自然環境の調和を保ちつつ地球に優しい持続的農業を提案します。

日記カテゴリー


株式会社ラボジェネター

〒080-0106
北海道河東郡音更町東通
20丁目2番地9

ブログカレンダー

Archive
<January 2014>
SunMonTueWedThuFriSat
2930311234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930311
2345678
Monthly
2019年8月
2019年7月
2019年6月
2019年5月
2019年4月
2019年3月
2019年2月
2019年1月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
Author: 岩本尚吾 Created: 2008/08/28 14:32
東北、九州地区担当。岩本尚吾のブログです

By 岩本尚吾 on 2014/01/28 8:29

 

 

 

今からやろうと思ったのに・・・

 

 

 

 

明日やろうと思ってたのに・・・

 

 

 

 

そんなこと言うなよ・・・

 

 

 

 

頭にくるなぁ・・・ 

 

 

 

 

やる気無くなるなぁ・・・

 

 

 

 

こんなことってよくあることだと思う (ちなみに、僕は よくあります  )。

 

 

 

 

これって誰に起こるのかと言えば・・・

 

 

 

 

言うだけ言ってやらない人 か 

 

 

 

 

もしくは、物事をやるスピード(行動するまでのスピード)が遅い人 だと思う。

 

 

 

 

速い人って、本当に行動するまでのスピードが速い。

 

 

 

 

次から次に行動して、いろいろなことを仕上げていく。

 

 

 

 

牛達にとっても、自分自身にとっても 最高の環境(状態)を作っていくんだ・・・ 

 

 

 

 

 

100人の農家さんがいて、同じ頭数(血統・発育)の牛を 同じ(最高の)環境の下で牛を育てたとしても

(現実的に比較はできないが)

 

 

 

 

人によってやることがそれぞれ違うので、必然的に 牛の発育(病気の有無など)に差が出てくる。

 

 

 

 

農家さんが 100人 いれば 100通り の 飼養管理 や 観察 があるんだ。

 

 

 

 

牛達は元気モリモリ 何も問題ないですよ!!   という農家さんがいるかと思えば、

 

 

 

 

下痢 や 風邪 が多発して困っています・・・   という農家さんが出てきてしまうかもしれない。

 

 

 

 

この差はなにかと言えば・・・

 

 

 

 

 

おそらく ”意識” の差なんだと思う。

 

 

 

 

 

何のためにやるのか、 誰のためにやるのか、 どんな牛を出荷したいのか、

 

 

 

 

 

自分自身がどうなりたいのか、 なんでやらないのか・・・!?  

 

 

 

 

 

常に ”意識” しましょう。 

 

 

 

 

 

 

By 岩本尚吾 on 2014/01/17 21:45

 

 

今月13日 と 14日に、五島の子牛セリに行って来ました。

 

 

 

 

 

出場頭数 は 598頭。

 

 

 

 

種雄牛別出場頭数は・・・

 

 

 

 

平茂晴 232頭  福華1 61頭  百合茂 51頭  安福久 41頭  安茂晴 36頭

糸晴茂 22頭  北平安 22頭  安平幸 17頭  福安照 17頭  安平栄 15頭・・・

 

 

 

 

平均価格(税込)は、 メス 47.1万円  去勢 58.4万円 

 

 

 

 

子牛の平均価格は、前回とほとんど変わりませんでした(前回比 1千円安)。

 

 

 

 

去勢のトップ は 83.3万円(セリ値)  血統などは、分かりません・・・ 

 

 

 

 

飛行機 到着時間の都合により!?見ることができませんでした・・・ 

 

 

 

 

メスのトップ は 79.0万円(セリ値)  

 

 

 

 

血統は  安福久ー忠富士ー大将  299日齢 299キロ の牛でした。 

 

 

 

 

五島では、メスの価格が上がりにくいのですが(自家保留以外は県外導入する農家さんが多いと思います)

 

 

 

 

この牛 は 79万円 までいきました。

 

 

 

 

発育が良く、表現形も良い感じの牛でした。  元気な子を産みますように・・・ 

 

 

 

 

 

五島の子牛セリを見ると、この血統で、この発育の去勢がこんなに(高値)すると・・・ 

 

 

 

 

と思ってしまいます(あくまでも、個人的な意見です)。

 

 

 

 

他県から来て、初めて五島のセリを見たら、少なからずビックリすると思います。

 

 

 

 

ただ、肥育農家さんに話を聞くと、やはり ”五島の牛は伸びる!!” と言います。

 

 

 

 

そのことが、子牛価格 に 反映されているのでしょうね・・・ 

 

 

 

 

どの市場でもそうかもしれませんが、今回も 安福久母牛 の子牛は特に高値でした。

 

 

 

 

それ以外では、平茂晴、勝忠平、百合茂などを母牛とした牛達が、高値で取引されていたと思います。

 

 

 

 

 

二日目のセリの後、いつもの定番!?なのですが、

 

 

 

 

セリ市場から車で 約20分のところにある 大好きなお肉屋さん ニク勝さん へ行ってきました。

 

 

 

 

 

決して、食事をするお店ではないのですが、 焼肉定食!? を ごちそうになり

(めっちゃ良い感じのお肉をいただきました・・・  )

 

 

 

 

幸せな気持ちになりました。 

 

 

 

 

ニク勝 の 田橋さん、 奥様  いつもありがとうございます!! 

 

 

 

 

 

年に 2回 の 五島旅行!?は、いつもこんな感じで終わりをつげます・・・ 

 

 

 

 


 

 

By 岩本尚吾 on 2014/01/14 23:15

 

 

約2年前(平成24年3月)に、ブログで書いた さなえちゃん の 息子 が、

 

 

 

 

今月6日、薩摩中央子牛セリ に 上場されたようです。

 

 

 

 

ちなみに、この写真が、当時の さなえちゃん(安福久ー勝忠平ー平茂勝) の写真です(271日齢)。

 

 

 

 

 

めっちゃ イイ感じ ですよね!!

(後ろ姿だけで申し訳ありません・・・  )

 

 

 

 

☆さなえちゃん について 書いたブログは ↓↓↓↓↓ にあります。

 

http://www.labogenitor.com/Default.aspx?tabid=77&EntryID=729

 

 

 

当時の一番人気!? の さなえちゃん(安福久ー勝忠平ー平茂勝) に 百合茂 をつけて、

 

 

 

 

昨年の 3月 に雄が産まれ、今月(6日)のセリで、286日齢 297キロ でした。

 

 

 

 

セリ価格は・・・  74.9万円 だったようです。 

 

 

 

 

さすが、壇密!? ですね・・・ 

 

 

 

 

ちなみに、この農家さん(Sさん)は、実は今月、もう 2頭 出荷していて、

 

 

 

 

勝忠平ー安福久ー平茂勝(去勢)  273日齢 308キロ 69.2万円(セリ値) 

 

 

 

 

もう一頭は、勝忠平ー安福久ー金幸(去勢)  261日齢 305キロ 79.4万円(セリ値)  でした。 

 

 

 

 

ムフフ・・・     

 

 

 

 

Sさんの飼養管理の賜物ですね!!

 

 

 

 

今回セリには行けなかったので、次回そちらへ行く時には・・・  いただきます!! 

 

 

 

 

寒川さん 楽しみにしております!! 

 

 

 

 

 

 

奥様へのおこずかいアップ!? も よろしくお願いします!!    

 

 

 

 

 

 

By 岩本尚吾 on 2014/01/06 7:55

 

 

 

新年 あけましておめでとうございます。

 

 

 

 

今年も 皆様にとって、エキサイティングな!?一年でありますように・・・ 

 

 

 

 

ということで・・・    新年 最初の話なのですが・・・

 

 

 

 

これは、ある肥育農家さんの牛舎の写真です。

 

 

 

 

 

  

 

 

めっちゃキレイですよね!! 

 

 

 

 

ちなみに、この2枚は同じ場所の写真ではありませんよ・・・     別々の通路です。

 

 

 

 

ちなみに、いつ行っても、この農家さんの牛舎はキレイです。

 

 

 

 

もしかしたら・・・

 

 

 

 

”通路をキレイにする時間があるなら、もっと他に牛のためになることをしますよ・・・”

 

 

 

 

と考える人がいるのかもしれませんが、実は・・・

 

 

 

 

牛のためにできることをきちんとできている人だけが、

 

 

 

 

このように、いつも通路をきちんとキレイに継続して保つことができる人なのです。

 

 

 

 

なんか分かりにくい文章ですね・・・ 

 

 

 

 

いつも通路をキレイに掃除して下さいね、という意味ではありませんが、

 

 

 

 

いつも、こんな感じで牛舎をキレイにしている農家さんがいるんです!!

 

 

 

 

 

想像してみて下さい。

 

 

 

 

 

 

 

この農家さんの、飼槽 や 牛床 や 牛達 は、どんな感じだと思いますか・・・??

 

 

 

 

 

 

 

まだまだ、牛達のためにできること たくさんあると思います。

 

 

 

 

すぐには目に見えないかもしれませんが、やればやるだけ、必ず、牛達がきちんと返してくれます。

 

 

 

 

”俺、きちんとやってるなのに、なかなか返ってこないなぁ・・・”、と思っている人がいるなら、

 

 

 

 

それは、もしかしたら、まだまだ やることが足りないのかもしれません。

 

 

 

 

 

まだまだ やるべきこと が たくさんあると思いますよ。 

 

 

 

 


 

By 岩本尚吾 on 2013/12/26 9:09

 

 

今月は、10日の薩摩中央(鹿児島)子牛セリ、11日の豊後豊肥(大分)子牛セリ、

 

 

 

 

12日の豊後玖珠(大分)子牛セリ、18日から20日は、曽於(鹿児島)子牛セリ に行ってきました。

 

 

 

 

これらの地区は、特に、アースジェネターを給与している農家さんが多い地域でもあります。

 

 

 

 

子牛セリに行き、牛達を見ると、いろいろなことを考えさせられます・・・

 

 

 

 

いつ見ても、牛達がきちんと管理されていて(もちろん、血統、性別などによる個体差はあります)、

 

 

 

 

いつも良い感じで子牛を育てている農家さんもいれば、

 

 

 

 

子牛の発育が一度は良くなり、喜んでいたのに、いつの間にか元に戻っている!?  農家さんもいます。

 

 

 

 

ブレないでやるべきことをやり続ける農家さん と なにかを理由にして、手抜き!?をしてしまう農家さん

 

 

 

 

いろいろな意味で、継続することって、難しいと思っています。

 

 

 

 

 

もちろん、それが人間だと思うのですが・・・

 

 

 

 

 

ちなみに、僕は、めっちゃブレていますが・・・ 

 

 

 

 

 

今回、子牛セリをまわる中で、やり方を変えて良くなっている農家さんも多かったです。

 

 

 

 

そのうちの一人の農家さんの話をすると、

 

 

 

 

その方の牛、いつも発育は良いのですが、少し配合飼料の給与量が多く(粗飼料とのバランスが悪く)、

 

 

 

 

子牛セリでは、 250日、 350キロ みたいな感じで上場するのですが、

 

 

 

 

思ったほど高値で販売していませんでした。

 

 

 

 

おそらく、その牛を肥育農家さんが見て(さわって)、肥育に行った時に伸びそうじゃないかも!?、

 

 

 

 

と 思っていたのかもしれません。

 

 

 

 

繁殖農家さんは、セリの時の体重を、特に気にしますが、

 

 

 

 

基本的な発育があるなら、それほど体重にこだわらなくても良いと思います。

 

 

 

 

☆ここらへんは、単純な問題じゃないのかもしれませんが・・・ 

 

 

 

 

その農家さんと話しながら、

 

 

 

 

出荷前は、配合飼料の量を抑えて、粗飼料を多めに食べさせましょう、という話をして、

 

 

 

 

その方が、思い切って飼い方を変えて以来、見違えるように、子牛の表現形が良くなりました。 

 

 

 

 

今回の子牛セリに上場していた、 山下くん(去勢) ちなみに、母牛の名前は、やまぴい

 

 

 

 

血統は、 百合茂ー安福久ー平茂勝 も 良い感じに育っていました。

 

 

 

 

ちなみに、山下くん は、289日 313キロ でした。

 

 

 

 

繁殖農家さんは、この体重で良いんだろうか(もっと大きくしなくて良いんだろうか)という話をしていましたが、

 

 

 

 

もちろん、今のままでオッケーです。 

 

 

 

 

結局、この牛は、74.8万円(セリ価格) でした。

 

 

 

 

その牛は、僕のよく知っている、暴れん坊!?(肥育農家さん)が買っていきました・・・

 

 

 

 

野田さん ありがとうございます!!  知っている肥育農家さんが買うと、なおさら嬉しいです。 

 

 

 

 

 

繁殖農家さんが、思い切って行動してくれたこと(配合飼料を減らしてくれたこと)からの話でした。

 

 

 

 

 

 

ブレないこと も 難しいし、 なにか 行動すること も 簡単ではありませんが、

 

 

 

 

 

せっかくの一度きりの人生なので、先ずは、なにかやっていきましょうか。

 

 

 

 

 

 

By 岩本尚吾 on 2013/12/15 23:58

 

 

先日、ホームページ から アースジェネターに関する問い合わせがあった。

(時々、質問等があります)

 

 

 

価格 や 給与方法 などをメールで説明し、アースジェネターの資料を送る。

 

 

 

通常は、ここで終わりの場合が多いのだが、今回の方は、御礼のメールが返ってきた。

 

 

 

きちんとしている方だな、と思った。

 

 

 

その後、何度かメールのやりとりがあり、牛舎へ行くことになった。

 

 

 

現場を見てみると・・・  

 

 

 

やはり、 というとおかしいかもしれないが、きちんと管理している農家さんだった。

 

 

 

一頭当たりの広さを十分とり、牛達を管理していて、牛舎全体もきちんと整理整頓されている。

 

 

 

牛達にストレスをかけないように・・・  この農家さんが話していた言葉だ。

 

 

 

人が来るので、今日だけ!?キレイなのか、いつもキレイにしているのかは、すぐ分かる。

 

 

 

もちろん、 といったら変かもしれないが、この農家さんは、風貌 や 対応 もきちんとしていた。

 

 

 

やっぱりな、 と思う。  一事が万事 なんだ。

 

 

 

一つのことに対してきちんとしている方は、他の部分もきちんとしている場合が多いし、

 

 

 

逆に、何かがだらしない方は、他の部分もだらしない!?場合が多い・・・ 

 

 

 

 

この方の育成牛舎のところに貼っていたボードの写真です。

(写真が見えにくいですね)

 

 

 

 

このように、自分だけじゃなく、ほかの人が見ても、分かるようにしている方は、

 

 

 

きちんと管理できている方が多いのも事実です。

 

 

 

☆もちろん、めちゃくちゃ ワイルドに!?牛を飼っていても、

 

 

 

 きちんと管理できている方も多いので、ご了承下さい・・・ 

 

 

 

ボードの写真がとても見えにくいですが、

 

 

 

分娩予定の一頭は、 百合茂ー安福久ー百合茂!?ー第一花国、

 

 

 

もう一頭は、 平茂晴ー安福久ー第一花国ー安平 でした。

 

 

 

 

肥育農家さん達が とても気になってしまう、 殿方を魅了する ”壇蜜” ですね・・・    

 

 

 

 

事故無く、無事に産まれてきますように・・・ 

 

 

 

 


By 岩本尚吾 on 2013/12/10 22:14

 

 

 

さきほど、熊本の暴れん坊 Nさん(肥育農家さん) から 電話があった。

 

 

 

Nさん 曰く ”Sさん(肥育農家さん)が、4頭出荷して、平均160万円で売っとうばい。

 

 

 

あんた Sさん 知っとっちゃろうもん。 連絡してみんね!!”  ということだった。

 

 

 

というわけで、Sさん に 電話してみた。

 

  

 

岩本: ”4頭出荷して、平均160万円 で 売ったと聞いたのですが・・・ ムフフ・・・  ”

 

 

 

Sさん: ”そうなんですよ。 普通出荷の牛が 枝重 600キロ BMS 12 単価が 3100円して、

 

 

 

共励会の牛も BMS 12 で、単価 が 4500円で・・・(淡々と語る Sさん)”

 

 

 

岩本: ”そうなんですね。 嬉しいっす!!”

 

 

 

Sさん: ”まあ、牛を選んで出荷してますからね・・・

 

 

 

普通出荷の牛は、安福久母牛 ではありませんが、病気無く食べ続けていたので、自信はありました。

 

 

 

共励会の牛は、安福久母牛 でしたよ・・・”

 

 

 

 

知っている農家さんが、高く売っていると、やはり嬉しいです!! 

 

 

 

 

暴れん坊!?肥育農家 の 野田さん、 わざわざ電話をかけて頂き、ありがとうございます!!

 

 

 

野田さんの電話により、幸せな気持ちになりました。 

 

 

 

しかも・・・

 

 

 

来週の月曜日、肥育農家 の Sさん と飲むことが以前から決まっていて・・・

 

 

 

ムフフ・・・   ムフフフフ・・・  

 

 

 

佐々先生  月曜日は、ごちそうになります!! 

 

 

 

ヤマシイ気持ち!? を モリモリ出していきまっす・・・ 

 

 

 

 

 

僕も、嬉しい電話  を、どんどんかけていきたいと思います。 

 

 

 

 

 

By 岩本尚吾 on 2013/12/04 15:05

 

 

12月1日 と 2日 に開催された 壱岐子牛セリ に 行ってきました。

 

 

 

☆牛が全くうつっていませんね・・・    購買者席からの写真でした。

 

 

 

 

出場頭数 は 799頭。

 

 

 

 

種雄牛出場頭数は・・・

 

平茂晴 296頭 百合茂 98頭 勝乃勝 86頭 隆之国 64頭 安福久 52頭

 

糸晴茂 40頭 安茂晴 40頭 安平栄 27頭 福安照 14頭 北乃大福 11頭 北平安 11頭・・・

 

 

 

 

平均価格は、メス 50.9万円 去勢 60.8万円(税込)  前回比 3.6万円高。

 

 

 

 

今回のセリでは、去勢・メス共に、血統を含め、大きくなりそうな牛の価格が高かったように感じます。

 

 

 

 

大きくなるという意味では、 平茂晴 は 強いですね。 

 

 

 

 

その中で、母牛の血統が進んでいたら、さらに高値でした。

 

 

 

 

そして、80万円 を 超える去勢 も 多かったです。 

 

 

 

 

そのほとんどは(全部!?)、安福久母牛(もしくは、三代祖 安福久) の 子牛でした。

 

 

 

 

知り合いの佐賀の肥育農家さんが80万円を超える牛達をモリモリ買っていたのですが、その方が、

 

 

 

 

”今買わんでどうするね。 後で、買おうと思っても買えんごとなるばい!!”

 

 

 

 

と 言っていた言葉が、耳に残ります・・・ 

 

 

 

 

結局、その肥育農家さんが美味しいところを!?持っていっていたような気がします。

(あくまでも僕の主観ですが・・・  )

 

 

 

 

今回の最高価格(去勢)は、 百合茂ー安福久ー平茂晴  245日 300キロ 84.3万円(セリ値) 

 

 

 

 

無駄な脂肪の無い すっきりした感じの子牛でした。 

 

 

 

 

今回の壱岐のセリ価格が、今月の九州地区 子牛相場の目安 になっていくと思います。

 

 

 

 

今月も、子牛価格 は 高めに 推移していくのでしょうね・・・ 

 

 

 

 

子牛価格 や 枝肉価格の相場 を 動かすことはできませんので、

 

 

 

 

子牛も、肥育牛も、病気なく元気に育てて、無事に出荷すること(ロスを無くすこと)が大切です。

 

 

 

 

 

今まで以上の 飼養管理 と 牛達の観察 を よろしくお願いします!! 

 

 

 

 

 

 

By 岩本尚吾 on 2013/12/02 21:47

 

 

僕は北海道に住んでいるのですが(九州地区を担当しています)、

 

 

 

11月18日から、鹿児島へ出張に行き、九州地区をまわり、昨日(12月1日)、北海道に戻る予定でした。

 

 

 

しかし・・・     なぜか、今(12月2日) も 九州にいます。  

 

 

 

あれは・・・

 

 

 

11月24日の夜、長崎にて、暴れん坊の!?肥育農家さん、繁殖農家さんとご飯を食べていた時に、

 

 

 

”来月の壱岐セリ(12月1日、2日開催)に行くけん、ワレも来い!!” と 言われ(脅され!?)、

 

 

 

思わず、勢いで!? ”い、いきます・・・” と言ってしまい、

 

 

 

昨日、今日 と 壱岐の子牛セリ に 行って来た次第です。

(子牛セリの詳細は、4日にアップします)

 

 

 

暴れん坊の先輩達に脅された!?こともあり、今回初めて、壱岐の子牛セリに参加したのですが、

 

 

 

実は、以前から行きたいと思っていた市場でした。

 

 

 

”壱岐の子牛はイイよ!!” という話を 佐賀 や 福岡 の 肥育農家さんから聞いていたからです。

 

 

 

行きたいと思っていたのに、行けなかった僕を、暴れん坊達が!?後押ししてくれたのだと思います。

 

 

 

壱岐では、いろいろな出会いもあり、また、80万を超える去勢達をたくさん目撃したり・・・

 

 

 

有意義な二日間でした。 

 

 

 

村里ユウジロウさん、 川口マサノリさん 脅して頂き!?  、ありがとうございます・・・!! 

 

 

 

 

今回は、勢いで、思わず、”行きます!!” と 言ったことにより、

 

 

 

壱岐セリに行けたわけですが、意外と、”勢い” って 大事だと思います。

 

 

 

勢いでも、口に出してしまえば、そうなってしまいます(行動しなきゃいけなくなります)ので・・・

 

 

 

 

勢いで・・・

 

 

 

”次の日曜日は焼肉でも食べに行こうか!!” とか 

 

 

 

”正月は、温泉旅行行こうか!!” とか、言ってしまいましょう!!

 

 

 

ご家族の方達が喜びますよ。 

 

 

 

”クリスマスは、指輪でも買ってやろうか・・・” と 勢いで、奥様に言ってしまうのも良いですが、

 

 

 

もし行動できないなら、口に出さないことですよ・・・ 

 

 

 

 

でも・・・  せっかくなら、口に出して、行動しましょう!!

 

 

 

 

まだ、人生経験の少ない 40歳 の 僕が言うのもおかしいかもしれないのですが、

 

 

 

 

おそらく・・・  人生なんて あっという間、なんだと思います。

 

 

 

 

 

それなら、一日一日やるべきことやって、すべてを楽しんでいきましょう!!

 

 

 

 

 

 

By 岩本尚吾 on 2013/11/27 22:02

 

 

繁殖母牛を130頭飼っている農家さんの子牛(哺育)牛舎の写真です。

☆ちなみに、この農家さんは、飼養管理バッチリの方です。

 

 

 

 

 

 

 

この農家さんは、人工哺育をしているのですが、一頭一頭をきちんと仕切ってあります。

 

 

 

 

人工哺育をするうえで、一頭ずつの広さ や 床の状態、 換気 は、とても重要です。

(群で管理する場合も同じです)

 

 

 

 

そして、病気の蔓延を防ぐ という意味では、仕切ること が 大切です。

 

 

 

 

意外と!?、仕切りをしていない農家さんが多いです。 

 

 

 

 

一頭ずつ仕切ってしまうと、隣が見えないので、

 

 

 

 

なんか子牛が寂しいんじゃないか!?  という感じがするかもしれませんが、

 

 

 

 

もし良ければ仕切っちゃって下さい。

 

 

 

 

下痢が、隣りの子牛に飛んでしまうような環境だったら、簡単に病気がうつってしまいます。

 

 

 

 

 

どんなに観察していても病気は出てしまいますが、最小限で食い止めましょう!!