自然環境の調和を保ちつつ地球に優しい持続的農業を提案します。

日記カテゴリー


株式会社ラボジェネター

〒080-0106
北海道河東郡音更町東通
20丁目2番地9

ブログカレンダー

Archive
<July 2022>
SunMonTueWedThuFriSat
262728293012
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31123456
Monthly
2022年9月
2022年8月
2022年7月
2022年6月
2022年5月
2022年4月
2022年3月
2022年2月
2022年1月
2021年12月
2021年11月
2021年10月
2021年9月
2021年8月
2021年7月
2021年6月
2021年5月
2021年4月
2021年3月
2021年2月
2021年1月
2020年12月
2020年11月
2020年10月
2020年9月
2020年8月
2020年7月
2020年6月
2020年5月
2020年4月
2020年3月
2020年2月
2020年1月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年9月
2019年8月
2019年7月
2019年6月
2019年5月
2019年4月
2019年3月
2019年2月
2019年1月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
By 中紙育朗 on 2022/07/30 20:24






皆さま、こんにちは






今月、僕が食べた和牛肉をご紹介させて頂きます。
















若狭牛です。






若狭牛とは、福井県内で12ヶ月以上肥育された黒毛和種で






肉質等級が3等級以上かつBMS4以上の和牛肉になります。






肉牛関係者以外の方もきっと!?見て下さっていると信じて






少しだけ書きます。







テレビなどで、最高級ランクの「Aー5」です!





とお聞きすることがあると思いますが






アルファベット+数字に分けられます。






このアルファベットの部分は歩留等級になるのですが






食べる時には関係がありません。(農家さんとお肉屋さんにとっては重要です)






ちなみに「A」 「B」 「C」 の3段階あります。







数字ですが、肉質等級を表す表示になります。





1から5段階まであります。





脂肪交雑(サシ)、肉の色沢、肉の締まりとキメ、脂肪の色沢と質





の4つを評価して、1番低い等級が肉質等級として判定されます。





上記にありますBMSとは  Beef Marbling Standard の略です。





サシがどれくらい多く、細かく入っているかを表します。





1から12まであり、数が大きいほど高ランクになります。






BMS  1    脂肪交雑等級  1

BMS   2    脂肪交雑等級  2

BMS  3〜4   脂肪交雑等級  3

BMS  5〜7   脂肪交雑等級  4

BMS  8〜12  脂肪交雑等級  5







ですので、数字の部分に着目していただけると良いのかな





と思います。









和牛肉というと、サシが多い牛肉をご想像されるかと





思いますが、BMSや肉質等級、部位,品種
などで赤身肉が多い牛肉も





あり、そのどちらにも魅力があると思います。







僕は今回、和牛厳選赤身3種盛りを選びました





モモ・サイコロステーキ・カルビの3種類です。





ちなみにカルビとは部位の名称ではなく、メニューの名前です。
















赤身肉のしっかりとした味を感じ、お肉は柔らかく





とてもおいしかったです





2022年 じゃらん都道府県魅力度ランキングの項目別






地元ならではのおいしい食べ物が多かったランキングでは





福井県が1位をとりました






「かに」「そば」も魅力的ですが






牛肉も美味しいです






福井にご旅行予定でしたら、行かれた時には






是非、牛肉を食べてみてください




By 植田秋良 on 2022/07/29 11:16

 

767日に開催されました

南北海道肉牛市場の結果について、

参考までに販売金額上位10位の

1種雄牛別、2母方祖父別の結果を

お知らせいたします(税抜価格)。

 

 

 

何かの参考になりましたら幸いです。

By 中紙育朗 on 2022/07/28 4:43





皆さま、こんにちは!!





今回で4回目になりますが





諒太郎母牛の結果を書きたいと思います。





家畜改良センターさまのデータになります。










去勢



美津照重ー諒太郎  93頭 平均枝重 496キロ  BMS 9.8



美国桜ー諒太郎  197頭 平均枝重 506キロ  BMS  8.8



幸紀雄ー諒太郎  76頭  平均枝重 525キロ  BMS 10.0



愛之国ー諒太郎  52頭  平均枝重 511キロ  BMS  9.7









メス



美津照重ー諒太郎  72頭  平均枝重 441キロ  BMS  9.1




美国桜ー諒太郎   64頭  平均枝重 455キロ  BMS   9.7








上記の結果でした。






これほどの頭数が割れていてこの結果ですので






とても良い結果だと思います。






何かの参考になりましたら幸いです。







By 中紙育朗 on 2022/07/26 18:51






皆さま、こんにちは!!






今回は、サシバエやアブなどの吸血昆虫にお困りの農場さまに






おすすめの商品をご紹介させて頂きます。







商品名は「ペルネット」になります。






ある農場さまで牛舎の側面に取り付けられていましたので






写真を掲載します。

































ネットに薬が練り込まれておりますので





侵入防止や駆除に役立ちます。





日本全薬(ゼノアック)さんでお取り扱いがあるそうです。





もし、サシバエなどにお困りでしたら





検討されてみてください。





合わせて牛舎周辺の草刈りもよろしくお願いいたします。






By 礒 匠 on 2022/07/25 6:43

 

皆さんこんにちは

道東担当の礒です

 

先日、北海道十勝地区の畜産共進会が行われました

 

結果の詳細などについては割愛させていただきますが

とても、良い牛が多く

改良の大切さを改めて実感しました

 

その中で北海道の種屋さんの

種雄牛である

奈津百合55(十勝家畜人工授精所さま)や

勝美糸(ジェネティックス北海道さま)の牛が

評価されていたこともとてもうれしいことです!

 

共進会を見て感じたことは

若い後継者の参加者も多く、また観客も多数見受けられ

活気があったように感じます。

 

また、1頭の牛を出品するにも

本当に多くの人たちが関わっており

それぞれの方の

それぞれの出品牛に対する

思いが伝わってくるようで

胸が熱くなりました!

 

また、同時開催されていた種馬の共進会は

こちらは、出品された頭数も少なく

すこし寂しく感じました

 

現在の社会では馬は文化としての側面が大きく

生産者も頭数も減ってきてしまっているのだと思います

 

ですが、農家さんから

「子供のころはどこにでも必ず馬がいて、馬が畑を耕していた」

という話を聞くと

この広い北海道の畑もそうやって発展していったのだなと

感慨深くなりますよね

 

便利になれば無くなっていくものもあり

盛者必衰を感じた次第です・・・

 

 

共進会と言えば

12回全国和牛能力共進会 鹿児島大会

の開催も近づいてきていますね!

ラボジェネターもブースを出店する予定です!

By 岩本尚吾 on 2022/07/24 14:29



いつもありがとうございます。


東北地区・九州地区担当 の 岩本尚吾です。


皆さま いかがお過ごしでしょうか。


暑い毎日ですよね・・・ 


皆さま くれぐれもお身体大切にしてくださいませ。 



ところで、少し前に ある繁殖農家さん(Yさん)から連絡がありました。



農家さん(Yさん):”数年前から子牛にオーツを給与しています。

          今までは調子が良かったのですが、最近は少し便が緩む気がします。

          僕の周りではオーツを給与している農家さんが少なくて

         (チモシーを使っている方が多いようです)

          オーツについて聞くことができないんですよね・・・

          オーツを給与することは大丈夫でしょうか”


岩本: ”ちなみに、今、子牛たちはどんな感じなのですか、全頭下痢しているとか・・・

    全頭(もしくは8割以上)下痢をしているようだったら

    もしかしたら粗飼料が(下痢の)原因の可能性があるのかもしれませんが・・・”


農家さん: ”全頭じゃなくて、数頭です。10頭のうちの2~3頭みたいな感じです。

      結局はしっかり食べるようなり 大きく育って

      子牛セリに出荷できているんですが、なんか気になるんですよね・・・”




子牛に粗飼料を給与するという意味では(あくまでも個人的な意見なのですが)


牛たちが食べる粗飼料であれば、ある意味 どんな粗飼料でも良いと思っています。


栄養価が高い粗飼料だけど嗜好性が良くないもの(食べないもの)より


栄養価が低くてもモリモリ食べる粗飼料の方が良いですよね。


もちろん、しっかり食べるような粗飼料(の質)だとすれば、


農家さんそれぞれの考え方で、種類を選んで良いと思っています。


ただ、 先ずは 食べることが優先ですよね。


もし、数頭 便が緩い子牛がいるとすれば、個体差もあると思います。


(生まれつき胃腸の弱い人 も いますよね・・・) 




岩本:”Yさんは おそらく・・・

   今、いろいろな意味で良い感じなのだと思います。

   良い感じなので、そこが(数頭の子牛の便の緩み)気になるのではないでしょうか。

   もし・・・

   ご家族のことでいえば・・・

   実は、 奥さまとトラブル中だったり 

   ご両親の介護があったり、ご家族(自分自身)が病気だったり、

   牛たちのことでいうと

   たて続けに 牛たちが死んでしまったり・・・

   そういうことがあると、数頭の便の緩みも見えなくなってしまうと思います” 


農家さん:”そうかもしれないですね。 オーツの給与については、

     今までそんなに問題がなかったので気にしなくても良いのかもしれません”




粗飼料については(種類にかかわらず)


子牛のときに、しっかり喰いこんでいるとすれば


肥育農家さんのところへ行っても、しっかり喰いこめるお腹になっている(可能性が高い)


と思っています。


(当たり前のことなのかもしれませんが・・・  )




牛たちのことについても ご家族のことについても いろいろありますよね。



本当に 人生 いろい~ろ あるのですが



そこに なにかしらの意味があると 思っています。




すべてを受け入れて 一歩一歩やっていきましょう。 







By 植田秋良 on 2022/07/21 10:07

 

あらためまして

北海道(道央、道南、道北、オホーツク)、関西、中国地方を

担当しております植田です。

 

さて、

先日、A農場さん(本州)にお伺いしました。

 

A農場さんは、昨年に牛舎を建てられました。

 

 

その牛舎は木造で、程よく日光が入り、

(屋根は3:1の割合で透明ポリカを採用)

 

 

換気も良好でした。

(風通しが良い場所、換気扇の設置、空気が上に抜ける構造、

牛舎側面は巻き上げカーテン)

 

 

牛床管理は、できるだけ床出しをしない方式を採用。

(かさ上げ式発酵牛床のような感じです)

 

特に春から秋にかけては、ほとんど何もしておりません。

 

上の写真のように牛床は程よく乾いており、

臭気は少なく、牛は気持ちよく横臥していました。

(この時、床の高さは約40㎝ほどでした。)

 

 

また、牛舎の周りにはパドックが設けられていました。

 

そこには繁殖牛と授乳中の哺育牛が

のんびりと過ごしていて、

何とも微笑ましい光景でした。

 

とても良い環境ですね!

 

A農場さんは、この牛舎を建てたことにより、

作業効率の向上や省力化、牛の品質向上など

に繋がったと感じておられます。

 

私はA農場さんだからこそ、

この牛舎を建てただけでなく、

上手に活用し、

効率よく牛の管理を充実させているものだと

思いました。

 

A農場さんの、

今後のご活躍、ご発展をお祈りしています!

 

 

 

By 礒 匠 on 2022/07/20 17:00

 

北海道・関東担当の礒です

 

先週行われました

十勝和牛素牛市場の結果をお知らせいたします。

 

まずは、出場した主な種雄牛ですが

以下の通りです

10頭以上の出場の種雄牛を抽出)

 

 

次に結果です

 

 

今回の市場では、高い牛を買う方が入っていたようで

血統が良く、増体の良い去勢は80後半~90万円台の牛も

多く見られました!

極端に小さい牛などを除いては

比較的高く売れており市場平均は上がっています

 

 

参考までにチェックした牛の価格を載せます

 

価格は税抜きです

 

今回、安福久のメスが多く出場しており

100万円を超える牛が多数見られました。

依然としてとても人気がありますね

 

福之姫、勝早桜5、百合白清2の人気が高いです

福之姫が400頭以上出場しているため

肥育農家さんとしてもうれしい市場の一つではないでしょうか?

 

以上、簡単ではありますが

市場結果のお知らせでした!

 

By 中紙育朗 on 2022/07/19 8:18




皆さま、こんにちは!!




7月13日から14日の2日間行われました




薩摩家畜市場子牛セリについて書きたいと思います。



  入場頭数 売却頭数 最高価格(税抜) 平均価格(税込)
メス 227頭 215頭 177.3万 69.7万
去勢 292頭 292頭 100.9万 72.3万
合計 519頭 507頭
  71.2万




前回比+1.6万円となりました。



種雄牛別出場頭数(上位10)


諒太郎   70頭

紀多福   68頭

美国桜   63頭

幸紀雄   50頭

喜亀忠   36頭

関平照   35頭

華満福   30頭

華忠良   29頭

秀幸福   27頭

夏百合   20頭





高値だったメスと去勢の結果を書きたいと思います。





メス


安福久ー華春福ー安福久ー勝忠平  289日 294キロ  177.3万







諒太郎ー安福久ー勝忠平ー北国7の8 235日 297キロ  105.7万




諒太郎ー華春福ー安福久ー平茂勝   279日 289キロ   97.4万




諒太郎ー安福久ー百合茂ー安平    300日 283キロ   94.9万




秀幸福ー喜亀忠ー安福久ー金幸    300日 331キロ   92.4万




諒太郎ー美国桜ー平茂勝ー安糸福  293日  302キロ   91.8万









去勢



美国桜ー安福久ー勝忠平ー平茂勝  263日  379キロ  100.9万



華満福ー美国桜ー百合茂ー安福久  268日  338キロ   99.3万



梅華福ー安福久ー百合茂ー平茂勝  274日  321キロ   98.8万



諒太郎ー美国桜ー百合茂ー安平   279日  338キロ   96.7万



華満福ー安福久ー勝忠平ー平茂勝  270日  340キロ   96.0万



幸紀雄ー諒太郎ー安福久ー百合茂  279日  362キロ   94.2万









喜亀忠ー諒太郎ー美国桜ー平茂勝  289日  336キロ  90.4万





紀多福ー諒太郎ー安福久ー北国7の8 325日 321キロ  90.0万





上記のような結果となりました。



何かの参考になりましたら幸いです。




By 岩本尚吾 on 2022/07/14 22:29




いつもありがとうございます。


東北地区・九州地区担当 の 岩本尚吾です。


皆さま いかがお過ごしでしょうか。 



昨夜のことなのですが・・・



ある繁殖農家さん(Tさん) と 


ある牧場で働いている従業員さん(Kさん)と3人で食事をしていました。


食事をしていると、Kさんのところに電話がありました。


電話があった理由は、


”初産の子(未経産牛)が産みそうなのだが 

 
 お腹の中の子牛が大きくて、なかなか出てこない(お産できない)ので困っている” と いうことでした。


(Kさんの牧場で働いている従業員さんからの連絡でした)


この日は、Kさんの社長さんがいない日(出張している日)でした。


社長さんがいない時に限って、いろいろなことが起きますよね。



農家さんあるある なのだと思います。 



話は戻り・・・



Kさんの牧場の従業員さんは、担当の獣医さんにもすでに連絡しているということでした。



僕たちも、食事をしながらそのことについて話をして


”もし難産だったら助けが必要になるかもしれないし、何かできることもあるだろうから牛舎へ行こう”


ということになり、タクシーを呼び 牧場へ行きました。



(この時 22時頃でした)




牧場へ着くと・・・







☆22時の牧場はこんな感じです。



獣医さんが来て、牛を触診して ”帝王切開しよう” ということになりました。


みなさま、帝王切開へ向けて それぞれいろいろな準備を始めていきます。


(みなさま プロなので さすが 手早かったです  ) 



準備が終わり、すぐに帝王切開が始まりました。








その後・・・ 



無事に、子牛が産まれました。 母子ともに 元気そうでした。


先生 皆さま ありがとうございます!! 


子牛の血統は 夏百合ー美国桜ー百合茂ー安福久 みたいな感じだったと思います。


結局、子牛は48キロくらいだったと思うのですが、


獣医さんが触診して 母牛(初産でした)の大きさだったり骨盤だったり、そのバランスを見て、


帝王切開することがベストだと判断したようです。



無事子牛が産まれたら それで終わりかというともちろんそうではなく、


続けてお母さん牛の縫合が始まります。



☆閲覧注意かもしれません。










先生が丁寧に縫っていきます。



結局、終わったのは 深夜0時(24時頃)だったと思います。



”皆さま お疲れさまでした!!” という感じなのですが、



二人の獣医さんたちは



”僕らは 弱っている子牛がいる牧場があるから、今から行ってくるね”



ということで別の農家さんのところへ 爽やかに 出かけていきました。




生命を守るという仕事は大変ですよね。    





改めて実感しました。




僕ら 3人は というと・・・



その後、タクシーを呼び、街に戻りました(この時 0時30分頃 でした)。



僕は、 ”代行でホテルへ帰ります” と 伝えたのですが、



熱帯夜の九州  汗だくで 帝王切開のお手伝いをしていた2人の若者(Tさん と Kさん)は



”もう一軒行ってから帰ります!!” 



と言って 明るいネオンの方に戻っていきました。 



元気イイですよね。 



彼らが 日本の畜産を支えていくのだと思います。 






あっ・・・・・     昨夜(から今朝)のお話でした。