自然環境の調和を保ちつつ地球に優しい持続的農業を提案します。

日記カテゴリー


株式会社ラボジェネター

〒080-0106
北海道河東郡音更町東通
20丁目2番地9

ブログカレンダー

Archive
<July 2013>
SunMonTueWedThuFriSat
30123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031123
45678910
Monthly
2019年8月
2019年7月
2019年6月
2019年5月
2019年4月
2019年3月
2019年2月
2019年1月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
Author: 岩本尚吾 Created: 2008/08/28 14:32
東北、九州地区担当。岩本尚吾のブログです

By 岩本尚吾 on 2013/07/28 20:51

 

 

今月24日、延岡子牛セリ(二日目)に行って来ました。  出場頭数 は 380頭。

 

 

 

 

 

 

この日(二日目)の平均価格は、メス 44.2万円  去勢 51.3万円 (税込)。

 

 

 

 

前回(5月セリ)の平均が、メス 42.1万円 去勢 49.9万円(税込)だったので、前回より、少し上がっていました。

 

 

 

 

ちなみに、初日(23日)の平均価格は、メス 41.2万円  去勢 47.8万円(税込) でした。

 

 

 

 

初日 と 二日目 の 価格差 は、初日の牛を見ていないので分からないのですが、

 

 

 

 

おそらく、購買者さんの違いだったのではないかと思います。

 

 

 

 

今回は、二日目だけ 関西の方から、大規模 肥育農家さんが来ていて、

 

 

 

 

メス も 去勢 も、モリモリ買っていました。  強かったです。

 

 

 

 

佐賀から来ていた大先輩(肥育農家さん)は、買いづらかったみたいで、途中で帰ってしまいました・・・ 

 

 

 

 

種雄牛別出場頭数(写真は、見えにくいと思います)は・・・

 

 

 

 

勝平正 123頭  福之国 77頭  秀菊安 29頭  安重守 26頭  梅福6 22頭  美穂国 19頭

忠富士 17頭  安福久 15頭  秀正実 6頭  奥安福 4頭  百合茂 4頭  菊花国 4頭・・・

 

 

 

 

他の市場でもそうなのですが、延岡市場でも、やはり 安福久母牛 は、高値でした。

 

 

 

 

去勢では、60万円前後、メスでも、60万円 超えている牛も多かったです。

☆メスでは、本人が競りきる(延岡には本人ボタンがあります)ことも多かったですが・・・ 

 

 

 

 

その他で言えば、今回、30万円台 の メス牛 が多かったように感じました。

 

 

 

 

どんな牛でも、高値で販売されるより、血統 や 表現形により、ある程度、価格差があるべきだと思うので、

 

 

 

 

そういう意味では 良い傾向 だと思います。

 

 

 

 

全部の子牛が、メス 40万円、 去勢 50万円 というよりは、

 

 

 

 

20万円 の 子牛もいるけど、70万円 の 子牛もいる という方が、健全だと思っています。

☆あくまでも、個人的な意見です

 

 

 

 

母牛の改良 や 飼養管理の改善 をしながら、再生産できる利益を確保して、

 

 

 

 

その子牛を買った肥育農家さんも儲かるような牛 を 育てて欲しいです。

 

 

 

 

 

当たり前のこと なのかもしれませんが、 改めて、 当たり前のこと を意識して欲しいと思っています。

 

 

 

 

 


By 岩本尚吾 on 2013/07/22 10:29

 

 

 

7月10日に開催された、鹿児島黒牛宣伝販売会の結果(上位10頭だけですが)を書きたいと思います。

 

 

 

 

今回の出場頭数は 90頭。 そのうち、45頭 が 5等級 というハイレベルな共励会でした。

 

☆ 上位牛の 導入日齡 と 導入体重 も載せています。

  今回、導入時、大きな子牛は少なかったです。    この結果も、オモシロイと思います。

 

 

 

 

グランドチャンピオン(最優秀1席)は・・・

 

第2勝王ー安福久ー平茂勝 (導入日齢 277キロ 導入体重 254キロ)

枝肉重量 545キロ バラ 8.4 ロース芯 108 BMS12 枝肉単価 7,100円

 

 

 

チャンピオン おめでとうございます!! 

 

 

 

最優秀2席  隆之国ー安福久ー平茂勝 (導入日齢 279キロ 導入体重 277キロ)

枝肉重量565キロ バラ 9.3 ロース芯 91 BMS12 枝肉価格 5,000円

 

 

最優秀3席  勝糸福ー安福久ー金幸 (導入日齢 280日 導入体重 287キロ)

枝肉重量 550キロ バラ 9.2 ロース芯 80 BMS12 枝肉単価 4,500円

 

 

最優秀4席  百合茂ー安福久ー勝忠平 (導入日齢 287日 導入体重 260キロ)

枝肉重量 523キロ バラ 8.3 ロース芯 102 BMS12 枝肉単価 4,300円

 

 

最優秀5席  百合茂ー安福久ー金幸 (導入日齡 287日 導入体重 301キロ)

枝肉重量 502キロ バラ 8.9 ロース芯 101 BMS12 枝肉単価 4,310円

 

 

最優秀6席  第5隼福ー安福久ー金幸 (導入日齡 226キロ 導入体重 170キロ)

枝肉重量 496キロ バラ 8.5 ロース芯 97 BMS12 枝肉単価 3,800円

 

 

最優秀7席  百合茂ー安福久ー金幸 (導入日齡 274日 導入体重 294キロ)

枝肉重量 541キロ バラ 9.5 ロース芯 85 BMS11 枝肉単価 3,600円

 

 

最優秀8席  百合茂ー安福久ー金幸 (導入日齢 322日 導入体重 325キロ)

枝肉重量 547キロ バラ 8.2 ロース芯 95 BMS11 枝肉単価 3,400円

 

 

最優秀9席  百合茂ー安福久ー金幸 (導入日齢 308日 導入体重 267キロ)

枝肉重量 494キロ バラ 8.0 ロース芯 94 BMS12 枝肉単価 3,200円

 

 

最優秀10席  安福久ー勝忠平ー第5隼福 (導入日齢 304日 導入体重 301キロ)

枝肉重量 521キロ バラ 8.6 ロース芯 76 BMS12 枝肉単価 3,000円

 

 

☆上位10頭は、全頭 去勢 でした。

 

 

 

 

 

明日から、九州出張に行きます(今、北海道は涼しいです  )。   灼熱の九州、怖いです・・・ 

 

 

 

 

 

By 岩本尚吾 on 2013/07/18 15:58

 

 

お昼頃、空港のラウンジ(飛行機をよく利用する人が入れる場所)へ行くと、オニギリが置いてあることがある。

 

 

 

 

”数に限りはありますが、何個持っていっても良いですよ”  といった感じだ。

 

 

 

 

数に限りがある、 どれだけ持っていっても良い、 と聞くと、めっちゃ人混みができそうな気がするが、

 

 

 

 

ラウンジでは、そんなことは起こらない。

 

 

 

 

おそらく、 ”お腹空いていたら食べるけど・・・”  それだけなんだ。

 

 

 

 

欲張らないんだ。

 

 

 

 

数に限りはあるが、すぐに無くなることはない。

 

 

 

 

”無料だから、オニギリを持って帰ろう” という人は少ない(いない!?)のかもしれない。

 

 

 

 

持って帰る = 本当に、その時食べたかった人が食べれなくなる = それが自分に返ってくる

 

 

 

 

という 方程式!? が 分かっているからかもしれない。

 

 

 

 

やっていることは、自分に返ってくるんだ・・・

 

 

 

 

欲張らないこと 大切です。

 

 

 

 

あっ、ちなみに、僕は 欲張り です。 

 

 

 

 

欲張った瞬間に、実は、たくさん失っている、と感じることが、多々あります・・・ 

 

 

 

 

 

無料だから たくさんもらうのではなく、必要な分だけ取りましょう。

 

 


 

  

 

 

By 岩本尚吾 on 2013/07/16 18:05

 

 

先週11日のことですが、玖珠の子牛セリに行って来ました。

 

 

 

 

 

 

 

出場頭数は 405頭 (子牛頭数、どんどん減っている気がします・・・  )。

 

 

 

 

種雄牛別出場頭数は・・・

 

 

 

 

寿恵福 62頭  隆茂38 58頭  玉吹雪 45頭  百合茂 27頭  安福久 26頭

勝福平 26頭  金照 15頭  萬福8 12頭  油布安平11頭  安福勝 10頭 安平幸 10頭・・・

☆大分の県有牛が多いので、血統については分からない方が多いかもしれませんね。

 

 

 

 

平均価格(税込)は、 メス 41.2万円  去勢 51.0万円 

 

 

 

 

前回(6月)と比べると、平均価格は 約1.5万円 安かったです。

 

 

 

 

今回のセリについて言えば、強い購買者さん(肥育農家さん)がいて、

 

 

 

 

320キロ 以上の牛 は、上から下まで モリモリ買っていた気がします。

 

 

 

 

その農家さん と 競合する肥育農家さん達 も、よく知っているので大変そうでした。

 

 

 

 

正直に言いまして、全然、買えてなかったと思います・・・ 

 

 

 

 

実際、強い肥育農家さんが たくさん買うのを分かっているので、

 

 

 

 

最初から玖珠のセリには行かない という知り合いの肥育農家さんもいました。

 

 

 

 

子牛に関しては、正直に言いまして、どの牛も(枝肉価格・飼料価格を考慮すると)高値でしたが、

 

 

 

 

その中でも、僕の知っている繁殖農家さん達の牛は、素直に飼っている方が多く、

 

 

 

 

肥育に行っても伸びそうだな という子牛が多かったように感じます。

 

 

 

 

僕は、素直に飼っている繁殖農家さんの子牛は、肥育農家さんに勧めます。

 

 

 

 

お互いに儲かることが大切だと思っています(儲かることが難しい現状なのですが・・・)。

 

 

 

 

☆実際には、僕が ”この繁殖農家さんの子牛伸びると思いますよ!” と 伝えたら、

 

 ”その農家さんの子牛よく食べるよね!!”  と

 

  肥育農家さんは、すでにその繁殖農家さんを知っている場合がほとんどなのですが・・・ 

 

 

 

 

繁殖農家さんにとって、もちろん、体重は重要だと思うのですが、

 

 

 

 

それ以上に、バランス良く、素直に育てて欲しい、と思っています。

 

 

 

 

今回、ある繁殖農家さんの牛を見て思ったのですが(農家さんにも話しましたが)、

 

 

 

 

やはり、セリの前には牛を洗ったほうが良い と思いました。

 

☆おそらく、いつもは洗っていたのに、今回だけ洗ってなかったのだと思います。

 

 

 

 

”忙しい” というのは、もちろん理解しております。

 

 

 

 

一度洗うと、毛の感じも良くなるし、牛達の食欲も上がるし、良いことばかりです。

 

 

 

 

もちろん、セリ価格も上がると思います!! 

 

 

 

 

できれば、2か月前に出す牛、来月出す牛も、その月のセリの牛と一緒に洗うようにすれば、

 

 

 

 

3回洗うことができます(毎月セリの場合)。

 

 

 

 

手間以上に セリ値に はね返ってくると思いますよ。

 

 

 

 

だまされたと思って!?、是非、多めに洗って下さい!!

 

 

 

 

ちなみに、今回の最高価格(去勢)は、

 

 

 

 

平茂晴ー安福久ー平茂勝  250日 332キロ  67.3万円(セリ価格)  でした。

 

 

 

 

安福久母牛 は、どの子牛セリでも高値ですね。 

 

 

 

 

中身(サシ や 枝肉の作り)が安定している証拠だと思います。

 

 

 

 

 

次回!?は、宮崎の延岡子牛セリ(24日)に参加するので、そのセリについて書きたいと思っています。 

 

 

 

 

 

 

 

By 岩本尚吾 on 2013/07/11 20:59

 

 

 

少し前の話なのですが、福岡の酪農家さんのところへ行ってきました(搾乳牛 60頭)。

 

 

 

 

 

この農家さんは、粗飼料や配合飼料の価格が上がったこともあり、今年になり、3回搾乳に変更しています。

 

☆朝と夕方 1日、2回搾乳する(乳を搾る)酪農家さんが一般的です。

 2回搾乳 から 3回搾乳 に変更すると、1日の乳量が10パーセント増えると言いますが、

 この牧場も1頭当たりの乳量が 30リットル から 33リットル に増えているということです。

 

 

 


この農家さんは、購入飼料が主体なので、エサ代が高騰するとそのまま利益が減るのですが、

 

 

 

 

乳量が 1割 増えているので、手間はかかるが、今のところはOKだということでした・・・ 

 

 

 

 

別の酪農家さんの話なのですが(この方も、搾乳牛 60頭)、

 

 

 

 

この農家さんも 購入飼料主体なので 経費が増え、コスト削減を考え、

 

 

 

 

アースジェネターの給与(10年以上給与していました)を止めてしまいました・・・ 

 

 

 

 

ちなみに、搾乳牛 60頭の場合(コスト 1頭当たり 1日 約12円) 年間の給与コストは、約25万円です。

 

 

 

 

このコストをどう考えるかは農家さん次第ですし、

 

 

 

 

販売している僕らが、継続給与した方が、結局はプラスになりますよ・・・  ムフフ・・・  

 

 

 

 

なんて言うと かなり怪しい!?ので決して言いませんが、

 

 

 

 

本音を言えば、やはり給与したほうが良いと思います。

 

 

 

 

ルーメン や 腸内細菌叢の安定、病気の予防、飼料効率、環境改善・・・

 

 

 

 

エサ代の高騰を含め、厳しい情勢が続いておりますので、コスト削減は気になりますが、

 

 

 

 

病気を出さないこと が 一番のコスト削減 だと思います。

 

 

 

 

 

みなさまの牛達が元気に育ちますように・・・ 

 

 

 

 

 

暑い毎日が続いておりますが、くれぐれもお身体お大事にして下さいませ・・・ 


 

 

 

 

 

 

By 岩本尚吾 on 2013/07/03 8:03

 

 

 

先日、鹿児島の農家さんのところへ行った時に、

 

 

 

 

ちょっとだけ!?(いやいや、かなり!?)ワイルドな光景を目撃しました・・・ 

 

 

 

 

ワイルドにイナワラを積み込みすぎのトラックです・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この農家さんは、いつもこのくらいのワイルドさ の ようですが、イナワラ 落ちませんように・・・

 

 

 

 

 

☆危険なので!?本人の写真は載せていません・・・ 

 

 

 

 

 

俺の方が、もっとワイルドだぜ!! 

 

 

 

 

 

という方がいらっしゃいましたら、ワイルドな写真を送って下さいね!!

 

 

 

 

 

 

ブログに載せたいと思います。  採用された方には、何か!?  持っていきます・・・ 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

By 岩本尚吾 on 2013/07/01 20:02

 

 

 

 

”誇りを持って仕事するよう、最近、周りの人達に言うんだよ・・・”

 

 

 

 

 

 大先輩が言っていた言葉だ。

  

 

 

 

 

尊敬できる(経験豊富な!?)先輩から言われた言葉からなのかもしれないが、

 

 

 

 

 

 少なからず考えることがある・・・ 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

”誇りを持って仕事していますか?”

   

 

 

 

 

 

 

 

 

なんて 言葉を、農家さん や 周りの方達 に 問いかけたこともないし、

 

 

 

 

 

 もちろん、畏れ多くて 今の僕が語ることもない のですが、

 

  

 

 

 

僕の接する農家さん達の中でも、 篤農家 と呼ばれる方達は、

 

 

 

 

 

 自分の育てる牛達 や 飼養管理に対する ”自信” や ”誇り” というものを持っている気がします・・・

 

 

 

 

 

  

 

 

 

僕は 誇りを持って仕事していますよ・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんて 今の僕には言えませんが  、一日一日 できることをやっていきたいと思います・・・ 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次回は、鹿児島で見つけた 少しだけ!?ワイルドな農家さん について書きたいと思います・・・ 

 

 

 

 

 

 

 

ムフフ・・・  

 

 

 

 

 

 

 

 

By 岩本尚吾 on 2013/06/25 23:29

 

 

 

少し前のことですが、熊本県山鹿市の農家さんのところへ行って来ました。

 

 

 

 

繁殖母牛 35頭(一貫経営) プラス 一部 素牛(肥育)導入 している農家さんです。

 

 

 

 

今回行ってみると、牧場の景色 が 良い感じに 変わっていました。

 

 

 

 

牛舎横の耕作放棄地(以前は、ぶどう畑でした)を整備して、放牧できるようにしてありました・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

放牧場の広さは 約2反(100m×20mくらい)。  写真で見るだけでも清々しいですよね・・・ 

 

 

 

 

 

☆母牛 と 子牛 が 放牧場で遊んでいる写真は撮り忘れてしまいました・・・ 

 

 

 

 

 

 

牛達のストレスも少なくなり、人間のストレス(床替えの回数も少なくなっています)も少なくなるし、良いことばかりです。

 

 

 

 

 

 

斉藤さん グッド ジョブ ですね!! 

 

 

 

 

 

 

 

皆様 お忙しい毎日を過ごしていると思うのですが、できることからやっていきましょう!!

 

 

 

 

 

 

 

 

By 岩本尚吾 on 2013/06/15 11:29

 

 

 

遅くなりましたが、11日に開催されたセリの結果を載せたいと思います。

 

 

 

 

☆初妊牛 成立 

 321頭(お腹の中ホルスタイン)  平均  48.2万円(税込) 

 75頭(お腹の中 受精卵)     平均  66.3万円(税込) 

 

☆経産牛 成立

 79頭     平均 29.4万円(税込)

 

 

 

 

本牛の表現形や血統もあるのでなんとも言えませんが、

 

 

 

 

お腹の中に受精卵が入っている初妊牛の方が、平均で 約18万円 も高かったようです・・・ 

 

 

 

 

 

まだまだ、和牛子牛の高値(枝肉単価と比べて)も続いていますしね・・・

 

 

 

 

 

十勝の初妊牛は、良い感じの牛がたくさん揃っています。 

 

 

 

 

 

是非 購買にいらして下さいね。   お待ちしております!! 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆様が 十勝にいらした際、夜の部!?には合流したいと思っています・・・ 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

By 岩本尚吾 on 2013/06/11 22:25

 

 

 

今日11日、乳牛のセリ(初妊牛・経産牛)に行って来ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の出場頭数 は 約700頭。

 

 

 

 

正確な数値は分かりませんが、初妊牛の平均価格は、おそらく50万円弱(セリ値)だったのではないか、と思います。

 

 

 

 

あくまでも、なんとなくですが・・・ 

 

 

 

 

価格が分かったら明日!?載せます・・・

 

 

 

 

価格については、表現形、血統、お腹の中に入っている子牛(ホルスタイン、和牛、受精卵)により、幅広くなっていました。

 

 

 

 

その中で、やはり、お腹の中が 和牛の受精卵 の乳牛達が高値で推移していたように感じます。

☆お腹の中が、ホルスタインや和牛の精液より 約10〜15万円 高値だったと思います

 

 

 

 

 

そこでも、やはり 殿方を惹きつける ちまたで ほんのちょっとだけ ウワサ!?の・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

壇蜜(だんみつ : 安福久が二代祖、三代祖に入っている牛) が 活躍していたように感じました・・・ 

 

 

 

 

 

 

 ☆写真では分かりにくいかもしれませんが、

  初妊牛のお腹の中に、百合茂ー安福久ー勝忠平   の受精卵が入っています。

  ちなみに、この牛の価格は、67,0万円(セリ値でした)

 

 

 

 

 

今回、知り合いの熊本の酪農家さんが牛を13頭買いに来ていたのですが、

 

 

 

 

この方は、昨年12月 も 十勝市場で初妊牛を導入したようです。

 

 

 

 

十勝の乳牛達、価格は他の市場より高いそうですが、その価値があるということでした・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

岩根さんの導入した牛達 が 元気に熊本で活躍しますように・・・