自然環境の調和を保ちつつ地球に優しい持続的農業を提案します。

日記カテゴリー


株式会社ラボジェネター

〒080-0106
北海道河東郡音更町東通
20丁目2番地9

ブログカレンダー

Archive
<June 2010>
SunMonTueWedThuFriSat
303112345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930123
45678910
Monthly
2019年8月
2019年7月
2019年6月
2019年5月
2019年4月
2019年3月
2019年2月
2019年1月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
Author: 岩本尚吾 Created: 2008/08/28 14:32
東北、九州地区担当。岩本尚吾のブログです

By 岩本尚吾 on 2010/06/23 16:09

 

 

今月2日と3日に南北海道の子牛セリに行って来ました。

 

 

          

 

 

          

 

南北海道は、毎月セリがあります。 上場頭数は二日間で約1800頭。

 

頭数が多いので、予想通り!?セリのスピードはかなり早いです。

 

1時間で200頭以上は競っている気がします・・・ 

 

今回の平均価格は、メス 36.3万円 去勢 42.2万円(税込)

 

5月と比べ、約1万円高値でした。

 

種雄牛別上場頭数を見ると、

勝忠平 188頭

北平安 176頭

百合茂 163頭

糸福 155頭

安茂勝 153頭

茂勝栄 121頭

福栄 93頭

福安照 76頭

安福久 45頭

安糸福 40頭 

・・・

 

鹿児島県 と 事業団の血統が多かったです。

 

牛達を見て思ったのは、九州と比べ、かなり太っているなぁ、ということです。

 

体重が300キロから350キロというのは普通でした。 

 

 

スラっとしていて、腹のできている牛は少なかったです。

 

3~4年前の九州の子牛セリのようでした。 

 

あくまでも僕の主観なのですが・・・ 

 

北海道の牛達を肥育して、儲かってもらい、また買いに来てくれたら嬉しいです。

 

なんせ、自分だけ儲かろうと思ったら、いつかしっぺ返しが来ます。

 

もちろん、儲かって良いんです。 

 

相手も儲けさせれば、良いのですから・・・ 

 

☆北海道っぽい!?風景です。 北平安(ジェネティクス北海道)頑張っています!!

 

 


 

By 岩本尚吾 on 2010/06/17 10:08

 

 

こんな時だからこそ、焼肉だ!!と思い、お肉屋さんに行って来ました。

 

お肉屋さんとは仲良しなので、

 

牛刺しが出てきたり

 

 

          

 

食べ終わると、

 

おーーーっ!! 

 

 

肩ロースの牛刺しでした。 

 

そして、コロッケ、

 

 

その後、なぜか!?アジやイカまで・・・ 

 

 

ごちそうさまでした・・・ 

 

当たり前ですが、食べるばかりでなく、お肉も購入しました・・・ 

 

ちなみに、昨夜も8人で焼肉大会でした。

 

お肉 食べ過ぎと言われるかもしれませんが、食べ過ぎで良いんです・・・

 

といいますか、良いことにして下さい。 

 

今は、子牛セリが延期になっているばかりではなく、

 

枝肉単価も下がっています。

 

みんなで、お肉を食べ、元気モリモリ夏を乗り切っていきましょう!!

 

といいますか、

 

一刻も早い口蹄疫の終息を祈るばかりです・・・ 

 

 

 

 

By 岩本尚吾 on 2010/06/01 11:41

 

3か月前のことですが・・・

 

熊本のS牧場に行って来ました。

 

繁殖母牛を35頭管理している一貫農家さんです。

 

子牛セリでも牛を導入して、自家産の子牛と買ってきた子牛を肥育しています。

 

Sさんの肥育成績を見ると、圧倒的に自家産の方が良いです。

 

理由は、5等級以上が出た牛の母牛を残しながら、血統を改良しているからです。 

 

一貫農家さんのため、セリには基本的に子牛を出しませんので、血統はあまり関係ありません。

 

血統よりも、肥育成績が出ているかどうか、が問題です。

 

と言いながら・・・

 

データを見ると、セリで買ってきた子牛でも、BMS 10番出ていました。

 

その牛の血統は、岩手の菊安舞鶴でした。

 

さすが、血統はウソつかないと思いました・・・ 

 

もちろん、Sさんの飼養管理が一番重要なのですが・・・ 

 

ところで、昨年のことですが、牛舎を新しく建て、広くなりました。

 

 

          

 

肥育牛が28頭入る牛舎です。

 

正直に言いまして、今まで少し密飼いだったので、バリ嬉しかったです。

 

広くなったら、以前よりも、床の状態も良くなり、アンモニア臭も少なくなります。

 

そして、床の状態が良くなるので、床換えの回数も減り、

 

床換えの時間も節約でき、敷量のコストも減ります。

 

☆1頭当たり 6m2 あります。 直下型扇風機もついているので、かなり床持ちすると思います。

 

そして・・・

 

広くなると、牛達のストレスも少なくなり、病気も少なくなります。

 

よく食べて、よく寝て、以前と比べ、大きく育ちます。

 

ということは、枝肉重量も取れて・・・  儲かって・・・   

 

Sさん いただきます!! 

 

といいますか、今は枝肉単価も厳しいので、

 

産まれたきた子牛が、大きな病気(事故)も無く、無事に出荷されれば嬉しいです。 

 

 

By 岩本尚吾 on 2010/05/25 13:20

 

和牛の繁殖農家さんとオガクズを取りに製材所へ行きました。

 

 

4トンダンプを停め、工場の方達がお昼の時間を見計らって、作業します。

 

力だけは、あり余っているので、やる気満々でしたが・・・

 

僕は見てただけで、先輩が全部やっていました・・・

 

 

30分後終了。

 

”ショウゴ、これでいくらだと思う?”

 

4トンダンプ 満タンだから・・・

 

”んーー、2万円くらいですか?”

 

”実は☆00円なんだ、これでも2倍になったんだけど・・・”

 

マジでーーー!!     

 

もし、九州だったら、何十倍もしますよ。

 

っていうか、これで商売できるかも!? 

 

なんてヤマシイことを考えていたのですが・・・ 

 

何でこんなに安いのか質問すると・・・

 

以前(10年以上前だと思います)、製材所では、オガクズが大量に余っていて、

 

それを処理するため(燃やすため)業者にお金を払っていた、ということ。

 

その時、先代(先輩の義理の父)が、

 

”お金を支払って処理しているくらいなら、お金は払うからオガクズを利用しよう”

 

という話になり・・・  今にいたる、ということだった。

 

今となっては、オガクズ(敷料)不足のため、欲しい方もたくさんいるようだが、

 

むかしからのつき合いもあり、先輩が持って行っているとのこと。

 

毎週1回、オガクズを取りに来て、年間2万円!?ってバリ安いですよ。

 

 

牛舎に行ったら、牛達もフカフカのベッドで喜んでいました。 

 

快適に寝て、たくさん食べて、たくさん飲んで、また寝る・・・ 

 

牛達が元気に育っていて嬉しいです。 

 

ところで、話は変わりますが、

 

今、宮崎では口蹄疫で大変な事態になっています。

 

もちろん、皆さんご存知だと思います。

 

もしよければ、今、何ができるか考え、行動して下さい。

 

誰かのために何かをやることは、必ず自分に返ってきます。

 

僕は、今回の件で、横峯さくら さんが、バリ好きになりました。 

 

彼女が、寄付した金額もスゴイのですが、行動力に感動しました。

 

思っていても、実際に行動することは難しいです。

 

そして、今回、彼女が得たものは、スゴく大きいと思います。

 

ゴルフのことを全く知らなかった方達も、さくらちゃんの大ファンになっていますから・・・ 

 

 

By 岩本尚吾 on 2010/05/14 16:21

 

富良野にある藤井牧場(搾乳牛300頭)へ行って来ました。

 

 

社長の藤井雄一郎くん、奥さんの睦子(むつこ)さん(2人とも大学ラグビー部の後輩です)
そして、フレンチブルドッグのトンコ。

 

久しぶりに会って体重が20キロ以上増えているだろう 牛一郎よりも、

 

学生時代よりもセクスィ!?になっている むーちゃんよりも、

 

フレンチブルのトンコの筋肉ボディが気になります・・・ 

 

マジで凄かったです・・・   

 

ちょっとだけ!?ジェラスィーでした・・・ 

 

この筋肉は、やっぱり血(血統)なのかなぁ、と思いました。

 

ラグビーのチームメイトにサモアの方やトンガの方がいるのですが、彼らも筋肉スゴイです。

 

トンコの筋肉もサモアン系でした・・・ 

 

ところで・・・

 

藤井牧場の300頭の牛達は、14頭ダブルのパーラーで3回搾乳されています。

 

ちなみに、一般的な農家さんは、1日に2回搾乳です。

 

3回搾乳にすると、約10パーセント乳量が増えると言われますが、

 

仕事も増えるし、朝が早かったり、夜が遅くなったりと、なかなか難しいのです。

 

平均乳量は、1頭当たり11,000キロ以上(全道検定加盟農家約6000件中、87位)です。

 

☆藤井牧場の詳細は ⇒ http://www.fujii-bokujo.com/index.html

 

写真は少ししか撮っていないのですが・・・

 

片側に搾乳牛100頭ずつ入っているフリーストール牛舎です。

 

          

 

15年以上前に建てられた牛舎のようですが、今でも良い感じです。

 

当時としては、画期的な造りだったのだと思います。 

 

牛一郎のオヤジさんが大胆だったのだと思います。 

 

ミキサー車 と 事務所です。

 

          

 

牛だらけ!?です。 

 

今後の展開としては、頭数を増やすというよりは、チーズを作るなどしながら経営していくようです。

 

この日のお昼は、雄一郎の家でごちそうになったのですが、壁には・・・

 

 

牛一郎、お前ならやれるぞ!!

 

目標達成の際には、幻の鍋!?お願いしまっす・・・ 

 

 

By 岩本尚吾 on 2010/05/09 22:07

 

 先月初めのことですが、熊本を車で走っていると・・・

 

あっ!!

 

 

見たことある顔が・・・

 

 

大学の先輩であり、川上塾(九州で開催している受精卵の勉強会)塾長でもある 東ひでとし さんでした。

 

今月、市議会議員選挙があります。

 

ちなみに、東さんは、搾乳牛を80頭(乾乳牛含む) 和牛の繁殖母牛を20頭 飼育しています。

 

超 優良農家さんです。

 

☆ちなみに、昨年11月に開催した川上塾の時のブログです

        ↓↓↓↓↓

 http://www.labogenitor.com/tabid/77/EntryID/227/Default.aspx

 


東先輩、今月、選挙が終わりましたら、またやりましょう!!

 

北の大地から応援しております。 

 

ちなみに、東先輩は超 セクスィ!?ボイスです・・・ 

 

マジです・・・ 

 

セクスィーーボイス希望!?の方  は、是非、菊池までいらして下さい・・・ 

 

 

By 岩本尚吾 on 2010/05/04 21:27

 

先週は、中標津出張に行って来ました。

 

ちなみに、僕の住んでいる帯広から中標津まで約200キロ離れています。

 

帯広(十勝)も、酪農で有名なところですが、中標津も有名な場所です。

 

僕のイメージでは、中標津の酪農は、十勝よりも規模が大きく、十勝とは違い、放牧も盛んです・・・

 

これはあくまでも、僕のイメージです・・・ 

 

ところで、行き道ですが、峠を越えて・・・

 

まだ雪が残っています。 

 

といいますか、すこし、北欧みたいです・・・

 

ちなみに、北欧には行ったことありません・・・ 

 

そして、酪農家さんのところへ行って来ました。

 

搾乳牛は150頭。  80頭のつなぎ飼い牛舎があり、牛を入れ替えながら搾乳しています。

 

とにかく、牧場全体の作りが広いです。

 

☆育成牛・乾乳牛の牛舎

 

☆搾乳牛の牛舎(入れ替えの牛達用)

 

☆巨大なバンカーサイロ 

 

この牧場は、全てが大きかったです。

 

もちろん、規模だけなら、もっと大きいところはたくさんありますが、

 

こんなに広く、ぜいたくに牛を飼っているところは、あまり見たことないです。

 

できるだけ、牛達にストレスをかけないように育てる、という経営者の方の考えのようです。

 

今回は、社長のUさんとも話すことができましたが、とてもステキな方でした。

 

できる方(儲かっている方)というのは、確固たる自分の考えを持ちながら、

 

なおかつ、

 

周りの方の意見に耳を傾ける、というイメージがありますが、

 

社長は、まさしくそのような方でした。 

 

Uさん、ありがとうございました。

 

機会がありましたら、また話を聞かせて下さい。

 

今回の出張は、大学時代の友人が色々な牧場にアポを取って、案内してくれました。

 

ジュンタ ありがとね。 有意義な二日間でした。

 

九州が落ち着いたら、今度は俺が案内するよ。 

 

 

By 岩本尚吾 on 2010/04/20 17:45

 

宮崎で口蹄疫が出ましたね。

 

今朝9時半に、鹿児島の方から ”宮崎で口蹄疫が出たみたいよ” という連絡がありました。

 

その後は、色々な方に連絡したり、電話がかかってきたり・・・ の一日でした。

 

当たり前かもしれませんが、23日からの児湯家畜市場子牛セリは中止だと思います。

 

そして、これから、牛達の移動制限 や 出荷制限などあると思いますが、

 

牛達が無事、元気に出荷されますように・・・ 

 

実は明日から九州出張だったのですが、今回はキャンセルしました。

 

宮崎での焼肉大会や福岡での全国大会入賞記念パーティー!?などにも参加予定でしたが、延期です。

 

ちなみに、入賞したのは僕ではありません・・・ 

 

今、帯広は大雪です。

 

僕の気持の表れでしょうか・・・ 

 

といいますか、

 

口蹄疫が無事終息することを祈っております。 

 

 

By 岩本尚吾 on 2010/04/12 22:46

 

薩摩中央家畜市場に行って来ました。

 

 

出場頭数は二日間で594頭。

 

血統は、安福久 勝忠平 百合茂 平茂勝・・・

 

 

平均価格は、メス47.6万円 去勢43.0万円(セリ値) 前回平均より2.2万円高かったです。

 

メス高値の理由は、皆様ご存知の通り!?安福久です。 

 

素牛として導入しようと、青森や沖縄などから購買者さんが来ていました。

 

安福久のメスの場合、肥育としてもかなり成績が良いので、

 

肥育農家さんと繁殖農家さんが、ある程度の価格までセリあっています。

 

少し前の、安平がそうだったと思います。

 

ちなみに、去勢では、70万を超える牛もいました。

 

去勢の場合は、安福久よりも百合茂や勝忠平が人気だった気がします。

 

もちろん、血統だけでなく、表現型にもよるのですが・・・

 

ところで、

 

改めて言う必要は無いかもしれませんが、これからは間違いなく、安福久 母牛の時代になります。

 

今、少しずつセリに出ていますが、肥育農家さんの注目度が違います。 

 

もちろん、子牛価格も全然違います。   

 

ちなみに、昨日の豊肥(ほうひ)セリ(大分県)で、

 

”この牛は俺がセリ切るけん!!” と言って、

 

佐賀のMさんが、勝忠平ー安福久ー寿恵福 の 去勢 を 65万でセリ切りましたが、

 

このような光景が、今後よくある気がします・・・ 

 

 

安福久 母牛 恐るべし・・・ 

 

 

明日は玖珠セリ(大分県)に行って来ます。 

 

 

By 岩本尚吾 on 2010/04/06 9:47

 

 

大分の繁殖農家さんを三人連れて、鹿児島の肥育農家さんのところへ行って来ました。

 

そこには、3月のセリで70万を超えた牛がいました(中央の牛です)。

 

血統は、金幸ー安福久ー平茂勝(去勢)。 

 

金幸じゃなくて、百合茂だったらもっと高かったのかも・・・ 

 

ところで、

 

”この牛は他の牛と何が違うのですか?” という質問があり、

 

”もちろん、血統も違うんだけど、この毛の密生度が違う” と肥育農家さん言われ・・・

 

なるほど、と思いながら見ていました。

 

↓↓↓ の牛です。 現場で見ると、確かに違います。 

 

その後、牛舎を見て話をしたり1時間ほどがたち、帰り際に、

 

一人の農家さんが ”もし良かったら、あの牛さわってもいいですか?” と尋ねました・・・

 

 

そして・・・

 

 

その牛をさわる佐藤さん。

 

さわって欲しそうに!?近づいてきた別の牛も可愛がる佐藤さん。

 

”さわってもいいですか?” って聞ける佐藤さんって、やるなぁ と思いました。 

 

この一歩って、なかなかムズカシイです。

 

ちょっと恥ずかしかったり、初対面なのにずうずうしいと思ってしまったり・・・

 

この一歩が、今の佐藤さんを作っていると思います。

 

もちろんですが、佐藤さん、管理バッチリで、元気な子牛を育てています。

 

もちろん!?、アースジェネターは使っていません・・・

 

 

エッ 

 

 

といいますか、僕が佐藤さんと出会ったのも、子牛セリの時、突然話しかけられたからでした。

 

出会えたのは、佐藤さんの 一歩 のおかげです。 ありがとうございます。