自然環境の調和を保ちつつ地球に優しい持続的農業を提案します。

日記カテゴリー


株式会社ラボジェネター

〒080-0106
北海道河東郡音更町東通
20丁目2番地9

ブログカレンダー

Archive
<April 2022>
SunMonTueWedThuFriSat
272829303112
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
1234567
Monthly
2022年9月
2022年8月
2022年7月
2022年6月
2022年5月
2022年4月
2022年3月
2022年2月
2022年1月
2021年12月
2021年11月
2021年10月
2021年9月
2021年8月
2021年7月
2021年6月
2021年5月
2021年4月
2021年3月
2021年2月
2021年1月
2020年12月
2020年11月
2020年10月
2020年9月
2020年8月
2020年7月
2020年6月
2020年5月
2020年4月
2020年3月
2020年2月
2020年1月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年9月
2019年8月
2019年7月
2019年6月
2019年5月
2019年4月
2019年3月
2019年2月
2019年1月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
By 植田秋良 on 2022/04/27 13:39

 

先日、とある農場さん(北海道)にお伺いしました。

 

 

農場さんでは発酵牛床(かさ上げ式)を始めて半年が経過。

このほど初めての冬を超えました。

 

発酵牛床は厳寒期にやや凍結したものの、

大勢に影響はなく牛の調子も良いようです。

 

春のこの時期、

発酵牛床は1年で最も水分が高くなりがちで、

この農場さんも例外ではありませんでした。

 

ただ、それほど高いわけでもなく許容範囲内でした。

 

1回程度のオガクズ投入と撹拌作業(ロータリー)を

実施すれば、すぐに良くなるでしょう。

 

 

さて、

この農場さんは新たに建てた牛舎(育成舎)においても

発酵牛床(かさ上げ式)の活用を決定いたしました。

 

それは半年の発酵牛床の活用により、

 

❶牛の健康増進

❷敷料代の削減(オガクズ)

❸省力化

 

などの効果を実感されたからです。

 

 

この農場さんの経営理念や牛に対する接し方などを

拝見する限り、きっと上手に活用されることでしょう!

 

 

今後もお役に立てるようサポートできればと思っています。

 

 

乞うご期待です!

 

By 中紙育朗 on 2022/04/27 8:09





皆さま、こんにちは!!





東海・北陸・甲信越・南九州・沖縄地区担当の中紙です。






ただ今、新幹線で名古屋→品川に移動中です。






僕は「和牛肉を毎月食べよう」を実施中です!!





勝手に自分で始めました笑





もちろん自分のお金で買わせて頂いてです




今月僕が頂いた和牛肉をご紹介させてください。


(毎月掲載させて頂きます







鹿児島県産 黒毛和牛(ランプ肉の)ローストビーフ丼です









とても美味しかったです!!





鹿児島空港で今月30日までの期間限定商品になります!!





鹿児島空港に来られた際は、是非食べて見てください







さて、現場の話になります。



畜産現場では、どうしても臭いがしてしまうと思うのですが



その臭いの度合い?と言いますか、強さは農場ごとに違いがあると思います。




また、同じ農場でも牛舎によって違いがある場合や




牛舎内の場所によっても違いがあることもありますよね。




何となく、エサの食いがあまり良くない、呼吸器系の病気がこの牛舎、




このマスが多い、肉色があまり良くないなど、




上記の要因は複数あるため、一概には言えないのですが





もし臭いが強い場合は、臭気の影響があるかもしれません。




扇風機で空気の流れを良くして、新鮮な空気を牛舎内に送り込む




臭いがこもる場合は、天井から臭気が逃げるように排気口!?を作る




などの対策をおすすめします。




夏は、暑さ対策にもなると思いますので




とても良いと思います!!










写真の扇風機はサイクロンファンです




By 岩本尚吾 on 2022/04/24 22:29




いつもありがとうございます。


東北地区・九州地区担当 の 岩本尚吾です。


皆さま いかがお過ごしでしょうか。



今はいろいろ大変な時代ですよね・・・



コロナ禍ということもあるのですが


エサ代 や 粗飼料を含め いろいろなものの価格が上がっていますね。 



枝肉価格 や 乳価も 上がっていくと良いのですが そんな感じではないですもんね。



これは いつまで続いていくのでしょうか・・・ 




ある九州の酪農家さん(搾乳牛 60頭 和牛繁殖母牛 30頭)と話していたら・・



農家さん: ”数年前と比べて、うちの規模でも毎月100万円くらいコストが上がってるよ。


       我が家は乳代(牛乳の販売)だけじゃなくて ET子牛も含めた和牛子牛の販売もあるから


       まだなんとかやっていけてるけど、


       乳代だけで生活している酪農家さんたちはかなりキツイと思う。


       乳価を今より20円上げるとか、そういうことを各団体や行政などが考えていかないと


       このままだと酪農家さんたちは生き残れなくなるよね・・・”




本当に その通りですよね。


今から、エサ代を安くするとかコストを削減するといっても、もちろん簡単じゃないです。


コスト削減のために、何かを削ってしまうこともあるのかもしれませんが


それで経費を抑えても それが牛たちのストレスになって 


病気を発症したり 事故が起きたりして 良くない方向に行くこともあると思っています。




ある獣医さんが ”最高のコスト削減は 事故・病気を減らすことだ” と 言っていました。




できる範囲で構わないので 牛舎環境 や 労働環境 を 改善したり


今よりも 牛たちの観察 や 牛舎の見まわり を 多くしたり


少しコストがかかっても 病気の予防をしたり


牛たちのストレスを少なくして 病気 や 事故が 少なくなれば良いと思っております。



と言いましても・・・ 



このままでは 農家さんのストレスが溜まってしまうと思いますし


仕事のことだけに限らず いろいろと大変なことは起きてしまうのですが 


皆さま それぞれの方法で なにかリラックスできていたら良いな と思っています。  







By 植田秋良 on 2022/04/22 10:17

 

この春に

新規就農されました農場さんにお伺いしました。

 

 

まずは繁殖牛(妊娠牛)7頭からのスタートです。

 

 

牛舎内には落ち着いた牛の心地良い雰囲気が漂っています。

 

それは農場主さん(ご夫婦)の落ち着いた雰囲気と重なります。

 

 

先日、1頭目のお産が無事終了しました。

 

子牛は元気な男の子(愛之国)でした。

 

母子ともに良好な状態とのことです。

 

何よりですね。

 

この母牛は少し神経質のようでしたが、

子牛が生まれてから一緒に子育てをする中で

少しずつ大人しくなってきているとのことでした。

 

もしかしたら母性が強い牛で、

育児を通して絆が生まれたのかもしれませんね。

 

 

今後も次々とお産が控えているようです。

 

どんどん賑やかになってきますね!

 

何だか私も嬉しくなってきます。

 

この農場主さん(ご夫婦)なら、

きっと素晴らしい農場になっていくでしょう!

 

 

 

農場のご発展をお祈りしています!!

 

By 岩本尚吾 on 2022/04/18 18:39




いつもありがとうございます。



東北地区・九州地区担当 の 岩本尚吾です。



皆さま いかがお過ごしでしょうか。 





前回からの続きです。 





最近は コロナ禍ということもあり、電話だったり LINEだったり



実際に会うことがない中で コミュニケーションを取ることが多くなっている 



という話でした。  





数日前に・・・ 




久しぶりに 大学時代の先輩(酪農家さんです)に連絡をしました。



いろいろと 話していましたら・・・



先輩: ”ショウゴ、 実は 今月 牛を全部売って離農するよ。


    牛はいなくなってしまうんだけど、仕事はちゃんとあるから心配しないでね。


    今までは、仕事に追われていて ゆっくりできなかったんだけど、


    これからは休みもできそうだから 九州にも行こうと思っている。


    その時は お世話になるかもしれないから よろしくね”




    と いうことでした。





先輩とは 10年以上会っていなくて、連絡するのも数年ぶりでした。



僕が 大学を卒業した最初の方は 時々(2~3年に一度くらい) 会っていたのですが



その時の 先輩に対するイメージは・・・



”いつも 仕事が大変そうだな” ということでした。



☆もちろん、どんな仕事も大変だと思っています。




先輩、 これからは環境が変わるので いろいろと大変だと思うのですが



九州には 是非いらしてください。 



九州には 先輩の先輩たち!? も たくさんいますし 



大学時代の後輩たちも めっちゃ頑張っていますよ。 



大学の先輩だけでなく 後輩たちからも 刺激を受けることが たくさんあると思います。





先輩の新しい一歩を 応援しています。 







By 中紙育朗 on 2022/04/14 18:47




皆さま、こんにちは!!




今月13日から14日まで行われました




薩摩家畜市場子牛セリについて書きたいと思います。





  入場頭数 売却頭数 最高価格(税抜) 平均価格(税込)
メス 255頭 236頭 182,4万 69,6万
去勢 312頭 311頭 111,0万 81,1万
合計 567頭 547頭   76,1万
(前回比 −3.6万)






2日間合計 種雄牛別出場頭数(上位 10)


美国桜     112頭

幸紀雄      75頭

紀多福      50頭

関平照      43頭

秀幸福      43頭

諒太郎      43頭

喜亀忠      35頭

沢之福      28頭

華忠良      20頭

華満福      19頭




僕のわかる範囲内で高値だった結果を書きたいと思います。



メス


安福久ー美国桜ー金幸ー神高福     292日 312キロ 182.4万


美国桜ー白鵬85の3ー安福久ー百合茂 273日 341キロ 150.2万


美国桜ー華春福ー安福久ー平茂勝   290日 304キロ 113.3万





去勢


喜亀忠ー安福久ー勝忠平ー神高福   276日 333キロ 111.0万


華満福ー安福久ー勝忠平ー谷秋   268日  306キロ 107.6万


幸紀雄ー華春福ー安福久ー平茂勝  297日  331キロ 101.3万


秀幸福ー安福久ー平茂勝ー神高福  273日  313キロ 100.4万


吉重75ー葉山桜ー安福久ー金幸  273日  355キロ  99.7万 


関平照ー安福久ー百合茂ー北国7の8 257日 354キロ  93.2万










上記のような結果となりました。






何かの参考になりましたら幸いです。




By 礒 匠 on 2022/04/13 17:49

 十勝担当の礒です

昨日まで20℃とぽかぽか陽気かと思えば

今日は5℃と気温差にやられております

この時期の服装選びには要注意ですね

 

今週行われました

十勝和牛素牛市場の結果をお知らせいたします。

 

今回は2日目の市場のみ見学しましたので

その日の様子をお伝えできればと思います

 

まずは、出場した主な種雄牛ですが

以下の通りです

10頭以上の出場の種雄牛を抽出)

 

 

 

次に結果です

 

先月から少し下げましたね

 

1日目は去勢・メスともに高く推移していたようですが

2日目の後半は大きく下げたようでした

 

今回、メスの価格が平均して高く

(セリ値でも60万後半~70万後半まで)

推移していたように感じました。

 

 

 

参考までにチェックした牛の価格を載せます

 

 

価格は税抜きです

 

福之姫が圧倒的な人気で

枝重、BMSともに結果が出ており

肥育屋さんにとっても、儲かる牛だと思います

 

また、勝早桜5、美津照重が2代祖に入る

牛も人気があり、結果が出ているのだろうと思います

 

 

また、十勝市場は受精卵産子が多い市場でもあり

せり名簿をチェックすると同じお母さんの

受精卵産子がたくさん出ていることがあります

 

結果を残している母牛の子どもたちは

やはり高い傾向にありますね

 

 

以上、簡単ではありますが

市場結果のお知らせでした!

By 中紙育朗 on 2022/04/12 17:59



皆さま、こんにちは!!






東海・北陸・甲信越・南九州・沖縄地区担当の中紙です。







先日、鹿児島の農家さんのところにお伺いさせて頂きました。







お昼に近かったこともあり、農家さんからお昼ご飯を食べに行きましょう!!







と誘って頂きました (とても嬉しいです







お昼ご飯にいただいたのは…














大好きな焼肉でした






和牛肉はもちろんとても美味しく、贅沢なひとときでした。






僕は、生まれも育ちも北海道なので、焼肉=ジンギスカンになってしまい






それも悪くはないのですが、やっぱり和牛肉は美味しく特別感があります






もし、畜産関係者以外の方で、この営業マンの放浪日記を見てくださって





いる方がいらっしゃいましたら、




ぜひ和牛肉を食べてみてください。




とても、美味しいです





ご一緒に食べる方達も、きっとテンションが上がると思います










話は変わりますが、生産農家さんから白癬で困っています




とお話を頂いた時に、僕がオススメしている事があります。




五倍酢と油(食用)を混ぜて、患部に塗布する方法です。











五倍酢はAコープさんで販売しております。





五倍酢と油を  1:3の割合で混ぜて頂き、刷毛(ハケ)で





1日1回塗布されてみてください。




数件の農家さんで試して頂いたところ、効果アリとお話を聞いております。
(もし、効果がなかったら申し訳ございません)




多発しており、継続しているようでしたら風邪などで免疫が下がって




いることも考えられます。






特に、秋冬から春までは寒さ対策(風邪対策)をよろしくお願いいたします。








併せて、柵の消毒もされてみてください。


By 岩本尚吾 on 2022/04/10 20:29




いつもありがとうございます。



東北地区・九州地区担当 の 岩本尚吾です。



皆さま いかがお過ごしでしょうか。 




最近は(もう2年以上になると思うのですが)コロナ禍ということもあり



以前と同じように農家さんのところをまわることができなくなっています。 



もちろん、そのことについては 時代の流れなので仕方ないと思っているのですが



その代わりに 和牛の資料を送ったり、電話(やLINE)の連絡により



農家さんとコンタクトを取ることが多くなってきています。



今は、以前のように牛舎へ行くことができないので 



直接お会いして、牛たち や 牛舎環境を 見ながらお話を聞くことが少なくなっています。



申し訳ありません。




ただ、電話の連絡が増えたので 逆に以前以上に いろいろなお話が聞こえてくる気がします。 




最近の話では・・ 




ある農家さん(北海道の方です)に連絡をすると・・・




農家さん: ”実は、息子が 今年の4月から 九州のニューホランドさんに就職したよ。 



        もし何かあったらよろしくね”



と いうことでした。 




九州の皆さま もしニューホランドさんのトラクターに興味がありましたら よろしくお願いいたします。


(あっ、僕の表現が あまりにも、漠然としていまして 申し訳ありません・・・  )




別の ある農家さん(九州の方です)に連絡をすると・・・



農家さん: ”実は、息子が F15(戦闘機)のパイロットになったよ” 



と いう方もいました。 



オモシロイデスヨネ。 




息子さんにお会いしたことはなかったのですが



ラグビーをしていたのは知っていたので



(高校時代には花園《全国大会》にも出場しています。 お母さまも めっちゃ体育会系です)



勝手に!? 親近感を 持っていました。 




農家さんとは 牛のお話もするのですが、



子供さん や 家族のお話だったり 飼っている 犬 や 猫 や 羊 のお話だったり



もちろんここでは言えないような ヤマシイお話!? を することも少なくないです。  




ムフフ・・・  






つづく









By 礒 匠 on 2022/04/09 20:05

 

皆さんこんにちは

関東担当の礒です

 

この時期に関東を回ると

桜が咲いており

楽しくドライブしています()

 

ちなみに北海道の桜は5月ころで

品種も色の濃い桜なので

久々に本州の桜を見て

やはり私も日本人なのだなあとしみじみ感じました

 

さて、TOKYOのとある和牛肥育(繁殖も数頭)の

ユーザーさんを尋ねたところ

牛舎の敷料庫にたくさんの落ち葉がストックされていました

 

お話を聞くと、ご自身の管理する

山の落ち葉を秋のうちに集めて

敷料にしているとのことでした

 

 

おかげで、堆肥の状態が非常によく

販売先の農家さんからの評判もすこぶる良いようでした

 

 

最近は、どんどん敷料のコストも上がってきているので

少しでもコスト削減になればいいですよね

 

牛も気持ちよさそうに寝ている所を見ると

落ち葉は牛にとっても良いベッドになっているようです!

 

 

そのほかにも、牛舎近くに牧草を育てており

夏場は刈払い機で青草を収穫し

繁殖牛に給与しています

 

 

正直、落ち葉あつめや、青草刈りは

大変な作業だとは思いますが

手間を惜しまずやられているのが

立派な牛を育てる秘訣だと思います!

 

素晴らしい場所にある牧場でした

お邪魔させていただきありがとうございました!