自然環境の調和を保ちつつ地球に優しい持続的農業を提案します。

日記カテゴリー


株式会社ラボジェネター

〒080-0106
北海道河東郡音更町東通
20丁目2番地9

ブログカレンダー

名前: 岩本尚吾 作成日: 2008/08/28 14:32
東北、九州地区担当。岩本尚吾のブログです

投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2018/05/22 20:55




先日、九州の ある繁殖農家さんから電話がありました。



農家さん: ”隆之国の母牛としての評価はどうなんですか”



岩本 : ”もちろん良いですよ。   肥育農家さんも、そう思って購買していると思います”



と 伝えたのですが・・・



具体的に数字で見ていなかったので、改めて データを見返しました。



いくつかの種雄牛に対しては 隆之国 母牛としてのデータが載っていましたので



書きたいと思います(去勢のみのデータです)。



☆華春福(鹿児島 県有種雄牛) と 幸紀雄 の 成績



             と畜頭数    A5率    A4以上率


華春福    4928頭    49.4%     87.2%

幸紀雄    2470頭    63.3%     91.9%



どちらの種雄牛も スゴイ成績ですね。  



その中での 隆之国 母牛 (比較として 百合茂 母牛 も) を 載せています。



種雄牛    母方祖父    と畜頭数      A5率     A4以上率


華春福     隆之国       96頭      63.5 %   97.9%

                百合茂      712頭     58.1%    92.0%

幸紀雄     隆之国       64頭      76.6%    98.4%

              百合茂       79頭      78.5%     98.7%



☆家畜改良センター 枝肉成績とりまとめ(平成29年1月から12月まで)より 抜粋




改めて数字で見ると 隆之国 母牛 も 百合茂 母牛 も 能力高いですね。 



何かの参考になりましたら幸いです。 



☆佐藤さん どうですか!? 





投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2018/05/19 22:29




今月の薩摩子牛セリ 二日目(16日)の最後の方に 



知り合いの繁殖農家さんの とても良い感じの牛(去勢)がいました。 



血統は 美国桜ー百合茂ー勝忠平 291日齢 体重は330キロくらい!? だったと思います。


☆牛の写真はありません。   申し訳ありません。




結果を見て行きたかったのですが、最後までセリにいることができず、



購買者さん と セリ価格 が気になったので、その日の夕方 農家さんに電話しました。





岩本 : ”あの美国桜ー百合茂ー勝忠 は どうだったのですか”




農家さん : ”あの牛 は 99.1万円でしたよ”




岩本 : ”あの牛良い感じでしたよね。  Tさんが買ったのですか”




農家さん : ”いえ、○○さんが買いました”




岩本 : ”そうだったのですね。 安福久が絡んでいなくても、きちんと評価(高値で取引)されて嬉しいです  ”




農家さん : ”じつは、 あの牛 4代祖が安福久だったんですよ・・・”




岩本 : ”あっ、そうだったのですね・・・   良い感じの牛でしたもんね。 



      来月だったら、もっと高かったかもですね・・・  "




農家さん : ”そうだったかもしれませんね・・・”





今まで、鹿児島県の子牛セリ名簿は 3代祖までの血統表記でしたが









来月から 4代祖まで 載るようになるようです。 




今回の牛は もし4代祖が分かっていたら 結果が変わっていたのかも!? と思ったりします・・・ 







投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2018/05/10 18:29




北海道の ある繁殖農家さんのところへ行ってきました。









子牛セリでは牛を見ていたのですが 初めて現場を見る農家さんでした。




子牛を見ると・・・



発育が良い牛が多く バラツキが少なくて、飼養管理が良いのだなぁと思いました。 



この農家さんのところでは



生まれてから数日間は 子牛と母牛が一緒にいて



それから親子を離し(人工哺育)、その後1か月間は子牛を1頭マスで個別に管理しています。



それから、1群3~4頭の群管理になります。



その群管理のところで



以前は、スターターと一緒(青い容器)に 乾草を入れて草を食べさせていたのですが







3か月ほど前から 乾草用の入れ物を作って それに草を入れるようにしたら









以前と比べて、 乾草を食べる量が 目に見えて増えたということでした。 










乾草を食べる量が増えたら、




子牛が 以前より良くなっているように感じるということでしたよ。 




この乾草を入れる箱 (牛が食べる姿勢!?)に何か意味があるかもしれませんね。 










この農家さんでは 毎月子牛の採血をしているようなのですが




血中のトータルコレステロール値がどのように変化していくのか楽しみにしているということでした。





トータルコレステロール値の変化については また報告したいと思っています。 







投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2018/05/08 18:29




昨夜、ラグビーの後輩と食事をしました。



年齢は 10歳くらい離れていると思います。



とても優秀な後輩です。 



出会ったときの彼は 北海道大学の学生でした。



それが 今は なぜか!?仕事でも一緒になることがあります。



彼は 大動物の開業獣医師であり コンサルタントとしても活躍しています。 




彼の話を聞くと・・・




”能力があるなぁ。 スゴイなぁ・・・ ” (幼稚な言葉で 申し訳ありません)




と 思ってしまいます。




これから国内だけでなく、世界へ飛び出していくんだろうなぁと 勝手に!?想像しています。




哲平 いつかどこかへ!? 連れて行ってね!! 




彼の能力は、彼自身が持っているもの が 大きいと思うのですが



実は それ以上に



親御さんの愛情 や 育った環境 が 能力を引き出しているのではないかと思ってしまいます。





やはり、 愛情 や 環境 なのだと思います(強引ですね・・・  )。





黒毛和牛の場合、 母牛 や 種牛 として残っていくもの以外は



ほとんどの牛達が 30か月前後の生命なのだと思います。



生まれてから 約30か月間の生命なのですが



繁殖農家さん、肥育農家さんの 愛情 や 環境 によって、



枝肉重量の 30~50キロは 簡単に 変わるのではないかと思っています。



☆あくまでも個人的な意見です。




現場に行くと・・・




ここの農家さんだったら 牛になりたいなぁ とか 




ここの牛達は 幸せそだなぁ とか 




ここの奥さま めっちゃカワイイなぁ とか 




ここの牛舎は ちょっと自分が牛だったら厳しいなぁ とか・・・ 




正直に言いまして いろいろ!?あります。





愛情は ただ ですよ。





できるかぎり 牛達の能力を引き出してくださいませ。









投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2018/04/30 23:29




東北・九州地区担当の岩本尚吾です。



今日は良い天気でしたね。 


 
皆様 ゴールデンウィークを いかがお過ごしでしょうか。



今日、福岡の農家さんのところへ行って来ました。



繁殖母牛(育成牛を入れて)が 190頭いる農家さんです。 









素晴らしい環境ですよね。  




牧場へ行くと・・・



母牛が数頭 脱走!?していました。 



農家さんに話を聞くと



この時期は 牛舎の周りに美味しそうな草があるので

 




それを目当てに 脱走する母牛が 少なくないということでした。




彼女達は、本能的に!? 青草を必要としていたのかもしれません。



妊娠牛でしたので お腹の中の子牛のために 青草を食べたかったのでしょうか。

 

それとも ただ単純に 大暴れしたかっただけかもしれませんね・・・  




この農家さんは 牧草をたくさん収穫していて 母牛には お腹一杯給与しています。



牛舎環境も良く 繁殖で困っていることはない と いうことです。 




牛達が嬉しいこと(もの)をやれていますか。




一つずつできることをやっていきましょう。 

 





投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2018/04/24 22:29



東北・九州地区担当 の 岩本尚吾です。



少し前のことなのですが、愛媛県の現場(養豚農家さん)をまわっていました。 








☆そのときの シバザクラ です。  とても キレイ でした。 




僕が行く 東北・九州地区の農家さんは



ほぼ100パーセント 牛の農家さん(肉牛農家さん、酪農家さん)ですので



久しぶりの養豚農家さんの現場でした。




養豚農家さん が アースジェネターを給与している理由の一つは



豚達を健康に育てる(腸内細菌叢を整える)ということなのですが



そのこと以上に



豚舎、豚舎周りの環境改善・臭気改善 や 堆肥化促進



ということを目的として 給与している農家さんが多かったのが印象的でした。



養豚農家さんの豚舎・豚舎周りの臭気は



肉牛農家さん、酪農家さんと比べると 強い と 思います。



☆あくまでも個人的な意見です。

 
 豚舎の環境や飼養管理によって それぞれ差があると思います。




もし困っている方がいましたら、いつでもご連絡くださいませ。



少なからず 力になることができると思っております。








投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2018/04/15 22:29





東北・九州地区担当 の 岩本尚吾です。



先月末のことなのですが



娘(6歳 春休み中)と一緒に 九州の現場をまわっていました。









じつは、今 6歳から 一人で飛行機に乗ることができます。



(もちろん、飛行機の中では キャビンアテンダントさんが面倒を見てくれます)



そういうわけで、娘は 一人で 北海道から熊本へ来たので



熊本空港で娘をピックアップして、現場をまわりました。 




ある酪農家さんのところへ行ったとき



”あっ  ハートがある・・・”    と 娘が 言いました。 










彼女には 水たまり が ハート に 見えていました。



子供たちには そう見えるのかもしれませんね。 



僕には、そういう感性は なくなっています。 



視界には同じように入っていても、 まったく見えていない のだと思います。 




こういった感性って 牛を見るときにも あるのではないでしょうか。




たとえば、ある子牛を見たとき



社長には分からなかったが、奥さまには その子牛が風邪をひいていることに気付く




ある肥育牛を見たとき



従業員さんには分からなかったが、社長は その牛がエサを食べていないことに気付く




子牛セリにて   



300日齢 250キロ の 子牛を見たとき



ある肥育農家さんには 発育不良にしか見えていなくても、



ある農家さんには 枝重 550キロ BMS12 になる姿が見える子牛なのかもしれません。




物事の見えかた というものは 違って当たり前なのですが



(子牛に関しては、好みもあると思うので それを変える必要はないかもしれませんが)




牛達の健康 や 牛舎環境 に 対しては



もっともっと真摯な目で見て 変えるべきことは変えて欲しい と 思っています。





小さなことなのかも知れませんが、その一つ一つが 経営に繋がっています。






投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2018/04/04 23:55



いつもありがとうございます。


九州地区・東北地区担当 の 岩本尚吾 です。


今朝、 帯広空港から東京へ飛び 今は松山に来ていて 明日は四国の現場をまわります。


北海道も 暖かくなっているのですが、


日本全国 暖かくなり すっかり春めいていますよね。 


皆さま いかがお過ごしでしょうか。



今日、飛行機の中で 機内誌(航空会社が出している雑誌)を見ていると


今年から大リーグに参加している 大谷翔平選手が載っていました。


大谷選手の活躍スゴイですよね。 


その大谷選手の写真とともに こんな言葉が載っていました。




空の上は、いつだって  追い風だ。



自分の外へ出よう。


その目に映るものだけが、


世界じゃないから。



行動を起こそう。


頭で考えているうちは、


何も始まらないから。



無茶をしてみよう。


今日の失敗が、


明日の自分の力になるから。



気持ちさえあれば、


どこへだって行ける。


何にだってなれる。



挑戦する人の空には、


いつだって追い風が吹いている。


さぁ、飛び立とう。


空の向こうへ。 新しい世界へ。



☆JAL 機内誌 スカイワード  2018年 4月号 より






そろそろ、一歩踏み出してみましょうか。 








投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2018/03/25 22:29





昨日、ある肥育農家さんのところへ行ってきました。










お昼(12時半頃)に行ったのですが、 みごとに みんな寝ていました。 











牛達が RELAX している姿を見て、 見ている僕が 気持ち良かったです。 





ただ・・・  





牛達が すごーーーく RELAX しているので




ヤバイと思って!? 呼吸を確認した牛が 何頭も いました・・・ 











この姿 ビックリしますよね・・・・・  


(もちろん、大丈夫なのですが・・・  )





牛達 や 働いている方たちが RELAXできる 環境をつくることができると良いですね。 





そうすれば 必ず 期待に応えてくれると思います。 







投稿者: 岩本尚吾 投稿日: 2018/03/16 14:29




九州地区・東北地区担当 の 岩本尚吾 です。 



少し前のことなのですが 家にいるとき、1歳の息子が ある本を僕に持ってきました。



なにか読んで欲しいのかなと思って その本を見ると・・・    ムムム・・・ 












       ”運を支配する”




☆20年間無敗(麻雀)伝説の雀鬼 桜井章一さん と


 株式会社 サイバーエージェント 藤田晋さん の 本でした。 




”麻雀でも、ビジネスの世界でも 懸命に努力したからといって必ず勝てるわけではない



 勝負に必要なのは、運をものにする 思考法 や 習慣 である”

 

 と 書いてあります。




絶対はないんだけど 勝つ確率を上げていくために なにを考えて 習慣化すべきか



ということかもしれません。





やりたい人 10000人   やる人 100人   継続する人 1人





なにかの記事で見たことがあります。 





習慣化すること(継続すること) って 簡単ではないですよね。




母牛の繁殖成績を上げるために



粗飼料を多めに与え(母牛のストレスを少なくする) 毎日 朝晩2回の発情発見を忘れない




子牛・母牛のために



目で見て(においを嗅いで)ダメそうな粗飼料は 給与しないで必ず捨てる




子牛の病気を予防するために



調子の悪そうな牛がいたら 必ず体温を計る




肥育牛の負担を減らすために



年に数回は(定期的に)削蹄師さんを呼び 蹄を整える 

(あれだけの体重を支えています。 肥育期間中に1回は必ず削蹄して欲しいと思っています)




年末にたくさん飲みに出れるように!?



今のうちから 奥さまにスイーツ攻撃しておく  とか・・・ 




運 ということばがありますが 運 は たまたまのもの ではないと 思っています。




運も実力のうち と よく言いますが



運を 引き寄せる 努力を 繰り返す と いうことなのかもしれません。





牛達 や 周りの方たちが喜ぶような行動 を 習慣化してくださいませ。