自然環境の調和を保ちつつ地球に優しい持続的農業を提案します。

日記カテゴリー


株式会社ラボジェネター

〒080-0106
北海道河東郡音更町東通
20丁目2番地9

ブログカレンダー

Archive
<November 2011>
SunMonTueWedThuFriSat
303112345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930123
45678910
Monthly
2019年8月
2019年7月
2019年6月
2019年5月
2019年4月
2019年3月
2019年2月
2019年1月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
Author: 岩本尚吾 Created: 2008/08/28 14:32
東北、九州地区担当。岩本尚吾のブログです

By 岩本尚吾 on 2011/11/25 11:11

 

 

21日に、平戸セリに行って来ました。

 

 

 

この日の出場頭数は 374頭。

 

 

種雄牛別出場頭数は・・・

 

 

平茂晴 236頭  百合茂 19頭  勝乃勝 18頭  北平安 18頭  照美津 18頭

二天一流 12頭  安福久 10頭  安茂勝 9頭  安平幸 8頭・・・

 

 

平茂晴だけで 全体の 6割以上の頭数になります。 

 

 

平均価格(21日、22日 二日間)は、 メス 37.6万円  去勢 41.8万円 (税込)。

 

 

前回に比べ、2.2万円安かったです。

 

 

11月から12月にかけては、口蹄疫の影響で、九州全体のセリに出る子牛頭数が減り、

 

 

子牛価格が上がると思われていましたが、

 

 

思った以上に枝肉価格が上がっていないし、購買者さんの現状が厳しいことも影響してか、

 

 

子牛価格も上がりませんでした。

 

 

これは長崎だけでなく、九州全体でもそういう流れかもしれません。
(もちろん、子牛価格が上がっている市場もありますよ)

 

 

 

僕は今回、18日に開催された 県南家畜市場@長崎 も見て来たのですが、

 

 

県南の子牛と比べると、平戸の牛はスッキリして伸びがあったように感じます。

 

 

今月は、平戸セリの方が、県南よりも 3.7万円(平均価格)高かったのですが、それも納得できます。

 

 

 

今回牛を見ていて、イイ感じだな、と思い、

 

 

セリ名簿を見ると、 ”おーー、安福久母牛、これは高いかもなぁーーー” とチェック。

 

 

 

結局、セリでは・・・

 

 

 

 

 

65,4万円 でした・・・ 

 

 

☆ 平茂晴ー安福久ー平茂勝 (去勢)  263日 322キロ 

 

 

この日の去勢最高価格でした。

 

 

といいますか、50万円を超える去勢はほとんどいなかったのに・・・

 

 

 

安福久母牛 怖るべし・・・ 

 

 

 

この牛を知り合いの肥育農家さんが、最後まで競っていましたが、結局セリ落とせませんでした・・・

 

 

 

ドラマ がありますね・・・ 

 

 

 

ドラマ といえば・・・

 

 

 

この日、会うはずだった繁殖農家さんがいたのですが・・・

 

 

 

セリ場で、会うことができず・・・

 

 

 

話を聞くと・・・

 

 

 

実は、子供さんが産まれたらしく・・・

 

 

 

しかも 4人目で・・・

 

 

 

念願の 男の子 (今まで 3人娘でした)・・・

 

 

 

 

Oさん おめでとうございます!!   

 

 

 

 

幸せな気持ちになりました・・・ 

 

 

 

 

 

 

By 岩本尚吾 on 2011/11/15 11:00

 

 

僕の大好きな繁殖農家さんがいる。

 

 

ご夫婦の人柄も良いし、ここの子牛は大きい。

 

 

牛を見ると、スゴイ!! と思ってしまう。 

 

 

 

ただ・・・

 

 

飼い方に問題がある。

 

 

 

 

配合飼料の種類だったり・・・・・

 

 

 

 

少し前だったら、それでも良かったんだけど、

 

 

今それをやっていると、それだけで、購買者の方達が牛を見なくなってしまう。

 

 

 

だから、僕は農家さんにそのことを言う。

 

 

あんまりいろいろ言いたくはないんだけど、

 

 

このままでいくと、その繁殖農家さんが肥育農家さんからの信頼を無くしてしまうからだ。

 

 

 

 

現実に、少しづつ信頼を失っている・・・

 

 

 

 

一時的には、牛が変わる(以前のような迫力がなくなる)かもしれないが、

 

 

購買者さん達はきちんと見ているし、実はそれを望んでいるんだけどなぁ・・・

 

 

 

思い切ってチャレンジして欲しいな・・・

 

 

 

 

 

変えること って難しいのは分かっているのですが・・・

 

 

 

 

 

By 岩本尚吾 on 2011/11/07 8:10

 

 

焼肉を食べに行きました。

 

 

 

お肉の消費を拡大し、枝肉価格のアップにすこしでも貢献できれば・・・

 

 

 

と、大袈裟な能書きを書いていますが、ただの焼肉好きです・・・ 

 

 

 

そこには・・・

 

 

 

レバ刺しは、もちろん無く・・・ 

 

 

 

その代わり・・・ 

 

 

 

レバ焼き!?がありました・・・ 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ムフフ・・・ 

 

 

 

 

美味しかったです・・・ 

 

 

 

 

幸せな気持ちになりました・・・ 

 

 

 

 

牛さん、農家さん、焼肉屋さん ありがとうございます。 

 

 

 

 

九州旅の際には、必ずまたこのお店に行きたいと思います・・・ 

 

 

 

 

By 岩本尚吾 on 2011/11/01 19:00

 

 

 

子牛セリの時、肥育農家さんの横に座る時がある。

 

 

 

この牛イイよね・・・ 

 

 

 

この農家さんの牛は、いつもイイ感じだよね・・・ 

 

 

 

いわもっちゃんの右側にいるあの人キレイだよね・・・ 

 

 

 

そんな話をすることが多い。 

 

 

 

そんなことを話していると、近くに座っていた購買者の方(Aさん)が、

 

 

 

”この牛はどうかな?”  とセリ名簿(子牛の入場番号)を見せにこちらへ来た。

 

 

 

”牛はイイんだけど、この農家さんの牛は買ったらダメだよ”

 

 

 

と知り合いの肥育農家さんが言った。

 

 

 

それだけしか言わなかったんだけど、その言葉に説得力がある。

 

 

 

おそらく、以前、この農家さんの牛を買って何かがあったのだ・・・

 

 

 

購買者さん達は、牛だけでなく、農家さんの名前も見ています・・・ 

 

 

 

結局、Aさんは、この牛を買わなかった。

 

 

 

ボタンも押さなかった。

 

 

 

この牛で、この血統で、この価格なのか、と思った。

 

 

 

思ったより 10万くらい安かった。

 

 

 

この農家さんの牛を買って、思ったように育たなかった肥育農家さんが多いのかもしれない・・・

 

 

 

こうやってウワサは広がっていく。

 

 

 

こういったウワサに悪気はない。

 

 

 

もしかしたら、悪意のある方がいるのかもしれないが、今まで出会ったことがない。

 

 

 

ほとんどの場合、知り合いの方が失敗しないように、忠告しているだけだ・・・

 

 

 

 

 

同じように・・・

 

 

 

あの農家さんの牛はイイよ・・・   あそこの牛は喰うよ・・・

 

 

 

 

こうやって、良いウワサも広がっていく・・・ 

 

 

 

 

 

By 岩本尚吾 on 2011/10/29 22:13

 

 

27日、曽於子牛セリ(4日間開催の3日目)に行って来ました。

 

 

 

出場頭数は463頭。

 

 

種雄牛別出場頭数は・・・

 

 

勝次郎 63頭  鉄平 54頭  百合茂 50頭  隆之国 46頭  安福久 27頭

安平幸 26頭  金幸 21頭  金幸福 17頭  亀勝 14頭  安糸国 12頭・・・

 

 

4日間の平均価格は メス 35.6万円  去勢 42.9万円(税込)。

 

 

 

先月より少し(約8千円)下げていました。

 

 

 

今の枝肉相場では、3等級だと、かなり厳しいです。

 

 

もちろん、4等級でも厳しいです。

 

 

5等級が出ても、枝肉重量が取れていなければ、赤字になる可能性も高いです・・・

 

 

この日のセリでは、表現形が良くても、血統が悪い(古い)と、セリ値も伸びませんでした。

 

 

20万円台の子牛も多かったです。

 

 

血統を見たら、3等級になりそうなのか、5等級が出そうなのか、なんとなく想像できますよね・・・ 

 

 

 

今 注目の隆之国は・・・

 

 

肥育の成績も良いらしく、高値で取引されていました。

 

 

ただ・・・

 

 

この日見た中では、表現形の良い牛は少なかったです(小さい子牛が多かったです)。

 

 

 

お父さんの福之国に似ているのかもしれませんね・・・ 

 

 

 

母牛を選ばないと、小さな子牛が産まれる確率が高くなると思うので、注意が必要です。

 

 

平茂勝系(勝忠平、百合茂、忠富士など)の大きな母牛に種つけしていかないといけませんね。

 

 

今まで10頭くらい隆之国を産ませている繁殖農家さんが言うには、育てにくさ もあるようです。

 

 

 

そこらへんは、血統は全く違いますが、安福久に似ているのかもしれません。 

 

 

 

いずれにしろ、これからも注目です・・・ 

 

 

 


曽於セリの出店(でみせ)です・・・ 

 

 

 

 

 

出店もセリ場によってそれぞれ特色があり、

 

 

果物を売っていたり、お弁当を売っていたり・・・

 

 

 

ここでの買い物も 僕の楽しみの一つです・・・ 

 

 

 

 

By 岩本尚吾 on 2011/10/27 23:42

 

 

昨日、都城の子牛セリに行って来ました。

 

 

 

この日の上場頭数は 477頭。

 

 

種雄牛別出場頭数を見ると・・・

 

 

勝平正 163頭 福之国 90頭 忠富士 84頭 秀菊安 67頭 美穂国 37頭 

安重守 11頭 百万石 4頭 第1花国 3頭 梅福6 3頭・・・  でした。

 

 

平均価格は、 メス 40.7万円  去勢 46.2万円 (税込)。

 

 

この日のセリでは、発育の良くない牛でも、比較的高値で取引され、

 

 

お昼過ぎ 300頭以上競った中でも、その時までの一番安いメス牛が 32.5万円(セリ値)でした。

 

 

 

この価格で採算合うのかな と思ってしまいますが、

 

 

安く買いたいのはみんな同じで、その中で競り合うと 30万を超えてしまうということだと思います。

 

 

ちなみに、今日行ってきた曽於セリ(鹿児島)では、

 

 

20万円台の牛はゴロゴロいたのですが・・・ 
(曽於セリのことは、また後日書きます)

 

 

去勢の 50万を超える牛は少なく、ほとんどの牛が 40万円台、

 

 

メスでは、ほとんどの牛が 30〜45万円だったのではないか と思います。

 

 

素牛として残りそうな忠富士などのメスは、50万円を超える牛も、もちろんいましたが・・・

 

 

昨日の都城セリは、今日行ってきた曽於セリと比較すると、

 

 

価格の幅が小さかったので(どんな牛でもある程度の価格までいくので)、

 

 

購買者の方は買いにくかったのではないか、と思います。 

 

 

 

次回は、今日行ってきた 曽於セリについて書きます。

 

 

 

By 岩本尚吾 on 2011/10/19 15:00

 

 

昨日、十勝の子牛セリに行って来ました。

 

 

セリ場に行くと、こんなものが・・・

 

 

そうしていると、なぜか母校の大学生(右側)に出会い・・・

 

 

彼はラグビー部だったのだが今は辞めてしまい、格闘技をやっているらしい・・・

 

 

今、部員足りないから、格闘技 と ラグビー どっちもやってくれとお願いする。

 

 

おっと、私事ばかりで申し訳ありません・・・

 

 

 

この日の上場頭数は 841頭 (18日と19日、二日間で1544頭)。

 

 

種雄牛別上場頭数は・・・

 

 

北平安 253頭 安茂勝 146頭 平忠勝 144頭 安福勝 93頭 平茂晴 84頭 百合茂 81頭

茂勝栄 74頭 福安照 69頭 勝忠平 65頭 北乃大福 65 頭 安福久41頭・・・

 

 

平均価格は、メス 34.9万円  去勢 42.9万円 (税込)

 

 

今の枝肉価格を反映してか、50万円を超える牛は少ない・・・

 

 

☆去勢の最高価格 54.8万円(セリ値)

 

 

百合茂ー安福久ー金幸   271日 335キロ

 

 

☆メスの最高価格 53.6万円(セリ値)

 

 

血統は分かりません・・・ 

 

 

毎回書く事だが、十勝の牛はかなり大きい・・・

 

 

というか 太っている。

 

 

今回、たまたま知り合いの農家さんに会ったのだが、

(彼の牛は、かなりゴッツイ。十勝でも代表する大きさ。この日の去勢最高価格は彼だった)

 

 

大きな牛を育てられるということは、食い込ませる技術があるということなので、

 

 

メス牛だけでも、エサのバランスを変えれば(粗飼料を多めに給与すれば)、

 

 

もっとスッキリするし、購買者さんにも喜んでもらえる(高く売れる)のではないかな、と思ったが・・・

 

 

今の十勝セリ(大きさ重視の市場)で、スッキリした子牛を出すのも勇気がいるのかなぁとも考えたり・・・

 

 

いろいろ難しいですね。 

 

 

結局、自分本位でなく、相手(購買者さん)のことを考えて牛を育て、その子牛をセリに出しているなら、

 

 

その子牛が大きかろうが小さかろうが、自然とリピーターがつくのではないか、と思う。

 

 

 

 

なんか変な表現かもしれませんが、その気持ちが牛に表れてきますから・・・ 

 

 

 

 

 

By 岩本尚吾 on 2011/10/17 11:33

 

 

昨日、北海道の雄武(おうむ)市場セリに行って来ました。
(雄武町は北海道のオホーツク総合振興局管内の北部に位置する街です)

 

 

 

実は、知る人ぞ知る市場です・・・ 

 

 

 

といいますか、知っている方はかなり少ないかもしれませんが・・・ 

 

 

 

というのも・・・

 

 

 

子牛市場ではなく、イカ のセリに行って来たのでした・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

イカのセリは、子牛セリのようにセリボタンがあるわけではなく、

 

 

 

セリ人の方(市場の方)が価格(高い方から安い方へ)を言い、それに購買者が反応するという形でした。

 

 

 

 

 

 

 

初めて見るセリだったので、興味深かったです・・・ 

 

 

 

 

ちなみに、僕は お肉 同様に イカ も大好きで、 イカ 超 LOVE です・・・ 
(基本的になんでも好きなのですが・・・ 

 

 

 

 

この日、港の周りでは、釣りをしている方がいたり、

 

 

 

ジャンプしている少年!?がいたり、

 

 

 

 

 

のんびりとした感じでした・・・ 

 

 

 

 

次回こそ!?は、子牛セリについて書きます・・・ 

 

 


 

By 岩本尚吾 on 2011/10/11 15:23

 

 

羽田空港で、福岡行きの飛行機を待っていた時のこと、

 

 

JAL職員の方に、大声で怒鳴っている男性がいました。

 

 

JALの方は平謝りしていました。

 

 

急いでいたのに、満席で乗れなかったから怒っているのかな、それにしても大人げないな、

 

 

と思いながら見ていたのですが、

 

 

僕は、次の仕事までに時間があったので、

 

 

”僕は急がないので次の便でもいいですよ。 あの方(怒鳴っている方)が急いでいるなら替わりますよ”

 

 

とJALの方に伝え、待っていました。

 

 

しばらくしてから JALの方がこちらへ来て、

 

 

”お心使いありがとうございました。さきほどの方は空席待ちをしていたのではなく、

 

 

自分の気に入った席 に座れなかったから(怒っていました)・・・”

 

 

と話してくれました。

 

 

実は、飛行場でこういう方を見ることが多々あります。

 

 

ラウンジ(搭乗回数が多い方が利用できる場所)でも、怒鳴っている方を見ることがあります。

 

 

 

自分のことを偉い と勘違いするのでしょうか・・・ 

 

 

 

人の振り見て、我が降り直せですね。

 

 

 

当たり前のことですが、改めて、誰に対しても謙虚に接していこう、と思いました。

 

 


 

By 岩本尚吾 on 2011/09/21 14:44

 

 

長崎の五島子牛セリに行って来ました。

 

 

セリも中盤くらいになり、ある繁殖農家さんの子牛の順番になった時に、その方が

 

 

 

 

”よろしくお願いします!!”

 

 

 

 

 

と大きな声で言いました。 

 

 

 

今まで、五島のセリでこのように挨拶する方を見たことありませんでした。
(僕はこの方のことを知らないのですが・・・)

 

 

 

そして、セリが終わった後も

 

 

 

 

”ありがとうございました!!”

 

 

 

 

と大きな声で挨拶しました。

 

 

 

セリを見ていた方達は、笑っていましたが、僕はこれがあるべき姿だと思っています。

 

 

 

正直に言いまして、セリの時に、感謝の気持ちを表さない方が多いです。

 

 

僕の知っている方でも、いろいろな方がいるので、なんとも言えませんが、

 

 

繁殖農家さんにはできるだけ ”セリの時には挨拶して下さい” と言っています。

 

 

 

この方のように大きな声で挨拶しなかったとしても、

 

 

セリが始まる前と終わった後に丁寧に礼をするとか、

 

 

もし恥ずかしいのであれば声に出さなくても良いと思います。

 

 

 

態度や表情を見れば、その方の ”姿勢” が分かりますから・・・ 

 

 

 

自分が一生懸命育てた牛を受け渡す(命を預ける)  これがセリの場です。

 

 

 

セリ場での態度を見るとその方の 牛に対する姿勢 が分かります。

 

 

それが肥育農家さん(購買者の方)にも伝わるし、牛にも表れてきます。

 

 

 

良い牛を育てている方に限って、謙虚だし、そういう ”姿勢” を持っている気がします・・・

 

 

 

先ずは、セリ前の挨拶から始めてみてはどうかと思います。

 

 

 

お金は1円もかかりませんから・・・

 

 

 

 

ちなみに・・・

 

 

 

 

今回、きちんと挨拶していた方の牛は、僕が想像した以上に高く売れたような気がします・・・