自然環境の調和を保ちつつ地球に優しい持続的農業を提案します。

Author: 中紙育朗 Created: 2016/04/01 13:37
沖縄と鹿児島離島を担当することになりました。よろしくお願いします。

By 中紙育朗 on 2019/10/31 13:08

 

 

現場には行っていないのですが、先日29日に行われました、

 

第61回宮崎県畜産共進会の結果を書きたいと思います。

 

 

出場頭数  去勢   90頭    メス    10頭    合計頭数  100頭

 

       

平均値   

 

枝重      去勢   533.9キロ   メス   494.7キロ

 

ロース芯   去勢    74.0㎠    メス    77.6㎠

 

BMS     去勢    10.5      メス    10.3

 

全100頭の内、3代祖 安福久は5頭でした(全て去勢)

 

 

 

 

以下、入賞牛の結果を書きます。

 

グランドチャンピオン       ㈱石川牧場  様

 

去   秀正実ー平忠勝ー美穂国   枝重  541.8キロ  ロース芯 76.0㎠

    バラ厚 8.8㎝   推定歩留  75.3  BMS 12  

    枝肉単価  9,300円   販売金額  5,038,740円

 

以下入賞牛もすべてBMS12です。

 

2席

去   耕富士ー秀菊安ー安福久   枝重   497.7キロ  ロース芯 93.0㎠

     バラ厚 9.7㎝  推定歩留  80.5

    枝肉単価  5,500円   販売金額  2,737,350円  

 

3席

去   義美福ー秀菊安ー福之国   枝重   517.5キロ  ロース芯 80.0㎠

     バラ厚 9.5㎝  推定歩留  77.8

     枝肉単価 5,010円   販売金額  2,592,675円

 

4席

去   美穂国ー忠富士ー福之国   枝重  516.1キロ  ロース芯  85.0㎠

     バラ厚 9.8㎝  推定歩留  77.1

     枝肉単価 4,830円  

 

5席

去   義美福ー秀菊安ー忠富士   枝重  506.4キロ  ロース芯  93.0㎠

     バラ厚 10.0㎝  推定歩留 79.5

     枝肉単価 4,530円

 

6席

去   義美福ー平忠勝ー美穂国   枝重  557.8キロ  ロース芯  86.0㎠

    バラ厚  10.7㎝  推定歩留  79.2

     枝肉単価 4,400円

 

7席

去   耕富士ー秀菊安ー勝平正   枝重  532.6キロ  ロース芯  86.0㎠

    バラ厚  9.7㎝   推定歩留  77.7

    枝肉単価  4,360円

 

8席

去   秀正実ー忠富士ー安福久   枝重 515.1キロ  ロース芯  68.0㎠

    バラ厚  8.1㎝  推定歩留  74.5

    枝肉単価  4,220円

 

9席

去  耕富士ー美穂国ー福之国   枝重  555.9キロ  ロース芯  82.0㎠

    バラ厚  10.3㎝  推定歩留 76.3

    枝肉単価  4,140円

 

10席

去  真華盛ー忠富士ー安福久   枝重  582.5キロ  ロース芯  94.0㎝

   バラ厚   11.0㎝  推定歩留  79.8

   枝肉単価  4,090円  

 

 

 

受賞者の皆さま、おめでとうございます(*^^*)

 

枝肉相場が低く推移しておりますが、これほどの枝肉単価がついて嬉しく思います。

 

血統の事では、当たり前なのですが入賞牛以外にも秀菊安、安福久が

 

2代祖、3代祖に入っている牛が出場しており安定して好成績でした。

 

宮崎県種雄牛の中で今もっとも期待の満天白清は今回出場していませんでしたが、

 

一部?農家さんに注目されている富久竜のメスは10頭中4頭出場していました。

 

参考までにですが、書きたいと思います。

 

富久竜(忠富士ー安福久ー糸藤(鹿))

 

出場番号順

 

メス 富久竜ー梅福6-百合茂  枝重 477.8キロ  ロース芯83㎠  BMS 10

 

メス 富久竜ー美穂国ー福之国 枝重 480.2キロ ロース芯 77㎠  BMS 10

 

メス 富久竜ー百万石ー忠富士 枝重 508.3キロ ロース芯 83㎠  BMS 11

 

メス 富久竜ー福之国ー安平  枝重 485.5キロ ロース芯 73㎠  BMS  7

 

 

以上のような結果でした。

 

何かの参考になりましたら幸いです。

 

 

 

By 中紙育朗 on 2019/10/29 15:40

 

 

子牛を自然哺育(親付け)されている農家さんに向けて書きたいと思います。

 

子牛のスペースを作っている農家さんがほとんどですが、

 

まだ作っていない農家さんは是非、出来そうな方法を紹介させて頂きますので

 

参考にして頂ければと思います。

 

 

 

 1つ目は制限哺育の農家さんになります。

 

 

 

木の板で仕切り、哺育の時は板を上げ子牛を親につけてあげます。

 

 

(子牛のスペースは3メートル×2メートルくらいだと思います)

 

分娩房が縦に長く、ゆとりがある牛舎でしたら改築は必要ですが

 

可能かと思います。

 

母牛、子牛の管理がしやすく、制限哺育ですので母牛の発情回帰もさせやすい

 

かと思います。

 

 

2つ目は木の棒で子牛のスペースを作っている農家さんになります。

 

 

 

 

 

 

木の棒の高さは母牛の首に当たるくらいだと、入って来れないそうです。

 

木の棒をひもで縛っておく方法であれば、手軽に出来ると思いますし

 

位置を変える時も、除糞の時も楽だと思います。

 

 

もし1つの分娩房にゆとりがなく、子牛のスペースを作ってしまうと狭く

 

なってしまう牛舎では、分娩が近い牛と合わせて2スパン(1群を2頭)で

 

飼うのも1つの方法かもしれません。

 

もちろん、スターター、水、粗飼料を子牛が食べやすい高さで設置し

 

綺麗な状態を維持して頂ければと思います。

 

 

 

 

子牛の発育が変わってくると思います。

 

 

By 中紙育朗 on 2019/10/28 13:46

 

 

与論島のある和牛生産農家さんが、とても上手く堆肥を作っていました。

 

その農家さんの方法を紹介をしたいと思います。

 

特に、敷料が手に入りにくい地域の農家さんの参考になりましたら幸いです。

 

 

 

堆肥作りで大切な水分調整ですが、、、

 

 

天気のいい日に糞出しをして、パドックに広げ天日干しをされています。

 

(水分量は強く握ったときに少し水分が出るくらい)

 

水分量を調節した後は、、、

 

 

写真のようにカマボコ型に積んでいます。

 

カマボコ型に積むことにより、余分な水分を出し、好気性菌と嫌気性菌をバランス良く

 

共存させ発酵、分解を促しています。

 

水分量を調節した後にカマボコ型に積み、1~2週間後に最初の撹拌。

 

その後、徐々に撹拌頻度を減らすそうです。

 

 

出来上がった堆肥は、畑に入れたり、一部は水分調整・種堆肥として、

 

また、戻し堆肥として床にも使われているそうです。

 

今では、その良い流れが出来ている との事でした。

 

 

最初に上手くいくまでは手間がかかり試行錯誤があるかもしれませんが、

 

一度上手く回り始めると良い循環が続くのかもしれません。

 

 

その一歩を踏み出してみませんか。

 

 

By 中紙育朗 on 2019/09/20 15:57

 

 

皆さま、こんにちは!!

 

遅くなってしまいましたが、前回に引き続き入賞牛の結果を

 

書きたいと思います。

 

 

 

 

銅賞1席     佐賀県

 

平茂晴ー百合茂ー安福久    28ヶ月齢    枝重  543.6キロ  BMS  12

ロース芯   100.0㎠    バラ厚  10.5㎝     枝肉単価  4,500円

 

 

 

 

以下銅賞は出品番号順になります。

 

 

 

熊本県

 

美津百合ー安福久ー勝忠平    28ヶ月齢   枝重  497.6キロ  BMS 12

ロース芯   91.0㎠     バラ厚   8.8㎝      枝肉単価  4,200円

 

 

 

 

鹿児島県

秀幸福ー華春福ー安福久   29ヶ月齢    枝重  583.9キロ   BMS  12

ロース芯   92.0㎠    バラ厚   10.3㎝     枝肉単価  4,000円

 

 

 

 

宮崎県

耕富士ー美穂国ー忠富士   29ヶ月齢   枝重  547.5キロ  BMS  12

ロース芯   92.0㎠    バラ厚   10.1㎝     枝肉単価  4,500円

 

 

 

 

福岡県

 

華春福ー喜亀忠ー金幸福    29ヶ月齢   枝重  575.6キロ   BMS  12

ロース芯   130.0㎠     バラ厚  9.6㎝     枝肉単価  4,000円

 

 

 

 

 

受賞者の皆さま、おめでとうございます(*^^*)

 

入賞牛のほとんどが安福久母体ですが、その中でも枝肉はそれぞれ全然違う

 

ので直接見に行く事ができて、とても良かったです。

 

また来年も、中州ではなく九連を目的に?行きたいと思います

 

 

By 中紙育朗 on 2019/09/12 13:23

 

 

皆さま、こんにちは!!

 

今日は、結果を書きたいと思います。

 

 

 

金賞  鹿児島県   ㈱宮路ファーム    様

 

華春福ー隆之国ー安福久    29ヶ月齢   枝重 565.9キロ   BMS 12

ロース芯 117.0㎠     バラ厚  10.5㎝   枝肉単価 10,000円

 

 

 

 

 

銀賞1席     長崎県

百合幸ー安福久ー平茂晴   29ヶ月齢   枝重  568.4キロ  BMS  12

ロース芯  110.0㎠    バラ厚  9.3㎝    枝肉単価  6,000円

   

 

 

 

銀賞2席   鹿児島県

直太郎ー安福久ー平茂勝    29ヶ月齢  枝重  569.3キロ  BMS  12

ロース芯   97.0㎠     バラ厚  9.5㎝    枝肉単価   5,500円

 

 

 

 

銀賞3席    熊本県

芳之国ー安福久ー勝忠平   29ヶ月齢  枝重  564.0キロ   BMS 12

ロース芯   109.0㎠    バラ厚  9.5㎝    枝肉単価   5,000円

 

 

写真で見るのと、実際に現場で見るのでは少し違って見えるかと思いますが、、、

 

 

受賞者の皆さま、おめでとうございます(*^^*)

 

全て書きたかったのですが、長くなってしまうので、

 

また次回書きたいと思います。

 

 

By 中紙育朗 on 2019/09/11 13:43

 

 

皆さま、こんにちは!!

 

先週の7日(土)に開催されました

 

第43回 九州管内系統和牛枝肉共励会について、書きたいと思います。

 

 

 

 

 

 

9月4日、岩本部長のブログで、すっかり僕のヤマシイ気持ちを

 

読み取られてしまいましが・・・

 

 

 

ナカースー楽しいです

 

 

さて、この九州管内系統和牛は九州・沖縄の各県から17頭出品され合計136頭

 

で競われました。

 

ほとんどの牛が黒毛和種の去勢なのですが、そのうち黒毛のメスは6頭

 

褐色のメスが1頭いました。

 

昨年も書きましたが、着体重が870キロ以下という決まりがあり、

 

そこがとても難しい点だと思います。

 

超えてしまいそうな牛の場合、エサを減らす調節をされたのではないかと

 

思います。

 

出品された農家の皆さま、またその農場で働く皆さま、お疲れ様でした。

 

 

個人賞の前に、団体賞の発表をしたいと思います。

 

 

団体優秀賞は、鹿児島県でした。

 

平均BMS 11.5     平均枝重  534.0キロ

 

個人では、金賞、銀賞2席、銅賞と3つを獲得。

 

今年で4連覇になりました。

 

凄いですよね。

 

 

熊本県も平均BMSが11.2とかなり高いと思いました。

 

 

個人賞については、また次回書きます。

 

よろしくお願いします。

 

 

By 中紙育朗 on 2019/08/29 6:56

 

 

皆さま、こんにちは!!

 

僕の担当させて頂いている地域(鹿児島本島・離島・宮崎・沖縄地区)では

 

ひと言で暑さと言っても条件が変わってきますので、いろいろな暑熱対策が

 

されています。

 

また屋根の素材もさまざまですので、それに合わた対策が大切になってくると

 

思います。

 

今回はおおまかではありますが、僕がいまみている暑さ対策で良いと感じた事を

 

書きたいと思います。

 

 

 

鹿児島本島・宮崎での僕のおススメ対策は、屋根から水を流してあげる方法です。

 

 

とても見えにくいかと思いますが、こちらの農家さんでは川からポンプで水を汲み上げ

 

園芸用の散水ホースを屋根に乗せて水を流しています。

 

具体的な数字はないのですが、牛舎の外と中では明らかに差があり

 

とても涼しく感じました。

 

日差し避けがあったのも、良かったからだと思います。

 

 

牛の体表にミスト+風でもいいのかもしれませんが

 

「逆に牛舎内が蒸し暑くなった気がする」との声をお聞きします。

 

ある鹿児島の農家さんはミストは気温が30度以下までだと思うと言われていました。

 

 

 

 

日差しが強くなってくる沖縄や鹿児島離島地区では、屋根をペンキで白く塗る、

 

屋根の内側にベニヤ板をつけてしまう方法がおススメです。

 

沖縄では屋根も柱もすべてコンクリート作りの牛舎もありますので、

 

その場合を除き、畜産ナミイタ(塩ビ)や金属で出来た屋根や壁などは

 

良いと思います。

 

特に、金属で出来た素材の物は、熱も吸収しやすく放熱性が良いので

 

牛舎内はとても熱くなります。

 

牛の熱中症になる確率も高いと思いますので、是非試して頂きたいと思います。

 

 

 

 

最後にどの地域にでも

 

扇風機と新鮮な水を飲ませてあげる事が、とても大切になりますので

 

よろしくお願いします。

 

何かの参考になりましたら幸いです。

 

 

By 中紙育朗 on 2019/08/24 6:44

 

 

皆さま、こんにちは!!

 

先日まで2日間行われました、種子島子牛セリについて書きたいと思います。

 

 

 

出場頭数(欠場牛を含む)

 

去   316頭       メス    219頭        合計頭数   535頭

 

平均価格(税込み)

 

去   74.5万     メス    61.6万       合計平均   69.4万

                                 前回比   - 3.7万

 

 

8月に入り枝肉相場が下がっていますので、その影響で子牛の平均価格も

 

下げたと思われます。

 

全体的な牛の印象ですが、暑さが厳しい中にも関わらず、種子島らしく良い牛

 

が多かったと僕は思いました。

 

暑さが続くかと思いますので、新鮮な水を飲ませてあげたり、扇風機の台数を

 

増やされるなど暑さ対策をして頂ければと思います。

 

よろしくお願い致します。

 

 

種雄牛別出場頭数(上位10)※欠場牛を含む

 

華春福     102頭

美国桜      73頭

幸紀雄      63頭

諒太郎      53頭

直太郎      40頭

秀幸福      35頭

実有貴      28頭

喜亀忠      24頭

隆之国      18頭

若百合      11頭

 

 

高値だった去勢の結果を書きたいと思います。

 

 

紀多福ー安福久ー平茂勝ー忠福   237日  258キロ  105.6万(セリ価格)

 

 

紀多福ー安福久ー勝忠平ー金幸   218日   251キロ    100.0万

 

幸紀雄ー安福久ー平茂勝ー金幸   260日   273キロ     99.0万

 

華春福ー安福久ー百合茂ー糸福(鹿) 254日  259キロ     96.0万

 

華春福ー安福久ー金幸ー安平照   255日   266キロ     93.4万

 

幸紀雄ー安福久ー百合茂ー安平   258日   251キロ     92.6万

 

華春福ー安福久ー金幸ー神高福   223日   284キロ     90.0万

 

 

最後に僕の好みだった牛を書きたいと思います。

 

実有貴ー安福久ー勝忠平ー安平   235日   294キロ    84.1万

 

 

 

 

何かの参考になりましたら幸いです。

 

 

By 中紙育朗 on 2019/08/18 21:14

 

皆さま、こんにちは!!

 

今月6日(火)に行われました、与論島の共進会に行かせて頂きました。

 

台風の影響により開催が心配されましたが、無事開催されました。

 

 

 

 

第1部   10カ月齢~14ヶ月齢      出場頭数    16頭

 

第2部   15ヶ月齢~21ヶ月齢      出場頭数    12頭

 

で競われました。

 

早速ですが、結果を書いて行きます。

 

 

 

第1部  

 

1席    諒太郎ー華春福ー金幸     体高 125.2㎝   体重  411キロ

 

 

2席   諒太郎ー百合茂ー金幸      体高  126.4㎝   体重 412キロ

 

3席   幸紀雄ー華春福ー安平吉    体高  125.2㎝   体重  408キロ

 

 

続いて第2部になります。

 

1席    諒太郎ー美国桜ー百合茂   体高  127.0㎝   体重  453キロ

 

 

2席   秀幸福ー忠茂勝ー金幸     体高 128.0㎝    体重  452キロ

 

3席   茂勝朗ー華春福ー勝忠平    体高 128.0㎝   体重  418キロ

 

 

 

グランドチャンピオンは

 

 

第2部で1席だった、諒太郎ー美国桜ー百合茂でした。

 

こちらの農家さんは、昨年もグランドチャンピオンを獲っておりますので、

 

2連覇になります。

 

皆さま、おめでとうございます(*^^*)

 

僕個人的には、共進会に行かせて頂いたのは、初めてでした。

 

イメージするだけでは無く、共進会場で現場の雰囲気や牛を実際見る事が出来た

 

ので、とても良かったです。

 

共進会という意味では少し内容が逸れてしまうかもしれませんが、

 

グランドチャンピオンの諒太郎ー美国桜の掛け合わせは、

 

肉質の面で魅力的ではないかと思いました。

 

おそらく逆の掛合わせで、美国桜ー諒太郎でも良さそうな気がします。

 

 

皆さま、お疲れ様でした。

 

色々とお世話になり、ありがとうございます。

 

また来年行かせて頂くかもしれませんが、その際はよろしくお願い致します。

 

 

By 中紙育朗 on 2019/07/31 16:48

 

 

皆さま、こんにちは!!

 

九州・沖縄地区担当の中紙です。

 

今、僕は九州にいるのですが、めちゃ暑いです。

 

24日梅雨明けが発表され、まさに夏本番です。

 

北海道では体感できない気温プラス湿度に、汗がすごいです。

 

べちゃべちゃになった僕を見ても、引かないでください笑

 

 

 

さて本日行われました、曽於中央家畜市場の3日目に行かせて頂きましたので

 

書きたいと思います。

 

 

3日目 出場頭数(欠場牛を含む)

 

去    204頭     メス    185頭       合計    389頭

 

 

3日目 平均価格(税込み)

 

去   86.1万    メス     75.9万     合計平均  81.3万

                           前回3日間合計比  - 1.5万

 

 

3日目種雄牛別出場頭数(上位10)※ 欠場牛を含む

 

華忠良      61頭

華春福      47頭

美国桜      35頭

諒太郎      34頭

喜亀忠      33頭

幸紀雄      22頭

直太郎      20頭

秀幸福      20頭

百合久      19頭

隆之国      13頭

 

 

僕の個人的な全体の牛の印象としては、少し!?体重を乗せ過ぎている牛が

 

いたように思います。

 

それだけ牛に食い込む力があったという側面もあるかと思いますが、

 

もう少し配合飼料の量を抑えられてもいいのかもしれません。

 

また、知っている生産農家さん達が、セリ前に牛を見て回っている姿を見て

 

とても嬉しく思いました。

 

是非ほかの地域の皆さまにも、血統、日齢、体重、価格だけではなく

 

牛を見て頂けたらと思います。

 

 

 

それでは、僕が見ている範囲内で高値だった去勢の結果を書きたいと思います。

 

 

華春福ー安福久ー勝忠平ー金幸    294日  315キロ  110.8万(セリ価格)

 

華春福ー安福久ー百合茂ー金幸    275日  367キロ  106.8万

 

諒太郎ー百合茂ー安福久ー平茂勝  285日  317キロ  100.0万

 

華春福ー安福久ー平茂勝ー安平   288日  321キロ    98.3万

 

華忠良ー百合茂ー安福久ー平茂勝  301日  330キロ   98.2万

 

諒太郎ー百合茂ー安福久ー勝忠平  298日  316キロ   90.5万

 

 

ちなみにメスでは、美国桜ー百合茂ー平茂勝ー神高福で

 

110.9万円の牛がいました。