自然環境の調和を保ちつつ地球に優しい持続的農業を提案します。

日記カテゴリー


株式会社ラボジェネター

〒080-0106
北海道河東郡音更町東通
20丁目2番地9

ブログカレンダー

Archive
<October 2020>
SunMonTueWedThuFriSat
27282930123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
1234567
Monthly
2020年10月
2020年9月
2020年8月
2020年7月
2020年6月
2020年5月
2020年4月
2020年3月
2020年2月
2020年1月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年9月
2019年8月
2019年7月
2019年6月
2019年5月
2019年4月
2019年3月
2019年2月
2019年1月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年10月
2008年9月
Author: 植田秋良 Created: 2008/08/29 12:51
㈱アース技研、植田秋良の日記です。北海道全域を担当しております。

By 植田秋良 on 2020/10/26 14:20

 

今年の2月頃から、

既存牛舎(コンクリート床)にて、

かさ上げ式の発酵牛床を活用し始めたA農場さんに

お伺いしました。

A農場(和牛繁殖経営)さんは

母牛、子牛など全頭にアースジェネターを給与されています。

(子牛は生後すぐに直接、鼻面につけて給与!)

発酵牛床の活用により、

牛が良く寝て、毛づやが良くなり、便の状態が安定した、

等の効果を実感されています。

 

発酵牛床の状態は、しっとりフカフカで、

ほんのり暖かく、とても良い発酵を保っておられます。

(敷料は稲ワラ。お米の収穫直後はモミガラも併用。)

 

ただ、高温が続いた今年の(北海道の)夏は、

発酵牛床の温度が高くなり、

牛舎内の室温も高くなった影響で、

牛がバテぎみだったようです。

 

対策として、

換気扇(扇風機)の設置を予定しているとのことです。

 

北海道の夏は「涼しく、短い」という印象を持たれますが、

だんだんと暑くなってきて、

暑熱対策が必要になってきました。

 

今後、

発酵牛床の現場でも十分に注意していきたいと思います!

By 植田秋良 on 2020/10/12 10:39

 

1078日の2日間、南北海道肉牛市場が開催されました。

 

上場頭数は1,742頭(メス702頭、去1,040頭 ※素牛のみ)で

前月より51頭増でした。

 

主な種雄牛は以下の通りです。

 

勝早桜5 262頭 前月262頭、前々月226頭)

福之姫  187頭 (前月172頭、前々月145頭)

愛之国  174頭 (前月207頭、前々月155頭)

美津照重 103頭 (前月 91頭、前々月101頭)

美国桜   75頭 (前月 89頭、前々月 79頭)

諒太郎   61頭 (前月 73頭、前々月 71頭)

幸紀雄   56頭 (前月 67頭、前々月 74頭)

百合白清2  53頭 (前月 46頭、前々月 46頭)

 

平均価格は以下の通りでした(税込価格)。 

 

メス 606,077(前月603,903円、前々月622,979円)

去勢 713,238(前月714,230円、前々月735,477円)

 

前月と比べてメス、去勢とも、ほぼ横ばいでした。

 

相場は前月と同じような感じでした。

(今回は1日目のみ見学しました。)

内容は、去勢で4090万円前後の間、

雌で3070万円前後の間で推移していました。

依然として、安福久や美国桜絡みの勝早桜5、福之姫など

が高値でした。

繁殖用のメスは100万円以上が数頭(1代祖が安福久)、

6070万円前後が中心でした。

 

それでは参考までに、いくつか販売された牛の結果を

お知らせします。(セリ価格)

 

【メス】

安福久-平茂勝-飛騨白清   Read More »

By 植田秋良 on 2020/10/05 16:49

 

おそらく多くの農場さんで、

牛道やパドックの泥濘(でいねい)化に対して

悩んでいるのではないかと思います。

好天が続いて乾燥すれば問題ありませんが、

雨の日が続くと、たちまち問題化します。

異常気象が続く近年では、特に注意が必要です。

 

私が現場を回っていて、

対策として有効なこと(物)は、

 

  火山灰などを投入して、

・中央を高くしてカマボコ状にする

  

・高低差をつける

  

※いずれも水を低いところへ移動させる

  スノコや牛床ゴムマットを土の中に埋める

  アグリハイロード(ファームエイジ株式会社)の活用

 

などが挙げられます。

 

ただし、農場さんによって環境条件が違うため、

効果も違ってくるかもしれません。

農場さんごとで色々と吟味する必要があるかと思います。

 

また、現場を回り、

有益な情報を得ることができれば、お知らせいたします。

 

乞うご期待です!

By 植田秋良 on 2020/09/30 16:42

 

とある農場さんの堆肥は、

主に自動堆肥撹拌機を使って作られています。

(※その他に撹拌機に投入する前に堆肥の原料を保管する堆肥舎、

また、撹拌機から出た堆肥の製品を保管する堆肥舎の二つ

があります)

それは、CSランド・ハイドロモンスターという商品です。

この農場さんで活用している撹拌機のタイプは、

堆肥の体積が、高さ1.2m×幅5m×長さ80mほどです。

(さらに高いタイプがあったり、さらに長くできるようです。)

13回、自動で撹拌機が作動し、

堆肥は110m動きます。

堆肥の長さが80mなので、約1週間後に出てきますが、

1週間後と思えないような良い状態です。

その後は、製品保管庫で数回切り返し、熟成させ、完成です。

出来た堆肥は、敷料(戻し堆肥)として活用したり、

畑作農家さんへ供給されます。

機械は12年前に中古(新品だと2千数百万円ほど)で

購入されたようですが、ほとんど故障がなく、

驚くことに維持費は、この期間で約4050万円ぐらい

とのことでした。

電気代は、月に約6万円とのことで、これまた驚きの安さです。

建物は、簡易な作りでも大丈夫のようです。

(ビニールハウスなどでも良いです)

 

もし、堆肥の事でお困りなっていて、

何かを導入または堆肥舎を検討している方に

是非、お勧めしたと思います!

By 植田秋良 on 2020/09/30 15:31

 

とある農場さんにお伺いしました。

 

以前もブログにてご紹介した農場さんで、

既存牛舎(コンクリート床)にて、

かさ上げ式の発酵牛床を活用しています。

開始したのは昨年の12月ですが、

とても上手に管理されていて、

牛も牛床も順調のようです。

写真は、オガクズを投入されたばかりの状態です。

牛床をほじってみると、ややシットリしていて、

良い香りがしました。

牛は落ち着いていて、

毛づやが良く、肋張りもしっかりしていました。

良い感じです!

今後は、

冬に向けて発酵牛床の高さを高くして、

発酵槽を大きくすることができればとのことでした。

 

訪問する度に、どんどん良くなっていく状態を見て、

とても嬉しい限りです!

 

乞うご期待です!

By 植田秋良 on 2020/09/07 10:48

   

923日の2日間、南北海道肉牛市場が開催されました。

 

上場頭数は1,691頭(メス715頭、去976頭 ※素牛のみ)で

前月より185頭増でした。

 

主な種雄牛は以下の通りです。

 

勝早桜5 262頭 前月226頭、前々月238頭)

愛之国  207頭 (前月155頭、前々月182頭)

福之姫  172頭 (前月145頭、前々月128頭)

美津照重  91頭 (前月101頭、前々月113頭)

美国桜   89頭 (前月 79頭、前々月 93頭)

諒太郎   73頭 (前月 71頭、前々月 80頭)

幸紀雄   67頭 (前月 74頭、前々月 87頭)

百合白清2  46頭 (前月 46頭、前々月 71頭)

 

平均価格は以下の通りでした(税込価格)。 

  Read More »

By 植田秋良 on 2020/08/24 15:05

 

前回に引き続き、

子牛ハッチでの発酵牛床(かさ上げ式)の別事例を紹介します。

和牛繁殖一貫経営をされている、とある農場さんでは、

1週間齢~約2か月齢の子牛を手製のハッチで飼養されています。

(幅180㎝×奥行180㎝×高さ100㎝)

 

まずは石灰塗布後に、

自家製の中熟堆肥(戻し堆肥)を30㎝ほど敷きます。

 

 

あとは毎日、

オガクズを少量足すのみです。

牛床の状態は、しっとりフカフカしていて、

子牛が気持ち良く寝ています。

もちろん子牛の健康状態(ふんの状態)も、とても良好です。

牛床の高さは、30㎝以上になり、

ハッチを飛び越える子牛がいるため、

木の柵を後付けしています(上記の写真)。

 

そして、約50日後、子牛が移動した後に、

牛床の堆肥をハッチ内で山にして、

再発酵させます(発酵温度は40℃前後)。

(その後、次の子牛がハッチに入る時に再利用します。)

 

この牛床管理方法にして、

まだ2~3か月程度と日は浅いですが、

子牛の健康増進(お腹が暖まる)、

省力化(床出し作業の負担軽減)などのメリットを

感じておられます。

 

興味のある方は是非、試してください!

By 植田秋良 on 2020/08/24 15:00

 

前月に引き続き、既存牛舎で発酵牛床を活用している

事例を紹介します。

(※既存牛舎とは、通常の土間コンクリート床にしている

 牛舎のことです。)

今回は子牛ハッチでの事例です。(次回も)

和牛繁殖経営をされている、とある農場さんでは、

1週間齢~約2か月齢の子牛を手製のハッチで飼養されています。

(幅90㎝×奥行130㎝×高さ120㎝)

まずは石灰塗布後に、厚さ7㎝程のウレタンマットを敷きます。

 

 

そして、ウジ発生抑制目的でネポレックスをまき、

薄くオガクズを敷いて子牛を入れます。

あとは毎日、

オガクズを少量(雪かきスコップ1杯程度)足すのみです。

牛床の状態は、しっとりフカフカしていて、

子牛が気持ち良く寝ています。

もちろん子牛の健康状態も、すこぶる良いです。

そして、約50日後、子牛が移動する時に全量床出しをします。

(床出しはハッチを立ち上げて、ホイルローダーで実施)

この時、牛床の厚さは30㎝前後になっています。

床出し後の堆肥の発酵も良好です!

畜主さん曰く、

『この牛床管理方法にして、日々の床出し作業が大幅に軽減された。大いに価値がある!』

とのことです。

興味のある方は是非、試してください!

By 植田秋良 on 2020/08/24 14:56

 

817日、北見肉牛市場が開催されました。

現場には行っておりませんが、結果のみお知らせいたします。

上場頭数は360頭(メス151頭、去209頭 ※素牛のみ)

でした。

 

主な種雄牛は以下の通りです。

勝早桜5  57頭

愛之国   40頭

福之姫   27頭

美国桜   23頭

幸紀雄   20頭

美津照重  20頭

諒太郎   16頭

隆之国   15頭

秋忠平   14頭

百合白清2 11頭

 

平均価格は以下の通りでした(税込価格)。 

メス 656,346(最高900,900円、最低283,800円)

   平均体重322.4㎏ ㎏単価2,036

去勢 697,072(最高902,000円、最低58,300円)

   平均体重342.2㎏ ㎏単価2,037Read More »

By 植田秋良 on 2020/07/31 10:24

 

72930日の2日間、南北海道肉牛市場が開催されました。

 

上場頭数は1,506頭(メス615頭、去891頭 ※素牛のみ)で

前月より136頭減でした。

 

主な種雄牛は以下の通りです。

 

勝早桜5 226頭 前月238頭、前々月233頭)

愛之国  155頭 (前月182頭、前々月176頭)

福之姫  145頭 (前月128頭、前々月153頭)

美津照重 101頭 (前月113頭、前々月117頭)

美国桜   79頭 (前月 93頭、前々月 82頭)

幸紀雄   74頭 (前月 87頭、前々月104頭)

諒太郎   71頭 (前月 80頭、前々月 66頭)

百合白清2  46頭 (前月 71頭、前々月 65頭)

 

平均価格は以下の通りでした(税込価格)。 

 

メス 622,979(前月600,858円、前々月603,905円)

去勢 735,477(前月695,188円、前々月700,949円)

 

前月と比べてメス約2万円高、去勢約4万円高でした。

 

今回は、1日目の出だしから特に去勢が高く、

60万円台中心に7080万台も多くみられ、

90100万台もでました。

メスは去勢ほどではありませんでしたが、

やはり底値が高く50万台が中心で、

幅は4070万台ほどでした。

1代祖に安福久の場合は100万以上でした。)

繁殖用のメスは、大体5070万台で競り落とされていました。

 

それでは参考までに、いくつか販売された牛の結果を

お知らせします。(セリ価格)

 

Read More »