自然環境の調和を保ちつつ地球に優しい持続的農業を提案します。

日記カテゴリー


株式会社ラボジェネター

〒080-0106
北海道河東郡音更町東通
20丁目2番地9

ブログカレンダー

アーカイブ
<2019年3月>
242526272812
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31123456
月別の過去ログ
2019年3月
2019年2月
2019年1月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年10月
2008年9月
名前: 植田秋良 作成日: 2008/08/29 12:51
㈱アース技研、植田秋良の日記です。北海道全域を担当しております。

投稿者: 植田秋良 投稿日: 2019/03/08 15:15

3月6~7日の2日間、南北海道肉牛市場が開催されました。

上場頭数は1,610頭(メス641頭、去969頭 ※素牛のみ)で

先月より152頭増でした。


主な種雄牛は以下の通りです。

勝早桜5 180頭、美国桜 148頭、幸紀雄 140頭、

美津照重 140頭、諒太郎 98頭、第1花藤 97頭、

花国安福 87頭、隆之国 61頭、福乃百合 48頭など


平均価格は以下の通りでした(税込価格)。
 
メス 760,868円(前月770,869円、前々月752,408円)

去勢 848,284円(前月849,626円、前々月842,112円)

先月よりメス約1万円安、去勢は横ばいでした。


実質、先月とほぼ変わらず高値でした。

(1日目の方がより高かったです。)

内容は去勢で70~80万円台多く、

下は50~60万、上は100数万円台でした。

安福久絡みだけでなく、美国桜母体も高値でした。

メスは全体的に高く、60~70万円台中心に

下が50万円台、

繁殖用(安福久、美国桜、諒太郎、幸紀雄など)が

70万後半~100万前後でした。

ちなみに現在の枝肉相場ですが、

3月8日付の日本農業新聞によると、

東京食肉市場の和牛枝肉(生体)の平均価格(税込)が、

雌  68頭 A5 2,808円 A4 2,459円 A3 2,263円

去 137頭 A5 2,948円 A4 2,553円 A3 2,304円

となっていました。

A5とA3の単価の差が700円なので

枝重500㎏だと35万円、

600㎏だと42万円の差がでることになります。

この差が素牛価格の差になっていることと思われます。


それでは

参考までに高額で取引された牛を紹介します(セリ価格)。

【メス】

諒太郎-安福久-花清国 304日齢330㎏ 922,000円

美国桜-安福久-金幸 303日齢314㎏ 919,000円

安福久-忠富士-福之国 311日齢262㎏ 905,000円

安福久-勝平正-安糸福 318日齢274㎏ 902,000円

幸紀雄-華春福-安福久 317日齢350㎏ 901,000円

【去勢】

勝早桜5-安福久-平茂勝 277日齢382㎏ 1,081,000円

勝早桜5-安福久-平茂勝 261日齢367㎏ 1,065,000円

百合茂-安福久-福之国 304日齢374㎏ 1,065,000円

百合白清2-安福久-勝忠平 259日齢312㎏ 1,050,000円

金太郎3-幸紀雄-安福久271日齢352㎏ 1,013,000円

幸紀雄-第1花国-安福久279日齢332㎏ 957,000円

【妊娠牛】

安福久-勝忠平-第1花国 H29.3.18生 420㎏ 

H30.9.20幸紀雄授精 腹+ 1,774,000円


安福久-花清国-平茂勝 H29.5.24生 354㎏ 

H30.8.19美国桜授精 腹+ 1,306,000円


美国桜-勝忠平-安福久 H29.5.29生 394㎏
 
H30.9.1幸紀雄授精 腹+ 1,184,000円


勝早桜5-安福久-百合茂 H27.10.4生 536㎏ 

H30.8.13美国桜授精 腹+ 1,144,000円


美津照重-百合茂-福之国 H28.10.9生 412㎏
 
H30.9.10勝早桜5授精 腹+ 890,000円


続いてF1の結果を簡単にお知らせします。

上場頭数は250頭(メス231頭、去勢19頭)。

平均価格は以下の通りでした。(税込)

メス 431,184円(前月450,278円、前々月448,897円)

去勢 424,497円(前月487,260円、前々月424,611円)

先月と比べてメス約2万安、去勢約6万円安でした。

以上、市場結果でした!

投稿者: 植田秋良 投稿日: 2019/02/28 12:05

北海道の今シーズンの冬は

一時、とてつもない寒い時期があったものの、

例年より雪が少ない地域が多く、

今のところ比較的穏やかなようです。

(※私の知る限りの情報ですが・・・)


が、

このまま春が来るのか、

はたまた、

春が来る前に何か(大雪や暴風雪、大雨など)起きるか、

少し気がかりな今日この頃です。

その時は充分に気を付けて下さい!

また、日に日に寒暖の差が激しくなってきましたので、

どうぞ子牛の体調管理には気を付けてください!


もちろん、ご自身の体も!

投稿者: 植田秋良 投稿日: 2019/02/15 13:00

先日、とある農場(搾乳牛160頭)にお伺いしました。

メインの泌乳牛舎はフリーストールで、

脚が悪い牛など10数頭を別棟の発酵床牛舎で管理されています。


このようにメインの泌乳牛舎はフリーストールで、

病畜舎や乾乳分娩舎、育成舎、

哺育舎だけフリーバーン(発酵床)にしてみるのも

良いのではないかと思います。


敷料のコストや確保、メンテナンスにおいて

難易度が高い泌乳牛舎より、比較的簡単に管理できます。

(もちろん密度や牛舎構造などの条件が必要ですが)



新築牛舎を予定されている方、

是非、一部の牛舎だけでも検討してみてはいかがでしょうか?

投稿者: 植田秋良 投稿日: 2019/02/08 15:45

 

2月6~7日の2日間、南北海道肉牛市場が開催されました。

 

上場頭数は1,458頭(メス577頭、去881頭 ※素牛のみ)で

先月とほぼ変わらない頭数でした。

 

主な種雄牛は以下の通りです。

 

勝早桜5 198頭、美津照重 135頭、美国桜 131頭、

幸紀雄 111頭、諒太郎 106頭、第1花藤 105頭、

花国安福 67頭、隆之国 52頭、勝乃幸 36頭など

 

平均価格は以下の通りでした(税込価格)。 

メス 770,869円(前月752,408円、前々月746,909円)

去勢 849,626円(前月842,112円、前々月849,958円)

先月よりメス約2万円高、去勢は約7千円高でした。

 

高値だった先月より更に高めでした。

内容は去勢で70~80万円台多く、

下は50~60万、上は110万円台でした。

安福久だけでなく、美国桜母体が高値でした。

メスは全体的に高く、60~70万円台中心に

下が40万円台、繁殖用の上が80万円台から~でした。

枝肉が下がり始めている季節のようですが、

とても高かった印象です。

参考までに高額で取引された牛を紹介します(セリ価格)。

 

【メス】

白鵬85の3-安福久-平茂勝 356日齢323 2,289,000

勝早桜5-安福久-百合茂324日齢343 892,000

... 詳細...

投稿者: 植田秋良 投稿日: 2019/01/29 18:30

 

先日、A農場さんにお伺いしました。

外気温がマイナスのなか、

堆肥(敷料は麦わら)からは湯気がモクモク。

温度を測ってみると、

一番高いところで70℃ありました。

すごいですね~ 

真冬の北海道でこの発酵熱!

微生物の力にあらためて驚きです!

 

微生物叢(バランス)、微生物とそのエサのバランス、

通気、水分(湿気)などの条件が揃って始めて起こる発酵

まだまだ未知な部分が多いですが、

現場のお役に立てるように

この堆肥の発酵を追求していきたいと思っています!

投稿者: 植田秋良 投稿日: 2019/01/29 18:11

 

S農場さんにお伺いしました。

時間は14時過ぎ。

牛舎を案内して頂くと、

牛さん達は丁度、リラックス(横臥・反芻)タイムでした。

今年度の牧草作業は天候不順により、

中断時期が長く手こずった上、牧草の品質が心配されましたが、

エサの増量などで調整して、乳量、繁殖も良いとのこと。

何よりです~!

投稿者: 植田秋良 投稿日: 2019/01/15 13:48

 

遅ればせながら今年もよろしくお願いいたします。

さて、

1月9~10日の2日間、南北海道肉牛市場が開催されました。

 

上場頭数は1,463頭(メス573頭、去890頭 ※素牛のみの頭数)。

主な種雄牛は以下の通りです。

 

勝早桜5 267頭、美国桜 141頭、幸紀雄 129頭、

美津照重 118頭、第1花藤 93頭、諒太郎 77頭、

花国安福 70頭、隆之国 40頭、芳之国 31頭など

 

平均価格は以下の通りでした(税込価格)。 

メス 752,408円(前月746,909円、前々月716,454円)

去勢 842,112円(前月849,958円、前々月823,822円)

先月よりメス約6千円高、去勢は約7千円安でした。

 

高値だった先月12月と同じような相場でした。

メスはもちろんですが、去勢も全体的に高く、

血統、産次数、体型、増体など

全てが揃えば去勢で100万前後、そうでなくても

70~80万円台が多かったです。

100万円以上の牛もいましたが、110万未満でした。

繁殖牛では安福久絡みの妊娠牛が140~200万ほどで

取引されていました。

それでは少しですが、

参考までに高額で取引された牛を紹介します(セリ価格)。

 

【メス】

白鵬85の3-安福久-平茂勝302日齢337 2,298,000円(1位)

白鵬85の3-安福久-平茂勝 322日齢326 ... 詳細...

投稿者: 植田秋良 投稿日: 2018/12/25 16:33

 

遅ればせながら8月のブログ「モリモリのすごい牛」の

続編(完結編)です。

その前に・・・

8月のブログをお忘れの方の為にもう一度おさらいします。

 

≪8月のブログ≫

日高地方のM農場さん(和牛一貫)にお伺いしたところ、

とんでもないモリモリのすごい牛に出会いました。

写真ではなかなか実物の凄さを伝えることが難しいですが、

まずは写真をご覧ください。

 

 

 

 

 

去勢 H28年5月生まれ まもなく28か月齢

北平安-美国桜-百合茂

横から、上から、後ろからどこから見ても

モリモリで割れまくっています。

Mさんもここまでの状態の牛は初めてのこととのことです。

血統からみてもサシが入っていないわけがありません。

特にお尻のプリモリ具合(お尻が割れている!?)が

半端じゃありません!

Mさん曰く、

年末のどれかの共励会には出したいとのことです。

 

早くも年末が待ち遠しい今日この頃です!

 

乞うご期待!!

 

 

・・・・・と書きましたが、

先週12月18日、東京食肉市場で開催されました

第3回「名人会」グランドチャンピオン大会にて

なんとなんと、

期待通り見事チャンピオンに輝きました!

 

そして、その枝肉の内容は・・・・

≪チャンピオン≫

去勢 北平安-美国桜-百合茂 31か月 枝重580㎏ 

BMS12 ロース130 ばら9.0 皮下1.5 歩留83.7詳細...

投稿者: 植田秋良 投稿日: 2018/12/10 13:16

 

12月5~6日の2日間、南北海道肉牛市場が開催されました。

 

上場頭数は1,692頭(メス713頭、去979頭 ※素牛のみの頭数)。

主な種雄牛は以下の通りです。

 

勝早桜5 415頭、美津照重 148頭、美国桜 121頭、

諒太郎 105頭、幸紀雄 98頭、第1花藤 98頭、

花国安福 82頭、隆之国 48頭、百合茂 43頭など

 

平均価格は以下の通りでした(税込価格)。 

メス 746,909円(前月716,454円、前々月735,165円)

去勢 849,958円(前月823,822円、前々月803,236円)

先月よりメス約3万円高、去勢は約2.6万円高でした。

 

年末の牛肉最需要期ということで当然、枝肉価格が良く、

素牛もその影響で高かったです。

メスはもちろんですが、去勢も全体的に高く、

中でも去勢70~80万円台の牛が前月より4~5万円は

高かった印象です。

上も少しは伸びましたが、そうでもありませんでした。

 

それでは少しですが、

参考までに高額で取引された牛を紹介します(セリ価格)。

 

【去勢】

白鵬853-安福久-平茂勝288日齢353 1,063,000

百合白清2-安福久-平茂勝291日齢333 1,048,000 詳細...

投稿者: 植田秋良 投稿日: 2018/12/04 12:03

 

前回のブログでご紹介したとある枝肉共励会の記事で

ひとつ書き忘れていたことがありました。

それは共励会前日に都内の焼肉屋さんで

開かれました前夜祭での出来事でした。

同じテーブルで座った方々と一堂に

「美味し、美味し、美味しいね~~!!」

と、次々に運ばれてくる様々な部位の牛肉を堪能しておりました。

「ところでこのお肉はどこの産地ですか?」

と、店員さんに聞くと個体識別番号を教えてもらい、

検索すると・・・・

なんと!

H農場さんが1026日(金)の全国肉用牛枝肉共励会に

出品した牛さんでした!(11月のブログで紹介)

 

 

血統と結果などは以下の通りでした。

去勢 29か月 光平照-平茂晴-安福久

枝重541㎏ 歩留71.2 A-11 

単価3,006円 枝肉金額1,626,246

また、この牛さんの特長をおさらいすると以下の通りでした。

・俵型というか四角い形の良い体形

・前駆全般及び首回りが太い(短い)

・背中から尾の近くまでモリモリボコボコ

・もちろんお尻全般もプリプリ

 

出荷直前の牛さんに会い、

出荷した結果を知り、

そして、美味しく頂くことができ、

とても貴重な経験をしました。

牛さん、H農場さん、関係者の方々に

あらためて深く感謝申し上げます。