自然環境の調和を保ちつつ地球に優しい持続的農業を提案します。

日記カテゴリー


株式会社ラボジェネター

〒080-0106
北海道河東郡音更町東通
20丁目2番地9

ブログカレンダー

Archive
<August 2022>
SunMonTueWedThuFriSat
31123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031123
45678910
Monthly
2022年9月
2022年8月
2022年7月
2022年6月
2022年5月
2022年4月
2022年3月
2022年2月
2022年1月
2021年12月
2021年11月
2021年10月
2021年9月
2021年8月
2021年7月
2021年6月
2021年5月
2021年4月
2021年3月
2021年2月
2021年1月
2020年12月
2020年11月
2020年10月
2020年9月
2020年8月
2020年7月
2020年6月
2020年5月
2020年4月
2020年3月
2020年2月
2020年1月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年9月
2019年8月
2019年7月
2019年6月
2019年5月
2019年4月
2019年3月
2019年2月
2019年1月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
By 中紙育朗 on 2022/08/29 7:30



皆さま、こんにちは!!




今月、私が頂いた和牛肉は「宮崎牛」です




宮崎市内にあります、橘通りのミヤチクさんで頂きました





宮崎牛とは、宮崎県で生産肥育された黒毛和種で肉質等級が4以上のもの




になります!!













下の写真は、厳選カルビになります




部位はバラです。




高千穂生まれで西都で肥育された雄でした。














こちらは、上ロースです




宮崎市生まれで、都城で肥育されたメスになります!












どちらのお肉も、すごくサシが入っており





和牛らしい香りと、お肉の柔らかい食感を感じ






とても美味しかったです








本日は、8月29日





ヤキニクの日です!!





今日は、焼き肉を食べてみては、いかがでしょうか










宮崎は、とても良いところです。





ご旅行で来られた際は、是非「宮崎牛」を味わってください


















By 岩本尚吾 on 2022/08/27 14:19



いつもありがとうございます。


東北地区・九州地区担当 の 岩本尚吾です。


皆さまいかがお過ごしでしょうか。 



先週、8月17日(水)十勝家畜市場子牛セリ(二日目)に少し参加しました。


☆結果は 北海道担当の 礒 匠(いそ たくみ)が書いております。

      ↓↓↓↓↓

 営業マンの放浪日記 (labogenitor.com)



市場に行くと・・・


九州の知り合いの肥育農家さん(暴れん坊の!? Nさん)を発見しました。 


おそらく、今回が初めての北海道導入だったと思います。


Nさんと話をすると、一日目には 7頭買っていたようでした。


その日(二日目)に家畜市場の子牛を見ていたら・・・


Nさんの好きそうな子牛(発育が良くて 太っていなくて 大きくなりそうな子牛)が


たくさんいるなぁと思いました。 



結局・・・



Nさんは 二日間で 17頭購買したようでした。


17頭と言えば・・・


Nさんの毎月の導入頭数をオーバーしているのでは!?と思いましたが 


それだけ好きな子牛が多かったということなのかもしれませんね。


次回、熊本に行ったときに 十勝導入の子牛たちを見たいと思っています。 



ところで・・・



少し前に ある牧場の役員の方と お話をしました。


牛たちや現場も見ながら、経営的な部分も見ている方です。


この方の牧場は 枝肉の売り先が決まっていて全部相対で売っています。



その役員の方 曰く・・・


  ”枝肉を買ってくれるところから いろいろと要望はあるけど


  今のところ(そこのお肉屋さんでは) 枝肉が売れているみたいなので


  もし空いている牛舎 や 止めるかもしれない牧場などがあったら


  そこを買いとって 肥育頭数を増やしていきたい”


  ということでした。



飼料の高騰 や 枝肉価格も下がっている中で、それでも勝算があるのでしょうね。



おそらく・・・



その牧場では、従業員さん方たちが しっかり働いていて、


牛たちも病気せず 順調に育っているのだと思います。 



頭数を増やすのか、減らすのか、現状の頭数を維持をしながらいくのか・・・



正解は一つ ではないのですが、いろいろと考えることがありますよね。



ただ、先ずは・・・



皆さまの健康が一番大切だと思っています。



くれぐれも無理をしないようにしてくださいませ。






By 植田秋良 on 2022/08/26 14:11

 

北海道の和牛繁殖農家(一部肥育)さんにお伺いしました。

 

牛舎の一角には、

肥育出荷を直前に控えた肥育牛がいました。

 

 

良い感じに仕上がっていますね~!

 

この牛は農場さんにとって2頭目となる肥育(自家産)です。

 

以前のブログ(20212月)でも紹介していますので、

参考までにご覧ください。

    ↓ ↓ ↓

営業マンの放浪 (labogenitor.com)

 

肥育をかけ始めた時から、良いスタイルの牛でしたが、

畜主さんの飼養管理で丸々と俵牛になっていました。

 

 

果たして出荷成績はどうだったのでしょうか?

 

そして1か月後、地元のブランド牛の1頭として、

無事に出荷されました。

 

 

結果は・・・

 

下記の通りとなりました。

 

メス 28.5か月齢 

凛斗福-勝忠平-福之国

枝重563㎏ BMS10 ロース70 バラ厚10.2 

皮下2.9 歩留75.6

 

枝重、BMSなど申し分のない好結果でした!

 

単価、金額も良かったようです。何よりです!

 

畜主さん曰く、

「いや~、まだまだです。さらに上を目指していきます!」

と、謙遜されていましたが、

あらためて畜主さんの向上心の強さを感じました。

 

通常は素牛出荷の経営形態ですが、

この農場さんなら今後も上手に肥育(一貫)を

手掛けていくことができると思います。

 

 

もうすでに3頭目の肥育が始まっているようです。

 

 

乞うご期待です!!

 

 

 

By 中紙育朗 on 2022/08/25 8:57



皆さま、こんにちは!!




今月、22日から24日まで行われました





小林家畜市場の3日目に行かせて頂きましたので





結果を書きたいと思います。







※3日間合計


  入場頭数 売却頭数 最高価格(税抜) 平均価格(税込)
メス 500頭 487頭 110,0万 55,8万
去勢 581頭 580頭 89,0万 66,6万
合計 1,081頭 1,067頭  
61,6万
(前回比 +2.0万)



※平均価格は入場平均










3日間合計種雄牛別出場頭数(上位10) ※評価牛を含む



満天白清   288頭


宗守富士   200頭


耕富士    143頭


福晴茂    141頭


白隆鵬     80頭


神照栄     59頭


勝美利     39頭


忠美智晴    38頭


勝光美     31頭


秀百合久    31頭









3日目、私がわかる範囲内で高値だった牛の結果を書きたいと思います。



※消費税抜き価格




メス


満天白清ー安福久ー平茂勝ー神高福  301日 251キロ 88.0万  



富久竜ー秀菊安ー勝平正ー福之国   303日 292キロ 87.4万



耕富士ー安福久ー百合茂ー安平    302日 302キロ 83.2万



耕富士ー満天白清ー忠富士ー福桜   286日 276キロ 77.9万



耕富士ー安福久ー福之国ー福桜    299日 306キロ 76.6万







去勢



耕富士ー白鵬85の3ー安福久ー勝忠平 279日 318キロ 85.0万



耕富士ー百合茂ー安福久ー平茂勝  291日 373キロ  82.8万



洋紀久ー富久竜ー勝平正ー福桜   284日 384キロ  81.3万



白隆鵬ー耕富士ー安平ー糸秀    284日 390キロ  80.2万



白隆鵬ー耕富士ー美穂国ー安平   255日 278キロ  79.8万






上記のような結果となりました。





何かの参考になりましたら幸いです。




By 中紙育朗 on 2022/08/23 21:06





皆さま、こんにちは!!




本日から行われております、曽於家畜市場子牛セリ




の1日目に行かせて頂きました。





1日目の結果を書きたいと思います。




  入場頭数 売却頭数 最高価格(税抜) 平均価格(税込)
メス 206頭 203頭 102.2万
53.0万
去勢 241頭 241頭 91.5万 64.0万
合計 447頭 444頭   59.0万






1日目は前回比約 −1.2万円となりました。








3日間合計 種雄牛別出場頭数(上位10)


華忠良   166頭

若百合   163頭

秀幸福   154頭

百合未来  140頭

諒太郎   106頭

紀多福    76頭

関平照    75頭

夏百合    60頭

喜亀忠    58頭

聖香藤    52頭






1日目、僕がわかる範囲内で高値だった子牛の結果を書きたいと思います。





メス


白鵬85の3ー福安照ー第1花国ー茂勝(宮城)279日252キロ102.2万


諒太郎ー美国桜ー安福久ー安平  275日  277キロ  78.0万







去勢


秀幸福ー華春福ー安福久ー百合茂  291日 368キロ  91.5万






紀多福ー安福久ー金幸ー平茂勝  252日 328キロ  89.7万










紀多福ー諒太郎ー安福久ー金幸   272日 359キロ  89.2万




華春福ー安福久ー百合茂ー安平   283日 342キロ  85.0万



幸紀雄ー華忠良ー安福久ー勝忠平  230日 303キロ  80.7万



秀幸福ー美国桜ー安福久ー金幸   242日 336キロ  80.0万






上記のような結果となりました。




何かの参考になりましたら幸いです。





By 礒 匠 on 2022/08/18 9:09

道東・関東担当の礒です

 

今週行われました

十勝和牛素牛市場の結果をお知らせいたします。

 

まずは、出場した主な種雄牛ですが

以下の通りです

10頭以上の出場の種雄牛を抽出)

 

次に結果です

 

全国的に大きく下げており

十勝も約5万円の下げとなっていますが

平均価格を見ると

比較的、値段が高い市場です。

 

良い牛とそうでない牛とで

価格差がはっきりとしており

販売するかたにとっては

選ばれるようになってきているなと感じました

 

ちなみに、

8月の1週目の枝肉価格(東京・大阪平均)が

A52,411円 A42,135円 A31,917

7月から200円近く下がっています

 

肥育農家さんにとって

枝肉重量がとれる福之姫、勝早桜5などの牛が

人気になるはずです

 

参考までにチェックした牛の価格を載せます

 

 

価格は税抜きです

 

今回、安福久のメスが多く出場しており

100万円を超える牛が多数見られました。

最高価格の美国桜-美津照重-安福久は

北海道で有名な牛「てつせん」の系統だそうです

 

 

先日の岩本のブログで

九州から肥育農家さんが来ている噂・・・

とのことでしたが(笑)

実際に買いに来てくださったようです

北海道まではるばるありがとうございました!

 

北海道の牛が遠くの地

九州で肥育され

どのように育っていくのかも楽しみですね!

 

 

 

以上、簡単ではありますが

市場結果のお知らせでした!

By 中紙育朗 on 2022/08/17 15:48








皆さま、こんにちは!!






昨年2021年から、今年の6月までの





輸出状況が掲載されていましたので






引用させて頂き、書きたいと思います。




※データの引用 財務省「貿易統計」
        日本畜産物輸出促進協議会 HP







2022年6月の輸出実績、6月の牛肉輸出数量は509トンと前年同月を





14%下回り、金額では前年同月を21%下回る。






1月から6月までの累計




数量で8%下回り、金額で6%下回りました。








2022年1月〜6月までの累計 国別の輸出数量では、




カンボジア    前年比 29.1%


ロシア      前年比 43.6%


ニュージーランド 前年比 72.4%





と下回りましたが




EU(UKを含む)が 221.8%と大きく上回りました。










過去最高を記録した2021年の実績



数量(トン)   7,879(前年比 162.6%)



金額(百万円) 53,677(前年比 185.9%)



単価(円/kg)   6,813(前年比 114.3%)






輸出された牛肉の部位別割合は、ロイン系が最も多く数量ベースで58%





2021年の平均輸出単価の高い地域はEU、北米、UAE、豪州などで





8,000円/kg以上で、アジアはロイン系の割合低く、平均単価も低め。





主要輸出国別の平均輸出単価で最も高かったのはオランダで




10,495円/kg





ロイン系だけで見ると、最高値はUAEの13,166円/kg






2021年の実績は537億円でしたが




2025年政府の牛肉輸出目標は1,600億円




2030年には3,600億円と設定されています。





複雑な状況の世界ですが、もっともっと世界に和牛が拡がっていくと






いいなと思っています。






By 岩本尚吾 on 2022/08/16 15:55



いつもありがとうございます。


東北地区・九州地区担当 の 岩本尚吾です。


皆さま いかがお過ごしでしょうか。 


最近は・・・


毎日ではないのですが、朝、会社の周りのゴミ拾いをしています。


以前からやりたいと思っていたのですが、最近やっと行動できるようになりました。


ゴミ袋を持って、会社の周りも歩いて(会社の周りは工業地帯でもあります)


ペットボトル、空き缶、プラスティックのゴミ や 吸い殻など を 拾っています。 


まず、良かったことは・・・


周りの会社の方たちと少しだけなのですが 交流できていることです。


今まで、全くできていなかったことなので これからは意識してやっていきます。


そして、ゴミ拾いにより感じたことは・・・


思っていたよりも ゴミが少ないということです。


もしかしたら・・・


知らない誰かが 外(会社の周り)のゴミ拾いを定期的にしているのではないか、と思いました。


(真実は分からないのですが・・・  )


ゴミ拾いだけではなく、仕事やその他のことに関してもそうだと思うのですが、


いろいろな物事に対して、私たちの知らない(知っている)誰かが


他の誰かのために いろいろなことをしてくださっているのですよね。 



改めて、感じています。



そのおかげで、私たちは 生活することができているんだな と 思っています。


あっ、なんとなく それらしいこと!?を書いてしまい申し訳ありません・・・ 



できることを一歩一歩やっていきます。 







☆太宰府天満宮の牛さんです




明日(17日)は、十勝の家畜市場(和牛子牛セリ 二日目)に参加予定です。


九州から 知り合いの肥育農家さん(暴れん坊!?)が来ているという ウワサ!?です。 


また報告したいと思っています。 







By 岩本尚吾 on 2022/08/13 9:29



いつもありがとうございます。


東北地区・九州地区担当 の 岩本尚吾です。


皆さま いかがお過ごしでしょうか。



少し前なのですが、子供たちを連れてお墓参りに行ってきました。


お墓参りには なかなか行けないのですが、個人的には お墓参り好きです。 


母親と少し繋がれる気がしています。


(母親は 25年前に亡くなりました。 父親は 元気にしています)


お墓は故郷の福岡にあるのですが


今回は、数年ぶりに子供たちを連れてお墓参りできました。


お母さんも喜んでいたと思います。



お母さん いつもありがとうございます!! 




前回から の 続きです。



種雄牛別(二代祖、三代祖は関係なし) メスの肥育成績 平均BMS が 9.0以上の血統を書きます。



二刀流(宮崎) と畜頭数 77頭 BMS 10.14 と畜月齢 29.2か月 枝肉重量 470.8キロ 


安福久     と畜頭数 115頭 BMS 9.42 と畜月齢 31.2か月 平均枝重 441.3キロ 


凛斗福     と畜頭数 113頭 BMS 9.04 と畜月齢 30.3か月 平均枝重 460.8キロ 


花清光(岐阜) と畜頭数 286頭 BMS 9.30 と畜月齢 32.4か月 平均枝重 463.9キロ 


光福久     と畜頭数 117頭 BMS 9.03 と畜月齢 30.4か月 平均枝重 427.4キロ 


福之姫     と畜頭数 2097頭 BMS 9.31 と畜月齢 29.2か月 平均体重 477.0キロ 


孝隆平(岐阜) と畜頭数 85頭 BMS 9.09 と畜月齢 32.3か月 平均枝重 428.3キロ 


夏百合     と畜頭数 318頭 BMS 9.42 と畜月齢 29.2か月 平均枝重 444.3キロ 


茂福久     と畜頭数 269頭 BMS 10.19 と畜月齢 30.9か月 平均枝重 460.7キロ 


隆富士     と畜頭数 71頭 BMS 9.06 と畜月齢 28.9か月 平均枝重 461.6キロ 

    

☆種雄牛の詳しい流れ(一代祖、二代祖、三代祖など)については調べてくださいませ。




                    《家畜改良センター 枝肉成績とりまとめ より》




皆さまにとって なにかの参考になりましたら嬉しいです。 




☆血統の良い母牛の方が 肥育農家さんを惹きつける(高値になる)確率は高いのですが


 大きく生まれる確率が高いような しっかりした母牛であることも重要になりますよね。


 血統があまり良くなくても、自分の家に残っていて毎回良い子を産む母牛


 育種価が高く生まれた子の肥育成績が良い母牛も残しておくべきですよね。


 そして、繁殖成績も大切ですよね(最も大切なのかもしれませんね)。


 最高の血統でも 2年で1産でしたら、めっちゃ厳しいですよね・・・


 ただ、今では、母牛としての捉え方を


 採卵に特化すること(子牛は産まなくても良い)もできるので、農家さんの考え方一つですよね。


 母牛の選び方にも いろいろありますよね。 






By 植田秋良 on 2022/08/10 18:16

 

本日810日、

鹿児島全共(10月)の北海道最終選抜会が行われました。

 

 

全道各地から【種牛の部】の素晴らしい牛達が揃いまして、

どの牛が選ばれてもおかしくないほどでした。

(※【肉牛の部】肥育の68区は結果発表のみ)

 

 

その中でも、やはり代表に選ばれた牛は

どの牛も、どこを見ても素晴らしいとしか

言いようがありませんでした。

 

 

特に十勝の方々の牛達が素晴らしく、

なんと、なんと、

ほぼ全ての区において代表に選ばれる

という快挙を果たしました。

 

 

代表に選ばれた牛の血統(1代祖)は、

 

ジェネティクス北海道さん所有の

勝早桜5や梅栄福、美津利奈、

英貞(勝早桜5-百合茂-安糸福)、

勝美糸(美津照重-勝忠平-金幸))、

 

十勝家畜人工授精所さん所有の

花国安福、奈津百合55、勝平1

 

などでした。

 

代表に選ばれた方は

本当におめでとうございます!

 

また、惜しくも選ばれなかった方も

本当にお疲れさまでした!

 

2か月後の鹿児島では

北海道の皆さんが一丸となって

良い成績を残すことができるよう

祈っております!!

 

 

≪結果≫

(※血統と生年月日のみといたします。ご了承ください。)

 

【第1区 若雄】Read More »