自然環境の調和を保ちつつ地球に優しい持続的農業を提案します。

日記カテゴリー


株式会社ラボジェネター

〒080-0106
北海道河東郡音更町東通
20丁目2番地9

ブログカレンダー

Archive
<August 2009>
SunMonTueWedThuFriSat
2627282930311
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
303112345
Monthly
2019年8月
2019年7月
2019年6月
2019年5月
2019年4月
2019年3月
2019年2月
2019年1月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
Author: 岩本尚吾 Created: 2008/08/28 14:32
東北、九州地区担当。岩本尚吾のブログです

By 岩本尚吾 on 2009/08/17 18:12

福岡県の暴れん坊!?のところへ行って来ました。

 

 

 

11 29 (いいにく) は 肥育農家さんのこだわりです。

 

11 29 好きです。 

 

“ 豪 ” !?  これは初めて見ました・・・

 

 

 

          ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

 

 

まさか!? ・・・

 

これから流行るのでしょうか・・・

By 岩本尚吾 on 2009/08/07 22:16

薩摩中央家畜市場に行って来ました。

 

 

          

 

初日(4日)に行ったのですが、

種雄牛別 出場頭数は

安福久 去勢 99頭 メス 77頭 計 176頭

平茂勝 去勢 38頭 メス 25頭    63頭

百合茂 去勢 36頭 メス 25頭    61頭

勝忠平 去勢 27頭 メス 31頭    58頭

・・・
                   合計 438頭

 

この4頭だけで、8割以上になります。 

 

スゴイ・・・

 

この日は、佐賀県 唐津の方達が、安福久のメス牛を買いに来ていて、

 

”65万くらい出せば、良い素牛買えますよ” 

 

なんて話していたのですが・・・

 

セリが始まると・・・

 

青森を含め、色々な地域から 安福久のメスを買いに来ていて・・・

 

いつもに比べ、安福久のメスが10万円くらい高い!? ということでした。

 

85万円以上の子牛もいました。

 

ちなみに、二日間の平均は メス 47.7万円 去勢 42.1万円(税込)でした。 

 

夏休みということで、子供達が多く、ステキな光景でした。

 

 

          


元気な牛飼いになってね。

 

☆ここでも美味しそうなお尻!?を発見しました。  100頭に1頭!? のお尻です・・・

 

By 岩本尚吾 on 2009/08/04 0:41

鹿児島の松本大策先生を唐津(佐賀県)へ招聘し、勉強会を開催しました。

 

 

 

松本先生を囲んだ勉強会 ”天文塾” は、今回が7回目でした。

 

先ずは、16時から18時まで 勉強会開催。

 

 

          

 

先生の講演を聴くと、元気が出ますので、何時間でも聴きたくなります。

 

しかし、時間の都合により、無理矢理終わらせるようにしてしまい、松本先生 申し訳ありませんでした。

 

といいますか


毎回!? 早く終わらせてしまい、申し訳ありません。

 

その後 懇親会 二次会 三次会・・・

 

☆ちなみに、二次会、三次会の写真は、個人情報保護法!?のこともあり、載せていません。

 

ホテルに戻ったのは2時過ぎでした・・・

 

今回は、佐賀の方達だけでなく、長崎や福岡、鹿児島の方も参加していました。

 

色々と、情報交換できたと思います。

 

そして・・・

 

早速ですが、本日(4日)


勉強会に来ていた佐賀の方が、同じく勉強会に来ていた鹿児島の方の牛舎を見に行くということです。

 

このように交流して頂くとバリ嬉しいです。

 

このフットワークの軽さが、勝利を生む!? と思います。

 

篤農家と呼ばれる人は、間違いなく行動が早いです。

 

悩んだら、まず行動です。 

 

”考えること” も重要ですが、最も価値があることは ”行動すること” です。

 

いつも、そう自分に言い聞かせています・・・

By 岩本尚吾 on 2009/07/21 11:29

7月3日 福岡臨海市場 サマーミートフェアにて

交雑種の部 と 和牛の部 において アースジェネターファミリー(!?)のお二人がチャンピオンになりました。

☆勝手にファミリーにしてしまいました。申し訳ありません。

 

おめでとうございます!!!

 

今度、北海道からヤマシイもの!?買っていきます・・・


☆交雑種の部 チャンピオン

父 北乃大福 

枝肉重量 556キロ BMS 7 単価 1701円

福岡県  高手ファーム さん

 

☆和牛の部 チャンピオン

安茂勝ー紋次郎ー糸晴 

枝肉重量 488キロ BMS 12 単価 3039円 

熊本県  斉藤新一・公介 さん 

 

☆斉藤牧場の写真です。

          


褐毛の母牛が、黒毛の子牛を産んでいます。

斉藤牧場にはよくある光景です。

受精卵を上手に活用しながら(5等級を出した母牛の子を残しながら)、母牛の改良をしています。

一貫経営の理想の姿ではないでしょうか。

By 岩本尚吾 on 2009/07/14 13:41


鹿児島の繁殖農家さんのところへ行って来ました。

 

 

                   

 

いつ行ってもキレイにしています (人工哺育の牛舎です)。

 

美味しそうな!?オシリです。

 

 

上手に増し飼いしているので、産まれる子牛もかなり大きいです。

 

そして、牛の管理も良く、セリに出る子牛は もちろん 発育良いです。

 

☆ちなみに、アースジェネターは使っていません。


 すいません。 余談でした。

 

しかし・・・

 

牛の割には、セリ値が安いのです。

 

問題は・・・

 

きっぱり!!

 

血統 と 母牛の改良 です。

 

人気精液が手に入りやすいところなら良いのですが、ここの地域は違うのです。

 

鹿児島の方でさえ、地域によっては、精液の確保もバリ重要になってきます。

 

県外の方なら、なおさら重要かもしれません。

 

Kさん 牛で儲かりましょう!!

 

”牛は儲からないので、株でもやろっかなぁ” なんて言わないで下さいね!!!

 

By 岩本尚吾 on 2009/07/10 9:32

 

鹿児島のさつま町にある 徳重和牛人工授精所へ行って来ました。

 

☆まずは百合茂

 

 

 

☆そして、安福久  こっち向いてね 

 

 

☆キュート!?な 安平幸(安平ー神高福ー第20平茂)

 

☆期待の美国桜(第1花国ー美津福ー紋次郎)を眺める 中村さん

 

☆勉強中の皆様

          

 

☆気合いの!?擬牝台  

 

今回は、大分の繁殖農家さん達が勉強に行くということで、強引に!?参加しました。

 

僕の参加は突然だったのですが、見学を快く受けて頂き、徳重さんありがとうございました。

 

授精所には、百合茂、安福久、亀勝、安平幸、福華1、五十嵐468、美国桜、薩摩隼人など
今をときめく パンチのある!?種雄牛達が揃っていました。

 

彼らが、繁殖農家さんだけでなく、肥育農家さん、お肉屋さん、
そして、
消費者の方(お肉って美味しいです)にも幸せを与えてくれると思います。

 

もちろん、鹿児島には、徳重さんの種雄牛だけでなく、
勝安竜、隆之国、鉄平、勝糸福、福雄峰、勝次郎、佐須気、大志、茂安福などなど
たくさんの名牛候補達がいます。

 

とにかく、良い結果が出てくれると嬉しいです。

 

By 岩本尚吾 on 2009/07/06 18:14

鹿児島のT牧場へ行って来ました。 

 

 

                   

 

 

 


ちょっとした工夫で3倍の力!?を発揮します。

 

T牧場にはオモシロイことが盛り沢山です。

 

このような柔軟な考えが、母牛200頭の牧場にしたのだなぁ、と思います。 

 

皆様の周りにも、ちょっとした工夫で変わるものがあると思いますよ。

By 岩本尚吾 on 2009/06/17 13:40

 

大分県の繁殖農家さんのところへ行って来ました。

 

 

おーーっ!!

 

 

         

 

血統が揃っています。

 

もちろん、飼養管理も良いので、子牛も元気が良く、セリでも高値で販売しています。

 

このように母牛の改良ができていると、セリでも楽しみが増えると思います。

 

周りの農家さんは、

 

”あそこは血統が揃っていてウラヤマシイ”

 

”でも、うちにはそんなお金無いけんね・・・”

 

と言います。

 

ただ、最初からこのように揃っていたわけではありません。

 

当り前なのですが、一歩一歩 改良してきているのです。

 

今日つけた精液が、子牛となって生まれ、セリに出るまで約18か月。

 

セリに出した子牛を繁殖母牛として残し、その子が、子牛を産むまで、約14か月。

 

改良には時間がかかります。

 

今、始めなければ、18か月後のセリの時に、

 

”この牛は血統が悪いけんね・・・”

 

なんて言ってしまいます。

 

それは、18ヶ月前の自分が選択していることなのです。

 

セリに出す子牛は、繁殖農家さんにとっての通知表みたいなものです。

 

自分が育てた子牛の文句を言っていても何も始まりません。

 

とにかく、一歩一歩 できることからやっていきましょう。

By 岩本尚吾 on 2009/06/07 23:05

佐賀県の肥育農家さんのところに行ってきました。

コクシジウムの牛が出て困っているということで、今年からアースジェネターの給与を始めています。

コクシジウムの場合、1頭病気にかかり、治療して終わり、の場合は良いのですが、
1頭出たら同じ群の牛にうつり、それが治まったと思ったら、隣の部屋の牛達にうつり・・・
ということが起こります。

この方も、そうだったようです。

今は治まっていますが、気候の変化など 何らかのストレス がかかると、
コクシジウムが発症しやすくなります。

 

人間でもそうですが、牛達にとっても、ストレス は病気の原因の一つです。

 

皆様、できるだけ牛達にストレスのかからないような飼養管理をよろしくお願い致します。

 

もちろん、人間にもストレスがかからないようにして下さいね。

 

 

ところで・・・

 

 

この牧場には、馬達(肥育)もいます。

写真では分かりにくいのですが、かなり大きいです。 
北斗の拳のラオウ が乗っていた馬のような感じです。

つぶらな瞳です。

 

背中の高さが、僕の身長くらいはあると思います。

 

そして、出荷の時には1トンを超えるようです。

 

焼肉の時だけでなく、馬刺しを食べる時にも、感謝の気持ちを忘れないようにしたいと思いました。

By 岩本尚吾 on 2009/06/02 9:04

熊本県の酪農家さんのところへ行って来ました。

1頭当たりの乳量もかなり出していて、県内でもトップクラスの方です。

成績の良い農家さんって、牛舎を見れば分かります。
フリーバーンでこのようにキレイに保っている農家さんは少ないです。

                             

ところで、話は変わりますが、
どの酪農家さんにとっても、天敵!?がいます。

 


それは・・・

 

 

奥様  

 

 

ではありません。

 

それは・・・

 

乳房炎 という病気です。

 

乳房炎 さえなければ、我が家の経営はバッチリ!! という方も多いと思います。


といいますか、
乳しぼり と 乳房炎 は切っても切れない関係だから・・・

とあきらめている方も多いと思います。


実は、上記の酪農家さんも乳房炎で困っています。

乳房炎というのは、困った病気で、これをやれば大丈夫ということが無く、
気候の変化やエサ・牛床の状態、搾乳の仕方など些細な変化で病気になってしまいます。

今回、とりあえずは、

・搾乳(前搾り)方法の改善

・フットバス設置による蹄の消毒

・アースジェエター給与による腸内環境の改善、そして、善玉菌優勢のウンコによる環境改善

の3つを継続してやっていこうということになりました。


簡単に乳房炎を無くす方法は無いです。

少しづつでも改善できれば嬉しいなぁ と思っています。


今回は、比較的!? 真面目な内容で申し訳ありません。

今後の経過も報告していくつもりです。