自然環境の調和を保ちつつ地球に優しい持続的農業を提案します。

Author: 礒 匠 Created: 2016/04/01 13:28
(株)アース技研で北海道を担当することになりました。よろしくお願いします。

By 礒 匠 on 2019/11/15 11:57

 

道東担当の礒(いそ)です

 

 

今週行われました十勝和牛市場の結果を

お知らせします!

 

勝早桜5 366

福之姫  154

美津照重 138

花国安福 130頭    

幸紀雄  114

秋忠平  88

勝乃幸  80

第1花藤 59

美国桜  53頭  

福増   54頭  

以下 光彦、諒太郎、愛之国、隆之国 と続きます。

 

 

期待されている福之姫、9月には39頭でしたが

あっという間に154頭に増えていますね!

 

 

結果(税込)

 

性別   出場数  成立数     最高価格     最低価格     平均価格

メス      674         615    4,439,600    83,600       710,700

去勢      989     894     1,266,100   380,600    809,177

 

先月比は

めす、去勢ともに約マイナス1万円でした

 

 

今回の話題は

なんといっても400万円を超えるめす牛が

出たことではないでしょうか

 

血統は

福之姫-安福久-勝忠平 

322日齢 304キログラム

母牛(安福久)の脂肪交雑育種価が全道2位という

優秀なお母さんだそうです。

 

セリは100万円からスタート

3分間のセリの末、4,036,000

という数字で競り落とされました!

 

これにはセリ場で拍手が起きていました

 

 

 

そのほかに高く取引された牛は次の通りです(セリ価格)

 

Read More »

By 礒 匠 on 2019/11/07 18:10

 

皆さまこんにちは。

道東担当の礒(いそ)です

 

先日、十勝で開催された某酪農セミナーに参加してまいりました

 

参加者が600人を超えるとても大きなセミナーで

生産者や飼料会社、獣医師、その他さまざまな業者

が参加して様々なテーマの講演がありました

 

粗飼料の話、初乳の話

蹄病の話、酪農情勢の話

人事の話、搾乳ロボットの話など

多岐にわたっていました

 

 

牛の生態から見て

蹄が健康でないと力を発揮できないということや

草食動物だから草(粗飼料)が大切

といった

いかにして牛本来の生き方に

近づけてあげられるかが

 

生産性アップのポイントになってくるのだろうと感じました

 

また、これからの日本は

少子高齢化、人口減少する中で

いかに牧場の経営を回していくか

農業を発展させていくかが

課題だなと思いました。

 

 

AIやロボットなどが取って代われる部分と

人と人や、人と牛などアナログ的な部分を

上手に取り入れることで

よりよい経営や牛飼いができるのだなあ・・・

と、いろいろと勉強になった2日間でした

 

 

夜は懇親会がありましたが

大学時代の同級生や

以前、ご挨拶したことのある方などに会えるのも

楽しいですね!

 

たまにはお勉強も悪くないなと思いました 笑

(↑普段からもっと勉強しなさい)

By 礒 匠 on 2019/10/29 9:23

 

皆さんこんにちは!

道東担当礒です。

 

さて、ある酪農家さんを訪問した時のこと

牛舎を見せていただいていると

あれ?こんなものあったかな?

と思い聞いてみると

新しく設置したものでした

 

 

サイズが普通のものよりもひと回り小さい扇風機

これは、牛体ではなく鼻先の空気を動かすためのものです

 

特に、冬への季節の変わり目は

1日の気温差が激しく

自然換気も難しくなります

 

牛の鼻先に空気がこもってしまうと

ホコリや細菌、臭気などが牛にダメージを与えてしまいます

 

この扇風機はそんな空気のよどみを

払拭してくれることでしょう

 

それを防ぐだけでも疾病予防や

食い込みアップにつながるのではないでしょうか!

 

実際、湿度が高い日に扇風機を稼働したところ

鼻先の重い空気が動き、快適になったとのことでした

 

換気は健康管理において

大変重要なポイントだと思います

 

この扇風機は重宝しそうですね!

By 礒 匠 on 2019/10/21 11:49

 

皆さんこんにちは。

道東担当の礒です。

 

ある肉牛肥育牧場を訪れた時のこと

事務所で話していると

設備屋さんがパンフレットを持ってやってきました。

どうやら、牛舎屋根の波板の透明部分を張り替えたらしく

パンフレットにこの牧場を

使用例として載せていたようです

 

話を聞くと、少しばかりお値段の良い

しかし、性能も良い波板らしく

どうやら光拡散効果が高いそうです

 

 

 

つまり、やさしい光がフワァーと注ぎこむ感じです

牛舎全体が明るく、影ができにくい

さらに、直接的な暑い日差しを和らげてくれそうです。

 

 ↑ 従来の波板

 

 ↑ 新波板 アロマブライト(商品名)

 影の部分が少なくて明るく見えますね!

 

この牧場主さんが期待しているのは

冬場の床の乾燥で

全体に日光の日差しが行きわたることで

牛床の乾きが早くなり、床出し頻度が少しでも

減少すればとのことでした!

 

 

明るい牛舎で気分も良く

牛もリラックスしている様子でしたよ!

By 礒 匠 on 2019/10/09 9:04

 

皆さんこんにちは。

道東担当の礒です。

 

さて、先日十勝の農家さんを訪れると

ガサゴソと作業をしていたため

なにをしているか尋ねると

 

土壌の分析に出すために

圃場から採取してきた土を乾燥させているところでした

 

こちらの農家さんは

SRUという土壌研究グループに加入しており

土壌を分析・研究・改良に努めています

 

グループ内での情報交換が行われたり

土のサンプルを調べてもらうことで

詳しい土壌の状態を知ることができるそうです

 

 

近くの畑でも場所によっては

肥料の三要素である窒素、リン酸、カリ

の量が大幅に違っていたり

 

どんな元素が不足していて、

どんな元素が多すぎるのか

それによって、堆肥や化学肥料は

どの程度必要なのかが分かります

 

こちらの牧場さんでは

採草地、デントコーン畑を持っていますが

リン酸とカリが過剰なようです

この分析、アドバイスに合わせて

肥料を設計します

 

 

詳しいことは省略しますが

土壌分析を始めて数年たち

畑の土が柔らかくなり

作物の根がしっかり張るためか

作物の生育、収量、品質が

安定してきたとのことです

 

もちろん、牛たちもいつも健康で

優秀な経営をされています!

 

改めて、土づくり大切だなと感じますね!

あ、収穫は終わりましたが

収穫直前のデントコーン

立派に育っていましたよ

By 礒 匠 on 2019/09/30 18:54

 

さて、連続投稿すみません。

ブログネタが見つからず・・・

なかなか書くことができずに・・・

という言い訳です。申し訳ありませんm(__)m

 

 

もう一か所根室地方を回っていて

イイね!と思った牧場があるので書きたいと思います。

 

 

こちらの酪農家さんは

アースジェネターを哺育子牛から搾乳牛、乾乳牛まで

給与してくださっており

大変上手に経営、牛飼いをしている牧場です。

 

いつも通り牧場を見せてもらっていると

前回巡回した時なかったものがぽつぽつと・・・

 

まずは乾乳舎

普段は広いパドックに自由に行き来できる

牛舎で飼っています

この牛舎を増設しました

 

パドックがあるとはいえ

暑い日や大雨の日は皆牛舎へと

入ってきます

 

実は今まで少し密度が高く

弱い牛はやはり調子を崩したり

子牛を産んでからの立ち上がりが

イマイチの子もいたようです

 

まだ、建設したばかりですが

1頭当たりの面積が増えたことは

間違いなくプラスになると思います!

 

 

また、搾乳牛舎もパドック付きですが・・・

こちらは牛舎増設ではなく

牛舎とつなげて屋根を増設しカウブラシを設置!

これが、日よけで牛の居心地がいいのか

たくさんの牛が涼んでいました

 

ここにはご主人の工夫(牛へのやさしさ)が詰まっており

 

①コンクリートゾーンをなるべく少なくして

 肢(蹄)に負担がかからないように!

 すべて土間にしてしまうと

 牛のアクセスが多いブラシゾーンが

 ぐちゃぐちゃになってしまうためコンクリートを

 敷きましたが、

 やはり牛を観察していると

 あえてコンクリートなどの硬いところには

 あまりいないとのこと

 確かに、人もずっと硬いところに立っていると

 疲れますよね

 

②コンクリート部分はダイヤ目にして

 スリップ防止&水はけを良くしています

 さらに、少しでも硬い突起があると

 蹄を痛めてしまうとのことで

 表面を丁寧に削り、コンクリの突起をゼロにしました

 

 

しっかりと牛のことを考えて設計をしており

素晴らしいなと思いました。

 

僕もこんな優しい男になりたい。

By 礒 匠 on 2019/09/30 18:28

 

皆さんこんにちは。

道東担当の礒です。

 

明日から消費税10%ですね。

月末だというのに僕の財布は冷え切っています。笑

 

 

さて、先週は釧路・根室地方へ出張に行っていました。

 

最高の天気が続き

2番草も終盤に差し掛かり

デントコーンを作っている農家さんは

収穫が始まったところもあるようでした

(根室地方では気候的にデントコーンを作らない人も多数)

 

ある搾乳&和牛繁殖の複合経営の農家さんへ行くと

草を刈り終わったためトラクターを洗車していました

 

2番牧草終わりましたか?」

と尋ねるとどうやら3番草だったようで

北海道では、3番草まで収穫する農家さんが

多くはないので話を聞いてみると

 

3番草は

手間はかかり、収量も1番、2番と比べて少ないのですが

柔らかいためか、なんといっても嗜好性が良く

育成牛には腹づくりとして草をしっかり食ってもらう

という面においては特に優秀だそうです

 

(全部ではないかもしれませんが)

150町もある莫大な採草地を

無駄にすることなく利用していますね!

 

そんなこの酪農家さんは

牧草主体で個体乳量こそ多くはないものの

牛を健康に長持ちさせ、疾病、繁殖面においても

上手に経営しています

 

いろいろとお話を聞かせてもらい

ありがとうございました!

By 礒 匠 on 2019/09/24 11:10

皆さんこんにちは

道東担当の礒です

 

 

先週行われました十勝和牛市場の結果を

お知らせします

 

勝早桜5 417頭   美津照重 189頭  花国安福 172頭    

幸紀雄 148頭  秋忠平 107頭 第1花藤 98頭  勝乃幸 75

美国桜 61頭  福増 58頭  諒太郎 55頭  隆之国 53頭  

光彦 48頭  百合白清2 46頭  福之姫 39頭  他

 

でした。

 

結果(税込)

 

性別   出場数  成立数     最高価格     最低価格     平均価格

メス   801      772    1,078,920   98,280     698,631

去勢   1,099    1,034   1,132,920   226,800   794,752 

 

先月比は

めすで約プラス1万2千円

去勢で約プラス2万円でした

 

下から中を買う強い購買者が入ったため下の値段は上がっていました

上は100万円を超える牛はほとんどおらず

血統、増体、牛の形と三拍子そろった牛のみが

90万円以上の高額となっておりました。

 

 

高く取引された牛は次の通りです(セリ価格)

 

去勢

福之姫-安福久-百合茂    307日齢 400㎏    982,000

百合白清2-安福久-勝忠平  287日齢 354㎏   942,000

勝早桜5-美国桜-安福久   256日齢 359㎏    942,000

福之姫-美津照重-忠富士   232日齢 340㎏    930,000

 

めす

美国桜-安福久-勝忠平    312日齢 379㎏    994,000

美国桜-安福久-百合茂    314日齢 320㎏   993,000

美国桜-華春福-百合茂    296日齢 319㎏   906,000

 

  

去勢では安福久母体、美国桜母体に

福之姫、百合白清2、勝早桜5がついた

大きくなりそうな増体の良い牛が高値で

 

めすは安福久の子が少なくなってきたためか

美国桜などを親に持つ牛が

おそらくは繁殖牛として高値で取引されていました。 Read More »

LED

By 礒 匠 on 2019/08/31 20:29

 

皆さんこんにちは。

道東担当の礒です。

 

さて、ある農家さんにお邪魔すると

いつもとは少し違う雰囲気が・・・

 

牛舎内がいつもよりも明るくなっていました

 

話を聞くと、LED蛍光灯に変えたとのこと!

 

昔ながらの牛舎で外からの光もあまり入らず

比較的暗い牛舎だったのですが

本当に明るく、特に暗い時間の作業の効率がアップ

子牛も見やすくなり、普段の健康管理なども

以前に比べて楽に確実になったそうです。

 

電気代削減と寿命も長いLED

少し調べてみると

紫外線をあまり含まないLEDの光には

害虫が集まりにくいそうです

 

そういった意味でも

牛舎でLED蛍光灯を導入するのも一つの手ですね

By 礒 匠 on 2019/08/26 10:31

 

みなさんこんにちは

道東担当の礒です

 

北海道はお盆が過ぎ、秋の気配を迎えております。

先週の雨に打たれ、僕は少し風邪気味です。

 

 

先週行われました十勝和牛市場の結果を

お知らせします

 

 

勝早桜5 402頭  花国安福 212頭 美津照重 161頭 

秋忠平 160頭  幸紀雄 148頭  第1花藤 120頭 

美国桜 84頭  諒太郎 75頭  福増 70頭  勝乃幸 69頭 

光彦 67頭  隆之国 51頭  

勝平1 47頭  金太郎3 47頭  百合白清2 41頭   他

 

でした。

 

結果(税込)

 

出場数

成立数

最高価格

最低価格

平均価格

めす

875

776

1,205,280

109,080

686,353

去勢

1,229

1,076

 1,088,640

163,080

775,311

 

 

で先月比は

めすで約マイナス5万円

去勢で約マイナス3万5千円でした

 

 

高く取引された牛は次の通りです(セリ価格)

 

去勢

福之姫-安福久-勝忠平   291日齢 369㎏   1,008,000

若百合-華春福-安福久    280日齢 384㎏   953,000

福之姫-美津照重-百合茂   245日齢 344㎏    896,000

福之姫-諒太郎-紋次郎   273日齢 350㎏    891,000

 

めす

安福久-百合茂-第1花国   296日齢 298㎏   1,116,000

福之姫-安福久-百合茂   321日齢 354㎏    1,101,000

< ... Read More »