。

 

さて、まずは牛(7か月齢頃)の状態を確認します。

 

この寒さで、さすがに冬毛が目立っていますが、

エサの食い込み、肋張り、フンの状態など、

まずまず良い状態のようです。

 

発酵牛床の状態は

一部凍結しているところがあるものの、

(凍結していないところに)牛は良く寝ており、

問題がないようです。

 

現在は一時的に予定(乾乳牛)より小さい牛が

入っているため(飼養密度が薄いため)

牛舎内の気温や発酵牛床の温度が上がりにくく、

発酵牛床の一部が凍結したものと思われます。

 

凍結の対策として、

敷料の投入量の増加、及び投入頻度を上げる、

(または撹拌)

などが挙げられます。

 

今回は牛の状態を見る限り、

問題は感じませんでしたが、

今後は牛の状態によって

対策を講じた方が良い時もあるかと思います。

 

また、凍結した部分は

春先に解けて水分が高くなります。

 

やはり敷料の投入量の増加や

投入頻度を上げるといった対策が必要になります。

 

 

確実に待ち遠しい春が近づいています。

 

 

乞うご期待です!

By 岩本尚吾 on 2022/02/16 16:55




いつもありがとうございます。



東北地区・九州地区担当 の 岩本尚吾です。



皆さま いかがお過ごしでしょうか。 




少し前の話なのですが・・・




ある肥育農家さんのところへ行ってきました。



そのとき、いろいろな和牛のデータを持参していったのですが



その中の一つのデータを見て 肥育農家さんが反応しました。




肥育農家さん : ”岩本くん、 この〇〇市場の子牛価格は安いね。


          ○○の市場は 子牛が何頭くらい出てるの?”



岩本 :  ”○○市場は 毎月XXX頭くらい出ますよ”



肥育農家さん : ”来月、ちょっと○○の子牛セリに行ってみようかな・・・


           (車で行く距離ではなく、飛行機で行く距離です 


 
              岩本くん、 来月の○○市場の子牛セリ名簿を俺のところに送るように手配して”
      

         

   と いうことでした。




それから、肥育農家さんは だれかに電話を始めました。




その15分後・・・




肥育農家さん : ”来月の○○の子牛セリ、俺は行かんけど◎◎さんに頼んで買ってもらうようにしたよ”



       と  いうことでした。





行動が早いですよね。    
皆さま どう思いますか。 




といいますか、




○○市場に代理購買で行く ◎◎さんは いつも○○市場に行っているわけではなく



◎◎さんも ○○市場へは 飛行機で行く距離なのですが・・・ 





今回お会いした肥育農家さんも ◎◎さんも フットワークが軽いですよね。 





善は急げ ということなのかもしれませんね。




どうせやるなら スピード感を持って ということでしょうか。 







By 中紙育朗 on 2022/02/15 15:31




皆さま、こんにちは!!




本日行われましたJA宮崎経済連系統和牛枝肉共励会の結果





を書きたいと思います。






去勢  74頭      メス  6頭    合計   80頭








金賞    鈴木 茂  様


去   義美福ー美穂国ー安福久  枝重 490.9キロ  ロース芯 98㎠


   バラ厚 10.0㎝   皮下 1.9㎝   BMS  12


          枝肉単価 8,030円  販売金額 3,941,927円






銀賞


メス  二刀流ー富久竜ー糸北宮  枝重 508.3キロ  ロース芯 90㎠

    バラ厚 9.7㎝   皮下 4.5㎝  BMS  12

    枝肉単価 5,020円




銅賞


メス  二刀流ー忠富士ー福桜  枝重 511.7キロ  ロース芯 82㎠

    バラ厚 9.5㎝   皮下 3.1㎝  BMS  12

    枝肉単価 4,520円





優秀賞1席


去   満天白清ー忠国桜ー安福久 枝重 511.7キロ ロース芯 78㎠

    バラ厚 8.4㎝  皮下 1.8㎝   BMS  12





優秀賞2席


去   義美福ー美穂国ー福之国  枝重 543.2キロ ロース芯 76㎠

    バラ厚 9.5㎝  皮下 3.3㎝   BMS  12





脂質賞


去   耕富士ー勝平正ー福之国  枝重 552.5キロ  ロース芯 80㎠

    バラ厚 11.6㎝  皮下 4.1㎝   BMS  12

    枝肉単価 4,530円






宮崎県の農家さんが期待されている富久竜母体ですが、



上記の1頭以外にも出場しておりましたので



その結果を書きたいと思います。





去 満天白清ー富久竜ー福之国 枝重 526.3キロ ロース芯 106㎠ BMS 11


去 満天白清ー富久竜ー福之国 枝重 546.6キロ ロース芯 73㎠ BMS 9 


去 満天白清ー富久竜ー秀菊安 枝重 473.9キロ ロース芯 88㎠ BMS  12


去 秀菊安ー富久竜ー美穂国 枝重 560.7キロ ロース芯 109㎠ BMS  12






富久竜母体、とても良さそうですね。







By 中紙育朗 on 2022/02/10 17:27


皆さま、こんにちは!!



現場に行くことは出来なかったのですが、2月9日〜10日に行われました



薩摩家畜市場子牛セリの結果を書きたいと思います。






  入場頭数 売却頭数 最高価格(税抜) 平均価格(税込)
メス 234頭 224頭 134.5万 73.2万
去勢 309頭 307頭 113.3万 82.2万
合計 543頭 531頭   78.4万
(前回比 −1.4万)








種雄牛別出場頭数(上位 10)



美国桜   101頭


諒太郎    61頭


幸紀雄    61頭


紀多福    58頭


吉重75   37頭


秀幸福    36頭


喜亀忠    35頭


関平照    33頭


華忠良    19頭


豊奨菊    17頭






それでは、僕のわかる範囲内で高値だったメスと去勢の





結果を書きたいと思います。






メス




諒太郎ー幸紀雄ー安福久ー勝忠平  300日  291キロ   134.5(税抜)



諒太郎ー安福久ー安平ー福之国   267日  299キロ   130.5万



諒太郎ー安福久ー勝忠平ー紋次郎  230日  292キロ   125.6万



紀多福ー安福久ー勝忠平ー神高福  242日  298キロ   113.5万



美国桜ー勝忠平ー安福久ー第5隼福  258日  297キロ   100.2万



諒太郎ー安福久ー勝忠平ー北国7の8  289日  285キロ    92.3万



美国桜ー華春福ー安福久ー勝忠平  301日  333キロ    90.7万







去勢



華満福ー安福久ー百合茂ー勝忠平  300日  318キロ   113.3万



喜亀忠ー秀幸福ー安福久ー平茂勝  251日  328キロ   109.4万



吉重75ー安福久ー勝忠平ー平茂勝  286日  321キロ   106.5万



幸紀雄ー華春福ー安福久ー勝忠平  254日  339キロ   105.2万



福之姫ー安福久ー平茂勝ー北国7の8  292日  331キロ   104.9万



紀多福ー諒太郎ー美国桜ー平茂勝  262日  331キロ   101.5万



吉重75ー勝忠平ー安福久ー第1花国 278日  341キロ   100.7万



喜亀忠ー諒太郎ー華春福ー勝忠平  281日   332キロ  98.4万



秀幸福ー安福久ー百合茂ー金幸   268日  348キロ    96.4万



吉重75ー百合茂ー安福久ー平茂勝  277日  311キロ    95.0万



美国桜ー華春福ー安福久ー平茂勝  298日  384キロ    91.8万






上記のような結果となりました。



薩摩市場も下げの相場となりました。



枝肉相場の低迷や粗飼料、配合飼料の高騰の影響なのではないかと推測



されます。



何かの参考になりましたら幸いです。




By 礒 匠 on 2022/02/09 19:22

 道東・関東担当の礒です

 

今週行われました

十勝和牛素牛市場の結果をお知らせいたします。

 

まずは、出場した主な種雄牛ですが

以下の通りです(10頭以上の出場の種雄牛を抽出)

 

 

次に結果です

 

全国的にもそうかもしれませんが

平均価格は落ちています

 

ずっと市場を見られたわけではないのですが

高い牛と安い牛の差が大きかった気がします。

ただ、下も比較的高いのですが・・・

 

血統の改良や、ほどよい増体の牛(大きすぎず小さすぎず)

がはっきりと結果に出てきている感じでしょうか

 

 

参考までにチェックした牛の価格を載せます

 

価格は税抜きです

 

なんといっても福之姫は強く

牛も良く、とにかく高く売れているなと言った印象です

 

メスは、成績の出ている母系の子牛

枝肉市場で評価されている諒太郎

これから繁殖牛としても期待される福之姫などが

高く売れていますね!

 

 

えさの高騰や、建設コストなどいろいろと

経費がかかり大変なご時世ではありますが

環境を良くしたり

疾病予防に力を入れて

健康で生産性の高い子牛生産につなげることが

儲かるコツですね

 

以上、市場結果のお知らせでした!

By 岩本尚吾 on 2022/02/09 10:29




いつもありがとうございます。



東北地区・九州地区担当 の 岩本尚吾です。


皆さま いかがお過ごしでしょうか。 



今日はニクの日(2月9日)ですね。



ムフフ・・・ 




今日は家にいないのでどこかで!?お肉を食べたいと思っています。



牛肉に限らず、 豚肉 も 鶏肉 も 羊肉 も 大好きです。



お肉を食べると幸せになりますよね。 



といいますか



お魚も大好きです。



お刺身、煮物、焼き魚・・・




あっ、もちろん お野菜も・・・   





今年の話なのですが・・・





ある農家さんと話していたら



農家さん : ”実は、 この前 貯金通帳を見たら 
はじめて 億 いきました・・・”



ということでした。





ムフフ・・・ 






話は変わり、 別のときに ある農家さんと飲んでいたら



いろいろと話が深くなって・・・



農家さん : ”実は、 あのとき 2億くらい損したと思います・・・”



ということでした。






エッ・・・  







お金の話は別にして、人生いろいろありますよね。



皆さまも それぞれ いろいろあるのだと思います。



もちろん、 僕も!?言えないこと いろいろあります・・・  




楽しかったり、嬉しかったり、悔しかったり、情けなかったり



人生いろいろなのですが、それぞれに意味があると思っています。



そういったことが転機になり、気づきに変わり、行動が変わって



人って成長していくのかもしれませんね。




先ずは、家族 や 周りの方たち、牛たち、もちろん自分自身も含めて 



それぞれを大切にしなきゃいけませんね。







By 植田秋良 on 2022/02/08 9:14

  

 

 

223日の2日間、

南北海道肉牛市場が開催されました。

 

上場頭数は1,611頭でした(素牛のみの頭数)

1日目838 (メス328頭、去510頭)

2日目773(メス313頭、去460頭)

 

主な種雄牛は以下の通りでした。

 

福之姫   287頭(メス105頭、去182頭)

勝早桜5  181頭(メス71頭、去110頭)

美津照重   90頭(メス37頭、去53頭)

美国桜    72頭(メス26頭、去46頭)

愛之国    67頭(メス24頭、去43頭)

百合白清2  53頭(メス13頭、去40頭)

 

若百合    51頭(メス17頭、去34頭)

 

幸紀雄    50頭(メス26頭、去24頭)

鈴音     50頭(メス25頭、去25頭)

紀多福    43頭Read More »

By 岩本尚吾 on 2022/02/06 12:55



いつもありがとうございます。


東北地区・九州地区担当 の 岩本尚吾です。


皆さま いかがお過ごしでしょうか。 



少し前のことなのですが、ある農家さんから連絡がありました。



農家さん : ”アースジェネターの給与を始めて、臭気は少なくなりました。


         堆肥の発酵について、今までは良かったのですが


         寒くなってきてから最近は全然温度が上がりません。


         最近の商品になにか問題があるのですか”


         と  いうことでした。



実は・・・   冬の時期は特に、同じような質問をされることが多いです。



アースジェネターの給与により(全頭給与している方は)


臭気の減少、堆肥の発酵については、少なからず変化があると思います。


(薬ではありませんし、即効性はありませんので 3か月以上は継続して給与してくください)


ルーメンの発酵 や 腸内細菌叢が安定し、給与前と比べて 牛たちのウンコが善玉菌優勢になるから


臭気の減少、堆肥の発酵が良くなる と 推測しています。



ただ・・・



もちろんですが、給与前と比べると臭気は減少しますが


臭気がゼロになるわけではないです(当たり前ですね)。 



堆肥についても、給与前と比べると堆肥の発酵は良くなると思いますが


水分が高い場合には(水分調整をしないと)発酵しにくいです。


しかも、堆肥の発酵については 時期的なことも影響があります。


寒い時期は気温(外気温)が低いので、どうしても堆肥の発酵温度は上がりにくいです。


(農家さんからの質問の答えです)


堆肥(の発酵)についての比較は、今の堆肥 と 前年の同じ時期の堆肥 を 比べてください。


気温の高い時期 と 低い時期とでは発酵温度は変わります。



ちなみに、当たり前なのですが・・・


アースジェネターを給与したからといって、必ず堆肥が発酵するわけではないです。



特に、ウンコの水分が高い搾乳牛の場合には 必ず 水分調整が必要になります。


繁殖農家さん、肥育農家さん、酪農家さん が 給与をする場合


現状、上手に堆肥を作っている農家さん、堆肥を販売している農家さんであるとすれば


変化を感じることが出来ると思います。




堆肥について興味がある方がいましたら、弊社の担当者にご連絡くださいませ。


少なからず力になれると思います。 






By 植田秋良 on 2022/02/04 16:18

 

つい先日、出張先でのことです。

 

宿泊先で朝起きて出発の準備をしていると、

名刺入れが無いことに気づきました。

 

もう顔面蒼白です。

 

思い起こせば家から持ってきた記憶がなく、

どうやら忘れてきたようです。

 

営業職に就いている者として、

何とも恥ずべき行為です。

 

この日も新しくお会いする予定の方が

何人もおられました。

 

ただ、幸いにも財布の中に3枚だけ入っていました。

しかし、これでは全然足りません。

 

そこで思いついたのが、

3枚の名刺を厚紙でコピーすることでした。

 

早速、ホテルのフロントへ行って、

頼んでみました。

 

時刻は朝の630分です。

 

対応して下さったのは女性の方(Kさん)でした。

 

「それは困りましたね。

厚紙は用意できます。

では、名刺3枚を使って厚紙全体に

できるだけ多くカラーコピーしてみましょう。」

 

と、早朝にも関わらず、

嫌な顔を一つもしないどころか、

親身になって対応してくださいました。

 

数分後、

十分な枚数の名刺9枚分を印刷することができました。

厚紙やカラーコピーの質も良く、

とても良い仕上がりです。

 

あとは1枚ずつ名刺サイズに切るだけです。

 

そこで、書類などを切る切断機をお借りすることにしました。

 

私が慣れない手つきで使い始めたのを

目にしたKさんは、

 

「もし宜しければ、私がやりましょうか?

 使い慣れていますので!」

 

と、言ってくださり

やって頂くことになりました。

 

待つこと5分。

 

「こんな感じに仕上がりましたが、

 いかがでしょうか?」

 

完成品を見ると、

なんと素晴らしいのでしょう・・・・!!

 

それは元の名刺と遜色ない仕上がりでした。

 

 

 

そして、Kさんのおかげで名刺を切らすことなく

 

無事に出張の予定を終えることができました。

 

 

 

この度、Kさんの対応には

とても感銘を受けました。Read More »