自然環境の調和を保ちつつ地球に優しい持続的農業を提案します。

日記カテゴリー


株式会社ラボジェネター

〒080-0106
北海道河東郡音更町東通
20丁目2番地9

ブログカレンダー

Archive
<June 2022>
SunMonTueWedThuFriSat
2930311234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293012
3456789
Monthly
2022年9月
2022年8月
2022年7月
2022年6月
2022年5月
2022年4月
2022年3月
2022年2月
2022年1月
2021年12月
2021年11月
2021年10月
2021年9月
2021年8月
2021年7月
2021年6月
2021年5月
2021年4月
2021年3月
2021年2月
2021年1月
2020年12月
2020年11月
2020年10月
2020年9月
2020年8月
2020年7月
2020年6月
2020年5月
2020年4月
2020年3月
2020年2月
2020年1月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年9月
2019年8月
2019年7月
2019年6月
2019年5月
2019年4月
2019年3月
2019年2月
2019年1月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
By 植田秋良 on 2022/06/28 17:14

 

北海道の、

とある地区の美牛コンテストならぬ共進会に

足を運びました。

 

この地区は母牛の改良が早いだけでなく、

飼養管理技術がしっかりしていて、

子牛は素牛市場でも高い評価を得ています。

 

さて、今回の出品牛の中には

鹿児島全共に出品する北海道代表候補牛も

数頭いました。

8月に北海道代表牛が決定)

 

出品牛は粒ぞろいで、

地区の共進会とは思えないほどレベルが

高かったです。

 

中でも入賞した牛は、

体の深み、体高、前駆や後躯の肉付き、

背線、皮膚、乳房(経産牛)など、

「素晴らしい!」

の一言しか言葉が出ないほどでした!

 

良い牛ばかりで、

とても勉強になっただけでなく、

あらためて10月に鹿児島で行われる全共が

楽しみになりました。

 

あと3か月ちょっとです。

 

5年に1度の祭典、

とても楽しみですね!

 

 

※各部の入賞牛です(いずれもメス)。

 

若百合-美国桜-安福久 10.9か月

 

勝美糸-勝早桜5-隆之国 11.5か月

 

安福久-平茂晴-勝忠平 15.7か月

 

勝早桜5-美国桜-百合茂 26.2か月

 

勝早桜5-光平照-百合茂 67.7か月

By 中紙育朗 on 2022/06/28 15:21




今月、僕が食べた和牛肉をご紹介したいと思います





山梨県と長野県にお店があります





炭火焼肉 但馬家幸之助 さんです。





私はランチの時間、山梨県小淵沢町の店舗に





ひとり焼肉でお伺いしました。


















かわいいクマさんがお出迎えしてくれます















ランチメニューの中から、悩んで決めたのは





焼肉Cランチ(上カルビ)













ミニサラダ、小鉢、スープ、ご飯   食後にドリンクも。





とても美味しかったです!!






By 中紙育朗 on 2022/06/28 15:06







皆さま、こんにちは!!





先日、21日に行われました





第125回 JA宮崎経済連和牛枝肉共進会の結果を





書きたいと思います。







出場頭数    去勢   95頭   メス  10頭  合計 105頭






平均枝重       523.5キロ


平均ロース芯面積    75.1㎠


平均バラ厚        9.5㎝


平均皮下脂肪厚      2.6㎝


平均推定歩留      76.6


平均BMS         11.0


平均枝肉単価     3,142円







以前までの宮崎県の枝肉共進会では3代祖は安福久でも(3代祖は県雄牛意外でも)





大丈夫だったのですが





今回から3代祖とも宮崎県雄牛が出場条件になりました。




※ 入賞牛すべてBMS12になります







グランドチャンピョン    (株)桜花牧場  様

去 耕富士ー美穂国ー勝平正  枝重 585.0キロ  ロース芯 110㎠


  バラ厚 10.7 皮下  2.0    枝肉単価 8,440円

  販売金額  5,332,392円


 




優秀賞1     末永 長幸   様

去 耕富士ー美穂国ー安平  枝重  556.3キロ  ロース芯 75㎠

  バラ厚 12.3㎝  皮下  3.7㎝  枝肉単価 5,080円







優秀賞2    岩崎 勝也   様

去 義美福ー忠国桜ー梅福6  枝重 508.8キロ ロース芯 69㎠

  バラ厚 9.3㎝  皮下 2.5㎝   枝肉単価 4,870円







優秀賞3    山元 正人   様

去 清正秀ー富久竜ー福之国  枝重 515.6キロ ロース芯 105㎠

  バラ厚 9.4㎝  皮下 2.6㎝    枝肉単価 4,660円







優良賞1

去 耕富士ー秀正実ー忠富士  枝重 565.1キロ ロース芯 90㎠

  バラ厚 10.0㎝   皮下 3.4㎝






優良賞2

去 耕富士ー美穂国ー福之国  枝重 559.3キロ ロース芯 93㎠

  バラ厚 10.8㎝   皮下 2.0㎝







優良賞3

去 義美福ー美穂国ー忠富士  枝重 475.3キロ ロース芯 86㎠

  バラ厚 8.5㎝   皮下  1.4㎝






特別賞

去 耕富士ー美穂国ー忠富士  枝重 536.9キロ ロース芯 79㎠

  バラ厚 9.6㎝  皮下 2.6㎝  枝肉単価 4,530円






宮崎県雄牛で今1番流行っている、二刀流(美津照重ー安福久ー勝忠平)は



今回出場していなかったのですが、富久竜母体が入賞牛以外に1頭



出場しておりましたのでその結果と、若手期待の?種雄牛



白隆鵬(白鵬85の3ー百合茂ー安福久)3頭の結果を書きたいと思います。





去  満天白清ー富久竜ー日向国  枝重 525.8キロ ロース芯 86㎠

   バラ厚 9.3㎝  皮下 1.8㎝  推定歩留 78.6








白隆鵬



去  白隆鵬ー安重守ー勝平正  枝重 518.0キロ ロース芯 79㎠

   バラ厚 9.5㎝  皮下 2.4㎝  BMS  12



メス 白隆鵬ー秀正実ー忠富士  枝重 567.0キロ ロース芯 105㎠


   バラ厚 9.7㎝  皮下 1.8㎝  BMS   11




メス 白隆鵬ー美穂国ー福之国  枝重 501.5キロ ロース芯 92㎠

   バラ厚 9.8㎝  皮下 3.7㎝  BMS   11








上記のような結果となりました!!





By 礒 匠 on 2022/06/27 16:45

 

皆さんこんにちは。

急に暑くなりましたので

体調には気を付けてください

 

北海道はついこの前まで最高気温15℃の日があったと思えば

今日は32℃。

僕は、昨日まで関東地方におり最高で39℃・・・

次回の関東出張は水着持参で

三浦海岸か御宿あたりのビーチに行ってやろうと思っています

 

 

 

さて、今回お邪魔させていただいた

牧場さんはブランド牛を育てている肥育農家さんです

 

枝肉成績も枝重・BMSともに安定しており

現在は、味にもこだわって

血統を選んでいるそうです

 

こちらの牧場、立派な牛舎ですが

なんと、自分たちで作った手作り牛舎だそうです

かなり本格的ですよね

 

山に面しており

傾斜はあるのですが

木や竹も茂っており

自然の木陰は涼しく

牛も人も気持ちの良い空間です

 

現在、飼料や燃料、敷料となんでも

高騰しており皆さん

とても厳しい状況にあるかと思います

 

皆さんそうかもしれませんが

こちらの農家さんも

特にこんな時だからこそ

手間を惜しまず細かなところまで

気を使って牛を飼っています

 

食い込みを上げるために

牧草をカットし、濃厚飼料と炊いた米を

攪拌し、ご自身で配合しています

 

 

ベッド管理に関しては

頻繁に除糞するのではなく

柵や壁際に寄ってしまった

敷料を水分の高くなってしまったところに

撒いてあげて利用します

そうすることで堆肥出しの頻度を減らし

水分量がある程度一定になることで

堆肥を積んだ後の発酵も良くなるそうです

 

牛の状態は抜群によく

大きく育っています

 

物価の高騰などは自分たちではなかなか

どうにも行きませんが

なにか一工夫して

手間をかけることで

牛は応えてくれますね!

By 岩本尚吾 on 2022/06/22 22:39




いつもありがとうございます。



東北地区・九州地区担当 の 岩本尚吾です。



皆さま いかがお過ごしでしょうか。 



お忙しい毎日なのではないでしょうか・・・ 





先月(5月に)書いていたブログ(ある農家さんからの連絡 ⇒ 
営業マンの放浪日記 (labogenitor.com) )




の つづき を書きたいと思います。 




そのブログに書いていた繁殖農家さんから 少し前に連絡がありました。




結局・・・




農家さんが購入した受精卵(血統)は・・・





どんな血統だと思いますか。  





(といいますか、皆さまは どんな血統の受精卵が欲しいですか)





結果としては・・・




福之姫ー安福久ー百合茂ー華春福(3個 購入)ということでしたよ。  ムフフ・・・ 





3個の受精卵が無事に着いて、3頭の子牛が産まれ、



その子たちが 無事に 肥育農家さんへ バトンタッチできたら良いですよね。



3個の受精卵で 3頭受胎し 3頭産まれたら とても 嬉しいのですが、



もしかしたら 受胎は 2頭で 2頭だけ産まれるかもしれないし



もしかしたら 産まれるのは 1頭だけなのかもしれませんし




もしかしたら・・・




いろいろ可能性があるのではないかと思っています。




良い結果だったとしても そうじゃなかったとしても、 



そのいろいろな経験が 血となり肉となって



農家さんの未来に 繋がっていくのだと思っています。





Mさん これからが楽しみですね。 



Mさんの未来を めっちゃ応援しております。 







By 岩本尚吾 on 2022/06/16 20:29




いつもありがとうございます。


東北地区・九州地区担当 の 岩本尚吾です。


皆さまいかがお過ごしでしょうか。 



今は・・・   


牧草収穫の季節ですよね。


今週は東北地区にいたのですが


農家さんの牧草収穫が忙しくて、なかなか農家さんとお会いすることが出来ませんでした。


ただ・・・   


牧草は 牛たちにとっても 農家さんにとっても 生命 だと思っています。 


農家さんにはお会いできなかったのですが、


梅雨前の時期に 快晴が続き 良い牧草が収穫できたようで嬉しかったです。 



今は、配合飼料も高騰していますし 輸入牧草も高値が続いています。


農家さんにとっては、特に大変な時期だと思っています。


自家産の牧草やサイレージにより 少しでも牛たちのプラスになると良いですよね。


☆自家産の牧草、サイレージでも(コストを削減できても)明らかに質の良くないものは

 牛たちのお腹にストレスがかかってしまうので あまりオススメしません。

 ルーメンのバランスが崩れて、牛の体調が悪くなってしまいます。

 実際、酪農家さんのお話なのですが、配合飼料の価格が上がっているので

 今までのエサのスタイルではなく

 コスト削減のために 自家産のサイレージを多めに給与するようになり

 以前と比べて、牛乳中の体細胞数が一気に上がってしまった という話も聞きます。

 急な、飼料の変更は牛たちのお腹にストレスがかかってしまいます。

 もし可能でしたら、少しずつ変更してくださいませ。

 あっ・・・ 急な 飼料の変更があるときには 

 アースジェネターを多めに給与すると 牛たちのストレスを抑えることができると思っています。 





ところで、話は変わるのですが・・・



お肉に関しましては 中国からの引き合いが強く 輸入牛肉の価格が上がっているようです。



こんな時こそ、意識して 国産のお肉を買って食べたいですね。 



どこの国の お肉も お野菜も 美味しいのですが



安いものだけ買うことを求めていたら(安いことは悪いことではないのですが)、



日本の農業や畜産が無くなっていくのかもしれません。







☆写真のお肉は 佐賀県の伊萬里牛のステーキです。 



和牛のお肉は もちろん 美味しいですし、


F1のお肉も ホルスタインのお肉も めっちゃ美味しいですよね。 



明後日、北海道に戻ります。



牛肉、豚肉、鶏肉、羊肉(国産の羊肉はなかなか買うことが出来ないのですが) など 


国産のお肉をモリモリ食べたいと思っています。 



もちろん、地元のお野菜も一緒に食べます。   ムフフフフ・・・ 






By 植田秋良 on 2022/06/14 15:54

 

とある農場さんにお伺いしました。

農場さんでは約半年前より乾乳牛舎にて

発酵牛床(かさ上げ式)を上手に活用されています。

 

さて、このほど新しくできた育成牛舎においても

発酵牛床(かさ上げ式)の活用を始めました。

 

 

土台に自家産の中熟堆肥を30㎝ほど敷き、

牛が入った後はオガクズの投入とロータリーによる撹拌を

実施しています。

 

1か月がたった今では、牛床の高さが50㎝ほどになり、

牛床だけでなく牛の状態もとても良好です。

 

(温度は40℃近くありました。

 私はこのぐらいの温度がベストと考えています。

 それは牛の腸内環境と同じで多種多様な微生物が生息でき、

微生物バランスが安定すると考えているからです。

 ただ、冬は中々厳しいですが・・・)

 

 

ちょうど、お伺いした時に牛床のメンテナンスを

実施されていました。

 

それでは少し紹介いたします。

 

まずはメンテナンス前の状態です。

まだこのままでも良いぐらいですが、

農場さんでは常に牛体をきれいに保ちたいという考えがあります。

牛に対する愛情を感じます。素晴らしいですね!

 

 

次にオガクズを薄く敷きます。

高くなった牛床の水分を低くして、

発酵に適した水分状態(6570%未満)に保つためです。

(もちろん牛体の汚れも回避できます)

 

 

その後、ロータリーをかけます。

 

 

深さは約30㎝ほどです。

 

 

ロータリーをかけることにより、

ふん尿とオガクズが均一に混ざるだけでなく、

牛床の通気を良くしたり(一時的ではありますが)、

牛床を平らに(整地)するという利点が生まれます。

 

発酵牛床にとって撹拌作業は手間のかかることですが、

前述したように多くのメリットがあると考えています。

 

 

出来上がりは

「しっとりフカフカ」な状態になりまして、

牛にとっても牛床にとっても快適なベッドになります。

(もちろん微生物にとってもです!)

 

 

また、様子を見にお伺いしたいと思っています。Read More »

By 礒 匠 on 2022/06/13 19:10

 

皆さんこんにちは。

とある北海道のジェネターユーザー牧場をご紹介いたします。

 

こちらの牧場は、とても優秀な預託牧場で

視察なども多い牧場です。

 

種付け前後の牛は発酵床牛舎でのんびりと過ごしており

妊鑑+になったら、放牧地つきの牛舎に移動になります

 

 

発酵床牛舎は牧場で新しい建物ですが

牛舎を成功させる重要なポイントは

          ①    換気

          ②    日光

          ③    密度

とのことで、それらを意識した作りになっています

牛舎のどの方向からも空気が流れるようになっており

牛が寝た時の鼻先の空気がいつも新鮮に心掛けているそうです

 

また、屋根はしましまにして日光を取り入れて

牛の健康増進、ベッドの乾燥などに役立っています

(北海道では、冬の寒さ対策、

  牛床凍結の予防で透明部分を多くしています)

 

密度も89/とゆったりと飼っています

 

 

また、以前からある牛舎もパドックを増設することで

上の3点のポイントを押さえています

 

 

 

他の酪農の現場の話ですが

北海道では牛乳生産の抑制もあり

牛を淘汰せざる負えないところもあります

そんな中、10頭ほど牛を減らしたことで

今までよりも密度が薄くなり

快適性が向上したおかげか

牛の調子は絶好調

乳量が増えてしまい(いいことなのですが(^^;

結果として、総乳量が少し増えてしまっているとのこと

 

やはり、牛の快適性はとても重要なのだなと感じました

 

 

えさや燃料が高騰しており

厳しい状況が続きますが

一度、基本に立ち返って

牛にとって最大限働きやすい環境を作ってあげることが

プラスになるのだと思いました!

By 植田秋良 on 2022/06/10 13:10

 

689日の2日間、

南北海道肉牛市場が開催されました。

 

上場頭数は1,870頭でした(素牛のみの頭数)

 

1日目メス410頭、去598

2日目メス363頭、去499

 

主な種雄牛は以下の通りでした(上場頭数が多い上位10頭)

 

福之姫   301頭(メス123頭、去178頭)

勝早桜5  246頭(メス103頭、去143頭)

美国桜   117頭(メス41頭、去76頭)

百合白清2  88頭(メス22頭、去66頭)

若百合    85頭(メス31頭、去54頭)

鈴音     69頭(メス26頭、去43頭)

諒太郎    64頭(メス35頭、去29頭)

知恵久    59頭(メス32頭、去27頭)

紀多福    58頭(メス26頭、去32頭)

美津照重   52頭(メス19頭、去33頭)

 

平均価格は以下の通りでした(税込価格)Read More »

By 中紙育朗 on 2022/06/10 11:38






皆さま、こんにちは!!




6月3日に行われました、岐阜県の関家畜市場子牛セリ




の結果を書きたいと思います。







  入場頭数 売却頭数 最高価格(税抜) 平均価格(税込)
メス 126頭 126頭 90.5万 63.4万
去勢 185頭 185頭 91.1万 72.5万
合計 311頭 311頭   68.8万








種雄牛別出場頭数(上位10)


花清光    134頭   花清国ー白清85の3ー光平福


孝隆平     34頭   白清85の3ー安晴王ー安平


広茂清     28頭   白清85の3ー白清85の3ー光平福


花福桜     24頭   第一花国ー福之国ー福桜


安俊晴     22頭   飛騨白真弓ー天晴白清ー光平福


福之姫     16頭


福平国     11頭   第一花国ー平茂勝ー安福


若百合      6頭


花清国      5頭   飛騨白清ー北国7の8ー紋次郎


美国桜      5頭








途中までしか現場にいる事ができなかったのですが





高値だった牛の結果を書きたいと思います。






去勢




花清光ー美津照重ー安福久ー忠富士  263日  303キロ  82.5万



花清光ー飛騨白真弓ー光平福ー飛騨白清 298日 295キロ  79.1万



福之姫ー花清国ー百合茂ー安福久   249日  360キロ  79.1万



孝隆平ー花清光ー華春福ー安福久   254日  282キロ  77.4万



福平国ー孝隆平ー勝早桜5ー安福久  270日  266キロ  75.6万



花清光ー勝忠平ー白清85の3ー平茂勝 250日 275キロ  75.3万








上記のような結果となりました。





今の岐阜県雄牛の2本柱!?になっている





孝隆平と花清光の枝肉成績を書きたいと思います。






孝隆平    


去勢 

平均月齢  29.1ヶ月

頭数    32頭

平均枝重  480キロ

平均BMS   8.8



メス

平均月齢  31.9ヶ月

頭数    84頭

平均枝重  426.4キロ

平均BMS  8.94








花清光


去勢

平均月齢  28.9ヶ月

頭数    117頭

平均枝重  511.9キロ

平均BMS   8.69



メス

平均月齢  32.2ヶ月

頭数    256頭

平均枝重  462.7キロ

平均BMS  9.11





何かの参考になりましたら幸いです。