自然環境の調和を保ちつつ地球に優しい持続的農業を提案します。

日記カテゴリー


株式会社ラボジェネター

〒080-0106
北海道河東郡音更町東通
20丁目2番地9

ブログカレンダー

Archive
<April 2011>
SunMonTueWedThuFriSat
272829303112
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
1234567
Monthly
2019年8月
2019年7月
2019年6月
2019年5月
2019年4月
2019年3月
2019年2月
2019年1月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
Author: 岩本尚吾 Created: 2008/08/28 14:32
東北、九州地区担当。岩本尚吾のブログです

By 岩本尚吾 on 2011/04/27 16:58

 

 

会社から車で1時間のところにある更別町のO牧場へ行ってきました。

 

ここは、搾乳牛を40頭、そして、繁殖母牛(和牛)を45頭飼っています。

 

 

☆つなぎ飼い牛舎の写真

 

 

☆和牛の子牛牛舎

 

 

☆良質のチモシーが一杯

 

 

 

☆チモシーのロール

 

 

 

”Oさん、今年はチモシーどのくらい収穫するんですか?”

 

と尋ねたのですが、

 

 

なんと・・・

 

 

な、なんと・・・

 

 

45町 と言っていました。

 

 

 

スゴイ・・・ 

 

 

 

和牛にも搾乳牛にも、給与するので、全て自分のところで消費するそうです。

 

 

ちなみに、45町は、東京ドーム約10個分の広さなのですが、

 

こう説明すると逆に!?よく分からない・・・ 

 

 

なんせ、スゴイ量!?のチモシーを収穫しています。

 


Oさんの、子牛達は良質の粗飼料をたくさん食べていて良い感じでしたよ。 

 

 

今月のセリでも高値で販売していましたし・・・

 

 

 

 

ごちそうになります・・・ 

 

 

 

といいますか・・・

 

 

お昼ご飯 ごちそうさまでした。 

 

 

 

By 岩本尚吾 on 2011/04/26 11:02

 

 

来月の薩摩中央家畜市場セリ名簿が届きました。

 

 

今回から・・・

 

 

 

伊佐市場と合同開催になります。

 

 

伊佐と言えば・・・

 

知る人ぞ知る、良い牛が多い地域です。

 

母牛の改良が早い地域でもあります。 

 

 

その伊佐 と 薩摩中央が合体して、毎月セリ(二日間)になるようです。

 

これから楽しみですね。 

 

 

種雄牛別出場頭数(二日間 817頭)では・・・

 

 

 

百合茂 と 安福久 で上場頭数の半分以上

 

その2頭に安平幸 と 勝忠平 を入れると、4頭で 約8割をしめます・・・

 

 

ちなみに、上場頭数 817頭の中で安福久母牛は 56頭でした。 

 

 

薩摩に行った際には、結果を報告します!!

 

 

行くかどうかは、まだ未定なのですが・・・ 

 

 

 

By 岩本尚吾 on 2011/04/13 13:16

 

 

後輩と一緒に十勝市場子牛セリに行って来ました。

 

 

 

市場は、会社から車で10分のところにあります。 

 

 

種雄牛別上場頭数や平均価格などは、

 

後輩が書いているので省略しますが(http://www.labogenitor.com/tabid/77/EntryID/526/Default.aspx

 

十勝の牛は、九州の子牛市場の牛と比べると、かなり太っています。

 

 

牛を買いに来ていた福岡の肥育農家さんとも話したのですが、

 

”十勝の太り方はスゴイよ!!” 

 

ということでした・・・ 

 

 

去勢では配合を7~10キロ以上!?くらい喰わせてるんじゃないかな、

 

って思います・・・

 

 

メスもかなりの過肥です・・・ 

 

 

ですので、この血統の並びだったら繁殖素牛として良いなって思う

 

安福久や百合茂、平茂晴、北乃大福、北平安がいても、思ったほど価格がしません。

 

 

安福久では60万を超えるメスもいましたが、

 

その他の血統では、50万を超える牛は、ほとんどいませんでした。

 

 

太り過ぎていて、繁殖素牛として導入できないんだろうな、って思います。

 

正直に言いまして、肥育としても、どうなのかな!?って思いました。 

 

 

300日 300キロの太らせた安福久のメスよりも、

 

配合飼料の量を減らし、良質の粗飼料を増やした

 

300日 260キロのスッキリした安福久の方が高く売れるのになぁ、

 

と思ってしまいます。

 

 

血統の良いメス牛を見るたびに、特にそう感じました。 

 

 

ちなみに、

 

去勢は、50万を超えると、何人か(二人!?)の争いになっていたようで、

 

発育の良い牛の場合、50万円を少し超える牛が多かったかなって思います。

 

血統的に見ると、特に、百合茂が高いように感じました。 

 

同じ牛だったとしても、3万円くらい高かったのかな、って思います。

 

 

昨日の去勢の最高価格は、

 

忠富士ー第一花国ー安平   261日 362キロ  55.6万円(セリ値)

 

 

この牛の場合、忠富士だから高かったというよりも、 

 

誰が見ても!?大きくなりそうな牛だったからそうなったのだと思います。  

 

 

といいますか、現時点でもすでに、バリ大きいのですが・・・ 

 

 

 

 

By 岩本尚吾 on 2011/04/11 11:11

 

 

今回はプライベートの話です。

 

 

先月の3月26日、ばんえい競馬(http://www.banei-keiba.or.jp/)に行って来ました。

 

☆「ばんえい競馬」は鉄ソリを馬に曳かせ、

  全長200m、途中に2ケ所障害(坂)のある直線コースで競うレースです

 

この日は、ばんえい記念という重賞があり、一年の中で一番、人が集まる日でもあります。

 

 

ばんえい競馬は年に3回くらい参加しています(今年度は153日開催)。

 

昨年のばんえい記念時のブログ(簡単な、ばんえい競馬の説明もあります)

⇒ http://www.labogenitor.com/tabid/77/EntryID/300/Default.aspx

 

 

今年のばんえい記念での心の叫び・・・  

 

”カネサブラック勝って欲しかぁーー

でも、ニシキダイジン確実に障害登ってくるなぁー

なんかボブサップも去年みたいに障害登ったら困るー

でも、やっぱカネサブラックしかない・・・”

 

 

4番(4枠) ニシキダイジン 7番 ナリタボブサップ 9番 カネサブラック だったのですが・・・

 

 

 

 

 

1着(9番) カネサブラック 2着(4番) ニシキダイジン ・・・ ナリタボブサップは5着でした。

 

 

カネサブラック おめでとう!!!

(下の写真は、カネサブラックです)

 

 

 

 

ニシキダイジン、ナリタボブサップ、その他の馬達もお疲れ様でした・・・

 

200メートルの距離ですが、4分7秒の戦いでした。

 

 

正直に言いまして、感動しました。 

 

 

このような感動を与えて頂き、

 

ばんえい関係者の皆様ありがとうございました・・・ 

 

来年もバリ楽しみにしております。

 

 

感謝感謝です・・・ 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと嬉しい・・・ 

 

 

 

By 岩本尚吾 on 2011/03/24 13:10

 

 

指宿のセリに、三重県の肥育農家さんが牛を買いに来ていて、

 

 

空港に帰るまで少し時間があるということだったので、

 

 

知り合いの肥育農家さんのところへ一緒に行ってきました。

 

 

☆写真でも分かると思いますが、とても大きい牛達です 

 

 

この肥育農家さんは、とても牛達を可愛がっていて、

 

 

牛舎に入ると牛達が寄ってきます。

 

 

なぜかというと・・・

 

 

 

ナデナデして欲しいからです・・・ 

 

 

 

☆ナデナデするMさん

 

 

 

牛達めっちゃ気持ち良さそうです・・・ 

 

 

ナデナデしている人がみんな儲かっている、とは思わないのですが、

 

 

牛達がやって欲しいだろうということをやってあげる、

 

 

というのが良いのかもしれませんね。

 

 

ナデナデする時間があるということは、

 

 

ある意味、時間的にも、心にも、ゆとりがあるということかもしれません・・・ 

 

 

Mさん、急に連絡しましたのに、快く受けて頂け、ありがとうございました。

 

 

当日は、時間がなかったので、バタバタでしたが、三重の肥育農家さんも大変喜んでおりました。

 

 

 

次回は僕もバリバリ ナデナデしまっす・・・ 

 

 

 

 

By 岩本尚吾 on 2011/03/20 21:16

 

 

18日 指宿の子牛セリに行って来ました。

 

 

 

上場頭数は267頭。

 

 

種雄牛別出場頭数は

 

隆之国 50頭  勝糸福 35頭  勝次郎 32頭  鉄平 29頭  勝安竜 24頭  

安福久 12頭  百合茂 11頭  岡茂福 8頭  安平照正 8頭  悟空7の8 7頭・・・

 

 

平均価格は メス 36.7万円  去勢 46.2万円(セリ値)

 

前回(1月)より 約3.7万円高かったです。

 

 

なぜか、セリの後半から、50万円を超える牛(去勢)が増え始めました・・・ 

 

 

だんだん セリがヒートアップしてきたのだと思いました・・・ 

 

 

今回、都城と肝属の子牛セリも見て来たのですが、今の子牛価格は異常です。

 

 

というのは、

 

枝肉相場(肥育農家さんがお肉屋さんに売る肉の値段)が上がり、

 

子牛価格が上がってるのなら良いのですが、

 

枝肉相場が上がっていないのに、子牛価格だけ上がっているからです。

 

肥育農家さんが儲かっていないのに、子牛価格だけ上がっています。

 

 

今の枝肉相場 と 子牛価格が合っていません。

 

 

もちろん、あくまでもセリなので、それが適正価格なのかもしれませんが・・・

 

 

ただ・・・

 

 

今のところ子牛価格が下がる気配が無いです・・・

 

 

恐ろしいです・・・ 

 

 

繁殖農家さんは、子牛が高く売れたから嬉しいな、というだけでなく、

 

この子牛を肥育農家さんがいくらで売ったら利益が出るのか、

 

ということも考えてみてはどうか、と思います。

 

 

☆今日、献血に行って来ました。 

 

 ただ、帯状疱疹が治ったばかりだったので、献血するのを断られたのですが・・・ 

 

 

 できることからやっていきます。

 

 

 東北地方太平洋沖地震により、被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。

 

 

 

By 岩本尚吾 on 2011/03/09 9:55

 

 

先月22日のことなのですが、宮崎にて共進会がありました。

 

 

出品頭数 111頭 

 

 

内訳は、

福之国 55頭 忠富士 22頭 勝平正 15頭 梅福6 10頭 秀菊安 4頭 日向国 3頭・・・ でした。

 

 

平均BMSは 7.5 

 

 

そして、111頭中 BMS 10番以上が 26頭でした。

 

 

スゴイ・・・ 

 

 

26頭の内訳は、

福之国 10頭 勝平正 5頭 忠富士 4頭 梅福6 3頭 秀菊安 3頭 安平 1頭

 

 

秀菊安が4頭中 3頭 BMS 10番以上 

 

 

勝平正が15頭中 5頭 BMS 10番以上

 

 

・・・

 

 

素晴らしい結果でした。 

 

 


☆結果として

 

1席 梅福6-福之国ー福桜 

 

枝肉重量 544キロ BMS 12 単価 7030円 販売金額 382万円

 

 

2席 忠富士ー福之国ー安平 

 

枝肉重量 524キロ BMS 12 単価 5020円 販売金額 263万円

 

 

3席 福之国ー安平ー糸秀  

 

枝肉重量 444キロ BMS 11 単価 4810円 販売金額 213万円

 

 

4席 秀菊安ー福桜ー安平  

 

枝肉重量 527キロ BMS 11 単価 4010円 販売金額 211万円

 

 

5席 福之国ー忠富士ー隆桜

 

枝肉重量 508キロ BMS 11 単価 3820円 販売金額 194万円

 

 

By 岩本尚吾 on 2011/03/05 14:14

 

 

大分と福岡の農家さんを連れて、佐賀の肥育農家さん Mさんの牧場へ視察に行って来ました。

 

 

 

大分のセリで、Mさんが子牛を買っているので、

 

以前から、”牛を見に行こう” と話をしていたのですが、今回実現しました。

 

 

Mさんの牛は、なんといっても大きいです。

 

 

 

肥育牛が1800頭いるのですが、

 

平均枝肉重量が550キロ以上です・・・ 

 

 

この頭数で、この枝肉重量の肥育農家さんは、全国的に見ても少ないと思います。

 

もちろん、導入する牛達はピカイチなのですが・・・ 

 

 

Mさんの話を聞くと、元気モリモリで、とても勇気づけられました。

 

まだまだ、やらなければならないことがたくさんありますね。

 

自分自身で限界を決めないようにしよう、と思いました。

 

 

夜は、Mさんのレストランで懇親会。

 

 

まずはタタキから・・・

 

 

 

そして・・・

 

 

ステーキ・・・

 

 

 

ムフフ・・・

 

 

200グラムのステーキをペロリ・・・

 

 

幸せ・・・ 

 

 

ご飯大盛りを さらにおかわりして・・・

 

 

たくさん食べたのに・・・

 

 

夜食!?は牛丼で・・・

 

 

ムフフ・・・ 

 

 

 

 

メタボ・・・  

 

 

 

 

Mさん、お忙しい中お時間を作って頂き、ありがとうございました。 

 

とても有意義な時間を過ごしました。 

 

 


By 岩本尚吾 on 2011/02/15 15:51

 

 

先日、大分の繁殖農家さんのところへ行ってきました。

 

その農家さんは、子牛のバケツにお湯を入れて飲ませています。

 

 

☆分かりにくいかもしれませんが、湯気が立っています。

 

もちろん、水でも良いのですが、冬は牛達が寒いだろうと思ってお湯を入れます。

 

 

今年の冬は、九州もバリ寒かったので、

 

お湯を入れたとしても、30分ですぐ冷たくなります。 

 

 

冷たくなっても良いのです。

 

 

どうせ冷たくなるから、水でもいいじゃん、という人と

 

すぐ冷たくなるかもしれないけど、お湯を飲ませようという人では、

 

根本的に全く違います。

 

 

牛達を思いやる気持ちが大切なのです。 

 

 

牛達を思いやる方は・・・

 

 

周りの方達を思いやる方でもあります・・・

 

 

そんな気がします・・・ 

 

 

違いますか?? 

 

 

子牛が水を飲んで冷たいだろうから、お湯を飲ませよう、

 

床が薄いと冬場は寒いだろうから、床は厚めにオガクズを敷こう、とか、

 

鼻水垂らして風邪引いてるかもしれないから、早めに獣医さんに見せよう、

 

となります。

 

 

できることからやって下さい。

 

 

牛達の水飲み場が汚れている方・・・

 

 

掃除しましょう!!

 

 

 

奥様が、疲れていたら・・・

 

 

肩をもんであげましょう!! 

 

 

 

急に優しくすると、奥様に、なにか疑われますので・・・

 

 

気をつけましょう・・・  

 

 

 

By 岩本尚吾 on 2011/02/07 22:58

 

 

今日、薩摩中央の子牛セリに行って来ました。

 

 

上場頭数は、今日と明日で813頭。

 

種雄牛別出場頭数は・・・

 

 

新しい種雄牛も多いので・・・

 

 

安福久と安平幸、百合茂、勝忠平で全体の約9割です。

 

安平幸が一気に多くなりました。

 

今日の平均価格は メス 51.7万円 去勢 43.1万円(セリ値です)

 

皆様の予想通り、安福久のメスは高かったです。 

 

香川や青森の方が購買に来ていました。

 

安福久のメスの場合、ちょっと発育の良い牛は70万を超えていました。

 

僕が見ていた時、115万円の安福久のメスもいたのですが、

 

 

その時・・・

 

 

牛を引いている農家の方が、軽くガッツポーズしたように見えました・・・

 

 

僕の間違いかもしれませんが・・・ 

 

 

嬉しかったのでしょうね。 

 

 

といいますか、僕も嬉しくなりました・・・ 

 

 

去勢では、50万円を超える牛は少なかったです。

 

大きくなりそうな牛が、少なかったように感じます(あくまでも主観ですが)。

 

70万円を超えた去勢もいましたが、

 

子牛チェックの時、僕には全く見えていませんでした・・・ 

 

☆百合茂ー安福久ー勝忠平 299日 318キロ

 

 

期待の安平幸ですが、二代祖、三代祖の血統や表現形により価格はさまざまでした。

 

今、上場されている牛達が、肥育されて、結果が出た時に、評価されるのだと思います。