自然環境の調和を保ちつつ地球に優しい持続的農業を提案します。

日記カテゴリー


株式会社ラボジェネター

〒080-0106
北海道河東郡音更町東通
20丁目2番地9

ブログカレンダー

Archive
<July 2020>
SunMonTueWedThuFriSat
2829301234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930311
2345678
Monthly
2020年6月
2020年5月
2020年4月
2020年3月
2020年2月
2020年1月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年9月
2019年8月
2019年7月
2019年6月
2019年5月
2019年4月
2019年3月
2019年2月
2019年1月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
Author: 岩本尚吾 Created: 2008/08/28 14:32
東北、九州地区担当。岩本尚吾のブログです

By 岩本尚吾 on 2020/06/23 23:29





東北地区・九州地区担当 の 岩本尚吾です。



皆さま いかがお過ごしでしょうか。 



今日は 6月23日ですが、2日前の21日は 父の日 でしたね。 




正確には、父(が妻《母》のために なにかプレゼントを贈る)の日 です。






皆さま もちろん 実行できていますよね。 






もしかしたら・・・  プレゼントなんか しても しなくても




どちらにしても 文句を言われるから 同じだと 思っていませんか。 





もちろん、 なにをしたとしても 同じなのですが 





文句を言われ続けても 継続してみましょう。




もしかしたら、 なにかが変わるかもしれません。       I wish...






今、僕は 出張中なのですが



今月19日 山形空港を利用したときに  空港で サクランボを いただきました。 











そのことを 家族に 伝えると  




”家には サクランボ届いていないよ”   と言われ・・・ 




サクランボ を 父の日のために わが家へ送りました。



サクランボは 妻の日に 間に合わなかった(届かなかった)ようで 文句を言われましたが・・・ 






ところで・・・





牛舎へ行った時の あるある なのですが・・・





農家さんのところへ行き 牛舎の入り口で 長靴を消毒して 牛舎に入り・・・





岩本 :  ”こんにちは!!”





牛舎は 誰もいないので シーン としています。






でも  誰かの 視線 ・・














あっ・・・
















好きです❤  









次回こそ 皆さまにとって なにかプラスになるようなことを書きたいと思っています。  








By 岩本尚吾 on 2020/06/17 16:39




東北地区・九州地区担当 の 岩本尚吾です。



皆さま いかがお過ごしでしょうか。



今日の北海道 帯広は 穏やかな天気ですよ。 




少し前のことなのですが・・・




ある繁殖農家さん(Hさん 仮名)のところへ行ってきました。



その農家さん(Hさん)は、僕の知っている農家さん(Aさん 仮名)が牛飼いを辞める時に



数頭(4~5頭)妊娠牛を買ってくださっていた方でした。



その妊娠牛は和牛ではなく、F1のメスでお腹の中に和牛の受精卵が入っていた牛でした。



Aさんの地域では F1メスを レシピエントとして活用している農家さんは少なくて



なかなか売り先が見つからなかったのですが その牛達をHさんが買ってくださいました。



HさんがAさんの妊娠牛を買ってくださったのは



Aさんが 困っていたということもあったと思いますし



Aさんが Hさんの後輩だった ということもあったのだと思います。



☆ちなみに、Aさんは 僕の昔からの知り合いで僕の後輩でもあります。




以下は Hさん と 僕の会話です。




Hさん : ”岩本さん、 この前 Aさんの牛から産まれた子牛たちを出荷しましたよ”



     ”高く売れたので儲かりました。  良かったです” 




     ”子牛が産まれた後、レシピエントに受精卵も着きましたよ” 




岩本 : ”Hさん 良かったですね” 




     ”あの受精卵の血統って 幸紀雄ー安福久 とかが多かったですよね” 




     ”Aさんが困っていたときに Hさんがその牛を買ったので



      
      そうなった(子牛も無事に生まれて利益も出た)のだと思います”




     ”正直に言って、環境も変わるので流産していたとしても おかしくないですよ”




     ”もちろん、そういうことは 確率の問題 なのかもしれないのですが




      やはり困っている人を助けると そうなる(良い方向に進む)のだと思います”




Hさん : ”そうですよね・・・  僕も そう思っています” 





   ・・・・・・・





Hさんから Aさんの牛達の話を聞き、僕は 嬉しかったです。 




困っている人に対して良い意味でアプローチすると、結局 そうなる(良い方向に進む)のだと思います。




もちろん、 このことも 確率の問題 なのかもしれませんが・・・ 





確率の問題だったとしても




結局、 確率的に そうなる(良い方向に進む)運命だったのではないでしょうか。 






ムフフフフ・・・ 








By 岩本尚吾 on 2020/06/01 17:17





東北地区・九州地区担当 の 岩本尚吾です。



皆さま いかがお過ごしでしょうか。 




6月になりましたね。




こちら 北海道 帯広 も やっと 暖かくなってきました。



昨日は 快晴でした。  31度ありましたよ。         



今朝は9度だったのですが・・・ 




コロナについては まだまだ 予断を許さない状況なのですが



落ち着いて欲しいですよね。



マスクをするとか 手洗いを徹底するとか



当たり前のことなのですが、



自分でできることを 継続してやっていくことが 大切だと思っています。





ところで・・・   今日は何の日か覚えていますか。 





正解は・・・






先月(5月10日 母の日)から続いている母の日(妻の日)の23日目です。






もしかしたら・・・




6月21日 は 父の日 と 思っている方がいるのかもしれませんが




正確には・・・




6月21日は 父(が妻のために何かプレゼントをしなきゃいけない)の日 ですよ。




忘れたらダメですよ。 




ちなみに、今年の母の日(妻の日)は12月31日まで続いていきます。




あっ、 来年の 母(妻)の日は 1月1日から始まりますよ。   ムフフ・・・






ところで・・・





少し前のことなのですが、ある獣医さんから電話がありました。




獣医さん : ”〇〇さん(農家さんの名前です)が 病気で亡くなりました”



       ”岩本さんが知らないと思ったので連絡しました・・・”




突然のことだったので(知らなかったことなので)ビックリしました・・・ 



皆さまの周りでも 起きていることなのかもしれませんが



病気や事故で 亡くなる方は少なくないと思います。



僕の周りでも、今まで元気だったのに



急に 親父さんが亡くなって 大変になった農家さんを たくさん 知っています。



親父さんとは 仲が良かったにせよ 悪かったにせよ



(あっ、親子仲良くやっている農家さんは 少数なのかもしれませんが・・・  )



急に いなくなってしまうと(親父さんが社長さんだったとしたら なおさらなのですが)



いろいろと 大変です。



労働力としてもそうなのかもしれませんが、それ以外でも見えない部分で



親父さんたちは 予想以上に(!?) 活躍しています。 




大切な人が亡くなったり 予想もしなかったような出来事を 経験して それを克服し



人は強く たくましくなっていくのかもしれませんが



できれば(個人的には) 想定の範囲内で いって欲しいような気がします。




人との別れがあるに時は 特にそう思ってしまいます。





すべての人に対して 真摯に接していかなければいけないですね。 







By 岩本尚吾 on 2020/05/15 13:29





つづきです。





去勢の BMSの平均 が10を超えた組み合わせ 種雄牛 × 母方祖父《二代祖》 (後代牛 50頭以上)は・・・


☆去勢は 約15万頭の中からのデータです  





《去勢》




美津照重ー美国桜  BMS 10.20  (156頭 と畜)


 
光平照ー安福久   BMS 10.15  (59頭 と畜)



白鵬85の3ー安福久 BMS 10.24  (63頭 と畜)



勝乃幸ー安福久   BMS 10.19  (125頭 と畜)



でした。



☆勝乃幸(かつのさち)は 長崎県の県有牛です。

 
  平成22年11月30日生まれ   血統は勝乃勝ー金幸ー神高福 です。


    二度目なのですが・・・ 




その他  BMSの平均が 9.50 を 超えた 組み合わせ(種雄牛 ×  母方祖父《二代祖》) は・・・





《去勢》



美津照重ー安福久  BMS 9.62 (540頭 と畜)



勝早桜5ー美国桜   BMS 9.59 (63頭 と畜)



茂晴花ー安福久      BMS 9.68 (90頭 と畜)


 
華春福ー美国桜       BMS 9.83 (59頭 と畜)



金吉幸ー安福久   BMS 9.92 (60頭 と畜)



幸紀雄ー美国桜   BMS 9.78 (243頭 と畜)



白鵬85の3ー百合茂  BMS 9.60 (70頭 と畜)



百合白清2ー安福久   BMS 9.51 (155頭 と畜)



耕富士ー秀菊安   BMS 9.57 (543頭 と畜)



耕富士ー勝忠平   BMS 9.55 (58頭 と畜)



耕富士ー安福久   BMS 9.93 (431頭 と畜)



耕富士ー秀正実   BMS 9.88 (77頭 と畜)



秀幸福ー隆之国   BMS 9.50 (60頭 と畜)



秀幸福ー安福久   BMS 9.85 (204頭 と畜)



若百合ー安福久   BMS 9.58 (64頭 と畜)



百合幸ー安福久   BMS 9.55 (75頭 と畜)



でした。




     枝肉成績とりまとめ《家畜改良センター》 平成31年1月から令和元年12月まで  より抜粋。


    家畜改良センターさま  いつも素晴らしいデータをありがとうございます。




☆ちなみに、百合幸(ゆりさち) は 長崎県の県有牛です。


  平成23年4月22日生まれ    血統は 百合茂ー金幸ー平茂勝 ですよ。 







あくまでも 血統 は 確率 だと思うのですが 

          
皆さまにとって 何かの参考になりましたら嬉しいです。 







By 岩本尚吾 on 2020/05/14 13:29




前回 の つづきです。



その他  平均BMSが 9.0を超えた


種雄牛 × 母方祖父(二代祖)の組み合わせ(後代牛 50頭以上)は・・・



《メス》



秀菊安ー勝平正  BMS 9.31 (70頭 と畜)



秀菊安ー忠富士  BMS 9.00 (73頭 と畜)



美津照重ー美国桜 BMS 9.26 (85頭 と畜)



光平照ー安福久  BMS 9.05 (58頭 と畜)



安福久ー勝忠平  BMS 9.17 (106頭 と畜)



美国桜ー安福久  BMS 9.22 (296頭 と畜)



義美福ー秀菊安  BMS 9.38 (72頭 と畜)



耕富士ー勝平正  BMS 9.05 (229頭 と畜)



耕富士ー安福久  BMS 9.37 (52頭 と畜)



諒太郎ー隆之国  BMS 9.28 (68頭 と畜)



諒太郎ー百合茂  BMS 9.15 (363頭 と畜)



諒太郎ー茂洋    BMS 9.12 (50頭 と畜)



勝乃幸ー安福久  BMS 9.04 (57頭 と畜)



でしたよ。


            ☆枝肉成績とりまとめ (家畜改良センター)より 抜粋





平均BMS が 9.0以上って めっちゃスゴイですよね。 





ちなみに、勝乃幸(かつのさち)は 長崎県の県有牛です。


平成22年11月30日生まれ。  血統は 勝乃勝ー金幸ー神高福 ですよ。 






次回は 去勢のことについて書きたいと思っています。


  



                    

By 岩本尚吾 on 2020/05/13 15:39




東北地区・九州地区担当 の 岩本尚吾です。 


皆さま いかがお過ごしでしょうか。



コロナさん 落ち着いて欲しいですね。



これからの考え方としては


コロナの感染をゼロにしていく というよりは


コロナと上手く付き合っていく という感じなのではないか


と 個人的には思っています。


(もちろん、ゼロになったら良いのですが・・・)



子牛の風邪だったり 肥育牛の肺炎だったり 搾乳牛の乳房炎だったり・・


どれだけ 意識して予防しても これらの病気をゼロにするのは 難しいのですが


それでも 予防を徹底して、飼養管理や環境の改善 を 継続してやりながら


できることをやっていく  


ということに似ているのかもしれませんね。


☆あくまでも、個人的な意見です 



ところで、ある資料 を 見ていると・・・


(枝肉成績とりまとめ 《家畜改良センター》 平成31年1月から令和元年12月までの成績 です)



種雄牛別(一代祖)の成績だけでなく


(平茂勝 とか 安平 のような  種雄牛 一代祖の成績だけでなく)



種雄牛 × 母方祖父(二代祖)の成績も載っています。



種雄牛の力だけでなく、母牛の能力も分かる オモシロイ データだと思っています。 



去勢では(50頭以上 と畜している中で) BMSの平均が 9.0を超える牛も少なくないのですが


BMSの平均 が 10を超える血統の流れ(組み合わせ) も 数頭いました。 



ちなみに、メスでは(50頭以上 と畜している中で)



BMSの平均が10 を超える牛はいませんでしたが 



BMSの平均が9.5 を 超えていた種雄牛 × 母方祖父(二代祖)の組み合わせが 3頭いました。





そのメスの組み合わせは・・・







つづく・・・  







あっ、書きます。  






《メス》 



耕富士ー秀菊安 BMS 9.52 (202頭 と畜)



諒太郎ー勝忠平 BMS 9.54 (61頭 と畜)



諒太郎ー安福久 BMS 9.58 (304頭 と畜)



でした。




ちなみに、上記の3頭の他に メスで BMSの平均が 9.0を超えた 組み合わせは・・・






つづく・・・  







あっ、 明日 書きます。  







By 岩本尚吾 on 2020/05/08 12:29




東北地区・九州地区担当 の 岩本尚吾です。



皆さま いかがお過ごしでしょうか。



こちら 帯広は めっちゃ快晴なのですが   僕は、在宅勤務中です。



コロナが落ち着いて、仲間たちと ワイワイBBQできる日が楽しみです。 




あっ、天文館(鹿児島の繁華街)でも めっちゃ飲みたいです・・・ 




ある資料を見返していると・・・




黒毛和種の枝肉に関する いろいろな形質の数値が出ていました。



その中に 平成30年度に屠畜した



牛たちの平均枝肉重量が載っていましたので書きたいと思います。



(去勢 約15.9万頭 メス 約9.5万頭 の 平均です)





ちなみに、平均の枝重 どれくらいだと思いますか。 





出荷月齢 や 血統などはバラバラなので あくまでも平均として見てください。




平均枝重は



去勢 506.1キロ   メス 446.5キロ



でした。



ちなみに、その10年前(平成20年度 去勢 11.7万頭 メス 6.8万頭)の平均枝重は



去勢 468.4キロ   メス 409.0キロ



でしたよ。




10年間で 去勢、メスともに 枝肉重量が 40キロ弱 増えていますね。

 



ちなみに・・・




平成30年度 の 平均BMSは




去勢 7.40   メス 7.03




でした。




その10年前(平成20年度) の 平均BMSは




去勢 5.74   メス 5.21




でした。




10年の間で すごい進化ですよね。 




血統 や 飼養管理 の 進化 なのだと思います。




今から10年後 の 平均BMSは どうなっているのでしょうね・・・  




☆数値は 枝肉成績とりまとめ概要 《家畜改良センター》 より 抜粋しています










By 岩本尚吾 on 2020/04/25 17:15




東北地区・九州地区担当



テレワーク中(在宅勤務中)の岩本尚吾です。



皆さま いかがお過ごしでしょうか。



今、平日は 小学生の娘と一緒に家にいて仕事をしています。



(北海道の小学校、中学校はGWが明けるまでお休み中です)



正直に言いまして、小学生女子の行動は(何をするのか)まったく分かりません。 




もちろん、大人女子のこともまったく分からないのですが・・・ 




小学生男子の行動は想定の範囲内ですよね。    とても単純です。 



今のところ、娘からは無視されていないだけ(話しかけてもらえるだけ)



良いのかもしれませんね。





あっ、 もちろん 妻からは無視されています・・・ 





ところで・・・ 



今週 ある農家さん(Aさん)から電話がありました。



実は、昨年 その農家さん(Aさん)から連絡があり



Aさん: ”今の場所から離れて(県外へ行き)就農したいと思っているので



      ○○県で空いている牛舎があるか場所を探して欲しい"


と 言われたので



岩本:  ”場所が見つかるかどうかは分かりませんが できることはやります”



と 伝えていました。



その後 数日して また Aさんから連絡があり



Aさん: ”もしかしたら、新しい就農先が見つかるかもしれません”



岩本: ”良かったですね。 また何かあったら連絡ください”



という会話をして



それから しばらくの間 連絡はありませんでした。




今回、 Aさんから 連絡があって



Aさん: ”実は就農に向けて決まりそうだった○○県の場所がダメになりました”



と 言われました。



何がベストなのか ということは分からないのですが



こういうことって 少なからず 縁がある と 個人的には思っています。



悪い意味ではなく 今回の場所に 縁がなかったのではないかと思います。



Aさんにとっては 次に 良い場所が見つかるための 一歩だったのだと思っています。




実は、数年前 別の農家さん(Bさん)から同じようなことを相談されたことがあります。



Bさんは、今いる県ではなく 北海道 と 九州で 就農できる場所を探していました。



それぞれ候補地が見つかり、Bさんは どちらの場所にも足を運び



いろいろと話を進めていたのですが



結局、地元で 新しい就農場所を見つけました。



Bさんにとっては 今の その場所に なにかしらの縁があったんだと思います。 





Aさん 良い場所が見つかると良いですね。  



就農場所を見つけることは大変だと思うのですが、ドキドキすることでもありますよね。



できることはやります。 






By 岩本尚吾 on 2020/04/17 17:15




東北地区・九州地区担当 の 岩本尚吾です。



皆さま いかがお過ごしでしょうか。




少し前のことなのですが・・・




ある子牛セリに行ってきました。



その時に ある繁殖農家さん(Nさん)の子牛を



知り合いの肥育農家さんが購買してくれました。



その繁殖農家さんにとって その肥育農家さんから買ってもらったのは 久しぶりだったと思います。



僕は 牛を育てているわけではありませので



お前は何を言うんだ と 思われるかもしれませんが



繁殖農家さんにとっては 子牛が高く売れることも もちろん嬉しいと思うのですが



よく知っている肥育農家さんに買ってもらえるということも(その子牛価格が高くなかったとしても)



同じように 嬉しいことではないかと思っています。



もし、僕が繁殖農家さん だったら



あの肥育農家さんに買ってもらいたいな・・・



あの肥育農家さんに買ってもらえるような子牛を育てたいな・・・



という方が 何人かいます。



そのうちの1人が 今回 Nさんの子牛を購買してくださった肥育農家さんでした。



もちろん、買って欲しい肥育農家さんの目に留まる子牛を育てることは簡単じゃないと思うのですが、



想いは届く(想いは子牛に伝わっていく) と 思っています。 



そのためにも 牛舎の環境を良くしたり、子牛や母牛の飼養管理を改善しながら



日々 一歩一歩 成長ですよね。



その日の Nさんの子牛は素直に育っていて良い感じだったので



もしかしたら その肥育農家さんが競るんじゃないかと思ったのですが



その子牛をセリ落とした時は嬉しかったです。 




血統は 平福安ー安福久ー平茂勝(去勢)



日齢 272日  体重 296キロ  セリ価格 72.2万円 でした。



その日は セリ価格 90万円 を 超える 去勢もいたのですが


(幸紀雄ー安福久ー勝忠平(去勢) 292日 337キロ 91.9万円の子牛 も 良い感じだったのですが 



その肥育農家さんから



Nさんの子牛が ”今日の一番の子牛ですよ”  という メールが届いていて



僕が育てた子牛ではないのですが     とても 嬉しいことば でした。 






今は、コロナの影響もあり



枝肉価格が暴落していて、子牛価格も下がっています。



繁殖農家さん、肥育農家さんにとっては 大変な日々が続いていると思います。



夜の飲食業の方々におかれましては



今までと比べ 売上が 5分の1 になったとか、10分の1 になっている とか



そもそもお店を開けることができない とか



そのような方も知っています。




正直に言いまして  恐ろしく なってしまいます。




ネガティブに考え出すと 止まりませんので



その中でも なにか 目的 や 目標 を 持って行動していくと



毎日の過ごし方が変わるのかもしれませんね。



日々の生活に 嬉しいこと や 楽しいこと が ありますように。 




皆さま まずは 元気が一番ですので、くれぐれもお身体大切にしてくださいませ。 







By 岩本尚吾 on 2020/04/11 22:55




東北地区・九州地区担当 の 岩本尚吾です。



皆様 いかがお過ごしでしょうか。



少し前に、ある農家さんから連絡がありました。



今、母牛にアースジェネターを給与している農家さんです。



その農家さんは母牛にプロバイオティクス(生菌材)を給与したことがなかったのですが



半年くらい前から給与を始めました。



半年間給与した感想は・・・



農家さん : ”毛艶が良くなっていて、ウンコの締まりも 以前と比べ 良くなっている”



ということでした。



給与後の 毛艶の変化  や ウンコの締まり、臭気の減少については



農家さんに よく言われることでもあります。



以前と比べると、体調が良くなっている ということなのだ思います。 




そして、



農家さん : ”変化は見えたのですが、コストがかかるので継続するかどうか悩んでいる・・・”



ということでした。




実は、その農家さんは大学時代の後輩だったのですが



岩本 : ”費用対効果がないと思ったら無理して継続しなくて良いよ"



     ”僕が行くから使うとかそういうことはしないでね・・・  ”



     "毛艶の変化 や ウンコの締まり をどう考えるのか  なのだと思う"



     と  伝えました。




牛に起きている変化を 自分のこと として置き換えると 



分かりやすいのかもしれませんが



牛たちも もちろん 僕たちも 元気が一番ですよね。