自然環境の調和を保ちつつ地球に優しい持続的農業を提案します。

名前: 礒 匠 作成日: 2016/04/01 13:28
(株)アース技研で北海道を担当することになりました。よろしくお願いします。

投稿者: 礒 匠 投稿日: 2018/05/18 17:25

 

皆さんこんにちは

道東担当の礒(いそ)です

 

今週は十勝の和牛素牛市場が行われました!

 

結果をお知らせします

 

 

勝早桜5 419頭  花国安福 276頭  美津照重 210頭  幸紀雄 169

芳之国 96頭  美国桜 88頭  第1花藤 82頭  美津百合 51頭  

勝平1 50頭  隆之国 45頭  諒太郎 42頭  百合茂 34頭  光平照 38頭   他

 

でした。

 

結果

      出場数  成立数     最高価格   最低価格    平均価格(税込)

めす     788     767           1,634,040      325,080       722,060

去勢     1087     1048            1,405,080      430,920       834,254

 

で先月比は

めす、去勢ともに約2万円高でした

 

セリ価格が下げている市場も比較的多い中

プラスだったのは、

中盤の値段の牛を買う強い購買者さんが入り

50~60万円台の牛の値段がせり上がったのかなと感じました。

 

高値で取引されていた牛や

気になった血統の牛は次のような牛でした(以下セリ価格)

 

めす

安福久-忠富士-福桜    329日齢 311kg  1,303,000

秋忠平-安福久-百合茂   266日齢 334kg   920,000

美穂国-百合茂-安福久   280日齢 320kg   832,000

 

去勢 

百合白清2-安福久-平茂勝 285日齢 366kg  1,296,000

平茂晴-秀菊安-勝平正   287日齢 390kg   904,000

幸紀雄-美国桜-忠富士   288日齢 374kg   881,000

 

などなど

 

また、F1に受精卵の入った繁殖牛は

百合茂-安福久-勝忠平 の受精卵で795,000

第1花国-安福久-勝忠平 の受精卵で756,000

 

となっていました。

 

以上、十勝セリ情報でした

 

投稿者: 礒 匠 投稿日: 2018/05/09 22:00

みなさんこんにちは。

ある、十勝のF1肥育農家さんにお伺いしました。

牛舎を見せてもらうととても環境も良く
牛さんたちもみんな横臥して反芻をしていました
 
 
 

ここは、導入直後のこたちがいる牛舎ですが

知らない人が入っても落ち着いて堂々としており

環境や管理が良いことが一目瞭然です! 

 

そして、いいうんこ発見!

膜がはっているような照りのある

きれいなうんちですね。

しっかり、消化して健康状態も非常にいい証拠でしょう。 

 
  

そんなうんちをするこたちは

肌艶も良く、ぼろがほとんどついていません。

うんちの状態がいいこと、牛の毛艶がいいこともありますが、

ご主人いわくリサイクルして使っている

戻し堆肥のおかげではないかとのことでした

   

 
 
 

少しベトベトになってきても

敷料だけよりも牛をきれいに保てるとのとでした。

とても勉強になりました!

 

投稿者: 礒 匠 投稿日: 2018/04/19 18:21

 

みなさんこんにちは!

道東担当いそです

 

今週は釧路・根室地方を放浪しております

 

さて、中標津町では週に1回

根室管内の牛が集まる市場が開催されています

 

今回はそのスモール市場を覗いてきましたので

そのご報告をしたいと思います

 

・ホル乳用めす 出場29頭 平均375,803円(税込)

 

・ホル雄   出場132頭 平均126,891円(税込)

・F1    出場231頭 平均258,888円(税込)

・黒毛和種  出場34頭  平均560,026円(税込)

 

 

http://www.kachiku.hokuren.or.jp/Newsflash.aspx?rid=8&did=3&date=20180418

詳しい結果はホクレンさまのHPでご確認ください!

 

和牛に関して高額だった牛を紹介します

以下はセリ価格です

 

百合茂-安福久-平茂勝  47日齢 64㎏ ♂ 745,000

平茂晴-美国桜-勝忠平  22日齢 55㎏ ♂ 664,000

勝早桜5-隆之国-安福久 38日齢 63㎏ ♂ 658,000

 

幸紀雄-安福久-平茂晴  54日齢 72㎏ ♀ 666,000

幸紀雄-美津照重-金幸  49日齢 63㎏ ♀ 526,000

美津照重-勝忠平-平茂晴 52日齢 71㎏ ♀ 500,000

 

という具合でした。

 

重要視されるのは当然かもしれませんが

1、血統  2、体重

という感じです。

 

週に1回行われている事もあり

1回のセリでの頭数は多くはありませんが

他の地域からの購買者さんも複数おり

農家さん同士の情報交換の場にもなっているようで

良い感じのセリ会場でした!

 

 

釧路、根室はこの時期

おいしい魚介がバンバン上がっています

 

ぜひ、

お仕事、旅行で道東にお越しください

北海道にお金を落としていってくださいね~ 笑

 

 

投稿者: 礒 匠 投稿日: 2018/04/12 18:18

 

皆さんこんにちは。

道東担当いそです

 

北海道はそろそろ桜の季節ですかね?

先週はG1桜花賞があったというのに・・・

まだまだ不安定で寒い日が続きます

 

 

 

さて、今月の十勝市場の結果をお知らせします。

 

勝早桜5 340頭  花国安福 246頭  美津照重 204頭  幸紀雄 133

第1花藤 87頭  芳之国 84頭  美国桜 69頭  美津百合 59頭  

勝平1 49頭  隆之国 45頭  百合茂 44頭  諒太郎 43頭  秋忠平 38頭   他

 

でした。

 

結果

    出場数  成立数   最高価格   最低価格    平均価格(税込)

めす   634     581     4,086,720    226,800     705,298

去勢   1042      955        1,318,680    272,160     862,731

 

で先月比は

めすで約プラス2万円

去勢で約プラス4万円でした

 

 

今回もめすで超高額の牛がでました!

 

百合茂-安福久-平茂勝 301日齢 336kg   3,784,000(セリ価格)

 

この子は、以前ブログに書いた

『てつせん』という北海道の育種価上位の優秀なお母さんの子です

 

他にも1代祖安福久のめすが軒並み100万円台と

需要は極めて高いですね!

 

また、

去勢 美津照重-美国桜-安平 282日齢 332kg  1,000,000(セリ価格)

 

という美国桜母牛の高値で取引された牛もいました

こちらの血統も今後、楽しみです!

 

また、勝早桜5母牛、花国安福母牛も

増えてきていたり

勝早桜5の後継種雄牛も少しずつ出てきています

素牛、枝肉ともに今後しっかりチェックしていきます!

 

投稿者: 礒 匠 投稿日: 2018/04/08 17:14

 

みなさまこんにちは。

道東担当いそです

新年度から営業で使っている車のワイパーが動かなくなる

という不運に見舞われました、しかも雪の日にです。

メンテナンスはこまめにしましょう。

 

 

さて、先日ある和牛牧場に行ってきました

去年新築した牛舎を見ている時

 

ふと上を見ると

はしごから続く2階のスペースが・・・

 

その2階部には灯油のタンクとボイラーがありました

デッドスペースを利用しつつ

ボイラーで温めたぬるま湯を循環させて

牛さんの飲み水に与えています。

 

ウォーターカップに繋がる管を触ると

とても温かく

出てくる飲み水も温かい・・・

 

北海道ですので冬場のこういった

牛さんへの配慮は大切ですね!

 

ですが、この牧場では冬場だけでなく

年中ボイラーをつけぬるめのお湯を飲ませています

 

冷たい水を飲ませている時よりも

飲水量があがり、えさの食いも良くなったそうです

あまり、水に関して考えたことがありませんでしたが

とても大事な要素のひとつですね!

 

 

また、ウォーターカップにしているのも

理由がありまして

 

年中お湯を与えており水槽に水がたまっている状態だと

水が腐ってしまうことがあるそうです

「毎日掃除するの面倒だもん」

と笑っていましたが新鮮できれいな水を飲めることは

とてもいいことですね

 

ただ、ウォーターカップに初めて挑む牛さんは

慣れるまでは少し時間がかかり

実際に水が出るところをやって見せてあげるそうです

  

 

2階にのぼらせてもらったときに

眺めがよくて

「ここでバーベキューしたらいい感じですね」

なんていうデリカシーがない言葉を牛さんの前で言って

すみませんでした。 m(_ _)m

 

 

投稿者: 礒 匠 投稿日: 2018/03/29 21:40

 

皆さんこんにちは。

道東担当の礒です

 

 

どんなに牛さん、馬さん、豚さん、鶏さんを愛していても

うんこが大好きという人は少ないと思います

 

どんなにアースジェネターを食べさせて

においが減少したのかな・・・?

と言ってもやはりそのままのうんこは

汚いものというイメージが強いのではないでしょうか?

 

 

でも、健康状態を見る大事な指標でもありますね

うんこは腸内環境を表してるのですね

 

 

で、

毎日大量に出るそんなうんこですが

しっかりと発酵させて微生物に働いてもらい

堆肥化すれば

とても扱いやすく、畑に撒くことで

土壌の改良や肥料になるのも皆さんご存知の通りです

 

 

しかし、切り返したり、水分調整をしたりと

しっかりとした堆肥を作ろうとすると難しいものです

 

 

堆肥作りや土作りに熱心なある牧場で

コツを聞いたところ

 

あらかじめ作って置いた

微生物が元気に活動して熱を持っている種堆肥を

牛舎から出た少し水分の高い

糞や寝わらに混ぜてあげることで

立ち上がりを良すること!

とのことでした。

 

種堆肥は、少し敷料を多めに入れる牛舎を1舎つくり

水分の多すぎない、発酵しやすいものが

掃除のときにでるように工夫しています。

 

 

堆肥づくりの成果か最近、牧草地の土も柔らかく

ギシギシなどの雑草が減ってきた

とのことでした!

 

つねにいろいろと研究しており

これからもこの農家さんの活躍が楽しみです

 

 

写真は堆肥の発酵に最適な

かまぼこ型

  

種堆肥を混ぜて立ち上がらせることで

外は寒くても深部は60℃近くまで上がっていました

夏に向けてどんどん完熟していくことでしょう!

 

投稿者: 礒 匠 投稿日: 2018/03/15 19:40

 

皆さんこんにちは。

道東担当いそです

 

今週は、気温も上昇し

春が垣間見えてきました。

 

さて、十勝市場の結果をお知らせします。

 

おもな種牛

勝早桜5 311頭  花国安福 253頭  美津照重 170頭  幸紀雄 139

芳之国 86頭  第1花藤 84頭  美津百合 74頭  勝平1 70

美国桜 58頭  秋忠平 45頭  隆之国 41頭  諒太郎 36頭 他

 

でした。

 

結果

   出場数  成立数   最高価格   最低価格   平均価格(税込)

めす  675    616    1,342,440   219,240    680,440

去勢  918    853      1,375,920   274,320    821,790

 

で先月比は

めすで約マイナス1万円

去勢で約プラス4000円でした

 

めす

秋忠平-安福久-平茂勝 309日齢 381kg 824,000(セリ価格)

平茂晴-安福久-百合茂 285日齢 278kg 892,000(セリ価格)

 

去勢

美津照重-勝平正-安福久 291日齢 332kg 1,063,000(セリ価格)

花国安福-平茂晴-安福久 315日齢 393kg 1,015,000(セリ価格)

花国安福-百合茂-安平 301日齢 352kg 932,000(セリ価格)

 

といった具合です

 

増体が良い牛は高く

増体が良くない牛は血統が良くても

イマイチ価格が伸びませんでした

 

また、印象的だったのは

安福久を3代祖にもち、DG1以上の牛でも

肺炎歴がありとの表示で全く競られないまま本人取りに

なってしまうケースもあるなど

かなりシビアになってきているなと感じました

 

素牛出荷の農家さんにとって良い牛を高く売ることも大切ですが

なんといっても

健康で順調に育った牛を無事に市場に連れてこられるということが

一番なのかもしれませんね

 

また、大きく育った牛を高く売っていたかたは

母牛の増飼と、母牛へのワクチンで

子牛の風邪と下痢が格段に減ったよ

と言っていました

 

こういった観点からも

やはり、予防は本当に大切なことだと思いました

 

子牛だけでなく母牛の管理を大切にする

質のいい初乳を十分な量飲ませる

正しく予防接種を行う

アースジェネターを毎日欠かさない!!!!!!(←とっても重要!!!笑)

(↑僕が言ったらいやらしさ全開 笑)

やることはいっぱいですが

 

良い牛を作るために手間を惜しまず

病気の予防を徹底していきましょー 

 

投稿者: 礒 匠 投稿日: 2018/03/02 18:26

 

みなさんこんにちは。

道東担当いそです

 

さて、帯広は昨日の大雪です

荷物が遅れている方もいるかと思いますがご了承ください。

 

 

今週は釧路・根室地方に出張に行ってきました

 

100頭規模のとても優秀な酪農家さんの所へ行きました

搾乳牛はフリーストール牛舎で

出入り自由なパドックを設けています

 

パドックで柔らかい土を踏む時間があるおかげか

蹄浴などもしていませんが、蹄病で悩むこともないそうです

 

外でのんびりするスペースを作っている

ということも牛の健康を維持したり

乳生産をより良くしていくうえで

とてもプラスなことだと思います

 

 

 

ですが、そのフリーストール牛舎が少し狭いようで

常に何頭かはパドックにいるという状態だそうです。

 

冬だと当然 雪がありますから少しかわいそうとのことで

 

ちょっとしたことかもしれませんが

 

食べるには少し品質の良くない草をパドックに

敷いてあげたところ・・・

牛さんたちはみんなそこに集合して気持ちよさそうに

横臥して日向ぼっこしていました。

 

ここのお父さんも

『ストールに寝られない牛もこっちで

気持ちよさそうに寝ているよ。』

と、よろこんでいました。

 

草は、たまに積み足しているとのことで

徐々に厚みが出て、より暖かく

この冬を快適に過ごせているのではないでしょうか

 

 

北海道は特にまだまだ寒い日が続くと思われます

お腹が冷えないようなちょっとした工夫が

大切だと実感しました!

そして、またもや、帰り道大雪に見舞われたことは

言うまでもありません。

 

でも、今回は本当に笑えませんでした。

みなさんも本当にご注意を

 

 

 

  

 

 

  

 

投稿者: 礒 匠 投稿日: 2018/02/20 11:17

 

みなさまこんにちは

道東担当いそです

 

 

搾乳ロボット第三段

 

前回、効率良く搾ることが大切と言いました

 

搾乳はロボットがしてくれるようになったのに

牛が自分からロボットに入ってくれなければ

牛を追って誘導しなければならないなど

もっと手間が増えてしまいますよね

 

ロボット搾乳では基本的に

PMRというTMRから濃厚飼料を抜いたものと

ロボット内でもらえる濃厚飼料の与えるバランスで

牛のロボットに誘導します

 

つまり、おいしいエサ食べたさにロボットへ入っていき

お乳を搾られるということですね

 

牛舎の構造が

自由に動き回れるのかタイプか

 

 

 

順路が制限されているタイプか

(採食 搾乳 休息 搾乳 休息 採食 の2タイプ)

 

 

 

などでも飼料の調整が変わってくるようですが、

飼槽のPMRだけで満足させることなく

嗜好性が良く、高品質の濃厚飼料を

ロボットで給与し、アクセス回数を

しっかりと確保することが大切ですね

  

そして、さらに効率のことを考える時

重要になってくるのが

いかに、泌乳前期(特に分娩直後)の牛の搾乳回数を

増やしてあげられるかです

 

これは、ロボットに限った話ではないかもしれませんが

泌乳前期は乳腺の発達が続いており

この時期に搾乳回数を増やすことで

泌乳中・後期に向けて乳量を増やす

重要なポイントになるわけですね 

  

ですから、効率的な面で言うと

泌乳後期の牛を誘導するよりも

分娩直後のフレッシュな牛たちのロボットへのアクセスを

増やすことほうが、よいということです!

 

 

これは、搾乳ロボットで成功するための

大きなポイントかもしれませんね! 

 

 

投稿者: 礒 匠 投稿日: 2018/02/16 19:12

 

みなさんこんにちは。

 

さて、搾乳ロボットについて書きたいと思います。

 

 

みなさんは、2回搾乳でしょうか?3回搾乳でしょうか?

 

大規模で、従業員さんを雇っている法人などの酪農家さんの中には

3回搾乳しているという所もあるかもしれませんが

なかなか1日に3回の搾乳を行うことは簡単ではありませんよね

 

ロボットを導入すると、機械を設定することで搾乳回数を

2回から3回以上へと増やすことが可能になるので

(もちろん牛によって、乾乳前などは搾乳回数を減らすこともありますが)

基本的には乳量は増えると思います。

 

 

ですが、もちろん3回搾れればの話で

ロボットではいかに効率よく搾るかがとても重要になります

3回搾乳できて個体乳量が伸びることも大切ですが

群としての乳量をしっかりと上げるために

大切になってくるポイントをお話したいと思います。

(↑講習会の受け売りなのになんだかえらそう 笑)

 

    訪問回数

    搾乳速度

    牛の頭数

    搾乳していない時間

 

が重要になりますが、

 

②の搾乳時間は、遺伝的な部分とストレスを与えないことなどでしょうか

  

③の頭数はカナダでは経験的に55頭前後が理想とのことです。

   

④の搾乳していない時間は

機械の洗浄や

何度も短時間でやってくる搾乳の必要ない牛が入ってしまう

搾乳失敗

牛が来ず、完全に機械が遊んでしまっている空き時間

などがあげられ

 

何度も入ってきてしまう牛などはロボット内でもらえる

濃厚飼料を求めていることが多いようです。(ということはえさの調整が必要?)

  

また、搾乳の失敗を防ぐために

乳頭の位置が極端でロボットが対応できない牛を外す

乳房を清潔に保つことが必要になるかもしれませんね

冬などは長い毛が原因で

乳房を認識できないこともあるそうなので要注意です。

  

またまた、長い空き時間を作らないように

比較的、搾乳されていない時間を見つけて

その時間に機械洗浄するなどの工夫も良いかもしれませんね!

  

    

    の搾乳回数をどう増やすかに関しては

とても重要ですが、長くなりそうなので

(今日は金曜日で早く飲みに行きたいこともあって笑)

第3弾で書きたいと思います。

(なかなか話がまとまりませんが、どうかあしからず